テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ(Tales of the Heroes: Twin Brave)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』とは、バンダイナムコゲームスから2012年に発売されたPlayStation Portable用のアクションゲーム。このゲームは、人気の『テイルズ オブ』シリーズのキャラクターたちが、シリーズの枠を超えて出演するファンディスクゲーム。プレイヤーは世界樹から生み出される「マナ」によって栄える世界「ヴェルト・ルング」を舞台に「絆で結ばれた」ペアと共闘し、襲い来る大量の敵と戦いながら、ステージを進む所謂無双系ゲームと云われる作りになっている。

『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』の概要

『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』とは、バンダイナムコゲームスから2012年に発売されたPlayStation Portable用のアクションゲーム。このゲームは『テイルズ オブ』シリーズ15作品から2名ずつ、計30名とボスキャラクター3名の合計33名がプレイアブルキャラクターとして参加している。

舞台となるのは、世界樹から生み出される「マナ」によって栄える世界「ヴェルト・ルング」。登場キャラクター達は『 ツインブレイヴ』の世界独自の設定がそれぞれで用意されており、15種ある「シリアスシナリオ」では、その設定を元に「聖剣エターナルソード」を巡り、戦いへと身を投じるのが、ストーリーが本筋となる。
「コミカルシナリオ」も同様に15種用意されており、「シリアスシナリオ」ではペアとして参加していたキャラクター達を操作し、他作品のキャラクター達との独自の掛け合いを楽しめる内容となっている。
戦闘中には「ぬいぐめっと」を使用することによりキャラクターをコミカルにできることも魅力の1つである。
(※「ぬいぐめっと」とは、コミカルシナリオ限定で使う事の出来るキャラの見た目を変更できるアイテム)

本作は「無双ゲーム」のような作りのアクションゲームとなっており、システムでは『テイルズ オブ デスティニー2』等で採用されていた「CC(チェインキャパ)」に手を加えた「ACC(アグレッシブ・チェインキャパ)」を採用。術技によってACCの消費量がそれぞれ設定されており、ACCの上限まで技を繋げる事ができるようになっている。
時間経過で上昇する「パートナーゲージ(PG)」は消費することでパートナーに術技で攻撃をしてもらう「パートナーアタック」を発動できる。
「連携秘奥義」は「オーバーリミッツゲージ」とPGを同時に消費することでパートナーと共に「秘奥義」をしようできるほか、PGは、プレイヤーの攻撃に合わせてパートナーが行動する、「ツインブレイヴモード」の発動にも使うことができる。
このように『テイルズ オブ ザ ワールド』シリーズのような他の外伝作品とは違うアクションシステムを採用しているものの随所に『テイルズ オブ』シリーズらしさを、しっかりと感じさせる作品となっている。

『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』のあらすじ・ストーリー

はじまり

生命エネルギー「マナ」によって栄える世界「ヴェルト・ルング」は世界樹からもたらされる「マナ」により、生活は潤い、恒久の平和が約束されていると誰もが思っていた。
しかし、ある日突然、世界に満ちていた「マナ」が枯渇し始めてしまう。農作物は枯れ、動物は弱り、人々の生活にも深刻なダメージを与える「マナ」の枯渇。徐々に衰退していく世界。そんな世界においても希望を捨てず旅立つ戦士達がいた。

王宮の騎士になるという夢をいだき、田舎からやってきた青年「スタン」だが、船賃すら持っていなかった彼は王都行きの船に密航する。しかし、船に乗り合わせてた王宮付き騎士の「リオン」に見つかってしまう。捕縛されてしまい、騎士になる夢もここまでかと諦めかけたスタンだが、そんな彼にリオンは、任務の手伝いをすれば密航の罪を見逃してもいいと持ちかける。

提案を受け入れ、任務の内容も聞かずに協力することにしたスタン。スタンはリオンの事を「共に旅をする仲間」と言い、リオンは「剣の扱いに長けた腕を見込んで任務を手伝わせているだけで馴れ合うつもりはない」と突き放す。

第1章「ルカとの出会い」

道中2人の前に気弱そうな少年「ルカ」が現れる。
少年のことが気になったスタンは彼に話しかけ、なぜ不安な顔をしているのか事情を聞き出すと「山頂に桃色のリンゴを実らせた木があり、友達に命令され取りに行きたいが、道中は魔物や山賊が多くて通れない」と話すルカ。
「武器を持っているし、戦えるんだろう?」と問いかけるスタンだが、ルカは自信が無く戦えないという。そんなルカに対しスタンは、突然競争しようと提案する。

善戦するもスタンとの競争の負けてしまい落ち込むルカにスタンは、「こんなに強いなら魔物も盗賊もぜんぜん怖くない」と励ます。そのスタンの言葉を聞いたルカは、自信を持てない自分に実力を自覚させる為にわざわざスタンが勝負を持ち掛けのだと気が付く。
そんなスタン達にリオンは、「こんな他人の茶番に巻き込むな」と言いながらも「必要以上におどおどするな。お前は自分が思っている程弱くも情けなくもない」とルカに言葉をかける。

第2章「迫害の町」

ルカと、その友人であるスパーダの2人と別れ、本来の目的のために旅を再開した2人だが、立ち寄った町で小さな戦いの場面に遭遇する。そこでスタンが目にしたのは、街の人々から執拗な差別を受ける獣人の少年「カイウス」と、彼の幼なじみ「ルビア」だった。そんな光景を目にし「種族が違っても同じ人間じゃないか!」と怒るスタンは、街の人々を止めると言いカイウスとルビアの後を追うのだった。

暴れる2人をどうにか落ち着かせ、「どこにいってもこんな目に遭う」と差別に嘆く2人にリオンは「自分の価値は自分で決めろ。誰になにを言われようともな」と言葉を残し2人と別れたところで「第2章迫害の町」は終わる。

第3章「堅固な砦」

エターナルソードを手に入れる2人。

カイウス達と別れたスタンはリオンに任務の詳細について尋ねると、リオンは王国からの命令で時空を越える伝説の聖剣「エターナルソード」を探している事を初めてスタンへ明かす。ふたりは、商業国家が管理している砦の1つにエターナルソードがあるという情報を受け向かうが、砦の守りは堅固を極めており、その守りを崩すべく砦へと接近する。

砦内部に突入したスタンとリオンは、道中で聖剣を守るフレンとアスベル達を何とか退けエターナルソードを手に入れた。柄にもなく素直に感謝を伝えてくるリオンを訝しむスタン。
すると突然リオンの名前を呼びながら、自らを神と名乗る白衣を身に纏った女性「エルレイン」が現れ、「……言われた通りエターナルソードを手に入れたぞ」と伝えるリオンに「上出来です」とほめる。

その不可解なやり取り見ていたスタンはリオンに「どういうことだよ、リオン?」と尋ねる。黙り込むリオンの代わりにエルレインが答える。「エターナルソードの守護者はもとよりこの私でした」「人間達にエターナルソードは奪われた、これは正統なる帰還なのだ」と言うエルレイン。リオンは「王都からの命令など最初からなく、ただエルレインの命令で剣を求めていただけだ」とスタンに答える。エルレインが「願わくば、あなたにも幸運が訪れんことを。行きましょう、リオン」とだけスタンに言うと、リオンと共に姿を消すのであった。

第4章「真相と罠」

時空をも越える力を持つエターナルソード。その力が悪用されることを防ぐため、スタンはリオンの真意を知りたいという、もう一つの思いを胸に秘め、一人エルレインを追いかける。

リオンの事を最後まで信じぬくと心に決めたスタン。リオン達を追う道中襲い来る敵を倒しながら進んでいくスタンにエルレインが「裏切られた事が辛いのですね」と語りかけてくる。「魔剣エターナルソード」を使えば絶対の幸福が訪れる。あろうことか「聖剣エターナルソード」はエルレインの手により「魔剣」へと作り変えられてしまっていた。

エルレインは「愚かな物を、心清き正しい人間に作り替える」「最愛の者の命を握れば、彼を操る事など造作もない」と言う。リオンは大切な者を人質にとられ無理やり命令に従わされていたのだ。
真相を聞かされたスタンの前に、リオンが立ちふさがった。スタンは「俺とお前が戦う理由なんてないはずだ!」と言うとリオンは「理由ならある。僕は彼女を守らねばならない」と返す。
やはり人質を取られていた、どうすればいいか悩むスタンにリオンは「そこがお前の決定的な甘さだ」「僕は斬れるぞ。たとえ仲間であろうと……友であろうと!」「守るべき者のためならば、ためらいなく斬る!」「自分が正しいと思うなら、僕をも斬り捨てて進む覚悟を!」と叫ぶ。覚悟を決めたスタンが、リオンに膝を付かせたその瞬間、エルレインの罠が発動する。
罠をいち早く察知したリオンは自らを犠牲にスタンを助け、「エルレインを追え、後は頼んだ」と、そう言葉を残し満足そうに微笑みながら消滅する。

最終章「仲間」

リオンが最後に見せた満足そうな笑みがスタンの胸を締め付ける。だが悲しんでる時間はない。今すべきことは、彼の意思を継ぐこと。スタンは、エルレインの野望を阻止すべく最後の戦いに望む。

場面は変わり、エルレインを追いかけるスタン。エルレインが現れスタンに「あなたのせいで予定が狂った」「リオンにはまだ役目が残っていたのに」「エターナルソードを使い、世界を作り変えるという役目が」と言う。「黙れ!お前だけは絶対に許さないぞ!」とスタンが怒るとエルレインは姿を消す。

リオンを使い倒し、人類を滅ぼし作り替えようとしているエルレインを再び追うスタン。迫りくる敵達を退け、傷つきながらも突き進むスタンにエルレインが突如どこからか語りかける。「抗う事こそ不幸。受け入れる事が幸運。なぜそれがわからないのですか?」。スタンは「彼女の言う幸運の為にリオンは犠牲になった。そんなものは認められない」と言う。

止めどなく現れる敵を前にして、心が折れそうになるスタンの耳に、どこからか「もう弱音か?情けないぞ、スタン」と、聞き覚えのある声が聞こえる。なんと声の主はリオンだった。スタンは「リオン!!!生きて……たのか?」と無事を確認すると「ふんっ。どうやらおせっかいな尾行がいたらしくてな」とリオンが返す。
「おいおい、おせっかいとは、またずいぶんな言い方だな」と「ユーリ」が答えた。
どうやらエターナルソードを奪いに来たリオンの様子に疑問を抱いたフレンが元騎士団所属の同期であり、友人のユーリを寄こしたようだ。
じゃあそのフレンはどこに行ったのか、疑問に思っていると「あいつは今頃、人質の方を助けてるとおもうぜ」とユーリが教える。安心した様子のリオンと感謝をするスタン達に「礼なら、やることやったあとで聞かせてもらうぜ」と去っていくユーリ。
「……そうだな。行こう、リオン!」「ああ!エルレインを倒すぞ!」

そして最奥へと辿り着いた2人にエルレインは「世界の幸福よりも己の意思を優先するとは……愚かな」「神による癒しを……享受しなさい」と武器を構えながら言う。
そんな彼女の語る幸福を否定するためスタン達はエルレインへと肉迫する。
「例え不幸だったとしても、足を止めなければ未来は変わる。それが俺達が……生きるってことなんだ!」「どんな未来も受け入れてみせる。仲間と一緒なら……」と力を合わせる2人を前に、エルレインは「未来が……人類の幸福な未来が……」と最後に言葉を残しながら力尽き、彼女の「人類を作り変える」という野望を打ち壊し二人の戦いは終わりを迎える。

激戦を終え、これからについて話す2人。「己が犯した罪をどれだけ時間がかかろうとも償う」と自身の覚悟を語るリオンは「お前は……どうなんだ?」とスタンに尋ねる。
「俺?俺はやっぱり1から騎士を目指すことにするよ。密航じゃない、ちゃんとした方法で王都に行ってね」と自分の目標を語るが、「と、思ったけどさ。やっぱり俺、しばらくリオンについていくよ」と「仲間」が心配なスタンは考えを改めた事をリオンに話した所でシリアスシナリオはエンディングを迎える。

『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』のゲームシステム

A・CC(アグレッシブ・チェインキャパ)

『 テイルズ オブ デスティニー2』等で採用されていた「CC(チェインキャパ)」に手を加えたもの。術技によってACCの消費量がそれぞれ設定されており、ACCの上限まで技を繋げる事ができ、通常攻撃では消費されないようになっている。

絆値

パートナーとともに出撃すると溜まり、「絆レベル」が上昇していく。パートナーゲージの回復速度やツインブレイヴモードの持続時間に影響する。
絆レベルが上昇すると、経験値やアクセサリーポイントの上昇率も上がる。

パートナーゲージ(PG)

時間経過で上昇する。消費することでパートナーに術技で攻撃をしてもらう「パートナーアタック」を使用できる。

ツインブレイヴモード

paprika05236
paprika05236
@paprika05236

Related Articles関連記事

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ デスティニー2(Tales of Destiny 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー2』とはナムコから発売されたPlayStation 2用のRPGゲームで、『テイルズ オブ デスティニー』の続編である。 ゲームの他にドラマCDやコミック等にメディア展開している。 今から18年前、巨大レンズ「神の眼」を巡る騒乱があった。主人公のカイルは神の眼の脅威から世界を救った四英雄の内の2人、スタンとルーティの間に生まれた息子で両親の様な英雄に憧れていた。ある日遺跡で「英雄を探している」と言う謎の少女リアラと出会い、カイルの英雄になる為の旅が始まる。

Read Article

北欧神話徹底解説・考察まとめ!おもしろくて分かりやすい!

北欧神話徹底解説・考察まとめ!おもしろくて分かりやすい!

北欧神話(ほくおうしんわ)とは、キリスト教が広まる以前にノルド人(ノース人)が信仰していた神話体系。ノルド人がスカンジナビア半島を勢力圏としていたため、スカンジナビア神話とも呼ばれている。口伝によって伝えられていたが、13世紀頃、アイスランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンによって『エッダ』という書物にまとめられた。 「滅亡の運命」が定められた神々の隆盛と終焉を描いており、全体的に暗い印象のエピソードが多い。物語全体の完成度が高く、漫画などの現代の創作物においてもたびたび題材として用いられる。

Read Article

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ デスティニー(Tales of Destiny)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ デスティニー』とは、ナムコから発売されたPlayStation用のRPGゲーム。 人気の高い作品で、後にリメイク版やディレクターズカット版がPlayStation 2用ソフトとして発売された。 主人公のスタンは故郷を飛び出し、大国セインガルドへ向かう飛行竜に密航していた。しかしその飛行竜にモンスターの大群が襲来。絶体絶命のスタンであったが飛行竜の倉庫で発見した知能のある剣「ディムロス」と出会い、ソーディアンマスターとなったことで彼の運命は大きく変わっていく。

Read Article

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ファンタジア(Tales of Phantasia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ファンタジア』とはナムコから発売されたスーパーファミコン用RPGゲーム。後にPlayStation版を始め様々な機種で移植やリメイクがされた。トーティス村に住む主人公クレスは親友のチェスターと共に近くの森まで狩りに出掛けるが、村の非常事態を知らせる半鐘の音が鳴り響くのを聞き、異変を感じた2人が村に戻ると壊滅状態となっていた。村が襲われた原因がクレスが父からもらったペンダントにあると知り、村人達を弔う為村に残る親友と別れ、クレスは謎を探る為に1人旅立った。

Read Article

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー(Tales of the World: Radiant Mythology)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー(Tales of the World: Radiant Mythology)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー』とは、2006年12月21日にバンダイナムコゲームスから発売されたPlayStation Portable用RPGである。『テイルズ オブ シリーズ』のキャラクターが作品を越えて共演し、19人が登場する。本作は、世界樹が危機に陥ったときに生み出される守護者「ディセンダー」である主人公が、異世界のディセンダーである「モルモ」に導かれ、世界を食らう魔物の侵攻から世界樹を守るべく戦うというストーリーになっている。

Read Article

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2(マイソロ2)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2(マイソロ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー2』とは、2009年1月29日にバンダイナムコゲームスから発売されたPlayStation Portable用RPGである。本作は、『テイルズ オブ シリーズ』のキャラクターが作品を越えて共演し、50人以上が登場する。本作の主人公は記憶を失っており、記憶を取り戻すため、海賊船「バンエルティア号」を拠点に、ダンジョンに潜りクエストをこなすことでストーリーは進行する。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ シンフォニア(Tales of Symphonia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア』とはナムコから発売されたニンテンドーゲームキューブ用RPGゲーム。『テイルズオブ』シリーズの5作目である。人気の高い作品で、後に他機種へ移植されたり、OVAやドラマCD等幅広くメディア展開している。戦乱の元凶である邪悪な種族ディザイアンを勇者ミトスが封印した古代大戦から四千年後、復活したディザイアンによって再び世界は衰退の道を辿ろうとしていた。世界を救済する神子である少女コレットと共に、主人公ロイドはディザイアンを封印して世界を平和に戻す世界再生の旅に出る。

Read Article

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ジ アビス(Tales of the Abyss)のネタバレ解説・考察まとめ

RPG『テイルズオブ』シリーズの本編作品8作目で、シリーズ10周年記念作品。 キャラクターデザインは藤島康介。 キムラスカ公爵家の一人息子・ルークが、屋敷に不法侵入してきた謎の刺客・ティアと共に突如、見知らぬ場所に飛ばされてしまう。屋敷に戻るためにティアと行動したルークは、その長い旅路の果てに多くの人々と出会い、様々な経験をし、自分の『生まれた意味』を知ることになる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ベルセリア(Tales of Berseria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ベルセリア』はバンダイナムコエンターテインメント発売のRPGであり、『テイルズ オブ』シリーズの第16作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が君らしく生きるためのRPG」。 マザーシップタイトル初の単独女性主人公が話題となった。 信頼していた義兄に目の前で弟を殺されたベルベッド。左手を業魔にされた彼女は世界を救う救世主となった義兄を殺す復讐の旅にでる。

Read Article

テイルズ オブ アライズ(Tales of Arise)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ アライズ(Tales of Arise)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ アライズ(Tales of Arise)』とはバンダイナムコエンターテインメントから発売されたロールプレイングゲームである。テイルズシリーズ25周年として2020年に発売予定だったが、発売が翌年の9月9日に延期になった。公式ジャンル名は「心の黎明を告げるRPG」。 ダナとレナの二つの世界を舞台に、痛みを感じない青年、アルフェンと触れた人間に激痛を与える少女、シオンが出会うことで、世界を揺るがす旅が始まる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia)のネタバレ解説・考察まとめ

XBOX、PS3用ゲームテイルズ オブ ヴェスペリア(Tales of Vesperia、TOV)について。本作は人気テイルズシリーズの10作目にあたる作品である。漫画、映画、ドラマCDなどに発展している。下町の平和のために旅に出たユーリが旅の途中で様々な仲間と出会い、ギルド「ブレイブヴェスペリア」を結成する。そして仲間とともに世界の存続をかける陰謀に立ち向かっていくストーリーである。

Read Article

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-(TOS-R)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-』とはバンダイナムコゲームスから『テイルズ オブ シンフォニア』の続編として発売されたWii用のRPG。ゲームの他に小説や漫画も出版された。 2つの世界が1つになり平和を取り戻した再生の神子達。しかし世界が1つになったことで自然環境の変化や文明レベルの違いからくる衝突等が後を絶たなくなった。 世界再生から2年後、「血の粛清」と呼ばれる事件をきっかけに物語は幕を開ける。

Read Article

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ エターニア(Tales of Eternia、TOE)とは2000年11月30日にナムコから発売されたPlayStation用RPG。キャッチコピーは「変われる強さ、変わらぬ想い」。猟師のリッドはある少女に出会い、旅に出ることになる。その日一日生きられればいいと考えていた少年が、大事な人を守りたいと願うようになり、仲間とともに世界を救うことを決意する。

Read Article

ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴィーナス&ブレイブス~魔女と女神と滅びの予言~』とは、ナムコから発売されたPlayStation2用RPGゲームである。 2000年に発売された『7〜モールモースの騎兵隊〜』の基本システムや設定の一部を継承している作品。 バルクウェイという鉱山都市に住んでいる主人公ブラッドの下に女神アリアが現れ、100年後に世界が破滅してしまう「大災厄」が起こると告げられる。精霊の血を受けて不老不死の体を持つブラッドは騎士団を結成し、多くの出会いと別れを繰り返しながら100年間の戦いへと挑むことになる。

Read Article

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ グレイセス エフ(Tales of Graces f)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ グレイセス エフ』とは、バンダイナムコゲームスからWii版に新エピソードや衣装が追加された移植版として発売されたPlayStation 3用のRPGゲーム。 ドラマCDやコミック等幅広くメディア展開されている作品である。 主人公であるアスベルと弟ヒューバートは幼年期に記憶喪失の少女ソフィと出会う。 ある事件でソフィは姿を消してしまうが、7年後に立派な騎士へと成長したアスベルが故郷に戻ると、事件で姿を消したソフィそっくりの少女が現れ、運命の変転に巻き込まれていく。

Read Article

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uのネタバレ解説・考察まとめ

大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii Uのネタバレ解説・考察まとめ

『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』とは、株式会社ソラとバンダイナムコが開発、任天堂が販売したニンテンドー3DS用及びニンテンドーWiiU用ソフト。相手を画面の外にふっとばすというシンプルルールのメインゲームの他、多数のミニゲームやキャラクターのカスタマイズも楽しめる。3DS版とWiiU版のそれぞれにしかないステージやゲームモードもあり、双方への互換性もある1人でも大人数でも遊べるゲームである。

Read Article

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ゼスティリア(Tales of Zestiria)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズオブゼスティリア』とはバンダイナムコエンターテイメントが開発したロールプレイングゲームである。テイルズシリーズの15作目にして、20周年記念作品であり、キャッチフレーズは「伝承はいつしか『希望』になる」。壮大な世界観で、自由にフィールドを駆け巡ることができる上、新しいシステムを使用し、おなじみのスキットも楽しめる作品だ。天族に育てられた人間スレイは、純粋かつ大きな夢を抱いた少年だった。少女との出会いをきっかけに彼は災厄に見舞われる世界を救う導師になることを決意する。

Read Article

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ リバース(Tales of Rebirth)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ リバース』はバンダイナムコゲームス発売のRPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第6作目のマザーシップタイトル。ジャンル名は「君が生まれ変わるRPG」。 主人公のヴェイグ・リュングベルが、さらわれた幼馴染の少女クレア・ベネットを救うべく、仲間たちと共に旅に出る中、「ヒューマ」と「ガジュマ」二つの種族の共存と対立の問題に直面していく物語である。

Read Article

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ レジェンディア(Tales of Legendia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ レジェンディア』はバンダイナムコゲームス発売のPS2用専用RPGであり、『テイルズ オブ シリーズ』の第7作目のマザーシップタイトルである。ジャンル名は「絆が伝説を生み出すRPG」。遺跡船と呼ばれる巨大な船に流れ着いたセネルとシャーリィの兄妹が、世界の命運をかけた戦いに巻き込まれていくストーリーである。歴代シリーズの製作チームとは異なるスタッフにより開発されており、システムやデザインが一新されている。

Read Article

鉄拳6(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鉄拳6(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鉄拳6』とは、バンダイナムコゲームスが開発を手掛け販売した、3D対戦型格闘ゲームである。2007年11月26日にアーケード版(ゲームセンターで遊ぶ筐体)が稼働を開始した。本作品は、『鉄拳』のシリーズとしては7作目にあたる(鉄拳の過去作は1,2,3,TAG,4,5となるため6は7作品目)。全世界で約299万本を売り上げた世界的に人気な3D格闘ゲームであり、全世界から絶大な支持を受けている。この頃から世界大会なども活発に開かれるようになり、世界各国で強豪プレイヤー達がしのぎを削った。

Read Article

7〜モールモースの騎兵隊〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

7〜モールモースの騎兵隊〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『7〜モールモースの騎兵隊〜』とはナムコから発売されたPlayStation2用RPGゲームである。 ローテーションバトルシステムという戦闘システムで戦い、独特な世界観が魅力的な作品である。 アルメセラ王国の騎士見習いである主人公は軍の演習の為に訪れた「モールモース」という辺境の村で不思議な事件に巻き込まれてしまう。 主人公は事件をきっかけに知り合った戦士の少年バルと神官の少女フィルと共に凶悪な魔物から世界を救う旅に出るのであった。

Read Article

エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー』(ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR)とは、ナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)の開発によるフライトシューティングゲーム。PlayStation 2専用ソフトとして発売。旧ナムコ社が発売した『エースコンバット』シリーズPS2三部作の最終作であり、同社が開発した最後のゲームソフトとなった。かつて世界を巻き込んだ「ベルカ戦争」と歴史の闇に葬られた戦いを主人公である傭兵サイファーとして駆け抜ける物語。

Read Article

子育てクイズ マイエンジェル(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

子育てクイズ マイエンジェル(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『子育てクイズ マイエンジェル』とは、1996年7月にアーケードゲームとして稼働開始した『子育てクイズ マイエンジェル』の家庭版で、ナムコから発売されたPlayStation用ゲームである。クイズと育成の両方を楽しむゲーム性が人気となり、家庭版にはミニゲームやアルバムモードなどの追加要素が盛り込まれている。 プレイヤーは、娘の両親となり、娘を0~25歳までクイズに答えながら育てていく。娘は、正解したクイズのジャンルや選択肢によって、性格が変化し将来の職業にも影響を与えることになる。

Read Article

THE IDOLM@STER 2(アイマス2)のネタバレ解説・考察まとめ

THE IDOLM@STER 2(アイマス2)のネタバレ解説・考察まとめ

『THE IDOLM@STER 2(アイマス2)』とは、2011年にバンダイナムコゲームスから発売された、「アイドル育成シミュレーションゲーム」。ハードは「PlayStation 3」と「Xbox 360」。 アイドルたちが、プロデューサーとユニットメンバーと手を組み、一年間で、様々な営業を重ねて人気を集め、トップアイドルの証とも言える「アイドルアカデミー大賞」を目指して奮闘していくストーリーである。 アイドルとの触れ合いや、コミュニケーションが豊富なのがこのゲーム最大の魅力。

Read Article

子育てクイズ もっとマイエンジェル(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

子育てクイズ もっとマイエンジェル(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『子育てクイズ もっとマイエンジェル』とは、ナムコから発売されたPlayStation用育成クイズゲーム。『子育てクイズ マイエンジェル』シリーズの家庭用オリジナルの続編である。 プレイヤーは、娘の両親となり、生まれたばかりの娘を25歳になるまでクイズに答えながら育てていく。娘は、正解したクイズのジャンルや選択肢によって、性格が変化し将来の職業にも影響を与えることになる。また、娘が10歳の夏休みに体験する初恋をテーマにしたモードも追加されている。

Read Article

僕のヒーローアカデミア ULTRA RUMBLE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

僕のヒーローアカデミア ULTRA RUMBLE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『僕のヒーローアカデミア ULTRA RUMBLE』とは、『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『僕のヒーローアカデミア』を題材とした家庭用ゲームであり、バンダイナムエンターテイメントが開発したもの。3人1組でチームを組み、物語に存在する特殊能力、個性を駆使することで広大なステージを生き残るバトルロイヤルである。 各キャラクターによって性能が異なり、様々なアクションや戦略を楽しむことができる。基本無料で、見知らぬ人や友だちと一緒にプレイすることが可能である。

Read Article

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3(マイソロ3)のネタバレ解説・考察まとめ

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3(マイソロ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3』とは、2011年にバンダイナムコゲームスより発売されたPlayStation Portable用RPGである。 本作の主人公は、「ディセンダー」として世界樹から生まれ、『テイルズ オブ シリーズ』のキャラクター達と共に冒険する。シリーズキャラクターが作品を越えて共演し、77人の操作可能なキャラクターが登場する。空を駆ける船「バンエルティア号」を拠点に、ダンジョンに潜りクエストをこなすことでストーリーは進行する。

Read Article

【テイルズ オブ ゼスティリア】アリーシャの扱いとロゼのキャラ贔屓による炎上騒動まとめ【TOZ】

【テイルズ オブ ゼスティリア】アリーシャの扱いとロゼのキャラ贔屓による炎上騒動まとめ【TOZ】

「テイルズ オブ」シリーズの中でも評価が低いとされている『テイルズ オブ ゼスティリア』だが、その原因の1つとしてアリーシャ・ディフダというキャラクターが居る。 なぜ評価が低いのか、アリーシャに対する公式の扱い、ロゼというキャラクターが贔屓されているのではないかという疑惑、プロデューサーによるヒロイン騒動に関する発言によるテイルズチャンネル+、twitterの炎上も含め、解説。

Read Article

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

テイルズオブシリーズのマスコットキャラ+グッズまとめ

我らがバンナム様の大人気ゲーム、テイルズオブシリーズですが、その壮大でリアルな世界観はRPGとして最高峰です。そんな中、いくつかのシリーズに登場するマスコットキャラクターがいます。それは今ではマスコットの範疇で収まる事無く、数多くのグッズとして制作・販売され、そのかわいさも抜群なのです。今回は、そんなテイルズオブシリーズのマスコットキャラの紹介とグッズをまとめてみました。

Read Article

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

【テイルズシリーズ】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『テイルズシリーズ』とは、バンダイナムコエンターテイメントが製作する、1995年の『テイルズ オブ ファンタジア』を1作目とするRPGの総称である。 ほぼ全ての作品が完全に独立した世界観を持ち、ゲームごとにまったく異なる場所での冒険をすることになるという特徴があるため、個別の設定や専門知識が無いと「何これ?」と首をかしげたくなるような光景も時に見られる。またシリーズの歴史と人気から、様々なファンアートも作られている。ここではその一部を紹介する。

Read Article

「テイルズ オブ ゼスティリア」の炎上内容まとめ!「テイルズ オブ ベルセリア」発表時にも不安が残る事態に【TOZ】

「テイルズ オブ ゼスティリア」の炎上内容まとめ!「テイルズ オブ ベルセリア」発表時にも不安が残る事態に【TOZ】

『テイルズ オブ ゼスティリア』の炎上についてまとめて紹介する。ヒロイン詐欺やシナリオ改変疑惑などの様々な問題と、それに対する公式の対応の悪さやプロデューサーの反省の無さが重なり、厳しい意見が多く寄せられる事態になったというものだ。この騒動が収まらないままに発表された作品である『テイルズ オブ ベルセリア』には当然不安の声があがった。

Read Article

目次 - Contents