フルーツバスケット(フルバ)のネタバレ解説・考察まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画作品。白泉社の『花とゆめ』で、1998年16号から2006年24号まで連載。2001年にアニメ化され、2019年には全編が再アニメ化された。同級生の草摩由希が住む草摩家の分家宅へ居候することになった、主人公の本田透。そこから物の怪憑きの体質を持つ草摩家の人々と関わっていくことになる。略称は『フルバ』・『フルバス』。2009年には劇団スタジオライフにより舞台化された。

CV:宮本充(旧アニメ版)、櫻井孝宏(新アニメ版)/藤原夏海(新アニメ版幼少期)

巳憑き。見た目は麗しいが男性。由希とは十歳年が離れた実の兄。家庭菜園から帰る道すがら、寒さで変身してしまった綾女が透の服に入り込んでくるという最悪な出会いを果たす。綾女の言い分としては、人肌のぬくもりが近づいてきたので、とのこと。自由気ままな態度に由希と夾はいらつくが、本人はどこ吹く風で、透の手を引き外食をしようと出掛けるのだった。子供の頃は、病気を理由に隔離されていた由希のことを弟と認識することはほとんどなく、冷たい態度で接してしまったことを悔いている。今では由希との間の溝を何とか埋めていきたいと考えており、今回、紫呉宅へ訪れたのも、入学式で慊人に会った由希が沈んでいるのではないかと心配してのことだった。しかし思っていたよりも元気そうだったことから、それが透のお陰であると分かり、自分もまた由希と歩み寄るために頑張ってみると宣言する。
破天荒な性格であるにも関わらず、学生時代は生徒会長をしていた。副会長のはとりはかなりの気苦労を強いられた様子。基本、誰の言うことも聞かないが唯一はとりの言葉だけは素直に受け入れる。綾女にとって、はとりは自分には持っていないものを持っている、憧れの存在である。
手芸用品兼少し怪しいオーダーメイドの衣装店を経営している。店員の美音とは恋仲。呪いが解けた際には、美音を後ろからそっと抱きしめた。

renote.net

草摩 杞紗(そうま きさ)

CV:名塚佳織(旧アニメ版)、上田麗奈(新アニメ版)

寅憑き。人見知りで臆病。家を飛び出し雨の中弱って子虎になっていたところを潑春が見つけて保護した。偶然、雨宿りしていた透と由希の前を潑春が通りかかり、抱えられた子虎姿の杞紗と出会う。十二支特有の髪と瞳の色のせいでいじめに合い、言葉を発せなくなった。虎の姿の時は都合が悪くなると噛みつく癖がある。母親にいじめのことを何故言わなかったのと問い詰められているところ、同様にいじめられた経験がある透が、いじめられるような自分が情けなくて恥ずかしかったこと、母親に言うことで嫌われたらどうしようと怖かったこと、それでも正直に話して大丈夫だよと言われたことで救われたことを話す。その言葉に人間の姿に戻った杞紗は、自分が噛んでしまった透の手をとって泣くのであった。以降は透にとても懐き、後ろをついて歩いては、その可愛らしさから透に抱擁されるということを繰り返している。杞紗の担任からの手紙の中にあった、自分を好きになるという内容について由希は、自分も言葉を発さなくなったことがあると前置きしてから、自分を好きになるにはまず誰かに受け入れてもらうこと、そうすることでようやく少し自分を好きになれるんだと語る。杞紗はその言葉を聞いて、いつでも大好きと愛情を注いでくれる透のことを思い、(大好きと言ってもらえて)嬉しかったと久しぶりに声を出す。そして勇気を出して再び学校へも通うようになった。

renote.net

草摩 燈路(そうま ひろ)

未憑き。杞紗に淡い気持ちを寄せているが、透が現れてからはそちらにべったりなため、透のことをあまり快く思っていない。十二支の中で最年少の十二歳。初登場時は、上から靴を落として拾ってと命令したり、ご飯を奢れと言ったり、仕舞にはバイトがあると断る透の鞄を奪いとり母親の写真入りの手帳を持って逃げてしまう。路頭に迷っていた透は、紅葉の手引きもあり藉真の道場にいた燈路の元へ辿り着く。更に、こちらも紅葉が手を回したことで杞紗が現れ、手帳を返してあげるように言うと、流石の燈路も返さざるを得ないのだった。単にヤキモチを焼いていただけだったと判明し和やかな雰囲気が流れる中、罰を受けてもらいますと透が一言。何をするのだと言う燈路を抱きしめて、羊の姿に変えてしまうのだった。その後は、まだ透のことを完全に好きにはなれていないものの、杞紗が喜ぶからという理由で頻繁に紫呉の家へ遊びに来るようになった。
過去に杞紗が好きだということを慊人に話したことで、杞紗は慊人に全治二週間の傷を負わされることになった。このような結果になったことを悔いて、杞紗と距離を置くようになったものの、常に彼女のことを心配して見守っていた。ひょいと出の透が杞紗をすぐに立ち直らせてしまったこと、自分にはそれが出来なかったこと、あまりにも自分が子供過ぎることから自信を責める燈路。だが透は、自分が子供であると認めるのは怖いことなのにそれが出来るのは凄いこと、そして少しずつ杞紗を守る王子様になっていけると励ます。素直にその言葉を聞くことはなく、変わらず減らず口は叩いていたが、その胸には今度こそ必ず杞紗を守れる存在になってやるという密かな決意が生まれるのだった。

草摩 利津(そうま りつ)

申憑き。気弱な性格で、ちょっとしたことで取り乱し謝り倒す。脇をプッシュすると途端に大人しくなる。常時振袖を着用。透へ挨拶をしに紫呉宅を訪れ、早々に帰ろうとした際に透と押し問答になった末、お皿を割ってしまう。狂乱して足元の破片を踏みそうになった利津をかばうように透が押しのけた途端、猿に変身してしまう。それまで完全に女性だと思い込んでいた透は驚いてしまう。また、破片で手を負傷した透への償いのため、屋根上で懺悔をしていて足を滑らせた際、すぐに掴まってひらりと屋根に舞い戻るという図太さも見せた。運動も勉強も人並み以上にしないと追いつけず、謝ってばかりいた両親を見てきたことで自信を極端に喪失している。女装をしていると少し落ち着くことが分かってからは、常に女装をするようになった。自分とは対極で自信に満ち溢れている綾女を、綾兄さんと慕っている。
透には、今はまだ自分の存在価値が見つけられなくても、いつか誰かの中にその価値を見出せる時がくるからと言われる。その後、紫呉の編集担当であるみっちゃんと仲睦まじい様子が度々描かれる。

草摩 依鈴(そうま いすず)

午憑き。避暑地の別荘に遊びに来た透は、体力を消耗し馬に変身してしまった依鈴と出会う。透ははとりを呼ぼうとするが、誰も呼ぶなと啖呵を切ってその場を後にする。両親に虐待されながらも、いつか愛してもらえると耐えてきた。しかし結局、道端で倒れているところを潑春や藉真に助けられ、虐待の事実がばれてしまう。自宅には戻れなくなり、楽羅の家に引き取られたが居場所はなく、頻繁に会いに来てくれる潑春だけが心の支えだった。そして必然のように愛し合ったが、慊人にそのことを知られ、どちらが唆したのと問われた際に自分であると答えたため、窓から突き落とされ入院必須の怪我を負った。その際、十二支の呪いを解いて潑春を解放してあげたい、そのためには自分は消えてしまっても構わないと決意し、自分の気持ちを押し殺して潑春を振り距離を置く。退院後、解き方を知っているのは、もはや紫呉しかいないと踏んで退院早々に紫呉宅へ赴くが、知らないと一蹴される。無理が祟り、紫呉の家で吐いて倒れていたところを透達が介抱する。呪いを解こうとしていることに気付いた透は、方法を教えて欲しいと懇願するが、そんなものはどこにもないと泣き崩れる。潑春や透のような優しい人間は、自分のような人間に寄生されて、すがられて可哀そう。だから自分は孤独になってでもいいから、もう誰にも頼らず一人で呪いを解く方法を探していく。そう決めていたのだが、思わず透にすがってしまうのだった。
暫くして、また入院になったという話になるが、誰もその入院先を知らないという。そんな時、夜中に猫憑きの幽閉場所へこっそり食事を運ぶ者を紅野が発見し、中を開けさせると依鈴が閉じ込められていたのだった。紅野のはたらきですぐに病院へ運ばれ事無きを得た依鈴は、その後一切慊人と関わろうとはしなかった。透のことは気に入っている様子。

草摩 紅野(そうま くれの)

CV:千葉進歩(まんがDVD版)、梅原雄一郎(新アニメ版)/南真由(新アニメ版幼少期)

元酉憑き。十二支の中で一番最初に呪いが解けた。その事実を隠すため、慊人は常に自分の傍に紅野を置くようになった。また、紅野自身も一人だけ呪いが解けてしまった引け目や、幼い頃から不憫な思いをしてきた慊人への同情心もあり逆らわずにいる。黙っているとクールな印象だが、透に負けず劣らず天然な部分がある。ありさの夜のバイト先であるコンビニで前が見えないほど大量のお菓子を抱えて歩いていたところ、ありさにカゴを使うよう促され、お礼でお辞儀をした際に手元のお菓子をすべて床へ落としてしまうほど。それを見て豪快に笑うありさを、ずっと見ていたいと思うのだった。後日、昼間のバイト先で昼休憩をとるため外へ出たありさは、紅野の後ろ姿を見つけて追いかけ、一緒に蕎麦屋で昼食をとることになる。そこで、あの日コンビニに行ったのが人生で初めてだったこと、今日は暇をもらったが行く宛もなく散歩をしていたと語る。無駄なことはしない、定められた通りに生活して、仕事をすることが幸せで満ち足りているのだと寂しそうに笑う紅野だったが、ありさは今この時間を無駄だと否定されたように感じ、あんたに会えて嬉しかったのにと声を荒げて蕎麦屋を後にする。慌てて後を追った紅野は、自分もありさに会いたかった、会えて嬉しかったと心からの笑みを見せ、優しく髪に触れてキスの寸前までいくものの、そのまま黙って立ち去ってしまった。本当はその唇に触れたかったが、もう二度と彼女には会えない運命を分かっていた彼はあえてそれをしなかったのだ。草摩に戻った紅野は不敵に笑う慊人に、おかえりと迎えられるのだった。ありさの言うクレノと、草摩の紅野が同一人物であるか確かめるために透が本家へ忍び込んだ際、あともう少しで見つかりそうになったところを助けてくれた。透からは、ありさの連絡先を渡され、いつか会いたくなる時がきたら連絡して欲しいと言われる。錯乱した慊人に刺され入院した後、自分が傍にいることで逆に負担をかけてしまうからと慊人から離れることを決意。見舞いに来た、ありさに、どこへでも行けば?どこへでも私は行くよと言われ、嬉しそうに微笑んだ。

renote.net

草摩 慊人(そうま あきと)

CV:若葉紫(旧アニメ版)/今井由香(旧アニメ版幼少期)、坂本真綾(新アニメ版)

草摩家の当主。草摩先代当主・晶とその世話掛かりだった楝との間に生まれる。神であり、十二支憑きの者は誰も逆らえない存在。楝は、晶が自分以外を女性として見るのを許せないとの思いから、慊人に男性として過ごすように強いてきたが、実はれっきとした女性である。これは草摩家の中でもトップシークレットとされており、十二支の中でそれを知っているのは紫呉・はとり・綾女・紅野だけ。晶に神はみんなに祝福されて生まれてきたと言われたことを頼りに今も過ごしているが、そんな晶は今際に、自分と楝が特別だったから特別な存在である慊人が生まれたのだと涙し息を引き取る。その言葉は、晶が一番愛していたのは自分ではなく楝だったと言われたのと同じだった。幼い頃から母の愛を受けられなかったこと、目の前で紅野の呪いが解けたこと、暗く陰湿な草摩家の世界しか知らずに育ったことなど、様々な悪因が重なったことで、十二支達との絆に異様に固執し、彼らが離れていかないよう時には暴力を振るい、時には永遠と暗い言葉を投げかけるなど、癇癪持ちで歪んだ性格となった。透が紫呉の家で同居することを許したのは、楝の言葉に反発し、必ずみんな自分の元へ帰ってくるという祈るような気持ちからだった。しかし、実際は透があまりにも純粋であったことから、紫呉の思惑通り彼らを救う役割を果たし、逆に慊人が現実を受け入れる結果となった。

透と初めて会ったのは、はとりに呼ばれて草摩家を訪れた時であるが、その際にはチラリと顔を見ただけに留まる。紅葉と潑春の入学式に訪れ、そこで初めて言葉を交わす。優し気な雰囲気で透に接していたが、由希が心配して声をかけると一変、冷たい目つきで正月に会いに来なかった由希を静かに責め始める。二人の会話は聞き取れなかったものの、あからさまに怯える由希を見て透は思わず二人を引き離した。透達がいる避暑地の別荘に赴いた際は、透が一人きりになるように来ていた十二支のメンバーを自分の別荘へ呼び、それぞれの心に傷を負わせる言葉を吐いた。本家の事情に急遽帰らなければいけなくなると、夜中に透達の別荘を訪れて、十二支にとって不変であることが幸せ、いつかはみんな自分の元へと帰ってくるのだ、と告げるのだった。

楝とのいざこいの後、紅野にこのままでは草摩に食い潰されるだけだ、変わろうと促されるが素直に受け入れられず、持っていた包丁で紅野を刺して透の元へ向かう。もう一度やり直しましょうと手を差し伸べ、微笑む透の手を取ろうとしたその瞬間、透の足元が崩れ崖下へ転落。紅野共々入院となった。一人で紅野のところへ見舞いに来た慊人は、自分を責めずに微笑む紅野に、長い間彼を殺し続けていたのは自分だと悟り茫然とベンチに座っていた。そこへ透の見舞いに来た紅葉が現れ、だったらこれからは大事にすれば良いと助言する。紅葉の言葉に背中を押され、今度は透の病室へ向かうのだった。

自分の中で少しずつ現状に整理をつけ、十二支との決別や草摩の歪みを正すために、猫憑きを幽閉する離れを壊すと約束したり、透やその友人達と自分から話をしに行ったりと積極的に外へ出向く姿が描かれた。

草摩 楝(そうま れん)

Neueo1
Neueo1
@Neueo1

Related Articles関連記事

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

フルーツバスケット(フルバ)の草摩家・草摩一族まとめ

『フルーツバスケット』とは、高屋奈月による漫画、及びそれを原作とするアニメ作品である。母と家を失いテント暮らしをしていた女子高生の本田透は、十二支の呪いに取り憑かれた一族・草摩家と関わりを持つようになる。学校で王子と慕われる由希、幼い頃から由希をライバル視する夾を始め、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた者たちやその関係者、彼らが関わる人々の心の傷や救済を描く。本項では、草摩家とその一族についてまとめる。

Read Article

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

フルーツバスケットの恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『フルーツバスケット』とは、恋愛要素が強いロー・ファンタジー漫画。作者は高屋奈月である。公式略称は「フルバ」、「フルバス」など。1998年に白泉社の『花とゆめ』にて連載がスタート。2006年に完結した。2001年にTVアニメ化され、2019年にキャストなどを一新して再びTVアニメ化された。主人公に女子高生・本田透(ほんだ とおる)を始めとする魅力溢れるキャラクターが多数登場。キャラクター同士の時に甘く、時に苦い恋愛模様が描かれている。

Read Article

草摩夾(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩夾(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩夾(そうま きょう)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の仲間になれなかった猫の物の怪憑きの少年である。仲間外れの存在として、幼い頃より一族中から疎外されてきた。神と同じく尊ばれる子憑きの草摩由希に勝つことを望み、彼との仲は良くないが本心では互いを羨んでいる。ぶっきらぼうで喧嘩っ早いが、根は優しく由希以外の人物に意味なく喧嘩を売ることはしない。ヒロイン本田透を気遣い、彼女と惹かれ合うようになる。

Read Article

本田透(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

本田透(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

本田透(ほんだ とおる)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』の主人公である。両親を失いながらも、前向きに生きる少女。他人を思いやり、相手をあるがままに受け入れる慈悲深さを持つ。天然ボケの気があり、ずれた言動も多いが本人が言う所の頑固さも持ち合わせている。十二支の呪いに苛まれる草摩(そうま)家と関わりを持つ中、十二支と猫の物の怪に取り憑かれた「物の怪憑き」を救いたいと願うようになる。

Read Article

草摩潑春(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩潑春(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩潑春(そうま はつはる)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の丑(牛)の物の怪に取り憑かれた人物である。普段はつかみどころのない印象ながら優しく、他者を気遣うことが多い。しかし、キレると好戦的な「ブラック春」と呼ばれる状態になる。特徴的な白髪は地毛。幼い頃、自分のコンプレックスを拭ってくれた子(鼠)憑きの草摩由希を特別視し、彼を心配している。午(馬)の物の怪憑きである草摩依鈴とは相思相愛だが、互いを想い合うが故の障壁もある。

Read Article

草摩はとり(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩はとり(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩はとり(そうま はとり)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する十二支の辰(龍)の物の怪に取り憑かれた人物で、草摩家の主治医である。当主の草摩慊人や父の命令に従い、十二支の呪いを知った人物に「記憶の隠蔽」と呼ばれる催眠術を施してきた。クールな見た目と物言いが特徴的だが性格は優しい。主人公の本田透が草摩家に深入りすることで元恋人の草摩佳菜のように傷つかぬよう、これ以上関わるなと忠告した。数百年続く神と十二支の絆を「呪い」と表現した、作中最初の人物。

Read Article

草摩紅葉(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紅葉(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紅葉(そうま もみじ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、十二支の卯(兎)の物の怪に取り憑かれた人物である。ドイツ人とのハーフで、金髪と愛らしい外見が特徴。明るい性格も相まって人に好かれやすい。「神と十二支の絆」という呪いが元で母から拒絶され、その記憶からも消えてしまう。それでも、両親の心中を思いやる優しい心を持つ。主人公の本田透に想いを寄せるが、猫憑きの草摩夾と両想いなので告白はしなかった。作中において呪いが解け、改めて自分の人生を進む。

Read Article

草摩紫呉(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紫呉(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紫呉(そうま しぐれ)とは、高屋奈月による漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、戌(犬)の物の怪に取り憑かれた人物である。一見すると爽やかな美形で性格も飄々としている。その一方で自身を「最低」と評するように、十二支の神である草摩慊人を自分のものにするという己の野望の為に他者を利用する。といっても完全な悪人ではなく、物の怪憑きを受け入れる本田透を巻き込むことへの罪悪感も口にした。職業は小説家で、時たま迷い、悩む若者たちに道を示すこともある。

Read Article

草摩依鈴(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩依鈴(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩依鈴(そうま いすず)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、午(馬)の物の怪に取り憑かれた人物である。他者に手厳しい態度を取るが、その実は恋人の草摩潑春を呪いから解放し、主人公本田透を傷つけまいとする優しい性格。1人ですべてをしょい込む傾向にある。その一方、軽率で詰めの甘い一面もある。当初はロングヘアだったが、十二支の神に当たる草摩慊人に髪を切られてからはショートヘアになった。

Read Article

NEW
本田今日子(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

本田今日子(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

本田今日子(ほんだ きょうこ)とは、高屋奈月の漫画『フルーツバスケット』に登場する、主人公・本田透の母である。旧姓は勝沼。「赤い蝶」の異名を持つ伝説的なヤンキーだったが、結婚してからは落ち着き、子煩悩な母親になった。今日子自身は物語開始時点で故人だが、それでも度々透やその友人・魚谷ありさの話題に上るほどに慕われている。透が幼い頃、十二支の始まりの昔話をし、彼女に「十二支になれなかった猫」への愛着を持たせるきっかけになった。

Read Article

草摩由希(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩由希(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩由希(そうま ゆき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の子(鼠)の物の怪に取り憑かれた人物である。容姿端麗で文武に優れ、学校では「王子様」と称されファンクラブまで存在する。しかし、神である草摩慊人の虐待や、兄を始めとする他の物の怪憑きの拒絶もあって本人の自己肯定感は低い。それでも、ヒロイン本田透との生活の中で徐々に変わろうと努力する。猫憑きの草摩夾との仲は険悪だが、一方で誰とでも仲良くなれる夾に憧れを抱いていた。

Read Article

草摩藉真(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩藉真(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩藉真(そうま かずま)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の主要人物の1人・草摩夾の養父であり、武術の師匠である。幼い頃、十二支に入れなかった猫の物の怪に取り憑かれた祖父を残酷な言葉で拒絶。祖父の死後、新たに生まれた猫憑きの草摩夾を見て、その環境の理不尽さを思い知る。母を失い、父からも拒絶された夾を引き取ったのは贖罪の為だったが、次第に父性が芽生えていった。祖父のように幽閉される未来から夾を救おうとした。

Read Article

草摩綾女(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩綾女(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩綾女(そうま あやめ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する巳(蛇)の物の怪憑きで、主要人物の1人の草摩由希の兄である。女性と見まがうロングヘアと美貌、詩的かつ大仰な口調と振る舞いが特徴。学生時代、己の自由と引き換えに由希を無視していたことを後悔しており、関係改善に努める。同級生の草摩紫呉と草摩はとりとは「真のマブダチトリオ」を自称する。洋裁店を営んでおり、店員の倉前美音とは恋仲でもある。

Read Article

花島咲(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

花島咲(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

花島咲(はなじま さき)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』の登場人物。主人公・本田透の友人である。表情に乏しく無口だが、友達想いで透を大事に思っている。「電波」と呼ばれる特殊な波長を読み取り、操る能力を持つ。透やもう1人の友人の魚谷ありさには寛容だが、その他の人物に対しては容赦ない毒舌を浴びせる他、お仕置きと称する「毒電波」を浴びせることもある。電波の力を操り切れなかった小学生時代、クラスメイトを殺しかけたと思い込み、贖罪として黒い服を着るようになった。

Read Article

草摩杞紗(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩杞紗(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩杞紗(そうま きさ)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の寅(虎)の物の怪に取り憑かれた人物である。登場時は特徴的な髪や目の色が原因で中学でいじめに遭い、失語症を患い不登校状態にあった。主人公の本田透によって心を救われ、再び学校に通い出す。その後は透を「お姉ちゃん」と呼び慕う。未(羊)憑きの草摩燈路と仲が良かったために当主の草摩慊人に暴行を受け、燈路との仲が気まずくなっていたが、後に和解し、恋仲となった。

Read Article

草摩紅野(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紅野(フルーツバスケット)の徹底解説・考察まとめ

草摩紅野(そうま くれの)とは、高屋奈月の漫画作品『フルーツバスケット』に登場する、十二支の酉(鳥)の物の怪に取り憑かれた人物である。実はとうの昔に「十二支と神の絆」という呪いから解放されているが、当主にして神の草摩慊人を見捨てられず取り憑かれたフリをしている。慊人が望まなくなるまで傍にいると決めていたが、コンビニ店員の魚谷ありさに心惹かれる。他の物の怪憑きに訪れる変化を後押しし、慊人にも変わる現実を受け入れさせようとした。

Read Article

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

愛おしくて涙溢れる物語『フルーツバスケット』十二支、神まとめ

『フルーツバスケット』とは高屋奈月による漫画及びそれを原作とするアニメ作品です。母を失くして一人テント暮らしをする女子高生、本田透。透はひょんなことから十二支の物の怪に取り憑かれた一族、草摩家と関わることになります。可愛い絵柄とタイトルに惹かれて買ってみたら結構ドロドロ?しかし救済もあれば爽やかな部分もある。色々と人生について考えさせてくれる名作です。この作品のキモである「神」と「十二支」についてまとめました。

Read Article

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

【フルーツバスケット】まだ終わってなかった!続編がある面白い少女漫画まとめ【ママレード・ボーイ】

『フルーツバスケット』や『ママレード・ボーイ』など、世の中の女性たちがみんな夢中になった少女漫画の数々。連載が終わってしまった時には、なんだか自分の半身が失われてしまったほどの寂しさを感じた方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに朗報!なんと、かつての人気少女漫画に続編が登場しているのです。あの頃子どもだった主人公たちも立派に成長して、なんだか感慨深いですね。

Read Article

目次 - Contents