逆転検事(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転検事』とは、2009年にNintendo DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、『逆転裁判』シリーズでお馴染みのライバル検事・御剣怜侍が主人公を務め、現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。『逆転裁判』シリーズのテイストを残しつつ、全く違った角度から事件を追っていく、従来の『逆転裁判』では味わえない新感覚を体験できる。

『逆転検事』の概要

『逆転検事』とは、株式会社カプコンが開発・発売によるNintendo DS専用ソフトである。2009年5月28日にパッケージ版、Nintendo eShopにてダウンロード版が発売された。また、2017年12月8日にスマートフォン対応アプリ版が配信された。ジャンルは推理アドベンチャー。プレイヤーは検事の御剣怜侍(みつるぎ れいじ)として、訪れる先で巻き込まれる事件を捜査し、自らの推理力で真相に迫っていく。

本作は、『逆転裁判』シリーズ初のスピンオフタイトルである。コンセプトは「NEW逆転 NOT裁判」であり、従来のシリーズ作品とは違い、法廷パートが存在しない。同シリーズのキャラクター・御剣怜侍が主人公であり、事件現場を捜査し、関係者に「ゆさぶる」や「つきつける」を用いた「対決パート」を経て事件を解決していく。システムも、心証ゲージや吹き出しに入ったボイス付きのセリフ(「異議あり」や「待った」)などはシリーズのものを踏襲しているが、「探偵パート」を「捜査パート」と名前を変え、御剣を第三者の視点で捜査する形となっている。心証ゲージも従来の作品に比べるとやや長い(最低ペナルティが少ない)。また、シナリオ進行によってゲームオーバーの内容が変化する。本作品のシナリオ担当・ディレクターは『蘇る逆転』と『逆転裁判4』の企画及び一部テキストを担当した山崎剛で、『逆転裁判』シリーズでシナリオを担当していた巧舟は本作品には関与していない。

本作は、現代の日本で巻き起こる各事件現場を舞台に繰り広げられる。本作は1話完結で全5話収録されている。しかし、ストーリーを追っていくうちにそれぞれの事件が深く関係していき、1つの真実に辿り着く結末を迎える。また、本作は『逆転裁判』シリーズ所縁のあるキャラクターから本作が初登場の個性的なキャラクターまで、シリーズファンもそうでない人も楽しめる内容になっている。

検事・御剣怜侍は、長い海外留学から帰国後、立ち寄った検事局の自分の執務室で銃殺された死体と背後からの脅迫者に遭遇する。御剣自体は事なきを得たが、執務室で起こった殺人事件に巻き込まれたことで、御剣はその裏で関係する”ある事件”とその関係組織を追いかけることになる。

『逆転検事』のあらすじ・ストーリー

第1話 逆転の来訪者

物語冒頭。真犯人と被害者が密会している。

場所は御剣執務室。犯人と被害者が密談をしているが、話の流れから犯人が被害者を銃殺した。その約1時間後、1か月の海外出張から帰ってきた御剣が執務室へやってきた。部屋は真っ暗であったが、被害者の死体を発見する。と同時に、御剣は背後から何者かに銃で脅される。御剣は冷静にその人物との会話に努めるが、謎の人物はそのまま逃走してしまった。
この事件の犯人は、御剣と同じ上級検事の優木であった。犯行の全貌は次の通りだ。まず、御剣が不在の時を見計らい、警備員に自分の執務室と偽って御剣の執務室をマスターキーで開けさせた。その際、ナンバープレートをすり替え、本来自分の執務室前に置いてあるバスケットゴールを移動させて完全に誤認させる細工まで行っていた。そして優木は御剣の執務室に難なく侵入し、御剣が保管している書類を持ち去ろうと部屋を荒らした。しかし、そこへ被害者が止めに入ってきたため、口封じのために被害者の拳銃を奪って殺害した。優木はその場を逃走したが、空いたままの執務室に今度は別の人物が同じくドロボウ目的で侵入した。その人物は執務室が空いているのを知らなかったため、事前に警備員室からマスターキーを盗んでいた。そして、優木と同じく部屋を荒らしていたが、そこへ御剣が帰ってきてしまったため、背後から御剣を脅迫し、そのまま逃走したのだった。
御剣の完璧な推理のおかげで、優木は逮捕され、殺人事件の方は解決することができた。しかし、もう1人の侵入者についてはまだ謎が残されており、完全な解決には至っていない。そこへ、鑑識から1枚のカードを渡された。真っ黒な背景に白い3本脚のカラスのマークであった。このマークは以前から世間を賑わせている大ドロボウ”ヤタガラス”のものであった。御剣はこのカードをたよりに事件界解決のため”ヤタガラス”を追いかけることを決めるのだった。

第2話 逆転エアライン

執務室での事件が起こる2日前。
御剣は長い海外出張からの帰国便に搭乗していた。道中、飛行機は乱気流に巻き込まれ、機内は激しい揺れに物が散乱し、荒れてしまっていた。御剣が目を覚ました時は、混乱は収まっており、自身が機内1階のラウンジで倒れていたことを知る。機内アナウンスにより自分の席に戻ろうと思った御剣が近くのエレベーターのドアを開けると、外国人男性の死体が座っており、丁度通りかかったCAにその姿を見られ、殺人容疑をかけられてしまう。
今回の事件の顛末は、CA白音が密輸に関わっていることを知られてしまったことへの口封じであった。被害者は国際捜査官であり、ボルジニアからの密輸を捜査していた。そして、その過程で白音が登場する飛行機の貨物室を調べさせてほしいと依頼、捜査として自分の携帯電話で証拠を押さえていた。しかし、傍でその様子を見ていた白音は、その後のことを考えて恐怖を覚え、気が付いた時には被害者を階段上から突き落としていたのだという。白音は無事に逮捕されたが、密輸に関しては恐怖に震えた表情で黙秘をしているという。無事に事件解決したが、その直後、ある知らせにより、御剣はまた新たな事件に巻き込まれるのであった。

第3話 さらわれる逆転

真犯人に背後から襲われてしまう御剣。

帰国したその足で誘拐事件の身代金受け渡しの代役を請け負うことになった御剣。犯人が指定してきた場所は、「バンドーランド」というテーマパーク。犯人からの指示通り園内を歩き回り、最後に指定された場所は「ホラーハウス」であった。指定された部屋に身代金を置き、その場を去ろうとした御剣だったが、部屋を出て歩き出した瞬間、後ろから犯人らしき人物に殴打されその場で気絶してしまう。そのまま身代金ごと誘拐されてしまった御剣は、どこかの物置で拘束されていた状態で目を覚ます。何とか自力で脱出を試みようとしたとき、上から高校生ぐらいの少女が降りてきた。その少女は”大ドロボウ・ヤタガラス”と名乗る少女・一条美雲(いちじょうみくも)だった。美雲の協力で無事脱出できた御剣は、再び犯人の足取りを追う。
この事件の真犯人は、誘拐事件の被害者であり、このバンドーランドを建設した「天野河コンツェルン」の御曹司である天野河光であった。元々この誘拐事件は光と執事の小倉が身代金目的で仕組んだ狂言誘拐であった。しかし、身代金が手に入ろうとしたその時小倉が裏切り、光に襲い掛かったのだ。光は何とか抵抗し、その挙句小倉が持っていた拳銃を奪い発砲。弾丸は小倉の身体を貫く形になってしまった。誘拐から始まったこの事件は小倉を射殺してしまった殺人事件へと発展し、光は現行犯逮捕された。そして、光の父親で「天野河コンツェルン」の総裁である天野河丈一郎も、捜査中に息子の証拠を隠滅しようとした疑いで同じく逮捕されることとなった。また、丈一郎逮捕には10年前に起こった事件「KG-8号事件」も関係しており、天野河コンツェルンの”密輸”のスキャンダルについても言及されるということだった。無事に今回の事件も見事解決した御剣は、帰国後検事局に立ち寄った。そして、例の事件に巻き込まれるのであった。

第4話 過ぎ去りし逆転

時は7年前に遡る。
「第2のKG-8号事件」の裁判中、被告人の真刈透(まかり とおる)が本法廷の担当検事・一条九郎(いちじょう くろう)を、自分の犯行を指示した”ヤタガラス”として告発した。担当検事が告発されたことにより、代わりにこの事件の検事に指名されたのは、今回が初めての法廷である御剣であった。審理前、証拠品引き渡しをするために一条と法廷で落ち合うことになっていたので御剣と彼の師である狩魔豪(かるま ごう)は法廷へ向かったが、いくら待っても一条が現れる様子がない。そろそろ開廷時刻も迫る頃、突然、当時新人刑事だった糸鋸が勢いよく走り込んできた。それは、控室で一条と真刈が刺し違えた状態で殺害されていた報告だった。
この事件の犯人は、真刈の担当弁護士・葛氷見子(かずら ひみこ)。彼女の本当の姿は巷で噂になっている大ドロボウ”ヤタガラス”その人であった。動機は、一条に対しては彼女の本性に気付きかけていたから。真刈は一条をヤタガラスとして告発するために、無罪と引き換えに利用しようとした。しかし、休廷中に一条が真刈を自分の控室に連れて行ったことで状況が一変。一条に追い詰められた真刈は今回の件について白状し始め、その流れで葛の正体まで話し出しそうになった。自分の身の危険を感じた葛は、計画を変更し、まずは一条を殺害した。そして、その犯行を廊下で警備していた糸鋸に罪を着せるために、真刈と一緒に現場を細工、銃声の音が収録されているビデオを利用した。そして、現場の細工が終わったところで真刈も口封じのために殺害。自身の控室に戻った葛は証人に仕立て上げるために馬堂一徹(ばどう いってつ)刑事を呼び出した。そして頃合いを見計らって、自分の香水を派手に零し、馬堂に窓を開けさせた。そして、予約再生したビデオから銃声が聴こえたタイミングで一条の控室へ駆けつけたということだった。今回の事件で、葛はもう一つの罪を犯している。それは、今回の事件の発端となった「第2のKG-8号事件」の首謀者であったことだ。葛は真刈にコードビア大使館員のディード・マンの殺害を依頼した。ディード・マンの殺害動機は、彼が後日行われる裁判で密輸組織について証言することになっていたのを妨害するためだった。そう、葛は密輸組織の関係者だったのだ。御剣に全て暴かれた葛は、拳銃を構え、銃口を御剣につきつけた。身動きの取れない御剣だったが、美雲が叫んだことで銃弾をよけることができ、事なきを得た。しかし、肝心の葛は発砲後に裁判所から逃走。馬堂が追いかけるが、そのまま行方知れずとなってしまった。真犯人は取り逃してしまったが、糸鋸の汚名は返上され、事件は幕を閉じた。
そして現在。
御剣と糸鋸は美雲との過去を思い出し、改めて再会を喜んだ。あの事件の後、美雲は姿を消していたが、一条が亡くなったため、遠方にある母方の実家へ引っ越したという。御剣は美雲になぜ今自分に会いに来たのか。そして、なぜ今美雲自身が”ヤタガラス”を名乗っているのかという疑問をぶつけた。すると、美雲は最近見つけた一条の日記について話し始めた、その日記にはこう記されていた。
「ヤタガラスという道を選んだ自分に、後悔はしていない」
そして、美雲が使っているあらゆる警備システムを突破するヤタガラスの奥の手「ぬすみちゃん」の存在も、一条がヤタガラスであることを示していた。しかし、最近美雲ではないヤタガラスが大使館に予告状を送ったことを報じる新聞記事が発行された。美雲はそれを葛の犯行だと予想し、真実を知るために御剣の前に再び現れたということだった。御剣は7年前に命を助けられたこと、そして、バンドーランドの誘拐事件でも事件解決に協力してくれた美雲への恩を返すために、葛逮捕に協力することを決めるのであった。

第5話 燃え上がる逆転

ババル共和国大使館に火災発生。逃げ込んだヤタガラスを行方を追う。

帰国便での殺人事件、遊園地を舞台に巻き起こった誘拐事件、そして、自分の執務室で起こった殺人事件。御剣は、執務室で紅茶を楽しみながら、今日までの目まぐるしい出来事を回想していた。そこへ、大慌てで美雲が飛び込んできた。”ヤタガラス”が、ある大使館に予告状を送ってきたという。その新聞記事を持って「ニセ・ヤタガラスを捕まえましょう!」と息巻いていたのだ。ただ、その大使館というのがかなり特殊な場所らしく、御剣はことがはっきりするまで待っていようと思っていた。しかし、美雲から葛氷見子が関係しているかもしれないという言葉で、自分も7年前の事件の関係者である御剣は大使館へ行くことを承諾、美雲と共に現地へ向かうのであった。
大使館は、ヨーロッパの小国である東の国「アレバスト王国」と西の国「ババル共和国」が並列して建造されていた。両国は元は「コードピア公国」という1つの国だったが、内乱をきっかけに分断されてしまった歴史がある。コードピア公国は7年前の事件でも関係している。御剣は美雲と共に”ヤタガラス”が現れるのか調査を開始した。その最中、アレバスト王国から警官が2人走り込んできて、ババル共和国の警備員に「ヤタガラスがきた!」と報告した。その情報を聞いた美雲は、いてもたっても入れず、警備の緩いババル共和国から入国し、ヤタガラスの跡を追いかけた。御剣も美雲の跡を追いかけて、ババル共和国へ入国した。ババル共和国側では火災が発生していたが、美雲を見つけた時には火災はおさまり、焼け跡が広がっていた。そして、辿り着いた部屋で美雲が、国際警察官のシーナに拘束され、糸鋸が近くに立っていた。何があったのかと御剣が問うと、部屋の奥で1人の男性の刺殺死体が転がっているのを発見する。彼の名は、マニー・コーチン。7年前の事件の容疑者で無罪判決を受けた人物であった。
今回の事件では、2人の人間が関わっていた。

1人目は、ババル共和国の事件を担当していたシーナ捜査官。彼女は元は密輸組織の人間であり、国際警察に捜査官として潜り込み、密輸組織に国際警察の機密情報を横流しするスパイ活動を行っていた。そして、ババル大使館に2度放火した真犯人であり、その正体は、7年前に逃亡後行方知れずになった葛氷見子であった。大使館に2度放火した動機は、密輸組織で流していた偽札の証拠隠滅のためという。そして、彼女はもう1つ、大ドロボウ”ヤタガラス”の顔も持っている。この件に関しては、ヤタガラスは美雲の父親の一条だという証拠の日記もある。すると、葛から「なぜヤタガラスには”3本の脚”があるか」と質問される。御剣はある可能性を見つける。ヤタガラスは一条でもなく葛でもなく、しかしどちらでもある。企業の顧問弁護士として内部情報を入手できる弁護士、警備システムのノウハウがある検事、そして、犯行後に証拠を隠滅できる刑事。そう、大ドロボウ”ヤタガラス”とは、一条・葛、そして馬堂の3人で動いていた複数犯であったのだ。7年前、一条を殺害した理由を改めて尋ねたところ、一条は密輸組織の情報と7年前の事件の凶器にもなった「ヤタガラスのカギ」を大使館から盗んだらしく、そのことを知った密輸組織の黒幕から指示されたということで、葛自身は本意ではなかったという。また、火災発生の際に美雲の前に姿を見せ、後を追わせた理由は、全ての罪を美雲に着せて、自ら逮捕することが目的であったという。葛が観念したところで、狼士龍(ロウ シリュウ)捜査官が彼女を連行し、ババル大使館側の事件は概ね解決した。

2人目は、アレバスト王国の全権大使のカーネイジ・オンレッドである。彼こそが今回の事件の首謀者であり、マニー殺害の真犯人であり、御剣と師弟関係である国際検事の冥や狼が追いかけていた密輸組織の黒幕であった。マニー殺害の動機は、カーネイジを大使の座から追いやり、密輸組織も乗っ取ろうとしていたからだという。そこで、大使館にある永世中立劇場の控室にマニーを呼び出し、花束に忍ばせていたアレバストナイフで殺害。遺体を特撮ドラマ・大江戸戦士トノサマンのキャラクターの手押し車に入れて、何も知らない矢張にそのままアレバストの中庭・ローズガーデンまで移動させた。その後、ローズガーデンのイベント中に偽装で作ったヤタガラスの影を投影、会場を混乱させた。さらに葛にババル大使館に放火をさせ、消火活動でババル側の中庭の池から水をなくさせた。この大使館は左右対称の造りをしており、ババル側と同じ場所にアレバスト側にも池がある。そして、その2つの池はそこで繋がっているので、ババル側の池の水がなくなると、アレバスト側の池の水も同じようになくなるのだ。それを利用し、水位の効果を利用して、マニーの遺体を乗せた手押し車を池の底に降ろし、あとは、共犯者のシーナにババル側へ移動させ、発見現場まで運ばせたのだった。しかし、マニー殺害の際に彼が懐に忍ばせていたヤタガラスのカギで反撃されたことと、その時の血痕が殺害現場に落ちていたことが決定打となり、カーネイジを逮捕。一連の事件を完全に解決することができたのであった。
後日、カーネイジは日本とアレバスト王国の両国での裁判が行われることが決定した。そして、アレバスト王国とババル共和国は統一され、新国の大使をババル共和国側で大使をしていたダミアン・ヒンジがその任に就くことになった。そして、敵対していた狼は、検事という人間の見かたを改め、御剣と和解した。カーネイジの裁判の日本の担当検事は御剣である。御剣は、開廷前にいつもより声を張り上げて「異議あり!」と叫ぶのだった。

『逆転検事』のゲームシステム

対決パート

関係者に事件についての情報を引き出し、真犯人を暴いていく。

『逆転裁判』シリーズにおける「法廷パート」に相当するパート。事件現場やその周辺で事件関係者と論争する。相手の証言をさらにといつめる「ゆさぶる」、事実と証言が異なることを証明するために証拠品を提示する「つきつける」の2つを駆使して真実を暴いていく。

捜査パート

『逆転裁判』シリーズの「探偵パート」に相当するパート。さまざまな人物から情報を手に入れたり、現場検証して証拠品を集めるなどの行動を繰り返し、裁判に必要な手掛かりを集めることが目的。ロジック、推理に失敗すると「真相ゲージ」が減少し、ゲージがなくなるとゲームオーバーになる。

taranome4
taranome4
@taranome4

Related Articles関連記事

逆転検事2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転検事2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転検事2』とは、2011年にNintendo DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、前作に引き続き『逆転裁判』シリーズでお馴染みのライバル検事・御剣怜侍が主人公を務め、現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。また今回は、御剣怜侍の父親も登場し、御剣怜侍自身の「検事として」事件とどう向き合うのかということを考えながら捜査していくという、また一歩深い話が展開されていく。

Read Article

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』とは、カプコンより1996年に発売されたサバイバルホラーゲーム。タイトルには「生物災害」という意味があり、それを筋としストーリーが展開される。日本国外のタイトルである『Resident Evil』は、「内に潜む悪(害悪)」という意味を持ち、後のサバイバルホラーとしてのジャンルを生み出した先駆品としても高く評価された作品である。プレイヤーは2人の主人公のどちらかを選び、任務の末迷い込んだ洋館で様々な謎を解き、クリーチャーと呼ばれる怪物たちと戦いながら脱出を試みる。

Read Article

逆転裁判3(逆裁3)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判3(逆裁3)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判3とはカプコンが発売した「逆転裁判」と「逆転裁判2」の続編の法廷アドベンチャーゲームである。今回の法廷は弁護士の成歩堂龍一だけではなく、成歩堂の師匠である綾里千尋の新人時代のエピソードも収録されている。 綾里千尋の最初の裁判は悲しい結果になり、それから1年。千尋は決着をつけたかに見えたが事件は終わっていなかった。成歩堂は綾里家に関わる事件に再び巻き込まれる事となる。

Read Article

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード ヴィレッジ』(Biohazard Village)は、カプコンより発売されたサバイバルホラー作品である。シリーズ本編としては8作目で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されている。『バイオハザード7』主人公イーサン・ウィンターズが引き続き主人公であり、前作では失踪した妻のミーアを探す物語だったが、今作は攫われた娘のローズマリーを取り戻すための物語になっている。そのため作品のテーマは"家族の絆"になっている。イーサンの物語の完結編。

Read Article

逆転裁判(逆裁)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判(逆裁)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判とはカプコンが発売したアドベンチャーゲームである。 当初はゲームボーイアドバンス用として1、2、3として発売。その後、ニンテンドーDS用ソフトとしてリメイクされて再発売された。 弁護士になって3ヶ月の成歩堂龍一。弁護する依頼人は皆、無実の罪であり、裁判にてその無罪を証明するのがゲームの目的である。

Read Article

逆転裁判4(逆裁4)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判4(逆裁4)のネタバレ解説・考察まとめ

「逆転裁判4」とは2007年に発売された逆転裁判シリーズの4作目である。「3」までのキャラクターを一新した今作の主人公は新人弁護士、王泥喜法介である。 7年前の裁判で弁護士バッジを失った成歩堂龍一。彼を陥れたのは誰だったのか。そして成歩堂の意志を継ぐ新人弁護士王泥喜法介。彼の持つ力で力で証人の嘘を見抜けるのか。

Read Article

逆転裁判2(逆裁2)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判2(逆裁2)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判2とはカプコンが発売した法廷アドベンチャーゲームであり、逆転裁判の続編である。 ゲームの舞台は1年後のこと。弁護士の成歩堂龍一が弁護をするのは、またもや絶体絶命の依頼人ばかり。 今回も成歩堂は無実の依頼人を無罪にすることができるのか。そして無罪にしていいのか。弁護士としての真価が問われる。

Read Article

ストリートファイターII(ストII)のネタバレ解説・考察まとめ

ストリートファイターII(ストII)のネタバレ解説・考察まとめ

カプコンが1991年にアーケードゲームとして発売したゲーム、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの2作目であり、シリーズ最大のヒットを飛ばした。 1対1のストリートファイトによる世界大会を舞台に、個性豊かな総勢19人のキャラクターから1名を選び、試合での勝利を目指す。 別のプレイヤーとの「対戦」が好評を博した。

Read Article

ストリートファイターZERO(ストZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

ストリートファイターZERO(ストZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

カプコンが1995年にリリースを開始したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの3作目。 『ストリートファイター』の後、『ストリートファイターII』の前に位置する架空の時間軸を舞台に、CPU戦を勝ち抜いていく。 人気作となり、シリーズ3作品がリリースされ、最終的には総勢39人のキャラクターが登場する大型作品となった。

Read Article

鬼武者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼武者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼武者』は、カプコンが開発し、2001年1月25日に発売したPlayStation 2専用アクションゲーム。 全4作ある『鬼武者』シリーズの第1作目。 同社の『バイオハザード』において開発されたゲームエンジンを使用しており、刀剣を利用した、緊張感と駆け引きのあるアクションが特徴。主人公は、鬼の力を手にし、囚われの姫を救出するべく怪物が巣食う城へと向かう。

Read Article

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dragon's Dogma: Dark Arisen』 とは、 」2013年にカプコンより発売されたオープンワールドのアクションロールプレイングゲームで、2012年に発売された『Dragon´s Dogma』の拡張版である。売上本数はPS3版だけでも46万本を超えている。2017年にはPS4、Xbox OneやMicrosoft WindowsにNintendo Switchでも発売されている。ドラゴンに心臓を奪われてしまった主人公が広大なオープンワールドを冒険する物語となっている。

Read Article

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:3』とは、2020年4月にCAPCOMから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイクとなっている。そして2019年に発売された『バイオハザードRE:2』に続く「RE」シリーズ2作目となっている。ラクーンシティで起きた生物災害(バイオハザード)の真相を明らかにすべく、原作ゲーム1作目の主人公ジル・バレンタインが追跡者から逃げながらラクーンシティを脱出するというストーリーだ。

Read Article

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:2』とは、2019年1月にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版である。話の大筋に大きな変更はないが、主人公関係者の物語は大幅に変更された箇所もあった。ゾンビが溢れかえる街から脱出することを目的に、新米警察官のレオン・S・ケネディ目線と、失踪した兄を探しにやってきた女子大生のクレア・レッドフィールド目線、2人の主人公の物語が描かれる。よりリアルなゾンビやサバイバルホラーを体験出来るようになった。

Read Article

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロックマンエグゼ6』とは、2006年11月23日にカプコンから発売された、ゲームボーイアドバンス用のデータアクションRPGゲームである。グレイガ・ファルザーと2バージョンリリースされていている。バージョンごとに獣化システムやクロスシステムなど使用できるシステムも異なってくる。本作の発売時はゲームボーイアドバンスからニンテンドーDSの移行期であったが、「ゲームボーイアドバンスで発売したソフトであるから、こちらで有終の美を飾りたい」といった発言があり、ゲームボーイアドバンスでリリースされた。

Read Article

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

ストリートファイターIII(ストIII)のネタバレ解説・考察まとめ

ストリートファイターIII(ストIII)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストリートファイターIII』とは、カプコンが開発・販売したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作であり、ストリートファイターシリーズの4作目。 『ストリートファイターII』の10年後を舞台に、CPU戦を勝ち抜く、あるいは他プレイヤーと対戦するゲーム。 シリーズは全部で3作品がリリースされ、最終作となった『ストリートファイターIII 3rd STRIKE -Fight for the Future-』は長きにわたってプレイされる名作となった。

Read Article

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 2』(デビルメイクライツー、DEVIL MAY CRY 2)は、カプコンが制作したPlayStation 2用のアクションゲームソフトであり2003年発売。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズデビル メイ クライの続編である。キャッチコピーは、「悪魔と踊ろう」。 第6回のCESA GAME AWARDSでは「CESA GAME AWARDS FUTURE 優秀賞」を受賞している。

Read Article

ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアII 使命の子』とは『ブレス オブ ファイア』シリーズの第2作目であり1995年にカプコンより発売されたRPGゲームである。前作でも好評であった迫力あるグラフィックをより進化させつつ合体システムや共同体など新しいやり込み要素も盛り込まれている。前作より500年後の世界、なんでも屋であるレンジャー業を営む主人公リュウは相棒のボッシュの無実の罪を晴らすための旅に出る。旅の中で様々な仲間と出会うリュウは使命の子としての邪神を封印するという運命の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ』とは、カプコンが制作したPlayStation 2専用のアクションゲームである。2001年8月23日に発売された。ゲーム続編は第4弾まで出ており、全世界シリーズ累計販売本数は1500万本に達している。ゲームや漫画など、様々なメディアミックスが成された。 ある満月の夜、トリッシュという美女が一人の男のもとを訪れる。その男はダンテといい、悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテはトリッシュに導かれ、悪魔の救う島へと向かう。

Read Article

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 3』(デビル メイ クライ スリー、Devil may cry3)とは、カプコンが制作し2005年に発売されたPlayStation 2用のアクションゲームソフト。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズの第3作目であり、1作目「デビル メイ クライ」よりも過去の物語を描いている。 後に追加要素を含んだアップグレードバージョンの「デビル メイ クライ3 スペシャルエディション」も発表されている。

Read Article

ブレス オブ ファイアIII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアIII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアⅢ』とはカプコンより1997年に発売されたRPGである。初めてPlayStation用のタイトルとなった本作は伝統であるハイクオリティなドット絵を踏襲しつつ、背景に3Dポリゴンを使った新たな表現に挑戦した。シリーズ初のキャラクターボイスも実装されより迫力のあるストーリーが展開された。竜族の生き残りの少年リュウが世界や自らの出自を解き明かしていく旅が「幼年期」と「青年期」の2部構成で描かれる。

Read Article

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

Read Article

逆転裁判5(逆裁5)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判5(逆裁5)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転裁判5』とは、2013年にカプコンからNintendo 3DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、『逆転裁判』お馴染みの主人公・成歩堂龍一が現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かい、法廷で戦う模様を描く。また、本作は前作『逆転裁判4』で主人公を務めた王泥喜法介や新キャラクターの希月心音も登場し、『逆転裁判』シリーズ初の”トリプル主人公制”を採用。さらに、心理カウンセリングという新しいシステムも導入している。

Read Article

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』とは、2015年にNintendo 3DS専用ソフトとして発売された大法廷バトルゲーム。本作は、『逆転シリーズ』の主人公・成歩堂龍一の先祖である成歩堂龍ノ介が、明治時代の日本と英国を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。コミカルなストーリー展開と何度遊んでも楽しめる難解な事件、シリーズならではの癖のある登場キャラクターたちが本作を大いに盛り上げてくれる。

Read Article

モンスターハンターライズ・モンスターハンターライズ:サンブレイク(MHR・MHS)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターライズ・モンスターハンターライズ:サンブレイク(MHR・MHS)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターライズ』とは、2021年にカプコンからNintendo Switch向けソフトとして世界同時に発売されたハンティングアクションRPG。翌2022年には同じくカプコンから超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』が発売された。新要素として、アクションの幅を広げる「翔蟲アクション」や移動の快適さを実現した新たなオトモ「ガルク」など、今までのシリーズ作品とはまた違った爽快な狩猟アクションを体験できる。

Read Article

ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアIV うつろわざるもの』とは2000年にカプコンから発売されたRPGである。『ブレスオブファイアシリーズ』の4作目であり、これまでのシリーズとは一線を画したアジア風の世界観が特徴となっている。長く続いた帝国と諸国連合の戦争が休戦した世界、行方不明となった姉を探すウィンディアの王女ニーナは記憶喪失の少年リュウと出会う。時を同じくしてリュウの半身であるフォウルも長き眠りから目覚めようとしていた。2人の主人公の交錯するストーリーはシリーズ屈指の鬱シナリオとして話題となった。

Read Article

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』とはカプコンから1993年に発売されたRPGゲーム。『ブレス オブ ファイアシリーズ』の記念すべき第1作目でありカプコンが初めて手掛けたRPGでもある。竜の力を使う主人公や翼を持つヒロイン、亜人種の仲間達など1作目にしてシリーズの礎を築いた作品である。女神ミリアを復活させ世界を征服しようとする黒竜族の皇帝ゾーゴンの野望を打ち砕くために、白竜族の勇者リュウと7人の仲間達が戦う姿を描く。

Read Article

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』とは、2018年に発売され、2020年には1610万本を達成した大人気タイトル『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツである。 ワールドのエンディング後から展開される本作のシナリオでは、フィールド・拠点ともに一新。新たなクエストランク「マスターランク」を設け、ハンターは渡りの凍て地と呼ばれる極寒の地で、新たな強敵たちと出会う。

Read Article

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-』は、2017年にNintendo 3DS専用ソフトとして発売された大法廷バトル。本作は、前作『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒険-』から2か月後の大日本帝国から話が始まり、主人公・成歩堂龍ノ介を操作しながら、世界の大探偵であるシャーロック・ホームズとその仲間たちとともに、事件に立ち向かっていく姿を描く。テンポの良いストーリーや何度遊んでも楽しめる難解な事件、そして、『逆転シリーズ』ならではの癖のある登場キャラクターたちが本作を大いに盛り上げてくれている。

Read Article

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

新 鬼武者 DAWN OF DREAMS(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『新 鬼武者 DAWN OF DREAMS』とは、『鬼武者』シリーズ第三作の続編として2006年1月26日にカプコンより発売された戦国サバイバルアクションゲーム。前作『鬼武者3』にて織田信長が討たれた後、その重臣である豊臣秀吉の治世となった慶長3年を舞台に、新たな主人公、灰燼の蒼鬼と異形の怪物・幻魔の戦いを描く。本作は前3部作から大幅なシステム変更が行われている他、前3部作の主人公の血縁者が登場するなど、過去シリーズとの繋がりが意識されている。

Read Article

逆転裁判6(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転裁判6(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転裁判6』とは、2016年にカプコンからNintendo 3DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、『逆転裁判』お馴染みの成歩堂龍一と王泥喜法介がW主人公となり現代の日本と架空の異国を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かい、法廷で戦う模様を描く。本作は新たに「霊媒」をゲームシステムに取り入れ、過去作とはまた違った裁判を味わえる。

Read Article

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)』は株式会社カプコンから発売されたスタイリッシュアクションゲームである。対応ハードはPlayStation 3、Xbox 360。後にPC版も発売した。前作まで主人公を務めたダンテから新キャラクターであるネロに主人公が変わった。物語は悪魔が存在し人間に危害を加える世界。城塞都市フォルトゥナにて、魔剣教団に所属する若き騎士ネロが魔剣祭の最中に起きた教皇殺しの犯人を追っていくうちに、犯人の正体と教団の真の目的を知っていくというものである。

Read Article

ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアV ドラゴンクォーター』とは2002年11月にカプコンより発売されたRPGである。『ブレス オブ ファイアシリーズ』の5作目にあたり、キャッチコピーは「そらをみにいく」。前作までの王道的RPGから世界観やゲームシステムを大幅にリニューアルし新基軸に挑んでいる。災厄により人々が地上を離れ地下都市で暮らす時代、警備部隊であるレンジャーに所属するリュウは親友のボッシュとの任務の中で謎の少女ニーナと出会う。地下都市では生きる事ができない彼女を救う為にリュウは空のある地上を目指す。

Read Article

鬼武者2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

鬼武者2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼武者2』とはカプコンが開発したPlayStation 2用のゲームソフトで、『鬼武者』シリーズの2作目となる作品。ジャンルはアクションゲーム。前作『鬼武者』で描かれた明智左馬介と幻魔の戦いから13年後の時代を舞台に、新たなる鬼武者となった主人公、柳生十兵衛と異形の怪物・幻魔の戦いを描く。多数の新システムの導入により、前作で好評だった斬り合いの爽快感がパワーアップしており、物語が分岐するアドベンチャー要素も追加されている。

Read Article

ロックマンエグゼ5(チーム オブ ブルース・チーム オブ カーネル・ツインリーダーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

ロックマンエグゼ5(チーム オブ ブルース・チーム オブ カーネル・ツインリーダーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロックマンエグゼ5(チーム オブ ブルース・チーム オブ カーネル・ツインリーダーズ)』とは、人気シリーズ『ロックマンエグゼ』の5作目にあたるゲームボーイアドバンス専用のデータアクションRPGである。カプコンにより開発され、登場キャラクターが異なる複数のバージョンがリリースされた。 前作で壊滅したはずの犯罪組織「ネビュラ」の手により仲間達が攫われてしまう。主人公の光熱斗はネビュラに立ち向かうため、チームを結成しインターネットの平和を守る。

Read Article

バトルネットワーク ロックマンエグゼ2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

バトルネットワーク ロックマンエグゼ2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『バトルネットワーク ロックマンエグゼ2』とは、人気シリーズ『ロックマンエグゼ』の2作目にあたるゲームボーイアドバンス専用のデータアクションRPGである。カプコンにより開発され、2001年12月に発売された。現実世界と電脳世界を交互に行き来し、電脳世界に蔓延るウイルス達と闘うさまを描いている。犯罪組織WWW(ワールドスリー)の壊滅から3カ月後の世界で次々とネット犯罪が巻き起こる。事件の真相を確かめるため、光熱斗とナビのロックマンは様々な困難を乗り越えていく。

Read Article

目次 - Contents