キングコング:髑髏島の巨神(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングコング:髑髏島の巨神』とは、2017年に公開されたアメリカの怪獣映画。アメリカを代表する怪獣キングコングを題材とした作品としては8作目で、アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の2作目の作品である。監督はジョーダン・ヴォート=ロバーツ、主演はトム・ヒドルストン。キャッチコピーは「この島で、人類は最弱」。全世界で5.6億ドルもの興行収入を記録した。
1973年、特務研究機関MONARCHは未開の「髑髏島」の調査を敢行。そこは巨大な怪生物と島の王コングが徘徊する脅威の場所だった。

『キングコング:髑髏島の巨神』の概要

『キングコング:髑髏島の巨神』とは、2017年に公開されたアメリカの怪獣映画。監督はジョーダン・ヴォート=ロバーツ、主演はトム・ヒドルストン。キャッチコピーは「この島で、人類は最弱」。
アメリカを代表する怪獣キングコングを題材とした作品としては8作目にあたり、アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の2作目の作品でもある。本作に登場する主役怪獣のコングは、その後も同じ個体が『モンスターバース』の続編作品に登場し、ゴジラに殺されかけたり同族から襲撃されたりと散々な目に遭いながら活躍を続けている。

監督のロバーツは「日本の漫画・アニメ・ゲームは自分のDNAになっている」と公言するほどの日本好きで、本作のビジュアルやモンスターの設定にもその影響が多分に表れている。
映画評論家からは「怪獣映画としての迫力と人間ドラマの双方が過不足なく描かれた傑作」と評価する声が多く、全世界で5.6億ドルもの興行収入を記録した。この映画と『GODZILLA ゴジラ』の興行的成功が、『モンスターバース』のシリーズ化を決定づけるものとなった。

renote.net

renote.net

renote.net

太平洋上にある髑髏島(どくろとう)は、常に暴風雨に覆われた前人未到の島だった。1973年、特務研究機関MONARCH(モナーク)はこの地の調査を敢行。そこで調査隊が見たのは、島を闊歩する巨大な怪生物たちと、その王として君臨する超大型類人猿コングの姿だった。
怪生物たちに襲われて何人もの仲間が命を落とす中、一行は脱出を目指して大冒険を繰り広げる。一方、コングによって部下を失った軍人たちは、人類に匹敵する知性を持つコングを倒そうと別行動を取り始めていた。

『キングコング:髑髏島の巨神』のあらすじ・ストーリー

兵士たちが見た巨神

髑髏島を進むコンラッド(左)とメイソン(右)。

太平洋上にある髑髏島(どくろとう)は、常に暴風雨に覆われた前人未到の島だった。1944年、太平洋戦争の最中にここにアメリカと日本の戦闘機が不時着。それぞれに乗っていた米兵のハンク・マーロウと日本兵のグンペイ・イカリは、「敵国の兵士と出会った」となおも殺し合う中、全長数十mの巨大な類人猿と遭遇する。
この大型類人猿こそはコングと呼ばれる髑髏島の王であり、そのコングに見劣りしない巨大な怪生物が闊歩するのがこの地のごく普通の後継だった。震えあがったハンクとグンペイは「殺し合っている場合ではない」と和解を果たし、なんとか島からの脱出を目指していった。

髑髏島調査隊の派遣

1973年。アメリカがベトナムからの撤退を決定した頃に、アメリカの特務研究機関MONARCH(モナーク)は髑髏島の調査を計画する。衛星写真で初めてこの島の存在が明らかになり、誰よりも先に調査に入って島の所有権を主張したいというのが理由だった。調査隊の代表であるウィリアム・ビル・ランダにとっては、自身が提唱する「地球空洞説」を実証するためのまたとないチャンスでもあった。
元イギリス特殊空挺部隊の大尉ジェームズ・コンラッド、戦場カメラマンのメイソン・ウィーバー、米国陸軍第三強襲ヘリコプター部隊「スカイデビルズ」の隊長であるプレストン・パッカードといった有能な人材を集めたMONARCHは、スカイデビルズのヘリコプターで意気揚々と髑髏島に乗り込む。

しかし、調査の名目で投下したサイズミック爆弾により島の自然が破壊されるのを見たコングが激怒し、突如として一行に襲い掛かる。スカイデビルズのヘリコプター部隊は全滅し、一行は島の外に脱出するための手段を失う。
調査隊が帰投しない場合、島北部に増援のヘリコプターがやってくる手筈になっており、コンラッドたちはコングやそれに匹敵する巨大生物が闊歩する髑髏島を徒歩で踏破しながら増援部隊との合流地点まで移動しなければならなくなる。一行が「生き残るためにはやるしかない」と絶望的な気分で団結する中、部下を殺されたパッカードは「あの化け物を必ず殺してやる」とコングへの憎悪に身を焦がしていた。

島で暮らす人々

巨大生物に次々と襲われ、何人もの脱落者を出しながら島北部を目指す中、一行は島の中で数十年もの時を過ごしたハンクと遭遇する。グンペイと2人で脱出を目指していたハンクだが、その夢が叶う前に彼はスカル・クローラーと呼ばれる巨大生物に食い殺されてしまっていた。ハンクから「島を出るつもりなら案内する、自分も連れて行ってくれ」と懇願された一行は、「この先に進むなら案内が必要だ」との理由もあり、彼を仲間に加える。
コンラッドたちが徒歩で島の北部を目指していることを知ったハンクは、「危険過ぎるし間に合わない」として、自分とグンペイの2人で作り上げた手製のボートを提供する。このボートは島で暮らすイーウィス族という部族の村の近くにあり、一行はハンクの紹介で彼らから独特の歓待を受ける。

ハンクのボートは不時着した飛行機を解体して作り上げたもので、まだ完成していない状態だった。コンラッドたちがこの作業を進める中、メイソンは村の近くでがれきの下敷きになっていた巨大生物をコングが助ける様を目撃。「コングはただの怪物ではなく、この島の王にして守護神であり、高度な知性を持っている」との事実を知る。
ボートを完成させるコンラッドたちだったが、ここでパッカードが「はぐれた部下を回収してから合流地点に向かうべきだ」と主張。この意見に押し切られる形で、一行はいったん島の西部を目指すこととなる。

脱出と帰国と新たなる冒険

島の西部を探索する中、一行はスカル・クローラーの襲撃を受ける。ランダもこの時に命を落とし、もはや調査隊は壊滅状態となった。パッカードが探していた部下もスカル・クローラーに食い殺されていたことが明らかとなり、コンラッドたちはこれ以上犠牲が出る前に合流地点に向かうべきだと考える。
しかしパッカードは「この島の怪物たちに人間の力を見せてやる」と言い張り、自身に賛同した者たちと共にコンラッドたちとは別行動を取る。パッカードが島の王であるコングを殺すつもりだと気づいたコンラッドは、島の生態系を守るためにも、コングを神と崇めるイーウィス族のためにもそんなことをさせるわけにはいかないと考え、パッカードの暴挙の阻止に乗り出す。

パッカードの用意した戦場仕込みの罠にコングは追い詰められ、体の動きを封じられた上で爆弾を仕掛けられる。しかしここにコンラッドが駆け付け、「部外者である我々に島の秩序を破壊する権利は無い」と主張してコングを解放する。パッカードはなおもコングの抹殺に執念を燃やすが、自由を得たコングの反撃によって絶命する。
合流地点へと到達したコンラッドたちは、やってきたヘリコプターに乗って髑髏島を脱出。ハンクは30年近くの時を経て故郷に戻り、念願のメジャーリーグの試合を見て“帰ってきた”実感にむせび泣く。一方、コンラッドとメイソンはMONARCHから接触を受け、髑髏島以外の場所で確認された巨大生物の資料を見せられる。恐竜のような怪物、謎の怪鳥、巨大な蛾、そして3つ首の竜らしきものを描いた古い壁画の写真を目の当たりにしたコンラッドとメイソンは、自分たちの冒険がまだ続くだろうことを理解して苦笑するのだった。

『キングコング:髑髏島の巨神』の登場人物・キャラクター

ジェームズ・コンラッド(演:トム・ヒドルストン)

日本語吹き替え:GACKT

元イギリス特殊空挺隊の大尉。アメリカ側の傭兵としてベトナム戦争に参加し、終戦のタイミングでその経歴と実力を見込まれて髑髏島の探索に参加する。

メイソン・ウィーバー(演:ブリー・ラーソン)

日本語吹き替え:佐々木希

ベトナムで活動していた戦場カメラマン。髑髏島の探索にも参加し、コングがただの怪物ではなく高度な知性を持つことに最初に気づく。

ウィリアム・ビル・ランダ(演:ジョン・グッドマン)

BOTAnNABE
BOTAnNABE
@BOTAnNABE

Related Articles関連記事

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたディズニー配給・マーベル製作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編である。本作は、宇宙最大のパワーを持つ6つの石”インフィニティ・ストーン”を集めたサノスがアベンジャーズのメンバーを含む、全宇宙の生命の半分を消滅させたところから始まる。人類を守るため、”キャプテン・アメリカ”や”アイアンマン”を筆頭に最強ヒーローたちが再び立ち上がり、史上最凶最悪の敵・サノスに逆襲(アベンジ)する。

Read Article

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

キャプテン・マーベル(MCU)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャプテン・マーベル』とは、アメリカ合衆国で2019年3月に公開されたスーパーヒーロー映画である。MCUシリーズとしては第21作品目。記憶を失った主人公ヴァースは、惑星ハラで暮らすエリート女性戦闘員である。任務の途中で訪れた1990年代の地球・アメリカでアベンジャーズ結成前のニック・フューリーと出会ったヴァースは、彼と行動を共にするうちに失った真実の記憶を取り戻し、自らの使命に気づくことになる。

Read Article

コーチ・カーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コーチ・カーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コーチ・カータ』とは、弱小高校バスケ部が、スパルタコーチであるカーターの指導によって成長し、活躍する姿を描いた青春映画。落ちこぼれの集まりであるリッチモンド高校バスケ部に、OBであるケン・カーターが新コーチとして赴任してくる。カーターは、バスケの技術を教えるより先に、まず選手たちと契約を交わす。契約を守らない者は試合に出さないというカーターに対し選手たちは反発するが、徐々にカーターの真意を理解し耳を傾け、相互に信頼しあうようになる。

Read Article

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』とは、2019年に公開されたアメリカの怪獣映画。監督はマイケル・ドハティで、主演はカイル・チャンドラー。2014年公開の『GODZILLA ゴジラ』の続編でキャッチコピーは「王の覚醒」。アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の3作目の作品であり、日本の人気怪獣が多数登場する内容で話題となった。 テロリストの手で強大な怪獣キングギドラが復活し、呼応して世界中に怪獣が出現。地球環境を守るため、怪獣王ゴジラは人類を蹴散らしつつこれに立ち向かう。

Read Article

GODZILLA ゴジラ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

GODZILLA ゴジラ(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『GODZILLA ゴジラ』とは、2014年に公開されたアメリカの怪獣映画。日本を代表する特撮である『ゴジラシリーズ』に、ハリウッドが本気で取り組んだ意欲作である。監督はギャレス・エドワーズで、キャッチコピーは「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」。興行収入5億ドルを超える大ヒットを記録し、アメリカ版怪獣映画シリーズ『モンスターバース』の最初の作品ともなった。略称は「ギャレゴジ」。 日本で巨大生物ムートーが復活。これを追うように怪獣たちの王ゴジラも活動を開始し、両者の戦いに人類は翻弄される。

Read Article

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジュラシック・パーク』とは、1993年に公開されたSF映画である。スリラー、ホラー、パニック、アクション、ドラマなど様々な要素で構成されている。マイケル・クライトンによる同名小説を原作としており、監督はスティーヴン・スピルバーグ。後に続編が公開されるジュラシック・パークシリーズの第1作。 バイオテクノロジーにより作られた恐竜が暴走し、恐竜に追われる恐怖と、仲間を守ろうとする主人公達の絆を描いており、生命や科学技術に関する倫理観が問われている。

Read Article

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングスマン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

マーク・ミラー原作のコミックを「キック・アス」に続きマシュー・ボーンが監督した、常識破りの超過激ノンストップ・スパイアクション。亡き父の後を継いでスパイ組織「キングスマン」の一員としてスパイとなる道を選んだ青年が、ブリティッシュスーツを華麗に着こなし、最強の敵相手に奮闘する姿を描く。「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したコリン・ファースが激しいアクションに挑戦。2015年公開のイギリス映画。

Read Article

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パルプ・フィクション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『パルプ・フィクション』とは、クエンティン・タランティーノ監督による1994年公開のクライム映画である。主演はジョン・トラボルタ、共演はサミュエル・L・ジャクソン、ユマ・サーマン等。アカデミー賞脚本賞とカンヌ映画祭パルムドール賞を受賞した。ギャングであるヴィンセントと相棒ジュールズは、ボスからの命令でスーツケースを取り返すべく、アパートに潜入する。3つの異なる犯罪エピソードから構成されており、ストーリーの時系列と映画の時系列が異なる構成が話題を呼んだ。バイオレンスと乾いた笑いに満ちた傑作群像劇。

Read Article

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。 あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

Read Article

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シカゴ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シカゴ』とは、監督ロブ・マーシャルメインキャストにレニー・ゼルウィガー、リチャード・ギア、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの3人を起用したミュージカル映画。 1920年代、ショービジネスと犯罪の町シカゴを舞台に、スターを夢見る主人公が、殺人を起こし刑務所に収容されながらもスターへの道を上る様子を描いている。 キャッチコピーは「この街では、銃弾一発で有名になれる」 近年のアメリカ映画において、ミュージカル映画はヒットしないと言われていたが、そのジンクスを覆した作品ともいわれている。

Read Article

ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第4作目。仲間と石油強盗をしながら生計を立てるドミニク・トレットは警察に追われていた。警察から守る為に仲間の元を去ったが、恋人のレティ・オルティスが殺されたことを知る。友人であるブライアン・オコナーたちと協力し犯人であるアウトゥーロ・ブラガへの復讐を果たす。カーチェイスアクションも多く、スリル満点だが、その中でも友情や恋人への愛などを感じる映画となっている。

Read Article

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(MCU版)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。マーベル・コミック『スパイダーマン』の実写映画化作品としては7作目、再リブートシリーズとしては2作目、また、マーベル・コミックの実写映画で、世界観を共有するクロスオーバー作品として扱われたMCUシリーズとしては23作目の映画となる。高校の夏休みにクラスメイト達とヨーロッパ旅行へでかけた主人公のピーター・パーカーは旅先でスパイダーマンとしての任務が与えられ、再び戦いに出ることになる。

Read Article

ルーム(Room)のネタバレ解説・考察まとめ

ルーム(Room)のネタバレ解説・考察まとめ

2015年に公開されたレニー・エイブラハムソン監督のヒューマンドラマ。17歳の時に誘拐され7年間監禁され続けた女性ジョイと、監禁された“部屋”でジョイが産んだ息子ジャックが、決死の覚悟で“部屋”から脱出する様と、その後に待ち受ける数々の困難を乗り越えていく姿を描く。本作でアカデミー主演女優賞を獲得したブリー・ラーソンと、天才子役と評されたジェイコブ・トレンブレイの、魂の演技が光る。

Read Article

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンブレイカブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンブレイカブル』とは、2000年製作のアメリカ映画。日本公開は2001年の6月。大ヒットとなった「シックス・センス」の次にM・ナイト・シャマランが手掛けた作品。脚本もシャマラン自身が担当した。凄惨な列車事故に遭いながら、ただ一人かすり傷ひとつ負わずに生き残った男が辿る数奇な運命を描く。主演は「シックス・センス」に続きブルース・ウィリス。共演はサミュエル・L・ジャクソン、ロビン・ライト・ペン。

Read Article

ナイトクローラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイトクローラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイトクローラー』とは、刺激的な映像を求めて夜のロサンゼルスを駆けめぐる報道パパラッチの姿を通し、視聴率至上主義のテレビ業界の裏側を浮き彫りにしたサスペンススリラー。軽犯罪で日銭を稼ぐルイスは、報道スクープ専門の映像パパラッチの存在を知り、自分もやってみようと思い立つ。「ボーン・レガシー」などの脚本家として知られるダン・ギルロイがメガホンをとり、長編監督デビューを果たした。

Read Article

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

ディープ・ブルー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ディープ・ブルー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ディープ・ブルー』(原題:Deep Blue Sea)とは、1999年にアメリカで公開されたパニックアクション映画。監督はアクション映画を得意とすることで有名なレニー・ハーリン。興行収入は1.6億ドル。物語の主人公スーザンは、アオザメの脳を素材とするアルツハイマー病治療薬の開発を海洋上の研究施設アクアティカで行っていた。遺伝子操作を行った影響で脳が発達し賢くなった巨大ザメは、自らの考えを持つようになり、外界へ出て自由になるという目的のため、研究者や関係者たちを次々に襲撃する。

Read Article

レプリカズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レプリカズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レプリカズ』とは、2018年にアメリカで製作されたSFスリラー映画である。『トランスフォーマー』シリーズのロレンツォ・ディ・ボナベンチュラら製作スタッフが集結し、洗練されたタッチで近未来の世界を演出した。主演のキアヌ・リーブスは主人公の天才科学者を熱演するだけでなく、製作にも名を連ねている。不慮の事故で家族を失った科学者ウィリアムが、自身が研究する神経科学を用いて家族を取り戻そうと奔走する姿を描く。近未来の科学技術を描くSF要素と、家族愛がテーマとなった重厚な作品である。

Read Article

コヨーテ・アグリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コヨーテ・アグリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コヨーテ・アグリー』とは2000年にアメリカで公開された青春映画である。シンガソングライターになるという夢を叶えるためニューヨークにやってきたヴァイオレットは、生活のため「コヨーテ・アグリー」というクラブで働くこととなる。何もかもが規格外で刺激的なその店で、ヴァイオレットは思いがけない自分を発見する。そしてシンガソングライターという夢を応援してくれる青年オドネルとの出会いと恋と別れ。未知の世界に飛び込んだ田舎娘ヴァイオレットの葛藤と成長、挫折と成功を描くハートフルサクセスストーリーだ。

Read Article

ロブスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロブスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロブスター』とは、ギリシャのヨルゴス・ランティモスが監督した近未来SF恋愛映画である。2015年公開され、第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。国家が市民にルールを押しつけ、市民はそれに従っている。独身であることが罪というルールがある世界。“独身者”は、郊外のホテルに連れていかれ、45日以内にパートナーを見つけないと、自分が希望する動物に変えられてしまう。主人公デヴィッドが希望した動物は「ロブスター」だった。全体的にユーモアが散りばめられており、コメディ映画でもある。R15+作品。

Read Article

ジャンゴ 繋がれざる者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジャンゴ 繋がれざる者(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャンゴ 繋がれざる者』とは、2012年のアメリカのリビジョニスト西部劇。ドイツ人賞金稼ぎキング・シュルツに助けられた黒人奴隷ジャンゴ・フリーマンが生き別れた妻ブルーム・ヒルダをを取り戻す物語。監督・脚本はクエンティン・タランティーノ、出演はジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオ、サミュエル・L・ジャクソン。アカデミー賞では5部門ノミネートされ、脚本賞と助演男優賞を受賞。興行成績も、タランティーノは前作の『イングロリアス・バスターズ』を超えて大ヒットを記録した。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

ロキ役でおなじみ!トム・ヒドルストンのクリスマスソング歌唱動画を紹介

ロキ役でおなじみ!トム・ヒドルストンのクリスマスソング歌唱動画を紹介

『マイティ・ソー』や『アベンジャーズ』シリーズのロキ役で人気を博した俳優トム・ヒドルストン。ここでは彼が友人であるカントリー歌手ロドニー・クロウェルとクリスマスソングを熱唱し、ネットで注目を集めた動画を紹介。過去にネットにアップされた歌唱動画やタップダンスを踊る姿など、ファン必見の動画もまとめました。

Read Article

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こしてきた『アベンジャーズ』シリーズ。2019年、遂にヒーローたちの物語の終幕となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されました。ここではロバート・ダウニー・Jr.やスカーレット・ヨハンソンをはじめとする、同作品に出演した超豪華キャストの集合写真などを集めました。撮影の舞台裏や貴重なオフショットを紹介していきます。

Read Article

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

世界中の人々を熱狂させたMCU作品。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、インフィニティ・ストーンと呼ばれる石が宇宙最大の力を持つものだと判明。ここでは6種類ある石の名前や力、登場した作品などを画像を交えながら解説。それぞれの石の行方や「アベンジャーズ/エンドゲーム」への繋がりも紹介していきます。

Read Article

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

【映画紹介】タランティーノの真骨頂!『パルプ・フィクション』の色褪せない名シーン3選

クエンティン・タランティーノといえば、ずばり『パルプ・フィクション』ですよね!1994年に公開され、気付けば21年も経ってしまいましたが、何回観ても、何年経っても色褪せない面白さ&スタイリッシュさ。賛否両論ある作品ではありますが、改めて本作の魅力を名シーンと共に振り返りたいと思います。

Read Article

唐突なダンスシーンが印象的な映画8選!パルプ・フィクションやナポレオン・ダイナマイト(バス男)といった名作ばかり!

唐突なダンスシーンが印象的な映画8選!パルプ・フィクションやナポレオン・ダイナマイト(バス男)といった名作ばかり!

ここではミュージカル映画ではないのに突然始まるダンスシーンが印象的な映画をまとめた。クエンティン・タランティーノ監督による『パルプ・フィクション』、『バス男』という日本語題が物議をかもした『ナポレオン・ダイナマイト』など、名作ばかりだ。

Read Article

スター・ウォーズのあの子も激変!海外映画に出演した子役のビフォーアフター画像まとめ

スター・ウォーズのあの子も激変!海外映画に出演した子役のビフォーアフター画像まとめ

映画を彩るキャスト陣には子役も欠かせません。可愛らしかったり大人顔負けの演技力で見る人を驚かせたりした子役たちのその後が気になる人も多いのではないでしょうか。今回は名作映画に出演した海外子役たちのビフォーアフター比較クイズを作ってみました!主演級の有名どころから脇役まで集めてみました。

Read Article

目次 - Contents