万引き家族 / Shoplifters

『万引き家族』とは、是枝裕和監督による2018年公開のヒューマンドラマ映画作品。公開1週間で10億円の興行収入を記録したヒット作品。第42回日本アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀監督賞など、8つの部門で優秀賞を獲得。海外でも、第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞、第91回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされるなど、高い評価を得ている。
東京下町の狭い平屋を舞台に、祖母の年金と万引きによって生計を立てるという経済的に社会の底辺に位置する一家を中心とした“家族を超える絆”を描いた物語。家族のあり方や、日の目を見ない日本社会の隅にある課題を考えさせられる作品と話題になる一方で、犯罪を助長するなどと批判も受ける。是枝監督は、本作について実際に起きた家族に関する事件を参考に制作していると語っている。俳優陣はリリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林らが参加。子役の城桧吏、佐々木みゆの演技も話題となった。

親タグ

兄弟タグ