NANA / ナナ

NANA / ナナ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

NANA / ナナの関連記事

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

NANA(ナナ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

NANA(ナナ)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『NANA』(ナナ)とは、 矢沢あい原作の少女漫画及び原作を基にする関連作品群である。主人公のナナと奈々(なな)が偶然出会い、ひょんなことから同居生活を始める。そしてナナが所属するバンド・ブラストやそのライバルであるトラネスのメンバーなどを交えて、様々な恋愛が描かれている。奈々はノブとタクミの間で気持ちが揺れてどちらの子か分からずに妊娠したり、ナナは喧嘩のあとに夫のレンを亡くしてしまうなど、重たいシーンも多く登場する。

Read Article

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

本城蓮(ほんじょうれん)は、矢沢あい作の漫画『NANA』の主人公である大崎ナナの婚約者。人気バンド「TRAPNEST」のギター、作曲担当。港町の倉庫街に捨てられていた。地元では「BlackStones」のベースを担当し、ナナと同棲。「TRAPNEST」に誘われたことにより上京し、ナナと別れる。2年後にナナの上京により、再会。再び付き合うこととなり婚約する。薬物依存症。ナナの20歳の誕生日の前日、車の自損事故で死亡している。

Read Article

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬巧(いちのせたくみ)は矢沢あいの漫画『NANA』の登場人物。人気バンドTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のリーダーであり、ベースを担当している。理性的に物事を考え、頭の回転が早く常に冷静である。愛称はタクミ。 同じトラネスのレイラは幼馴染で特別な絆があり、レイラを守るナイトのような一面もある。 恋愛に関しては自由奔放で、一度に何人とも関係を持ち安定はしていなかったが、小松菜奈と出会いのちに結婚する。

Read Article

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(おかざき しんいち)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物で主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)通称:「ブラスト」」のベースを担当。仲間からは「シン」、「シンちゃん」という愛称で呼ばれている。親に見放されているシンは愛情を知らずに育ち、未成年にして喫煙、飲酒、売春を行っているがレイラや仲間との出会いにより、愛について悩み、揺れ動きながら成長していく。

Read Article

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬奈々(いちのせなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。愛称はハチ。 恋愛体質で夢見がちな性格。情に流されやすく、涙もろい。 ナナとは同居人の仲でBLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)のことを一番応援している。 ブラストやTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のメンバーからとても可愛がられており、奈々自身も仲間想い。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格の寺島伸夫(てらしまのぶお)とは相性が合う。

Read Article

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(せりざわレイラ)とは、人気漫画『NANA』の登場人物であり、作中に登場する人気バンド「TRAPNEST(トラップネスト)」、通称「トラネス」のボーカリストである。日本とアメリカのハーフであり幼い頃からその美貌と、ボーカリストとしての才能に注目されていた。同級生から差別を受けいじめられた過去を持つ。幼馴染であり、後にトラネスのベーシストとして共に活動していくタクミからバンドのボーカルとして誘われ、徐々に自分らしい生き方を見出していく。

Read Article

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(たかぎ やすし)とは矢沢あい作の漫画『NANA』に出てくる登場人物。 バンドのBLACK STONESではリーダーであり、ドラム担当。ナナの保護者代わりを担っている。メンバー内からは時たまやっさんと呼ばれている。スキンヘッドにサングラスという強面な風貌とは裏腹に、いつも心穏やかで周りのことを常に見守り、冷静に物事を判断できる性格。それもあってか周りからの信頼も厚く、頼りにされている。

Read Article

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞(つづきまい)/上原美里(うえはらみさと)は、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場するキャラクターである。作中に登場するバンド「BLACK STONES」のお世話係として四海コーポレーションに勤務している。中学時代から「BLACK STONES」の熱狂的なファンであり、「BLACK STONES」が東京でライブをするたびに上京するほどだ。本名は都築舞であり、ナナの母親が再婚相手との間にできた子である「上原美里」という名前を名乗っていた。

Read Article

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。 身長が低いことがコンプレックス。 パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。 人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

Read Article

篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(しのだ みう)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れない女優で、物事を冷静且つ客観視出来るしっかり者の大人な女性。周囲からは名前の美雨をもじった「ミュー」と呼ばれている。恋愛経験が少なく、孤独からリストカットを繰り返したり、過呼吸の症状を持っていたりする。後に主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」のリーダー兼ドラム担当であるヤスと付き合う。

Read Article

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(おおさきなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のボーカル。二の腕に蓮のタトゥーが入っている。TRAPNESTの本城蓮(ほんじょうれん / レン)とは恋人同士。 レンの影響を受けており、ファッションやしゃべり方、癖などよく似ている。 幼少期に母に捨てられており、育ての親である祖母も亡くなってしまい天涯孤独。 友人や恋人など、自分と近い存在の人との関係性に悩み傷つきやすい性格。

Read Article

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(えんどうしょうじ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターで、『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の元恋人である。地元の専門学校を卒業後、1年浪人し東京の美大に合格した。奈々の上京後、奈々のわがままに疲れていた章司はアルバイト先で出会った川村幸子(かわむらさちこ)と二股をかけた末、幸子を選びそのまま奈々と破局。その後は、幸子と同棲を始めたり、誕生日に花束を渡したりと幸子のことをすごく大切にしている。

Read Article

川村幸子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

川村幸子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

川村幸子とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。愛称は幸子。頑張り屋さんで、自分自身のやりたいことに向かってひたむきに努力するタイプ。周りからの評判もよい優等生だが、ときおり不思議ちゃんになることもあり、周りからギャップがあると言われるが本人に自覚はない。遠藤章司とは大学の同級生であり、同じバイト先のバイト仲間。基本は恋人一筋な性格。そんな章司に恋人がいることが分かっても諦めきれず、彼の心を捉えたことで浮気相手から彼女になった。

Read Article

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合(こうさかゆり)/松本朝海(まつもとあさみ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れっ子AV女優。香坂百合は芸名で本名は松本朝海。主人公の大崎ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)も所属している芸能事務所「四海コーポレーション(通称:四海)」の寮に住んでいる。ここでブラストのギタリスト寺島伸夫(てらしま のぶお)と出会い、特技の色仕掛けから交際に発展する。恋愛と仕事の狭間で思い悩む様子が描かれている。

Read Article

結城詩音(NANA)の徹底解説・考察まとめ

結城詩音(NANA)の徹底解説・考察まとめ

結城詩音(ゆうきしおん)とは、矢沢あい原作の大人気漫画およびアニメである『NANA』に登場するバンド・BLACK STONES(ブラスト)のファン。インディーズ時代から追いかけており、特にドラム担当の高木泰士(たかぎやすし)を愛しているため、ブラストファンというよりもヤスのファンである。ブラストのファンクラブ会長を務めている。

Read Article

一ノ瀬皐(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬皐(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬皐(いちのせさつき)とは、矢沢あい原作の大人気漫画およびアニメである『NANA』に登場する主人公・一ノ瀬奈々(いちのせなな)と一ノ瀬巧(いちのせたくみ)の娘。奈々と巧の長男である蓮(れん)のことを「お兄ちゃん」と呼んでいるため、第二子として描かれている。父親である巧と同じ黒髪で眉毛がそっくりであるが、性格は母親に似ている。

Read Article

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(さおとめじゅんこ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。主人公 小松奈々(こまつなな)の親友。実家は農家を営んでいる。元ヤンの為、物怖じしない性格でしっかり者。愛称は「淳子」や「淳ちゃん」。ピンチになる度に泣きついてくる奈々を時には母親のように叱り、時には愛のムチで突き放したりする姉御肌気質の大人な女性。上京し美大に通いながら油彩を勉強している。地元の専門学校時代に高倉京助(たかくら きょうすけ)に出会い、飲み会で意気投合し恋人となり都内で同棲している。

Read Article

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(ふじえだなおき)は矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する人気バンド「TRAPNEST」のドラム担当。中学時代からバンドをはじめ、高校時代に「TRAPNEST」に加入。高校卒業後に上京しメジャーデビュー。目立ちたがり屋で中学時代から金髪にしている。ムードメーカーであり、天然な発言や行動も多く、バンドメンバーによくつっこまれている。周りでは多くの事件が起こるが能天気に過ごしていることが多い。未来のシーンではイギリスに住んでおり、いなくなったナナを探している。

Read Article

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(たかくらきょうすけ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターである。『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の友人で、奈々の親友である早乙女淳子(さおとめじゅんこ)の恋人である。淳子と共に東京の美術大学へと通い、淳子と大学の友人とともに画廊を借りて個展を開いている。専攻は油絵。淳子と同様、大人びているため奈々からは「熟年カップル」と呼ばれている。コミックスの未来のシーンでは淳子と結婚していると思われる場面が描かれている。

Read Article

蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

蓮(れん)とは、矢沢あい原作の大人気漫画およびアニメである『NANA』に登場する主人公・一ノ瀬奈々(いちのせなな)と一ノ瀬巧(いちのせたくみ)/タクミの息子。奈々がタクミとノブの間で揺れている時に妊娠した子であり、誰の子かは明確にされていない。皐(さつき)という妹がおり、未来のシーンでは皐は奈々と日本で、蓮はタクミとイギリスでそれぞれ暮らしている。

Read Article

上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

上原美里(うえはらみさと)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 NANAの主人公の一人である大崎ナナ(おおさきなな)とは異父姉妹。 実家は大阪でお好み焼きを営んでおり、美里自身も関西弁を話す。 知らずのうちにナナがボーカルを務めるバンド、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のファンになり、急接近することとなる。

Read Article

NANA / ナナのレビュー・評価・感想

NANA / ナナ
9

漫画「NANA」活動休止までの振り返り

「NANA」は、作者矢沢あいによる作品。集英社「Cookie」にて2000年7月号から連載されていたが、2009年8月号から作者療養のため、休載が続いている。
バンドで成功するために上京した「ナナ」と、東京に住む彼氏と同居するために上京した「小松奈々」
が新幹線の中で出会う。新幹線の中で隣同士の席になった2人。
話したがりの「奈々」と淡々と奈々の話を聞く「ナナ」は新幹線から降りて、連絡先も交換しないまま別れる。
その後、奈々は家探しをし、気に入った物件の見学先で新幹線で出会った「ナナ」に出会う。部屋の広さと家賃が割り勘になることを不動産屋から提案され、2人は同居することに。
この同居が2人の運命と歯車を大きく動かすことになる。
ナナには、ロックミュージシャングループ「トラネス」のメンバー「レン」「タクミ」「レイラ」「ナオキ」と繋がりがあると知ると奈々は大興奮。
特に奈々はタクミの熱烈のファンで、のちにタクミと急接近することになるのだが、ナナは2人を出会わせたことを死ぬほどに後悔するのだ。
ナナのバンド「ブラスト」のメンバー「ヤス」「ノブ」「シンイチ」。彼らもまた「トラネス」やナナと奈々の関係で大きく人生が変わる。一人ひとりが主人公のため、どの人物にも感情移入ができ、目が離せない物語になっている。

NANA / ナナ
9

漫画『NANA』の魅力

『NANA』は2000年から漫画雑誌『Cookie』で連載されていた少女漫画です。物語は彼氏を追いかけて上京するハチこと小松奈々と、歌手になる夢を叶えるために上京する大崎ナナが偶然同じ新幹線に乗り合わせるところから始まります。そして2人は東京で一旦別れた後、再会し、ひょんなことから同居することに。ハチとナナを中心にして恋愛や複雑な人間模様が描かれており、キュンとしたり切なくなったり、さまざまな感情にさせてくれるストーリーです。

『NANA』の大きな魅力は個性的なキャラクターたち。奈々は人懐っこく天真爛漫で一目ぼれしやすい性格ですが、ナナは複雑な生い立ちで気性が荒く男っぽい性格です。正反対な性格の2人ですが、運命的な出会いを果たしたことがきっかけで、親密な関係になっていきます。他にも2人に関係する様々なキャラクターが登場しますが、皆どこか不器用だったり、時には間違いを犯したり、人間臭い生々しさがあるのが魅力になっており、綺麗な部分だけでなくドロドロした部分が描かれるのも見どころ。複雑に絡み合う人間関係は読み応えがあり、何度読み返しても楽しめます。作者が体調不良のため長い間休載していますが、続きがとても気になるところで休載してしまったので何とか再開してほしいですね。

NANA / ナナ
9

現代でも共感できる緻密な人間ドラマの名作

彼氏との同棲の為に東京へ来た小松奈々と、バンドミュージシャンとして成功を目指す大崎ナナ。二人の「ナナ」が上京する新幹線での出会いをきっかけにルームメイトとなるという導入から始まります。
ナナの属する「BLACK STONES」のバンドメンバーや、ナナの恋人である本城蓮が属する「TRAPNEST」のバンドメンバーなど、多数の個性豊かなキャラクターたちの人間ドラマが展開される作品です。

この作品の魅力はそれぞれのキャラクター達の人間性がリアリティをもって丁寧に描かれている点です。
特に恋愛ストーリーの少女漫画では人間的にきれいで真っ当で理想的なキャラクターが多い印象ですが、『NANA』に出てくるキャラクター達は必ずしも真っ当ではありません。
恋人がいるのに別の男性と関係を持ったり、自分の彼氏と別の女性との関係性に嫉妬したりとキレイではない感情が等身大で描かれており、時にはズルくてだらしないキャラクター達の内面が垣間見ることもあります。
ただ、そういった点が共感を呼びストーリーへの没入感を生んでいるといえるでしょう。

NANA / ナナ
10

色褪せない名作

矢沢あい作品はおしゃれな絵柄とファッションやインテリアもさることながら、緻密に張られた伏線や、丁寧な心理描写が見事です。
特にNANAはそれまでの少女漫画テイストとは違い、恋愛、仕事、人間関係などにリアリティがあり味わい深い辛口な大人向けの作品になっています。

ストーリーは二人のNANAを中心に進みます。
まさに少女まんがの主人公!な平々凡々な夢見がちな奈々と、パンクロックバンドのボーカルを勤めるナナ。
見た目も性格も正反対の二人が運命的な出会いをし、周りを巻き込みながら夢に向かって人生を歩む様は熾烈で苦しく息が詰まります。
しかし、そんな二人や周辺人物をコミカルに、軽やかに、でも丁寧に描く描写力は圧巻です。
そしてやはり多様なファッションにも注目です。眺めているだけでもため息がでるほど素敵です。

2000年代初期の作品ということで、あの時代の空気感をそのまま真空パックしたような懐かしさに浸れます。
音楽が時代を動かし、世間を巻き込み、田舎の少女が国民的大スターになる。
そんな夢みたいなストーリーが現実にあり、誰もが熱狂していました。

残念ながら2022年現在は休載中で再開の目処はたっていないようですが、矢沢先生の体調のご回復を祈りながら再開を気長に待ちたいと思います。

NANA / ナナ
8

NANAが再開するのを待っている。

親に捨てられ厳しい祖母に育てられたナナは祖母の死と見た目からの誤解から高校を辞めてしまう。クラスメートの誘いでライブハウスへ訪れヴォーカリストの地位をつかむ。
一方、恋に恋焦がれるもう一人の菜々。付き合っていた彼を追って東京へ上京。その行く途中でナナは奈々と出会う。
ナナはバンド「ブラスト」のヴォーカリストとして、そして過去に愛し合ったレンとの再会で再び愛し合い、奈々は離れて行った彼の心を取り戻すことなく、寂しさをナナのはからいで知り合った人気バンド「トラップネス」のベース、タクミと愛し合い入籍し子供を授かる。色々繋がり、絡み合い、もがきながらそれぞれのNANAを中心にドラマは流れていく。
マンガはレンが車の事故で亡くなったところで止まっている。アニメや実写映画(1部・2部)までやっている「矢沢あい」さんの大ヒットマンガである。
ロックバンドが大きくなっていく過程やカッコいい劇中歌も大好きなところです。実写映画でナナ役は「中島美嘉」さんが演じられていて「GLAMOROUS SKY」等のカッコいいロックナンバーが印象的でした。アニメ版では当時は声優さんと歌のシーンは別の人(歌手)が担当をしていました。ナナの声優さんは「朴璐美」さんで歌は「土屋アンナ」さんでした。「rose」や「黒い涙」などが印象的なロックサウンドを聞かせてくれます。
この素晴らしいロックバンドを題材にした『NANA』がめちゃくちゃ途中で終わっています。再開を強く望んでいます。途中で終わっているから美化されているんだったら嫌だなー。

NANA / ナナ
7

少女漫画を超越している

作者体調不良により完結していないにも関わらず2度映画化された少女漫画。
地方から上京する新幹線でたまたま同席となった同じ名前の少女2人が夢を叶えるために奮闘するストーリー。
背景がデジタル加工である為、リアルな風景が表現でき主人公達が実際の場所にいるかの様に想像できる。
中盤から回想と現在の話が平行に進むようになり少女漫画と思えない小説の様なストーリーの進み方で奥行きがある。
衝撃的な出来事が随所にあり20代の少女から女性へ成長する過程の危うさや夢を見られるエネルギーが上手く表現されている。
主人公達の人間離れしたスタイルの良さや才能が直ぐに評価されるところに少女漫画らしさは残るがオシャレでファショナブルな絵のタッチである。
伏線が随所にある為、何度も読み返すことが必要となるだろう。
先述したが作者が体調不良で休刊となり10年以上経っても続編を待つファンは多い。
海外版も出版されているようでフランスに旅行した際に本屋で見つけた時は非常にテンションがあがり買ってしまった。
ファンは国内外にもいるので留学や海外赴任の際に話題にのぼることもあるだろう。
休刊直前に主人公の恋人が死んでしまうので話はどんどん暗くなっていくのだろうが続きを読みたいと思わずにはいられない。

NANA / ナナ
8

とにかく登場人物が素敵!

矢沢あいの漫画の中でも断トツでオススメ出来る漫画です。まず二人のナナと奈々のキャラが違い過ぎるのに、お互い惹かれ合いながら助け合う姿が興味深い。そして、子供の頃母親に捨てられたトラウマで、一見強そうなのに繊細なナナと、ホワーンと癒やしキャラなのに実はしっかり者の奈々のギャップがいいです。そして、そこから発展して行く恋愛模様もまた実に面白い。個人的に、トラネスのタクミが好き過ぎるのですが、トラネスとブラスト、それぞれのバンドのキャラも最高です。漫画なので、見た目はもちろんですが、個人個人のキャラが被ることなく、それぞれが抱える人間臭さが上手く描写されています。次第に拗れていく人間関係ですが、大人になるにつれ、責任だったり、状況だったりで、以前大切にしていたものを守れなくなる切なさも本当に上手く伝わってきます。最終的に、喧嘩をし仲直りをしないまま、ナナの婚約者のレンが交通事故で亡くなってしまうのですが、その後どうなっていくのかが実は分かりません。矢沢あいさんが体調不良で連載が止まっているのです…。ナナが行方不明になって、それを探す奈々の様子は途中出て来るんですけどね。体調不良は仕方がないので、再開まで楽しみに待ちたいと思います。

NANA / ナナ
10

これぞ矢沢あい!!と思える作品

『NANA』は、Cookieにて掲載されていた矢沢あい先生作品です。同じ名前、同じ年齢の女性が東京へ上京する電車に中で出会い、一緒に生活するという一風変わった物語です。恋愛中心で生きてきた我が儘で自由奔放な奈々、辛い境遇から精神的に不安定な部分がありながら音楽という一本の筋を辿るナナ。作中では奈々が何人もの男の人に恋をして交際をするのですがことごとく上手くいかず、最後には関係を切ったはずの男の子供を妊娠して、結婚をします。その相手はナナがよく思っていない人物で、一時は奈々とナナの間に大きな溝ができることに。その後ナナは情緒不安定になり、怒鳴り散らしたり過呼吸を発症。結婚を決めた奈々は相手が浮気していてもお腹の子供のために離婚しないと決意を固め、成長していくのです。そんな2人を中心に周りの人物も売春や薬物使用で逮捕されたり、失踪した母親と腹違いの妹が出てきたりとドロドロとした重いエピソードが繰り広げられています。従来のキラキラした少女漫画とは違い、正反対の2人が一緒にいることで友情でもなく愛情でもない歪な関係を築いていき、憧れよりも共感を抱く女性が多く感じます。

NANA / ナナ
10

共感できる少女漫画

『NANA』は主人公が2人居る少女漫画です。背景は従来の少女漫画とは違いキラキラした物ではなく、大人の世界を描いた、友情と愛情が入り混じったお話です。
奈々については「恋に生きてきた少女が大人になるとこうなってしまうのか」と、妙に納得します。常に恋をしていないと落ち着かない、トキメキを求める彼女がナナと出会い、浮気をされたり二股まがいのことになったり妊娠したりと多くの難題に向き合い成長していく共感出来るキャラクターです。最初に出てきた彼氏が浮気したのは許せないけれど、浮気相手を見ると「仕方ないかな」なんて思ったりもします。
そして、同じ名前のもう1人の主人公ナナ、彼女は幼い頃に母親に捨てられ、愛情を知らないまま大人になりました。友人や恋人に恵まれながらも、信じていた恋人から突然別れを告げられます。心がすり減った彼女は、東京に上京する際に同じ名前で同じ歳の奈々に出会い、次第に奈々に依存していきます。そんな彼女が物語の鍵です。
ナナと奈々を取り巻く個性豊かな登場人物にも色々な出来事が起こり、ナナと奈々は次から次へと大変な事に巻き込まれます。
物語の鍵となるナナがどういった成長をしていくのか、そこに奈々がどう関わってくるのか。2人のNANAの行く先が気になってドキドキします。

NANA / ナナ
10

映画 NANA 1の魅力

20歳の彼氏を追いかけて上京してきた小松奈々と同じく20歳の夢を追いかけて上京してきた大崎ナナが上京する時に乗った電車の中で、隣の席になり出会う事になる。真逆なタイプの2人なのに妙に気が合い、電車内で楽しく過ごす。そして後日、2人とも一人暮らしをする為に部屋を見に行った先で再会し、家賃も半分ずつだからお得だという事で、全くタイプが真逆の2人の妙な共同生活が始まる。
奈々には章司という彼氏がいたが、章司は浮気をしていた。浮気により傷ついた奈々を守ってあげたのはナナだった。またナナにも蓮という離れ離れになった会えない彼氏がいたが、そこを再会させたのは奈々だった。奈々とナナはお互いにないものを埋め合えるような、まるで恋人のような関係だった。他にも主要人物として、奈々の周りには専門学校時代からの友人である淳ちゃんと京介がいる。ナナの周りにもヤス、ノブ、シン、レイラなどバンド仲間やバンドに関係する人が出てくる。
ナナは「ブラスト」というバンドを組んでいる。そしてかつて一緒にナナとバンドを組んでいたが、今は離れ離れになっている蓮が組んでいる「トラネス」というバンドがある。その二人の微妙な距離感がまた魅力の一つだ。トラネスはビックなアーティストとなり、それを越えてやろうとするブラストのナナ。二人はまだ恋愛関係であり、ライバルでもある。好き同士で何とも切ない気持ちになる。
夢を取ったナナの「GLAMOROUS SKY」は社会現象となったすごくおすすめの曲である。

NANA / ナナ
10

10年経っても待ち続けられる程にハマってしまう。

主人公は2人のナナという女の子。1人は、サバサバしており、ロックバンドのボーカル。もう1人は、恋愛体質で、世話好き、好きになったら一直線なキュートな感じ。そんな2人が、上京する新幹線の中で運命的な出会いをする。
雪の影響で、止まってしまったことで、隣の席だった2人は何時間も語り明かす。連絡先も交換せずに別れた2人だったが、偶然にも同じマンションの内見で再会。そこは、2DKの7階建ての707号室。乙女体質な奈々は運命だと感じる。2人で暮らすようになった2人のナナと奈々。そこへ、ナナのバンド仲間が出てきたり、奈々の彼氏と浮気相手が出てきたりと、環境は変わってくる。ある時、奈々は大好きなバンド・トラネスのライブにナナを誘う。しかし、トラネスのギターのレンはナナの元カレであった。再会したレンとよりを戻したナナ。奈々がファンだというベースのタクミと会う会を開く。知り合った奈々とタクミは一線を超え、付き合ったと思ったのもつかの間、喧嘩別れをしてしまう。その後、ノブと付き合い始めた奈々だったが妊娠が発覚。この妊娠を機に、幸せだった2人の環境が変わっていく。ナナもメジャーデビューを果たしたが、多忙プラスマスコミに追われる日々で、ゆっくりレンと会う時間さえもなくなっていた。そんなとき、レンが交通事故に遭い帰らぬ人となってしまう。これから結婚をしようとしていた2人。ナナは、生きる力を失ったかのように話すことさえ出来なくなっていた。このあと、休載になってしまうのだが、死ぬまでに再開してくれるのを願うばかり。

NANA / ナナ
10

女の友情、夢、希望

まずロックやパンク好きな方にはオススメしたいと思います。主人公のnanaは有名のパンクバンドセックス・ピストルズのSIDが好きで、SIDとその恋人のNancyとの恋愛に憧れています。自分の恋人の蓮にもSIDが付けている南京錠のネックレスを付けさせています。
メインの物語はnanaともう一人の主人公・奈々が上京の電車で出会って仲良くなり、その後、偶然にも部屋を借りる時に再び会って、二人が一緒に住むことになりました。nanaが上京してから仲間たちとバンド活動を続き、有名になるために様々な努力や活動をしました。奈奈は恋人を追いかけるために上京したんですが、恋人に浮気されて別れることになってしまいました。その時とても辛かったですが、nanaに支えて持ったおかげで何度か立ち直りました。nanaのツテで有名人で憧れのバンドのメンバーに会えて体の関係を持ってしまいましたが、nanaのバンドメンバー伸に恋されて付き合うことになりました。nanaのバンドは遂にデビューすることになって有名になりましたが、nanaと奈奈との友情や、二人は恋人との関係や色々な展開があって複雑で現実性があって読者に心を痛みました。

親タグ

子タグ

兄弟タグ