ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

PWT(ポケモンワールドトーナメント)にやって来た主人公は、ヤーコンの案内でライバルと共に会場の中に入る。そこでヤーコンからの申し出で、主人公、ライバルはトーナメントに参加することになり、チェレンも参加することになった。
トーナメントでは1回戦ではライバル、2回戦ではチェレンと戦う。そして決勝戦はアクロマと戦い、見事勝利し優勝する。
トーナメントを終えて会場を出るとプラズマ団が走り去るのを目撃。その場にやって来たアクロマが止めるが、ライバルはプラズマ団を追いかけていく。チェレンもライバルを追いかけ、主人公も後を追う。
プラズマ団が走り去った方向にあるPWTの南の桟橋には大きな船が泊まっていた。船の中に入るとそこはプラズマ団のアジト「プラズマフリゲート」で、船に入ったライバルやチェレンと協力してプラズマ団のしたっぱ達と戦う。
したっぱ達を全て倒すと、プラズマ団の七賢人の1人であるヴィオが現れ、伝説のドラゴンポケモンの力でイッシュ地方を征服すると宣言。その後、ダークトリニティ(ゲーチスの部下)が現れて主人公達を船から追い出し、船はどこかへ行ってしまった。ライバルは怒って走り去り、チェレンも調べ物のために主人公と別れた。

電気石の洞穴を進むと、何者かの声が聞こえてくる。

ホドモエシティから次のポケモンジムがあるフキヨセシティに向かう途中、季節研究所の前でチェレンに再会。チェレンからカゴメタウンやヒウンシティ、ホドモエシティで一瞬マイナス50度を観測したことを教えられる。その後、電気石の洞穴の手間で伝説のポケモン・コバルオンに遭遇。
電気石の洞穴に入ると洞窟で調査中のベルに再会。洞窟を奥に進むと「ポケモン達を救うために行かなくては」と何者かの声が聞こえてくる。
電気石の洞穴を抜けてフキヨセシティに到着し、そこでアララギ博士に出会う。アララギ博士は主人公のポケモン図鑑を評価し、マスターボールをくれる。その後、フキヨセジムのジムリーダー・フウロがやって来る。
アララギ博士はフウロの操縦する飛行機に乗る予定だったが、先に町の先にあるタワーオブヘブンに調査のためそこに向かった。主人公もタワーオブヘブンに向かう。
そしてフキヨセシティに戻り、フキヨセジムに挑戦して、ジムリーダー・フウロに勝利してジェットバッジをもらう。その後、主人公はアララギ博士、そしてベルと共にフウロの操縦する飛行機でヤマジタウンへと飛ぶ。

アララギ博士(左)から伝説のドラゴンポケモンのゼクロム・レシラムについて、ソウリュウシティのジムリーダー・シャガから詳しい話を聞いてほしいと頼まれる。

ヤマジタウンに到着すると、アララギ博士は主人公をこの町に連れてきた理由を語る。それは伝説のドラゴンポケモンのゼクロム・レシラムについて、ドラゴンタイプ使いのソウリュウシティのジムリーダー・シャガから詳しい話を聞いてほしいというものだった。そして何かあったときには協力してほしいと頼まれ、主人公はアララギ博士の頼み事を承諾する。
ベルはヤマジタウンの東にあるリバースマウンテンに調査のために向かい、主人公もリバースマウンテンに向かい洞窟内ではベルと一緒に行動。そしてベルと別れ、洞窟を抜けてサザナミタウンに到着。
サザナミタウンではライバルとバトル。勝利すると、ライバルは妹のチョロネコをプラズマ団から取り戻すことを新たに決意し、主人公に対してはポケモン図鑑の完成を頑張るよう伝える。
ソウリュウシティに行くために、サザナミタウンから北に向かう。その道中では、電気石の洞穴の手前で遭遇したコバルオンに出会い、コバルオンとバトルをして捕まえる。
ソウリュウシティの手前のカゴメタウンに着くと、アララギ博士とベルに再会。カゴメタウンではアララギ博士の案内で、住民のおばあさんから人やポケモンを食べるという恐ろしいポケモンが登場するカゴメタウンの昔話を聞く。
おばあさんの話を聞いた後、アララギ博士は昔話に出てきたポケモンと伝説のドラゴンポケモン・ゼクロム(レシラム)には何か関係があると考える。そして、ゼクロム(レシラム)の詳しい話をシャガから聞くようにアララギ博士から頼まれ、ベルと一緒にフィールドワークへと向かった。

カゴメタウンでは、ライバルと一緒にプラズマ団のヴィオやしたっぱとバトル。

カゴメタウンのポケモンセンターの近くでライバルに再会するが、そこにヴィオが現れる。ヴィオは世界がプラズマ団に支配されることで、人々がモンスターボールという文明を捨てる時を見てみたいと主人公達に語る。
その後、主人公はライバルと共にヴィオやプラズマ団のしたっぱと戦う。勝利すると、ヴィオやしたっぱは何かを探すべくその場を立ち去り、ライバルはヴィオ達を追いかけていった。
カゴメタウンから西に向かい、ビレッジブリッジを越えた先で伝説のポケモン・ビリジオンとバトルをして捕まえる。
ソウリュウシティに到着すると、ヒウンシティで出会ったアイリスに再会。その後、ソウリュウジムに挑戦して、ジムリーダー・シャガに勝利してレジェンドバッジをもらう。その後、シャガから伝説のドラゴンポケモンのゼクロムとレシラムについて話を聞く。
ゼクロムとレシラムは元々1匹のポケモンで、イッシュを建国した双子の英雄が真実・理想のどちらが正しいか争った際に2匹に分かれるが、シャガはこの時にもう1匹のドラゴンポケモンが誕生したと考える。それはキュレムというポケモン。
シャガの一族に代々伝わる「いでんしのくさび」という宝物は、アララギ博士の調査によると、ゼクロム・レシラムに関連のあるリュウラセンの塔と同時代の成分が検出できたようである。
そしてキュレムについて、シャガはゼクロム・レシラムが分かれた後の抜け殻ではないかと考える。
ところがゼクロムやレシラム、そしてキュレムの話が一段落した時、突然衝撃が走る。急いで外に出ると、プラズマ団がプラズマフリゲートから氷のミサイルを発射してソウリュウシティを一面氷漬けにしてしまう。
その後シャガや主人公の元にヴィオが現れ、いでんしのくさびをプラズマ団に渡すよう迫るが、シャガは拒否する。主人公はいでんしのくさびを探すしたっぱ達と戦い、ヴィオとも戦う。
しかしヴィオを倒した後、いでんしのくさびはダークトリニティによって奪われてしまう。主人公は町の中でその1人と戦い勝利するが取り返せず、駆けつけたチェレンからイッシュ地方で現在一番気温が低いセイガイハシティの付近にプラズマ団がいると教えられる。

ダークトリニティに奪われてしまったいでんしのくさびを取り返すため、ダークトリニティの1人と戦うが取り返すことはできなかった。

セイガイハシティ~ポケモンリーグ

イッシュ地方最後のジムであるセイガイハジムに挑戦し、ジムリーダー・シズイとバトル。

サザナミタウンに戻り、海底トンネル「マリンチューブ」を通ってセイガイハシティに到着。セイガイハジムに挑戦して、ジムリーダー・シズイに勝利してウェーブバッジをもらう。
ジムを出るとライバルが待っていて、シズイもそこに現れる。シズイはプラズマ団のことをよく知らず、ライバルがプラズマ団が悪事を働く集団と説明するも、シズイはプラズマ団に対しては憎しみ等の気持ちを表さなかった。
プラズマ団をライバルと手分けして探すことになり、主人公はセイガイハシティの西にある22番道路を探す。22番道路には伝説のポケモン・テラキオンがいたが、そこにアクロマがやって来る。
プラズマ団と戦う主人公に対して、アクロマは自分のポケモンを守れる強さを持つのだとアドバイスし、何かの役に立つとしてアクロママシーンを渡す。そして、セイガイハシティの近くの海辺の洞穴という場所に何かあると告げて去っていく。その後、テラキオンとバトルをして捕まえる。

プラズマフリゲートには伝説のポケモン・キュレムがプラズマ団に捕まっていた。

セイガイハシティに戻って海上を進んで海辺の洞穴に入り洞窟内を進む。洞窟の出口をふさぐイワパレスをアクロママシーンを使って活性化させ、イワパレスとバトルした後洞窟を抜ける。
洞窟を抜けると浜辺にはプラズマフリゲートが泊まっていた。シズイの協力でタラップが降ろされ、主人公は合流したライバルと共にプラズマフリゲートに乗り込む。
船内ではライバルと協力してプラズマ団のしたっぱと戦う。船内にある仕掛けを解除して奥に進むとそこにはヴィオ、そしてプラズマ団に捕らえられたキュレムがいた。主人公はライバルと一緒にヴィオと戦う。
しかしヴィオに勝利してもいでんしのくさびは取り返すことはできず、主人公やライバルはダークトリニティにより再びプラズマフリゲートから追い出されてしまう。そして、プラズマフリゲートは浜辺からどこかへ飛び立っていった。
主人公達の元にチェレンがやって来て、プラズマフリゲートがジャイアントホールに行ったのではないかと教えられる。ライバルは先にジャイアントホールへと向かい、主人公もそこに向かった。

ロット(真ん中)はゲーチスに従うしたっぱ達(上)を説得するが、失敗してしまう。

スパイとして潜入している元プラズマ団の手引きで、主人公とライバルはジャイアントホールを進んでいく。地底森林に来るとそこには元プラズマ団のロットがいた。
ゲーチスの目論みはイッシュ地方の支配であり、プラズマ団が掲げていたポケモン解放は建前に過ぎない、とロットはゲーチスに従うしたっぱ達を説得するが、したっぱ達はロットを裏切り者と呼んで話を聞こうとしない。
ロットの説得は失敗し、主人公はライバルと一緒にしたっぱ達と戦う。勝利した後に新手が現れるが、ロット達元プラズマ団が引き受ける。ロットからチョロネコがダークトリニティの誰かが持っているはずだと教えられ、ライバルはジャイアントホールに着陸したプラズマフリゲートの中に入っていき、主人公も続けて入っていく。
船内ではプラズマ団のしたっぱ達と戦い、潜入中の元プラズマ団から情報を得て船内の仕掛けを解いて奥に進む。進んだ先にはプラズマ団に捕らわれたキュレムがおり、そこにヴィオが現れバトルになる。
ヴィオに勝利し、その後キュレムが捕らわれている部屋の隣の部屋に向かうと、そこには旅先で何度か顔を合わせたアクロマがいた。アクロマはプラズマ団の一員で研究に携わり、様々な方法でポケモンの能力を完全に引き出そうとしていた。
そして、アクロマはポケモンの能力を引き出せるかどうかを見るために多くのトレーナーとバトルをしたといい、主人公にはその優秀な素質があると語る。そして自分の望む答えがあるかどうかを確かめるために、主人公にバトルを仕掛けてくる。
主人公がアクロマに勝利すると、アクロマは主人公の強さを認める。その後、主人公にポケモンとトレーナーの信頼関係でポケモンの能力を引き出せるのかと質問をし、ポケモンの能力を引き出すには科学的方法なのか、それともポケモンとトレーナーの信頼関係なのかを自分で決めるため、キュレムの部屋を通って自分の部屋の反対側に行くよう伝えられる。

アクロマに勝利した後、アクロマがいた部屋の反対側に行くと、そこにはプラズマ団の創設者・ゲーチスがいた。

アクロマがいた部屋の反対側の部屋には、プラズマ団の七賢人のゲーチスがいた。ゲーチスはキュレムの力を使ってイッシュ地方を支配して人々やポケモン達を平伏させると主人公に語る。そして、キュレムはゼクロムとレシラムが分かれた時の余り物であると説明。
ゲーチスは自分の野望のため、部下のダークトリニティを使ってキュレムをジャイアントホールに移動。そして、そのまま主人公の相手を任せ自分はその場を離れる。
ライバルもゲーチスの部屋にやって来て、チョロネコの情報についてダークトリニティに迫る。そうするとダークトリニティはポケモンをボ-ルから出す。ダークトリニティが出したポケモンはレパルダスで、プラズマ団が5年前にライバルの妹から奪ったチョロネコが進化したものだった。レパルダスはライバルのことを忘れてしまったようで、彼に対して激しく威嚇する。
そしてダークトリニティは主人公にバトルを仕掛けてくるが、主人公はダークトリニティを全員倒す。その後、ダークトリニティはゲーチスの目論みを考えるともう用済みだとしてレパルダスをライバルに返す。
ゲーチスの部屋からプラズマフリゲートを出てジャイアントホールの洞窟最深部に行くと、ゲーチスがキュレムを呼び出してイッシュ地方を氷漬けにしようとし、キュレムはゲーチスの指示で技「こごえるせかい」を繰り出す。
しかしそこにゼクロム(レシラム)に乗ってNが現れ、ゼクロム(レシラム)の攻撃で「こごえるせかい」を打ち破る。Nはキュレムの苦しみとゲーチスの野望をゼクロム(レシラム)を通じて知り、駆けつけたのである。
だが、ゲーチスはいでんしのくさびを使ってキュレムとゼクロム(レシラム)を合体させてしまう。主人公はキュレムとゼクロム(レシラム)が合体したブラックキュレム(ホワイトキュレム)とバトルすることになるがこれを倒し、キュレムとゼクロム(レシラム)は分離して、キュレムは姿を消す。
するとゲーチスは主人公を排除すべくバトルを仕掛けてくるが、主人公はゲーチスを倒し彼の野望を完全に打ち砕く。その後現状を認めようとはしないゲーチスに、Nはポケモンは道具ではなく素晴らしいパートナーと説得するが、ゲーチスは取り乱しており話を聞く状態ではなかった。その後ダークトリニティがゲーチスを連れていき、プラズマ団はここに崩壊した。
プラズマ団との戦いを終えた主人公にNは感謝の言葉を述べる。そして人とポケモンの関係性について述べた後、ポケモンリーグに向かうよう伝え、ゼクロム(レシラム)に乗って去っていった。
その後ライバルがやって来てプラズマ団との戦いが終わったことを主人公に確認。ライバルはレパルダスを妹に返すことを決め、主人公のポケモンリーグ挑戦を後押しする。

ゲーチスに勝利した後、正気を失ったゲーチスをダークトリニティが救出し連れていく。プラズマ団はここに崩壊した。

ジャイアントホールを後にし、ポケモンリーグを目指す。途中にあるバッジチェックゲートの入口でNが待っていて、ポケモンバトルはお互いが持つ素晴らしさを確かめ合うものだと説明し、ポケモンリーグに挑戦する主人公を後押しする。
Nと別れバッジチェックゲートを抜けて、チャンピオンロードに入る。チャンピオンロードを進んでいくと、出口付近でライバルがバトルを仕掛けてくる。ライバルに勝利すると、彼は自分の旅の目的を果たせたとし、お礼にわざマシンを渡す。そして「チャンピオンになれ」と声をかける。
ライバルと別れてチャンピオンロードを抜け、ポケモンリーグに到着。早速ポケモンリーグに挑戦し、初めポケモンリーグ四天王のシキミ、ギーマ、カトレア、レンブとバトルをする。
四天王を全て破り奥へ進むと、そこにはヒウンシティとソウリュウシティで顔を合わせたアイリスがいた。主人公はチャンピオンのアイリスとバトルをするが、彼女との激闘を制し、見事殿堂入りを果たした。
その後アイリスと共に殿堂入りの部屋に入り、そこで主人公は自分と自分のポケモン達を記録する。ポケモンリーグでの戦いを終えた主人公は四天王やアイリスに見送られ、ヒオウギシティへと帰るのだった。

ポケモンリーグで四天王を全て倒した後、チャンピオン・アイリスとのバトル。

それからの冒険

主人公の家にアララギ博士の父親(アララギパパ:下)が訪問してきて、主人公の図鑑をイッシュ図鑑からぜんこく図鑑にパワーアップしてもらう。

主人公がヒオウギシティに帰った後、主人公の家にアララギ博士の父親(アララギパパ)が訪問する。主人公はアララギパパからポケモン図鑑をイッシュ図鑑からぜんこく図鑑にパワーアップしてもらう。
家を出るとライバルとライバルの妹が待っていて、ライバルの妹はチョロネコを見つけてくれたことを主人公に感謝し、チャンピオンロードで主人公のことを呼ぶゾロアークを夢で見たと話をする。そして、ライバルはチャンピオンになった主人公を祝福した。
チャンピオンロードに向かうとゾロアークに遭遇。ゾロアークは主人公をどこかへ案内するかのようにチャンピオンロードの奥へと進む。主人公はゾロアークの後を追っていくと、巨大な城の中に入る。
城の中にはNがいて、ここがプラズマ団の城だったことを説明。そしてNは城の奥にある、自分にとって大切な場所に連れていってほしいと主人公に頼む。城の中にあるNの部屋では、自分の生い立ちを説明。
城の奥にある王の部屋に入ると、自分は2年前にあるトレーナーと信念をかけて戦い、そして敗れて、異なる考えを受け入れることで世界は豊かに、そして変化していくことを知ったとNは語る。
Nは主人公が異なる考えを受け入れる心の強さを持つトレーナーなのかどうかを見るために、ゼクロム(レシラム)でバトルを仕掛けてくる。主人公はゼクロム(レシラム)を倒し、Nに勝利した。
Nは真実(理想)を追求する気持ちが自分達を超えたといい、ゼクロム(レシラム)には主人公を支えてほしいとして、ゼクロム(レシラム)と別れる。そのゼクロム(レシラム)は眠りにつき、ダークストーン(ライトストーン)に姿を変える。
そしてNはそのダークストーン(ライトストーン)を主人公に託し、リュウラセンの塔に行くよう告げる。

主人公は(右)Nの城でN(左)とバトルした後、Nからダークストーン(ライトストーン)を託され、リュウラセンの塔に行くよう告げられる。

tw-10992582873572556804
tw-10992582873572556804
@tw-10992582873572556804

Related Articles関連記事

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

『ポケットモンスター』は株式会社ポケモンから発売されているゲームソフトシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる架空の生き物をパートナーとして、野生のポケモンやトレーナーのポケモンと勝負したりしながら冒険する。そのポケモンを捕まえるための道具がモンスターボールである。初代の『赤・緑・青』が発売された当初は「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂もあった。

Read Article

ポケットモンスターの伝説のポケモンまとめ

ポケットモンスターの伝説のポケモンまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモン(発売当初は任天堂)から発売されているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。自身がトレーナーになり、「ポケモン」と呼ばれる生物をパートナーとして旅をする。 伝説のポケモンは公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、基本的にゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。各世代で複数の伝説のポケモンが登場している。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

『ポケットモンスター』は、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称は『ポケモン』。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。『ポケモン』には稀に背筋に寒気を覚えるような設定が盛り込まれている。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

『ポケットモンスター』とは株式会社ポケモンより発売されているロールプレイングゲームのシリーズである。ポケットモンスター(ポケモン)と呼ばれる生き物を捕獲・育成してポケモンリーグという施設のチャンピオンを目指す。 メガシンカとは、『ポケットモンスターX・Y』で追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと追加されたシステムである。メガシンカと似たものに、伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻るゲンシカイキというものも存在する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のタイプまとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のタイプまとめ

『ポケットモンスター』(ポケモン、Pokemon)とはゲームフリークが開発し、株式会社ポケモンより発売されるRPGシリーズである。通称「ポケモン」と呼ばれる架空の生き物と共に各地を旅し、ポケモン図鑑の完成やポケモンリーグのチャンピオンを目指す。 本作にはポケモンや技ごとに「タイプ」と呼ばれる属性のようなものが設定されている。このタイプによって、ポケモン同士の相性が決められている。初めは15タイプだったが『金・銀』から2つ、『X・Y』から1つ追加された。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーンの魅力まとめ

前作、ポケットモンスターサン・ムーンに新要素を加えてバージョンアップとして登場したのが、ウルトラサン・ウルトラムーンである。前作と同じく島巡りと呼ばれる旅に出た主人公がいくつもの試練を乗り越えて、チャンピオンを目指すストーリーだが、前作から新たに追加された新要素もたくさんあるので、前作を遊んだからと言って飽きることはないだろう。 今回はポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーンの魅力に迫る。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター サン&ムーン』とは、ゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。キャラクターデザインが一新され、ややシンプルなゆるっとした線で描かれている。過去の作品で登場したカスミやタケシといったキャラクターが登場することでも話題となった。 『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となるアローラ地方で、主人公のサトシが仲間達と共にスクールライフを送りながら新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、株式会社ポケモンから発売されたNintendo Switch用ロールプレイングゲーム。2019年11月15日に『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の同時に二本発売され、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。公式略称は『ポケモン剣盾』。 今作の舞台であるガラル地方で、主人公はポケモンバトルの最高峰であるポケモンリーグへ挑み、チャンピオンを目指す。また、ポケモンが巨大になるダイマックス現象の謎へと挑む。

Read Article

ポケットモンスターSPECIAL(ポケSP・ポケスペ)のネタバレ解説・考察まとめ

ポケットモンスターSPECIAL(ポケSP・ポケスペ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ポケットモンスター SPECIAL』とは、小学館から出版されている、ゲーム『ポケットモンスター』を題材にした、原作を日下秀憲、作画を山本サトシが手がける漫画である。ゲームと同じ世界、登場人物を用いながら、全く異なるシナリオを展開しているのが特徴で、ゲームで新たなシリーズが登場するたびに新章が執筆されている。1997年に『小学四年生』『小学五年生』『小学六年生』で連載開始し、その後は『コロコロイチバン!』や『クラブサンデー』と媒体を変えながらも連載を続け、2021年には連載25年目を迎えた。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Pokémon LEGENDS アルセウス(ポケモンレジェンズ )』とは2022年1月28日にNintendo Switch用ソフトとして販売された『ポケットモンスター』シリーズ初のアクションロールプレイングゲームである。物語は「ヒスイ地方」を舞台に、ヒスイ地方に迷い込んだ主人公がギンガ団に所属し、ポケモン図鑑を完成させるというものである。 従来の作品とは異なり、ポケモンではなく主人公を操作しポケモンを捕まえたり、襲ってくるポケモンの攻撃を回避したりと様々なアクションを楽しむことができる。

Read Article

New ポケモンスナップ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

New ポケモンスナップ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Newポケモンスナップ』とは、『ポケットモンスター』シリーズのスピンオフ作品であるNINTENDO 64用ソフト『ポケモンスナップ』の完全新作および続編である。主人公は未開の地・レンティル地方を舞台に、ポケモンの生態や「イルミナ現象」の謎を調査していく。『ポケットモンスター ソード・シールド』までに登場した約200匹のポケモンを、美麗なグラフィックで観察、撮影できることが魅力である。売り上げは全世界で200万本を超え、ファンにとっても22年ぶりの新作ということで大いに喜ばれた。

Read Article

劇場版ポケットモンスター ココのネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター ココのネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター ココ』は、2020年12月25日に公開のテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版映画第23作目の作品。TVシリーズとは繋がりのないオリジナルストーリーとなっており、人里離れた森を舞台に、ポケモンに育てられた少年・ココと幻のポケモン・ザルードの絆を描く。本当の親子とは何か、育てるとは何かをテーマにした本作は幅広い年代から高い評価を得た。監督は前作『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』から続投となる矢嶋哲生で、主題歌と劇中楽曲は岡崎体育がプロデュースした。

Read Article

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、2017年に公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』の劇場版映画第20作目の作品。テレビアニメ第1話のラストで登場した幻のポケモン・ホウオウを見て主人公サトシが交わした「いつか、あいつに会いに行こう」という約束の続きを描く完全オリジナルストーリーとなっている。サトシとその相棒・ピカチュウの成長が大きなテーマ。ポケモン映画20作記念特別企画として制作され、興行収入も3年ぶりに年間トップ10入りを果たすなど人気を博した。

Read Article

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(EVOLUTION)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲(EVOLUTION)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』は、2019年7月12日公開の『ポケットモンスター』の劇場版映画第22作目。第1作目『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』を全編フル3DCGで描いたリメイク作品。人間に造られたポケモンであるミュウツーが、自身を生み出した人間への憎悪に駆られ、主人公サトシやポケモンたちと対立を繰り広げる。”命”や”自己の存在意義”をテーマにしたストーリーは『ポケモン』映画の中でも評価が高く、市村正親や小林幸子など旧版に登場したキャストも再登壇したことで話題を集めた。

Read Article

劇場版ポケットモンスター みんなの物語のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版ポケットモンスター みんなの物語のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版ポケットモンスター みんなの物語』は、2018年7月13日に公開されたテレビアニメ『ポケットモンスター』シリーズの劇場版映画第21作目の作品。 人とポケモンが風とともに暮らす街「フウラシティ」を舞台に、主人公サトシやそれぞれの想いを持って風祭りに参加してきた人物たちが、ポケモンとの絆で街の危機を乗り越えていく。 監督が湯山邦彦から矢嶋哲生に交代し、WIT STUDIOなどポケモン映画に初参加するクリエイター達の影響もあって、歴代のポケモン映画でも異色の雰囲気を放つ作品となった。

Read Article

【ポケモン】『ポケットモンスター』シリーズ歴代主人公まとめ【画像付き】

【ポケモン】『ポケットモンスター』シリーズ歴代主人公まとめ【画像付き】

『ポケットモンスター』シリーズの主人公は、プレイヤーが自由に名前を決めることができる。初代の『赤・緑・青・ピカチュウ』では男主人公のみだったが、世代が進むにつれて主人公の性別や容姿、服装、髪型などもプレイヤー好みに選択・変更することが可能となり、より自由度が増した。グラフィックが向上して主人公の姿がゲーム内ではっきりと分かるようになったこともあって、新作が登場するとポケモンだけでなく「主人公がどのようなデザインになるのか」という点にも注目が集まるようになった。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

【ポケットモンスター】ポケモンに登場するキャラクター紹介【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】

【ポケットモンスター】ポケモンに登場するキャラクター紹介【ジムリーダー・四天王・チャンピオン】

ポケットモンスターシリーズのゲームに登場するジムリーダー・四天王・チャンピオンなどのキャラクターをまとめました。初代からブラック・ホワイトまで地方別に紹介しています。印象に残る個性的なキャラクターもポケモンシリーズの大きな魅力です。

Read Article

目次 - Contents