スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の概要

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。前作で巨大要塞デス・スターを反乱軍の攻撃によって失った凶悪な銀河帝国が、逆襲に転じ反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、思いがけない自らの運命に直面するまでを描く。前作で監督を勤めたジョージ・ルーカスは製作総指揮に回り、ベテランのアービン・カーシュナーが本作の監督として雇われた。

当初は記録的な大ヒットとなった前作の「続編」という形で製作が発表されたが(日本でも当初は「スター・ウォーズ“2”の製作が決定」などと紹介されていた)、のちに製作総指揮のジョージ・ルーカスが、スター・ウォーズは9部作からなる壮大な物語であり、前作はその4番目のエピソードで、これから製作する続編は5番目のエピソードであることを発表した。アメリカでの公開時にはサブタイトルは「The Empire Strikes Back」のみだったが、後年「Episode V」というエピソードの番号が付け加えられた。

ジョージ・ルーカスの構想では、9部作の5番目のエピソードとなる本作と、最初に製作された4番目のエピソードである前作、そしてこの後に製作される6番目のエピソードを映画化したものと合わせて、ひとつの物語として完結する設定になっていた(のちにこの3本を合わせて「旧3部作」と呼ばれるようになる)。それ故、本作のラストは物語として完結せず、そのまま6番目のエピソードに繋がる形で終わり、TVの連続ドラマのように「次回へ続く」ような結末を想定していた。当時は、大作映画の結末が続編とはいえ完結せずに終わるということは前代未聞のことであり、また元になる原作無しで、映画作家のオリジナル・ストーリーで3部作を製作するということも初めての試みであった。ルーカスと共同で脚本を仕上げたローレンス・カスダンも、これまで例がなかった形式だけに、「前の映画を見ていなければこの映画が楽しめない」という内容の作品が、果たして観客に受け入れられるのだろうかと不安だったと述べている。

物語が完結せずに終わる結末だったこともあり、公開直後は批評家の評価も賛否両論であった。しかし、前作に比べてグレードアップした特撮や、序盤から最後まで見る者を引き付けて離さない刺激的な展開、クライマックスで明かされる衝撃の真実などが観客を魅了し、今では現在までに製作されたサーガの作品中で、ベストのエピソードだと評価する声が多い。また、初公開時の国際版ポスターのデザインを、日本人イラストレーターの生瀬範義が勤めていて、このデザインは優秀であると現在も評価が高い。

1980年の初公開当時には、撮影技術や予算の不足などの理由で撮影出来なかったシーンを追加した「特別編」が1997年に製作され、その後も2004年のDVD化の際や、2011年のブルーレイ版発売の際に、最新のCG技術などを用いて一部のシーンの修正などが行われている。

遠い昔のある銀河系で恐怖政治を行う皇帝に対して、反乱を行うようになったレジスタンスは、ルーク・スカイウォーカー、レイア・オーガナ、さらにはジェダイの生き残りであるオビ=ワン・ケノービや密売人のハン=ソロとともに、帝国と戦っていた。しかし力を取り戻した帝国軍によって、レジスタンスは追い込まれていた。ルークはオビ=ワンの亡霊から、伝説のジェダイマスターであるヨーダに会いに行くように言われ、惑星ダゴバへ向かう。一方、レイアたちはハン=ソロの商売仲間がいる星へ向かうが、そこは帝国軍に買収されており、ソロたちは捕えられてしまうのだった。
ホスの闘いに始まり、ルークの修行と逃亡するファルコン号の2つにストーリーが分岐する本作。アステロイドの追跡戦やフォースの概念が明らかになり、クライマックスはクラウドシティでルークとダース・ベイダーとのまさかの関係が発覚し、ファンを熱狂させた。シリーズの中でもストーリー的に最も密度の濃い一作である。

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』のあらすじ・ストーリー

惑星ホスからの脱出

惑星ホスに住む凶暴な生物に捕らえられ、宙釣りにされてしまったルーク・スカイウォーカー

エピソード5はエピソード4に続く物語である。エピソード5では帝国軍の猛烈な追撃を逃れたルーク・スカイウォーカーが加わっている反乱軍が、雪と氷に閉ざされた惑星・ホスに新たな拠点を築いている場面から始まる。

ルークは基地の外を探索していると、ホスに住む雪男のような怪物に襲われてしまう。なんとか怪物から逃れるが、力尽きてしまい雪の中で気絶してしまう。
意識を失う寸前ルークは、自分にフォースを教えてくれた師であり、帝国軍の指揮官ダース・ベイダーと戦って死んだオビ=ワン・ケノービの姿が目の前に現れる。

オビ=ワンはルークに、ジェダイマスターであるヨーダに会うように伝える。そしてヨーダは惑星ダゴバにいることもルークに伝え、オビ=ワンの姿は消えてしまう。ルークは気を失ったあともダゴバと、オビ=ワンの名前を口にし続ける。そんなルークを友人のハン・ソロが探しだし、2人は何とか基地に戻ることに成功するのだった。

しかし安息もつかの間、すぐに帝国軍に居場所を知られてしまい戦闘になる。帝国軍を指揮するダース・ベイダーは反乱軍を逃さないように攻撃するが、反乱軍は犠牲を払いながら大部分の撤退、惑星ホスの脱出に成功する。

戦闘に参加していたルークは何とか生き延び、ドロイドのR2-D2と共に戦闘機に乗り惑星ホスを脱出する。しかし惑星ホスを脱出後、ルークは仲間達とは合流せず惑星ダゴバに向かった。

一方ハンも、惑星ホスから脱出に成功していた。脱出する際最後まで反乱軍の指揮を執っていた、惑星オルデランの王家オーガナ家の養女レイア・オーガナを連れて脱出していた。しかし、帝国軍はしつこくハンの宇宙戦を追跡した。ハンの宇宙船ファルコン号は修理半ばで、帝国軍から逃げ切ることができずにいた。

なんとか小惑星の内部に逃げ込み、一時的に帝国軍の追っ手から逃げきることに成功する。しかし、惑星内の怪物に追いやられ、惑星の外に飛び出しまた帝国軍に追われてしまう。
策を考え何とか逃げ切ったと思われたが、ファルコン号の後ろには密かに追手が追跡を始める。

ハンは助けを求め、昔の友人であるランド・カルリジアンの元に向かった。ランドはハン達を笑顔で迎え入れてくれ、ファルコン号の修理も快く引き受けてくれたのだった。しかし、もうすぐでファルコン号の修理も終わるという時に、ハン達の前にベイダーが現れる。ベイダーはハンたちを使いルークをおびき寄せる為、密かに先にランドと手を組んでいたのだった。

フォースの修行

ルークはオビ=ワンの言葉を信じ、惑星ダゴバに着陸することに成功する。着陸したダゴバは草木が生い茂り、人が住める環境ではなかった。戦闘機も半分以上が沼に沈み、なんとかルークは荷物を戦闘機から降ろし一息つく。

ルークが休憩していると、ルークの背後に年老いたクリーチャーが現れる。ルークがヨーダを探していることを聞いたクリーチャーは、よぼよぼと歩きながらルークをヨーダの所まで案内すると歩いていく。ルークは半信半疑ではあったが、自身もヨーダの居場所を知らない為仕方なく彼についていくことにした。

着いた先には小さな小屋があり、クリーチャーはルークをもてなしていた。しかしルークは一向にヨーダの元に連れて行かない彼を疑い始め、早く自分をヨーダの所に連れて行けと駄々をこね始める。
すると老人は誰もいない空間に向かって、「この子はダメだ。辛抱がなさ過ぎる。それに、修行を始めるには年を取り過ぎている」と話し始める。

その声に答えるようにオビ=ワンの「かつて私もそうでした」という声が聞こえた。オビ=ワンの声はルークにも聞こえており、ルークはようやく2人の会話からクリーチャーがヨーダであることに気が付いたのだった。

それからヨーダに対してルークは急に態度を変え、改めて弟子になることをお願いする。しかし今までのルークの態度を観察していたヨーダは、ルークの申し入れを断ってしまう。声だけが聞こえるオビ=ワンもヨーダを説得し、なんとかルークはヨーダの弟子入りに成功する。

修行の中でルークは格段にジェダイの持つ力、「フォース」の力を身につけていく。しかしフォースの力をまだ信じ切れていないルークは、何度も諦めの言葉を発してしまう。その度にヨーダはフォースを悟らせるように声をかけるが、ルークはその言葉さえも理解できずにいた。

そんな中特訓の最中にR2が騒ぎ出し、ルークの集中は途切れてしまう。ルークがR2の様子を見に行くと、ルークの乗ってきた戦闘機が完全に沼の底に沈んでしまったのだった。ヨーダはルークに、フォースの力を使って戦闘機を引き上げることを提案するが、ルークは諦めの言葉を発する。ヨーダは大きくため息をつき呆れてしまうのだった。
その様子を見ていたルークはしぶしぶ沼の淵に立ち、フォースの力で沈んだ戦闘機を少しだけ浮かせることはできた。しかしルークの力では完全に戦闘機を引き上げることは出来なかったのだった。

ルークは出来なかったかことを戦闘機が大きすぎるのを理由にして、諦めてその場から離れてしまう。ヨーダは大きさは関係ないとルークに伝えるが、ルークは聞く耳を持たなかった。
また大きく息をついたヨーダはルークを横目に、自身のフォースの力でいとも簡単に戦闘機を沼から引き上げてしまったのだった。その現実離れしたフォースの力を目の当たりにしたルークは、フォースの力を信じるようになり訓練に励むのだった。

訓練の成果もあり、ルークは修行の途中に仲間の未来をフォースの力を通して読み取ってしまう。その未来は、友人のハンやレイアが苦しんでいる光景だったのだった。その光景を見たルークは居てもたってもいられず、ヨーダの修行を中断して友人の元に駆け付けるのだった。

暗黒面との対峙

ハン・ソロ救出に向かうファルコン号を見送るレイア姫とルーク、R2-D2とC-3POのドロイド2体

ハン達はベイダーにつかまってしまい、ハンは何も質問もされずただ拷問されるという理不尽な状況に置かれていた。ルークがハン達を助けに来ていると聞いたベイダーは、ルークを捕えるための準備を始める。その際、ルークを冷凍保存して捕える方法を試すため、ハンを実験台にしてハンは冷凍されてしまう。そのままハンは、賞金稼ぎの手に引き渡されてしまったのだった。

レイアはそのままランドが保護することになっていたが、ベイダーは約束を破りレイアはベイダーの船に乗せられそうになってしまう。しかしランドはベイダーとの取引が次々に破られていった為、彼は帝国軍に歯向かい、レイア達を連れてファルコン号に乗りこんで無事脱出に成功するのだった。

一方ルークは罠だと知りながらも建物の中を進み、ベイダーと対峙するのだった。ルークは微力ながらフォースの力を使い、ベイダーと対峙するが、ルークの現在の力ではベイダーに敵わなかった。
ルークは戦いの中右腕を切り落とされ、窮地に追いやられてしまう。ベイダーはルークに対し仲間になるように要求し、暗黒面へ誘惑する。ルークは、自分の父を殺したベイダーの仲間にはならないと反発する。

しかし、その言葉にベイダーはルークの本当の父親は自分であり、オビ=ワンではないことを告げる。

ルークはベイダーの言葉を否定するように声を荒げるが、徐々にフォースを通じてベイダーが自分の実父であることを確認する。それでも信じられないルークは、ベイダーから逃げるように、通気口の中へ落ちていってしまったのだった。ルークは通気口からそのまま外に放り出されてしまい、細いアンテナ部分に引っ掛かりなんとか助かった。しかし、もう内部に入る方法はなく絶体絶命の状態になってしまう。

ルークはフォースの力を使い、逃げ出したレイアに呼びかける。レイアも逃げている途中だったが、ルークの助けを感じて引き返すのだった。レイアが引き返した先で絶体絶命のルークを発見し、なんとか救出に成功する。その後ファルコン号は帝国軍に追われながら、何とか逃げ切ることができたのだった。

その後改めて反乱軍と合流したルークとレイアは、反乱軍の船に移りファルコン号と別れを告げる。ファルコン号に乗ったランドとハンの相棒チューバッカは、賞金稼ぎの手に引き渡されたハンを助けに向かう。ルークとレイアはファルコン号を見送り、それぞれの思いを胸に物語はいったん終幕する。

ハンが無事助かるのか、その後ルークはヨーダの元に戻り修行を再開するのかなど、本作では様々な物事が完結せずに終わってしまう。物語の続きはエピソード6に続く仕様となっている。

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』の登場人物・キャラクター

主要人物

ルーク・スカイウォーカー(演:マーク・ハミル)

CV:島田敏
本作の主人公であり、舞台となる銀河系に存在する特異な力、「フォース」の持ち主である。銀河の辺境にある砂に覆われた惑星タトゥイーンで育ち、養父が営む農業を手伝っていた平凡な青年だったが、銀河帝国に反旗を翻す反乱軍の一員・レイア姫のメッセージを携えたドロイドR2-D2と出会ったことにより、その運命が大きく変わって行く。やがてルーク自身も反乱軍と行動を共にするようになり、帝国軍の巨大要塞デス・スターを破壊する殊勲を上げた。前作でのレッド中隊から派生したローグ中隊の飛行隊長を務めていた。また惑星ホスを発見して同盟軍基地建設に尽くしている。
青年期にジェダイの騎士になった珍しい経歴のジェダイであるルークは、かつて父親もそうだったように、非常に強いフォースの力を持っていた。オフェンス・ディフェンス・パワー・スピード、全てにおいて優れており、ライトセーバーを初めて扱った日からわずか数年でマフィアのグループを1人で倒し、ダース・ベイダーと同等に戦えるなど、長いジェダイの歴史の中で最も短期間で成長した人物である。
銀河帝国が猛威を振るう前の時代、フォースの力を用いて銀河系の平和維持のために活躍していたジェダイの騎士の、そのわずかな生き残りの1人であるオビ=ワン・ケノービの元で、ルークもジェダイの騎士となる修行を始める。オビ=ワンは帝国軍の指揮官ダース・ベイダーに倒されてしまったが、その魂は死なずに生き残り、霊体となってルークの前に現れたオビ=ワンのアドバイスで、ルークはジェダイの騎士を統率するマスターであったヨーダという人物に会いに行く。ヨーダの元で新たにジェダイの騎士となる修行を始めたルークだったが、身に付けたフォースの力でレイア姫やハン・ソロが危機に直面する未来を予知し、彼らを助けるべく、修行の途中でヨーダの元から飛び立っていく。仲間を救出に行った惑星ベスピンの空中都市で、ルークは師であったオビ=ワンの仇でもある、ダース・ベイダーと対決。強力な暗黒面のフォースの力を持つベイダーに追い詰められたルークは、ベイダーから「自分はお前の父親だ」という衝撃の告白を受ける。ベイダーの告白を最初は否定したものの、ルークはフォースの力を通じて、ベイダーが自分の父親であることを感じ取っていた。

ハン・ソロ(演:ハリソン・フォード)

CV:磯部勉
惑星コレリア出身の人間で、コレリアの路上で孤児として育つ。のちに海賊ギャリス・シュレイクによって拾われ、窃盗など数々の犯罪を仕込まれ、悪人としての頭角を示す。主人の船であるトレーダーズ・ラック号で奴隷同然の扱いを受けながら育つも、母親代わりであったウーキー族の女性のおかげで、辛うじて完全に悪になることは無かった。
その後は、密輸業者として愛機ミレニアム・ファルコン号で舞台となる銀河系を飛び周り、違法な荷物運搬などを請け負っていた。本作の時期には、主に惑星タトゥイーンで裏社会を牛耳る大物ジャバ・ザ・ハットの元で働いていた。しかしある時荷物を運搬中に帝国軍の検問に合い、仕方なく積荷を捨ててしまう。そのことでハン・ソロは、ジャバ・ザ・ハットに対して多額の借金を背負うことになる。借金返済のため仕事を探していた惑星タトゥイーンの酒場で、帝国の目を逃れ別の惑星へと渡航するための宇宙船とパイロットを探していたオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーに出会い、ハン・ソロの運命は大きく変わっていく。当初はあくまで仕事としてルークや反乱軍と共に行動していて、帝国軍の巨大要塞デス・スター破壊作戦の前に反乱軍と別れて旅立ってしまうが、デス・スター破壊に向かうルークのピンチに舞い戻り危機から救うという、男侠のあるところを見せる。本作では、反乱軍のリーダーとなったレイア姫との間に恋愛感情が生まれるが、お互い意地を張ってなかなかその気持ちを認めなかったものの、帝国軍の指揮官ダース・ベイダーに捕らえられカーボン冷凍されてしまう直前、レイア姫と互いの愛情を確かめ合う。

レイア・オーガナ(演:キャリー・フィッシャー)

CV:高島雅羅
惑星オルデランの王家であるオーガナ家の養女として育ち、やがて銀河元老院のオルデラン代表議員となる。肩書きは「姫」ではあるが、帝国軍の尋問にも簡単に口を割らず、戦闘時には自ら銃を取って戦う、強靭な意思と行動力とを兼ね備えた女性である。銀河元老院は、銀河帝国が猛威を振るう前の時代に設立されていた銀河共和国の中枢を担っていたが、共和国が帝国に移り変わってからは形骸化し、機能しなくなっていた。そんな状況に不満を抱いたレイアは、帝国に反旗を翻す反乱軍の一員となる。その後、反乱軍が盗み出した帝国軍の巨大要塞デス・スターの設計図を入手するが、帝国の指揮官ダース・ベイダーに捕らえられ、故郷の惑星オルデランを破壊すると脅され、やむなく反乱軍の秘密基地の場所を白状する。しかし冷徹な帝国の指揮官ターキン総督により、レイアは目の前でオルデランが破壊される凄惨な現場を目撃してしまう。帝国軍の追撃から逃れ、惑星ヤヴィンから惑星ホスへと拠点を移した反乱軍では、リーダーの一人となり反乱軍を指揮し、その勇気ある言動で皆を鼓舞していた。元は密輸業社でありながら、反乱軍と行動を共にするようになったハン・ソロに恋心を抱くが、勝気な性格が災いし、なかなかその本心をソロに伝えられずにいた。しかしダース・ベイダーにハン・ソロと共に捕らえられ、ソロがカーボン冷凍されてしまう直前に、初めて「あなたを愛しているわ」とその想いを打ち明ける。

ジェダイの騎士

2gakituki
2gakituki
@2gakituki

Related Articles関連記事

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『スター・ウォーズ』シリーズとは、1977年に第1作が初公開され、2019年に完結作となる第9作が公開された、共和国と帝国という2つの宇宙国家の対立と、その中で活躍するジェダイの騎士たちの姿を描くSF映画。完結後も派生作品が作られる一大叙事詩である。2022年にはその総価値が推定700億米ドルと言われており何年たっても愛される超大作となっている。 ここでは、そんな『スター・ウォーズ』シリーズに登場する数々の名言を紹介。何年にわたって人々の記憶に残り続ける言葉をエピソード1~6の中から紹介する。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年製作のアメリカ映画。日本公開は1年後の1978年6月。スター・ウォーズサーガの記念すべき第1作目であり、本作はエピソード1~9から成る9部作の4番目、「エピソード4」にあたる。広大な銀河の辺境にある星に育った青年ルーク・スカイウォーカーが、銀河系の運命を左右する一大事件に関わり、平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう姿が描かれている。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』とは1981年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・アドベンチャー映画。主演はハリソン・フォード、監督にはスティーブン・スピルバーグ、原案と制作総指揮にジョージ・ルーカスが務めた。超常的パワーを秘めた聖櫃(アーク)を巡り、冒険家インディ・ジョーンズはナチス・ドイツを相手に争奪戦を繰り広げる。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』の映画化作品。監督はリドリー・スコット、脚本はハンプトン・ファンチャーであり、1982年に公開された。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アデライン、100年目の恋』とは、2015年にアメリカ合衆国で製作された恋愛ファンタジー映画である。ある日、突然起きた事故により老化が止まったヒロイン「アデライン・ボウマン」は、100年の長い年月を若い容姿のまま過ごすことになる。以後、その年齢に伴わない美貌に疑問を抱いたFBIから目をつけられてしまう。その事をきっかけにアデラインは、一切の素性を隠し、長い逃亡人生を送ることになる。しかし、大晦日のパーティーで出会う男エリスと交際することになり、アデラインの人生に光が見えてくるのであった。

Read Article

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』(Star Wars Jedi: Fallen Order)とはRespawn Entertainment(リスポーン・エンターテインメント)社が2019年に発売したアクションゲーム。 高難易度のアクションと、美麗なグラフィック、豪華な音楽で『スター・ウォーズ』の世界を疑似体験できる一作で、映画のストーリーを知らないゲームファンも楽しめる。 ジェダイ騎士の生き残りであるカルが、強大な帝国軍と戦う様子を描く。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目『エピソード4/新たなる希望』に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』は1984年5月23日にアメリカで公開されたアクション・アドベンチャー映画。監督はスティーブン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォードであり、前作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の続編にあたる。 富と名声の象徴である伝説の「サンカラ・ストーン」を巡り、冒険家インディ・ジョーンズが恐ろしい邪教集団「サギー教」と熾烈な争奪戦を繰り広げる。

Read Article

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1989年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの3作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。「原点回帰」をテーマに胸躍る冒険活劇は健在で、主人公インディの父役としてショーン・コネリーが演じ話題となった。 キリストの血を受けた「聖杯」を巡り、冒険家インディとその父ヘンリーが宿敵ナチス・ドイツと争奪戦を繰り広げる。

Read Article

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』とは2008年に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの4作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。前作より19年後を舞台に、映像技術の進歩による描写と壮年となったインディの変わらぬパワフルさが特徴。 謎の結晶体「クリスタル・スカル」に秘められた謎を巡り、インディは新たな敵「ソビエト連邦」と争奪戦を繰り広げる。

Read Article

逃亡者(1993年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

逃亡者(1993年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『逃亡者』とは、1993年にアメリカ合衆国で制作されたサスペンス映画である。妻殺害の罪を着せられた著名な外科医キンブルは死刑判決を受けるが、護送中の事故に乗じて脱走する。決死の逃亡を続けながら、妻殺害の真犯人を見つけ出していくスリリングなストーリーが展開する。逃亡を続ける外科医をハリソン・フォードが、キンブルを執拗に追う連邦保安官補ジェラードをトミー・リー・ジョーンズが演じている。監督は『チェーン・リアクション』、『守護神』、『沈黙の戦艦』などを手掛けたアンドリュー・デイビス。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

スター・ウォーズのC-3POとR2-D2は不仲?理由は過酷な撮影現場にあった【STAR WARS】

スター・ウォーズのC-3POとR2-D2は不仲?理由は過酷な撮影現場にあった【STAR WARS】

映画『スター・ウォーズ』シリーズ全てに登場する代表的なキャラクターといえば、金色のドロイドC-3POと、球体の頭部を持つR2-D2ではないでしょうか。実はC-3POを演じたアンソニー・ダニエルズとR2-D2を演じたケニー・ベイカーは不仲だったことが知られていますが、その理由は意外なものでした!

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

暗黒卿ダース・ベイダーのモデルは伊達政宗?スター・ウォーズに見られる日本文化まとめ 【SW】

暗黒卿ダース・ベイダーのモデルは伊達政宗?スター・ウォーズに見られる日本文化まとめ 【SW】

世界中で熱狂的な支持を集める『スター・ウォーズ』シリーズ。魅力的なキャラクターばかりですが、代表的なアンチヒーローとして知られるのは「暗黒卿」と呼ばれるダース・ベイダーです。その特徴的な衣装は日本の鎧をモチーフにしていることが知られていますが、かの有名な戦国武将・伊達政宗をモデルにしているという噂も!果たして噂は本当なのでしょうか?徹底的に解説します!

Read Article

映画に登場するカッコよすぎる悪役キャラクターまとめ!ダース・ベイダーなど

映画に登場するカッコよすぎる悪役キャラクターまとめ!ダース・ベイダーなど

ここでは映画に登場するカッコいい悪役キャラクターをまとめた。『スター・ウォーズ』シリーズの象徴的存在であるダース・ベイダーや、スピンオフ作品が多く作られている『バットマン』のジョーカー、『羊たちの沈黙』の天才精神科医にして猟奇殺人鬼ハンニバル・レクターなどを紹介している。

Read Article

定番からキャラものまで!コンパクトな五月人形・節句飾り・鯉のぼりまとめ【ダースベイダーも!】

定番からキャラものまで!コンパクトな五月人形・節句飾り・鯉のぼりまとめ【ダースベイダーも!】

子どもの日、お子様の初めての端午の節句に大きな物を飾るスペースはないけど何かお祝いしたい!そんな方向けにアパートやマンションでも飾れるコンパクトな五月人形や鯉のぼりを集めました。丁寧に作られ定番の品からアンパンマンやディズニーといった人気キャラクターものまで!お気に入りの逸品が見つかること間違いなしです。

Read Article

スター・ウォーズのドロイドR2-D2のキーボードが近未来的で可愛すぎる!【STAR WARS】

スター・ウォーズのドロイドR2-D2のキーボードが近未来的で可愛すぎる!【STAR WARS】

SF映画『スター・ウォーズ』の人気ドロイドR2-D2。非常に人気なキャラクター・登場人物で、さまざまなグッズが発売されました。今回はその中からキーボードをご紹介します!見た目は単なるフィギュアのようですが、電源を入れるとキーボードが照射される近未来的な仕組みです。

Read Article

スター・ウォーズEP4のルーク・スカイウォーカーの胸キュンするイケメン画像まとめ【マーク・ハミル】

スター・ウォーズEP4のルーク・スカイウォーカーの胸キュンするイケメン画像まとめ【マーク・ハミル】

大人気映画『スター・ウォーズ』の初代主人公であるルーク・スカイウォーカー。戦闘能力が高く、大人になってからジェダイの騎士として活躍した異色の経歴の持ち主です。『スター・ウォーズ』の顔として知られるルーク・スカイウォーカーのかっこいい画像をまとめました!

Read Article

ダース・ベイダーがディズニーランドで大はしゃぎ!公式動画が話題【STAR WARS】

ダース・ベイダーがディズニーランドで大はしゃぎ!公式動画が話題【STAR WARS】

人気映画『スター・ウォーズ』を制作する映画会社ルーカスフィルムを、2012年ディズニーが買収。その発表後、ディズニー公式から1本の映像が投稿されました。そこには『スター・ウォーズ』の悪役ダース・ベイダー卿が、ディズニーランドを満喫する様子が映っています。本編とは違うダース・ベイダー卿が「かわいい」、「おもしろすぎる」と話題を集めました!

Read Article

目次 - Contents