スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』の概要

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

スター・ウォーズサーガの生みの親であるジョージ・ルーカスが設立したルーカスフィルムを、ウォルト・ディズニー・カンパニーが買収し、同時にスター・ウォーズサーガの権利も買い取って製作を開始した、新たな三部作の2作目に当たる。前作で監督を務めたJ・J・エイブラムスは製作に回り、「LOOPER/ルーパー」で注目された若手のライアン・ジョンソンが監督に抜擢された。ジョンソンは脚本も担当した。前作に続きルーカスフィルムの社長であるキャスリーン・ケネディと、ジョンソン監督とコンビを組むことが多いラム・バーグマンが共同でプロデューサーを務めた。

サーガ生みの親であるルーカスは、本作を見て「Beautifully Made.(見事な出来だ。)」とコメントしたが、批評家や観客の評価は好不評真っ二つに別れることになった。その代表として、普段は親交の深い映画評論家の町山智浩氏とラッパーの宇多丸氏が、全く対照的な評価をしたことが挙げられる。町山氏は「これまでのスター・ウォーズシリーズの定番をつぎはぎした前作「フォースの覚醒」だけでなく、スカイウォーカー一家の物語に反旗を翻し、そして人類の神話の定番にも反旗を掲げた新約聖書だ!」と絶賛し、宇多丸氏は、カイロ・レンを演じたアダム・ドライバーの演技には好意的だったものの、「一個一個のクオリティーが低すぎる」「登場人物がみんなバカばっかり」「ルーク・スカイウォーカーの扱いが酷すぎる」などと、痛烈に批判した。

観客の多くも、これまでのサーガの定番を覆し、新しいシリーズを作り上げようというライアン・ジョンソン監督の挑戦に賛同する立場と、これまでのサーガで築き上げて来た物語の定理が崩されてしまった(これまでのサーガでは主人公が血縁で繋がっていたが、本作の主役の一人であるレイに、そういった過去の英雄との血縁関係がないことが明かされること、高潔とされていたジェダイの騎士が自分の弟子を手にかけようとする場面があること、これまでクライマックスで必ずあったライトセーバーでの決闘シーンがないことなど)と、批判する立場に分かれた。こういった批評を受けて、監督のライアン・ジョンソン自身は、「ああ、僕が間違っていた、時間が戻せるなら別のことをやったのに、と思えたことはなかったですね。今でも僕は自分の決断を、心から信じていますよ」と語っている。

本国アメリカでの公開直後の興行収入は、前作「フォースの覚醒」にわずかに届かない程度だったが、公開から一ヶ月後の2018年1月半ばには前作の半分に満たない成績に落ち込み、本作の前に公開されたスピン・オフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズストーリー」の成績をも下回ることになった。また、本作の製作中だった2016年の12月27日に、旧三部作からレイア・オーガナを演じて来たキャリー・フィッシャーが急死したため、本作は彼女の遺作となった(エンド・クレジットで、「レイアのテーマ」と共に彼女に捧げる追悼文が表示される)。尚、本作の上映時間152分は、シリーズ中で最長である。

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』のあらすじ・ストーリー

オープニング

レジスタンスの捨て身の攻撃により崩壊する、ファースト・オーダーの戦艦

遠い昔、遥か彼方の銀河系で。

新たな脅威として台頭したファースト・オーダーは、最高指導者スノークのもとその影響力を増していた。
レジスタンスは、レイア・オーガナ将軍の下で、消息を絶っていたジェダイの騎士(かつて銀河の平和のため活動していた騎士)ルーク・スカイウォーカーの行方を追っていた。

レジスタンスには、優秀なパイロットのポー、新たに加わった強いフォース(銀河系に存在する特異な力)を持つレイ、ファースト・オーダーからの脱走兵フィンが加わった。
戦いの最中、反乱軍の英雄ハン・ソロは、ファースト・オーダーに仕え強いフォースを持つ自分の息子、カイロ・レンの刃により命を落としてしまう。

レジスタンスは、レイと、ソロの相棒だったチューバッカ、かつてのルークのドロイドR2-D2を、ルークへと差し向けたのだった。

ファースト・オーダーは、レジスタンスの基地へ総攻撃を仕掛けていた。
ハックス将軍率いる戦隊に対し、ポーはレイアの退却命令に逆らい、爆撃作戦を強行する。
だがレイアはその成果より、味方に損害を出したことでポーを叱咤し、降格を命じた。

ルーク・スカイウォーカー

その頃レイは、惑星オク=トーでルーク・スカイウォーカーと対面していた。
だがルークは「ジェダイの時代は終わった」と、レイの前から去っていく。

ジェダイの最後の一人となったルークは、かつてジェダイの組織を再建しようとしていた。
ルークは、双子の妹・レイアとハン・ソロの子供、ベン・ソロ(後のカイロ・レン)も自分の弟子として育てていた。
だが、フォースの暗黒面(ジェダイとは対照的なフォースの力)のマスター、スノークがベンを暗黒面に誘いをかける。
ベンは祖父に当たるダース・ベイダーのようになりたいと願うようになり、ルークの育てていた若いジェダイたちを抹殺してしまった。
ルークは自責の念にかられ、惑星オク=トーで隠遁生活を送っていたのだった。

夜中にミレニアム・ファルコン号に忍び込み、旧友の死を悼むルークの前に、R2-D2が現れる。
R2は古いホログラムを投影する。
それは、今のルークのように隠遁生活を送っていたルークの師・オビ=ワンに、帝国と戦うため協力して欲しいとレイアが要請するホログラムだった。
ルークは、R2-D2に「ずるいぞ」と言い、レイに協力すると決心した。

カイロ・レンの攻撃

ファースト・オーダーでは、カイロ・レンがスノークから、父親を自らの手で殺した後も、心が揺れていることを責められていた。
レンは、自分の仮面を叩き壊す。
そしてレンは軍を率いて、レジスタンスの母船へ攻撃を仕掛ける。
父親譲りの飛行術で母船を追い詰めたレンだったが、母親であるレイアの姿を見て、攻撃を止めてしまう。
ハックスは母船をそのまま追撃し、燃料切れまで追い込む作戦に出る。

宇宙へ投げ出されたレイアだったが、父親から引き継いでいたフォースにより船内へ帰還する。
しかし、レイアは昏睡状態に陥り、レジスタンスはリーダーとして、ホルド提督を選出する。
ホルド提督は、レジスタンスがとにかく逃げ延びることが一番だと演説する。
消極的なホルドにポーは反発するが、降格されていたポーを、ホルドは冷たくあしらった。

その頃、怪我から復帰したフィンはレイを探しに行こうとするが、その姿を見て、ローズという若い女性整備士が声をかけてくる。

レイの修行

ルーク・スカイウォーカーの元で、ジェダイの修行を始めるレイ

フィンはローズと話し合ううちに、レジスタンスの船が光速で移動しているのにファースト・オーダーに追跡されている理由を突き止める。
フィンとローズは、ファースト・オーダーの母艦に侵入し、追跡装置のスイッチを切って逃げ延びればいいという結論に達し、その案をポーに話す。
ポーはレジスタンスの母艦に残り、フィンとローズが作戦を実行することになった。

その頃オク=トーの島では、眠りから覚めたレイの間近にカイロ・レンの姿があった。
レンもこの時同じように、ファースト・オーダーの母艦内でレイの姿を見ていた。
レイは思わずブラスター銃を発射し、ファースト・オーダーにいたレンはブラスターの放った衝撃を感じる。

レイはルークの元で、ジェダイの修行を開始する。
かつて最初のジェダイ・テンプルがあった場所で、フォースはこの世に存在するあらゆるもののバランスを保っているのだとルークは語る。
するとレイは自身の中で、自然の調和を感じ取るが、それと同時に、島の邪悪な気配をも感じ始める。
フォースの暗黒面に引きこまれようとしていたレイを、ルークは必死に引きはがす。

最初の修行を終えたレイは、再び目の前にカイロ・レンの姿を見る。
レンは「本当のことを聞いたか?あの夜、何があったのか」とレイに問いただす。

オク=トーの島で、ルークはレイに、ジェダイは常に失敗してきたと語る。
ベンの中に類稀なフォースの力を見出したルークだったが、やがてベンは暗黒面に染まっていき、他の弟子を抹殺してしまった。
それを聞いたレイは、自分はカイロ・レンとは違うと主張する。

カント・バイトでの解放

フィンとローズは、ポーの相棒であるドロイドBB-8と共に、凄腕のハッカーを探すため、カント・バイトに到着した。
その時、乗ってきたポッドを違法駐車していたことで、フィンとローズはカジノの警備隊に捕らえられてしまう。

牢獄に捕らえられたフィンとローズは、ファースト・オーダーへのハッキングについて話し合っていたが、その牢獄にいたもう一人の男が、「それなら俺に出来るよ」と話しかけてくる。
その男はこともなげに、牢獄の扉を持っていたカード一枚で開けてしまう。
牢獄を脱出したフィンとローズは、虐待されていた獣たちの収監所へたどり着く。
ローズは子供たちと共に、獣たちを逃がそうとする。
閉じ込められていた獣たちは、背中にフィンとローズを乗せて一斉に逃げ出し、カジノの建物を粉砕しながら、広い荒野へと駆け出していった。

その後、フィンとローズは追っ手により追い詰められるが、飛行艇に乗ったBB-8と先ほどの怪しい男が助けに来る。
フィンとローズは、DJと名乗るその男と共に、ファースト・オーダーの母艦に向かう。

2人の絆

オク=トーの島の山頂で、ルークは封印していたフォースの力を呼び覚ましていた。
その頃、レイとカイロ・レンは、再びお互いの姿を間近に見ていた。
そしてレンは、自分が暗黒面に落ちた夜の話を聞いたかと尋ねる。
本当は、自分の力を恐れたルークが自分に襲いかかって来て、自分はそれに抵抗し跳ね返したのだと、レンは話すのだった。
「過去を葬れ。それで本当のお前になれる」というレンの言葉を聞いたレイは、求める答えを見つけるべく、自分が感じたフォースの暗黒面が存在する場所、島の洞窟に向かっていく。

洞窟の奥深くで、無限に連なる幾つもの自分の姿と対峙したレイは、自分の両親を見せて欲しいと願う。
だがレイの前に現れたのは、レイ自身の姿だった。

失意のレイは再びカイロ・レンと通じていた。
「お前は一人じゃない」と語るレンに、レイは知らぬうちに惹かれるものを感じ始める。
「まだ手遅れじゃないわ」と、レイはレンに手を差し出す。
レンもそれに対し、手袋を外し、自分の素手を目の前に差し出す。
遠く離れた場所にいるはずの、二人の手が触れた直後、ルークが二人を発見し、「やめろ!」とレンの幻影を打ち消す。

レイはルークに、あなたがレンを殺そうとしたのは本当なのかと問いただす。
ルークは、レンの中に邪悪なものを感じ、寝ているレンの枕元に忍び寄ったのは事実だと認める。
レイは、自分なら彼を暗黒面から救い出せるとルークに宣言する。
「彼は最後の希望の光よ」と言い、レイはチューバッカ、R2-D2と共にファルコンに乗り、カイロ・レンの元へと飛び立っていく。

レイに真実を語ったルークは、ジェダイの経典が置かれた老木を燃やしてしまおうとする。
ルークの前に、ジェダイの偉大なるマスター・ヨーダが、霊体の姿で現れる。
いざ燃やすのをためらったルークに対し、ヨーダは強烈な稲妻を落とし、老木を燃やしてしまう。
ヨーダは説く。
「わしらは、超えられるためにある。それこそが、全てのマスターの真の責務じゃ」とヨーダはルークに説いた。

レジスタンスの将軍たち

その頃レジスタンスの母艦では、ポーが母艦を放棄しようとしているホルド提督に対し反乱を開始していた。

一方、最高指導者スノークの乗るファースト・オーダーの母艦に忍びこんだフィンとローズだったが、兵士たちに囲まれてしまう。
同じ頃、レジスタンス母船内では、ポーの抵抗を破って昏睡から覚めたレイアが現れる。
レイアは、ショックガンでポーをあっけなく眠らせてしまった。

気絶したポーを輸送船に乗せたレイアは、ホルドと共にポーを認めていることを確かめ合う。
レイアも同じく輸送船に乗り込むが、ホルドはそのまま母船に残るとレイアに告げる。
お互いに「フォースの助けがあらんことを」と言い合って、レイアを乗せた輸送船は、母船にホルド一人を残し、飛び立って行く。

レイアはポーに、作戦の説明をする。
ファースト・オーダーが母船に気を取られているうちに小型の輸送船で惑星・クレイトの基地に向かい、そこで銀河各地へ救援を要請する作戦に、ポーはようやく納得する。
しかしこの時、輸送船を狙うファースト・オーダーの攻撃が始まる。
思想ではなく金で動く男・DJが、ファースト・オーダー側に寝返っていたのだ。

玉座の間での共闘

カイロ・レンが遠隔操作したライトセーバーの刃で、胴体を貫かれた最高指導者スノーク

ファースト・オーダーの母艦へ向かっていたレイは、レンによって迎えられていた。
スノークの部屋へ向かう途中、レイは暗黒面から抜け出すよう訴えるが、レンは逆に「お前はいずれ、俺の仲間になる」と答える。

最高指導者の椅子に鎮座するスノークは、カイロ・レンがレイから奪っていたルーク・スカイウォーカーのライトセーバーを、フォースの力で引き寄せ、自分の傍らにあるテーブルに置く。
そして、レイを強力なフォースの力で苦しめ、ルークの居場所を吐くように強制するが、レイは白状しなかった。

そしてレンに、「お前の修行を終える時が来た」と、レイを殺すよう命令を下す。
「やるべきことはわかっている」と答えるレンに、レイはレンの中にまだフォースの光の部分が残っていることを信じて、「ベン…」とを呼び訴える。
しかしその時レンは、自身の右手に持ったライトセーバーでレイを打ち倒す振りをしながら、密かにフォースを左手に込め、スノークの傍らにあるスカイウォーカーのライトセーバーを操作していた。
スカイウォーカーのライトセーバーは、レンにより光り輝く刃を射出。
その刃は、スノークの体を真っ二つに引き裂いた。
レンはそのままスカイウォーカーのライトセーバーを自分の元へ引き寄せ、それをレイが掴み取る。
ライトセーバーを持ったレンとレイは、襲いかかってきたスノークの親衛隊と共闘を始める。

レンが最後の一人を打ち倒した後、レイはレジスタンスへの攻撃をやめさせるようレンに懇願する。
しかしレンは、スノークの亡き後自分が最高指導者となり、銀河に新しい規律を作り出すため、自らスノークに手を下したのだった。
共に新しい銀河を作り上げようというレンの誘いを、「あなたは間違っている」とレイは拒絶する。

「両親のいないお前には帰る場所がない。しかし、俺にとっては違う。俺と組もう」と手を差し出すレンに、レイは手を差し出すが、レンに投げ渡していたスカイウォーカーのライトセーバーをフォースの力で引き寄せようとする。
レンも、ライトセーバーを渡すまいとフォースの力を振り絞る。
二人のフォースの力の間で、揺れ動いていたライトセーバーは、やがて真っ二つに引き裂かれ、大爆発を起こした。

新たな最高指導者

momiji24n6
momiji24n6
@momiji24n6

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目「エピソード4/新たなる希望」に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

LOST(ロスト)のネタバレ解説・考察まとめ

LOST(ロスト)のネタバレ解説・考察まとめ

アメリカで2004年から2010年に掛けてシーズン1~6までの全121話が放送され、世界中を魅了したミステリーアドベンチャードラマ。エミー賞やゴールデングローブ賞など各賞を受賞し、熱狂的なファンを生み出すほどの社会現象を巻き起こした。飛行機事故で墜落したある島で、生存者たちの過去と島での日々そしてこれから起こる出来事が複雑に絡み合いながら、謎が謎を呼ぶ展開が繰り広げられていく。

Read Article

アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アデライン、100年目の恋』とは、2015年にアメリカ合衆国で製作された恋愛ファンタジー映画である。ある日、突然起きた事故により老化が止まったヒロイン「アデライン・ボウマン」は、100年の長い年月を若い容姿のまま過ごすことになる。以後、その年齢に伴わない美貌に疑問を抱いたFBIから目をつけられてしまう。その事をきっかけにアデラインは、一切の素性を隠し、長い逃亡人生を送ることになる。しかし、大晦日のパーティーで出会う男エリスと交際することになり、アデラインの人生に光が見えてくるのであった。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

スター・トレック BEYOND(Star Trek Beyond)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・トレック BEYOND(Star Trek Beyond)のネタバレ解説・考察まとめ

世界的人気を誇るジーン・ロッデンベリーのオリジナル『スター・トレック』を元に、2009年にJ・J・エイブラムズによってリブートされた作品。本作はシリーズ3部作の最後を飾る。 ジャスティン・リン監督(『ワイルド・スピード』シリーズ)が指揮。 エイリアンの襲撃を受け、エンタープライズ号を脱出したクルー達。降り立った未知の惑星でクルー達の絆が試される。

Read Article

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『スター・ウォーズ』シリーズとは、1977年に第1作が初公開され、2019年に完結作となる第9作が公開された、共和国と帝国という2つの宇宙国家の対立と、その中で活躍するジェダイの騎士たちの姿を描くSF映画。完結後も派生作品が作られる一大叙事詩である。2022年にはその総価値が推定700億米ドルと言われており何年たっても愛される超大作となっている。 ここでは、そんな『スター・ウォーズ』シリーズに登場する数々の名言を紹介。何年にわたって人々の記憶に残り続ける言葉をエピソード1~6の中から紹介する。

Read Article

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』とは1981年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・アドベンチャー映画。主演はハリソン・フォード、監督にはスティーブン・スピルバーグ、原案と制作総指揮にジョージ・ルーカスが務めた。超常的パワーを秘めた聖櫃(アーク)を巡り、冒険家インディ・ジョーンズはナチス・ドイツを相手に争奪戦を繰り広げる。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』(Star Wars Jedi: Fallen Order)とはRespawn Entertainment(リスポーン・エンターテインメント)社が2019年に発売したアクションゲーム。 高難易度のアクションと、美麗なグラフィック、豪華な音楽で『スター・ウォーズ』の世界を疑似体験できる一作で、映画のストーリーを知らないゲームファンも楽しめる。 ジェダイ騎士の生き残りであるカルが、強大な帝国軍と戦う様子を描く。

Read Article

逃亡者(1993年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

逃亡者(1993年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『逃亡者』とは、1993年にアメリカ合衆国で制作されたサスペンス映画である。妻殺害の罪を着せられた著名な外科医キンブルは死刑判決を受けるが、護送中の事故に乗じて脱走する。決死の逃亡を続けながら、妻殺害の真犯人を見つけ出していくスリリングなストーリーが展開する。逃亡を続ける外科医をハリソン・フォードが、キンブルを執拗に追う連邦保安官補ジェラードをトミー・リー・ジョーンズが演じている。監督は『チェーン・リアクション』、『守護神』、『沈黙の戦艦』などを手掛けたアンドリュー・デイビス。

Read Article

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説』は1984年5月23日にアメリカで公開されたアクション・アドベンチャー映画。監督はスティーブン・スピルバーグ、製作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォードであり、前作『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の続編にあたる。 富と名声の象徴である伝説の「サンカラ・ストーン」を巡り、冒険家インディ・ジョーンズが恐ろしい邪教集団「サギー教」と熾烈な争奪戦を繰り広げる。

Read Article

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1989年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの3作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。「原点回帰」をテーマに胸躍る冒険活劇は健在で、主人公インディの父役としてショーン・コネリーが演じ話題となった。 キリストの血を受けた「聖杯」を巡り、冒険家インディとその父ヘンリーが宿敵ナチス・ドイツと争奪戦を繰り広げる。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』とは2008年に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの4作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。前作より19年後を舞台に、映像技術の進歩による描写と壮年となったインディの変わらぬパワフルさが特徴。 謎の結晶体「クリスタル・スカル」に秘められた謎を巡り、インディは新たな敵「ソビエト連邦」と争奪戦を繰り広げる。

Read Article

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

スター・ウォーズサーガ ストーリー復習 エピソードVI編

12月18公開の『スターウォーズ フォースの覚醒』に先駆けてスターウォーズサーガについて復習! シリーズ完結編!ジェダイとなったルークは父と知ったダース・ベイダーとその師のパルパティーンを倒しに向かう、一方同盟軍は破壊したデススターに変わる新たな脅威を壊し永遠に帝国を終わらせるために作戦をたてるのであった。

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents