NANA(ナナ)のネタバレ解説・考察まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画。実写映画化、アニメ化もされた人気作。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。大雪で足止めされた新幹線の中で、同じ名前で同い年の2人が偶然隣り合わせる。それぞれ目的を抱え東京へ向かっていた2人だったが、ひょんなことから同居することになるのだった。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

『NANA』の概要

『NANA』とは、『Cookie』にて2007年から連載されている少女漫画である。作者は『ご近所物語』、『天使なんかじゃない』の矢沢あい。
2009年から作者療養のため休載中。

小松奈々と大崎ナナ。同じ名を持つ同い年の2人がそれぞれ上京する新幹線の中で隣り合わせる。大雪で止まってしまった新幹線で、奈々は持ち前の人当たりの良さと明るさでナナに自身の近況を話し始める。
一方、クールであまり人に心を開かないナナは自身の話はあまりしないものの、彼女なりに楽しく奈々の話に耳を傾けていた。
無事に到着した東京駅で別れた2人だったが、ひょんなことから同居することになる。

「一目惚れの鉄人」と呼ばれるほどの恋愛体質の奈々は、彼氏の章司を追って上京したものの職が定まらないなど不安要素も多く、大学に通う章司とも次第に距離が生まれ始める。
最終的に浮気をされてしまい、この世の終わりのように落ち込む奈々だったが、以前からファンだった「TRAPNEST(トラップネスト/トラネス)」のタクミをナナに紹介されたことがきっかけで、関係を持つようになる。
「TRAPNEST」にレンを奪われたと感じていたナナに、自分とタクミの関係を奈々は言えずにいた。

地元でバンド活動をしていたナナは、自分の可能性を信じ、孤独を抱えながら一人上京する。
ナナがボーカルを務めていたバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」でベースを担当していたレンはナナの恋人だった。地元で活躍して行く中レンにだけオファーが来たことで、レンは「BLACK STONES」を脱退し、「TRAPNEST」というバンドでメジャーデビューを果たしている。
レンが東京へ向かう時別れを選んだ2人だったが、東京で再会を果たしたことで見栄やプライドを捨てて再び寄り添い合うようになる。
地元でバンドを組んでいたレン以外のメンバーであるノブとヤスも遅れて上京し、ベースには新メンバーのシンを迎え入れ着実にファンを定着させた「BLACK STONES」は、遂にメジャーデビューを果たすのだった。

容姿、性格と正反対である奈々とナナの葛藤と成長を時にやさしく時に厳しく描き、2人の友情と2つのバンドを軸に様々な出来事が展開されて行く。
残酷なまでに突きつけられる試練や挫折、ヒロインである奈々の好感を持てない行動など、従来の少女漫画とは一線を画している。
人間関係の中で生まれる心の機微や繊細な感情、そしてそれぞれのキャラクターの背景など、微に入り細を穿つ表現はインパクトがあり印象的である。

2005年9月3日に1作目の映画『NANA』が公開された。小松奈々役を宮崎あおい、大崎ナナ役を中島美嘉が演じている。2006年12月9日に公開された2作目の映画『NANA2』は、キャストが一部変更となり、小松奈々役は市川由衣が演じている。
また、2006年4月から2007年3月までテレビアニメが放送され、アニメの大崎ナナの歌唱は土屋アンナが担当していた。

『NANA』のあらすじ・ストーリー

2人の「NANA」が出会う前

高校の卒業式の日、小松奈々(こまつ なな)は大失恋した。友達の早乙女淳子(さおとめ じゅんこ)はそんな奈々を慰めていた。淳子と地元の美術学校に通うことになった奈々は、ここで必ずいい男を見つけると意気込んだ。
美術学校で奈々は、淳子の中学の同級生であった遠藤章司(えんどう しょうじ)と再会し付き合うことになる。章司の高校の同級生である高倉京助(たかくら きょうすけ)は淳子と意気投合して付き合うことになり、それから4人はいつも一緒にいた。
夏休みのある日、淳子、京助、そして章司は東京の美大に行くと奈々に話す。奈々も、3人と離れたくない一心で東京の美大を受けるが、見事にすべて不合格。結局地元の美術学校に通いながら貯金して、卒業後単身で上京すると決意する。章司とは遠距離恋愛になってしまうが、奈々はいつか再会できる日を夢見て日々バイトに励むのだった。

雪の降る小さな町でバンド活動をしていた大崎ナナ(おおさき なな)は、もっと大きな会場でライブがしたいと夢見ていた。ナナがボーカルを務め、ベース担当でナナの恋人でもあるレン/本城蓮(ほんじょうれん)、ナナの同級生でレンと知り合いのノブ/寺田伸夫(てらだ のぶお)がギターを担当し、レンと幼馴染のヤス/高木泰士(たかぎ やすし)がドラムを担当している4人組バンドの「BLACK STONES」(通称ブラスト)は地元で人気を誇っていた。しかし、東京でメジャーデビューが決まったバンド、「TRAPNEST」(通称トラネス)のギタリストのオファーを受けたレンは、ブラストを抜けて上京することになる。
レンの恋人としてそばにいることよりも、自分の夢を選んだナナはレンと別れ地元に残る。そして20歳の誕生日の日、ナナは東京までの片道切符を自分にプレゼントするのだった。

運命の出会い

奈々とナナの出会いのシーン

美大に合格した章司を祝うべく、奈々は東京へ向かう。途中の新幹線で奈々が隣り合わせたのが、ギターケースを抱えた大崎ナナだった。世間話をしていた所で奈々が電話に出たことで、二人の名前が同じ「ナナ」であることが発覚する。
同い年で同じ名前ということで親近感を覚えた奈々は、嬉々としてナナに自分語りをする。東京駅に着くと、二人はすぐに別れてしまう。
東京で済む部屋を探していた奈々は、マンションの内見に行った際、ナナと偶然再会する。同じ部屋を気に入った2人の”NANA”は、多摩川沿いのマンションの707号室に、一緒に住むことを決める。
ある日、元バンドメンバーのノブがナナを訪ねたことをきっかけに、ナナは本格的にバンド活動を再開する。メンバー募集のポスターを見て連絡してきたシン/岡崎真一(おかざき しんいち)、そして元々ドラムを担当していたヤスが加わり新生ブラストの活動が始まる。
この頃、章司のバイト先であるファミリーレストランに、川村幸子(かわむら さちこ)という女の子が入って来た。章司と同じ大学で、帰る方向も一緒の2人は次第に距離を縮めていく。
奈々は東京にある出版社で働き始め多忙な日々を送っていた。久しぶりのデートで、行きつけの店であるJACKSON HOLE(ジャクソンホール)で食事をする奈々と章司。大学生である章司と社会人として働く奈々の間にはすれ違いが生じ始め、気まずい雰囲気になっていた。
このままでは引き返せなくなると思った章司は幸子と縁を切ろうとする。しかし、幸子の涙を見て章司はついに一線を越えてしまう。
奈々は章司と仲直りするため、バイト先のファミリーレストランへナナと訪れた。そこで章司は、思いつめた表情で奈々に「あとで話がある」と言った。

別れと再会

奈々とナナは、レストランの前で章司を待っていた。そこで奈々は幸子を呼び止め抱きしめる章司を目撃する。幸子のことを彼女と呼ぶ章司に激怒するナナ。対して奈々は失恋を確信し涙する。茫然自失となった奈々は、ナナと手を繋いで帰路につき、一緒に眠る。
深く傷付いた奈々の元に、大ファンだったトラネスの最前列のライブチケットが届く。思わぬ幸運が訪れた奈々は、徐々に元気を取り戻す。

一方ナナは新生ブラストの初ライブを行い、そこで美里(みさと)という女の子と出会う。美里はブラストの追っかけをしていて、ブラストのことは誰よりも詳しかった。奈々は、美里と話す内に、レンとナナが恋人同士だったことに気づく。
その後、奈々はトラネスのライブにナナを誘う。ライブ会場が近くであったため、奈々は旅行も兼ねナナを実家に招く。そこでナナは自分の過去について話す。4歳の頃に母親が蒸発し祖母に育てられていたという。ナナが心を開いてくれたと感じた奈々は嬉しくて涙を流す。泣き止んだ奈々は、ナナにレンへの想いを聞く。驚くナナだが、二人の関係を察してライブへ誘ってくれた奈々に礼を言う。
コンサートの後再会したナナとレン。始めはやり直す気はないと言っていたナナだが、レンが抱きしめると涙を流してレンのことを抱き返した。
レンとの復縁のお礼としてナナは、サプライズでトラネスのタクミ/一ノ瀬巧(いちのせ たくみ)と奈々を会わせる。タクミの大ファンだった奈々は、タクミに会えた感動と、ナナの気持ちが嬉しくて涙を流して喜んだ。

奈々・タクミ・ノブの三角関係

仕事を休み過ぎてクビになった奈々は絶望的な気持ちでいた。そんな時、タクミから奈々に連絡が入る。偶然近くにいた2人は落ち合うことになり、奈々はホテルへ誘われる。奈々の頭を色々な思いが駆け巡るが、気持ちを割り切りタクミと一夜を共にする。
トラネスのツアーの打ち上げ中、タクミは奈々と関係を持ったことを話す。それを聞き誰よりも腹を立てるノブ。そこで彼は、奈々に好意を抱いていることに気づく。
ある日、ブラストにメジャーデビューの話が舞い込んできた。
ノブはそのことを奈々に報告し、そのままありったけの気持ちを奈々にぶつける。ノブの気持ちに心を動かされた奈々は、タクミに別れを告げノブと恋人になる。
一方、複雑な家庭環境の中で育ったシンは、女の人の家を転々としてお金をもらい生活していた。そんなシンに興味を持ったトラネスのレイラ/芹澤レイラ(せりざわ れいら)が札束を渡したことから、レイラとシンの関係が始まる。

奈々の妊娠発覚

奈々の妊娠が発覚し、ノブとの幸せな日々が一変する。様子を見に来たタクミが、つわりで苦しむ奈々を見てすべてを察してノブに連絡する。ノブは、奈々がタクミとの関係を切っていなかったことを問い詰める。ノブに信じてもらえてなかったことにショックを受け、奈々はただ泣くばかりだった。
子供はタクミの子として産んで育てると決意する奈々。それを聞いたタクミは、奈々に結婚を申し込む。ナナは、タクミから奈々の妊娠と結婚のことを聞かされる。タクミのことが気に入らないナナは、それを聞いて苛立ちを覚えていた。
その夜、隣の部屋から聞こえてくるベッドのスプリングが軋む音に耐えられなくなったナナは、奈々とおそろいの大切なグラスを衝動的に割り、家を出てしまう。
次の日レンの部屋で目覚めたナナは、奈々に謝ろうと同じグラスを買い直し家に帰る。しかし、家はすでにもぬけの殻であった。ダイニングテーブルにあった奈々からの置き手紙を読み、ナナは泣き崩れた。

BLACK STONES(ブラスト)のメジャーデビュー

レンとナナがマンションから一緒に出てくる所を週刊誌に撮られ、2人の熱愛がテレビで報道される。実はそれは、レンのスキャンダルを利用してデビュー前のブラストのプロモーションをするためのレコード会社と週刊誌の企みだった。
多くのマスコミに囲まれたマンションを出る時、ナナはマイクを奪いカメラに向かって奈々宛てのメッセージを残した。
生放送の音楽番組でトラネスとブラストが共演する。レンは本番前、ナナの楽屋に行きプロポーズした。結婚記者会見を開くナナとレン。更にトラネスとブラストがCDを同時発売することが決まる。世間を騒がせたこの2大バンドの売上の記録は歴代最高だった。
奈々は、レイラとシンの合同バースデーパーティーに参加した。パーティー会場は、洋館のような屋敷だった。
そこでシンとレイラの関係に気づいたタクミは、シンがまだ16歳であること、加えて売春の噂が立っていることから、そんな人間が傍にいるのはレイラのためにならないと忠告する。このままレイラと一緒にいるべきではないと頭で分かっていながら、シンは別れる決断はできなかった。タクミに叶わぬ片思いをして苦しんでいたレイラもまた、そんな自分を救ってくれたシンから離れられなくなっていた。

レンとレイラの写真

レンとレイラが抱き合ってるような写真を目にするナナとヤス

九州に巡業中のナナに週刊誌サーチの記者から紙袋を渡される。中にはレンとレイラが抱き合ってる写真が入っていた。レンがレイラとドライブした際、海にある防波堤にレイラを引き上げる瞬間を、それらしく撮った写真だった。
ナナはレンにレイラと抱き合っていた写真のことを問いただす。やましいことはないと説明するレンだが、ナナはパニックから過呼吸の発作を起こす。そんなナナのことを、レンはしっかりと抱きしめた。
タクミはサーチの編集部に行き、レンとレイラのことを記事にしない代わりに、タクミと奈々の結婚の情報を週刊誌に提供する。
レンとレイラは、タクミがトラネスを守ったことをスタッフから聞かされる。それを知ったレイラは自分の立場を実感し、シンと別れることを決め、シンもそれを受け入れる。
トラネスは、ロンドンへレコーディングに行くことになった。日本を出発する朝、ナナはレンに苛立ちをぶつけてしまう。席を立つレンの姿に別れを感じたナナは気が気でなかったが、「行って来る」と言うレンの言葉を聞き安堵する。

シンの不祥事

トラネスがロンドンから帰国する。ナナは、レンとの再会に少し気張っていたが、会った途端に不安は吹き飛んでいた。だが、この頃からレンは薬物中毒に陥り、ナナの居ないところで禁断症状に苦しんでいた。
翌朝、事務所から寮に、シンが大麻の使用、所持で事情聴取を受けていると連絡が入る。全国ツアーの初日だった。以前シンが身体を売っていた女性の一人、凌子の部屋に2人でいる時に警察が来たという。
しばらくして、シンが保護観察処分を受け家庭裁判所から出て来た。メンバーとスタッフに謝罪し、改めてバンド活動に身を入れると決意する。
薬物中毒に悩むレンは、タクミとレイラにトラネスを抜けたいと告げる。自分のせいでバンドに迷惑を掛けたくなかったためである。薬のことを知っていたタクミは淡白な反応を示すが、知らなかったレイラは泣きながら心配する。なおも薬を止められないレンを見たレイラは、レンを休ませてほしいとマネージャーにメールを送り、姿を消した。

レンの死

レンは翌日、ナナに渡すプレゼントを持って車に乗り込む。
レイラの行動に責任を感じていたレンは、まず彼女の実家に向かう。その車をサーチの記者が追跡していた。追い払うためスピードを上げたレンは、そのまま激しく衝突してしまう。

眠っていたノブは、タクミからの電話で目を覚ます。レンの死を知らされたノブは、寮にいる皆に話す。しかし、大阪にいたナナだけは知らないままだった。奈々とノブは事故を起こしたレンの地元へ、ヤスと舞はナナのいる大阪へそれぞれ向かった。
身元確認のためレンと対面したノブとタクミは、損傷の酷いレンの遺体を見て驚愕する。ただ、とっさに庇われていた両腕だけは奇跡的に無事だった。
ヤスと舞がナナのいるホテルの部屋に訪れる。くしくもその日はナナの誕生日だったため、サプライズで祝いに来てくれたと勘違いするナナ。だが、様子のおかしい2人に戸惑う。ヤスは涙をこぼしてレンが死んだことをナナに伝えた。
現実を受け止め切れないナナは、淡々と明日の仕事の話をする。しかし、ヤスから会いに行くように告げられたナナは、これまでの思い出が一気に駆け巡り、泣き崩れてしまう。
翌日、葬儀場にナナを乗せた車が到着した。ナナはレンを前にして、ただぼんやりとレンの手を見ていた。レンの付き人から、ナナへの誕生日プレゼントを渡されたが、ナナは変わらずぼうっとしていた。

ヤスと手を繋ぐ皐

s-yagiotoko8
s-yagiotoko8
@s-yagiotoko8

Related Articles関連記事

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

NANA(ナナ)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『NANA』とは矢沢あいによる音楽と恋愛を描いた長編漫画で、実写映画化、アニメ化もされた人気作だ。最初は2話のみの読み切りとして描かれていたが、「連載して欲しい」という要望が多数あったため連載がスタートした作品。1999年から『Cookie』にて連載、2009年8月号から作者急病のため休載している。恋愛に生きる奈々と音楽に生きるナナのふたりを中心に、喜びや悲しみ、挫折と成功を繰り返す「夢の実現」と「現実の厳しさ」を感じさせる作品である。

Read Article

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

NANA(ナナ)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『NANA』とは、矢沢あいによる少女漫画及びそれを原作としたアニメ・実写映画。この記事では、『NANA』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌・挿入歌を紹介する。アニメの主題歌は土屋アンナが歌唱を担当したことでも話題となった。実写映画の主題歌についても、日本レコード大賞特別賞を獲得するなど高い評価を受けている。

Read Article

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

レン/本城蓮(NANA)の徹底解説・考察まとめ

本城蓮(ほんじょうれん)は、矢沢あい作の漫画『NANA』の主人公である大崎ナナの婚約者。人気バンド「TRAPNEST」のギター、作曲担当。港町の倉庫街に捨てられていた。地元では「BlackStones」のベースを担当し、ナナと同棲。「TRAPNEST」に誘われたことにより上京し、ナナと別れる。2年後にナナの上京により、再会。再び付き合うこととなり婚約する。薬物依存症。ナナの20歳の誕生日の前日、車の自損事故で死亡している。

Read Article

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

タクミ/一ノ瀬巧(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬巧(いちのせたくみ)は矢沢あいの漫画『NANA』の登場人物。人気バンドTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のリーダーであり、ベースを担当している。理性的に物事を考え、頭の回転が早く常に冷静である。愛称はタクミ。 同じトラネスのレイラは幼馴染で特別な絆があり、レイラを守るナイトのような一面もある。 恋愛に関しては自由奔放で、一度に何人とも関係を持ち安定はしていなかったが、小松菜奈と出会いのちに結婚する。

Read Article

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(NANA)の徹底解説・考察まとめ

シン/岡崎真一(おかざき しんいち)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物で主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ)通称:「ブラスト」」のベースを担当。仲間からは「シン」、「シンちゃん」という愛称で呼ばれている。親に見放されているシンは愛情を知らずに育ち、未成年にして喫煙、飲酒、売春を行っているがレイラや仲間との出会いにより、愛について悩み、揺れ動きながら成長していく。

Read Article

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

芹澤レイラ(せりざわレイラ)とは、人気漫画『NANA』の登場人物であり、作中に登場する人気バンド「TRAPNEST(トラップネスト)」、通称「トラネス」のボーカリストである。日本とアメリカのハーフであり幼い頃からその美貌と、ボーカリストとしての才能に注目されていた。同級生から差別を受けいじめられた過去を持つ。幼馴染であり、後にトラネスのベーシストとして共に活動していくタクミからバンドのボーカルとして誘われ、徐々に自分らしい生き方を見出していく。

Read Article

篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(NANA)の徹底解説・考察まとめ

篠田美雨(しのだ みう)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れない女優で、物事を冷静且つ客観視出来るしっかり者の大人な女性。周囲からは名前の美雨をもじった「ミュー」と呼ばれている。恋愛経験が少なく、孤独からリストカットを繰り返したり、過呼吸の症状を持っていたりする。後に主人公 大崎ナナがボーカルを務めるバンド「BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)」のリーダー兼ドラム担当であるヤスと付き合う。

Read Article

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ヤス/高木泰士(たかぎ やすし)とは矢沢あい作の漫画『NANA』に出てくる登場人物。 バンドのBLACK STONESではリーダーであり、ドラム担当。ナナの保護者代わりを担っている。メンバー内からは時たまやっさんと呼ばれている。スキンヘッドにサングラスという強面な風貌とは裏腹に、いつも心穏やかで周りのことを常に見守り、冷静に物事を判断できる性格。それもあってか周りからの信頼も厚く、頼りにされている。

Read Article

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ハチ/一ノ瀬奈々(NANA)の徹底解説・考察まとめ

一ノ瀬奈々(いちのせなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。愛称はハチ。 恋愛体質で夢見がちな性格。情に流されやすく、涙もろい。 ナナとは同居人の仲でBLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)のことを一番応援している。 ブラストやTRAPNEST(トラップネスト/トラネス)のメンバーからとても可愛がられており、奈々自身も仲間想い。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格の寺島伸夫(てらしまのぶお)とは相性が合う。

Read Article

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ノブ/寺島伸夫(NANA)の徹底解説・考察まとめ

寺島伸夫(てらしまのぶお)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 寺島旅館の跡取り息子であり、BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のギタリスト。作曲担当でもある。 涙もろく愛嬌があり、周りのことを心配している仲間想いな性格。愛称はノブ。 身長が低いことがコンプレックス。 パンクでやんちゃな見た目だがそれに反して真面目で実直。 人懐っこく騒がしい性格で小松奈々(こまつなな / 奈々)とは相性が合う。

Read Article

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(NANA)の徹底解説・考察まとめ

大崎ナナ(おおさきなな)とは、矢沢あい原作の『NANA』に登場するキャラクターである。 BLACK STONES(ブラックストーンズ / ブラスト)のボーカル。二の腕に蓮のタトゥーが入っている。TRAPNESTの本城蓮(ほんじょうれん / レン)とは恋人同士。 レンの影響を受けており、ファッションやしゃべり方、癖などよく似ている。 幼少期に母に捨てられており、育ての親である祖母も亡くなってしまい天涯孤独。 友人や恋人など、自分と近い存在の人との関係性に悩み傷つきやすい性格。

Read Article

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞/上原美里(NANA)の徹底解説・考察まとめ

都築舞(つづきまい)/上原美里(うえはらみさと)は、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場するキャラクターである。作中に登場するバンド「BLACK STONES」のお世話係として四海コーポレーションに勤務している。中学時代から「BLACK STONES」の熱狂的なファンであり、「BLACK STONES」が東京でライブをするたびに上京するほどだ。本名は都築舞であり、ナナの母親が再婚相手との間にできた子である「上原美里」という名前を名乗っていた。

Read Article

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合/松本朝海(NANA)の徹底解説・考察まとめ

香坂百合(こうさかゆり)/松本朝海(まつもとあさみ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。職業は売れっ子AV女優。香坂百合は芸名で本名は松本朝海。主人公の大崎ナナがボーカルを務めるバンド・BLACK STONES(ブラックストーンズ/ブラスト)も所属している芸能事務所「四海コーポレーション(通称:四海)」の寮に住んでいる。ここでブラストのギタリスト寺島伸夫(てらしま のぶお)と出会い、特技の色仕掛けから交際に発展する。恋愛と仕事の狭間で思い悩む様子が描かれている。

Read Article

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(NANA)の徹底解説・考察まとめ

遠藤章司(えんどうしょうじ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターで、『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の元恋人である。地元の専門学校を卒業後、1年浪人し東京の美大に合格した。奈々の上京後、奈々のわがままに疲れていた章司はアルバイト先で出会った川村幸子(かわむらさちこ)と二股をかけた末、幸子を選びそのまま奈々と破局。その後は、幸子と同棲を始めたり、誕生日に花束を渡したりと幸子のことをすごく大切にしている。

Read Article

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(NANA)の徹底解説・考察まとめ

早乙女淳子(さおとめじゅんこ)とは、矢沢あいの大人気漫画『NANA』の登場人物。主人公 小松奈々(こまつなな)の親友。実家は農家を営んでいる。元ヤンの為、物怖じしない性格でしっかり者。愛称は「淳子」や「淳ちゃん」。ピンチになる度に泣きついてくる奈々を時には母親のように叱り、時には愛のムチで突き放したりする姉御肌気質の大人な女性。上京し美大に通いながら油彩を勉強している。地元の専門学校時代に高倉京助(たかくら きょうすけ)に出会い、飲み会で意気投合し恋人となり都内で同棲している。

Read Article

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(NANA)の徹底解説・考察まとめ

ナオキ/藤枝直樹(ふじえだなおき)は矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する人気バンド「TRAPNEST」のドラム担当。中学時代からバンドをはじめ、高校時代に「TRAPNEST」に加入。高校卒業後に上京しメジャーデビュー。目立ちたがり屋で中学時代から金髪にしている。ムードメーカーであり、天然な発言や行動も多く、バンドメンバーによくつっこまれている。周りでは多くの事件が起こるが能天気に過ごしていることが多い。未来のシーンではイギリスに住んでおり、いなくなったナナを探している。

Read Article

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(NANA)の徹底解説・考察まとめ

高倉京助(たかくらきょうすけ)とは、矢沢あい作の漫画『NANA』に登場する男性キャラクターである。『NANA』の主人公の1人、小松奈々(こまつなな)の友人で、奈々の親友である早乙女淳子(さおとめじゅんこ)の恋人である。淳子と共に東京の美術大学へと通い、淳子と大学の友人とともに画廊を借りて個展を開いている。専攻は油絵。淳子と同様、大人びているため奈々からは「熟年カップル」と呼ばれている。コミックスの未来のシーンでは淳子と結婚していると思われる場面が描かれている。

Read Article

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUE(パーフェクトブルー)のネタバレ解説・考察まとめ

PERFECT BLUEとは今敏監督によるアニメーション映画。日本では1998年2月28日に劇場公開された。 主人公・未麻はアイドルグループ『チャム』の一員として人気を博していたが、女優業のために突如アイドルを引退する。アイドルのイメージを払拭するために、さまざまなことに挑戦していくがその裏で周囲の人間が次々と襲われ始める。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

時をかける少女(時かけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『時をかける少女』とは、2006年に公開された、アニメーション映画である。監督は『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』などを手がけた細田守。筒井康隆の原作を元に作られており、原作の20年後が舞台となっている。時間を跳躍する力を手に入れた主人公が、その力を使いながら、本当に大切なものは何なのか気づいていく、青春SF作品。

Read Article

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サマーウォーズ(Summer Wars)とは2009年8月1日から公開された日本のアニメ映画である。監督はアニメ映画版『時をかける少女』や『おおかみこどもの雨と雪』で知られる細田守であり、今作品は監督初の長編オリジナルアニメーション作品となっている。 仮想世界が発達した世界を舞台に主人公である小磯健二が先輩の篠原夏希とその家族らとともに仮想世界と現実世界の危機に立ち向かう物語である。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

天使なんかじゃない(天ない)のネタバレ解説・考察まとめ

『天使なんかじゃない』は、矢沢あいによる漫画作品。少女漫画雑誌『りぼん』1991年9月号から1994年11号まで連載された。全8巻の単行本に加え、完全版コミックス全4巻、文庫本全6巻、さらに全8巻の小説が刊行されている。1994年にはOVA化された。 創立されたばかりの私立聖(ひじり)学園の生徒会を舞台に、主人公冴島翠を中心とした生徒会の面々が繰り広げる、高校生の恋と友情を描いた青春群像劇である。ベテラン漫画家として知られる矢沢あいの出世作であり、その完成度から芸能人のファンも多い。

Read Article

ご近所物語(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ご近所物語(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ご近所物語』とは1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。自分のブランドの店を持つことが夢の実果子。矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強に励んでいる。実果子は幼馴染で同級生のツトムとは友達以上恋人未満の関係。二人を中心に個性豊かなキャラクターたちが、夢のためにどう生きていくか、愛とはなにかなどを学んでいく。大人になる途中の男女が、将来のために何をしていくべきなのかを考えながら成長していく青春恋愛バラエティ漫画。

Read Article

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

Paradise Kiss(パラダイス・キス)のネタバレ解説・考察まとめ

『Paradise Kiss』とは1999年より矢沢あいが女性ファッション雑誌『Zipper』に連載していた漫画、およびそれを原作としたアニメ、映画作品である。母親の期待に応えるため受験勉強に明け暮れていた早坂紫が、矢澤芸術学院服飾科のジョージ、美和子、嵐、イザベラたちパラダイス・キスのメンバーと出会い、モデルを目指す物語。恋愛と将来の夢、家族との関わりを通して、成長していく姿と作中のオシャレな服が魅力的。ジャンルは少女漫画。矢沢あいの作品『ご近所物語』の続編作品である。

Read Article

ご近所物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ご近所物語の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ご近所物語』とは、1995年から矢沢あいが雑誌『りぼん』で連載した漫画、及びそれを原作としたアニメ作品。コミックは全7巻。自分のブランドの店を持つことが夢である主人公の幸田実果子と、彼女が通う矢澤芸術学院(通称:ヤザガク)でファッションに関する勉強をする個性豊かなキャラクターたちとの学生生活を描く。自分の夢や将来、そして恋愛などについて高校生の男女が、悩みながら成長していく青春恋愛漫画。

Read Article

下弦の月(矢沢あい)のネタバレ解説・考察まとめ

下弦の月(矢沢あい)のネタバレ解説・考察まとめ

『下弦の月』とは、矢沢あいが『リボン』で連載していた日本の漫画およびそれを原作とした映画作品。自分の居場所を失った女子高生の望月美月は、ある日街でギターを弾いているイギリス人のアダム・ラングと出会う。互いに惹かれ合い、古い洋館で暮らし始める2人。しかし美月は交通事故に遭い、恋人のアダムのこと以外すべての記憶を失ってしまう。ダークかつミステリアスで先の読めない展開が魅力的な作品であり、矢沢作品の中でも異色の傑作といわれる。実写映画では美月役を栗山千明、アダム役をHYDEが務め、話題となった。

Read Article

Paradise Kiss(パラダイス・キス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

Paradise Kiss(パラダイス・キス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『Paradise Kiss(パラダイス・キス)』とは、雑誌『Zipper』にて連載された矢沢あいの漫画作品である。進学校に通う早坂紫が、矢沢芸術学院生「パラダイス・キス」のメンバーからファッションショーのモデルになるよう誘われる。夢を追う彼らに刺激を受け、紫も人生への考え方に変化が表れてゆく。ファッションへの情熱やキャラクター達の人生観、恋愛模様が凝縮され、今でも人気の高い作品。ファンの心を射抜く矢沢あいの名言や名シーンを紹介する。

Read Article

【NANA】ネタバレあり!22巻の途中までのあらすじ・ストーリーまとめ

【NANA】ネタバレあり!22巻の途中までのあらすじ・ストーリーまとめ

若い女性を中心に絶大な人気を誇る漫画『NANA』。2005年には映画化され、大きな話題になりましたよね。そんな中、作者が療養を発表。2009年から2022年現在に至るまで休載されており、再開が待ち望まれています。コミックスとしては22巻の途中までにあたるところでストップしているので、そこまでのあらすじ・ストーリーをまとめてみました。ネタバレを含むので、まだ読んでいない方は閲覧注意!

Read Article

目次 - Contents