ラ・ラ・ランドのオマージュしたミュージカル映画まとめ

2016年に全米で公開されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」。
母国アメリカをはじめ世界中で大ヒットを記録し、アカデミー賞では監督賞をはじめ6部門で賞を受賞しました。そんな「ラ・ラ・ランド」にはミュージカル映画の名作のオマージュがちりばめられていて、それも見どころになっております。
今回は、「ラ・ラ・ランド」でオマージュされている映画について紹介します。

ドレスを選ぶミアが胸にカーテンを当てるシーン。
このシーンは、ニューヨークのウェストサイドを舞台に、プエルトリコ系移民のマリアとイタリア系移民のトニーの悲劇的な恋模様を描いた「ウェスト・サイド・ストーリー」のシーンへのオマージュです。
「ウェスト・サイド・ストーリー」の中に、トニーへの恋心がピークに達したマリアが、家でドレスを見繕っているときに「I feel pretty」を歌いながら踊るシーンがあるのですが、ここでマリアがカーテンを胸に当てます。
「ラ・ラ・ランド」でミアがドレスに胸を当てるシーンは、この「I feel pretty」でマリアがカーテンを胸に当てるシーンへのオマージュになっています。

スウィート・チャリティー

ドレスに身を包んだミアとルームメイトが家を出てから道路を闊歩するまでのシーン。
このシーンは男運がない、ダンスホールのホステスのチャリティ・ホープ・ヴァレンタインの悲喜劇を描いた「スウィート・チャリティー」のシーンへのオマージュです。
「スウィート・チャリティー」の中に人気俳優ヴィットリオの家で夢のような時間を過ごしていたところ、ヴィットリオの恋人がやって来て追い出されてしまい落ち込んでいたチャリティが、ダンスホールで、鬱憤を晴らすようにホステスたちと「There’s Gotta Be Something Better Than This」をバックに踊るシーンがあります。
「ラ・ラ・ランド」の家を出るときのダンスの振り、またスカートを使ったダンスの振りなどこの「スウィート・チャリティー」のダンスから影響を受けています。

ミアとセブがパーティを抜け坂道にやって来るシーンに登場するオマージュ

夕暮れ時、ミアに付きまとっていた脚本家から逃げるため、パーティーから抜け出したミアとセブは、坂の上で「A Lovely Night」をバックにタップダンスを踊ります。このシーンには1938年に公開された「シャルウィーダンス」、1952年に公開された「雨に歌えば」、1951年二項回された「バンドワゴン」へのオマージュがちりばめられています。

雨に唄えば

セブが街灯の柱に手をかけるシーンは、1952年に公開された「雨に唄えば」に登場するシーンへのオマージュです。
「雨に謳えば」の主人公のドンは主演映画が失敗に終わり悲嘆に暮れていましたが、ある雨の日、親友のコズモの家で、恋仲にあったキャシーと親友のコズモと共に失敗した主演映画をミュージカル化する構想を思いつきます。帰り道、すべてが上手く回り出したドンは高揚感を抑えられず、雨の中で傘を差さずに踊ります。そしてそのシーンの中に電灯の柱に手をかけ回るダンスがあるのです。
「ラ・ラ・ランド」でセブが電灯の柱に手をかけ回るのは、「雨に歌えば」のこのシーンから来ています。

踊らん哉

ミアとセブがベンチでタップダンスを踊るシーン。
これは1937年に公開されたミュージカル映画「踊らん哉」で、黄金期ハリウッドでRKOの黄金コンビと謳われたフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースがタップダンスを踊るシーンへのがオマージュになっています。
「踊らん哉」の中に、ひょんなことから結婚することになった有名なバレエダンサーのペトロフ(フレッド・アステア)とアメリカのレビュースターのリンダ(ジンジャー・ロジャース)が、公園のベンチで、ローラースケートを履いてタップダンスを踊るところがあります。
「ラ・ラ・ランド」のベンチでタップダンスを踊るシーンは「踊らん哉」のそのシーンへのオマージュです。

バンドワゴン

また、ベンチを立ってから見せるダンスは、1957年に公開された「バンドワゴン」でフレッド・アステアとシド・チャリシーが見せるダンスの振りを取り入れています。
ミュージカルコメディ「バンドワゴン」に出演することになった斜陽の映画スターのトニー(フレッド・アステア)は、映画出演のプレッシャーからナーバスになっていたため、相手役のバレエ界の新星ギャビー(シド・チャリシー)と喧嘩。しかし2人は話し合い、お互いのわだかまりを解くと、セントラルパークで一緒にダンスを踊り意気投合します。
「ラ・ラ・ランド」のダンスの振りは「バンドワゴン」のこのセントラルパークで見せるダンスの振りから来てます。

ムーランルージュ

「理由なき反抗」の撮影舞台になったグリフィス天文台でミアとセブがワルツを踊り、宇宙へと舞い上がるシーン。
このシーンは、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガー主演のミュージカル映画「ムーラン・ルージュ」に登場するシーンが元になっています。
ひょんなことからキャバレー「ムーランルージュ」の舞台作家になったクリスチャン(ユアンマクレガー)は、クリスチャンを資産家だと思い込んだムーランルージュの売れっ子スターのサティーン(ニコール・キッドマン)から誘いを受けます。その時に、クリスチャンがサティーンのために詩を口ずさむと、サティーンはクリスチャンのことを心から愛するようになります。そしてここでクリスチャンとサティーンが「Your Song」をバックにパリの空に広がる星空の中で歌い踊ります。
「ラ・ラ・ランド」のミアとセブが舞い踊るシーンはこれが元になっています。

ミアがセブとの成功物語を妄想するシーンに登場するオマージュ

パリで撮影した映画が成功を収めハリウッドスターに仲間入りしたミアが、セブがピアノを演奏するジャズ・バーにやって来るラストのシーン。ミアはセブの姿を見て、セブと一緒にパリを訪れ、ハリウッドで成功し、このジャズ・バーにやって来ることを妄想します。
この映画を鑑賞した映画評論家、観客からこの映画の1番の見どころだと言われているラストのミアの妄想シーンには、ジーン・ケリーが出演した50年代のミュージカル「雨に唄えば」、「巴里のアメリカ人」、フレッド・アステアとエレノア・パウエルが出演した40年代のミュージカル「踊るニュウ・ヨーク」に登場するシーンへのオマージュです。

雨に唄えば

natsuzora8
natsuzora8
@natsuzora8

Related Articles関連記事

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ムーラン・ルージュ(Moulin Rouge!)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ムーラン・ルージュ』とは、2001年製作のアメリカ映画。ハリウッドを代表する2大スター、ニコール・キッドマンとユアン・マクレガーを主演に、 『ロミオ+ジュリエット』のバズ・ラーマンが製作・監督・脚本を担当したミュージカル大作。劇中の楽曲には20世紀を代表するポップ・ナンバーがふんだんに使用されている。19世紀末の夜のパリを象徴する魅惑のナイトクラブ“ムーラン・ルージュ”で繰り広げられる、若き作家と高級娼婦の悲恋物語を絢爛豪華にして幻想的に描く。

Read Article

ラ・ラ・ランド(La La Land)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ラ・ラ・ランド(La La Land)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ラ・ラ・ランド』とは2016年公開のミュージカル映画。売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)が弾くピアノに惹かれてバーに入った女優志望のミア。後日あるパーティ会場でミアはセブに再会する。2人は急速に恋に落ち、互いの夢のために励まし合いながら共に暮らすが、ミアの夢を叶えるチャンスを掴むために別れる決断をする。往年の名作ミュージカル映画をオマージュした美しい映像や楽曲、ミアとセブの表現力溢れる歌声やダンス、切ないストーリーで観るもの全てが恋に落ちる極上のエンターテイメント。

Read Article

雨に唄えば(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

雨に唄えば(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『雨に唄えば(映画)』とは1952年にアメリカで制作されたミュージカル映画である。サイレント映画からトーキー映画へと移行し始めたハリウッドを舞台に、人気スターのドンと新進女優のキャシーの恋模様をコミカルに描いている。監督はジーン・ケリーとスタンリー・ドーネン。ケリーは監督だけでなく、ドナルド・オコナーやデビー・レイノルズと共に作品にも出演している。「ミュージカル映画の傑作」とも言われる映画で、ケリーが傘を片手に歌う「雨に唄えば」のシーンは、この映画を象徴するシーンとしても有名である。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

セッション(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

セッション(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2014年、撮影当時28歳で全く無名だったデイミアン・チャゼル監督初の長編映画。サンダンス映画祭 W受賞を皮切りに驚異の記録で賞レースを席巻。名門音大に入学したドラマー(マイルズ・テラー)と伝説の鬼教師(J・K・シモンズ)、究極の師弟関係を狂演VS怪演で演じきり、狂気のレッスンの果ての衝撃のセッションは、誰も観たことのないクライマックスへと展開する。映画史上に残るラスト9分19秒は圧巻。

Read Article

NEW
美女と野獣(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

美女と野獣(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『美女と野獣』(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

スパイダーマン(サム・ライミ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スパイダーマン(サム・ライミ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スパイダーマン』とは、スタン・リーとスティーヴ・ディッコのアメコミが原作、サム・ライミ監督の2002年公開のアメリカ映画。全3部作の1作目である。高校生のピーター・パーカーは校外学習先で遺伝子操作された“スーパースパイダー”に偶然かまれ驚異的な力を手に入れた。幼なじみのメアリー・ジェーン・ワトソン(MJ)や友人のハリー・オズボーンとともに過ごしながら、ピーターが正義のために悪と戦うスパイダーマンになるまでが描かれている。

Read Article

ビッグ・フィッシュ(Big Fish)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ビッグ・フィッシュ(Big Fish)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ビッグ・フィッシュ』とは2003年に公開されたアメリカ合衆国のファンタジー映画である。原作は『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』で、ティム・バートン監督による作品。病が悪化した父エドワードの看病をするために実家に妻とともに戻ったウィル。父はウィルが小さいころから自分の人生をおとぎ話のように語っており、ウィルは年を取るにつれその話を信じなくなり二人の間の関係は悪くなる。しかし、看病を通して時間を過ごすうちに二人の父子の関係は少しずつ変化していく。

Read Article

女王陛下のお気に入り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

女王陛下のお気に入り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『女王陛下のお気に入り』とは、18世紀を舞台に、宮廷で女王の寵愛を奪い合う女性2人の攻防を描いた実話に基づく歴史コメディ映画である。本作は『ロブスター』で鬼才な才能を持つ、ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた。第91回アカデミー賞では最多9部門10ノミネートを獲得し、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞している。気まぐれな女王アンに代わって絶対的権力を握る側近のサラと、貴族の地位に返り咲く陰謀を企てるアビゲイルの、愛憎に満ちた人間ドラマが繰り広げられる。

Read Article

パディントン(Paddington)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

パディントン(Paddington)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『パディントン(Paddington)』とは、イギリス作家マイケル・ボンドの児童小説「くまのパディントン」を実写映画化した2014年制作のファミリー映画。ペルーのジャングルから、住む家を探しにロンドンにやってきた礼儀正しいクマが、ブラウンさん一家と出会い、大騒動を巻き起こす物語。全世界で320億円超えの大ヒットを放った作品。

Read Article

アクアマン(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アクアマン(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

ブルーバレンタイン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブルーバレンタイン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブルーバレンタイン』とは2010年公開のアメリカの恋愛映画。あるカップルの出会いから結婚、破局までを描く切ないストーリー。価値観の違い、気持ちの温度差、方向性の違い、仕事の格差から冷め切った夫婦をライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズが演じ、過激な性描写や体重増量も辞さない迫真の演技で、2人とも第68回ゴールデングローブ賞にノミネートされた。デレク・シアンフランス監督は10年かけて脚本を練り上げ、第63回カンヌ国際映画祭では「ある視点」部門に出品された。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

きみに読む物語(The Notebook)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

きみに読む物語(The Notebook)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2004年制作。アメリカ映画。出演のジーナ・ローランズは本作でゴールデン・サテライト賞助演女優賞を受賞した。療養施設にいるデュークは、認知症の老女に物語の読み聞かせをしている。その物語とは、1940年代のある若いカップルの話だった。話を聞くうち、老女は時折記憶を取り戻す。原作はニコラス・スパークス。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

クルエラ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

クルエラ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『クルエラ』とは、2021年に公開された、アメリカ合衆国の映画である。監督はクレイグ・ギレスピー、主演はエマ・ストーンが務めた。舞台は70年代のロンドン、親を亡くしたエステラ・ミラーはファッションデザイナーになることを決意する。ある日、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス・フォン・ヘルマンと出会い、自身の才能を磨いていく中で、自分の出生の秘密を知った。ディズニーの映画『101匹わんちゃん』の悪名高きヴィランであるクルエラの、誕生秘話を知ることができる内容となっている。

Read Article

スティーブ・ジョブズ(2013年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スティーブ・ジョブズ(2013年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スティーブ・ジョブズ』とは2013年に公開されたアップルの創設者、スティーブ・ジョブズの生涯を描いたアメリカ映画である。ジョブズは大学中退後にコンピューターやカリグラフィに傾倒しながらも、ゲームメーカーに就職した。親友のウォズニアックの趣味であるコンピュータに興味を持ち、はみ出し者の友人たちを集めて1976年に“アップル”を設立する。25歳にして成功を収めたが、周囲との軋轢に苦しむ。その後企業経営を省みないとしてCEOながら解雇されてしまう。独裁的な経営者としての成功と挫折を描いた物語。

Read Article

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』とは2016年に公開されたドラマ映画で、アメリカ合衆国、オーストラリア、イギリスの3国が共同して作成した。サルー・ブライアリーのノンフィクション本が原作となっている。5歳の少年サルーが家族と離れ離れになり、オーストラリアに養子として迎えられる。そして大学生になったサルーがGoogle Earthを使って故郷を探し出す物語である。家族愛が描かれた感動の物語である。

Read Article

【女性向け】雨の日に観たい名作映画まとめ【雨に唄えば など】

【女性向け】雨の日に観たい名作映画まとめ【雨に唄えば など】

映画と一言で言ってもそのテーマやジャンルはさまざまだ。派手な映像や目を引くアクションものもあれば、淡々と話が進む静かなものまで、ありとあらゆる作品であふれている。その中には何気ない日常の暮らしが描かれた作品もあり、何でもない日々に隠れた人々の心のあたたかさや、細やかな心理描写が鮮やかに映し出されている作品も多い。 この記事では雨の日のような静かで落ち着いた日に見てほしい、とくに女性が共感できそうな内容の映画をまとめた。

Read Article

ダンスシーンに思わず心を揺さぶられるおすすめ映画まとめ!『ムーラン・ルージュ』『ヘアスプレー』など

ダンスシーンに思わず心を揺さぶられるおすすめ映画まとめ!『ムーラン・ルージュ』『ヘアスプレー』など

本記事ではダンスシーンに思わず心を揺さぶられてしまうような、おすすめの映画をまとめて紹介している。記事中では『リトル・ダンサー』『ムーラン・ルージュ』『ヘアスプレー』『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』『THIS IS IT』など多数の作品を掲載した。ヒップホップ、バレエ、ストンプ、社交ダンスなど様々なジャンルの踊りが楽しめるので、ぜひ気になる作品をチェックしてみてほしい。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2の撮影現場でキャッチしたおもしろ画像を紹介【アメスパ2】

アメイジング・スパイダーマン2の撮影現場でキャッチしたおもしろ画像を紹介【アメスパ2】

アンドリュー・ガーフィールド主演、エマ・ストーンをヒロイン役に迎えて制作された「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ。ここでは2014年に公開された「アメイジング・スパイダーマン2」の撮影風景の画像を集めました。スパイダーマンとちっちゃなスパイダーマンのほっこりする2ショットや、シュールさ満載のCG加工前の戦闘シーンなど、アメスパファン必見の画像を紹介しています。

Read Article

Android用スパイダーマンの高画質待ち受け画像まとめ【マーベル】

Android用スパイダーマンの高画質待ち受け画像まとめ【マーベル】

Androidユーザーにおすすめしたいスパイダーマンの高画質待ち受け壁紙画像を集めました。ここで紹介するのは、サム・ライミ監督版「スパイダーマン」シリーズや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのワンシーン、マーベル・コミックスのイラストなど。画像サイズは960×854のものになります。

Read Article

【マーベル】アメコミヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフまとめ【DCコミックス】

【マーベル】アメコミヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフまとめ【DCコミックス】

人気アメコミ映画の中で、ヒーロー誕生のきっかけとなった名言・名セリフをまとめました。『スパイダーマン』の「大いなる力には、大いなる責任が伴う」や、『バットマン ビギンズ』の「人はなぜ落ちる?這い上がるためだ」など、主人公たちの心を揺さぶった名言を網羅。各作品の簡単なあらすじや見どころなどもあわせて紹介していきます。

Read Article

【パーフェクトブルー】夢と現実の境界がわからなくなる映画まとめ!脳がとろける不思議な感覚を味わえる!【ビッグ・フィッシュ】

【パーフェクトブルー】夢と現実の境界がわからなくなる映画まとめ!脳がとろける不思議な感覚を味わえる!【ビッグ・フィッシュ】

数ある映画作品の中には、夢なのか現実なのか区別がつかなくなるような世界観を持つものがたくさんあります。たとえば、『パーフェクトブルー』や『ビッグ・フィッシュ』などでしょうか。他にもいろいろあるので、この記事でまとめました。こういう映画には相性があり、ハマる人はハマるのですが、ダメな人はトラウマになってしまうこともあるようです。紹介した映画を実際に観るかどうかは、あなた次第ですよ。

Read Article

【映画紹介】ストレス発散したい時におススメ!思わず走り出したくなる疾走感たっぷりの映画3選

【映画紹介】ストレス発散したい時におススメ!思わず走り出したくなる疾走感たっぷりの映画3選

なんだかモヤモヤしているとき、スッキリしたいなぁとおもったときは、映画鑑賞をおススメします!本日は、疾走感たっぷりでストレスを吹き飛ばしてくれる、おススメ映画を3選形式で紹介します。なんだか気分がノらない日、ぜひ、参考にしてみてください!

Read Article

【クルエラ】ディズニープリンセス&悪役のイケメン男体化パロディ画像まとめ!どれも秀逸【ノートルダムの鐘】

【クルエラ】ディズニープリンセス&悪役のイケメン男体化パロディ画像まとめ!どれも秀逸【ノートルダムの鐘】

ディズニー映画に登場するプリンセスや悪役(ヴィランズ)たちを男体化してみたらどうなるか、想像してみたことはありますか?これを実際にイラストで描いた人たちがいるようなので、この記事で画像をまとめました。みんなビックリするぐらいのイケメンに大変身!あなたは誰が好みですか?

Read Article

目次 - Contents