こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

『こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)』は渡辺一史のノンフィクション小説。第35回大宅壮一ノンフィクション賞、第25回講談社ノンフィクション賞を受賞している。2018年に大泉洋の主演で映画化された。進行性筋ジストロフィーという難病を抱えた鹿野靖明がおくる、ボランティアたちとの交流が物語を進める。不自由な体だがとことん自由奔放な鹿野の言動がユーモアたっぷりに描かれ、障害と介助の枠を越えた自立生活が垣間見える。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話の関連記事

こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『こんな夜更けにバナナかよ(筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち/愛しき実話)』は渡辺一史のノンフィクション小説。第35回大宅壮一ノンフィクション賞、第25回講談社ノンフィクション賞を受賞している。2018年に大泉洋の主演で映画化された。進行性筋ジストロフィーという難病を抱えた鹿野靖明がおくる、ボランティアたちとの交流が物語を進める。不自由な体だがとことん自由奔放な鹿野の言動がユーモアたっぷりに描かれ、障害と介助の枠を越えた自立生活が垣間見える。

Read Article

ポルノグラフィティ(Porno Graffitti)とは【徹底解説まとめ】

ポルノグラフィティ(Porno Graffitti)とは【徹底解説まとめ】

ポルノグラフィティ(Porno Graffitti)とはボーカルの「岡野昭仁」とギターの「新藤晴一」によるアミューズ所属のロックバンド。1999年にメジャーデビューを果たし、デビュー当初はベースの「Tama」と一緒に3人で活動していたが、2004年からは2人で活動中。迫力のある歌声の昭仁と、晴一のギターテクニックで男女問わず、幅広い年齢層に人気の日本を代表するロックバンド。

Read Article

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ブラッディ・マンデイ(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ブラッディ・マンデイ』とは龍門諒の漫画作品を原作とした三浦春馬主演の連続テレビドラマ。2008年に放送され、2010年にはシーズン2も始まり大きな話題となった。2020年に発表された「三浦春馬が最強にかっこよかった作品ランキング」では1位を取得するほどの人気作品である。 天才ハッカー高木藤丸(たかぎふじまる)が家族や友達、日本をウイルステロから救うために持ち前のハッキング技術を活かしてテロ組織に立ち向かう。豪華俳優陣が描くヒューマン・ビジネスサスペンスである。

Read Article

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鎌倉殿の13人(大河ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鎌倉殿の13人』とは2022年にNHKで放送された、平安時代〜鎌倉時代初期を舞台とした大河ドラマである。主演は小栗旬が務めた。 伊豆の地方豪族の次男坊であった北条義時(ほうじょうよしとき)は源頼朝(みなもとのよりとも)に仕え、源平の戦乱の中に巻き込まれていく。そして鎌倉幕府成立後は有力御家人たちとの権力闘争を勝ち抜き、次第に非情な権力者になっていく姿が描かれている。 脚本は今作が大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛けた。 同作品は2023年のエランドール賞特別賞を受賞している。

Read Article

SPEC・SICK'Sのスペックホルダー・能力まとめ

SPEC・SICK'Sのスペックホルダー・能力まとめ

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、捜査一課が手に負えない超能力SPEC(スペック)を使った特殊な事件を捜査する、公安部の組織「未詳」の刑事らの活躍を描いたテレビドラマ。続編に配信限定ドラマ『SICK'S〜内閣情報調査室特務事項専従係事件簿〜』がある。 「スペックホルダー」とは、常人が普段使用していない脳の90%の力を発揮してSPECに目覚めた人物のこと。その能力は様々であり、劇中では犯行を完遂させた能力がどのような力であるかを推察・謎解きして解決に臨む。

Read Article

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アイアムアヒーロー(I Am a Hero)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アイアムアヒーロー』とは2009年から『ビッグコミックスピリッツ』で連載されていた、花沢健吾による日本のSFホラー漫画である。謎の感染症が世界中で流行り、ほとんどの人間がゾンビになっていく。そのゾンビと戦い、感染から逃れる数少ない人間は、引きこもりやニートといった社会に劣等感を抱いていた者たちが中心となっている。この漫画に出てくるヒーローたちは、人間臭いリアリティーのあるヒーローだというのも見所のひとつ。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

わたしを離さないで(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

らせん(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

らせん(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『らせん』とは1998年に公開された日本のホラー映画。原作は鈴木光司の同名小説。前作にあたる『リング』の続編として同時上映された作品である。監督と脚本は1995年の単発ドラマ版『リング』の脚本を担当した飯田譲治。「呪いのビデオ」に科学的視点からその謎に迫る。前作のオカルトホラーから雰囲気を変え、原作を忠実に再現したSFサスペンス要素の強い作品になっている。解剖室に送られてきたかつての友人高山竜司の遺体。残された暗号。安藤は第一発見者高野舞とともにその謎に挑む。

Read Article

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

怒り(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2010年に国内の映画賞を総ナメにした大ヒット作「悪人」の原作者吉田修一と監督李相日が6年振りにタッグを組み、音楽に坂本龍一を加え、実力派のオールスターキャストで挑んだ感動のヒューマンミステリー。八王子の平静な住宅街で残忍な夫婦殺人事件が起こる。一年後のある日、千葉と東京と沖縄に素性の知れない3人の男が現れ、それぞれに重厚な人間ドラマが展開する。愛した人は、殺人犯なのか?2016年9月全国公開。

Read Article

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

コンフィデンスマンJP -ロマンス編-(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』とは2019年に公開された、詐欺師をテーマにした映画作品。東京ドラマアウォードなどの賞を受賞した、総合視聴率15.1%の人気テレビドラマを映画化した1作目。大ヒットした痛快エンターテインメント映画で、ダー子、ボクちゃん、リチャードの3人のコンフィデンスマン(信用詐欺師)が、悪い奴から詐欺で大金を巻き上げるストーリー。今回のおさかな(ターゲット)はラン・リウ。恋愛詐欺師のジェシーと日本のゴットファザーの赤星も加わり、香港を舞台にコンゲームを繰り広げる。

Read Article

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

雲のむこう、約束の場所(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『雲のむこう、約束の場所』とは、「ほしのこえ」につづく、新海誠による長編アニメーション映画である。公開は2004年で、制作会社はコミックス・ウエーブ・フィルムだ。この作品は、戦争により北海道と本州以下が南北に分断された日本を描くSF作品で、舞台は青森県である。中学生である主人公の「ヒロキ」は、親友の「タクヤ」と共に、今は異国の地である「エゾ」にそびえる塔に行くための飛行機を制作していた。それは彼らだけの「秘密の計画」であった。

Read Article

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記(漫画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『透明なゆりかご 産婦人科医院 看護師見習い日記』は、作者:沖田×華のアルバイト先での実体験に基づく、1997年頃の産婦人科医院を舞台とした医療漫画作品。漫画家として活躍している作者が、看護師を目指していた時から考えている“命とは何か”という永遠の課題に真剣に向き合い、様々な命の物語を描く。“輝く命”だけではなく“透明な命”もある。時には、“輝く命”として産まれても“透明な命”になることもある。どんな命でも同じ重さがあり、意味があるという“命の尊さ”を考えさせられる作品である。

Read Article

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜(ドラマ・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜』とは、超能力などを使った特殊な事件を捜査するために設立された、未詳事件特別対策係を舞台にした刑事ドラマ及び原作をもとにした映画である。IQ201の天才刑事と警視庁特殊部隊 (SIT) 出身の捜査官が特殊能力(SPEC)を持つ犯人と対決する姿が描かれている。ドラマ初期にはミステリーなストーリーが繰り広げられ、後半になるとSPECに関わる陰謀劇が中心となっている。2人の刑事の個性的なキャラクターも見どころのひとつだ。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

水曜どうでしょう(水どう)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『水曜どうでしょう(水どう)』とは、1996年より北海道テレビで放送されたテレビ番組。 大泉洋、鈴井貴之、藤村忠寿、嬉野雅道の4人が、企画に挑戦するバラエティ番組である。 バラエティ番組でありながら、主に移動中の車内の様子を放送するといった独特な手法により人気番組となった。 家庭用ビデオカメラを用いるなど、低予算番組ならではの撮影方法が取られている。

Read Article

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ゴールデンスランバー(小説・映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ゴールデンスランバー』とは、堺雅人主演のミステリー・ハードボイルド映画である。2010年1月に公開された映画で、日本の小説家の伊坂幸太郎の小説『ゴールデンスランバー』を映画化した作品。仙台運送で働く青柳雅春(あおやぎまさはる)が総理大臣を殺害した事件の犯人に仕立て上げられていくストーリー。映画のロケは全て仙台で行われた。映画のキャストは堺雅人の他に、竹内結子、浜田岳、香川照之、吉岡秀隆などが出演している。2018年2月にはカン・ドンウォン主演の韓国映画版『ゴールデンスランバー』が公開された。

Read Article

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

WATER BOYS 2(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『WATER BOYS 2』とは、2004年7月にフジテレビ系で放送されていた青春ドラマで、2003年に放送されたドラマ『WATER BOYS』の続編である。脚本は橋本裕志と中谷まゆみが手掛ける。主演は市原隼人。その他、中尾明慶や斎藤慶太などが出演している。3年前に共学になったばかりの元女子高に転校してきた元水泳部員の水嶋泳吉が、山本洋介と共にシンクロ部を設立する。彼らは様々な問題に直面するも、夢に向かって奮闘していく。本作の平均視聴率は16.8%を超え、大きな反響を呼んだ。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

世界から猫が消えたなら(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

世界から猫が消えたなら(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『世界から猫が消えたなら』とは日本で作成されたドキュメンタリー要素のあるファンタジー作品である。2012年に発行された原作の『世界から猫が消えたなら』は、翌年の2013年に本屋大賞にノミネートされた。そして2016年3月に単行本と文庫本を含めた累計発行部数が101万5000部になり、同年の5月に映画が公開された。自分の身の周りから物が消え、それに関連した人間関係も同時に消えていく体験をするストーリーでは、主人公とともに人生において大切なものに気付くことができる映画となっている。

Read Article

WATER BOYS(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

WATER BOYS(ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『WATER BOYS』とは、2003年7月の火曜21時にフジテレビで放送されていたドラマ。映画『ウォーターボーイズ』を元に制作されており、脚本は橋本裕志と中谷まゆみ。主演は山田孝之で、森山未來や瑛太などが出演している。シンクロに憧れて唯野高校水泳部に入部した進藤勘九郎は、学園祭のシンクロ公演でリーダーに選ばれたが、シンクロ公演が急遽中止となってしまう。そこで勘九郎はシンクロ公演を実現させるため動き出す。勘九郎と仲間たちの友情や恋愛を描いた青春ドラマである。

Read Article

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

恋空(小説・漫画・映画・ドラマ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『恋空』とは、美嘉のケータイ小説を映画化した恋愛映画である。女子高生の田原美嘉(たはらみか)が同じ学校に通う男子高生弘樹と出会い付き合うところからはじまるが、ある日美嘉はヒロに突然別れを告げられる。ヒロは末期ガンを患い別れを決意したのだが、それを知り美嘉は看病を続けるのだ。しかしふたりに別れがやってくる。この映画は痛いほど切ないのに、どこか温かいラブストーリーとなっている。映画は2007年11月3日に公開され、監督は今井夏木、主演は新垣結衣と三浦春馬が務めた。

Read Article

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話のレビュー・評価・感想

New Review
こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
10

タイトルを見て敬遠した人はぜひ見てほしい!

筋ジストロフィーを患い、余命宣告をされた鹿野靖明が、家族の力を借りずに自立して生活をしたいとボランティアを募り生活していくストーリー。
鹿野が自立した生活をし始めたのには、こんな病気に産んでしまったと母親が申し訳ない気持ちになって、自分のために生きることをやめてしまうのは嫌だと思ったからだ。
しかし、鹿野は集めたボラに暴言を吐き、横柄な態度で日々接していた。それを苦に辞めていくボランティアもいた。そんな時に現れたのが、美咲だった。
美咲も初めは横柄な鹿野に対し嫌悪感すら感じていたが、次第に鹿野の孤独をわかるようになり、お互い惹かれあっていく。
管につながれて、人生を病院に閉じ込められたまま過ごすことよりも、どんなに命が短くなろうとも、楽しく人生を全うしたいと望む鹿野だったが、状態は日に日に悪くなり、ついに倒れてしまう。
しかし、鹿野ボラたちはあきらめなかった。声を失った鹿野に交代で付き添い、寄り添って美咲が見つけてきた方法を医者に内緒で試し、何度も何度もあきらめずにチャレンジし、再び声を取り戻すことができたのである。
鹿野が生きることが、鹿野ボラたちにとっても希望であったからこそ、彼らはあきらめなかったのである。
障がい者として鹿野を見るのではなく、一個人として鹿野を見てほしい。

冒頭の暴言やセクハラ的要素は少しやりすぎな感じがありますが、鹿野という人間が何を考え生きたのか、鹿野ボラたちの気持ちを汲みながらぜひ最後まで見ていただきたい作品です。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
8

ひどい人に思えたけど。

予告だけとか、映画の最初の方だけ見ると、鹿野さんがなんてひどい人だ見えるし、そんなやり方しなくても、外にはいけるだろと思わなくもなかったけど、見ているうちに鹿野さんの信念も伝わってきたし、明るくて、わがままも絶対こうしてってわけではなくて、ちゃんと人を見ていってる感じでした。
障害があり、一人でできることが少なくても、そこで閉じこもるのではなく、恋も諦めないし、アメリカ行きも諦めない、凄く素敵な人です。フリーターが悪いってわけでもないけど、鹿野さんに出会って、夢を追うことを決めたり、美咲さんも成長していて、ボランティアと患者さんが互いに役立っているというところがよかったです。あと、家族との関係も切なくて、でも、実際はそういうとこあるだろうなと思いました。これが実話だというのは、凄くドラマチックです。事実は小説より奇なりとはよくいったものです。
鹿野さん役の大泉洋さんは、さすがでした。わがままでもどこか憎めない感じがよく出てます。年齢がちょっと上というのはあるのですが、じゃあ、他の誰ならこの役をできるかと言われると誰も思い浮かびません。すごくいい話だけど、無理に感動させようとかっていう演出もなく、普通に楽しく見れました。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
9

タイトルからは想像できない涙と愛の物語

大泉洋さん演じる主人公の鹿野は、難病の筋ジストロフィーに罹った男の人。彼は、体は不自由なんですが、わがままで正直な人です。病を患っている人の映画は、ちょっと暗い雰囲気がベースにあってそのまま亡くなってしまったり悲しいストーリーが多いですが、この映画は違います。自分の人生に迷っていたり悩んでいる人にもおすすめです。なぜなら鹿野は、気持ちが良いくらいわがままで自分に正直に生きているから。彼は筋肉が動かなくなる病気なので、寝返りも一人でうてないし、食べ物も一人では食べられません。彼の生活は、ボランティアの人たちによって支えられています。24時間みんなに見守られながら、助けられながら鹿野は生きています。彼をボランティアする田中君を三浦春馬さん、その恋人・みさきちゃん役を高畑充希さんが演じています。二人は鹿野さんのボランティアをしながら互いに喧嘩したり距離が離れてしまうんですが、鹿野さんに励まされて最後は結婚します。「誰かに助けてもらうこと、それは全然恥ずかしくないんだよ。」と、この物語にはそんな温かいメッセージが込められています。できないことは助けてもらう。そうして鹿野は自分の夢を追い続けました。ボランティアの人たちも大変だけど、そこには鹿野に注ぐ愛があって、見ていて柔らかい気持ちになる映画です。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
8

ボランティアされる方が学ばせてやってる?

大泉洋主演の邦画。
幼い頃から難病の筋ジストロフィーを患い、体で動かせるのは首と手だけ。よって、人の助けがないと生きていけないのに病院を出てボランティアの力を借りて生活している。

ボランティアされる側・障がい者って控えめな性格をしているイメージありませんか?
しかし主人公・鹿野靖明は非常にワガママ。あれやって、これは嫌だ、深夜に「バナナが食べたい」とせがんだりする。でもワガママなだけでなく、夢も雄大。いつかアメリカで暮らしたいと夢見て英語の勉強を欠かさない。
BBQに遊びにも行く。体で踊れなくても指先でリズムを取り電動車いすでクルクル回る。そして恋もする。障害ということで自分に引け目を感じることなく、グイグイアプローチして、ついにはプロポーズまでする。
結果上手くはいかなかったんだけれども、夢を追う姿に勇気づけられるのは障害のあるなし問わずだろう。

鹿野が言うセリフで印象的なものがある。「ボランティアは俺から学んでるんだから」だ。ボランティアに自分の生活を支えてもらっているのではなく、ボランティアに経験を積ませてあげているということだ。ボランティアとは何か、支え合いが大切な現代社会、深く考えさせられる人も多いのではないでしょうか。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
9

図々しく生きる逞しさを教えてくれる作品!

主人公の鹿野靖明さんが難病指定の筋ジストロフィーを患いながらも、病院には頼らずにボランティアの手を借りながら自立生活をするという実話を映画化した作品。
最初はとってもワガママで、あたかも自分が王様であるかの様にボランティアを使っています。ひょんな事から鹿野さんのボランティアをやる事になる高畑充希さん演じる美咲が「鹿野さんは何様ですか!?」と言うセリフがあるのですが、本当にごもっともと思わせるヒドイ態度でびっくりさせられます。
しかし彼は障害者も健常者も平等といい、自分らしく生きたいと自分のスタンスを変える事はしません。
なんでこんな人にボランティアの人達はへこへこするのだろう。そこまでいくと善意以上の何かがあるのではないかと思わされます。
そんな彼は、自分が自立生活を送れて自由に生きていられるのはボランティアのおかげだということをしっかり理解し、信頼し、自分の家族の様に彼らを愛していました。そしてボランティアのメンバーも皆、鹿野さんを自分の家族の様に大切に思い、心から少しでも長く生きて欲しいと必死にサポートしていました。
鹿野靖明さん演じる大泉洋さんの演技もとても素晴らしく、大泉洋さんのあのユーモアがワガママだけど憎めない鹿野さんを作り上げています。
難病を抱えつつも決して自分のやりたい事を諦めない生き様は、周りのボランティアの人生にも大きく影響を与えます。
観ている方まで自分らしく生き抜く逞しさと勇気がもらえる作品です!

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
9

観てよかった

筋ジストロフィー患者の鹿野さん自身の体験をもとにして書かれた小説を実写化したお話です。鹿野さんのお世話をするボランティアの青年とその恋人との交流がそれぞれの視点で描かれています。
こういった闘病の様子が描かれた映画でよくあるお涙頂戴といった話ではなく、逆にユーモアたっぷりで笑える場面が非常に多かったです。
そんな中でも、ボランティアの青年の将来へのやるせない気持ちだとか、それを支える恋人の葛藤、その恋人に想いを寄せるせつない主人公の様子も描かれていて、笑いだけではなくストーリーもしっかりしていました。
ただ病気を悲観するだけではなく、こういった作品に触れることで病気への理解も深まり、身近に感じることができると思います。
そして、鹿野さんご本人もきっと素敵な人だっただろうと思いますが、大泉洋さんの演技が素晴らしく、とても魅力的な俳優さんだと改めて感じさせられました。
特に好きなのは命がけのサプライズのシーンです。普通で言えば不謹慎なのでしょうが、自らの病気をネタにして誰かを笑顔にしてしまう主人公がとても愛おしく、主人公が言うわがままも命を全力で全うしているからこそ生まれてくるものなのではないかと思いました。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
9

生きるって。

障害をもっている、いないに関わらず、ひとには出来ることと出来ないこと、得意なこと不得意なことがあります。人間だもの、全てを完璧に出来るなんてことは不可能です。自分には何が出来て、何が得意なことなのかをきちんと把握し、そして自分には何が出来なくて、何が不得意なことなのかを把握し、出来なかったり不得意な自分をしっかり認めて、けして卑屈に思わず、ちゃんと相手に手伝ってほしい、助けてほしいと伝えて一緒にやってもらう事も大事なんだと思います。でも、出来ないから、不得意だからやってもらって当たり前というわけではなく、心にいつも感謝の気持ちを忘れず、自分に出来ることで相手に返せることはないかという気持ちを持つこともとても大事なんだと思いました。人に助けてもらうことは生きていると沢山あると思います。その時はその時は人の優しさに甘えさせてもらい、もし、自分に誰かが、助けて、手伝ってほしいと声をかけてくれることがあったらちゃんと答えてあげることの出来る人になりたいです。そして社会もそんな助けて、手伝っての声をあげやすい優しい世の中になるといいなと感じられる映画です。私もひとつ勇気をもらった気がしてとても元気になれました。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
9

わがままになる勇気

実話を元にした映画です。
筋ジストロフィーという難病に侵された男が家族に頼らずに自立した生活を送る物語です。
障がい者を扱った映画は感動系が多いと思いますが、この映画は感動だけじゃない、笑いと感動、そして最後には障がい者の自立について考えさせられます。
主人公鹿野はたくさんのボランティアを集めシフトを組み入浴や食事介助、排泄のケアを依頼しています。そこでは全くの遠慮はなく怒ったり、新しいボランティアには「研修生」と名付け指導しています。
しかしひどい扱いを受けてもボランティア達は鹿野の天性の明るさ、全力で夢に向かっている姿に刺激を受け辞めずに続けています。
鹿野はできない事を頼める勇気の必要性を訴えています。
進行していく病気とは裏腹に、どんどんわがままになっていく姿には爽快さすら感じました。
大泉洋のコミカルながらリアリティーのある演技にどんどん引き込まれていきました。
障害や福祉に関しては正解はないかもしれませんがこれを見た後は自分なりにこうあるべきなのかも、と考える事ができました。
出演者もむやみやたら多くなく、わき役もいい味を出しておりとても見やすかったと思います。
もう一度見たいと思える作品でした。

親タグ

兄弟タグ