るろうに剣心 最終章 The Beginning(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の“追憶編”と呼ばれる中編エピソードを原作とする実写映画。剣心の人斬り時代の苦悩と絶望と喪失が描かれている。2012年から始まった「実写版るろうに剣心」の最後を飾る作品。
時は幕末。維新志士の剣心は幕府要人を次々と暗殺し、最強の人斬りと称されるも、「自分の行いは本当に正義なのか」と悩み続けていた。そんな折、剣心は雪代巴という少女と出会い、彼女との交流の中で本来の己を取り戻していく。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の概要

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(るろうにけんしん さいしゅうしょう ザ ビギニング)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)の“追憶編”と呼ばれる中編エピソードを原作とする実写映画。主人公緋村剣心(ひむら けんしん)の人斬り時代の苦悩、絶望、喪失、そして再起が描かれている。
2021年6月4日に公開され、2012年から始まった実写版『るろうに剣心』の最後の作品となった。主人公剣心役の佐藤健を始め主要な役者が続投し、監督もこれまでのシリーズ同様に大友啓史が担当。興行収入は25億円を突破し、実写版『るろうに剣心』シリーズの有終の美を飾った。

時は幕末。維新志士の剣心は幕府要人を次々と暗殺し、“最強の人斬り”と称されて恐れられるようになる。しかし剣心自身は「“誰もが幸せに暮らせる新時代”のためだとしても、自分の行いは本当に正しいのか」と悩み続け、次第に自分を見失っていった。
そんな折、剣心は雪代巴(ゆきしろ ともえ)という少女と出会い、成り行きで共に暮らすこととなる。巴との交流の中で剣心は少しずつ本来の己を取り戻し、同時に彼女を掛け替えのない存在として愛しく感じるようになっていく。

しかし実は巴は幕府側の暗殺者と通じており、剣心に殺された婚約者の復讐のために彼に近づいていたのだった。共に暮らす中で巴もまた剣心を愛するようになり、愛情と復讐心の間で苦悩する。表向き若い夫婦として暮らす2人が、すがるように日々の幸せを感じる中、剣心抹殺のための計画が本格的に動き出す。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』のあらすじ・ストーリー

幕末の動乱と少年剣士

時は幕末。ペリーの浦賀来航以来、日本は西欧列強の外圧によって開国を余儀なくされ、国の舵取りを巡って大きな混乱の中にあった。断固として西欧列強と戦うべきだという者もいれば、彼らと手を結んで日本全体を強くすることこそ急務だという者もおり、そのための道筋についても多種多様な意見が存在し、「1歩間違えば国が滅びる」という恐慌の中で己の考えの正しさを証明するために異なる思想の者と殺し合う。混沌とした状況がしばらく続いた後、「自らが主導して西欧列強と渡り合う」ことを目標とする徳川幕府と、「幕府のやり方では西欧列強に抗し切れない、天皇の名の下に新しい政治機構を作る必要がある」と考える維新志士たちが対決姿勢を強めていく。

京都の山奥で伝説の古流剣術飛天御剣流(ひてんみつるぎりゅう)の稽古に明け暮れていた緋村剣心(ひむら けんしん)は、この状況に居ても立ってもいられなくなり、「飛天御剣流の剣がこの国の未来のための役に立つなら、今こそ戦うべきだ」と師に申し出る。しかし師は「お前が行ったところで利用されるだけだ」と言って剣心の訴えを却下し、幕末の混乱には一切関わるなと釘を刺す。納得できない剣心は、売り言葉に買い言葉で師と口論を重ねた末、喧嘩別れして山を下りてしまう。
当時の維新志士側の中心勢力だった長州藩に合流した剣心は、旗振り役の1人である桂小五郎にその卓越した剣技を見込まれ、「幕府側の要人暗殺」役を頼まれる。今まで人を斬ったことのなかった剣心だったが、「どれほど人を斬り、血にまみれることになろうと、その先に誰もが幸せに暮らせる新時代があるのなら」とこれを引き受け、人斬り稼業に手を染めていく。

人斬り抜刀斎の凶行

桂たちに命じられるまま、剣心は幕府側の要人を次々と斬殺。彼の存在は表向き秘匿されていたが、「とんでもなく腕の立つ剣客が維新志士側にいる」という情報はやがて知る人ぞ知るものとなり、“人斬り抜刀斎”の異名と共に幕末の志士たちの間に広まっていく。
幕府側も“人斬り抜刀斎”の打倒に執念を燃やすようになり、中でも特に熱心だったのが京都の治安を守るために活動していた新撰組だった。一番隊隊長の沖田総司(おきた そうし)や三番隊隊長の斎藤一(さいとう はじめ)は、剣心が斬り殺した死体を調べてはその正体に肉薄していく。

その剣心は、「日本の未来のため」と思って引き受けた人斬り稼業の中で、精神を擦り減らす日々を送っていた。剣心は元来優しい気質の持ち主で、誰かのために己の気持ちを殺すことはできても、人を斬る罪の意識にいつまでも耐えられるような性格ではなかったのである。「自分のしていることは本当に正しいのか、正しかったとしても許されるのか」と苦悩する剣心だったが、今さら人斬り稼業をやめることもできず、少しずつ己を見失っていく。
ある晩、いつものように幕府要人を斬るために出撃した剣心は、首尾よく標的を仕留めるものの同道していた清里明良(きよさと あきら)という若い侍に手を焼くこととなる。清里は標的とは直接的な関係の無い青年だったが、人斬り働きを見られた以上は逃がすわけにもいかず、せめて苦しませないようにと剣心は素早く彼に斬りかかる。しかし清里は「大切な人がいる、ここで死ぬわけにはいかない」と絶叫して死に物狂いで抵抗し、すさまじい執念を発揮して剣心に食い下がり、ついには彼の左頬に一筋の刀傷を刻み込む。驚きつつも清里にトドメを刺した剣心は、自分のしていることへの疑念と罪悪感を抱えながらその場を立ち去るのだった。

雪代巴との出会い

ある時、剣心は食事に出掛けた先で酔漢に絡まれていた少女を助け、その帰りに凄腕の剣士の襲撃を受ける。「抜刀斎、お命頂戴」と言って襲い来るその剣士を手練の早業で返り討ちにする剣心だったが、この現場を先刻助けた少女に目撃されてしまい、「目撃者を放ってはおけない」と気を失った彼女を長州派維新志士たちの定宿に連れ帰る。
少女は雪代巴(ゆきしろ ともえ)という名で、自分の素性については「いろいろあって国元にいられなくなり京都に出てきた」と説明する。この時代、混乱の中で家族を失う者など大して珍しいものでもなく、巴もその手合いだと思われた。剣心の世話役を務める飯塚(いいづか)という維新志士が調べた限りでは特に怪しい裏も無く、剣心が人斬り抜刀斎であることを知られた以上放置もできない。巴自身に行くあてが無かったこともあり、彼女は連れてきた責任を取って剣心が面倒を見ることとなる。

巴と共に暮らすようになってからも、剣心は人斬りとして殺戮の刃を振るい続けた。次第に巴は「どうして自分よりも年下の少年が、罪の意識に苦しみながらもその手を血に染めなければならないのか」と剣心に同情し、彼を気遣うようになっていく。
「平和のための戦いなど本当にあるのか、あなたが人を斬らなければならない理由がどこにあるのか」と自分を案じる巴に、剣心は「今はこれが必要なのだ」と人斬りを続ける意志をはっきりと伝える。一方で彼女の優しさに安らぎを覚え、巴と共に過ごす日々の中で見失いかけていた本来の自分を取り戻していった。

池田屋事件と長州派維新志士の壊滅

この頃、長州派維新志士は強大な幕府を相手に劣勢を強いられており、一発逆転を狙って「京都に火を放ち、天皇を長州藩に連れ去る」という策を進めていた。桂は「成功率は低いし、そんなことをしても世の支持は得られない。何より民の犠牲が大き過ぎる」という考えからこれに反対しており、京都の池田屋で策を主導する者たちと徹底的に議論する予定を立てていた。
これを事前に察知した新撰組は、「長州の連中の好きにはさせぬ、京都は我らが守る」と池田屋を急襲。長州派の維新志士の主だった者たちを一網打尽にする。この時桂はたまたま体調不良になって別の宿で休んでおり、文字通り九死に一生を得ていた。そうとは知らない剣心は、彼だけでも助けようと池田屋に向かい、新撰組の沖田と交戦。彼が発作を起こしたこと、敵味方の増援が駆け付けたこと、桂が無事という報せを受けて池田屋に向かう理由が無くなったことで決着をつけぬまま撤退する。

池田屋事件によって長州派の維新志士は壊滅的な打撃を受け、追っ手から逃れるために桂は一時身を隠す。剣心もまた京都を離れるよう桂から命じられ、「独り者より“若い夫婦”という立場の方が周囲の詮索を受けない」という理由から巴もこれに同行するよう頼み込まれる。
戸惑う2人だったが、剣心に他に道は無く、巴もまた明確に断る理由も他に頼る相手も持っていなかった。「あなたさえよければ私は構わない」という巴に、剣心は「形の上だけでなく、自分の本当の妻になってほしい」と告白。桂たちが用意した京都近郊の空き家で、2人は夫婦という立場で隠遁生活を送り始める。

幸せの形とその終焉

村外れで巴と夫婦として暮らし始めた剣心は、愛する者との穏やかな日常を謳歌し、生まれて始めて「幸せとはどういうものか」を知る。最初はやや遠慮のあった2人の関係は、時が流れる中でより自然で親密なものとなっていき、連絡役としてたびたび訪れる飯塚からも「本物の夫婦に見える」と指摘される。
ある日、剣心たちが暮らす家に雪代縁(ゆきしろ えにし)という少年が来訪。縁は巴の弟で、彼女に「ついに抜刀斎に罰を与える時が来た」と喜々として語る。実は巴は剣心抹殺のために暗躍する幕府側の暗殺組織「闇乃武」(やみのぶ)の協力者で、剣心に近づいたのも彼の弱みを探るためだった。

婚約者だった清里の復讐のつもりで闇乃武に協力していた巴だったが、共に暮らす中で剣心を本気で愛するようになってしまい、「このまま復讐を果たすのか、愛する人を守るのか」と葛藤。その末に「剣心を死なせるわけにはいかない」と決意し、1人で闇乃武を止めに向かう。
飯塚もまた幕府側に通じた間者であり、闇乃武の下に向かわせるために「巴は内通者だった」という真贋織り交ぜた情報で剣心を動揺させる。それでも愛する妻を救うため、今度こそ彼女の幸せを守るため、剣心は巴の後を追って深い森の中にある闇乃武の拠点へと急ぐ。

刻まれる十字傷

1人ででも闇乃武を止めようとした巴だが、その長である辰巳(たつみ)にあっさりと取り押さえられてしまう。闇乃武が巴を剣心の下に送り込んだのは、「剣心の弱点を探らせる」ためではなく、彼と巴を愛し合わせることで「巴を剣心の弱点に仕立て上げる」ためだった。その卑劣さを巴に罵られるも、辰巳は「徳川の統治を盤石なものとして維持することこそ、この国の平穏と民の幸せを守ることである」として動じない。そのまま巴は囚われ、清里の復讐が遂げられる瞬間を見届けるよう告げられる。
巴を救うために闇乃武の拠点に乗り込んだ剣心は、次々と現れる闇乃武の猛者たちを相手に苦戦を強いられていた。1人また1人とこれを撃破するも、彼らは“勝てぬ”と判断した時点で次に戦う者のため相手にダメージを負わせることを優先して立ち回り、剣心は爆薬の炸裂で一時的に視覚と聴覚を奪われる。

満身創痍の状態となった剣心だったが、なお「相打ちになってでも敵を倒して巴を救う」という気概に満ちていた。自分の下までやってきた剣心を見た辰巳は、これを「油断のならない相手だ」と判断し、一撃離脱戦法で慎重に手傷を負わせて弱らせていく。いよいよ追い詰められた剣心が、一か八かに賭けて残る全ての力を込めて斬りかかった時、戒めから脱した巴が辰巳につかみかかる。剣心だけに集中していた辰巳はこれを避けられず、振り下ろされた刃は辰巳ごと巴を切り裂き、2人に致命傷を負わせる。
2人分の手応えに困惑していた剣心だったが、やがて視覚が回復し、「守ると誓った巴を自ら斬ってしまった」ことを知る。愕然としながら彼女を抱き起すと、巴は手にしていた短刀で剣心の左頬に刀傷を刻み、そのまま息を引き取るのだった。

かくして清里に負わされた分も合わせて、剣心の左頬には十字の傷が刻まれる。長く潜伏生活を続けていた桂も動き出し、「飯塚も幕府側に通じていた」、「人斬り稼業の後継となった人物にその始末を任せた」、「今後は幕府側の暗殺から仲間を守る遊撃剣士として働いてもらう」と剣心に伝える。「ここでやめれば、自分がこれまでに斬ってきた人の命が本当に無駄になってしまう」との想いから剣心はこれを承諾するも、「新時代が来たら、人を斬らずに人を救う道を、己の犯した罪を償う術を探したい」とも打ち明ける。自分が剣心にどれだけの罪を背負わせたのかを知る桂はこれを暗に許容し、彼らは再び幕末の動乱の中に飛び込んでいく。
その後長州の維新志士たちは薩摩の維新志士と協力し、ついに徳川幕府を打倒。日本を西欧列強の圧力から守るための、新しくも強大な新政府を樹立させる。それを見届けた後に剣心は仲間たちから離れ、胸には“不殺の誓い”を、腰には人を斬れない逆刃刀を備えて贖罪のための旅に出る。それから10年後、東京を舞台に、彼の新たな物語が幕を開けるのだった。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』の登場人物・キャラクター

主要人物

緋村剣心(ひむら けんしん)/緋村抜刀斎(ひむら ばっとうさい)

演:佐藤健

伝説の古流剣術飛天御剣流の遣い手にして、長州派に属する維新志士。維新志士の中でも特に若い人物だが、剣士としては並外れた実力を持つ。
目の前で苦しんでいる者を放っておけない優しい性格。「幕末の動乱を収め、誰もが幸せに生きられる新時代を作る」ため、桂に命じられて幕府要人の暗殺を引き受け、“人斬り抜刀斎”の異名で恐れられるようになる。しかし理想のために人を斬る矛盾に苦悩し、次第に己を見失っていった。

renote.net

雪代巴(ゆきしろ ともえ)

演:有村架純

江戸出身の武家の娘。年齢は剣心より少し上。淑やかで物静かな少女で、感情を表に出すのが苦手。
京都で婚約者の清里が剣心に斬り殺されたことを知り、その復讐か心の喪失を埋めるためか自分でも分からないまま自身も京都に赴き、闇乃武の進める「剣心抹殺」の計画に加担する。間者として剣心に近づくが、共に過ごす中で彼の苦悩と生来の優しさを知り、次第に本気で愛するようになって「復讐の完遂か、このまま剣心を隣で支え続けるか」で苦悩する。

YAMAKUZIRA
YAMAKUZIRA
@YAMAKUZIRA

Related Articles関連記事

るろうに剣心(るろ剣)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心(るろ剣)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心』とは和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦っていく。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれている。

Read Article

るろうに剣心 新京都編(るろ剣OVA)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 新京都編(るろ剣OVA)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編』とは、明治政府転覆を目論む志々雄一派と、それを阻む者たちの戦いを描いたOVA作品。明治を舞台にした和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心』の1エピソードをアニメ化したもの。尺に収めるために原作の内容の多くを省略し、賛否両論の作品となった。 人斬りとして活躍した過去を悔い、贖罪の旅を続ける緋村剣心は、ある時自身の後継として人斬りを務めた志々雄真実という男が明治政府転覆を目論んで暗躍していることを知る。志々雄の野望を阻むため、剣心は仲間と共に京都へと赴く。

Read Article

るろうに剣心 追憶編(るろ剣OVA)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 追憶編(るろ剣OVA)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編』とは、幕末を舞台に一組の男女が結ばれて死別するまでを描いたOVA作品。明治を舞台にした和月伸宏の漫画『るろうに剣心』の1エピソードをアニメ化したもの。国内外から高く評価され、「映像化された時代劇の最高傑作」と絶賛されている。 幕末の動乱に身を投じた緋村剣心は、卓越した剣技を買われ人斬り稼業を続け、罪の意識に苦しむ日々を送っていた。雪代巴と出会い己を取り戻していく剣心だったが、実は巴は婚約者を殺した剣心に復讐するために彼の下へやってきた密偵だった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の必殺技まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の必殺技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の十本刀まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の十本刀まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末最強の人斬りと謳われた抜刀斎こと緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い目に映る人々を守る為に戦う。敵味方共に魅力あふれるキャラクターが登場し、物語を盛り上げる。『京都編』においては、明治政府を倒し、弱肉強食の時代を築かんとする志々雄真実と、その部下である十本刀が登場した。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の新撰組まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の新撰組まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末の動乱期に人斬り抜刀斎と恐れられた剣客・緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い戦う。本作では、実在の人物や組織も多く登場する。新選組もまた、史実の組織である。剣心と新選組は幕末では敵同士だったが、明治となってからは元新選組三番隊隊長・斎藤一と共闘することが増えた。『北海道編』では永倉新八も登場し、仲間に加わっている。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の六人の同志まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の六人の同志まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。時は明治、かつて人斬り抜刀斎の異名で怖れられた剣客・緋村剣心が、不殺(ころさず)を誓い平和の為に剣を振るう。『週刊少年ジャンプ』連載版の最終章に当たる『人誅編』では、雪代縁を始めとする抜刀斎を恨む六人の同志と交戦する。平和の為に戦ってきた剣心だが、縁らとの戦いの中で過去に数多の命を奪ったことへの贖罪に改めて直面することとなる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の御庭番衆まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の御庭番衆まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末に最強と呼ばれた人斬り抜刀斎こと緋村剣心が、不殺の信念の下に戦う物語で、明治時代を舞台に剣劇バトルが展開される。阿片の密売に加担していた女医の高荷恵を巡り、剣心は仲間たちと共に隠密御庭番衆の四乃森蒼紫とその部下たちと戦うことになる。御庭番衆の面々は、後に剣心最大の敵である志々雄真実や、剣心を仇と狙う雪代縁との戦いにも関わるのだった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の劍客兵器まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の劍客兵器まとめ

劍客兵器(けんかくへいき)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』に登場する組織で、元寇以来1000年の時を研鑽に費やした剣客集団である。 その目的は海外の侵略から日本を守ることだが、幕末の動乱には加担せず、さらにその先に起きるだろう海外勢力との衝突に備えていた。明治16年、潜伏していた北海道にて活動を開始すると、諸外国に対抗するための「猛者」とそれを育てる「地獄のごとき戦場」を求めて破壊と惨劇を繰り返す。主人公・緋村剣心とその仲間たちにも興味を示し、接触を重ねていく。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の闇乃武まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の闇乃武まとめ

闇乃武とは、和月伸宏による漫画作品『るろうに剣心』に登場する組織で、江戸幕府直属の暗殺集団である。幕末に人斬り抜刀斎と呼ばれていた緋村剣心の暗殺に乗り出すが、リーダーの辰巳を始めとするメンバーが戦死し、失敗に終わった。幕府の瓦解も相まって信頼を失った闇乃武は、明治維新後は金次第で兵を派遣する傭兵部隊となり果てた。構成員には戦闘や殺害を好む者が多いが、久保田旭のように仕方なく働かされている者もいる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の武器・兵器・防具・装備・道具まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の武器・兵器・防具・装備・道具まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)とは、人斬りとしての過去を悔いる剣士の緋村剣心が弱者を守るために剣を振るう様を描いた和月伸宏による漫画作品である。 本編には多くの武器、兵器、防具や装備、道具が登場する。不殺を誓う剣心が人を斬れない「逆刃刀」を、弱肉強食を唱える志々雄真実が刀身の燃える「無限刃」を使うように、武器や兵器、防具、装備、道具には各々の信念が垣間見える。 ここでは、『るろうに剣心』に登場する武器、兵器、防具、装備、道具を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による和風バトルアクション漫画及びそれを原作としたアニメや実写映画などのメディアミックス作品。この記事では、『るろうに剣心』のアニメで使用された歴代オープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌を紹介する。当時アニメの主題歌といえばその内容に沿って作られたものが主流だったが、本作ではアニメの内容に関係なく流行のJポップが取り入れられ、その結果多くのヒット曲を生み出した。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『るろうに剣心』とは和月伸宏によって『週刊少年ジャンプ』に連載されていた、幕末から明治にかけて活躍した剣客たちを主人公にした漫画、およびアニメ作品である。作中では主人公の緋村剣心や神谷薫たちは、「赤べこ」という料理屋で食事をしているシーンがよく登場する。また薫や高荷恵の手料理、剣心のライバル・斎藤一の好物の蕎麦、剣心の師匠・比古清十郎があおっている酒など様々な料理・飲み物が登場しているのだ。当記事では『るろうに剣心』に登場した食べ物や飲み物を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『るろうに剣心』とは和月伸宏によって描かれた、幕末から明治にかけてを舞台にした剣客漫画、およびそれらを原作としたアニメ作品だ。主人公である緋村剣心はかつて「人斬り抜刀斎」として暗躍し、幾人もの人を切り殺してきた伝説的な人物である。その後「人斬り」をやめて「不殺」の誓いを立てた剣心は、流浪の旅の途中神谷薫と知り合い、様々な事件や出来事を乗り越えて夫婦となる。作中では剣心・薫を含めて様々なカップルや夫婦が登場する。この記事では『るろうに剣心』に登場したカップルや夫婦をまとめた。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の原作・新旧アニメ・劇場版・OVA・実写版・舞台・ゲームの違い・相違点まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の原作・新旧アニメ・劇場版・OVA・実写版・舞台・ゲームの違い・相違点まとめ

人斬りだった過去を悔い、弱き人々を守る贖罪の旅を続ける剣士の活躍を描いた漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)は、様々なメディアミックスを果たした人気作品である。しかしこれらのメディアミックス作品には、媒体ごとの特徴の違いなどから原作との相違点が存在する。 オリジナル長編エピソードが作られた旧アニメ版。少年漫画風アクションが排されたOVA版。エピソードが整理された実写映画版。ここでは、『るろうに剣心』の媒体ごとの相違点を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の流派まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の流派まとめ

贖罪のため、弱き人々を守るため不殺の剣を振るう伝説の人斬り緋村剣心の活躍を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)には、チャンバラ活劇としての魅力に溢れる数々の流派が登場する。 神速の古流剣術飛天御剣流。活人剣を掲げる神谷活心流。催眠術で相手の動きを封じる二階堂平法。調査、潜入、戦闘までをこなす御庭番忍術。少年漫画的なアレンジが加えられた一刀流。破壊の極意二重の極み。ここでは、『るろうに剣心』に登場した流派を紹介する。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 相楽左之助」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 相楽左之助」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 相楽左之助」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。剣心と左之助の過去が明かされるボリューミーな内容となっている。 剣心に退治された悪党が、仕返しのために名うての喧嘩屋“斬左”こと左之助に仕事を依頼。相手が維新志士と聞いて左之助がやる気になる一方、剣心はなぜ彼が維新志士を憎むのか分からず戸惑う。秘められた過去を背負い、左之助は剣心に真っ向勝負を挑む。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。作品のテーマにも深く関わる人斬り同士の対決であり、剣心の心に苦いものを長く残す決着となったことでも知られる。 明治政府の高官の下に刃衛から斬奸状が送りつけられ、剣心はこの護衛を依頼される。やがて現れた刃衛は、剣心の正体に気付くと標的を彼に変更。剣心が世話になっている神谷道場の神谷薫を拉致し、彼の内に潜む人斬りとしての本性を暴こうとする。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 般若」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 般若」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 般若」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。般若の実力と狂気にも等しい忠誠心を描くことで、隠密御庭番衆の力を剣心と読者に知らしめるものとなった。 剣心が出会った女医の高荷恵は、悪徳商人の武田観柳に強要されて阿片作りに加担していた。囚われた恵を救うべく観柳の屋敷に乗り込んだ剣心の前に、隠密御庭番衆の般若が立ちはだかる。不可思議な伸腕の術と絶対の忠誠心を武器に、般若は剣心に襲い掛かる。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。物語序盤の勝負ではあるが、人気キャラクターである蒼紫の最初の戦いとして高い知名度を誇る。 江戸城の守備を担っていた隠密御庭番衆は、維新の成立と共に戦うことなく敗者となる。その長である蒼紫は、部下たちと共に自分たちに見合う戦場を探し続けていた。伝説の人斬り緋村剣心と戦う機会を得た蒼紫は、我らこそ幕末最強との証明のため死力を尽くす。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 最終章 The Final』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の長編エピソード「人誅編」を原作とする実写映画。伝説の人斬り緋村剣心と、姉の仇として彼を狙う復讐鬼の壮絶な戦いを描く。人気キャラクターの瀬田宗次郎がサプライズ出演したことで話題となった。 強敵との戦いを終えて、未来を見守り始めた剣心の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心が誤って斬殺したかつての妻の弟で、姉の復讐のために東京を火の海に沈め、剣心を追い詰めていく。

Read Article

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 伝説の最期編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた「京都編」の後半を、オリジナルの展開を交えて映画化したもの。前作と合わせて100億近い興行収入を達成する大ヒットとなった。 明治政府打倒を目論む志々雄真実を倒すため、奥義を修得する緋村剣心。その志々雄は明治政府を脅し、剣心を処刑させることを画策。剣心は否応なく人斬りとして犯してきた罪との対峙を迫られる。

Read Article

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心 京都大火編(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心 京都大火編』(るろうにけんしん きょうとたいかへん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。国家転覆を目論む武装組織との戦いを描いた長編エピソード「京都編」の前半を映画化したもの。人気悪役の志々雄真実を実力派の藤原竜也が演じることで話題となった。 伝説の人斬り緋村剣心が新たな道を踏み出した頃、京都では凄腕の剣客にして野心家の志々雄真実が明治政府打倒のために活動を開始していた。剣心と仲間たちは、志々雄の打倒を目指してそれぞれに動き出す。

Read Article

るろうに剣心(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『るろうに剣心』(るろうにけんしん)とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を原作とする実写映画。人斬りとして刃を振るった過去を悔いる剣士が、明治という時代の中で弱者を守るために戦う様を描いている。原作の派手なアクションを可能な限り再現しており、漫画原作映画の中でも傑作の1つとされている。 伝説の人斬り緋村剣心は、維新の成立と共に仲間たちの前から姿を消し、贖罪の旅を続けていた。ある時彼は神谷薫という少女と出会い、彼女の道場が“偽者の緋村剣心”に苦しめられていることを知る。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

億男(小説・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『億男』とは、映画プロデューサーで小説家の川村元気による長編小説・およびそれを基にした映画作品である。主人公の大倉一男は借金返済のために昼夜問わず働いて必死にお金を稼いでいた。そんなある日、偶然手に入れた宝くじが当選し、一男は3億円を手にする。突然大金を所持したことに不安を抱え、旧友である古河九十九に相談。しかし彼は3億円と共に失踪してしまう。一男は九十九を探す過程で様々な大金持ちと出会い、お金の価値を学んでいく。

Read Article

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『バクマン。』とは、大場つぐみと小畑健による漫画を原作とするアニメ作品。 2010年よりNHK教育テレビにて第1シリーズ~第3シリーズ、全75話が放送された。 高い画力を持つ『真城最高』と文才と発想に長けた秀才の『高木秋人』を主人公とし、二人の少年がコンビを組んで漫画家を目指していく道のりを描いた作品である。 多くの漫画関係の固有名詞が実名で使用されるなど、リアル志向な作品。

Read Article

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バクマン。(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『DEATH NOTE』のコンビ、原作・大場つぐみ、作画・小畑健によって、2008年から2012年まで「週刊少年ジャンプ」に連載された大ヒットコミックの実写映画化作品。監督は大根仁、音楽はサカナクションが担当。漫画家を志す二人の高校生、作画担当の最高(佐藤健)と原作担当の秋人(神木隆之介)がコンビを結成し、週刊少年ジャンプ連載の頂点を目指して悪戦苦闘する日々を描く。2015年10月東宝系公開。

Read Article

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

どうする家康(大河ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『どうする家康』とは、2023年に放送されたNHK大河ドラマ第62作。脚本家の古沢良太が新たな視点で主人公の徳川家康の生涯を描く。室町時代後期から江戸時代の日本が舞台。両親と離れ離れになり、駿河国大名・今川義元の人質として孤独な人生を送るものだと思っていた少年はやがて弱小国の主となる。様々な選択をしながら戦いのない世界を目指し、乱世に飛び込んでいく物語である

Read Article

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

バクマン。に登場する物語・作中作・劇中劇・連載まとめ

『バクマン。』とは、原作・大場つぐみと作画・小畑健による少年漫画作品。2010年にNHK教育テレビにてアニメ化された。 絵の才能を持つサイコーこと真城最高(ましろ もりたか)と、文章に長けた秀才のシュージンこと高木秋人(たかぎ あきと)がコンビを組み、『週刊少年ジャンプ』で売れっ子の漫画家になるべく研鑽するサクセスストーリーだ。 作中では主人公たちが描く漫画の他に、多くのライバル、仲間たちが作り出す多種多様な漫画が登場する。

Read Article

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

バクマン。の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バクマン。(Bakuman.)』は週刊少年ジャンプで2008年から2012年まで連載していた漫画作品である。ジャンプで連載マンガ家を目指す中学3年生の真城最高と高木秋人は、ヒロインの亜豆美保と真城の「描いたマンガがアニメになり亜豆がそのヒロインの声優をやる」との約束をお互いの夢として努力を続ける。夢・友情・青春に関する数多くの名言が連載終了後も作品の魅力として語られ続けている。

Read Article

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

新宿スワン(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『新宿スワン』はアンダーグラウンド系の日本の漫画である。作者は和久井健。講談社『週刊ヤングマガジン』で、2005年20号から2013年45号まで連載された。スカウトマンをテーマにした物語で、和久井にとって連載のデビュー作品となった。主人公は19歳の白鳥龍彦、通称タツヒコ。ライバルの死や暴力団がからむ違法薬物の取引、そして信頼していた仲間の裏切り、そして、タツヒコの知らないところで大きな復讐の計画が動き出していた。数々のトラブルに見舞われながらも逃げずに立ち向かうタツヒコの成長する姿を描く。

Read Article

嘘喰い(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

嘘喰い(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『嘘喰い』とは、2006年から2018年までに迫稔雄が『週刊ヤングジャンプ』にて連載していた漫画及びそれを題材としたアニメ、映画作品である。相手のイカサマ(嘘)を利用し勝利する様から「噓喰い」の2つ名を冠する天才ギャンブラー・斑目貘が、智力と暴力の入り乱れる命懸けのギャンブルに挑む姿を描く。ギャンブルシーンの高度な駆け引きと読み合いの最中に行われるキャラクター同士の激しい格闘も人気を博しており、ギャンブル漫画としてもアクション漫画としても読み応えのある非常に重厚な内容の漫画である。

Read Article

目次 - Contents