ホットロード(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホットロード』とは『別冊マーガレット』で1986年から連載された、漫画作家紡木たくによる少女漫画である。父親の写真のない家で育ち、ママに愛されていない、必要とされていないと孤独を抱えている少女宮市和希と、不良グループ同士の抗争やバイクで走ることに命を懸ける春山洋志が出会い、"愛情とは何か"、"命とは何か"に気づかされ失いかけた命が再生されていく物語である。漫画連載終了から約24年後の2014年『ホットロード』は映画化され、大ヒットを記録した。

『ホットロード』の概要

『ホットロード』とは『別冊マーガレット』で1986年から連載された、漫画家紡木たくによる少女漫画である。『別冊マーガレット』(集英社)で1986年1月から1987年5月まで連載された。80年代半ば、読者から絶大な人気を博しコミックス全4巻で700万部の発行部数を記録した。コミックス全4巻(絶版)、文庫版全2巻、完全版全3巻が刊行。紡木の代表作と評される。

連載から25年以上経った2014年、漫画『ホットロード』を原作として初めて映画化された。
監督は三木孝浩。脚本は吉田智子が手がけ、原作者の紡木も脚本を監修している。主演は能年玲奈と、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカルを務める登坂広臣。これまで紡木の元に作品の映画化やドラマ化の話が来ていたが、イメージと合わないという理由で叶わなかった。しかし、紡木が能年の存在を知り「彼女ならば和希(主人公)を託すことができる」と映画化のオファーを承諾。初めて実写化が実現した。

映画『ホットロード』は2014年8月16日に封切りとなる。全国302の劇場で公開された。
公開初週週末2日間の興行成績は興収3億8924万2000円。観客動員数は28万4367人。公開から26日間で興行収入は20億円を突破。公開前から原作ファン、キャストファン、映画ファンの間で話題になり幅広い年齢層から支持を集め、都市部だけでなく地方でも多くの動員が見られ、2014年に公開された恋愛映画の中で最大のヒットを記録した。
能年は第6回TAMA映画賞最優秀新進女優賞、第27回日刊スポーツ映画大賞新人賞を受賞。登坂は第39回報知映画賞新人賞、第69回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第24回日本映画批評家大賞新人男優賞を受賞。第38回日本アカデミー賞では新人俳優賞を能年と登坂が同時受賞し主演を務めたふたりが並んで登壇した。

漫画、映画ともに、連載されていた80年代半ばが舞台である。
父親の写真が1枚もない家にママとふたりで暮らす14歳の少女、宮市和希。自分は望まれて生まれて来た子ではない、母親に愛されていない、と傷つき孤独を感じていた。同じ中学に通う同級生、絵里に誘われ不良グループに会いに行く。ある日、不良グループの一人春山洋志と出会う。自分の命を懸けながら、仲間たちとバイクで走ることに夢中になる春山。そんな春山も心に孤独を抱えていた。
和希は次第に、夜になると横浜の街に集まりバイクで自由に走り回る若者たちに居心地の良さを感じていく。春山はあまりにも純粋な和希が危険な目に合わないように行動を共にしていた。和希も春山の存在が気になりだし互いに惹かれあっていた。走ることにのめりこんでいく春山は、不良グループ同士の抗争に巻き込まれ命を落としかける。多感な若者たちの葛藤、命、愛、家族、孤独、それぞれに問題を抱えながら、”本当に愛すること”を知っていく少年と少女の純愛が描かれている。

『ホットロード』のあらすじ・ストーリー

ママの誕生日

その日、宮市和希(みやいちかずき)は、友達と一緒に万引きをして補導された。母親の代わりに担任が迎えに来た。担任が和希に「お母様が迎えに来られなくても仕方ないと思うの」と声をかけると、和希は「男と会ってるんです。今日、ママの誕生日だから」と言って笑った。

和希の家には、父親の写真は1枚も無い。自分の父親はママがいやいや結婚した男で、ママには高校時代から好きあってる恋人がいる。その人には妻がいて現在離婚調停中だった。

家に帰ると、リビングにプレゼントを貰って嬉しそうなママがいた。ママの気分が良さそうな声に苛立ちながら、「ママ、今日あたし万引きで捕まったよ。連絡なかった?」と告げる。

ママの知らなかったと誤魔化すような反応を見て、ママは自分よりも恋人が好きなんだと感じながら部屋に戻った。

絵里からの誘い

体育の授業中、話をする和希(左)と絵里(右)

体育の授業中、絵里(えり)が声をかけてきた。「ねえ和希。会わせたいって言った先輩に一緒に会いに行かない?宏子(ひろこ)さんっていうんだけど、その彼氏のトオルさんにも会えるかもしれないの」とはしゃぐ絵里。そんな絵里に「いいよ」と和希は優しく返事をした。

夜、和希の家に絵里から電話がかかってきて、今から宏子と会えるというものだった。夜の横浜の町で、絵里は和希を宏子の元へ引っ張って行き和希を紹介した。和希は宏子の大人びた雰囲気に緊張した表情で、すこし頭を下げた。

その後タクシーに乗り込んだ3人は、宏子の恋人である玉見トオル(たまみとおる)を探したが見つからない。そのため宏子たちは、春山洋志(はるやまひろし)のいる湘南へ向かった。

春山と和希の出会い

和希(右)に話しかける春山(左)

春山洋志が働くガソリンスタンドに着き、宏子と春山が話している。和希はスタンドの端に座って海を眺めていた。和希に気づいた春山は声をかける。春山に「お前ん家、家庭環境悪いだろ」と言われ、「お前には関係ねぇだろ」と和希は春山をにらんだ。

春山は近くにあったバケツに水をつけ、和希の顔に水を飛ばすイタズラをする。和希は苛立ち、春山の首元を叩いた。首元を抑えたまま春山は「二度と来んな」と低い声で言うが、和希は春山をにらみ続けていた。

和希が家に帰ると絵里から電話があった。そこで宏子の彼氏であるトオルが、暴走族の顔であることを知る。

この時、トオルが総頭をしている暴走族グループ”横浜NIGHTS”は、全国に支部があり総勢500人と言われていた。湘南をバイクで走る仲間たちの中で春山は、交差点に最初に入っていく”切り込み”をしていた。

「お前俺の女にならない?」

別の日、夜の湘南に集まるNIGHTSメンバーたちの中に、和希と絵里がいた。突然NIGHTSのメンバーのリチャードに「トオルがさんが呼んでいる」と話し掛けられる。トオルがいる車に乗り込むと、トオルは「これが春山を殴った手か」と和希の小さな手にキスした。驚いた表情の絵里と言葉が出ない和希。

そこにエンジンがふかす音が聞こえ振り向くと春山がいた。春山は車のドアを開け、絵里を外にひっぱりだして乗り込んできた。「宏子と(和希を)とっかえる?」という春山の言葉にトオルは笑みを浮かべ、何も答えなかった。

海沿いに戻り、NIGHTSの仲間たちと楽しそうに話す絵里。絵里が和希を呼び、仲間たちが家まで送ってくれると言う。和希を送ってくれるのは春山だった。春山は和希にバイクの後ろに乗れと合図すると、和希はすこし乱暴な春山にむっとした表情を浮かべた。夜が明けはじめた空の下、春山はバイクの後部座席に和希を乗せて駆け抜けていった。

バイクを降り家に向かう和希を春山は追いかけ、肩に手をまわし顔を覗き込んだ。「お前、俺の女にならない?」春山の言葉に驚く和希だった。

「なめてんのか、てめぇ」

放課後、和希が絵里と一緒に帰っていると、2人の横に車が停まる。車の中から男たちに乗らないかと声をかけられる。絵里と和希は、その車に乗り込んでしまう。

車の中で話は盛り上がっていたが、外は薄暗くなっていた。和希は運転手が気にしている後続車を見ると、複数人の男が乗っていた。和希が後継車について聞くと、男たちは「大勢の方が楽しいでしょ?」と笑い合う。このままでは襲われると思った和希は、絵里の手を引き車を飛び出す。逃げる2人を大勢の男たちが追いかけてくる。

同じ頃、春山の元に宏子から電話がかかってきた。電話をとりしばらくして、顔を曇らせた春山は店を飛び出していった。

男たちから逃げ切った和希は、倉庫のような所に隠れていた。外では男たちが、まだ絵里と和希を探している。

扉が突然開いたため、男たちに見つかったと思い悲鳴をあげながら顔を隠す和希。しかし手をそっと握られたため、和希が顔を挙げると雨に濡れながら怒る春山が立っていた。

春山のバイクの後ろに座る和希は春山に助けられ安心し、和希は春山の背に頭を預けた。そんな和希を見て春山は体重を後ろにかけた。

家に帰るとリビングは真っ暗だった。床に倒れ込む和希。意識が遠のいていく時、額に手を当てられる。「ママ?」と手を伸ばす先には春山の姿があった。春山は和希の体を起こし、抱きしめた。自分を抱きしめているのが春山だと気付かないまま、和希はママを呼びながら泣き続けていた。

私のママ

和希が目を覚ますと「よかった。分かる?」と、春山の母に声をかけられた。春山の母が「お家の方に連絡しないと」と和希に言うが、和希は「今、誰もいないから、いいんです」とうつむいた。察した春山の母は、和希の顔を覗き込みながら身体を心配してくれる。和希は春山の母の優しさがうれしいようで切なく、布団にもぐりこんだ。

家に帰ると、ママがリビングで待っていた。怒ったようにママは何をしていたのか聞いてくる。そんなママに和希が熱を出して倒れたあの日、どこに行ってたのか尋ねる。ママは何のことかわからないようで答えない。

和希はママの顔を見て「お前の顔なんかもう見たくないよ」と言った。ママは出ていこうとする和希の腕を掴んで止めるが、その手を振り落として走っていった。

横浜NIGHTSの総頭

横浜NIGHTSの総頭(そうあたま)は代々400FOURを受け継いでいた。玉見トオルに400FOURを見に来いと呼び出された春山。「それ、お前にやってもいいと思ってんだけど。どうする?」というトオルの言葉に春山は目を輝かせた。

トオルは横浜本部で、自分が引退した後の総頭は春山にやらせたいと伝えた。しかし幹部は難色を示し、本部のメンバーからは怒りの声が上がった。リチャードと金パは顔を見合わせて「スゲエ、あいつ」と笑いあった。

「玉見の後に力があるやつは出てこないだろ。潰すなら今」。そう話していたのは、新宿で活動する不良グループ、漠統のメンバーたちだった。

仕事中の春山に電話が入る。電話先は新宿の漠統で、NIGHTSを潰すというものだった。夜仲間の元に行った春山は、リチャードに問い詰める。リチャードの代わりに金パが「本部が、ほっとけってさ」と答えた。

春山は「ビビりやがって」と怒りを抑えきれずに言った。「ハル!」リチャードは春山に殴りかかる。それからしばらく、行き場のない感情や怒りをぶつけあうように殴り合っていた。

公衆電話でトオルが電話していた。相手は宏子の家で居候している和希だった。トオルは「明け方、おもしろいものがみれるよ。そこに居て」優しい声で和希に伝えた。

公園に1人座り込んでいる春山に「やるよ。400FOUR。今から横浜まで歩いて取りに来たらね」と笑って去っていくトオル。春山は「かったりいから行かねえぞ!」と叫んだ。明け方、400FOURに額をつけ愛おしそうに目を閉じる春山。歩き疲れ、400FOURの横に倒れこんで眠る春山を和希は見つめていた。

「俺が春山をNIGHTSの頭にしたから」トオルがそう言い残した夜、警察が不良グループのリーダー狩りをしてトオルは姿を消した。

変化のはじまり

青年たちは春山のところに来て、漠統が春山を呼び出していることを伝えた。春山は休憩室のソファで和希の姿を思い出していた。

リチャードから和希の元に電話がかかってきた。春山をどこにも行かせるなという内容で、電話越しに仲間たちのバイクの音も聞こえる。和希が状況を聞こうとするが、その前に電話が切れてしまう。

漠統に呼び出された場所に向かった春山。少しずつ近づいていく春山の右手には、鉄パイプがガムテープで巻きつけられていた。春山に飛びかかってくる漠統のメンバーの中をかき分けながら、漠統トップに向かって鉄パイプを振りおろした。

春山を2週間探しつづけ、ようやく見つけた和希。笑って逃げるのを失敗したと言う春山。「泣いてる」と春山が言うと、「泣いてない」と強がる和希の頬をつねった。和希の涙は止まらなかった。

和希が寝ていると、音がして目を覚ました。外に出て行こうとしている宏子に和希が声をかけると、宏子は「バイバイ、和希」と言って外へ飛び出していった。宏子を追いかけた和希が見たのは、お互いを強く抱きしめ合う宏子とトオルの姿だった。トオルは警察に捕まって、証拠不十分で釈放されたという。和希はあの二人はもう二度と帰ってこない気がした。

「しょうがねえから、一緒に住む?」と、春山が和希をバイクの後ろに乗せて走りながら和希に言った。バイクの後ろの席で春山の背中に頭をくっつけて、和希は安心したように微笑んだ。その声をずっと聞いていたいと思った。

たった一つの思い出

ガソリンスタンドで仕事中、事務所の電話がなった。春山が出ると、相手は漠統のリーダー赤根だった。「テメエは、ぜってえ逃がさねえ」と言う赤根の言葉を聞きながら、外で水遊びをしてはしゃぐ和希の姿を見ていた。

和希が春山に話す。「たった一つの思い出は、チューリップ。パパの手。私、パパのことで覚えてるのってそれしかない。遊園地に行って、大きなチューリップがいっぱい咲いてた。どんな気持ちだろう。たった一人の娘に、それしか覚えてもらってなくて、置いてく気持ちってどんなだろう」。

春山は「置いていく方も、やっぱすげえ悲しいんじゃねえの」と答え、なにかを考えている様子だった。

2人は夜、横浜の街で遊んでいた。和希はママとママの男の鈴木が、ホテルに入っていく様子を発見する。和希はすぐに追いかけ、エレベーターに乗るママに「パパが、パパが可哀想だ!!」と叫ぶ。それを聞いて悲しそうな表情を浮かべたママを無視して、エレベーターの扉は閉まった。

家に帰ると、ママの部屋からすすり泣きが聞こえた。布団を被りながら「相談をしていたの!」と文句を言うママに対し、和希は「ママ、あたし生まれてよかったの?あたし、生まれてよかった!?ママ。答えてよ、答えてよ!ママ…」と聞く。

「おばさん。こいつのこと、きらいなの?」声をかけたのは春山だった。「もしそうなら、俺がもらってっちゃうよ」と言う春山を見るママ。

「あげないわよ、あげないわよ。親が、自分の子嫌いなわけないじゃないの!生んでよかったに決まってる!」ママの想いを聞いた和希は、やっと自分が生まれてきていい存在だったと確認することができた。

「待ってて」

higa1238
higa1238
@higa1238

Related Articles関連記事

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(ぼく明日)のネタバレ解説・考察まとめ

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」とは、2014年に刊行され、10~20代女性に絶大な支持を得た七月隆文の同名小説を原作とした映画。京都を舞台に、運命の恋に落ちる美大生の高寿役を今話題の福士蒼汰を演じ、謎めいた魅力を秘め、高寿が一目ぼれする美女のヒロイン役を期待の若手女優である小松菜奈が演じる。20歳の男女の30日という限られた期間の甘く切なくも美しい恋愛を描く。

Read Article

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

俺物語!!(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

原作・河原和音、作画・アルコによる少女漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画。2011年に『別冊マーガレットsister』に掲載された第1話が好評につき連載へ移行。その後『別冊マーガレット』にて2016年まで連載された。誰もが目を引く巨漢、剛田猛男とお菓子作りが大好きな女子高生大和凛子。痴漢から助けた出会いをきっかけに付き合い始めた二人の不器用ながら微笑ましい恋模様がコミカルに描かれる。

Read Article

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

坂道のアポロン(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『坂道のアポロン』とは、2007年から2012年まで小玉ユキが『月刊フラワーズ』(小学館)にて連載していたジャズと青春をテーマにした少女漫画、およびそれを原作としたアニメ、実写映画である。舞台は1966年の長崎県。主人公の薫が、横須賀から長崎の高校へ転入したところから始まる。父の仕事の都合で転校ばかりしていた薫にとって、学校は息苦しくストレスばかりの場所であった。しかし、そこで不良の千太郎と心優しい律子、そしてジャズに出会い薫の生活は一変する。美しい友情と交錯する恋心が魅力的に描かれている。

Read Article

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

陽だまりの彼女(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『陽だまりの彼女』とは、越谷オサムによる日本の恋愛小説を原作として2013年に映画化された恋愛映画である。交通広告代理店の営業マンである奥田浩介(おくだこうすけ)が中学時代の同級生の渡来真緒(わたらいまお)に再会することからはじまり、ふたりは恋愛し結婚する。幸せな毎日を過ごしていたふたりだが、真緒に異変が現れる。そして浩介は真緒の驚くべき秘密を知るのだ。恋愛ストーリーの中にファンタジー要素が加わり、可愛らしく心温まる映画となっている。

Read Article

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

名前をなくした女神(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名前をなくした女神』とは、2011年4月から6月までフジテレビ系列で放送された、杏主演のママ友たちのドロドロした関係をテーマにしたテレビドラマ。キャッチコピーは「ようこそ、ママ友地獄へ。」。新たに引っ越して来た秋山一家の主婦侑子と息子の健太は、幼稚園のママ友との確執や事件に巻き込まれていく。お受験を控えたママ友たちの間で繰り広げられる嫉妬、見栄、嘘、裏切りなど、複雑な人間関係を描いている社会派ドラマである。本作は杏の連続ドラマ初主演であり、EXILEのKEIJIのドラマ初出演作でもある。

Read Article

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヤバイ妻(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヤバイ妻』とは、2016年にフジテレビで放送されていた、脚本・黒岩勉、主演・伊藤英明のサスペンスドラマだ。その他、木村佳乃や相武紗季などが出演している。カフェを経営する望月幸平は、妻の望月真理亜との結婚生活に嫌気がさしていたが、別れられない事情があった。そんなある日、幸平は愛人の北里杏南に妻の殺害を持ち掛けられる。そこで幸平は真理亜の飲むワインに毒を仕込んで殺そうとするが、突然彼女が誘拐されてしまった。しかしその誘拐事件には、真理亜の思惑が潜んでいた。

Read Article

TOKYO MER(走る緊急救命室)のネタバレ解説・考察まとめ

TOKYO MER(走る緊急救命室)のネタバレ解説・考察まとめ

『TOKYO MER(走る緊急救命室)』とは、2021年7月から9月まで放送された本格救命医療ドラマ。都知事の号令で東京海浜病院内に設置された、試験運用中の救命救急プロフェッショナルチームTOKYO MER。最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで、危険な重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者に救命処置を施すチームの活躍を描く。一人も死者を出さないことが、彼らに課されたミッションである。コロナ禍で新型コロナウイルスとの闘いを続ける医療従事者に感謝の意を込めたドラマとして放送された。

Read Article

能年玲奈のプロフィール・出演作品まとめ【あまちゃんほか】

能年玲奈のプロフィール・出演作品まとめ【あまちゃんほか】

NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の主人公、天野アキの好演が話題となった女優の能年玲奈。『あまちゃん』の終了後に出演した映画『ホットロード』では、アカデミー賞の新人賞を獲得するなどの活躍を見せている。本記事では能年玲奈のプロフィールや、これまでに出演してきた作品の情報をまとめて紹介する。

Read Article

能年玲奈の映画『ホットロード』出演に賛否両論!評価をまとめてみた!

能年玲奈の映画『ホットロード』出演に賛否両論!評価をまとめてみた!

1986年から1987年にかけて『別冊マーガレットで連載された紡木たく作のヤンキーの純愛物語の『ホットロード』。時を経て2014年に能年玲奈主演で実写映画化された。能年玲奈は直前に出演していたNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で大人気となったわけだが、『ホットロード』で演じる役柄が『あまちゃん』と180度異なるためか、ネット上ではその抜擢に賛否両論だった。

Read Article

映画『ホットロード』で能年玲奈の相手役だった三代目JSB登坂広臣ってどんな人?

映画『ホットロード』で能年玲奈の相手役だった三代目JSB登坂広臣ってどんな人?

2013年にNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』でブレイクした能年玲奈。『あまちゃん』に続き、不良の純愛を描いた伝説とまで言われるほど人気をもつ漫画『ホットロード』の実写映画で主演を務めることになった。ブレイク中の能年玲奈の相手役が誰になるかも当時は話題になり、抜擢された三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのボーカル・登坂広臣は一気に注目されることになるのだった。

Read Article

【閲覧注意】壮絶な死に方をした芸能人まとめ【尾崎豊 など】

【閲覧注意】壮絶な死に方をした芸能人まとめ【尾崎豊 など】

死に方が悲惨だった有名人まとめ。尾崎豊、白暁燕、香月弘美、柳原尋美などなど。 尾崎豊は、日本のシンガーソングライター。青山学院高等部中退。血液型B型。身長178cm。既婚。 香月弘美は、宝塚歌劇団月組の元タカラジェンヌ。神奈川県藤沢市片瀬出身。公演中に舞台機構の回転軸に巻き込まれて事故死した。

Read Article

閲覧注意!衝撃的な最期を遂げた有名人まとめ

閲覧注意!衝撃的な最期を遂げた有名人まとめ

日常のニュースの中で芸能人や有名人の訃報が飛び込んでくるのはさほど珍しいことではない。一方で大きな事故により突然命を落とした場合や自殺・他殺の疑いがある不審死などの場合には、何日にもわたって特集が組まれるなど人々の注目を集めるものである。本記事では人々の記憶に刻まれた「壮絶な最期を遂げた有名人」の情報を、詳しく紹介する。

Read Article

【尾崎豊】若くして亡くなってしまった芸能人たちまとめ【坂井泉水 など】

【尾崎豊】若くして亡くなってしまった芸能人たちまとめ【坂井泉水 など】

尾崎豊や坂井泉水など、芸能人で早くに亡くなってしまった人をまとめました。死亡した原因などもまとめてありますので最後までご覧ください。 尾崎豊は、日本のシンガーソングライター。青山学院高等部中退。血液型B型。身長178cm。既婚。 坂井泉水は、日本の女性歌手、作詞家。音楽ユニット・ZARDのボーカリスト。

Read Article

あの大物も!?薬物がらみで逮捕された芸能人・著名人まとめ

あの大物も!?薬物がらみで逮捕された芸能人・著名人まとめ

素晴らしい実力や才能を活かして日々活躍する芸能人や著名人、スポーツ選手たち。彼らの姿は人々に夢を与えているが、手を出してはならない薬物によってファンを裏切ってしまった芸能人・著名人もまた大勢存在している。覚せい剤・コカイン・大麻や危険ドラッグなど、薬物がらみで逮捕された芸能人・著名人の情報をまとめて紹介する。

Read Article

”ショートカット”女性が魅力的な10の理由とは?実は男性からの指示も高い!【本田翼、能年玲奈 など】

”ショートカット”女性が魅力的な10の理由とは?実は男性からの指示も高い!【本田翼、能年玲奈 など】

ロングヘアの女性は美しい、キレイといったイメージがあり、”女性らしい女性”として昔から男性の支持を集めていた。だが、実は”ショートカット”の女性も男性から高い支持を得ている。芸能界でも能年玲奈や本田翼、剛力彩芽、長澤まさみなど”ショートカット”の女性が人気を集めた時代があった。 何故、”ショートカット”女性は魅力的に見えるのか。その10の理由を考察しまとめた。

Read Article

かなりイケメン!女性芸能人・著名人の男装画像まとめ【高島礼子、生駒里奈ほか】

かなりイケメン!女性芸能人・著名人の男装画像まとめ【高島礼子、生駒里奈ほか】

テレビや舞台、映画、写真集などで様々な衣装を着こなしている女性芸能人たち。ドレスや着物など華やかなものが多い一方で、スーツや学生服などを着込んだ男装姿を披露してくれるケースもある。顔だちが整っている為かなりのイケメンに仕上がっており、中にはメンバー全員が男装しているパフォーマンスグループも存在しているのだ。本記事では女性芸能人・著名人の男装姿の画像をまとめて紹介する。

Read Article

「のん」こと能年玲奈に整形疑惑…?昔と今とで全然違う顔と声にファンが驚愕

「のん」こと能年玲奈に整形疑惑…?昔と今とで全然違う顔と声にファンが驚愕

「のん」こと能年玲奈といえば、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で大ブレイクしましたよね。幼さの残る笑顔とショートヘアが印象的な彼女ですが、実は過去の画像と比べてみるとまるで別人だといわれています。そこで出てきたのが整形疑惑。顔のみならず声まで違っているそうで、そこまでして今の「のん」を作り上げたかったのでしょうか…。芸能界は驚くことばかりですね。

Read Article

爆笑必至の神回!木村佳乃がイッテQでぶっ飛びすぎて話題に!【世界の果てまでイッテQ!】

爆笑必至の神回!木村佳乃がイッテQでぶっ飛びすぎて話題に!【世界の果てまでイッテQ!】

女優の木村佳乃が出演した『世界の果てまでイッテQ!』が神回だと話題になっている。『世界の果てまでイッテQ!』ではタレントが体を張ってロケをするものが多く、木村佳乃も顔面でパイを受けるなど体当たりで企画に挑戦。その女優とは思えない姿勢が大きな反響を呼んだ。

Read Article

”引きこもり”を克服する10の方法!能年玲奈など芸能人も実践!

”引きこもり”を克服する10の方法!能年玲奈など芸能人も実践!

仕事や学校に行かず長期間自室に閉じこもったままの状態を”引きこもり”という。引きこもる理由は人それぞれだが、学校でのいじめや会社でのリストラなどネガティブなきっかけを持っている人も多い。2013年に放映され大ヒットを記録した連続TY小説『あまちゃん』の主演を務めていた能年玲奈/のんも上京前は”引きこもり”だったことを告白し、当時話題になった。芸能界にも他にも中川翔子やマツコ・デラックスなど、過去に”引きこもり”を経験しているという。彼ら、彼女らは”引きこもり”をどのように克服したのかをまとめる。

Read Article

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)出演女優が人気になる理由を考察【能年玲奈、有村架純、橋本愛 など】

NHKの連続テレビ小説(朝ドラ)出演女優が人気になる理由を考察【能年玲奈、有村架純、橋本愛 など】

1961年から長きに渡って朝のお茶の間を楽しませてくれるNHKの『連続テレビ小説』、通称「朝ドラ」。「朝ドラ」は稀に社会現象を引き起こすほどのヒットを飛ばすことがあり、その作品に出演している女優達は主人公でなくてもことごとく人気を博す。2013年の『あまちゃん』に出演していた能年玲奈、橋本愛、有村架純、杏、吉高由里子などが良い例だ。 この記事では「朝ドラ」出演女優達の人気の理由を考察する。

Read Article

「三代目 J Soul Brothers」の今市隆二と登坂広臣のツーショットがカッコイイ!

「三代目 J Soul Brothers」の今市隆二と登坂広臣のツーショットがカッコイイ!

パフォーマンスユニットとして知られる「三代目 J Soul Brothers」。メンバーのうち今市隆二と登坂広臣は同い年ということもあり、よく一緒に行動しているそう。そんな2人の姿がかっこいいと話題になっています。この記事で彼らのツーショット画像をまとめたので、ファンの方は必見です!

Read Article

『あまちゃん』が紅白乗っ取りに成功!特別編・第157回「おら、紅白出るど」の全容まとめ

『あまちゃん』が紅白乗っ取りに成功!特別編・第157回「おら、紅白出るど」の全容まとめ

2013年の上半期に大ヒットしたNHKの朝の連続ドラマ『あまちゃん』。2013年4月1日~同年9月28日にかけて全156話放送され、「じぇじぇじぇ」というセリフが2013ユーキャン新語・流行語大賞年間大賞に輝いた。社会現象も引き起こした『あまちゃん』は、2013年大晦日の『NHK紅白歌合戦』で特別編・第157回「おら、紅白出るど」を披露。小泉今日子や薬師丸ひろ子らも出演するオールスターの『あまちゃん』企画は大成功に終わった。

Read Article

【俺物語!!】30kg増量!剛田猛男役・鈴木亮平の肉体改造がスゴい!

【俺物語!!】30kg増量!剛田猛男役・鈴木亮平の肉体改造がスゴい!

少女漫画らしからぬイカツイ出で立ちの大男が主人公の『俺物語!!』。その意外性が話題を呼び、アニメ化もされるなど人気を博しました。そんな本作が、今度は実写映画として登場!剛田猛男を鈴木亮平が務め、役作りのためになんと30kgも増量したんだとか。猛男のイメージを壊したくないという想いから肉体改造に励んだようですが、映画がヒットしたのは間違いなく彼のこの努力があったからこそでしょう。そのプロ魂に、ただただ脱帽です。

Read Article

干された?『あまちゃん』以降能年玲奈の活躍が減った理由を考察!

干された?『あまちゃん』以降能年玲奈の活躍が減った理由を考察!

2013年、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』が社会現象を引き起こすほどの大ヒットを記録した。主演の能年玲奈は『あまちゃん』でブレイク。次回作として映画『ホットロード』の主演に抜擢されるなどの活躍を見せる。しかし同じく『あまちゃん』への出演をきっかけに人気が出た有村架純や橋本愛と比べると、TVドラマやCMへの出演が少ない事態になり、「干された」という噂が広まった。『あまちゃん』以降、能年玲奈の活躍が減った理由を考察する。

Read Article

芸能界を席巻!芸能界の歴史を彩る新旧ショートカット美人まとめ【西内まりや、広瀬すず など】

芸能界を席巻!芸能界の歴史を彩る新旧ショートカット美人まとめ【西内まりや、広瀬すず など】

長い髪をした美しい女性が多い芸能界ですが、度々ショートカット美人が登場し世間を騒がせる。アイドル、モデル、女優問わず、長い髪をいきなりバッサリと切って、それまでのクール美人から一転、活発そうで愛らしいイメージに変わる女性もいる。広瀬すずや西内まりやのショートカット姿もキレイ、カワイイと話題になった。 この記事では、芸能界のショートカット系譜を辿り、新旧のショートカット美人をまとめてみた。

Read Article

人気芸能人達の豪華3ショット写真まとめ!前田敦子から能年玲奈まで!

人気芸能人達の豪華3ショット写真まとめ!前田敦子から能年玲奈まで!

SNSの普及に伴って芸能人も公式のアカウントを持つようになった。投稿される写真は様々で、仕事からプライベート、楽屋での光景などが投稿されることが多い。特に普段見ることのできないオフショットや芸能人同士のプライベートでの交流の様子が撮った写真は度々話題になり世間を騒がせる。 この記事では過去、前田敦子や能年玲奈が投稿した豪華な3ショット写真をまとめた。

Read Article

目次 - Contents