デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ』とは、カプコンが制作したPlayStation 2専用のアクションゲームである。2001年8月23日に発売された。ゲーム続編は第4弾まで出ており、全世界シリーズ累計販売本数は1500万本に達している。ゲームや漫画など、様々なメディアミックスが成された。
ある満月の夜、トリッシュという美女が一人の男のもとを訪れる。その男はダンテといい、悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテはトリッシュに導かれ、悪魔の救う島へと向かう。

『デビルメイクライ』の概要

『デビルメイクライ』とは、カプコンが制作したPlayStation 2専用のアクションゲームである。スタイリッシュで爽快なバトルは人気を呼び、全世界で200万本以上を売り上げた。その後シリーズ化され、カプコンの看板コンテンツとなった。また、漫画やアニメなど、様々なメディアミックスがなされた。
ストーリーは繋がっており、明確となっているのは『3』→『1』→『アニメ』→『4』となっている。

昔、魔界の軍勢が人間を攻め立てた時、一人の悪魔が裏切り、人間のために戦った。そしてその悪魔は魔界を封じ、人間界へ留り、人間の女性との間に双子の子供を設けた。それから2000年後、以前魔界を裏切った悪魔の子供であるダンテは、悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテは母親と双子の兄を悪魔に殺されていた。それ以来、肉親を殺した悪魔を探していたのだ。そんなダンテの元に一人の美女が訪れる。その女性が言うには、魔帝ムンドゥスが復活を果たし、再び人間界を侵略しようとしているらしかった。ダンテは悪魔が救う島・「マレット島」へと向かう。

『デビルメイクライ』のあらすじ・ストーリー

ダンテの前に現れたファントム

かつて、魔界の王が人間の世界の侵略を目論んだ。そんな中、魔剣士スパーダは魔界の軍勢を裏切り、人間を守るために戦った。スパーダは戦いの末、魔帝を魔界に封じ込めることに成功した。スパーダはその後も人間界に残り、平和を見守った。そしてスパーダは人間の女性の間に双子を授かっていた。

それから2000年後の現代、『ダンテ』という男が悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテこそが悪魔たちを裏切り、人間のために戦ったスパーダの子供だった。ダンテは悪魔により母親と双子の兄を殺害されていた。ダンテは肉親を殺したあくまを探すべく、『デビルメイクライ』を営んでいたのだ。
そんなダンテの元に一人の美女が訪れる。その美女・トリッシュは2000年の時を経て、魔帝が復活したと話し、その侵攻を食い止めるようにダンテに依頼する。トリッシュの容姿は、ダンテの母親と瓜二つだった。ダンテはトリッシュの容姿に惹かれたことや、肉親の仇を探すことを理由に、その依頼を引き受けた。こうしてダンテとトリッシュは魔界の扉が開こうとしている「マレット島」へと向かう。

マレット島へと到着したダンテとトリッシュは別行動をとることとなった。
ダンテは父の形見の剣『フォースエッジ』と、ダンテが自作した愛用の二丁拳銃『エボニー&アイボリー』を使いながら悪魔を蹴散らし、島の中にあった洋館を進む。その先でダンテは突き立てられた大剣・アラストルを目にする。アラストルはひとりでに宙に浮き、ダンテの胸へ突き刺さった。しかし、ダンテは何事もなかったのように剣を引き抜き、アラストルを自分の剣とした。アラストルは雷の力を宿しており、ダンテは自身の中に眠る悪魔の力を利用して雷の魔人へと変身出来るようになる。

大聖堂へと進んだダンテは浮遊する「獅子のプレート」を見つける。そこには「試練の道を進まぬものに 獅子の誇りを得ることかなわず」と書かれていた。その後、空中回廊を渡った先で「道を戻り、汝が勇猛さで奈落の底から帰りたまえ さすれば獅子の誇りを授からん」というメッセージを発見する。そのメッセージの通りダンテが道を引き返すと、雷が落ち、回廊が崩れてダンテは海へと落下した。海の中では頭蓋骨の形をした悪魔・サルガッソーが大量にダンテに群がった。これがプレートに書かれてあった「試練の道」であるようだった。
サルガッソーを倒し、陸へたどり着いたダンテは獅子のプレートを手に入れる。その時、アラストルが危険が迫っていることを知らせるように電流を走らせる。その直後、天井のステンドグラスが割れ、巨大な蜘蛛の悪魔が姿を現した。蜘蛛の悪魔は魔帝の腹心である上級悪魔『ファントム』だった。ファントムは「なんだこのチビは?大きな闘気を感じたが…ただの人間か!」と言い放つが、ダンテはそれに臆することなく「なんだ、化け物? 筋肉以外にもちゃんと中身は詰まってんのか?」と言って笑った。そして二人の戦いが始まった。
ファントムは巨大な体と、自身の体を覆うマグマを使ってダンテを攻め立てる。しかし、勝負はダンテの優勢となった。するとファントムはマグマで床に穴を開けて逃げ出した。

ダンテと似た剣技を使うネロ・アンジェロ

その後、悪魔を倒しながらダンテは東棟へと行く。そこで、再びアラストルが電流を走らせる。ダンテは警戒するが、周りには誰もいなかった。その時、鏡に映っていたダンテが動き出した。鏡の中のダンテは姿を変え、黒い鎧を纏って鏡の外へと出てきた。ダンテは鏡から出てきた『ネロ アンジェロ』と戦いを繰り広げる。ネロが使う剣技はダンテのものとよく似ていた。戦いはダンテの優勢に見えたが、ネロが巻き返し、ネロはダンテの首を掴んで壁へ押し付けた。その時、ダンテの胸からペンダントが滑り落ちた。そのペンダントを見たネロは態度を豹変させて苦しみ出した。そしてネロは青い炎へ包まれながら姿を消した。

その後、館を進むダンテの前にファントムが現れる。ダンテはそれを退けるが、ファントムは三度ダンテの前に姿を現す。二人は死闘を繰り広げるが、ファントムはダンテに叶わず、「お前、ただの人間ではないな?…何者だ」と漏らす。ダンテは何も言わなかったが、ファントムは自身を見下ろすダンテの姿を見て「まさか…伝説の魔剣士スパーダ…!?そんなバカな」と言う。それを聞いたダンテは「鋭いな。その息子ダンテだ」と言う。そしてファントムはようやく灰となって消えていった。
ダンテがその場を立ち去った後、金髪の人物が「ファントムが負けた…まさかこれ程とは…」とこぼしていた。

その後、橋をかけて外に出たダンテは炎が灯った宙へ浮かぶ台座を見つける。その時、ダンテの頭の中で「我が名はイフリート 我を目覚めさせる愚かなる者よ 地獄の業火をその身をもって知れ」という声が響き、炎が弾けダンテの腕へ巻きついた。ダンテの腕には竜を模った篭手『イフリート』がつけられていた。ダンテは雄叫びをあげながら、イフリートをねじ伏せ、自身の武器とした。ダンテはイフリートを使うことで炎の魔人へと変身出来るようになった。

飛来したグリフォン

ダンテがコロッセオ前広場へとやってきたとき、赤い稲妻が轟く。ダンテが上空を見上げると黒雲が渦巻いていた。そしてその黒雲から長い尾を持つ鷲の悪魔『グリフォン』が現れた。グリフォンもファントムと同じく魔帝の腹心であった。
グリフォンが「貴様か。ムンドゥス様に楯突くスパーダの息子というのは」とダンテに問いかけると、ダンテは「消えな、トリ頭。それとも痛い目見るか?」と返した。そして戦いへと突入する。その結果、ダンテが勝利し、グリフォンは撤退していった。

温室庭園へとたどり着いたダンテは、剣を掲げてダンテを待ち受けるネロの姿を目にする。ダンテはネロの勝負を受け、ネロを下した。ダンテに敗北したネロは稲妻と共に姿を消した。そして再び現れたグリフォンを退け、ダンテは先へ進む。

幽霊船を抜け、格闘場へとやってきたダンテの前に三度グリフォンが現れる。敗北を重ねたグリフォンはもう引くことが出来ず、ダンテとの決着をつける気だった。戦いの末、グリフォンは片翼をもがれた上に石柱に胸をつらぬかれ、敗北は明らかだった。それでもグリフォンは負けを認めず、「偉大なる我らが主よ。我に力を与え給え、この者を倒す力を!」と魔帝ムンドゥスに力を乞う。すると空に三つの目が浮かび上がった。それを見たグリフォンは「おお、ムンドゥス様」を声にする。しかし、ムンドゥスは敗北したグリフォンを用済みとし、葬りさった。
三つ目が消え去った後、ダンテの背後に雷が落ちる。そこにはトリッシュの姿があった。ダンテはトリッシュに「汚ねぇ事しやがる。自分の仲間を虫ケラのように!」と、仲間であるグリフォンを消したムンドゥスを非難した。そしてダンテは俯きながら「俺の母親と兄弟のときもそうだった…母の話を思い出す。弱者のために戦った…勇気ある父の話を」と話した。そして「父の名に誓って、奴に死を!」と決意する。トリッシュは雷と一緒に姿を消した。

その後、魔界の生物兵器『ナイトメア』を退けながらもダンテは先を進む。
謁見の間にたどり着いたダンテは、大剣を引き抜く人影を目にする。それは三度ダンテに挑もうとするネロだった。それを見たダンテは「マジにガッツあるな。気に入ったぜ。…掃き溜めには勿体ねぇ」とネロを評した。ネロは兜を外し、ダンテとの戦いに挑む。
死闘の末、ダンテが勝利を収める。ネロは苦悶の声と閃光を放ちながら消滅した。ネロは消滅する際にアミュレットを落とした。そのアミュレットはダンテが持っているものと同じだった。ネロの正体はダンテの双子の兄であるバージルだったのだ。それ故にネロが使う剣技がダンテのものと似ていたのだ。
その頃、トリッシュは神殿の巨像の前にいた。その巨像は「トリッシュよ、バージルが敗北した。するべきことは分かっていよう。さあ、行け!」とトリッシュに命じた。トリッシュは「仰せのままに」と答えた。

悪魔を倒して進むダンテの手には魔剣『スパーダ』が握られていた。それはバージルのアミュレットを手に入れたことで、父の形見の剣であるフォースエッジが本来の力を取り戻した姿であった。
その後、ダンテは魔界へと続く扉が「鏡」であることを突きとめる。
その後、大聖堂へ戻ったダンテは、そこにあった水に飲み込まれる。その「水鏡」こそが魔界への扉だったのだ。

ダンテは脈打つ奇妙な洞窟にいた。ダンテがその洞窟を抜けると、そこはそこら中に呪文が書かれている異様な部屋だった。
ダンテが部屋を見回している時、ダンテを呼ぶ声がする。ダンテが声がした方を振り向くと、倒れて手を伸ばすトリッシュの姿があった。ダンテはトリッシュを助けようと走り出すが、部屋に書かれた呪文が光り出し、トリッシュとの間に壁ができる。そして再びナイトメアが姿を現した。ダンテはトリッシュに離れるように言い、ナイトメアとの戦いを始める。戦いを制したダンテはナイトメアにとどめを刺そうと剣を振り上げる。その時、ダンテを雷が貫いた。その雷はトリッシュが放ったものだった。トリッシュは、ダンテの母親に似せてムンドゥスが作った悪魔だった。トリッシュは「甘えた人間め、その愚かさを悔いるがいい!お前は我々の計画に邪魔なのだ…死ね!」と言い、さらに攻撃を仕掛けてくる。
ナイトメアとトリッシュの攻撃を受け、2対1となるが、それでもダンテの優位は揺具ことはなく、ダンテはナイトメアの核を貫いた。ナイトメアの魔力はレーザーのようにそこら中に解き放たれ、ナイトメアは消滅した。ダンテがその衝撃から顔を上げた時、ナイトメア消滅時の衝撃によって、トリッシュの頭上に石柱が倒れようとしていた。ダンテは咄嗟にトリッシュを助けた。ダンテは何も言わずに立ち去ろうとする。そんなダンテの背からトリッシュは「なぜ私を助けた?」と問いかける。ダンテは少しの沈黙の後、「母さんに似ていた」と漏らした。それを聞いたトリッシュが一歩踏み出した時、「寄るな悪魔!」とダンテはそれを制した。そして「その顔を二度と見せるな。魂の灯火が消えた、作り物の顔をな!」と言って銃を向け、その場を後にした。
ダンテが姿を消した後もなお立ち尽くすトリッシュの背後に、赤い三つ目が現れる。ムンドゥスは「失敗したな。掟は知っていよう」と告げた。

最深部の大扉を抜けた先には神々しささえ感じる白い神殿だった。ダンテは祭壇の巨像の前で足を止める。ムンドゥスが「再びスパーダの血と対面か。昔を思い出す」と言うと、ダンテは「きっと結末も同じだぜ」と返した。しかしムンドゥスは「果たしてそうかな」と言って笑う。その理由はダンテの背後で磔にされていたトリッシュにあった。トリッシュはダンテの方を見ることもなくうなだれていた。ムンドゥスはダンテに「動くな。瞬きしても――女を殺す」と脅しをかける。ダンテが血相を変えて振り返った時、ムンドゥスは赤い光を放ち、ダンテを貫いた。その時、トリッシュは意識を取り戻し、顔を上げる。
ムンドゥスはダンテにとどめを刺すべく攻撃を放った。その時、トリッシュが身代わりとなり、その攻撃からダンテを守った。「トリッシュ、バカな!」と言ってトリッシュに歩み寄るダンテを差し置いて、ムンドゥスは「役立たずめ…邪魔をするとはとんだ失敗作だ」と言い放った。何も反応を示さないダンテに、ムンドゥスは「戦意喪失か?では今こそ因縁の幕を引こう!」と言い、攻撃を仕掛ける。その時、ダンテは「いつまでも調子に乗るな」と言って攻撃を弾く。赤い魔力を滾らせながら、ダンテが「出て来い、魔帝ムンドゥス!」と叫ぶと、巨像が割れ、ムンドゥスが真の姿を現した。ムンドゥスは背についた羽と腕を広げると同時に闇を解き放ち、ダンテはそれに飲まれる。

ダンテの身代わりとなったトリッシュ

ムンドゥスは自信を見上げるダンテに対し「その目だ。スパーダと同じ、危険な光が見える」と言う。ダンテは「母の仇…」と呟いた。それを聞いたムンドゥスは「母が欲しければ何人でも創造してやるぞ――トリッシュのようにな」と言って嘲笑い、翼を広げて飛翔した。ダンテはムンドゥスを追うために飛び上がり、魔力を解放した。するとダンテは六枚の羽を持つ漆黒の魔人へと姿を変える。こうして最後の戦いが始めた。
死闘の末、ついにダンテはムンドゥスを下す。ムンドゥスはなんとか逃げ出そうと翼を動かすが、翼は砕け、ムンドゥスの体は瓦礫となった。

ダンテは横たわるトリッシュを抱きかかえ、「母さんも俺を守って死んだ。そして、お前も…。俺は、お前を…お前を暗闇から救えなかった!」と言って涙を流した。ダンテの涙がトリッシュの頬に落ち、辺りにはダンテの叫びが響いた。
ダンテは「母さんの形見だ。お前に似合うぜ」と言ってアミュレットをトリッシュの胸に置き、更に「親父も見守ってる…安らかにな」と言って剣を突き立てた。

その時、大きな地響きが起きる。魔帝ムンドゥスが倒れたことで、魔界と人間界をつなぐ道が消えようとしているのだ。ダンテは魔界から脱出するが、それでも揺れは収まらず、島からの脱出を目指す。しかしダンテの足元が崩れ、ダンテは暗闇の中に落ちてしまった。
ダンテは地下水路の広場に落ちたようだった。周りが崩壊する中、ダンテは異変を察知する。空中に魔法陣が現れ、そこからムンドゥスが這い出してきた。
ムンドゥスは「魔界は開かれた。ダンテ、もう逃げられんぞ」と言ってダンテに詰め寄る。ムンドゥスの体は所々が欠けて肉が飛び出していた。ダンテは「逃げるかよ。よく見な、もう出口なんかねぇ。だがお前も道連れだ!」と、最後の戦いに挑む。

ダンテは必死に攻撃するが、ムンドゥスは無数の触手を持つ化け物となり、「どうした?その程度か、人間め!」と挑発する。ダンテは必死に攻め立てるが、そのうちに体力が尽きてしまう。ムンドゥスを倒したとしても、脱出できるかもわからない。ダンテが立ち尽くした時、どこからか「ダンテ…諦めないで。大丈夫よ…」という声が響いた。ダンテは「な…?か、母さん?」と言って辺りを見渡すが、現れたのはトリッシュだった。
トリッシュは「私の力も使って!」と言って電撃を放つ。電撃を纏ったダンテは銃にトリッシュと自身の魔力を込めて放ち、ムンドゥスを打ち倒した。ムンドゥスは消える間際「ダンテ、忘れるな…いつか必ず現世に蘇るぞ!」と叫ぶ。それを聞いたダンテは「あばよ。戻ってきたら――俺の息子によろしくな」と返す。こうして最後の戦いが終わった。

ダンテとトリッシュは歩み寄り、きつく抱き合った。ダンテを騙していたトリッシュは泣きながら「ダンテ、私…」と力なく言う。そんなトリッシュにダンテは「トリッシュ…悪魔は泣かない。その涙は――人間の宝物だ」と声をかけた。その言葉にトリッシュは言葉を失っていたが、状況はどん詰まりで「でも手遅れよ」と言う。しかしダンテははっきりとした口調で「いや、間に合ってくれた」と口にした。
その時、天井が崩れ、上の階にあった武器格納庫からプロペラ機が落ちてきた。ダンテは「そして俺たち人間は絶対に諦めない…行くぜ!」と言い、崩壊する島をトリッシュと共に脱出した。

ダンテの店に電話が鳴る。店の名前は『デビルネバークライ(悪魔は泣かない)』に変わっていた。
電話に出たのはトリッシュだった。トリッシュは電話の内容をダンテへと伝える。ダンテが「オーケイ、十分で片付けようぜ。クソどもをそれ以上生かしちゃおけねぇ」と言うと、トリッシュは「五分よ」と返し、手を広げる。ダンテは笑って拳を合わせた。

『デビルメイクライ』の登場人物・キャラクター

主要人物

ダンテ

今作の主人公で、銀髪碧眼の屈強な男性。伝説の魔剣士スパーダの息子である。母親と双子の兄を殺され、その仇を探すために悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいる。トリッシュから魔帝ムンドゥスが復活したことを聞き、その侵攻を止める依頼を引き受けた。
トリッシュはムンドゥスの手先であり、裏切られたが、彼女を殺そうとしなかった。ムンドゥスとの戦いでは、トリッシュを人質にされピンチに陥る。しかし、ダンテの行動に心打たれたトリッシュが身代わりとなって助かった。その後、母と兄の仇であるムンドゥスを倒し、トリッシュと共に帰還した。
町に戻ったダンテは、店の名前を『デビルネバークライ』へと変え、トリッシュと行動を共にしている。

トリッシュ

今作のヒロイン。ダンテの母親に顔が酷似している。突如『デビルメイクライ』に現れ、ダンテに魔帝ムンドゥスの進行を止めるように依頼した。
その正体はムンドゥスによって作られた悪魔であり、ダンテの母親に似ているのもダンテの油断を誘うために母親に似せて作られた為。ダンテを罠に嵌め、ナイトメアと一緒に攻め立てたてるが、それでもダンテに敵わなかった。ナイトメアナイトメア破壊された際の衝撃で、石柱に押しつぶされそうになるが、ダンテによって救われた。その後、ムンドゥスによって磔にされ、人質とされた。それによりダンテが手出しできず、一方的に痛めつけられた。トドメを刺されようとするダンテを身を呈してかばった。
ダンテがムンドゥスを倒した後は、ダンテの相棒として行動を共にしている。

その他

スパーダ

2000年前、ムンドゥスが人間界を侵略しようとした時に、悪魔たちを裏切って人間界を救った悪魔。その時の戦いで、ムンドゥスを倒して魔界を封印する。人間からは英雄とされているが、悪魔たちからは憎悪の対象となっている。
戦いが終わった後も人間界に残り、その後エヴァと結ばれ、バージルとダンテの双子を設けた。

エヴァ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博黙示録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

1996年~ 1999年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。働きもせず、しょぼい酒と博打に明け暮れる自堕落で最悪な毎日を送る若者カイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ足を踏み入れ、その後様々なギャンブルに挑んでいく様が描かれる。

Read Article

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

寄生獣(岩明均)のネタバレ解説・考察まとめ

『寄生獣』とは、岩明均による漫画作品、及びそれを原作とするアニメ、実写映画。人間に寄生し、人間を食らう寄生生物。そんな生物(ミギー)が右手に寄生してしまったため、数奇な運命に翻弄されることになった泉新一。単なるモンスター物、ホラー物ではなく高度な哲学性、テーマ性が物語を彩っており、今なお根強い人気を誇っています。

Read Article

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)のネタバレ解説・考察まとめ

「BLACK LAGOON」は、作者の広江礼威(ひろえ れい)が月刊サンデージェネックスで連載中のガンアクション漫画、およびそれらを原作とした小説・アニメ作品。裏社会の人間が闊歩する犯罪都市・ロアナプラに放り込まれた日本の商社マン・岡島緑郎ことロックは、運び屋の一員となり荒事を請け負うようになる。

Read Article

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博破戒録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2001年~2004年に「週刊ヤングマガジン」で連載された福本伸行によるギャンブル漫画、及びそれを原作とするアニメ、映画のこと。自堕落でどうしようもない毎日を送るカイジが、保証人としてかつてのバイト仲間の借金を返済するためギャンブルの世界へ身を投じていく様を描いた前作「賭博黙示録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する様子が描かれる。

Read Article

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

賭博堕天録カイジ(福本伸行)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年から「週刊ヤングマガジン」にて連載されている福本伸行によるギャンブル漫画。保証人としてかつてのバイト仲間の借金を肩代わりさせられたことをきっかけにギャンブルの世界へのめりこんでいく様が描かれた「賭博黙示録カイジ」、そして膨れ上がった借金の代償として地下労働を強いられ、そこから地上へと戻ってくるまでが描かれた「賭博破壊録カイジ」の続編として、再びカイジが勝負の世界で奮闘する模様が描かれる。

Read Article

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ノー・ガンズ・ライフの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ノー・ガンズ・ライフ』とは、カラスマタスクによって「ウルトラジャンプ」で連載されたSF漫画作品である。本作は読みきりを2回経て、2014年に連載が開始された。 主人公は、作中で「拡張者」と呼ばれるサイボーグ、乾十三(いぬいじゅうぞう)。十三は、街で「処理屋」というトラブルシューターを営んでおり、頭頂部が拳銃になっているという、かなり奇抜な見た目のキャラクターである。 古臭い探偵小説のような物語である本作では、鉄の塊のような、武骨な男の言うハードボイルドなセリフが印象的である。

Read Article

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 2』(デビルメイクライツー、DEVIL MAY CRY 2)は、カプコンが制作したPlayStation 2用のアクションゲームソフトであり2003年発売。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズデビル メイ クライの続編である。キャッチコピーは、「悪魔と踊ろう」。 第6回のCESA GAME AWARDSでは「CESA GAME AWARDS FUTURE 優秀賞」を受賞している。

Read Article

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 3』(デビル メイ クライ スリー、Devil may cry3)とは、カプコンが制作し2005年に発売されたPlayStation 2用のアクションゲームソフト。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズの第3作目であり、1作目「デビル メイ クライ」よりも過去の物語を描いている。 後に追加要素を含んだアップグレードバージョンの「デビル メイ クライ3 スペシャルエディション」も発表されている。

Read Article

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)』は株式会社カプコンから発売されたスタイリッシュアクションゲームである。対応ハードはPlayStation 3、Xbox 360。後にPC版も発売した。前作まで主人公を務めたダンテから新キャラクターであるネロに主人公が変わった。物語は悪魔が存在し人間に危害を加える世界。城塞都市フォルトゥナにて、魔剣教団に所属する若き騎士ネロが魔剣祭の最中に起きた教皇殺しの犯人を追っていくうちに、犯人の正体と教団の真の目的を知っていくというものである。

Read Article

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』とはカプコンより1996年に発売されたサバイバルホラーゲーム。 タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味となりそれを筋としストーリーが展開される。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「内に潜む悪(害悪)」という意味を持ち、後のサバイバルホラーとしてのジャンルを生み出した先駆品としても高く評価された作品である。

Read Article

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード ヴィレッジ』(Biohazard Village)は、カプコンより発売されたサバイバルホラー作品である。シリーズ本編としては8作目で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されている。『バイオハザード7』主人公イーサン・ウィンターズが引き続き主人公であり、前作では失踪した妻のミーアを探す物語だったが、今作は攫われた娘のローズマリーを取り戻すための物語になっている。そのため作品のテーマは"家族の絆"になっている。イーサンの物語の完結編。

Read Article

鬼武者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼武者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼武者』は、カプコンが開発し、2001年1月25日に発売したPlayStation 2専用アクションゲーム。 全4作ある『鬼武者』シリーズの第1作目。 同社の『バイオハザード』において開発されたゲームエンジンを使用しており、刀剣を利用した、緊張感と駆け引きのあるアクションが特徴。主人公は、鬼の力を手にし、囚われの姫を救出するべく怪物が巣食う城へと向かう。

Read Article

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:3』とは、2020年4月にCAPCOMから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイクとなっている。そして2019年に発売された『バイオハザードRE:2』に続く「RE」シリーズ2作目となっている。ラクーンシティで起きた生物災害(バイオハザード)の真相を明らかにすべく、原作ゲーム1作目の主人公ジル・バレンタインが追跡者から逃げながらラクーンシティを脱出するというストーリーだ。

Read Article

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロックマンエグゼ6』とは、2006年11月23日にカプコンから発売された、ゲームボーイアドバンス用のデータアクションRPGゲームである。グレイガ・ファルザーと2バージョンリリースされていている。バージョンごとに獣化システムやクロスシステムなど使用できるシステムも異なってくる。本作の発売時はゲームボーイアドバンスからニンテンドーDSの移行期であったが、「ゲームボーイアドバンスで発売したソフトであるから、こちらで有終の美を飾りたい」といった発言があり、ゲームボーイアドバンスでリリースされた。

Read Article

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:2』とは、2019年1月にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版である。話の大筋に大きな変更はないが、主人公関係者の物語は大幅に変更された箇所もあった。ゾンビが溢れかえる街から脱出することを目的に、新米警察官のレオン・S・ケネディ目線と、失踪した兄を探しにやってきた女子大生のクレア・レッドフィールド目線、2人の主人公の物語が描かれる。よりリアルなゾンビやサバイバルホラーを体験出来るようになった。

Read Article

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dragon's Dogma: Dark Arisen』 とは、 」2013年にカプコンより発売されたオープンワールドのアクションロールプレイングゲームで、2012年に発売された『Dragon´s Dogma』の拡張版である。売上本数はPS3版だけでも46万本を超えている。2017年にはPS4、Xbox OneやMicrosoft WindowsにNintendo Switchでも発売されている。ドラゴンに心臓を奪われてしまった主人公が広大なオープンワールドを冒険する物語となっている。

Read Article

クレア・レッドフィールド(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

クレア・レッドフィールド(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

クレア・レッドフィールドとはCAPCOM制作のサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』において登場する主人公の一人。19歳の時連絡のとれなくなった兄を探しにバイオハザード中のラクーンシティにやってきてしまった女子大生。容姿端麗で弱者に寄り添い助けることの出来る女性だが、兄から小さい頃に様々な銃火器の使い方や身を守る術を教えられているためゾンビやクリーチャーが蔓延るラクーンシティでも生き残ることが出来た。その後バイオテロ被害者を助けるためNGO団体で人を助ける仕事をしている。

Read Article

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』とは、2018年に発売され、2020年には1610万本を達成した大人気タイトル『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツである。 ワールドのエンディング後から展開される本作のシナリオでは、フィールド・拠点ともに一新。新たなクエストランク「マスターランク」を設け、ハンターは渡りの凍て地と呼ばれる極寒の地で、新たな強敵たちと出会う。

Read Article

ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアII 使命の子』とは『ブレス オブ ファイア』シリーズの第2作目であり1995年にカプコンより発売されたRPGゲームである。前作でも好評であった迫力あるグラフィックをより進化させつつ合体システムや共同体など新しいやり込み要素も盛り込まれている。前作より500年後の世界、なんでも屋であるレンジャー業を営む主人公リュウは相棒のボッシュの無実の罪を晴らすための旅に出る。旅の中で様々な仲間と出会うリュウは使命の子としての邪神を封印するという運命の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

モンスターハンターライズ・モンスターハンターライズ:サンブレイク(MHR・MHS)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターライズ・モンスターハンターライズ:サンブレイク(MHR・MHS)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターライズ』とは、2021年にカプコンからNintendo Switch向けソフトとして世界同時に発売されたハンティングアクションRPG。翌2022年には同じくカプコンから超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が発売された。新要素として、アクションの幅を広げる「翔蟲アクション」や移動の快適さを実現した新たなオトモ「ガルク」など、今までのシリーズ作品とはまた違った爽快な狩猟アクションを体験できる。

Read Article

逆転検事(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転検事(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転検事』とは、2009年にNintendo DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、『逆転裁判』シリーズでお馴染みのライバル検事・御剣怜侍が主人公を務め、現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。『逆転裁判』シリーズのテイストを残しつつ、全く違った角度から事件を追っていく、従来の『逆転裁判』では味わえない新感覚を体験できる。

Read Article

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』とはカプコンから1993年に発売されたRPGゲーム。『ブレス オブ ファイアシリーズ』の記念すべき第1作目でありカプコンが初めて手掛けたRPGでもある。竜の力を使う主人公や翼を持つヒロイン、亜人種の仲間達など1作目にしてシリーズの礎を築いた作品である。女神ミリアを復活させ世界を征服しようとする黒竜族の皇帝ゾーゴンの野望を打ち砕くために、白竜族の勇者リュウと7人の仲間達が戦う姿を描く。

Read Article

ブレス オブ ファイアIII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアIII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアⅢ』とはカプコンより1997年に発売されたRPGである。初めてPlayStation用のタイトルとなった本作は伝統であるハイクオリティなドット絵を踏襲しつつ、背景に3Dポリゴンを使った新たな表現に挑戦した。シリーズ初のキャラクターボイスも実装されより迫力のあるストーリーが展開された。竜族の生き残りの少年リュウが世界や自らの出自を解き明かしていく旅が「幼年期」と「青年期」の2部構成で描かれる。

Read Article

逆転検事2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転検事2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転検事2』とは、2011年にNintendo DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、前作に引き続き『逆転裁判』シリーズでお馴染みのライバル検事・御剣怜侍が主人公を務め、現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。また今回は、御剣怜侍の父親も登場し、御剣怜侍自身の「検事として」事件とどう向き合うのかということを考えながら捜査していくという、また一歩深い話が展開されていく。

Read Article

レッドアリーマー 魔界村外伝(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

レッドアリーマー 魔界村外伝(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッドアリーマー 魔界村外伝』とは、『魔界村』シリーズに登場する人気の敵キャラクターであるレッドアリーマーを操作するアクションゲームである。 『魔界村』との最大の違いは主人公が人間ではなく、翼を持った魔物である事に由来する豊富なアクションである。 翼によって飛行する、炎などの攻撃を口から吐く等の独自のアクションを楽しめる。 魔物が主人公である事によるダークな物語も魅力の一つ。 加えて『魔界村』シリーズ譲りの高難易度も持ち合わせている。

Read Article

鬼武者2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼武者2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼武者2』とはカプコンが開発したPlayStation 2用のゲームソフトで、『鬼武者』シリーズの2作目となる作品。ジャンルはアクションゲーム。前作『鬼武者』で描かれた明智左馬介と幻魔の戦いから13年後の時代を舞台に、新たなる鬼武者となった主人公、柳生十兵衛と異形の怪物・幻魔の戦いを描く。多数の新システムの導入により、前作で好評だった斬り合いの爽快感がパワーアップしており、物語が分岐するアドベンチャー要素も追加されている。

Read Article

機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.(連ザ)のネタバレ解説・考察まとめ

機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.(連ザ)のネタバレ解説・考察まとめ

『機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.』とは、カプコン開発、バンプレスト販売の『機動戦士ガンダムSEED』を題材とした対戦型アクションゲーム。人気シリーズ『機動戦士ガンダムvs.』の第5作目。基本動作はこれまでのシリーズと同じであり、2対2のチームバトルも可能。プレイヤーの編成が柔軟になったことで敵軍キャラとのチームを組織することも可能となった。2005年7月にアーケード版で稼働開始。

Read Article

ファイナルファイト(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファイト(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファイト』は1989年12月14日にカプコンよりアーケードゲームとして発売されたベルトスクロール型アクションゲーム。1990年にはスーパーファミコンに移植され、その他多くの家庭用ゲーム機に移植された人気作品だ。大西洋に面した都市「メトロシティ」を舞台に3人の主人公「ハガー」、「コーディ」、「ガイ」達が、犯罪集団に攫われてしまったハガーの娘「ジェシカ」を救出するため、それぞれの思いを胸に立ち向かうという設定になっている。

Read Article

ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの』とは2000年にカプコンから発売されたRPGである。『ブレスオブファイアシリーズ』の4作目であり、これまでのシリーズとは一線を画したアジア風の世界観が特徴となっている。長く続いた帝国と諸国連合の戦争が休戦した世界、行方不明となった姉を探すウィンディアの王女ニーナは記憶喪失の少年リュウと出会う。時を同じくしてリュウの半身であるフォウルも長き眠りから目覚めようとしていた。2人の主人公の交錯するストーリーはシリーズ屈指の鬱シナリオとして話題となった。

Read Article

レッドアリーマーII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

レッドアリーマーII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッドアリーマーII』とは、1992年に日本のカプコンから発売されたファミリーコンピュータ用アクションロールプレイングゲーム。 『魔界村』シリーズの人気敵キャラクターである「レッドアリーマー」を主人公としたスピンオフ作品。 また、ゲームボーイソフト『レッドアリーマー 魔界村外伝』の続編でもある。 魔物であるレッドアリーマーによる豊富なアクションが魅力。 翼によるホバリング、口から魔力による攻撃を吐く独自のアクションを駆使する。 『魔界村』シリーズに由来する高難易度も本作の魅力である。

Read Article

鬼武者3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼武者3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼武者3』とはカプコンが開発したPlayStation 2用のゲームソフトで、『鬼武者』シリーズの3作目となる作品。ジャンルはアクションゲーム。2人の鬼武者、明智左馬介とジャック・ブランが、幻魔王・織田信長を倒すために立ち向かう物語を描く。本作では2人の主人公、左馬介とジャックのストーリーが交互に進行されていくのが特徴となっている。また、『鬼武者』シリーズ3部作の完結編であり、アクションゲームとしてシリーズ集大成と呼べる進化を遂げている。

Read Article

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

中間管理録トネガワ(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

「中間管理録トネガワ」とは言わずと知れた「カイジ」作中に登場する宿敵、利根川幸雄のスピンオフアニメ作品である。 大勢の部下(黒服)達を束ねる幹部でありながら、帝愛グループ会長である兵藤和尊のご機嫌を常に最も身近で気にしなければならない、いわば中間管理職に位置する男、利根川幸雄の苦悩と葛藤を描いた物語である。

Read Article

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

中間管理録トネガワ(第1話『始動』)のあらすじと感想・考察まとめ

「賭博黙示録カイジ」において主人公カイジと出会う前、日々の業務と会長のご機嫌を伺いながら仕事をこなす利根川を会長・兵藤和尊は突然呼び出し、自身の退屈を紛らわせる企画を利根川に命じる。週末の予定がなくなることに苦悩しながらも1、1人のメンバーと共に第一回の会議に利根川は臨んでいく。 今回は「中間管理録トネガワ」第1話『始動』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【あつ森】バイオハザードの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】バイオハザードの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気ホラーアクションゲーム『バイオハザード』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents