バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

『バンブルビー』の概要

『バンブルビー』とは、大人気映画『トランスフォーマー』シリーズの第1作目、『トランスフォーマー』より20年前の1987年のカリフォルニアを舞台に繰り広げる、バンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品だ。
金属生命体『トランスフォーマー』たちが住む惑星サイバトロンで、正義のトランスフォーマー”オートボット”と悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”の2つの勢力に分かれて、金属に生命をもたらす”オールスパーク”を巡って戦っていた。

オートボットは、長引く戦いで荒廃した惑星サイバトロン復興のためにオールスパークを求め、ディセプティコンはオールスパークの力を悪用して、他の惑星の機械を操って支配しようとするためにオールスパークを求めた。
だが、数で勝るディセプティコンに追い詰められ、オートボットは劣勢に立たされてしまう。

そんな劣勢に立たされたオートボットの勢力を立て直すため、リーダーのオプティマス・プライムは、仲間であるB-127に勢力を立て直す拠点として地球を守るように命じる。
B-127は米軍が訓練している森に落下し、不審に思われた米軍に追われ、坑道の入り口まで追い詰められた時、自分を追ってきたディセプティコンの兵士「ブリッツウィング」の襲撃を受けてしまう。

ブリッツウィングと激闘の末、B-127は音声機能を失ってしまったが、戦闘機にトランスフォーム(変身)したブリッツウィングのミサイルを使って撃破することが出来た。
ボロボロのB-127は気力を振り絞って近くの川辺のキャンプ場まで逃げ、意識が朦朧する中、キャンプ場に停めてあったビートルをスキャンして活動停止する。

それからしばらく経ち、18歳の誕生日に車が欲しかったチャーリーは、ボートの修理工場の廃品置き場にあった黄色のフォルクスワーゲン・ビートルを見つける。
これは、人間の少女・チャーリーと金属生命体・B-127(のちにバンブルビーと名付けられる)の間に芽生えた、絆の物語。

そして、『トランスフォーマー』のはじまりを描いた物語だ。

『バンブルビー』のあらすじ・ストーリー

バンブルビーとの出会い

バンブルビーに驚くチャーリーと、それよりさらに驚いて何かに怯えるバンブルビー

金属生命体「トランスフォーマー」たちが住む惑星サイバトロンでは、
他の惑星を支配しようとする悪のトランスフォーマー“ディセプティコン”と、正義のトランスフォーマー“オートボット”が戦いを繰り広げていた。
しかし、数で勝るディセプティコンたちによって、オートボットたちは劣勢に立たされていた。

オートボットのリーダー「オプティマス・プライム」は、自軍の隠れ家として地球を選ぶ。
オプティマス・プライムは、仲間の黄色のオートボット「B-127」に、地球へ向かいオートボットの勢力を立て直すための拠点である地球を守ってくれと命じる。

B-127は他のオートボットたちと共に地球へ向かう。地球へやって来たB-127は、米軍のジャック・バーンズ率いる「セクター7(エイリアンの存在を調査する秘密機関)」特殊部隊が軍事演習中の森の中へ落下してしまう。
B-127の墜落の衝撃で負傷した仲間を案じていたバーンズは、B-127の姿を見て呆然とする。バーンズは援軍を呼び、逃げたB-127の追跡を命じる。

援軍の戦車に同乗したバーンズはB-127を追い詰める。
バーンズたちに武器を向けられるも、B-127はバーンズたちに対する敵意はなく戦うことは望んでいないことを訴える。

しかし、そこへB-127を追って来たディセプティコンの兵士が現れる。
B-127は戦いの中、仲間の居場所を尋問されるが口を割ることはなかった。敵を激怒させたB-127は自身の音声機能を破壊されてしまう。だが、一瞬の隙をついて反撃に転じ辛くも勝利する。

B-127はメモリー・コアに致命的な損傷を負い意識が朦朧とする中、近くの川辺のキャンプ場まで逃げるのだった。
B-127は、キャンプ場に停めてあった黄色のフォルクスワーゲン・ビートルをスキャン後シャットダウンしてしまう。
B-127とブリッツウィングの戦いに巻き込まれた米軍の部隊はバーンズを除き全滅。

一方、サンフランシスコ郊外にある海沿いの町“ブライトン・フォールズ”に住む少女「チャーリー・ワトソン」は、自分の18歳の誕生日に車を買うためアルバイトをしていた。
チャーリーは最愛の父親を亡くしてから、プライベートも家族ともうまくいかず毎日鬱屈とした日々を送っていた。
そんな日々の中で、唯一癒しを得られるのは、亡き父親が遺した車のコルベットを修理することだった。

チャーリーはいつものように知り合いのハンクの車工場に出入りし、コルベットの修理に使う部品を探していた。そこで埃まみれの廃車寸前の黄色のフォルクスワーゲン・ビートルを見つける。
チャーリーがビートルのエンジンをかけると起動したB-127は、仲間へ通信を出した。

その通信を受け取った仲間のクリフジャンパーは、ディセプティコンの兵士「シャッター」と「ドロップキック」に、オプティマス・プライムの情報を吐けと尋問を受けていた。
B-127からの通信をシャッターたちに聞かれ、B-127が地球にいると知られてしまう。
シャッターたちはクリフジャンパーを真っ二つに両断し地球へと向かった。

18歳の誕生日を迎えたチャーリーは、ハンクから誕生日プレゼントとして、黄色のビートルを貰うことが出来た。
ビートルはなんとかエンジンがかかり、チャーリーは嬉しそうに自宅へ帰りガレージで修理しようと車体の下へ潜り込む。

すると、車体の下にはB-127の顔があり、懐中電灯の光で目覚めたB-127は車からロボットへ変形していく。
その姿に驚くチャーリーだったが、自分よりも驚いて何かに怯えているB-127の姿を見て、恐る恐る近寄って話しかけるのだった。

B-127は音声機能を失い喋ることが出来ず、その上メモリー・コアが損傷したことによって記憶も失ってしまっていた。
そんなB-127にチャーリーは、ブンブンと機械音がする事とボディの色から「バンブルビー(黄色い蜂)」と新しい名前を付けた。

敵の襲来とチャーリーの過去

バンブルビーを追ってきたシャッターとドロップキックは、自分たちの襲来に気づいて待ち伏せていたバーンズ率いるセクター7と対峙していた。
シャッターはバーンズと科学者のパウエル博士に取引を持ち掛けた。

「自分たちの敵であるバンブルビーが地球に潜伏しているから、人工衛星を使って捜索したい。拒否するなら惑星サイバトロンと同様に、地球でも戦争が起きてしまうだろう」
これを前向きに検討すると答えたパウエル博士は、セクター7の長官・ウォーレン将軍の許しが出るまでは、自分たちに従ってもらうと条件を出す。承諾したシャッターたちとセクター7は手を組むこととなる。

それを知るはずもないバンブルビーとチャーリーは音声機能を修理しようとしていた。
バンブルビーの記憶メモリーにあったオプティマス・プライムからのメッセージが再生され、「戦争は激化している。地球へ行って生き延びろ」というメッセージを聞いたバンブルビーは、自分がなぜ地球へ来たのか自分は何者かを思い出す。

このメッセージを聞いたチャーリーは、家のガレージへ戻りバンブルビーにコルベットのカーラジオを付け替えて、何とか会話できるようにしようとする。
カーラジオを取り付けるとバンブルビーはチャーリーが選ぶ音楽ではなく、チャーリーの亡き父親の形見であるレコードに興味を抱く。
そのレコードをかけながら、チャーリーは最愛の父にお別れを言えなかったことをバンブルビーに涙ながらに打ち明ける。バンブルビーは、チャーリーをそっと抱きしめて慰めるのだった。

パウエル博士はシャッターたちに協力することで最新の科学技術を得ようと訴えた。対してバーンズは危険が大きいと反対する。
ウォーレン将軍は、パウエル博士の「自分たちが拒絶したことで、もしアメリカと敵対するソ連に協力を要請されたら、彼らの最新の科学技術を明け渡し冷戦に負けることとなる」という意見を重く受けとめる。シャッターたちに協力し、その後彼らに研究材料になってもらうとことを決定するのだった。

その頃バンブルビーたちは、同じバイト先で働く少年メモがチャーリーにデートの誘いに来たことで、メモにバンブルビーの存在を知られてしまう。
チャーリーは必死にバンブルビーの存在を秘密にしてほしいとメモに訴える。
了承したメモとチャーリーは翌朝、バンブルビーに乗ってドライブしに出かけた。

道中バンブルビーはカーラジオでしゃべることを習得する。
チャーリーが好意をよせるトリップがいるダイビングスポットに出くわしたチャーリーたちは、トリップから一緒に飛び込もうと誘われる。

ガレージのビデオテープにうつっていた、チャーリーの飛込競技の姿を見ていたバンブルビーに背中を押されるが、長らく競技をやっていなかったチャーリーは怖くて足が竦んでしまうのだった。
急いで帰ろうとするチャーリーにトリップの取り巻きたちがその行く手を阻み、リーダー格の女子・ティナは車とチャーリーの事をバカにして嫌味を言う。
その様子にメモとバンブルビーは腹を立て、ティナにリベンジしようと言い出すのだった。

その夜、ティナの自宅で車に軽いいやがらせを成功させ喜んでいた二人だったが、バンブルビーはティナの車の上で飛び跳ねてペシャンコにしてしまう。
やりすぎだと焦ったチャーリーたちは猛スピードで逃げ出すのだった。

バンブルビーの捕獲

テレビゲームを見ようと、ソファーに座ろうとするバンブルビー

翌日チャーリーがバイトへ行っている間、ガレージで大人しく待つよう言われたバンブルビーは、ガレージへ来たワトソン家の飼い犬に興味を持つ。
犬と遊ぼうとしたバンブルビーは、犬を追いかけて家の中へ入ってしまう。

初めて見るものばかりで、家の中にある色んなものをさわっては壊してしまう。
コンセントに興味を持ったバンブルビーは、そっとコンセントに指を突っ込こみ感電してしまうのだった。

ガラスは割れ室内の色々なものがさらに破壊され家の中は惨状と化す。

バンブルビーと接触したコンセントから流れた電流は、電話回線と通信衛星を駆使してバンブルビーを探索していたセクター7とシャッターたちに、探知されて居場所を知られてしまう。バンブルビーは、チャーリーの家で起きる騒動に気づいたメモから連絡を受けバイトから帰宅したチャーリーに説教されていた。

そこへ弟のオーティスと母のサリーが帰ってきて、チャーリーは急いでメモとバンブルビーをガレージへと隠す。
めちゃくちゃになってしまった自宅にチャーリーは言い訳を考えるが、サリーはチャーリーの話を聞き入れずに外出禁止令を出す。
ふてくされてばかりいるあなたが悪いと責められたチャーリーは、メモとバンブルビーと一緒に家を飛び出す。

しかし、バンブルビーに乗ったチャーリーたちの行く先には、バンブルビーのエネルゴン反応を追っていたセクター7とシャッターたちが待ち伏せしていた。
チャーリーたちは狙われているバンブルビーを守ろうと必死に抵抗するが、皆つかまってしまうのだった。

メモはすぐさま解放されたが、チャーリーは両親の前でバーンズに「チャーリーは錯乱状態に陥っておかしくなった」と言われてしまう。
バンブルビーはセクター7とシャッターたちに連れ去られ、チャーリーはバンブルビーを助けに行こうとする。

チャーリーが外出禁止を破っていることにオーティスは告げ口しようとするが、チャーリーに言いくるめられ、姉に協力することにする。
チャーリーとメモがセクター7の基地に到着した時、捕まっていたバンブルビーはシャッターたちから拷問を受けていた。

ドロップキックに痛めつけられた衝撃でバンブルビーの記憶メモリーが誤作動を起こし、オプティマス・プライムのメッセージが再生されてしまう。

オプティマス・プライムがオートボットたちと一緒に地球へやって来る。それを知ったシャッターたちはディセプティコンを集結させ、地球を焼き払うことを決めた。その恐ろしい計画を聞いたパウエル博士は、急いでバーンズにこの事を伝えたが、シャッターに跡形もなく消滅させられてしまう。

シャッターたちはバンブルビーにとどめの一撃を加えると、人工衛星で仲間にメッセージを送るため、近くの通信塔に向かうのだった。
ドアの外で一部始終見聞きしていたチャーリーとメモは、すぐにバンブルビーに駆け寄り電気ショックでバンブルビーを直そうとする。

なんとかバンブルビーは目覚めたがすぐには立ち上がれない。脱出しようとしていたチャーリーたちは、再びセクター7のバーンズたちと対峙する。
メモとチャーリーはバーンズたちに捕まり、バンブルビーもセクター7に再び捕まりそうになる。

地球とオートボットの危機を救うために

ゴールデンブリッジを見つめるバンブルビーとチャーリー

チャーリーは自分を押さえつけるバーンズに抵抗するが、バーンズに投げ飛ばされてしまう。チャーリーが傷つけられたことにバンブルビーは激怒し、バーンズたちに対し反撃に打って出る。

激しく怒り破壊するバンブルビーに、必死に声をかけて冷静さを取り戻させたチャーリーは、記憶を取り戻したバンブルビーとシャッターたちを止めるために通信塔へ向かう。メモはその場に残りチャーリーたちの元へ追っ手を行かせまいと、奮闘したが失敗してしまう。

オーティスから事情を聞いたサリーたちが、チャーリーを心配して追いかけて来る。
必死に頑張る娘を守ろうとした義理の父のロンは、バーンズたち追っ手を食い止める。チャーリーはやるじゃんと義父を見直すのだった。
チャーリーはバンブルビーと通信塔へ着いたが、既に到着していたシャッターたちは準備を完了させていた。

ディセプティコンたちの来襲を阻止するため、バンブルビーはドロップキックと戦っていた。
チャーリーは通信塔へ続く鉄塔の梯子を上って、シャッターたちの目的を阻止するために動き出す。すると、バーンズがヘリで駆けつけ、通信塔にいるシャッターを攻撃する。

バンブルビーは戦闘機に変形したドロップキックにそばにあった鎖を巻き付けて、地面に叩きつける。
ドロップキックは戦闘機から車へと変形するが、鎖が関節部分に食い込んで身動きが取れなくなる。
バンブルビーが鎖を引っ張り、ドロップキックは胴体がバラバラになって爆発してしまう。

ドロップキックを撃破したバンブルビーは、シャッターに反撃され墜落しそうだったバーンズに気づきヘリを受け止めてバーンズを救う。
通信塔へ飛び移ったチャーリーは、シャッターに気づかれて攻撃されるが、バンブルビーからの砲撃で難を逃れる。

バンブルビーとシャッターが戦いを繰り広げている隙に、チャーリーは持っていた工具でエネルギーの供給源を取り外した。
メッセージの送信は阻止することが出来たが、それに激怒したシャッターが、チャーリーに向かって攻撃しようとする。バンブルビーはシャッターの後方の堤防にブラスターを撃ってわざと決壊させる。

堤防が決壊したことにより、塞き止めていた海水が一気に押し寄せる。大型船に押し潰されたシャッターは、そのまま壁に叩きつけられて爆発した。
シャッターをギリギリまで羽交い絞めにして海中に沈んでしまったバンブルビーを助けるため、チャーリーは覚悟を決め通信塔から海水に飛び込む。
バンブルビーと共に2人は陸へ上がるのだった。

バンブルビーに助けて貰ったバーンズは、地球を救ったバンブルビーに敬意を表し追手がこないうちに去れという。
バーンズに見送られながら立ち去ったチャーリーたちは、翌朝ゴールデンブリッジを見渡せる丘に着く。

チャーリーは、バンブルビーを待っている仲間の元へ彼を返すため、寂しい気持ちを押し殺してバンブルビーに別れを告げる。
バンブルビーは「声をくれてありがとう」と感謝を述べた後、ゴールデンブリッジを走る黄色のカマロをスキャンし、カマロに変形してゴールデンブリッジを走っていたオプティマス・プライムの隣に並んで立ち去っていった。

家族の元へ帰ったチャーリーは、同じく家へ戻ってきたメモとバンブルビーが仲間と共に走り去っていったゴールデンブリッジを見つめる。メモは勇気を出して、チャーリーの手を握ろうとするが「まだ早い」と言われてしまい、2人は照れ笑いを浮かべながら顔を見合わせた。

オプティマス・プライムは、B-127に地球を守ってくれてありがとうと感謝を述べる。だが、バンブルビーは自分は「B-127」ではなく「バンブルビーだ」と主張し、地球へ飛来してくるオートボットたちの姿を見上げた。

亡き父の愛車を修理し、ピカピカに磨き上げたコルベットに乗るチャーリーの姿を最後に、物語は幕を閉じた。

『バンブルビー』の登場人物・キャラクター

主要人物

バンブルビー(声:ディラン・オブライエン)

本作の主人公。正式名称「B-127」。
惑星サイバトロンの激戦から脱出し、地球に飛来したが、たまたま軍事演習中だったセクター7の特殊部隊のど真ん中に墜落したため、物語の序盤からセクター7に狙われてしまう。

飛来直後はセクター7のジープをスキャンするが、ブリッツウィングとの激戦で身体を損傷したため、近くのキャンプ場に停まっていた黄色のフォルクスワーゲン・ビートルをスキャンする。
その後、ハンクの修理工場に回収され、そこでチャーリーと出会う。ブリッツウィングとの戦いで音声機能と記憶を失ったが、チャーリーのおかげで記憶を取り戻し、カーラジオを介して会話できるようになった。

記憶喪失中にチャーリーに新しくつけて貰った名前である「バンブルビー(黄色い蜂)」を気に入っており、物語の最後にオプティマス・プライムにその名前だと訂正していた。

チャーリー・ワトソン(演:ヘイリー・スタインフェルド)

本作のもう1人の主人公でヒロイン。飛込競技の元選手だったが、愛する父親の死がきっかけで引退する。
高校生だが、遊園地のホットドック売りのアルバイトをして働いている。母親が次の父親に選んだロンと、ロンと新しい家庭を作ろうとする母親と弟となかなか打ち解けられず、ハンクの修理工場で回収した部品でシボレー・コルベットC1型を修理して家を出ることを夢見ている。

そのパーツを探している最中、活動停止したせいで埃を被っていたバンブルビーを見つける。バンブルビーと接していくうちに、チャーリーは次第に明るさを取り戻していった。
部屋を荒らしたり、上手く姿を隠せないでいるバンブルビーを叱ることはあるが、バンブルビーのことを大事な友人だと思っている。その証拠に危険を顧みず、バンブルビーを助けるためにメモとセクター7の基地へ乗り込んだ。

人間

good_121
good_121
@good_121

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

はじまりのうた(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

はじまりのうた(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『はじまりのうた』は『ONCE ダブリンの街角で』を手掛けたジョン・カーニー監督の音楽映画である。シンガーソングライターとして成功した彼氏とともにニューヨークに引っ越した主人公だが、浮気をきっかけに彼氏と別れてしまう。失恋に押しつぶされそうになりながらも、ライブハウスで知り合ったプロデューサーに声を掛けられアルバムを作ることになる。主演に「パイレーツオブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ、恋人役には世界的バンドのMaroon5のボーカルであるアダム・レヴィーンを起用した作品である。

Read Article

レプリカズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

レプリカズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レプリカズ』とは、2018年にアメリカで製作されたSFスリラー映画である。『トランスフォーマー』シリーズのロレンツォ・ディ・ボナベンチュラら製作スタッフが集結し、洗練されたタッチで近未来の世界を演出した。主演のキアヌ・リーブスは主人公の天才科学者を熱演するだけでなく、製作にも名を連ねている。不慮の事故で家族を失った科学者ウィリアムが、自身が研究する神経科学を用いて家族を取り戻そうと奔走する姿を描く。近未来の科学技術を描くSF要素と、家族愛がテーマとなった重厚な作品である。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

NEW
トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

NEW
ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ワイルド・スピード MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第4作目。仲間と石油強盗をしながら生計を立てるドミニク・トレットは警察に追われていた。警察から守る為に仲間の元を去ったが、恋人のレティ・オルティスが殺されたことを知る。友人であるブライアン・オコナーたちと協力し犯人であるアウトゥーロ・ブラガへの復讐を果たす。カーチェイスアクションも多く、スリル満点だが、その中でも友情や恋人への愛などを感じる映画となっている。

Read Article

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト ラストステージ』とは2017年にアメリカで製作された青春アカペラミュージカル映画。 2012年の映画『ピッチ・パーフェクト』、2015年の映画『ピッチ・パーフェクト2』の続編。 前作で世界アカペラ選手権で優勝し、大学を卒業した「バーデン・ベラーズ」メンバーだったが、実社会の厳しさに揉まれる毎日を送っていた。しかしひょんなことから再結成し、米軍慰問団ツアーに参加することになる。ポンコツぶりを発揮しながらも突き進み、いよいよベラーズは感動の「ラストステージ」を迎える。

Read Article

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ピッチ・パーフェクト2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ピッチ・パーフェクト2』とは、2015年にアメリカで大ヒットした青春ミュージカルコメディ映画。 2012年公開『ピッチ・パーフェクト』の続編で、前作で大学アカペラ選手権優勝に輝いたアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」が、数々の失態を乗り越えながら、今度は世界アカペラ選手権優勝を目指す。アカペラへの情熱や将来の夢、不安を抱えながら突き進むポンコツアカペラガールズのその後をコメディタッチで描いている。

Read Article

ビーストウォーズ(Beast Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

ビーストウォーズ(Beast Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビーストウォーズ』は、カナダ制作のテレビアニメ。北米では1996年から1997年まで、日本では1997年から1998年まで放送された。 惑星エネルゴアを舞台にサイバトロンとデストロンによる抗争を描かれているが、終始シリアスな英語版と違い日本語版は出演した声優によるアドリブによってギャグアニメという性格が強くなっている。 ストーリーは勿論、変身フィギュアなどグッズの人気も高く、放送から20年以上経った今でも多くのファンに愛されている。

Read Article

【キャプテン・マーベル】新たなヒーロも登場!2019年公開のおすすめアクション映画5選【バンブルビー】

【キャプテン・マーベル】新たなヒーロも登場!2019年公開のおすすめアクション映画5選【バンブルビー】

2019年3月に公開された映画の中から、おすすめアクション映画をまとめました。香港カンフーアクションの『イップ・マン外伝 マスターZ』、アンダーグラウンドで暗躍する解決屋集団を描いた『クロガラス1』、マーベル初のとなる女性ヒーローが主人公の『キャプテン・マーベル』、『トランスフォーマー』シリーズの人気キャラクターが活躍する『バンブルビー』、名アクション俳優シルヴェスター・スタローン主演の『大脱出2』の5作品、あらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents