ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

おもいでリンクとは『ブラック2・ホワイト2』に『ブラック・ホワイト』のデータを一部引き継がせるシステムのことである。
引き継ぎは、『ブラック2・ホワイト2』のソフトと『ブラック・ホワイト』のソフトとの通信(ワイヤレス通信やWi-Fi通信)で行う。
データの引き継ぎが完了した後、『ブラック・ホワイト』側の条件(冒険の進み具合)を満たすと、『ブラック2・ホワイト2』で特定の人物に話しかけるなどするとイベントが発生する。

発生するイベントの名前と『ブラック2・ホワイト2』の発生条件、『ブラック・ホワイト』側の条件
・「さんにん そろって」:殿堂入り後、サンヨウシティのサンヨウレストランにいるデント・ポッド・コーンに話しかけた後、再びデント・ポッド・コーンのいずれかに話しかける。トライバッジを入手している。
・「それぞれの ホネとユメ」:殿堂入り後、シッポウシティのシッポウ博物館にいるアロエの元に行く。クエイクバッジを入手している。
・「もとめる ココロ」:殿堂入り後、セッカシティの元セッカジムの中にいるハチクに話しかける。N・ゲーチスに勝利し、最初のエンディングを迎えている。
・「あらたな ひかり」:殿堂入り後、ソウリュウシティのシャガの元に行く。レジェンドバッジを入手している。
・「ついきゅう ハイセンス!!」:ヤマジタウンを訪れた後、フキヨセシティの前にいるフウロに話しかける。ジェットバッジを入手している。
・「しろ と くろ」:ホドモエシティにある元プラズマ団の屋敷でロットの話を聞いた後、一度屋敷を出て再び入る。N・ゲーチスに勝利し、最初のエンディングを迎えている。
・「さらば あいすべき スター」:ミュージカルホールを初めて訪れるかオーナーに話しかけてグッズケースを受け取る。グッズケースを入手している。イベントを発生させると『ブラック・ホワイト』で入手したグッズが入ったグッズケースをオーナーからもらえる。
・「トモダチと であいと わかれ」:ポケモンセンターにいるポケモンブリーダー(元プラズマ団)の男性に話しかける。N・ゲーチスに勝利し、最初のエンディングを迎えている。その後、イッシュ地方の特定の場所で、おやが「N」のポケモンが出現し捕まえられるようになる。

おもいでリンクをすると、殿堂入り後にチェレンやベルとバトルができる。『ブラック・ホワイト』ではN・ゲーチスに勝利し、最初のエンディングを迎えていることが条件で、『ブラック2・ホワイト2』では殿堂入りしていることが条件。
ベルはこの条件を満たすと1番道路(カラクサタウンとカノコタウンの間の道路)でバトルできるが、チェレンはNの城でNからダークストーン(ライトストーン)をもらった後に、5番道路(ライモンシティの西の道路)でバトルできる。
この他、『ブラック・ホワイト』の主人公(前作主人公)に関するイベントも発生し、おもいでリンク後、『ブラック2・ホワイト2』のカノコタウンにある前作主人公の家の表札が、プレイしている『ブラック・ホワイト』の主人公の名前に変わる。
また『ブラック2・ホワイト2』のゲーム中の人物が前作主人公に言及する際にも、プレイしている『ブラック・ホワイト』の主人公の名前になる。
『ブラック・ホワイト』でポケモン図鑑を完成させてゲームフリークで表彰されたり、バトルサブウェイでノボリ・クダリ(スーパーシングルトレイン・スーパーダブルトレイン・スーパーマルチトレイン)に勝利して、賞状やトロフィーをもらっている場合、おもいでリンク後に前作主人公の家に賞状やトロフィーが飾られる。

ニンテンドー3DSリンク/ポケモンARサーチャー

ポケモンARサーチャーで捕まえたポケモンや入手したアイテムを『ブラック2・ホワイト2』に転送することができる。

ニンテンドー3DSリンクとは、『ブラック2・ホワイト2』に連動するニンテンドー3DS用ソフト『ポケモンARサーチャー』で捕まえたポケモンを連れてくることができるシステム。
『ポケモンARサーチャー』とは3DSのAR(拡張現実)機能を利用した体感シューティングゲームでダウンロード専用ソフト。
プレイヤーは「夢のはざま(AR空間)」と呼ばれる場所で、「夢のはざま」の研究者・バーネット博士のお願いでポケモンを探すことになる。

まず、夢のはざまに現れる「ゆめぐも」という雲をマシンで探し、現れた「ゆめぐも」に向かってビームを撃つとポケモンやアイテム、また「ゆめだま」というアイテムが現れる。
出現したポケモンに向かってビームを撃つと左上にあるケージがたまっていく。動き回るポケモンにビームを当てて制限時間内にケージをいっぱいにするとそのポケモンを捕まえられる。しかし、制限時間内にケージをいっぱいにできないと失敗する。
「ゆめだま」はマシンを強化させることができるアイテムで、「ゆめだま」と引き換えに、ビームを強化したり、探し出せる「ゆめぐも」の数を増やしたり、ポケモンを捕まえるときの制限時間を増やしたりすることが可能。
「ゆめだま」はこの他、ポケモンの移動速度を遅くするなどポケモンを捕まえやすくする「サポートグッズ」やポケモンを見つけやすくするといった「ちょうさパーツ」にも使用する際にも必要となる。
「ゆめぐも」はビームを当てると消えるが、5分経つと新たに発生する。また、3DSのゲームコイン(ポイントのようなもので、100歩につき1つたまる)を使用すると、ゲームコイン5個使って1日3回まで「ゆめぐも」を出現させられる。

ポケモンARサーチャーでは特定の条件を満たすと伝説のポケモンを捕まえることができる。
「ゆめだま」を400個以上集めるとちょうさパーツの「ミラクルパーツα」が完成し、伝説のポケモン・トルネロス(れいじゅうフォルム)が出現して捕まえられるようになる。
トルネロスを捕まえた後、「ゆめだま」を1000個以上集めるとちょうさパーツの「ミラクルパーツβ」が完成し、伝説のポケモン・ボルネロス(れいじゅうフォルム)が出現して捕まえられるようになる。
ボルトロスを捕まえた後、「ゆめだま」を3000個以上集めるとちょうさパーツの「ミラクルパーツγ」が完成し、伝説のポケモン・ランドロス(れいじゅうフォルム)が出現して捕まえられるようになる。
ランドロスを捕まえるとゲームクリアとなる。
ゲームクリア後、『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』、『ポケットモンスター プラチナ』、『ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー』のソフトを3DSに挿した状態でプレイすると、伝説のポケモンのディアルガ(『ダイヤモンド』)・パルキア(『パール』)・ギラティナ(『プラチナ』)、ホウオウ(『ハートゴールド』)、ルギア(『ソウルシルバー』)が出現し捕まえられるようになる。
伝説のポケモン以外では以下のポケモンが捕まえられる。

ポケモンARサーチャーで捕まえられるポケモン(伝説のポケモン以外)
初期状態:フワンテ、チルット、ムンナ、シンボラー、リオル
トルネロスを捕まえた後:ツボツボ、ププリン
ボルトロスを捕まえた後:ヒトデマン、ドーミラー、ポリゴン、ラルトス
ランドロスを捕まえた後:ムチュール、ミカルゲ、トゲピー、ロトム
特定のコマンド入力後:ダンバル(↑、→、↓、←、L、R、Xと入力)、ヤドン(↑、↓、→、←、L、R、Yと入力)、ホーホー(X、Y、L、R、←、→、Y、Xと入力 )

「ゆめぐも」を撃つことで出現するアイテムはゲーム内で入手できる。入手できるアイテムは初期状態、トルネロスを捕まえた後、ボルトロスを捕まえた後、ランドロスを捕まえた後で変化していき、クリア後に使用できるちょうさパーツの「シミュレーターα」「シミュレーターβ」「シミュレーターγ」では、アイテムのみ入手できる。
ゲーム内で捕まえておけるポケモンは最大6匹(伝説のポケモンは別枠)で、アイテムは最大6種類10個まで。ポケモンARサーチャーで捕まえられるポケモンは隠れ特性持ち。

3DSに『ブラック2・ホワイト2』のソフトを挿入した後にポケモンARサーチャーを起動すると、そこで捕まえたポケモンや入手したアイテムを『ブラック2・ホワイト2』に転送することができる。
『ブラック2・ホワイト2』への転送が完了すると、『ブラック2・ホワイト2』のイッシュリンク「ニンテンドー3DSリンク」から転送したポケモンやアイテムを入手できる。
転送されるポケモンは一度に6匹までで、伝説のポケモンは優先的に送られる。
ポケモンのレベルは『ブラック2・ホワイト2』での持っているジムバッジの数で決まり、ジムバッジを持っていなければレベル5、1、2個でレベル10、3、4個でレベル20、5、6個でレベル30、7、8個でレベル40になる。
捕まえられるトルネロス・ボルトロス・ランドロス(それぞれ「れいじゅうフォルム」)は隠れ特性を持っていないが、『ブラック2・ホワイト2』に送り、うつしかがみを使ってけしんフォルムにフォルムチェンジさせると、それぞれ隠れ特性を持つ。

メダル

メダルは「とくべつ」、「ぼうけん」、「せんとう」、「おたのしみ」、「ちょうせん」に分かれており、メダルの色は「とくべつ」が金、「ぼうけん」がオレンジ、「せんとう」が青、「おたのしみ」がピンク、「ちょうせん」が紫になっている。

『ブラック2・ホワイト2』でのプレイ記録やバトル記録などについて、ある一定の基準を満たした際に贈られる表彰アイテム。
ベーシックバッジ入手前、サンギタウンでアデクの家の訪れた後、家の前でメダルおやじからメダルを収納するメダルボックスをもらうと入手できるようになる。
メダルは全部で255種類あり、「とくべつ」、「ぼうけん」、「せんとう」、「おたのしみ」、「ちょうせん」に分かれる。
メダルにはそれぞれ入手条件があり、その条件を満たすとポケモンセンターに現れるメダルおやじからメダルがもらえる。
メダリストランクというものがあり、持っているメダルの数に応じてランクづけされる。ランクが高くなると、メダルボックスの色が豪華になる。
ヒウンシティにあるメダル事務局では、持っているメダルの数とメダリストランクを教えてもらえ、メダルを50個集めると表彰してくれる。
そして、メダルを全て集めるとメダル「キングオブメダリスト」が贈呈される。

主なメダルの種類と入手条件
・「イッシュコレクター」:ポケモン図鑑(イッシュ図鑑)を完成させた後、ヒウンシティのゲームフリークでゲームディレクターから賞状をもらう。
・「ぜんこくコレクター」:ポケモン図鑑(ぜんこく図鑑)を完成させた後、ヒウンシティのゲームフリークでゲームディレクターから賞状をもらう。
・「(タイプの名前)コレクター」:イッシュ図鑑の特定のタイプのポケモンを全て捕まえる。
・「○○レポーター」:レポートを特定の回数以上書く。
・「○○ウォーカー」:冒険中、特定の歩数以上歩く。
・「バトル○○」、「れきせんのもさ」:バトル(野生ポケモン戦、トレーナー戦)で特定の回数以上勝利する。「れきせんのもさ」は2000回。
・「たいせん○○」、「ボーントゥバトル」:特定の回数以上通信対戦を行う。「ボーントゥバトル」は100回。
・「(○○トレイン)エクスプレス」:バトルサブウェイのシングルトレイン、ダブルトレイン、マルチトレインでサブウェイマスターに勝利する。
・「(タイプの名前)チャンプ」:特定のタイプのポケモンで殿堂入りする。
・「(トーナメントの名前)さいきょう」:PWT(ポケモンワールドトーナメント)のホドモエトーナメントやイッシュリーダーズトーナメント、ワールドリーダーズトーナメントなどで優勝する。
・「かりものキング」:PWTのレンタルトーナメントで優勝する。
・「まぜものキング」:PWTのミックストーナメントで優勝する。
・「○○トレード」、「わらしべちょうじゃ」:特定の回数以上通信交換を行う。「わらしべちょうじゃ」は100回。
・「リバーストレーダー」:『ブラック2』であれば、『ホワイト2・ホワイト』と通信交換し、『ホワイト2』であれば、『ブラック2・ブラック』と通信交換する。
・「ステージのもうしご」:ポケモンミュージカルに10回以上参加する。
・「てんぽ○○」、「キングオブショップ」:ジョインアベニューにお店を一定数開く。「キングオブショップ」は50店。
・「うれっこえいがスター」:ポケウッドで全作品を撮影する。
・「フェスコンプリート」:全てのフェスミッションをクリアする。

通信機能

赤外線通信やDSワイヤレス通信、Wi-Fi通信を使って、他のプレイヤーとポケモン交換やバトルなどができる。
赤外線通信は目の前のプレイヤー、DSワイヤレス通信は近くのプレイヤー、そしてWi-Fi通信は遠く離れたプレイヤーと一緒に遊ぶことができる。

赤外線通信

Cギア(C-GEAR)を使って、赤外線通信を使用して目の前にいる他のプレイヤーと通信対戦や通信交換ができる。及び、2人の相性をチェックできるフィーリングチェックができる。
赤外線通信を使って他のプレイヤーとともだちコードを交換できる。

通信対戦は2人か4人で行え、2人の場合バトル形式がシングルバトル、4人の場合はマルチバトルになる。
その後バトルに参加するポケモンを選ぶとバトルが開始される。バトルに参加するポケモンは強制的にレベル50に統一され、ミラクルシューター(後述)が利用できる。
通信交換は交換に出すポケモンを自分と相手それぞれ選ぶと交換が開始される。
フィーリングチェックはミニゲームによって通信している2人の相性をチェックでき、結果によって点数とランクが表示され、ハートスイーツを入手できる。
同じ相手とは1日1回のみでき、今まで相性をチェックした上位30人を確認できる。

ワイヤレス通信

DSワイヤレス通信を使うと、Cギアで近くにいるプレイヤーと遊べたり、ポケモンセンターの2階にある「ポケモンワイヤレスクラブユニオンルーム」を利用できたりする。Cギアではハイリンクやライブキャスターで遊べる。
ハイリンクとはイッシュ地方の真ん中にある島で、ワイヤレス通信でワープして行くことができる場所。真ん中にはハイルツリーという木がある。
ハイルツリーを調べるとフェスミッションを受けることができ、この他ハイルツリーのレベル(ブラックレベル、ホワイトレベル)、使用できるデルパワーなどを確認できる。そして、デルパワーをCギアにセットできる。
ハイリンクの北側にはハイリンクの森という場所がある。ここではポケモンドリームワールドで出会い仲良くなったポケモンが現れ、捕まえることができる。
また、ポケモンドリームワールドで拾ったアイテムや育てたきのみを受け取ることができる。南にあるワープスポットに乗れば、元の世界に戻れる。

ライブキャスターはCギアから選択することで、近くにいる他のプレイヤーと最大4人でお互いの顔を見ながら会話ができる。
顔を見ながら会話ができるのは、カメラ機能があるニンテンドーDSi/DSi LL/3DSのみで、DS/DS Liteを使っている場合やカメラ送信を無効にしている場合は音声のみとなる。
ライブキャスターで会話できるのは赤外線通信でともだちコードを交換したプレイヤーか、ともだちてちょうに登録したプレイヤーである。また、ライブキャスターでは他のプレイヤーとミニゲームをして遊ぶことができる。

ポケモンセンターの2階にある「ポケモンワイヤレスクラブユニオンルーム」では、ワイヤレス通信していてユニオンルームに入っている他のプレイヤーとバトルやポケモン交換、タマゴ交換などができ、他のプレイヤーにメッセージを送ることもできる。
バトルする際にはその形式を、シングルバトル、ダブルバトル、マルチバトル、ローテーションバトル(ポケモン3体出して戦うが、1体が前衛、2体が後衛となり、それらを入れ替えながら戦えるバトル)、トリプルバトル(ポケモンを3体出して戦うバトル)から選び、対戦ルールを「フラット」か「無制限」かを選ぶ。
2人でバトルをする場合は、シングルバトル、ダブルバトル、ローテーションバトル、トリプルバトルから選び、4人でバトルする場合はマルチバトルを選ぶ。
また、バトル中にアイテムを使うことができる「ミラクルシューター(後述)」を使えるかどうかを設定する。
そして、手持ちポケモンをお互い見せ合ってからそれぞれバトルに参加させるポケモンを選ぶ。全ての設定が終了するとバトルが開始される。

選べるルール(ワイヤレス通信・Wi-fi通信)
フラット:ポケモンのレベルを50に統一(レベル51以上で、49以下はそのまま)。同じポケモンは参加させることはできず、同じアイテムを持たせられない。また、特別なポケモン(ポケモンのタマゴや一部の伝説のポケモン、幻のポケモンなど)は参加できない。
バトル形式により参加できるポケモンの数が決まっており、シングルバトル、マルチバトル、ローテーションバトル、トリプルバトルは3体、ダブルバトルは4体。
無制限:どのレベルのポケモンでも参加できる。同じポケモンを参加させることができ、同じアイテムを持たせることができる。ポケモンのタマゴを除き、伝説のポケモンや幻のポケモンなどといった特別なポケモンも参加できる。
バトル形式により参加できるポケモンの数は、シングルバトルは1体から6体、マルチバトルは1体から3体、ローテーションバトルやトリプルバトルは3体から6体、ダブルバトルは2体から6体まで自由に参加できる。

ポケモン交換は交換に出すポケモンを自分と相手それぞれ選ぶと交換が開始される。
また、持ち寄ったポケモンのタマゴをルームにいるプレイヤーとランダム交換する「ぐるぐるこうかん」ができる。2人から5人まで参加でき、交換が終わるまで誰のタマゴがもらえるのかは分からない。
ぐるぐるこうかんに誘ったり誘われたりして交換に参加するメンバーが集まったら、それぞれタマゴを選択してタマゴの交換が始まる。DSの下画面をタッチするとタマゴが跳ねて入れ替わる。
その後交換は終了し、色の付いているおまけエリアに自分のタマゴが止まると、きのみがもらえる。

Wi-Fi通信

ニンテンドーWi-Fiコネクション(現在はサービス終了)に接続して、Cギアからポケモンを寝かせたり起こしたりできる「ゲームシンク」が行える。1日1回まで行える。
ゲームシンクは『ブラック2・ホワイト2・ブラック・ホワイト』と連動したインターネットサイト「ポケモングローバルリンク」の「ポケモンドリームワールド」を利用する際に必要。
ポケモンドリームワールドを利用するにはインターネットサイト「ポケモンだいすきクラブ」にメンバー登録した上で、ゲームシンクIDの登録が必須。
各種登録やサイトアクセスはDSに内蔵されている無線LANとインターネットを使って、ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続することでできる。
ゲームシンクでは手持ちのポケモンやボックスにいるポケモンを寝かせたり、寝かせたポケモンや「ポケモンドリームワールド」からやって来たポケモンを起こしたりすることができる。
ポケモンを寝かせると、眠っているポケモンはポケモンの夢の世界「ポケモンドリームワールド」に登場し、そこでミニゲームなどで遊べる。
ポケモンドリームワールドで出会って仲良くなったポケモンやそこで手に入れたアイテムは『ブラック2・ホワイト2』に連れてくることができ、そのポケモンを起こすと自分のハイリンクで捕まえたり、アイテムを入手できたりする。
一部のポケモンは寝かせることができない。

ニンテンドーWi-Fiコネクションに接続するための設定を行った後に接続すると、Wi-Fi通信で他のプレイヤーとバトルやポケモン交換などをするときに必要な「ともだちコード」がもらえる。
ポケモンセンターの2階にある「ポケモン Wi-Fiクラブ」では、このともだちコードを交換した相手とバトルやポケモン交換などができ、この他ボイスチャットやライブキャスターでやり取りをすることもできる。
バトルをする際にはその形式を、シングルバトル、ダブルバトル、マルチバトル、ローテーションバトル(ポケモン3体出して戦うが、1体が前衛、2体が後衛となり、それらを入れ替えながら戦えるバトル)、トリプルバトル(ポケモンを3体出して戦うバトル)から選び、対戦ルールを「フラット」か「無制限」かを選ぶ。
2人でバトルをする場合は、シングルバトル、ダブルバトル、ローテーションバトル、トリプルバトルから選び、4人でバトルする場合はマルチバトルを選ぶ。
また、バトル中にアイテムを使うことができる「ミラクルシューター(後述)」を使えるかどうかを設定する。
そして、手持ちポケモンをお互い見せ合ってからそれぞれバトルに参加させるポケモンを選ぶ。全ての設定が終了するとバトルが開始される。
ポケモン交換をする際には、あらかじめ交換候補のポケモンを3匹用意して、それぞれがその中から欲しいポケモンを1匹選んでポケモン交換をする「ネゴシエーション交換」を行う。
この時、下画面のアイコン(ニコニコマーク、ハートマークなど)で気持ちを伝えられる。

この他ニンテンドーWi-fiコネクション(現在はサービス終了)に接続すると、バトルサブウェイで「Wi-fiトレイン」に挑戦できる。
ここでは、他のプレイヤーのデータをダウンロードしてポケモン3体によるシングルバトルを行う。
1から10までのランクがあり、初めランク1のトレーナーとバトルを行い1周7人のトレーナーに勝ち続けることで自分のランクが上がり、強い相手と戦える。しかし、負け続けると自分のランクが下がってしまう。
バトル終了後、成績をWi-Fiコネクションに送るかどうか選ぶことができ、成績をWi-Fiコネクションに送った場合、その時の自分のポケモンデータを元にしたトレーナーが他のプレイヤーがバトルする時に対戦相手として現れる。

グローバルターミナル

ポケモンセンターの2階にある、Wi-fi通信を使って世界中のプレイヤーとバトルをしたり、ポケモン交換などができる施設。
「ランダムマッチ」、「グローバルトレードステーション(GTS)」、「ミュージカルショット」、「バトルビデオ」の4つを利用できる。
利用する際は「ともだちコード」の登録は必要ない。

ランダムマッチ

世界中のプレイヤーとバトルができ、バトル形式をシングルバトル(ポケモン3体)、ダブルバトル(ポケモン4体)、ローテーションバトル(ポケモン4体)、トリプルバトル(ポケモン6体)、シューターバトル(ミラクルシューターが使えるトリプルバトルでポケモン6体)のいずれかを選ぶ。
ここでは参加するポケモンのレベルが50に統一(レベル51以上で、49以下はそのまま)される。同じポケモンは参加させることはできず、同じアイテムを持たせられない。
また、特定のポケモン(ポケモンのタマゴや一部の伝説のポケモン、幻のポケモン、及びペラップ)は参加できず、一部の技(フリーフォール、ダークホール)を覚えたポケモンも参加できない。
そして、手持ちポケモンをお互い見せ合ってからそれぞれバトルに参加させるポケモンを選ぶ。
ランダムマッチでは、「フリーモード」か「レーティングモード」の2つのモードでバトルすることができる。フリーモードは自由にバトルができるモード。
レーティングモードは自分のレーティング(対戦成績)に近い相手とバトルができるモードで、レーティングは1500からスタートし勝つと上がり負けると下がる。
レーティングが高いほど強いプレイヤーと戦えるが、別のDSに替えてニンテンドーWi-Fiコネクションに接続すると、レーティングモードの成績は全て消えてしまうので注意が必要。
レーティングモードでバトルをするためには、インターネットサイト「ポケモンだいすきクラブ」にメンバー登録した上で、そこからゲームシンクIDの登録が必須。

ランダムマッチでは、バトルに参加させるポケモンを選ぶときやバトル中ポケモンに技を指示するときそれぞれに制限時間がある。
参加させるポケモンを選ぶときは90秒、技を指示するときには120秒の制限時間がある。
制限時間を超えるとポケモンの技は自動的に選ばれる。またバトル自体も1時間という制限時間があり、1時間を超えて勝負がつかない場合は判定によって勝敗が決まる。
レーティングモードに参加しているプレイヤーのレーティングは『ブラック2・ホワイト2』と連動するサイト「ポケモングローバルリンク」に送られる。
そして「ポケモングローバルリンク」の「グローバルバトルユニオン」では、レーティングモードに参加しているプレイヤーの成績を確認できる。

グローバルトレードステーション(GTS)

世界中のプレイヤーとポケモン交換ができるシステムで、ポケモンを預けたり探したりすることで交換することができる。
ポケモンを預けることで交換する方法としては、自分が交換に出すポケモンをグローバルトレードステーション(GTS)に預け、その後自分の欲しいポケモンやレベル、性別を設定する。その後、自分の預けたポケモンが欲しい相手が見つかり、かつその相手が自分の欲しいポケモンを預けていた場合に交換が成立。
また、自分が欲しいポケモンをGTSに預けられているポケモンの中から探すことができ、自分の欲しいポケモンが見つかった場合、相手が欲しいポケモンを自分のボックスにいるポケモンから選び交換に出すと交換が成立。
いずれの場合も、お互いの条件に合ったポケモンがそれぞれに送られることになる。

ポケモンを預ける場合、自分の欲しいポケモンやレベル、性別を設定するが、この時レベルは10単位で指定できる。
また探せるポケモンは、一度出会ったことがありポケモン図鑑に記録されているポケモンで、レベルを10単位で指定できる。

この他、どんなポケモンを交換したいかその条件を決め、条件に合った相手とポケモン交換をすることもできる(「GTSネゴシエーション」)。
交換する際には、あらかじめ交換候補のポケモンを3匹用意して、それぞれがその中から欲しいポケモンを1匹選んでポケモン交換をする「ネゴシエーション交換」を行う。
GTSネゴシエーションには、「誰でも交換」と「待ち合わせ交換」の2つがあり、交換を行うためには手持ちポケモンが2匹以上であることが必要。
誰でも交換では、レベル・欲しいポケモン・あげるポケモンを大まかに設定して条件に合う相手を探し、条件に合う相手が見つかったらその相手と交換するという交換方法。
待ち合わせ交換は、赤外線通信やポケモンワイヤレスクラブユニオンルーム、ポケモンWi-Fiクラブ、GTS、GTSネゴシエーションでポケモン交換した相手の一覧が表示され、そこから交換したい人を選んで待ち合わせをする。
選んだ相手も待ち合わせしていた場合は、その相手とネゴシエーション交換を行う。
交換した相手全員と待ち合わせることも可能で、その場合はその時待ち合わせしている相手の誰かとネゴシエーション交換をすることになる。

ミュージカルショット

ポケモンミュージカルの様子を写したミュージカルショットを世界中のプレイヤーに発表したり、他のプレイヤーのミュージカルショットを見ることができる。
他のプレイヤーのミュージカルショットを見る際に、送ったプレイヤーのプロフィールを見ることができる。

バトルビデオ

tw-10992582873572556804
tw-10992582873572556804
@tw-10992582873572556804

Related Articles関連記事

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

『ポケットモンスター』は株式会社ポケモンから発売されているゲームソフトシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる架空の生き物をパートナーとして、野生のポケモンやトレーナーのポケモンと勝負したりしながら冒険する。そのポケモンを捕まえるための道具がモンスターボールである。初代の『赤・緑・青』が発売された当初は「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂もあった。

Read Article

ポケットモンスターの伝説のポケモンまとめ

ポケットモンスターの伝説のポケモンまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。自身がトレーナーになり、「ポケモン」と呼ばれる生物をパートナーとして旅をする。 伝説のポケモンは公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、基本的にゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。各世代で複数の伝説のポケモンが登場している。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

『ポケットモンスター』は、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。『ポケモン』には稀に背筋に寒気を覚えるような設定が盛り込まれている。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモンより発売されているロールプレイングゲームのシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる生き物を捕獲・育成してポケモンリーグという施設のチャンピオンを目指す。 メガシンカとは、『ポケットモンスターX・Y』で追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと追加されたシステムである。メガシンカと似たものに、伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻るゲンシカイキというものも存在する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のタイプまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のタイプまとめ

『ポケットモンスター』(ポケモン、Pokemon)とはゲームフリークが開発し、株式会社ポケモンより発売されるRPGシリーズである。通称「ポケモン」と呼ばれる架空の生き物と共に各地を旅し、ポケモン図鑑の完成やポケモンリーグのチャンピオンを目指す。 本作にはポケモンや技ごとに「タイプ」と呼ばれる属性のようなものが設定されている。このタイプによって、ポケモン同士の相性が決められている。初めは15タイプだったが『金・銀』から2つ、『X・Y』から1つ追加された。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

前作、ポケットモンスターサン・ムーンに新要素を加えてバージョンアップとして登場したのが、ウルトラサン・ウルトラムーンである。前作と同じく島巡りと呼ばれる旅に出た主人公がいくつもの試練を乗り越えて、チャンピオンを目指すストーリーだが、前作から新たに追加された新要素もたくさんあるので、前作を遊んだからと言って飽きることはないだろう。 今回はポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンの魅力に迫る。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン&ムーン』とは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。キャラクターデザインが一新され、ややシンプルなゆるっとした線で描かれている。過去の作品で登場したカスミやタケシといったキャラクターが登場することでも話題となった。 『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となるアローラ地方で、主人公のサトシが仲間達と共にスクールライフを送りながら新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、株式会社ポケモンから発売されたNintendo Switch用ロールプレイングゲーム。2019年11月15日に『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の同時に二本発売され、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。公式略称は『ポケモン剣盾』。 今作の舞台であるガラル地方で、主人公はポケモンバトルの最高峰であるポケモンリーグへ挑み、チャンピオンを目指す。また、ポケモンが巨大になるダイマックス現象の謎へと挑む。

Read Article

ポケットモンスターSPECIAL(ポケSP・ポケスペ)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスターSPECIAL(ポケSP・ポケスペ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター SPECIAL』とは、小学館から出版されている、ゲーム『ポケットモンスター』を題材にした、原作を日下秀憲、作画を山本サトシが手がける漫画である。ゲームと同じ世界、登場人物を用いながら、全く異なるシナリオを展開しているのが特徴で、ゲームで新たなシリーズが登場するたびに新章が執筆されている。1997年に『小学四年生』『小学五年生』『小学六年生』で連載開始し、その後は『コロコロイチバン!』や『クラブサンデー』と媒体を変えながらも連載を続け、2021年には連載25年目を迎えた。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ )』とは2022年1月28日にNintendo Switch用ソフトとして販売された『ポケットモンスター』シリーズ初のアクションロールプレイングゲームである。物語は「ヒスイ地方」を舞台に、ヒスイ地方に迷い込んだ主人公がギンガ団に所属し、ポケモン図鑑を完成させるというものである。 従来の作品とは異なり、ポケモンではなく主人公を操作しポケモンを捕まえたり、襲ってくるポケモンの攻撃を回避したりと様々なアクションを楽しむことができる。

Read Article

New ポケモンスナップ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

New ポケモンスナップ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Newポケモンスナップ』とは、『ポケットモンスター』シリーズのスピンオフ作品であるNINTENDO 64用ソフト『ポケモンスナップ』の完全新作および続編である。主人公は未開の地・レンティル地方を舞台に、ポケモンの生態や「イルミナ現象」の謎を調査していく。『ポケットモンスター ソード・シールド』までに登場した約200匹のポケモンを、美麗なグラフィックで観察、撮影できることが魅力である。売り上げは全世界で200万本を超え、ファンにとっても22年ぶりの新作ということで大いに喜ばれた。

Read Article

劇場版ポケットモンスター ココのネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター ココのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター ココ』は、2020年12月25日に公開のテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版映画第23作目の作品。TVシリーズとは繋がりのないオリジナルストーリーとなっており、人里離れた森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと幻のポケモン・ザルードの絆を描く。本当の親子とは何か、育てるとは何かをテーマにした本作は幅広い年代から高い評価を得た。監督は前作『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』から続投となる矢嶋哲生で、主題歌と劇中楽曲は岡崎体育がプロデュースした。

Read Article

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、2017年に公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版映画第20作目の作品。テレビアニメ第1話のラストで登場した幻のポケモン・ホウオウを見て主人公サトシが交わした「いつか、あいつに会いに行こう」という約束の続きを描く完全オリジナルストーリーとなっている。サトシとその相棒・ピカチュウの成長が大きなテーマ。ポケモン映画20作記念特別企画として制作され、興行収入も3年ぶりに年間トップ10入りを果たすなど人気を博した。

Read Article

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(EVOLUTION)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(EVOLUTION)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は、2019年7月12日公開の『ポケットモンスター』の劇場版映画第22作目。第1作目『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』を全編フル3DCGで描いたリメイク作品。人間に造られたポケモンであるミュウツーが、自身を生み出した人間への憎悪に駆られ、主人公サトシやポケモンたちと対立を繰り広げる。”命”や”自己の存在意義”をテーマにしたストーリーは『ポケモン』映画の中でも評価が高く、市村正親や小林幸子など旧版に登場したキャストも再登壇したことで話題を集めた。

Read Article

劇場版ポケットモンスター みんなの物語のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター みんなの物語のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』は、2018年7月13日に公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズの劇場版映画第21作目の作品。 人とポケモンが風とともに暮らす街「フウラシティ」を舞台に、主人公サトシやそれぞれの想いを持って風祭りに参加してきた人物たちが、ポケモンとの絆で街の危機を乗り越えていく。 監督が湯山邦彦から矢嶋哲生に交代し、WIT STUDIOなどポケモン映画に初参加するクリエイター達の影響もあって、歴代のポケモン映画でも異色の雰囲気を放つ作品となった。

Read Article

【ポケモン】『ポケットモンスター』シリーズ歴代主人公まとめ【画像付き】

【ポケモン】『ポケットモンスター』シリーズ歴代主人公まとめ【画像付き】

『ポケットモンスター』シリーズの主人公は、プレイヤーが自由に名前を決めることができる。初代の『赤・緑・青・ピカチュウ』では男主人公のみだったが、世代が進むにつれて主人公の性別や容姿、服装、髪型などもプレイヤー好みに選択・変更することが可能となり、より自由度が増した。グラフィックが向上して主人公の姿がゲーム内ではっきりと分かるようになったこともあって、新作が登場するとポケモンだけでなく「主人公がどのようなデザインになるのか」という点にも注目が集まるようになった。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

【ポケットモンスター】ポケモンに登場するキャラクター紹介【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】

【ポケットモンスター】ポケモンに登場するキャラクター紹介【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】

ポケットモンスターシリーズのゲームに登場するジムリーダー・四天王・チャンピオンなどのキャラクターをまとめました。初代からブラック・ホワイトまで地方別に紹介しています。印象に残る個性的なキャラクターもポケモンシリーズの大きな魅力です。

Read Article

目次 - Contents