伊差川糸魚

伊差川糸魚

伊差川糸魚(イサガワ イトイ)とは、『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』の登場人物で、護国を使命とする武装集団「劍客兵器」に新たに加わった剣士の1人。
眼力琉球武術の使い手で、かつて斎藤一と戦って敗れた魚沼宇水の弟弟子。彼の敗北が信じられず、流派の誇りに懸けて斎藤を倒そうとしている。その斎藤が“自分の技に適した刀”を失っていることを知ると「今勝っても意味が無い」と引き上げるなど、こと戦いに関しては高潔な人物。劍客兵器の目的そのものには興味が無く、兄弟子の名誉回復を第一としている。

親タグ

兄弟タグ