るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final

『るろうに剣心 最終章 The Final』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の長編エピソード「人誅編」を原作とする実写映画。伝説の人斬り緋村剣心と、姉の仇として彼を狙う復讐鬼の壮絶な戦いを描く。人気キャラクターの瀬田宗次郎がサプライズ出演したことで話題となった。
強敵との戦いを終えて、未来を見守り始めた剣心の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心が誤って斬殺したかつての妻の弟で、姉の復讐のために東京を火の海に沈め、剣心を追い詰めていく。

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Finalの関連記事

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 最終章 The Final(実写映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 最終章 The Final』とは、和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の長編エピソード「人誅編」を原作とする実写映画。伝説の人斬り緋村剣心と、姉の仇として彼を狙う復讐鬼の壮絶な戦いを描く。人気キャラクターの瀬田宗次郎がサプライズ出演したことで話題となった。 強敵との戦いを終えて、未来を見守り始めた剣心の前に、雪代縁という男が現れる。縁は剣心が誤って斬殺したかつての妻の弟で、姉の復讐のために東京を火の海に沈め、剣心を追い詰めていく。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心(るろ剣)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

和月伸宏によって1994年から1999年まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品、およびそれを原作とするアニメ、映画。明治時代を舞台に、幕末最強の人斬りと恐れられながら、不殺(ころさず)の誓いを立て人々を守る抜刀斎こと緋村剣心や仲間たちの戦いを描きます。幕末から明治に至るまでの時代の混乱もまた断片的に、かつ克明に描かれました。

Read Article

るろうに剣心 新京都編(るろ剣OVA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 新京都編(るろ剣OVA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 新京都編』とは、明治政府転覆を目論む志々雄一派と、それを阻む者たちの戦いを描いたOVA作品。明治を舞台にした和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心』の1エピソードをアニメ化したもの。尺に収めるために原作の内容の多くを省略し、賛否両論の作品となった。 人斬りとして活躍した過去を悔い、贖罪の旅を続ける緋村剣心は、ある時自身の後継として人斬りを務めた志々雄真実という男が明治政府転覆を目論んで暗躍していることを知る。志々雄の野望を阻むため、剣心は仲間と共に京都へと赴く。

Read Article

るろうに剣心 追憶編(るろ剣OVA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

るろうに剣心 追憶編(るろ剣OVA)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編』とは、幕末を舞台に一組の男女が結ばれて死別するまでを描いたOVA作品。明治を舞台にした和月伸宏の漫画『るろうに剣心』の1エピソードをアニメ化したもの。国内外から高く評価され、「映像化された時代劇の最高傑作」と絶賛されている。 幕末の動乱に身を投じた緋村剣心は、卓越した剣技を買われ人斬り稼業を続け、罪の意識に苦しむ日々を送っていた。雪代巴と出会い己を取り戻していく剣心だったが、実は巴は婚約者を殺した剣心に復讐するために彼の下へやってきた密偵だった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の必殺技まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の必殺技まとめ

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による漫画作品である。集英社の週刊少年ジャンプにて1994年~1999年にかけて連載された。アニメ化・実写化・ミュージカル化もしており、連載終了から15年以上経った今でもファン達に愛されている。 主人公である緋村剣心が使用する、弱者を守るための暗殺剣『飛天御剣流』や、宿敵・志々雄真実の『秘剣』など、作中に登場する技のまとめ。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の十本刀まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の十本刀まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末最強の人斬りと謳われた抜刀斎こと緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い目に映る人々を守る為に戦う。敵味方共に魅力あふれるキャラクターが登場し、物語を盛り上げる。『京都編』においては、明治政府を倒し、弱肉強食の時代を築かんとする志々雄真実と、その部下である十本刀が登場した。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の新撰組まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の新撰組まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末の動乱期に人斬り抜刀斎と恐れられた剣客・緋村剣心が、明治の世に不殺(ころさず)を誓い戦う。本作では、実在の人物や組織も多く登場する。新選組もまた、史実の組織である。剣心と新選組は幕末では敵同士だったが、明治となってからは元新選組三番隊隊長・斎藤一と共闘することが増えた。『北海道編』では永倉新八も登場し、仲間に加わっている。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の六人の同志まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の六人の同志まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。時は明治、かつて人斬り抜刀斎の異名で怖れられた剣客・緋村剣心が、不殺(ころさず)を誓い平和の為に剣を振るう。『週刊少年ジャンプ』連載版の最終章に当たる『人誅編』では、雪代縁を始めとする抜刀斎を恨む六人の同志と交戦する。平和の為に戦ってきた剣心だが、縁らとの戦いの中で過去に数多の命を奪ったことへの贖罪に改めて直面することとなる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の御庭番衆まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の御庭番衆まとめ

『るろうに剣心』とは、和月伸宏による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。幕末に最強と呼ばれた人斬り抜刀斎こと緋村剣心が、不殺の信念の下に戦う物語で、明治時代を舞台に剣劇バトルが展開される。阿片の密売に加担していた女医の高荷恵を巡り、剣心は仲間たちと共に隠密御庭番衆の四乃森蒼紫とその部下たちと戦うことになる。御庭番衆の面々は、後に剣心最大の敵である志々雄真実や、剣心を仇と狙う雪代縁との戦いにも関わるのだった。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の劍客兵器まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の劍客兵器まとめ

劍客兵器(けんかくへいき)とは、『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』に登場する組織で、元寇以来1000年の時を研鑽に費やした剣客集団である。 その目的は海外の侵略から日本を守ることだが、幕末の動乱には加担せず、さらにその先に起きるだろう海外勢力との衝突に備えていた。明治16年、潜伏していた北海道にて活動を開始すると、諸外国に対抗するための「猛者」とそれを育てる「地獄のごとき戦場」を求めて破壊と惨劇を繰り返す。主人公・緋村剣心とその仲間たちにも興味を示し、接触を重ねていく。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の闇乃武まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の闇乃武まとめ

闇乃武とは、和月伸宏による漫画作品『るろうに剣心』に登場する組織で、江戸幕府直属の暗殺集団である。幕末に人斬り抜刀斎と呼ばれていた緋村剣心の暗殺に乗り出すが、リーダーの辰巳を始めとするメンバーが戦死し、失敗に終わった。幕府の瓦解も相まって信頼を失った闇乃武は、明治維新後は金次第で兵を派遣する傭兵部隊となり果てた。構成員には戦闘や殺害を好む者が多いが、久保田旭のように仕方なく働かされている者もいる。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の武器・兵器・防具・装備・道具まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の武器・兵器・防具・装備・道具まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)とは、人斬りとしての過去を悔いる剣士の緋村剣心が弱者を守るために剣を振るう様を描いた和月伸宏による漫画作品である。 本編には多くの武器、兵器、防具や装備、道具が登場する。不殺を誓う剣心が人を斬れない「逆刃刀」を、弱肉強食を唱える志々雄真実が刀身の燃える「無限刃」を使うように、武器や兵器、防具、装備、道具には各々の信念が垣間見える。 ここでは、『るろうに剣心』に登場する武器、兵器、防具、装備、道具を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』とは、和月伸宏による和風バトルアクション漫画及びそれを原作としたアニメや実写映画などのメディアミックス作品。この記事では、『るろうに剣心』のアニメで使用された歴代オープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、実写映画の主題歌を紹介する。当時アニメの主題歌といえばその内容に沿って作られたものが主流だったが、本作ではアニメの内容に関係なく流行のJポップが取り入れられ、その結果多くのヒット曲を生み出した。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『るろうに剣心』とは和月伸宏によって『週刊少年ジャンプ』に連載されていた、幕末から明治にかけて活躍した剣客たちを主人公にした漫画、およびアニメ作品である。作中では主人公の緋村剣心や神谷薫たちは、「赤べこ」という料理屋で食事をしているシーンがよく登場する。また薫や高荷恵の手料理、剣心のライバル・斎藤一の好物の蕎麦、剣心の師匠・比古清十郎があおっている酒など様々な料理・飲み物が登場しているのだ。当記事では『るろうに剣心』に登場した食べ物や飲み物を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『るろうに剣心』とは和月伸宏によって描かれた、幕末から明治にかけてを舞台にした剣客漫画、およびそれらを原作としたアニメ作品だ。主人公である緋村剣心はかつて「人斬り抜刀斎」として暗躍し、幾人もの人を切り殺してきた伝説的な人物である。その後「人斬り」をやめて「不殺」の誓いを立てた剣心は、流浪の旅の途中神谷薫と知り合い、様々な事件や出来事を乗り越えて夫婦となる。作中では剣心・薫を含めて様々なカップルや夫婦が登場する。この記事では『るろうに剣心』に登場したカップルや夫婦をまとめた。

Read Article

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

ジャンプの歴代ヒロインまとめ

日本でもっとも発行部数の多い漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』は、人気でも知名度でも漫画という文化の頂点に位置する存在であり、幾多の傑作を生み出してきた。少年漫画であるだけにほとんどの作品の主人公は男性キャラクターだが、彼らを盛り立てるヒロインもまた魅力的な造形の人物ばかりである。 大人に子供、主人公に守られるだけの存在から共に戦う相棒、正規のヒロインを蹴散らして主人公と結ばれた者、“少年漫画”の常識を超えたヒロインかつ女性主人公というタイプ。ここでは、ジャンプ作品を彩ったヒロインたちを紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の原作・新旧アニメ・劇場版・OVA・実写版・舞台・ゲームの違い・相違点まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の原作・新旧アニメ・劇場版・OVA・実写版・舞台・ゲームの違い・相違点まとめ

人斬りだった過去を悔い、弱き人々を守る贖罪の旅を続ける剣士の活躍を描いた漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)は、様々なメディアミックスを果たした人気作品である。しかしこれらのメディアミックス作品には、媒体ごとの特徴の違いなどから原作との相違点が存在する。 オリジナル長編エピソードが作られた旧アニメ版。少年漫画風アクションが排されたOVA版。エピソードが整理された実写映画版。ここでは、『るろうに剣心』の媒体ごとの相違点を紹介する。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の流派まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の流派まとめ

贖罪のため、弱き人々を守るため不殺の剣を振るう伝説の人斬り緋村剣心の活躍を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろうにけんしん めいじけんかくろまんたん)には、チャンバラ活劇としての魅力に溢れる数々の流派が登場する。 神速の古流剣術飛天御剣流。活人剣を掲げる神谷活心流。催眠術で相手の動きを封じる二階堂平法。調査、潜入、戦闘までをこなす御庭番忍術。少年漫画的なアレンジが加えられた一刀流。破壊の極意二重の極み。ここでは、『るろうに剣心』に登場した流派を紹介する。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 相楽左之助」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 相楽左之助」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 相楽左之助」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。剣心と左之助の過去が明かされるボリューミーな内容となっている。 剣心に退治された悪党が、仕返しのために名うての喧嘩屋“斬左”こと左之助に仕事を依頼。相手が維新志士と聞いて左之助がやる気になる一方、剣心はなぜ彼が維新志士を憎むのか分からず戸惑う。秘められた過去を背負い、左之助は剣心に真っ向勝負を挑む。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 鵜堂刃衛」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。作品のテーマにも深く関わる人斬り同士の対決であり、剣心の心に苦いものを長く残す決着となったことでも知られる。 明治政府の高官の下に刃衛から斬奸状が送りつけられ、剣心はこの護衛を依頼される。やがて現れた刃衛は、剣心の正体に気付くと標的を彼に変更。剣心が世話になっている神谷道場の神谷薫を拉致し、彼の内に潜む人斬りとしての本性を暴こうとする。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 般若」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 般若」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 般若」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。般若の実力と狂気にも等しい忠誠心を描くことで、隠密御庭番衆の力を剣心と読者に知らしめるものとなった。 剣心が出会った女医の高荷恵は、悪徳商人の武田観柳に強要されて阿片作りに加担していた。囚われた恵を救うべく観柳の屋敷に乗り込んだ剣心の前に、隠密御庭番衆の般若が立ちはだかる。不可思議な伸腕の術と絶対の忠誠心を武器に、般若は剣心に襲い掛かる。

Read Article

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」戦のネタバレ解説・考察まとめ

るろうに剣心名勝負「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」戦のネタバレ解説・考察まとめ

「緋村剣心 vs. 四乃森蒼紫」とは、伝説の人斬りが贖罪のために刃を振るう様を描いた『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』(るろ剣)で繰り広げられた戦いの1つ。物語序盤の勝負ではあるが、人気キャラクターである蒼紫の最初の戦いとして高い知名度を誇る。 江戸城の守備を担っていた隠密御庭番衆は、維新の成立と共に戦うことなく敗者となる。その長である蒼紫は、部下たちと共に自分たちに見合う戦場を探し続けていた。伝説の人斬り緋村剣心と戦う機会を得た蒼紫は、我らこそ幕末最強との証明のため死力を尽くす。

Read Article

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

るろうに剣心(るろ剣)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

明治時代を舞台に幕末の人斬り緋村剣心の生き様を描く時代劇漫画。宿敵志々雄誠との死闘を描いた「京都編」では、少年漫画の王道である「正義は勝つ」というセオリーに対し「勝負に勝った者が正義、というのは正しいのか」という疑問を読者に投げかけた。様々な信念を持って生きる魅力的なキャラクターたちが残した名言は少年漫画ならではの「かっこよさ」に留まらず「正義とは何か」を考えさせるものも多い。

Read Article

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Finalのレビュー・評価・感想

New Review
るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final
7

主人公の過去の因縁に決着を付ける最高峰のアクション

2021年公開の週刊少年ジャンプで一世を風靡した「るろ剣」の愛称で知られるヒット作の佐藤健主演で実写化したシリーズの第4作目で、同時期に公開された「ザ・ビギニング」と合わせてシリーズ最終章として制作されました。
志々雄一派との戦いを終え、平穏に過ごしていた剣心達の前に「人誅」を掲げた剣心に恨みを持つ一味が現れ、剣心の最後の戦いが始まるといったあらすじで、これまで仲間(あるいは国)のためといった大義名分で戦ってきた剣心に復讐される側に立たされたことでその苦悩がより深堀りされる形になっています。
本作で剣心最大の敵となる雪代縁役を新田真剣裕氏が演じ、佐藤健氏演じる剣心との壮絶なバトルは両氏のアクション力の高さを改めて実感させる名シーンになった事に加え、縁事態、許されない事をしているとはいえ、剣心を憎むその心情も丁寧に描かれ、ある意味縁がもう一方の主役とも言える作品でした。
実写版るろ剣で定評のあるクオリティの高いアクションシーンは本作でも健在、というよりシリーズ史上最多のアクションシーンを盛り込まれていて、見てるものを飽きさせないつくりになっています。
個人的には土屋太鳳氏の身体能力の高さはもっと評価されてもいいと感じたり、また、サプライズで宗次郎が加勢に来るシーンは原作になかった要素だったので驚かされました。

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final
10

るろうに剣心ここで終わる。ここで始まる。

るろうにで流れてくる薫の道場に住む前の、剣心の過去からのお話で、剣心の十字傷ができた出来事のお話です。
巴という伴侶と共に過ごしていた事。そしてその雪代巴の祝言をあげる伴侶が剣心によって殺されていた事。
そして巴も亡くなってしまい巴を慕っていた弟、雪代縁が上海の武器商人に「あの男には十字傷があるのか?姉さんはまだあの男を恨んでいるのだろう」と剣心を目の敵にします。
天誅と称して、《人誅》天が人を裁くのではなく人が人を裁く。
大砲で町を破壊し、人々を攻撃し、次第には剣心と共にいた薫が誘拐されてしまいます。
近くの人が亡くなった気持ちを味わせようと薫を殺そうとしますが、姉さんの事を思い出し断念します。
剣心が乗り込み、義弟との対決の中、今回もまた凄い見所で剣心役の佐藤健さん、雪代縁役の新田真剣佑さんのアクションが剣術、格闘と、武器も使いこなし凄い大迫力の壮大な映画です。
雪代巴さん役の有村架純さんも凄い女優さんで、影のあり冷静であり、感情を抑えている動きがとても演技に引き込まれました。
今回の剣心はシリアスなシーンが多く、剣心の明るさが最後まで出てこない、終わりまで悲しみの演技がまた、前作とは違う作品でした。
雪代縁が最後、姉さんである巴の感情に気付き、生き様や有り様を考えさせられる作品でした。

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final
10

最終章!アクションすごい!!

2012年から「るろうに剣心」の実写化映画が上映され、私はアニメを見たことがなかったのですが、佐藤健さんのファンだった為全作品みてきました!今回その最終章ということで見に行ってきました前作もすごかったアクションがまたさらに激しく、感動的!どのキャラクターも皆カッコよく素晴らしい作品でした!
特に印象的な場面は、神木隆之介くんが演じる宗次郎との共闘シーン。はじめは敵同士の2人でしたが、剣心との戦いで心変わりしるろうにになり再会し共に戦う仲間に!カッコよく激しいアクションに感動しました。
そして最後の戦闘!新田真剣佑が演じる雪代縁との戦闘シーンは、今までにないアクションと迫力。お互い譲れない戦いに目が離せませんでした!
今までに明かされてこなかった剣心の頬の十字傷、なぜ、誰が?なんの為に?その真相がこの映画に全てふくまれています。
最終章ですが、まだみたい!次もみたい!と思いましたアニメを見たことない方も、映画から見ても面白く感動する作品です。映画をみて感動したので、アニメも見始めました。
ぜひ皆さんも、映画るろうに剣心 最終章見てはいかがですか??アクションの素晴らしさに感動間違いなしです!

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final
9

日本のアクション映画の超大作

過去に3作品公開された映画シリーズの集大成ともいえる作品。
アクションシーンのクオリティの高さが評価されていた映画シリーズですが、今回も期待を上回るアクションシーンを見せていただけました。
主人公の「緋村剣心」を演じる佐藤健さんのアクションはこれまで以上に凄く、今作のラスボスとして登場する「雪代縁」を演じる新田真剣佑さんのアクションも負けないぐらい高度なレベルになっています。
ワイヤーでアクションをしているのですが、実際に見ているとワイヤーアクションとは思えないほど動きが自然に見えており、邦画でここまでのアクションが見られるのか!と思えるほどアクションを堪能できます。
特に最後の剣心vs縁の戦いは、BGMが無しの演出、超人的な動きを見せるアクションシーンなど、日本のアクション映画の歴史に残る名シーンだと思われます。
ストーリー自体は過去のシリーズの続編となっているため、前作までの予備知識が無いと登場人物の関係性などが理解しづらいです。今作では「剣心の左頬の十字傷」の謎と、その謎を知る縁の物語が見所となっているため、剣心と縁の二人のためのお話と言っても過言ではありません。縁を演じる新田真剣佑さんの演技は必見となっており、個人的には過去のキャラクターの中でも一番のハマり役だったと感じました。
また、回想シーンの中に今作の後に公開された「るろうに剣心 最終章 The Beginning」の描写があります。
時系列が「The Beginning」→「The Final」となっているため、先に「The Beginning」を観てから「The Final」を観る、「The Final」→「The Beginning」→「The Final」の順番で観るといった楽しみ方ができるのも、今回の映画のポイントの一つとなっています。

るろうに剣心 最終章 The Final / Rurouni Kenshin: The Final
10

るろ剣映画史上最高傑作

数年ぶりにるろうに剣心の実写映画の最新作が公開された。
前作の伝説の最期編に続き、原作の最終章が実写化された訳だが、明治時代という、日本の近代化や国際化の進行にも舞台設定なCGが対応しており、相変わらずアクションが圧巻で、今回は特に剣士ではない敵が多いため、その武器や戦闘スタイルも見物である。
しかしこれまでの作品とは違って原作との相違点が過去一多く、縁との決戦の舞台が島ではなく本土だったり、サブキャラにほとんど出番が無かったり、弥彦がほとんど活躍中しなかったりと、映画館でとても驚かされた。
本作のラスボスは中国国籍を有する日本出身の人物で、邦画によくある日本の俳優が英語を話すのとは違った新鮮なシーンを見ることができた。
キャストにも中国人の方が何人かいらっしゃったはずだ。
何より前作の悪役の志々雄誠演じる藤原竜也さんの演技も素晴らしかったが、本作のラスボス雪代縁役の新田真剣佑さんの演技も素晴らしかった。
原作の縁は高笑いをするというより意味深な笑みを浮かべるタイプの悪役で、本作でもその描写が多く見受けられた。
間違いなくるろ剣映画史上最高傑作なので、是非とも観ていただきたい。

親タグ

兄弟タグ