どろろ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『どろろ』とは手塚治虫によって描かれた、戦国時代を舞台に奪われた自身の身体を取り戻すべく48の魔物を追う百鬼丸と、泥棒の少年どろろの旅を描く時代劇漫画である。1967年から1968年までは『週刊少年サンデー』に、1969年には『冒険王』で連載された。父親の野望によって、48の妖怪に身体を奪われた姿で誕生した百鬼丸。医者・寿海に助けられた彼は身体を取り戻すため妖怪退治の旅を続けていたある時、泥棒少年どろろと出会う。手塚オリジナルの妖怪が多数描かれており、カルト的なファンも多い。

『どろろ』の概要

『どろろ』とは手塚治虫によって描かれた、戦国時代を舞台に奪われた自身の身体を取り戻すべく48の魔物を追う百鬼丸と、泥棒の少年どろろの旅を描く時代劇漫画である。
1967年から1968年まで『週刊少年サンデー』で連載されるが、回を追うに従って暗い雰囲気が強くなり「第一部・完」というかたちで中断される。その後、テレビアニメの放映に合わせて1969年5月号から10月号まで『冒険王』で第二部が連載される。単行本にて、『週刊少年サンデー』と『冒険王』の連載分がまとめられ、加筆修正されたことで物語はきちんと完結した。
連載当時は、明るい作品の多い中で暗い雰囲気の『どろろ』は読者に不人気であった。しかし、百鬼丸とどろろのキャラクター性もさることながら、手塚オリジナルの妖怪が織りなす怪奇なストーリーはカルト的なファンを生み出した。後年には実写映画やアニメ、ゲーム等のリメイク作品を多く輩出されている。

天下取りの野望を持つ父親によって48の妖怪に身体を奪われた姿で誕生した百鬼丸。すぐに捨てられた彼は医者・寿海によって育てられ、身体を取り戻すため妖怪退治の旅を続けていた。そこで出会った泥棒少年どろろ。お互いに不幸な生い立ちを持つ百鬼丸とどろろは、それぞれの目的を果たすために旅に出る。2人は妖怪だけではなく様々な人間たちとも出会い、助けてくれる者もいれば大半は奇怪な百鬼丸の身体を恐れて追い出そうとする。人々に蔑ろにされながらも、2人は助け合いながら信頼関係を深める。戦国時代の飢餓や殺戮だけでなく、連載当時の社会への風刺も描かれている。

『どろろ』のあらすじ・ストーリー

旅の始まり

雨の中旅立つ百鬼丸

天下統一の野望をもつ醍醐景光(だいごかげみつ)は、48体の魔像が置かれた地獄堂を訪れる。生まれてくる我が子の身体48か所を引き換えに、野望を叶えてもらうことを魔物たちと約束する。数日後、手も足も耳も鼻もない人間とは思えない姿の赤ん坊が生まれる。景光は嫌がる妻の縫の方(ぬいのかた)を説き伏せ、赤ん坊をたらいに入れて川へと流してしまった。

何年も後、百鬼丸(ひゃっきまる)という若い浪人は、何者かに後をつけられていた。その正体は、遺体や物に取り憑く死霊であった。追ってくる死霊を倒しながら旅をしていると、どろろという幼いコソ泥に出会う。百鬼丸の持つ立派な刀を盗ろうとするどろろに、百鬼丸は自身の目玉と耳を取り外して生い立ちを話し始めた。

百鬼丸がまだ赤ん坊だった頃、たらいに入れられ捨てられていたところを医者の寿海(じゅかい)に拾われた。寿海は芋虫のような姿で必死に生きようと動く赤ん坊に、百鬼丸と名付けて義体を作ってくれた。息子として立派に育て上げたが、ある時から百鬼丸を目当てに妖怪や死霊が集まるようになる。百鬼丸はあるお堂で「48ひきの魔物と対決せよ」というお告げを聞き、自身の失われた48の身体を取り戻す旅に出たのだった。
旅に出た百鬼丸は、盲目の法師と出会う。法師は武芸に秀でていた。魔物を倒すため、百鬼丸は法師に弟子入りを申し出るが断られる。自身を「ダメな人間」と言う百鬼丸に、法師はある寺へと案内する。そこには、戦で身体が不自由になりながらも懸命に生きようとする子供たちが暮らしていた。百鬼丸はこれまでの自分を恥じ、子供たちと一緒に暮らしながら剣の腕を磨いていった。寺には、子供たちの親代わりをするみおという少女がいた。顔は見えないが、心の優しいみおに百鬼丸は惹かれていく。ある日、剣の練習から帰ると、寺は燃やされ子供たちやみおは焼け死んでしまっていた。寺を占領しようとした侍たちによって殺されたのだ。怒り悲しむ百鬼丸は侍たちを皆殺しにして、深い悲しみを背に新たな旅に出たのだった。

話を聞き終えたどろろは息をのんだ。しかし、刀を諦めきれずに百鬼丸について行く。2人の旅が始まった。

妖怪たちとの闘い

ある夜、どろろ達が寝ているところに不気味な妖怪金小僧(かねこぞう)が鈴を鳴らしながら現れる。そして、百鬼丸に何かを囁いて立ち去った。近くの村でその事を話すと、万代(ばんだい)という女の元へと連れていかれる。金小僧について万代に聞かれるが、2人が答えずにいると閉じ込めらてしまった。実は万代こそが百鬼丸が追っている48の魔物の内の1匹で、村のお金を奪って村人を苦しめていた。美しい女に化けて村人を騙していたが、隠したお金の在りかを金小僧にバラされ百鬼丸に正体を知られてしまう。戦いの末、万代は百鬼丸に倒される。万代の正体は、女の身体に取り憑いた人面瘡であった。万代を倒した百鬼丸は、本当の右手を取り戻した。

戦いを終えた百鬼丸は、どろろの生い立ちを聞く。どろろは野盗のお頭である父親火袋(ひぶくろ)と母親お自夜(おじや)のもとに生まれる。両親はかつて暮らしていた村を侍たちに襲われ、家族も村も失っていた。2人は同じ境遇の仲間と共に野盗になり、密かに貧しい村人たちのためにお金を集めていた。しかし、天下を夢見る手下であるイタチの裏切りにより、親子3人は路頭に迷う。程なくして戦乱の世となり、どこに行っても人々は飢えに苦しんでいた。そして幼いどろろを一人残して、両親は死んでしまう。
お互いに苦労した過去を持つどろろと百鬼丸は少しずつ信頼を深める。

2人は新たな妖怪と出会う。田之介(たのすけ)という浪人の持つ妖刀似蛭(にひる)は血を求めて、刀を持つ者に人を斬らせようと取り憑く。取り憑かれた田之介は、百鬼丸に襲い掛かるが返り討ちに合う。どろろは似蛭に魅せられて、気絶した田之介から刀を奪ってしまう。まんまと似蛭に取り憑かれたどろろは、血を求めて近くの村を襲いに行く。百鬼丸は後を追うが見失ってしまった。気が付いた田之介は、似蛭を求めて村へと帰る。村人たちを誘導してどろろを追い詰め、刀を取り返した。百鬼丸が村に着くと、どろろは村人たちに捕まりリンチに合っていた。どろろを助けた百鬼丸は、田之介と再会する。2人は再び斬り合いを始めるが、またしても田之介は敗れた。そして死を覚悟した田之介は、自身の血を似蛭に吸わせて死んでしまう。百鬼丸は似蛭を斬り倒し、左目を取り戻した。

戦いの後の汗を流すため、百鬼丸は水浴びをしていた。頑なに水浴びを嫌がるどろろを無理矢理に水に入れると、背中に地図が浮かび上がってくる。それは、お自夜が死ぬ3日程前に書き残した宝の地図であった。火袋が農民たちの為に集めた金を隠していたのだ。百鬼丸は、どろろの為に宝を見つけてやることを決意する。
再び旅を始めた2人は、この辺りを治める鯖目(さばめ)という侍に出会う。屋敷へと案内されて床に就くと、芋虫のような妖怪に襲われた。百鬼丸が斬りかかると、蛾のような妖怪に阻まれて逃がしてしまう。妖怪は鯖目の妻となったマイマイオンバで、芋虫はその子供であった。寺の住職であった慈照尼(じしょうじ)に妖怪であることを知られたマイマイオンバは、寺に火を放ち捨て子たちも巻き込まれ死んだのだった。鯖目は妻子に味方し、マイマイオンバとその仲間の襲撃を手助けする。しかしどろろに取り憑いていた寺の子供たちがマイマイオンバ達の襲撃を阻む。そしてマイマイオンバは倒され、百鬼丸は右足を取り戻した。

家族との再会

百鬼丸とどろろは、ある丘の上にばんもんと呼ばれる巨大な板を見つける。それは朝倉領(あさくらりょう)と富樫領(とがしりょう)の境界として作られた板塀の焼け残りであった。それぞれの侵入者や反逆者は、ばんもんで処刑される。処刑人の死体を食べた狐が化けて、九尾の狐(きゅうびのきつね)となって夜な夜な現れていた。
百鬼丸たちは、ばんもんに処刑に来た醍醐景光と会う。景光は自身が父であることを隠し、百鬼丸の実の弟である多宝丸(たほうまる)に命じ、百鬼丸を屋敷へ招く。そして自身と同じ富樫領に仕官しないか誘うが、百鬼丸は固く断った。一方でどろろは、朝倉領からの間者と思われて農民たちからリンチに合う。川に捨てられて流されたところを、浮浪児のような身なりをした助六(すけろく)に救われる。助六は、ばんもんにより南北で分けられてしまった町の子供であった。両親は朝倉領の方に分けられて離れ離れになっていた。
翌日、多宝丸ら富樫領の侍が敵地へと攻め込もうとする。助六は騒ぎに乗じて、朝倉領の両親の元へと走り出す。しかし、両親は既に殺されており助六とどろろは罪人として捕らえられる。多宝丸により、罪人たちは順々に矢を放たれて処刑されていく。助六も処刑されてしまい、いよいよどろろの番となった時に百鬼丸が助けに来る。昨晩の父への無礼に加え、処刑も邪魔されて腹を立てた多宝丸は、一騎討を申し込む。戦いの最中、九尾の狐が「相手はおまえの弟だぞ」と百鬼丸に囁く。百鬼丸は動揺し躊躇うが、覚悟を決めて多宝丸を斬り殺す。そして九尾の狐を倒し、鼻を取り戻した。
多宝丸の死を聞きつけた景光は、百鬼丸の首を取るために配下の侍たちを送り込む。百鬼丸は悲しみに暮れる間もなく、侍たちを一掃する。実の弟を殺し、実の父から殺されようとする百鬼丸は希望を失っていた。そして自害することを決め、どろろに別れを告げる。

別れを悲しみ泣いているどろろの目の前に、お自夜にそっくりな女が現れる。寂しさもあり、女に誘われるがままに滝の近くの家へと招かれる。滝の正面には巨大な白面不動(はくめんふどう)の像があった。その正体は魔物で、常に新しい顔を求めて訪れる行者の顔を奪っていた。女はそのために操り人形と化した死霊であった。女はどろろを次の新しい顔として白面不動に引き渡そうとしていたが、「おっかちゃん」と呼んでくれるどろろに情が移ってしまう。怒った不動は女を消してしまい、どろろに襲い掛かった。
どろろと別れた百鬼丸は、不意に現れた法師に諫められてどろろを追っていた。死霊の気配を感じて滝の下を見ると、どろろが魔物に襲われている。苦闘の末に白面不動を倒し、右耳を取り戻した。どろろは再び百鬼丸と旅を始める。

法師と別れた2人は、馬の魔物ミドロ号に出会う。かつては戦場で活躍する名馬であったが、嫉妬した主人に仔馬と引き離された上にこき使われて戦場で死んでしまう。そして魔物に取り憑かれてしまった。ミドロ号を見つけた浪人の賽の目三郎太(さいのめさぶろうた)は、百鬼丸の忠告を無視して自分の馬にしてしまう。妖気に当てられた三郎太は、百鬼丸に戦いを挑む。しかしあっけなく百鬼丸に気絶させられ、ミドロ号は倒される。

どろろとの別れ

突如別れを告げる百鬼丸(左下)と泣いて怒るどろろ(右上)

百鬼丸たちは、どろろの背中の地図の場所であろう白骨岬(はっこつみさき)へと辿り着く。かつて火袋を裏切ったイタチら野盗も、宝を狙っていた。しかし、そこにはしらぬいという少年と二郎丸(じろうまる)、三郎丸(さぶろうまる)という人食い鮫の妖怪が邪魔をしていた。多くの野盗が犠牲になりながらも、どろろと百鬼丸の活躍で鮫たちは倒される。しかしイタチはどろろを裏切り、百鬼丸を気絶させて白骨岬へと向かう。そして目覚めた百鬼丸は声を取り戻していた。
2人は遅れて白骨岬へと辿り着くが、宝の存在を知った他の侍たちが待っていた。そして侍たちとの闘いでイタチは死んでしまう。どろろは宝がある場所へと辿り着くが、そこには宝を別の場所へ移したという内容の火袋の手紙が入っていた。

次の町で百鬼丸たちは、どんぶり長者(どんぶりちょうじゃ)と娘のお米(およね)と出会う。お米は妖怪の恰好をして、街道付近に来る町人たちを驚かして遊んでいた。一方のどんぶり長者は肥溜めに見せかけた隠し部屋で、町人たちから集めた年貢を夜な夜な腹いっぱいに食べていた。お米はどんぶり長者の言いつけで、隠し部屋に近付く町人を追い払っていたのだ。
ある日、年貢の取り立てにやって来た醍醐景光によって、年貢が納められていないことが分かる。百鬼丸は、お米を問い詰めてどんぶり長者の隠し小屋を見つける。そこには腹いっぱいにお米を食べさせられ苦しむどんぶり長者と、長者に取り憑く妖怪どんぶりばらがいた。それは町の沼に住み着く巨大な亀が変化した妖怪であった。どろろや町人の協力のもと、どんぶりばらを倒した百鬼丸は右目を取り戻す。

川で水浴びをしていたどろろは、誰かが仕掛けた罠にかかり腕が抜けなくなる。罠は、近くの寺に住む四化入道(しけにゅうどう)という名の住職が仕掛けたものであった。百鬼丸は妖気を感じながらも、四化入道と一緒にどろろを助けようとする。しかし既にどろろは捕らえられており、四化入道は寺へと逃げ帰ってしまう。どろろは、寺にある仏像の下に隠された穴の中に捕らえられていた。なんとか百鬼丸の助けで穴から逃げ出し、穴から出てきた四化入道は百鬼丸に倒された。

百鬼丸たちは、再び醍醐景光に出会う。景光は、戦のために村人たちを駆り出し奴隷のように酷使していた。百鬼丸は、醍醐景光と戦うために仕官を申し出て潜入することにする。どろろを危険な目に合わせないため、再び別れを告げるのだった。
一方で村人たちは反乱を起こそうと密かに企てていた。百鬼丸と別れたどろろは、村人たちに協力して景光の屋敷へと忍び込むがまんまと見つかってしまう。景光は、仕官したいという気持ちの証拠にどろろを斬り捨てるように百鬼丸に命令する。百鬼丸は刀を抜き、投げつけた。刀は空中で何かに刺さり、巨大な魔物の鵺(ぬえ)が現れる。苦闘の末、百鬼丸が鵺を倒すと何匹かの魔物の魂が天へと消えていった。
騒ぎに乗じて村人たちが次々に屋敷へと乗り込む。屋敷を占領された景光は、村人たちに殺される前に妻の縫の方と共に屋敷を去った。戦いを終えた百鬼丸は、どろろに農民たちとともに戦うよう告げる。そしてずっと欲しがっていた刀をどろろに与え、「おまえはおまえの道を行け。おれはおれの別の道を行く」と伝えた。泣いて別れを悲しむどろろを残し、百鬼丸は再び魔物を探すために旅立った。

『どろろ』の登場人物・キャラクター

主要人物

百鬼丸(ひゃっきまる)

CV: 鈴木拡樹
48匹の魔物を追う少年。天下を取りたい父醍醐景光の願望を叶えるため、身体の48か所を魔物に奪われた状態で生まれる。醍醐景光の命令で籠に入れて川に流されるが、寿海により拾われ、義体を使って走り回れるようにまでなる。いつしか死霊や妖怪が百鬼丸のもとに集まるようになり、家を出て魔物を倒す旅に出る。魔物を倒すごとに、奪われていた身体の一部を取り戻していく。厳しい世界を生きてきたこともあり、冷静で飄々としている。必要とあらば、人間でも容赦なく斬り殺す。しかし一度心を開いた相手には思いやる優しい一面も見せる。

どろろ

CV: 鈴木梨央
野党火袋とお自夜の幼い娘で泥棒。息子として育てられ、本人も女だとは気付いていない。仲間の裏切りにより両親共に流浪の身となり、その後両親も死に浮浪児となる。父親譲りの強情で生一本なところがあるが、根は優しい性格をしている。盗みをしてリンチされそうになっている時に百鬼丸と出会う。百鬼丸の刀を盗む目的で旅に同行するが、次第に信頼関係が芽生えるようになる。百鬼丸を「アニキ」と呼び慕い、別れを切り出された時は泣いて悲しんだ。最後は百鬼丸と別れ、農民たちと生きていく道を歩む。

百鬼丸の家族・関係者

醍醐景光(だいごかげみつ)

milk-neko2
milk-neko2
@milk-neko2

Related Articles関連記事

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

タッチ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『タッチ』とは、『週刊少年サンデーにおいて』1981年から1986年まで連載されたあだち充による日本の青春漫画。題材は高校野球であるが、双子の上杉達也、和也と幼馴染である浅倉南の関係など登場人物らの恋模様も多く描かれる。甲子園出場を夢みる南、南の夢を叶えることを目標とする和也、そんな2人を見守る達也という構図で物語は進むが、甲子園予選の決勝に向かう途中で和也は交通事故で亡くなってしまう。達也は「南を甲子園に連れていく」という和也の目標を背負うことを決め、南や残された仲間たちと甲子園出場を目指す。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

ジャングル大帝(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ジャングル大帝(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャングル大帝』とは、手塚治虫による日本の漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。 壮大な自然を舞台に、主人公のレオを中心とした物語で、その中で動物たちの弱肉強食や人間の欲望、自然の脅威や素晴らしさを知ることができる。学童社の月刊漫画誌「漫画少年」に1950年(昭和25年)11月号から1954年(昭和29年)4月号にかけて連載された。アニメ作品も制作されており、手塚治虫初期の代表作であると共に、現代アニメの基礎となった作品である。

Read Article

七色いんこ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

七色いんこ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『七色いんこ』とは1981年より手塚治虫が『週刊少年チャンピオン』で連載していた漫画、およびそれを原作とした舞台作品。シェイクスピアなどの海外古典から近代演劇まで、実在の演劇をベースにした1話完結の犯罪活劇。 七色いんこは、代役専門の天才役者。本人そっくりのメーキャップに、時には本人以上の演技力で観客を魅了する一方、劇場内の金持ちから金品を巧みに奪う泥棒でもある。警察から送り込まれた射撃・格闘に秀でた刑事、千里万里子(せんり まりこ)は七色いんこを追ううちに次第に彼に好意を抱くようになる。

Read Article

ばるぼら(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ばるぼら(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ばるぼら』とは、手塚治虫によって『ビッグコミック』で連載された、芸術を題材とした大人向けの漫画。「耽美派の天才」と呼ばれる主人公の小説家が、アルコール依存症のフーテン娘バルボラと出会ったことで芸術家としての絶頂を味わい、そして転落するまでを描いている。男女の性愛だけでなく、異常性欲、黒魔術、薬物といったアングラ要素が満載の、いわゆる「黒手塚」と呼ばれる作品のひとつだ。 2020年、稲垣吾郎と二階堂ふみの主演で映画化されたことで話題になった。

Read Article

ユニコ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ユニコ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ユニコ』とは手塚治虫がサンリオより出版の『リリカ』で1976年11月から1979年3月まで、小学館より出版の『小学一年生』で1980年5月号から1983年7月号まで連載した児童向けファンタジー漫画である。1981年には『ユニコ』、1983年には『ユニコ 魔法の島へ』のタイトルで映画化した。 一角獣の子どもユニコは、いじわるなビーナスに神の国を追い出され、西風の精に運ばれ様々な時空を旅することとなる。不思議な魔法を使えるユニコは、訪れる先で様々な人々と交流し、彼らに愛と友情を届けていく。

Read Article

上を下へのジレッタ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

上を下へのジレッタ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『上を下へのジレッタ』とは、手塚治虫がバーチャルリアリティーのような妄想世界「ジレッタ」を巡る騒動を描いたブラックユーモア漫画。才能と野心あふれるプロデューサー門前市郎(もんぜん いちろう)が「空腹の間だけ絶世の美女になる」という特異体質を持つ越後君子(えちご きみこ)と、その恋人の山辺音彦(やまべ おとひこ)を利用して名誉欲を満たそうと七転八倒する物語。 手塚作品の中では知名度は高くないが、2017年には妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』のタイトルで舞台化され、横山裕が主演を務めた。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

宮崎駿とウォルト・ディズニーはどっちが上かアニメファンが大論争!「手塚治虫と比較するべき」という声も【ジブリ】

宮崎駿とウォルト・ディズニーはどっちが上かアニメファンが大論争!「手塚治虫と比較するべき」という声も【ジブリ】

数々の名作を世に送り出してきた宮崎駿とウォルト・ディズニー。どちらがすごいのか、アニメファンの声をまとめました。両者が偉大過ぎて比べられないといったものや、それぞれを支持する理由を掲載。中には「宮崎駿ではなく、手塚治虫とウォルト・ディズニーを比べるべきだ」といった声も。ファンたちのツイートや、宮崎駿の反応を紹介しています。

Read Article

松本零士が保管していた「手塚治虫の初期未発表原稿」!天才性漂う全9枚!

松本零士が保管していた「手塚治虫の初期未発表原稿」!天才性漂う全9枚!

日本を代表する漫画家、手塚治虫がデビューから3年後に書き下ろした漫画『メトロポリス』などの未発表の原稿が新たに見つかり、公開されることになりました。原稿を見つけ保管していたのは、これまた有名な漫画家の松本零士。手塚の天才性がうかがえるすごい原稿についてまとめました。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

ブラック・ジャック名言・名セリフまとめ【それを聞きたかった】

ブラック・ジャック名言・名セリフまとめ【それを聞きたかった】

ここでは手塚治虫の傑作漫画の一つ、『ブラック・ジャック』に登場する名言・名セリフを紹介する。ブラック・ジャックの台詞だけでなく、彼の恩師の「人間が生きものの生き死にを自由にしようなんておこがましいとは思わんかね」など、手塚治虫の哲学がうかがえる台詞をまとめている。

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

心揺さぶられる!漫画に登場する名言・名セリフまとめ

心揺さぶられる!漫画に登場する名言・名セリフまとめ

日常的に何気なく読んでいるマンガのセリフに、ふと心を揺さぶられて思わず涙を流したことがあるという人は多いのではないだろうか。スポーツ・医療・ファンタジーなどマンガには様々なジャンルがあるが、その中には著者の想いが込められた「アツい」名言・名セリフがちりばめられている。本記事では漫画に登場する「名言・名セリフ」を、五十音順にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents