【オビワン】スター・ウォーズに登場する「ジェダイの騎士」をまとめてみた【ヨーダ】

1977年に第1作が発表され、アメリカの国民的映画にして世界的大ヒット作品となった『スター・ウォーズ』シリーズ。本作に登場する重要な組織が、宇宙の秩序の維持のために活動する「ジェダイの騎士」である。
ここでは、『スター・ウォーズ』シリーズに登場した「ジェダイの騎士」たちを個別に紹介する。

帝国の勃興時代

ヨーダ

銀河系の歴史上、もっとも有名で強力なジェダイ・マスターのひとり。種族系統は不明だが、性別は男性。優れた洞察力と深い知恵を持ち、ライトセーバーの技術にも熟練していた。彼は豊富な経験を重ね、フォースの道をきわめるために銀河を旅し、他のジェダイ・マスターにはない直感力を授かっていた。ほぼ9世紀に及ぶ生涯において、800年はフォースの道を授ける厳しい指導者として生きている。

オビ=ワン・ケノービ

ジェダイの中でも特に強力なフォースを持つヨーダや、剣技に優れたメイス・ウィンドゥなど他のジェダイに比べて大きく突出した能力は無いが、代わりに弱点といえる弱点が存在せずバランスよく全ての能力に優れている。
アナキンがシスに寝返りかつての弟子であり、愛する弟でもあるアナキンを始末するという、ジェダイとして最も非情な任務を果たした。しかし自らの手でとどめを刺す事はできず、三肢を斬り落とされ憎悪に満ちたアナキンが溶岩で焼かれるのを断腸の思いで振り切ったオビ=ワンは、アナキンのライトセーバーを拾うと力なくムスタファーを去った。
しかしアナキンは生きており暗黒卿ダース・ベイダーと化していた。

アナキン・スカイウォーカー

クワイ=ガン・ジンが“選ばれし者”として見出した少年で、非常に強いフォースを持っている。フォースを生み出すミディ・クロリアンも、ヨーダを超える値を記録した。
有り余る才能を持つ一方で、その激しい感情に駆られやすく、冷静な判断が取れないため、物事を性急に独力で解決しようとしたり、傲慢に陥りやすく、ダース・シディアスの様な奸智に長けた者に騙されやすい要因になっている。
最終的にダース・シディアスの誘惑に屈してダークサイドに堕ちてしまう。その際ダース・ベイダーというシスとしての名を与えられ、銀河帝国皇帝となったシディアスの側近となる。

クワイ=ガン・ジン

オビ=ワンの師。
オビ=ワンと息のあったコンビネーションでダース・モールと戦うが、二対一という優位にもかかわらずモールを仕留めるには至らず、さらに途中でオビ=ワンと切り離され、一対一の戦いで腹部を貫かれ敗北、致命傷を負ってしまった。その後、ダース・モールはオビ=ワンが撃破。クワイ=ガンは、アナキンにジェダイの訓練を受けさせることをオビ=ワンに約束させ、息を引き取る。

出典: attrip.jp

メイス・ウィンドゥ

ジェダイ・マスターのなかでもヨーダにならび尊敬されるジェダイ評議会の長。またジェダイの騎士のなかで最高峰の剣術を習得した実力者の一人でもある。
規律に厳しく冷静な判断を行うことで知られる。強大な戦闘能力を持ちながら、平和主義を重んじる人柄。元老院議会や議長のオフィスにも足繁く通い意思の疎通を図り、「政治」とジェダイ騎士団のパイプ役としても、その外交術を活かした。

出典: starwars.wikia.com

キ=アディ=ムンディ

惑星スリア出身のエイリアン種族で、縦長の頭と二つの脳を持つスリアンのジェダイ・マスターであり、ジェダイ評議会のメンバーでもある。ジェダイ評議会のメンバーの中では非常に重要な地位にある。
オーダー66により同行していたクローン・コマンダーバカラと、部下のクローン・トルーパー特殊部隊ギャラクティック・マリーンによって寒冷な気候の惑星、マイギートーでの戦闘の最中に殺害された。
パダワンの頃はヨーダの下で修行を行った。また、フォースによって鋭いくちばしと爪を持つ大きな鳥を召喚する事が出来る。スリアでは男性が不足しているため、ジェダイとしては例外的に結婚を認められており、数人の妻と数人の子供がいる。

出典: www.pinterest.com

プロ・クーン

惑星ドーリン出身のエイリアン種族である。ジェダイ・マスターであり、ジェダイ評議会のメンバーでもある。故郷である惑星ドーリンの空気成分は他の惑星とは全く異なっているため、常に特殊なマスクとゴーグルを装着している。
オーダー66で、同行していたクローン・トルーパーによって搭乗機ジェダイ・スターファイターは撃墜され、爆散する愛機と運命を共にした。
かつてクワイ=ガン・ジンとは同志の間柄であったため、クワイ=ガンがジェダイ評議会のメンバー入りを果たす事を誰よりも望んでいた。

出典: www.comicvine.com

キット・フィストー

黄緑色の肌をしたノートランと呼ばれるエイリアン種族のジェダイ・マスター。後頭部の沢山の触角と、黒い大きな目玉が特徴的である。
またナダール・ヴェブを弟子として持っていたが、ガンレイ総督探索の際にグリーヴァスの策略で殺されたため、失っている。
クローン大戦末期、シスの暗黒卿ダース・シディアスの正体が元老院最高議長パルパティーンだと判明した際には、メイス・ウィンドゥの招集に応じてセイシー・ティン、エージェン・コーラーと共に逮捕に向かった。しかし本性をあらわしたシス卿には歯が立たず、その場でエージェンやセイシーと共に返り討ちにあい、虚しく亡骸を晒す事になってしまった。

出典: www.comicvine.com

セイシー・ティン

イクトッチィという種族。
頭部から二本の角が下向きに突き出ており、凶眼。外見だけ見れば、悪役としか思えない。 孤独を愛するジェダイであり、1人の弟子も持ったことはない。
メイス・ウィンドゥがパルパティーン(ダース・シディアス)を逮捕しに行くシーンに、キット・フィストー、エージェン・コーラーとともに同行するも、一撃で斬り殺された。

出典: starwars.wikia.com

エージェン・コーラー

ザブラクという種族のジェダイ・マスターであり、シスのダース・モールとは同族である。
メイスらと共にパルパティーン拘束のために動いたが、本性を現したダース・シディアス卿の奇抜な戦法の前に隙を見せてしまい、即死。

出典: starwars.wikia.com

イース・コス

ザブラク(種族名)のジェダイであり、ジェダイ評議会の一人。
元々はジオノーシスの戦いの最中、ドロイド軍に搭乗機ごと撃墜されて戦死したと設定されていた。そのため劇中でイースがライトセーバーを使って活躍するシーンは見ることができないが、アニメ『クローン・ウォーズ』ではジオノーシスの戦いを生き延びたという設定に変更されており、共和国軍の将軍として戦う姿が描かれており、片腕を負傷しながらグリーヴァスと対決するという活躍をした。

出典: marcoro.seesaa.net

アソーカ・タノ

ジェダイ・マスター・プロ・クーンによってジェダイとしての素質を認められ、3歳の時にコルサントのジェダイ聖堂へと連れてこられた。そして、14歳の時にヨーダの意向でアナキン・スカイウォーカーのパダワンとなった。アナキンは当初アソーカを弟子と認めなかったが、クリストフシスの戦いで共に戦った事により、彼女が自分と同じ性格の持ち主であると知ると彼女を認め、以後行動を共にするようになる。

出典: starwars.wikia.com

ルミナーラ・アンドゥリィ

ミリアランの女性ヒューマノイドで顎に刺繍をしている風変わりなジェダイ・マスターである。共和国、評議会からも信頼も厚く有能な予言者であった。弟子のバリス・オフィーとは息がピッタリのライトセーバー戦を繰り広げ、ジオノーシスの戦いを生き延びた。
ルミナーラはキャッシークへ派遣されバリスはフェルーシアに任務に就き、再会を果たさぬままオーダー66の犠牲者となった。信頼していたトルーパー部隊に四方八方からのブラスター・ライフルの一斉射撃を浴びフォースと共になるのだった。

バリス・オフィー

絶大な信頼関係をもつ師のルミナーラ・アンドゥリィとは同じミリアランの種族。強力な治癒能力を持っていたことから治療者サークルにも加わっており、そこでスタス・アリーから教えを受けていた。
大戦後期、とうとうジェダイがダークサイドの手先となって戦争を促進していると考えるようになり、ジェダイ聖堂で大規模な爆破テロを起こすに至った。一時はアソーカを犯人に仕立てあげるものの、結局アナキン・スカイウォーカーに真相を暴かれ逮捕されてしまう。
オーダー66の犠牲者になったとされている。

クインラン・ヴォス

インナー・リムの惑星キフュ出身のキファーである。幼いころ、両親をアンザーティの盗賊団の手によって失っている。

ヴォスはナブーの戦いの直後、惑星ライロスで一度記憶を失い、フォースのダークサイドに近づいてしまう。そのため、彼はシスの暗黒卿ダース・シディアスやダース・ティラナスの関心を引く存在となっていた。クローン大戦では彼は共和国のスパイとしても活動したため、余計にダークサイドの誘惑にさらされることになる。
オーダー66でクローン・トルーパーの攻撃を切り抜けて生き延びることに成功している。
その後ヴォスは妻のカリーン・ヘンツと共に暮らし、コート・ヴォスという息子を授かっている。

出典: starwars.wikia.com

アイラ・セキュラ

多くのルーシアン・トゥイレック女性と同様に、アイラ・セキュラは美しく、官能的で、優雅でもある。細身ながらも筋骨逞しい体つきに豊満な胸、濃い空色の肌をした彼女は、極めて感情豊かであり、知的で衝動的だが、表面上は一切の怒りを感じさせず、その一方で、ときには小悪魔的な悪戯のセンスも持ち合わせていたのだ。
オーダー66でコマンダー・ブライはジェダイの将軍に対してブラスター・ライフルを向ける命令を下した。クローンは何のためらいもなくアイラに銃口を向け、不意を突かれたアイラは避ける間もなく不意打ちを食らい、悲劇の最期を迎えた。死んだ後もブライ達は発砲し続け、その美しい姿は見るも無残な姿となった。

シャク・ティ

共和国末期に活躍したジェダイ・マスターであり、柔軟なレックにカラフルな装飾を施したエキゾチックな美貌を持つエイリアン女性。

クローン戦争の最後の夜、ダース・ベイダーと化したアナキン・スカイウォーカーがクローン軍を率いてジェダイ聖堂を襲撃したとき、シャクは聖堂の中にいた。皇帝を僭称したばかりのパルパティーンの命令、オーダー66によって、ヴェイダー卿が「反逆者」であるジェダイに正義の裁きを与えると、聖堂はレーザー砲火に包まれる。瞑想中のシャクもこの奇襲の中で、ベイダーによって殺された。

ヤドル

ヨーダのNG版パペットを流用して制作されたため、髪色や髪型以外の点でも外見はヨーダと非常によく似ている。
EP1のジェダイ評議会の席に登場したジェダイ・マスターの1人。評議会を束ねるヨーダと同種族の女性ジェダイであるが、2人の故郷の惑星については謎が多い。
エピソード1からエピソード2の間の時期において内戦で混乱している惑星モワンの情勢を立て直す任務の際、犯罪王グランタ・オメガが放った大規模なガス爆弾からこの惑星の住民達を守るためにフォースで自らガス爆弾を吸収して死亡する。

出典: www.deviantart.com

イーヴン・ピール

ラニックという種族であるヨーダやヤドルほどではないが非常に小柄である。
クローン大戦中、ピールはローラ・セイユーで分離主義者のオシ・ソベックにより脱獄不可能の刑務所・シタデルにターキンやその他のクローンとともに幽閉されていた。やがてアナキンやオビ=ワンの率いるクローンの小隊が救出にやってくると、ピールとターキンその他数名は脱出に成功したが、ドロイド軍によりシャトルを破壊され、ローラ・セイユーからの脱出が不可能になったのだ。ピールは最期までドロイドと戦うが、オシ・ソベックの放ったクリーチャー、「アヌーバ」によって噛まれそのまま戦死してしまう。

出典: www.starwars.jp

オポー・ランシセス

シスピアシアンのオポー・ランシセスは、2本の腕を持ち、上半身は爬虫類のような皮膚に覆われ、顔は長く白い髪とも髭ともとれる毛で覆われていた。足はなく蛇のような下半身は、座るときとぐろを巻く。
クローン大戦が勃発すると、彼はクインラン・ヴォスを副官に選んでサルーカマイにおける作戦の指揮を執った。彼らは三個大隊を率いて彼の地に向かい、ジェダイの戦闘瞑想によって敵軍の意識を操作した。結果としてこの惑星における戦線は膠着し、五ヶ月が経過したときには消耗戦となってしまっていた。共和国軍は大胆な動きによって独立星系連合軍の計画を阻止することに成功するが、彼自身はソーラ・バルクの手に倒れた。

アディ・ガリア

若く美しいジェダイ・マスターである。ガリアの家系はフォースが強く、同じくジェダイのスタス・アリーは彼女の従姉妹にあたる。弟子はシーリー・タチ。ジェダイ・マスターイーヴン・ピールがラニックでの戦闘でガリアの両親を救ったことから、ピールを尊敬していた。ガリアはライトセーバーを非正統的な逆手で使用する。
ガリアはオビ=ワン・ケノービと共に、復活したダース・モールとその兄弟・サヴァージ・オプレスの追跡任務に就いた。やがてガリア達はフローラムにある海賊・ホンドー・オナカーの本拠地でモール、サヴァージと戦うが、この戦いでガリアはサヴァージに角で貫かれ、その後ライトセーバーで殺されてしまう。

出典: www.starwars.jp

スタス・アリー

スタス・アリーは、同じくジェダイ評議員であったアディ・ガリアの従姉妹で、180cmという長身のジェダイ・マスターである。クローン大戦勃発時のマスターとなり、その後名誉ある評議員に昇格した。
オーダー66が発令され、当時部隊の指揮を任されていたコマンダー・ネイオはためらいも無くスタスの乗るスピーダーバイクに発砲。制御の効かなくなったスピーダーバイクは方向を変え柱に激突し、スタスは死亡した。

ヤレアル・プーフ

プーフは伝説的なマインド・トリックの使い手であり、相手の精神に働きかけて巨大な幻影を作り出すことができる。戦闘になると、敵対者の恐れる怪物を出現させたり、自分の体を何倍も大きく見せることによって、無駄な血を出さずに素早く勝利を勝ち取るのだ。彼も多くのジェダイと同じくライトセイバーを携帯しているが、暴力を使わずに抗争を解決することにより大きな喜びを感じている。

kariaka13
kariaka13
@kariaka13

Related Articles関連記事

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

【スター・ウォーズ】アナキン・スカイウォーカーがダークサイドに囚われダース・ベイダーになった理由

スター・ウォーズ旧三部作の主人公ルーク・スカイウォーカーの父親であり、シリーズを代表するヴィランであるシスの暗黒卿・ダース・ベイダーでもあるアナキン・スカイウォーカー。 アナキンがダークサイドへ堕ちる理由となった悲劇とは。彼の悲しき人生を紐解き解説する。

Read Article

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

【スター・ウォーズ】服装から見えるスカイウォーカー家の光と闇【STAR WARS】

スター・ウォーズ シリーズの主人公であるアナキン=スカイウォーカー、ルーク=スカイウォーカーは共にエピソードの進行に伴い暗黒面、闇へと近づいていくかのように服装が徐々に黒く染まっていく。 その両者の内面の光と闇についてを映画の重要なキーワードであるフォースと共に追っていく。

Read Article

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

スター・ウォーズシリーズ(SW)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『スター・ウォーズ』シリーズとは、1977年に第1作が初公開され、2019年に完結作となる第9作が公開された、共和国と帝国という2つの宇宙国家の対立と、その中で活躍するジェダイの騎士たちの姿を描くSF映画。完結後も派生作品が作られる一大叙事詩である。2022年にはその総価値が推定700億米ドルと言われており何年たっても愛される超大作となっている。 ここでは、そんな『スター・ウォーズ』シリーズに登場する数々の名言を紹介。何年にわたって人々の記憶に残り続ける言葉をエピソード1~6の中から紹介する。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年製作のアメリカ映画。日本公開は1年後の1978年6月。スター・ウォーズサーガの記念すべき第1作目であり、本作はエピソード1~9から成る9部作の4番目、「エピソード4」にあたる。広大な銀河の辺境にある星に育った青年ルーク・スカイウォーカーが、銀河系の運命を左右する一大事件に関わり、平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう姿が描かれている。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス(SW1)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』とは、1999年製作のアメリカ映画。社会現象にまでなった「旧3部作」の完結より16年の時を経て製作された、スター・ウォーズサーガ「新三部作」の第一作目。旧三部作を通して「悪の主役」であったダース・ベイダー=アナキン・スカイウォーカーの幼少時の物語を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃(SW2)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃』とは、2002年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2002年の7月。スター・ウォーズサーガ・エピソード4~6から成る「旧三部作」に続く、「新三部作」の第二作目。前作「エピソード1 ファントム・メナス」で描かれたアナキン・スカイウォーカーの幼少時から10年後、ジェダイの騎士として青年に成長したアナキンの姿を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(SW3)のネタバレ解説・考察まとめ

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐(Star Wars: Episode III Revenge of the Sith)」とは、2005年に公開されたアメリカ映画。エピソード4~6からなる「旧3部作」完結後、12年の時を経て製作された「新3部作」、エピソード1~3の完結編である。アナキン・スカイウォーカーがフォースの暗黒面に落ちダース・ベイダーとなり、長年に渡り平和を維持して来た銀河共和国が陰謀により銀河帝国へと変わるまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ ジェダイ:フォールン・オーダー』(Star Wars Jedi: Fallen Order)とはRespawn Entertainment(リスポーン・エンターテインメント)社が2019年に発売したアクションゲーム。 高難易度のアクションと、美麗なグラフィック、豪華な音楽で『スター・ウォーズ』の世界を疑似体験できる一作で、映画のストーリーを知らないゲームファンも楽しめる。 ジェダイ騎士の生き残りであるカルが、強大な帝国軍と戦う様子を描く。

Read Article

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2016年に映画監督ギャレス・エドワーズによってアメリカで制作された実写SF映画。スター・ウォーズサーガの本編では語られなかった物語を描く、スピン・オフシリーズの第一弾。シリーズ1作目『エピソード4/新たなる希望』に登場した、銀河帝国軍の誇る究極兵器「デス・スター」の設計図を盗み出すため、決死の作戦に挑む戦隊「ローグ・ワン」の熾烈な戦いを描く。

Read Article

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』とは、2018年製作のアメリカ映画。日本公開は2018年の7月。スター・ウォーズシリーズのスピン・オフ作品で、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に続く第二弾。旧三部作(エピソード4~6)で主役の一人であった、ハン・ソロの若き日の姿を描く。ソロの愛機であるミレニアム・ファルコン号や、長年の相棒であるチューバッカとの出会いなどに関する秘話が明かされる。

Read Article

ライトセーバーの7つの型(フォーム)まとめ【スター・ウォーズシリーズ豆知識】

ライトセーバーの7つの型(フォーム)まとめ【スター・ウォーズシリーズ豆知識】

『スター・ウォーズシリーズ』に登場する武器ライトセーバーには、7つの型(フォーム)があるのはご存じだろうか。これらのフォームはライトセーバーを使う者同士の戦いに大きく影響する。 ここでは『スター・ウォーズシリーズ』の7つの型(フォーム)についてまとめた。

Read Article

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

世界での評価も高い日本のCM カップヌードル編

1971年に販売が開始された、日清のカップヌードル。世界80カ国以上累計販売数300億食を超える日本を代表するロングラン&メガヒット商品です。 そんなカップヌードルですが、なんとCMは世界的な賞や使用曲が人気を博すなど話題に事欠かないのであります。 今回は、そんなカップヌードルのCMをその時代と共に紹介していきたいと思います。

Read Article

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズ』のグリーヴァス将軍には仲間になってほしかった(ネタバレあり)

『スター・ウォーズエピソード6』に登場した「悪役」グリーヴァス将軍。スピンオフアニメでも「敵キャラっぷり」が描かれていた彼ですが、戦士としての誇りはあるし、ヴィジュアルもそれなりにかっこいいしで、敵にしとくのがもったいないキャラだと思うのです。『少年ジャンプ』のごとく「敵キャラが仲間になる」パターン、アメリカにはそうそうないんでしょうかね…。

Read Article

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

これだけはやっておけ!絶対にプレイしたいPS4超大作タイトル(FPS、RPG、オープンワールド)

発売当初の価格から現在は1万円引きの定価となったPS4。近年では有名メーカーから海外のカンパニーなどから、様々なジャンルのゲームが制作・発売されており、その画像の綺麗さや操作性の良さなど、納得のできるものばかりです。そんな数多く存在するPS4タイトルの中から、ゲーム好きなら絶対にプレイしておきたいオススメタイトルをまとめてみました。

Read Article

萌えるドロイドC-3POについて

萌えるドロイドC-3POについて

いよいよ今年、「スターウォーズ」最新作が公開されますね。そこで、新旧6部作すべてに登場したプロトコル・ドロイド、C-3POについて語りたいと思います。「ああ、あのやかましい金ぴかね…」なんて思う方もいるでしょう。相棒のR2D2が勇敢な分「ダメな奴」「臆病もの」思われがちですが、彼だって結構できるドロイドですし、なにより萌えるドロイドなのです。

Read Article

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

スター・ウォーズの世界を鎧武者で再現!「名将MOVIE REALIZATION」が超カッコいい!

この冬に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開されるSF映画の金字塔スター・ウォーズシリーズ。第1作目の公開から38年が経過した今なお新たなファンを獲得し続けるスター・ウォーズに注目のフィギュアが登場しました!その名も「名将MOVIE REALIZATION」!スター・ウォーズのキャラを鎧武者に見立ててデザインされたフィギュアは超カッコいいですよ!

Read Article

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

Youtuber「兄者弟者」さんたちのオススメ動画《FPS編》

大人気Youtuberの「兄者弟者」さんはご存知でしょうか?特に弟者さんの声が、声優の大塚明夫さんにそっくりなのです!くわえて非常にFPSゲームが上手いこともあり、現在チャンネル登録者数は100万人を突破した、有名な投稿者さんの一人なのです。今回はそんな「兄者弟者」さんが数多くアップロードした動画の中で、一度は見ておきたいオススメの《FPS》動画をまとめてみました。

Read Article

【SW】アニメ映画だけじゃない!ディズニー作品を一覧で紹介【MCU】

【SW】アニメ映画だけじゃない!ディズニー作品を一覧で紹介【MCU】

子ども向けのアニメ映画だけでなく、ファミリー向けや大人だからこそ楽しめる映画も多く擁するディズニー映画。ここではディズニー・プリンセスやピクサー作品、アメコミヒーローの活躍を描くMCUやスペースオペラの名作スター・ウォーズシリーズ、名作の実写リブート作品などを一覧にまとめました。各作品、登場人物やあらすじなどの作品情報を紹介していきます。

Read Article

【Star Wars】星々を巡る大冒険!スターウォーズの雑学・豆知識・裏話をまとめてみた!

【Star Wars】星々を巡る大冒険!スターウォーズの雑学・豆知識・裏話をまとめてみた!

人類が宇宙に広く進出した遥かな未来、共和国と帝国の果てしない戦争と「ジェダイの騎士」と呼ばれる戦士たちの活躍を描いた映画『Star Wars』シリーズ。アメリカを中心に、世界中に無数のファンが存在する大人気作品である。 そんな『Star Wars』のトリビア、裏設定、都市伝説などをまとめて紹介する。

Read Article

【STAR WARS】スター・ウォーズシリーズの壁紙特集【Wallpaper】

【STAR WARS】スター・ウォーズシリーズの壁紙特集【Wallpaper】

世界的映画監督ジョージ・ルーカスが世に送り出した、世界的人気映画『スター・ウォーズ』シリーズ。共和国と帝国という2つの宇宙国家の対立と、その中で活躍するジェダイの騎士たちの姿を描いた一大叙事詩である。 ここでは、そんな『スター・ウォーズ』シリーズの壁紙を紹介する。懐かしく眺めるもよし、まだ見ぬ作品に想い馳せるもよし、自由に楽しんでほしい。

Read Article

【あつ森】スター・ウォーズの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】スター・ウォーズの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここではSFアクション映画シリーズ「スター・ウォーズ」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【スター・ウォーズシリーズ】不朽の名作の登場人物・キャラクター40名を一挙紹介!

【スター・ウォーズシリーズ】不朽の名作の登場人物・キャラクター40名を一挙紹介!

『スター・ウォーズ』シリーズといえば、1977年の初公開から現在に至るまで新作が発表され続けている大人気作品ですよね。それだけ長いシリーズだと、登場人物やキャラクターの数が必然的に多くなって頭の中がパニックに…。そんな方のために、シリーズに登場するキャラクターをまとめて紹介しちゃいます!ぜひ映画鑑賞に役立ててくださいね。

Read Article

【スター・ウォーズ】CGじゃない!?美しすぎる惑星ナブーの絶景ロケ地まとめ【STAR WARS】

【スター・ウォーズ】CGじゃない!?美しすぎる惑星ナブーの絶景ロケ地まとめ【STAR WARS】

1977年に公開されて以降、世界中で熱い支持を集める『スター・ウォーズ』シリーズ。中でも『ファントム・メナス』、『クローンの攻撃』、『シスの復讐』、『ジェダイの帰還』の舞台となった美しい惑星ナブーを覚えていますか?緑豊かな田園風景の広がるあのナブーの世界が撮影されたロケ地をまとめてみました。比較的行きやすく、景色もCGではなくそのままの所が多いです!次の旅行先の参考にしてみては?

Read Article

スター・ウォーズの基礎知識まとめ!旧・新三部作を分かりやすく解説【SW】

スター・ウォーズの基礎知識まとめ!旧・新三部作を分かりやすく解説【SW】

『スター・ウォーズ』シリーズの基礎知識をまとめました。ここで紹介するのは、ルーク、レイア、ハン・ソロの活躍を描いた旧三部作と、その前の世代の物語である新三部作についてです。シリーズ全体のあらすじ・ストーリーや用語、登場人物・キャラクターなどを、画像付きで分かりやすく解説。SWシリーズをより楽しむことができる情報が満載です!

Read Article

目次 - Contents