キヨミ・アズマビト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キヨミ・アズマビトとは『進撃の巨人』に登場するキャラクター。ヒィズル国の名家であるアズマビト家の女性。ヒィズル国の外交官を務めており各国に顔が効く名士。エルディア人の少年が自身の着物をワインで汚した時、彼の身を案じて庇っていたことから、エルディア人に対する差別意識は皆無に等しい。これは、ヒィズル国とエルディア帝国がかつて友好国であったことや彼女自身が差別や理不尽を嫌う性格であることが由来している。本作の主要人物のミカサ・アッカーマンとは血縁者でもある。

キヨミ・アズマビトのプロフィール・人物像

誕生日:3月22日
身長:152cm
体重:45kg
所属:ヒィズル国・アズマビト家
CV:吉沢希梨

キヨミ・アズマビトとは『進撃の巨人』に登場するキャラクターである。ヒィズル国の名家であるアズマビト家の女性で、ヒィズル国の外交官を務めている。各国に顔が利く名士であり、タイバー家主催の演説パーティでは、タイバー家当主のヴィリー・タイバーを激励していた。演説前夜のパーティではマーレの戦士候補生・ウドがキヨミの着物をワインで汚してしまうが、彼の身を案じたキヨミは自分がワインをこぼしてしまったのだと庇っていた。世界各国がエルディア人を差別・嫌悪する中、キヨミは彼らに対する差別意識は皆無に等しい。これはヒィズル国がかつてエルディア帝国と懇意にしていた友好国であったためであるが、彼女自身が差別や理不尽を嫌う性格の持ち主であることが大きな要因。

本作の主要人物であるミカサ・アッカーマンとは血縁者であり、ミカサの母に似た顔立ちをしている。アズマビト家はヒィズル国の支配者であった将軍家の系譜にあたり、将軍家子息はパラディ島に逗留するほどフリッツ王家と友好な関係を築いていた。しかし、巨人大戦の混乱の最中、将軍家の忘れ形見はパラディ島に取り残されてしまったのだ。キヨミはパラディ島でミカサと出会い、彼女の一族が代々将軍家の家紋を刺青で受け継がせていたと知り「なんとけなげなことでしょうか」と涙を流した。

一方、パラディ島と接触し国交を結んだ第一の理由は、パラディ島に眠る地下資源の独占取引による巨額の利益とそれに伴う彼女の財閥の事業拡大が目的であり、貞淑な見た目とは裏腹に相当な強欲さが窺える。彼女を知る者からも、金に目聡い人物として認知されている。
強欲な人物ではあるが、ミカサに対する想いは本物で、パラディ島で内紛が起きた際には島がどうなってもミカサだけは保護すると約束していた。

エレンが「地ならし」を引き起こした際には故郷を守るために、「地ならし」を阻止しようとする調査兵団を支援。エレンを追跡できるように飛行艇を提供し、「地ならし」に巻き込まれる寸前に船で避難した。そして、「地ならし」を目の当たりにしたキヨミは、他者を尊ばずに「地ならし」に加担してしまったことを後悔するのだった。

その後、これ以上後悔を増やしたくないという思いから、同乗していた「顎の巨人」継承者・ファルコが巨人化を試みた際には命の危険も承知の上で彼の巨人化を承諾。ファルコは巨人化に成功し、エレンのもとへ向かうことができた。また、彼の巨人化の衝撃に耐えきれず船は転覆。キヨミは側近達と小舟に移り、パラディ島へ帰還した。帰還した後は、パラディ島政権中枢として、ヒストリア女王と共に連合国大使との和平交渉に臨むのだった。

キヨミ・アズマビトの来歴・活躍

ジーク・イェーガーとの密会

一度はジーク(画面上)との密会をマーレに白状すべきだと考えるキヨミ(中央)だったが、ジークのパラディ島地下資源の話に興味を持ち彼と密約を交わすのだった。

およそ100年前、ヒィズル国はエルディア帝国の同盟国で、当国の将軍家子息はフリッツ王家と良好な関係を築きパラディ島に逗留していた。しかし、巨人大戦によってエルディア帝国は弱体化し、彼らと同盟を結んでいたヒィズル国も敗戦国として立場を追われ、その混乱の最中、将軍家の忘れ形見はパラディ島に取り残されてしまう。そして、145代目フリッツ王は始祖の力を使って三重の壁を築き島の中に引きこもり、島民達が島から出ないように「島の外の人類は絶滅した」と彼らの記憶を改竄する。一方、東洋の血を引く将軍家一族は始祖の影響を受けず、フリッツ王の記憶改竄に反対したため、島内で迫害されるようになった。

キヨミ・アズマビトはヒィズル国のアズマビト家として誕生し、国の外交官として各国に顔が利く名士となり、自陣営の財閥の発展に力を注いでいた。キヨミは外交官として活動する中、パラディ島に残された将軍家の末裔の情報を聞き入れ、情報の提供者であるジーク・イェーガーと密会を交わす。ジークは大国マーレで戦士長を務めており、九つの巨人の1つ「獣の巨人」を継承していた。「パラディ島に残った将軍家の末裔と引き合わせる」ことを条件に、自身に協力するように依頼するジークだが、彼がフリッツ王家の末裔であり、「地ならし」によるエルディア復権を目論んでいると知ったキヨミは、密会をマーレに白状するべきだと考える。

そんな中、ジークはキヨミに自身が調達したパラディ島の兵器「立体起動装置(りったいきどうそうち)」を提供し、この燃料に島の地下資源「氷瀑石(ひょうばくせき)」が使われていると告げる。そして、パラディ島には未だ数多くの地下資源が眠っており、協力した暁には「パラディ島に眠る地下資源を独占で取引させる」と持ち掛けるのだった。ジークはそのための条件として、自身をパラディ島へ送還し「始祖の巨人」継承者であり腹違いの弟のエレン・イェーガーと引き合わせる計画に協力するように依頼する。

パラディ島の地下資源が生み出す巨額の利益による自陣営の財閥の発展を目論んだキヨミは、ジークの提案を承諾しパラディ島へ赴くのだった。

ミカサ・アッカーマンとの邂逅

探していた将軍家の末裔であるミカサ(画面中央)と再会できただけでなく、彼らが一族の誇りを失わなかったと知ったキヨミ(画面上)は感動し涙を流すのだった。

ジークとの取引を承諾したキヨミはヒィズル国の特使としてパラディ島を来訪する。パラディ島の女王であるヒストリア・レイスと挨拶を交わしたキヨミは、将軍家の末裔であるミカサ・アッカーマンと邂逅を果たした。キヨミはミカサ達一族が、将軍家の家紋を代々刺青にし受け継いできたと知り「なんと…けなげなことでしょうか」と涙を流すのだった。

その後、キヨミはミカサ達にジーク・イェーガーの密会の内容を明かし「地ならし」でパラディ島を守るために必要な3つの過程を伝える。それは「”地ならし”の実験的活用」・「ヒィズルの介入による島の軍事力向上」・「”王家の血を引く者”は13年の任期を終えるまで可能な限り子を増やすこと」だった。
ジークの計画では、パラディ島が世界の軍事力と並べるようになるには50年は必要になると計算しており、その50年は島を守るために「地ならし」が機能しなくてはならない。そのため、「始祖の巨人」の保有者と「王家の血を引く巨人」の継続的維持が不可欠なため、3つ目の過程がより重要視された。
しかし、「始祖の巨人」継承者であるエレン・イェーガーは、ヒストリア女王の身を案じジークの計画に反発。「地ならし」に命運を委ねるのではなく、残された時間であらゆる選択を模索することが最善策だと述べた。キヨミも彼らの気持ちを汲み、引き続きジークとの仲介に協力すると約束するのだった。

「地ならし」に頼らない方法として、エレン達はヒィズル国を介し世界各国と和平交渉を試みたが、世界は国々の団結を促すためにパラディ島が災いの種であり続けることを望んでいるという厳しい現実を突きつけられる。その後、エレン達調査兵団は壁外人類を調査するため、キヨミの手引きでマーレに潜入する。調査兵団のもう1つの目的は「ユミルの民保護団体」と接触し、パラディ島が世界と和平を望んでいると表明することだった。しかし、「ユミルの民保護団体」は各国に散らばった「ユミルの民」の難民への保護を求めている団体で、彼らもまたパラディ島に憎しみを抱いていると知る。和平への道が困難だと悟ったエレンは、その日を境に調査兵団の前から姿を消してしまうのだった。

レベリオ区襲撃

キヨミ(画面右)はパラディ島勢力がマーレに奇襲を仕掛けると知っていたが、ヒィズル国の外交官としてタイバー家当主であるヴィリー・タイバー(画面左)に激励の言葉をかけた。

大国マーレの影の統治者・タイバー家はエルディア人でありながらも、マーレの英雄ヘーロスと共に最初に反旗を翻したことで、巨人大戦後に「救世主の末裔」と呼ばれ讃えられていた。タイバー家当主ヴィリー・タイバーは独自の調査でパラディ島に不穏な動きがあると知り、各国の団結を促すためにマーレのレベリオ区にて演説会を開いた。

キヨミもヴィリーの演説会に呼ばれ演説前夜のパーティに参加するが、給仕として働いていたマーレの戦士候補生・ウドが誤ってキヨミの着物にワインをこぼしてしまう。エルディア人が国の要人に粗相を起こしてしまったら厳罰は避けられないため、キヨミは彼に危害が及ばないよう、自身がワインをこぼしてしまったので彼の手を借りていたのだと庇うのだった。
その翌日、キヨミは演説直前のヴィリーのもとに赴き緊張する彼に対し「あなた方は勇敢です。我々の一族はよく知ってますもの」と激励の言葉をかけ、足早にレベリオ区を後にした。

キヨミがレベリオ区を去った後、ヴィリーは演説にて歴代「戦槌の巨人」が継承してきた世界の記憶を各国の要人に明かし、「始祖の巨人」がエレン・イェーガーに奪われてしまったこと、エレンが「地ならし」を起こそうとしていることを告げ各国の団結を図り、パラディ島へ宣戦布告するのだった。
その直後、マーレに潜入していたエレンが突如巨人として現れヴィリーと各国の要人、マーレ軍上層部を殺害。さらに、パラディ島勢力がマーレに奇襲を仕掛け、マーレは「戦槌の巨人」を失う甚大な被害を被ってしまうのだった。キヨミはパラディ島勢力の奇襲作戦を前もって知っていたため、戦いに巻き込まれないように早々にレベリオ区を去っていたのだ。

ミカサとの約束

「銭勘定に浅ましい女狐」という汚名が轟くようになったアズマビト家だが、キヨミ(画面右)はミカサ(画面左)の母が残した一族の誇りにかけてミカサだけは守り切ると約束するのだった。

レベリオ区での戦勝に盛り上がるパラディ島民達だが、憲兵団や駐屯兵団上層部は、ジークとエレンへの不信感が拭いきれずにいた。上層部はジークと彼の部下である「義勇兵」を軟禁し、エレンも地下牢へ幽閉するのだった。しかし、上層部の強引な行動は、エレンを支持する多くの島民から反感を買ってしまう。パラディ島の中で様々な思惑が渦巻く中、キヨミは「地ならし」の威力を確かめるべく、氷瀑石を燃料とした飛行艇と共にパラディ島を訪れた。

一方、「地ならし」が発動可能な状況ながらエレンとジークを幽閉する上層部の方針に対し、兵団内部の人間は不満を募らせ、調査兵団所属のフロック・フォルスターを筆頭に「イェーガー派」が兵団に反旗を翻す。彼らは兵団上層部が「エレンを兵団の都合のいい人物に食わせる」という情報を入手し、計画を阻止するために島の総統であるダリス・ザックレーを暗殺するのだった。また、総統が暗殺された同日に地下に幽閉していたエレンが脱獄し島は混乱に陥ってしまう。

島内の危険な雰囲気を感じたキヨミは、ミカサに対し危険が迫ったら自身達の船まで逃げるように助言するが、ミカサは産まれ育った島の行く末を見届けたいと彼女の提案を拒否。アズマビト家がパラディ島に来たのはミカサを守るためだと説明するキヨミに対し、ミカサは「地下資源がなくてもですか?」と彼女の図星を突いた。突然のミカサの質問に動揺するキヨミだが、ミカサの母が残した一族の誇りは失っていないと告げ、「島がどうなってもミカサだけは守り切る」と約束を交わすのだった。

「地ならし」の阻止

飛行艇の整備に半日近くかかると判明し万事休すと思われたその時、キヨミは危険な賭けとなる提案を持ち掛ける。

キヨミは島の内紛が収拾するまでの間、一時的に港へ避難する。その後、エレンとジークの計画を阻止するべくマーレがパラディ島に奇襲を仕掛けるが、エレンは始祖の力を引き出すことに成功し「地ならし」が発動されてしまうのだった。
ミカサ達調査兵団は「地ならし」による大量虐殺を阻止するため、マーレの戦士達と手を組みキヨミ達の持ってきた飛行艇でエレンのもとまで向かう計画を立てる。しかし、調査兵団が「地ならし」を阻止するため動いているかもしれないと警戒したイェーガー派は港を占拠し、キヨミ含めたヒィズル国の技術士を人質に取るのだった。

イェーガー派トップ・フロックはキヨミに対しこれからはパラディ島に貢献するように脅しをかけるが、キヨミは毅然と「ただ世間が狭くなるだけのことです。相も変わらず同様の殺し合いを繰り返すことでしょう」と反発するのだった。フロックはヒィズル国の技術が不要だと判断すれば、キヨミが言っていた不安の種は摘めると銃口を突きつけた。その時、調査兵団が港へ到着し、海へ逃げた「車力の巨人」と「鎧の巨人」を追跡するため、アズマビトに飛行艇の整備をさせるように依頼する。フロックは彼らが隠れて行動していたことに不審感を覚え、不安の種を摘むべくアズマビトの技術士を殺害しようとするが、キヨミはフロックの隙を突き「無料(タダ)で死んでなるものか!!」と彼を拘束するのだった。さらに、ミカサがキヨミの救出に入ったことでキヨミと技術士達は避難を開始した。

避難の最中、キヨミはミカサ達の目的を知り、安全な場所で飛行艇を整備させるべく、船でパラディ島を脱出しマーレ海岸都市オディハにて飛行整備を完了させる計画を立てる。オディハは「地ならし」より先回りできる距離にあるが、半日で飛行艇の整備を間に合わせられるかは賭けになる危険な計画だった。ミカサ達はキヨミの計画に乗りイェーガー派を制圧した後に島を脱出し、オディハへと向かうのだった。

パラディ島への帰還

「地ならし」後パラディ島に帰還したキヨミ(画面左)は、パラディ島政権中枢の一員としてヒストリア女王(画面中央)と共に連合国大使との和平交渉に臨むのだった。

パラディ島からマーレ海岸都市・オディハに到着したキヨミと調査兵団。深夜にオディハへ到着した彼らだが、オディハの住民は「地ならし」が発動したと知り既に南へ逃げていた。キヨミは調査兵団団長・ハンジに故郷ヒィズル国を救ってほしいと頼み、飛行艇の整備を開始させた。飛行艇の整備の最中、キヨミは「車力の巨人」継承者ピーク・フィンガーに、マーレの戦士であるガビと「顎の巨人」の継承者ファルコを船に乗せ避難させてほしいと依頼される。これは、まだ幼い2人を危険な戦いに巻き込みたくないという彼女の計らいであった。また「女型の巨人」継承者であるアニ・レオンハートも最期の時間は穏やかでいたいという思いから、飛行艇に乗らずキヨミ達と共に船に乗ることを決めるのだった。

そんな中、パラディ島からキヨミ達を追ってきたフロックが整備完了直前の飛行艇に発砲し、燃料タンクに穴が空いてしまう。さらに、ついにオディハにも「地ならし」が到達しようとしていた。
ハンジの決死の時間稼ぎで飛行艇は離陸することに成功し、キヨミは技術士とマーレの戦士を連れて船で「地ならし」から退避することに成功した。

キヨミは船の上でアニと対話し、自身がエレンとジークを結び付け「地ならし」に加担してしまった後悔を吐露する。そして「どうして…失う前に気付けないものでしょうか。ただ…損も得もなく他者を尊ぶ気持ちに…」と、一族の利益しか考えていなかった己の行動を悔いるのだった。
その時、同乗していたファルコとガビが現れる。ファルコは「獣の巨人」の継承者・ジークの脊髄液を摂取し巨人となり「顎の巨人」を継承したため、「獣の巨人」の特徴が発現していたのだ。ファルコは「過去の継承者の記憶で、空を飛んでいる夢を見た。そして、自分も空を飛べるような気がする」と巨人化しエレンのもとへ向かうと告げる。

巨人化の衝撃に耐えきれず船が転覆する可能性や、空を飛べる確証も無い中で巨人化しようとする彼らをアニは制止するが、キヨミは「船が沈んでもかまいません。これ以上…後悔を増やすことになるくらいなら」とファルコの巨人化を承諾した。ファルコは巨人化に成功するが、巨人化の衝撃に耐えきれず船は転覆しキヨミは側近数人と共に小舟でパラディ島へ向かうのだった。

その後、調査兵団とファルコ達の活躍により「地ならし」は阻止され、ミカサがエレンを討ち取ったことで巨人の力をこの世から消し去ることに成功。「地ならし」後、調査兵団は大陸に留まり世界の復興に協力し、3年後には大陸とパラディ島の和平交渉の連合国大使に任命される。また、キヨミはパラディ島へ帰還した後、政権中枢部の一員となる。そして、ヒストリア女王と共に、連合国大使との和平交渉に臨むのだった。

キヨミ・アズマビトの関連人物・キャラクター

ミカサ・アッカーマン

ks0_0v
ks0_0v
@ks0_0v

Related Articles関連記事

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃の巨人(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創による日本の漫画作品。『別冊少年マガジン』で連載されていた。ジャンルはダークファンタジーであり、人類存亡をかけて巨人との戦いに挑む人々の物語が描かれている。巨大な壁に守られた人類達の元に、圧倒的な力を持った「巨人」が出現。主人公のエレン・イェーガーは目の前で母を捕食され、巨人の殲滅を誓う。日本国内だけでなく、海外からの人気も高く、テレビアニメや実写映画化をはじめ、様々なメディアミックス展開がされている。

Read Article

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

進撃の巨人の九つの巨人まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界を舞台に、巨人を駆逐することに執念を燃やす主人公エレン・イェーガーの戦いを描く。作中ではエレン以外に巨人化の能力を持つ人物が登場し、それらは「九つの巨人」と呼ばれている。「九つの巨人」はそれぞれ「始祖の巨人」や「鎧の巨人」などの固有名称を持ち、普通の巨人とは一線を画す特殊技能を持っている。

Read Article

進撃の巨人の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

進撃の巨人の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『進撃の巨人』は、諫山創原作の漫画である。少年漫画雑誌『別冊少年マガジン』で2009年から連載された。突如現れた巨人により人類は滅亡の危機にさらされるが、巨大な壁を建設することで100年間平和を保ってきた。しかしある日超大型巨人が壁を蹴破り、人類は再び巨人の襲来に遭う。巨人に母を捕食された主人公・エレンは、巨人のせん滅を誓って調査兵団に入団する。大迫力の戦闘シーンの合間には、エレンや幼なじみのミカサらをめぐる恋愛要素も描かれている。

Read Article

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

進撃の巨人の壁・地区・歴史情報まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ・小説・ゲーム・映画などのメディアミックス作品。人類を無差別に殺す謎の生命体「巨人」が存在する世界で、生き残った人類は3重の壁を築き、その内側でかろうじて命脈を繋いでいた。しかしそんなある日、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が壊され、巨人の大群が壁内に侵入。人類は活動領域の後退を余儀なくされた。巨人に母親を殺されたエレンは、全ての巨人を駆逐することを心に誓う。

Read Article

NEW
進撃の巨人の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

進撃の巨人の回収済み・未回収の伏線・謎まとめ

『進撃の巨人』とは、諫山創によるダークファンタジー漫画、およびそれを原作としたアニメである。2009年から少年漫画雑誌『別冊少年マガジン』で連載された。正体不明の巨人の脅威に怯える人類は、強固な壁を作り100年間の平和を実現していた。しかしある日超大型巨人が壁を破壊し、人類は再び巨人に襲撃される。巨人に母親を喰われたエレン・イェーガーは巨人を駆逐するために調査兵団に入団。巨人との対戦の中で、巨人の正体やエレンたちの出生の秘密など、たくさんの伏線が明かされてゆく。

Read Article

北欧神話徹底解説・考察まとめ!おもしろくて分かりやすい!

北欧神話徹底解説・考察まとめ!おもしろくて分かりやすい!

北欧神話(ほくおうしんわ)とは、キリスト教が広まる以前にノルド人(ノース人)が信仰していた神話体系。ノルド人がスカンジナビア半島を勢力圏としていたため、スカンジナビア神話とも呼ばれている。口伝によって伝えられていたが、13世紀頃、アイスランドの詩人スノッリ・ストゥルルソンによって『エッダ』という書物にまとめられた。 「滅亡の運命」が定められた神々の隆盛と終焉を描いており、全体的に暗い印象のエピソードが多い。物語全体の完成度が高く、漫画などの現代の創作物においてもたびたび題材として用いられる。

Read Article

進撃の巨人の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

進撃の巨人の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『進撃の巨人』とは、巨人たちに立ち向かう人類の戦いと世界の謎を描いた、諫山創による漫画作品。人類を守る壁を破壊し侵入した巨人によって両親を喪った少年エレン・イェーガー。巨人を滅ぼすためエレンは調査兵団に参加し、巨人との戦いに身を投じる。作品の人気が高まるに従い、個々のキャラクターへの注目も高まって、彼らが発した心揺さぶるセリフに惹かれる読者も増えていった。巨人という死に直結する敵が常に存在する世界での物語は、数々の名言を生み出した。

Read Article

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツ/始祖ユミル(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ユミル・フリッツは『進撃の巨人』の登場人物で、「始祖ユミル」とも呼ばれている。エルディア人こと「ユミルの民」の始祖となった女性で、光るムカデのような生物と接触したことで彼女は「始祖の巨人」の能力を得たとされている。マリア・ローゼ・シーナという名前の3人の娘達がおり、パラディ島の3重の壁は彼女達の名前から名付けられた。ユミルの死後、巨人化能力は3人の娘達に引き継がれ、さらに子々孫々に脈々と継承されることとなった。

Read Article

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジーク・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの異母兄。「獣の巨人」の継承者として調査兵団の前に立ちはだかり、高い投擲能力で多くの兵士を殺傷した。「九つの巨人」の継承者で組織されるマーレの戦士部隊のリーダーであり、多くの戦場でマーレに勝利をもたらしてきた。しかしその真の目的はエルディア人の救済であり、全てのエルディア人から生殖能力を奪うことで巨人の力を巡るこれ以上の悲劇を起こらないようにしたいと考えている。

Read Article

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

リヴァイ・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団に所属する兵士長。1人で1個旅団(約4000人)並みの戦力を持つとされ、「人類最強の兵士」として名高い。三白眼と刈り上げた髪型、小柄な体格が特徴で、ブレードを逆手に持って回転しながら巨人の肉を切り刻む戦闘スタイルを好んでいる。性格は冷静沈着で無愛想。スラム出身ということで言動も粗暴である。神経質で潔癖症だが、部下の最期を看取る際には汚れを気にせず手を握るという仲間想いの一面もある。

Read Article

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・クルーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で、ユミルの民であることを偽造してマーレ人になりすまし、マーレ治安当局の職員として潜入していたエルディア復権派のスパイである。九つの巨人の一つである「進撃の巨人」の力を身に宿し、通称「フクロウ」と呼ばれている。 ユミルの呪いによって寿命が近い自分の代わりに、グリシャ・イエーガーにエルディア復権の願いを託して壁の中へ行くよう指示した。その後進撃の巨人を継承させる為無垢の巨人化したグリシャに捕食され、スパイとしての任務を果たし、その生涯を終えた。

Read Article

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハート(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アニ・レオンハートとは、『週刊少年マガジン』に連載されている諫山創原作の漫画・テレビアニメ作品に登場する人物である。主人公のエレン・イェーガーと同じ第104期訓練兵団に所属し、卒業後は憲兵団に入団する。口数が少なく感情を表に表さないため、取っ付きにくい印象を与える性格。しかし格闘技に優れており、冷静な判断を下せるため訓練兵団卒業の際は4位の成績を収める実力の持ち主。

Read Article

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスター(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

フロック・フォルスターとは『進撃の巨人』の登場人物で、104期訓練兵団の卒業生。当初は駐屯兵団に所属していたが、ウォール・マリア最終奪還作戦の前に調査兵団に移籍した。「獣の巨人」を倒すための特攻作戦では唯一生き残り、瀕死のエルヴィン団長をリヴァイ達の元へ連れて行った。その後はエレンをパラディ島の救世主として祭り上げる「イェーガー派」の中心人物として、兵団総統を暗殺しクーデターを先導した。

Read Article

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エレン・イェーガーとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の主人公。壁の外の世界に強い憧れを持っており、幼少期から調査兵団に入ることを目指してきた。その想いは、母親を巨人に食い殺されたことで一層強まり、調査兵団に入って巨人を駆逐することを心に誓う。性格は熱血漢で直情的。無鉄砲と思えるほどの勇敢さから、強大な巨人相手にも物怖じせずに向かっていく。命の危機に瀕した際に巨人化する能力に目覚め、人類の自由のためにその力を振るっていくことになる。

Read Article

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

グリシャ・イェーガーとは『進撃の巨人』の登場人物で主人公エレン・イェーガーの父。シガンシナ区で診療所を開き街の人々から尊敬を集めていたが、シガンシナ区に巨人が流入した後行方不明となる。失踪直前エレンに巨人化の薬を打ち込み、世界の真実が隠された自宅地下室の鍵をエレンに託した。物語中盤で彼が壁外の世界から「始祖の巨人」奪還のためにやってきた巨人化能力者であったことが明らかとなる。

Read Article

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ファルコ・グライスとは『進撃の巨人』のキャラクターでマーレの戦士候補生。戦士候補生の同期であるガビ・ブラウンに好意を抱いており、彼女を救うために「鎧の巨人」継承を目指している。内気な性格だが、「悪魔の末裔」と言われるパラディ島の人々に対しても自分達と変わらない人間だと捉える優しい心の持ち主。心的外傷を負った兵士にも親切に接しており、そこでクルーガーと名乗る負傷兵と出会い、交流を深めていく。

Read Article

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ピーク・フィンガーとは『進撃の巨人』の登場人物で「車力の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成されるマーレの戦士の一員として、数々の戦場で功績を打ち立ててきた。当初は始祖奪還計画に参加せずマーレ本国を守っていたが、850年「獣の巨人」であるジーク・イェーガーと共にパラディ島に上陸する。ウォール・マリア奪還を狙う調査兵団との決戦では後方支援を担当し、負傷したジークと「鎧の巨人」であるライナー・ブラウンの逃走を助けた。性格はマイペースだが、冷静沈着で判断力に優れている。

Read Article

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

キース・シャーディスとは『進撃の巨人』の登場人物で第104期訓練兵団の指導教官。スキンヘッドに顎ひげを生やした強面の男性で、訓練兵の間では鬼教官として恐れられている。元々は第12代団長として調査兵団を率いていたが、無謀な壁外調査を繰り返し多くの部下を死なせたにもかかわらず成果を残せなかったことから、自分の無能を悟りエルヴィン・スミスに団長職を引き継がせた。主人公エレンの父親であるグリシャ・イェーガーとは以前から面識があり、彼が消息を絶つ直前に顔を合わせた最後の人物である。

Read Article

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダイナ・フリッツとは『進撃の巨人』の登場人物。主人公エレンの父親グリシャの前妻で「獣の巨人」ジークの母。その正体はフリッツ王家の末裔。ストーリー上、巨人の歴史と王家の情報を語る重要な役割を持つ。パラディ島に移住することを拒みマーレに留まった一族は、代々巨人の情報を隠し持っており、その末裔であるダイナはエルディア復権派と共に始祖の巨人の奪還を企てるが、計画は息子ジークの密告により失敗。ダイナは巨人化後、グリシャの後妻であるカルラを捕食する。最期はエレンの持つ座標の力で巨人の群れに喰われた。

Read Article

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ロッド・レイスとは、「進撃の巨人」に登場するキャラクターである。壁内人類の真の王家であるレイス家当主。実質的には壁内での最高権力者である。ウーリ・レイスの兄であり、フリーダ・レイスやヒストリア・レイスの父親。正妻との間に5人の子がいたが、当時使用人として働いていたアルマとも関係を持ち、ヒストリアが産まれたことにより、事実的には子供は6人。だがグリシャにより正妻との間の子は皆殺されてしまい、生き残っている子供はヒストリアただ1人である。

Read Article

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ケニー・アッカーマンとは『進撃の巨人』の登場人物で、中央第一憲兵団対人立体機動部隊の隊長。かつて「切り裂きケニー」の異名を取った大量殺人鬼だったが、ウーリ・レイスとの出会いを経て現在は中央第一憲兵団に所属し対人戦闘を専門とする部隊を率いている。リヴァイ・アッカーマンの育ての親であり、彼に戦闘技術を教えた人物でもある。その戦闘能力はリヴァイと同等かそれ以上であり、対立した調査兵団を大いに苦しめた。

Read Article

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ヒッチ・ドリスとは『進撃の巨人』の登場人物で、憲兵団の新兵。アニ・レオンハートとは同期でルームメイト。ウェーブヘアが特徴の少女で、軽薄で不真面目な言動が多い。他の新兵同様安全な内地で楽をするために憲兵団に入ったが、実は機転の利くところがある。アニのことは愛想のない同期だと思っていたが、ストヘス区の戦闘以降行方不明になったことを心配しており、アニの正体が「女型の巨人」であることを知って大きなショックを受けていた。同期のマルロ・フロイデンベルクに好意を持っているが、マルロ本人は気づいていない。

Read Article

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

エルヴィン・スミスとは『進撃の巨人』の登場人物であり、調査兵団第13代団長である。調査兵団は人類の生存圏を広げることを目的とし、日々巨人との死闘を繰り広げている。その類まれなる頭脳と判断力から大きな功績を挙げているが、目的のためなら手段を選ばない非情さから「悪魔的」と称されることもある。彼の真の目的は世界の真実を解き明かし、「人類は王家によって記憶を改竄された」という父の仮説を証明すること。人類最強と称されるリヴァイ兵士長を調査兵団に入れたのも彼である。

Read Article

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ベルトルト・フーバーとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団団員。第104期訓練兵団を3位で卒業し、どの分野でもそつなくこなすことができる優秀な人物である。ただし優柔不断で判断を他人に任せる傾向があり、積極性に欠けることから他の同期と比べると少し影が薄い。その正体は、ウォール・マリア陥落の主因となった「超大型巨人」であり、始祖奪還作戦のために大国マーレから派遣された「マーレの戦士」の1人だった。任務を達成し故郷に帰ることを切望していたが、結局その願いは叶わず異国の地で命を落とすこととなる。

Read Article

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ライナー・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団の団員。主人公エレン・イェーガーとはウォールローゼ南区第104期訓練兵団時代の同期である。責任感が強く、リーダーシップもあることから同期の中ではまとめ役を担っていた。しかし、その正体はウォール・マリアを破壊した「鎧の巨人」であり、始祖奪還を目的にパラディ島に送り込まれたマーレの戦士である。正体が判明した後はたびたびエレン達と対立し、始祖の力を巡って死闘を繰り広げていく。

Read Article

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアード(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ポルコ・ガリアードとは『進撃の巨人』の登場人物で「顎の巨人」の継承者。「九つの巨人」継承者で構成される「マーレの戦士」の一員として、「顎の巨人」の持ち味である硬い顎と牙や俊敏性を活かし数々の戦場で活躍している。戦士候補生時代の同期であるライナー・ブラウンとは「鎧の巨人」継承権をめぐって争ったライバルだった。自分ではなく能力の低いライナーが「鎧の巨人」継承者として選ばれたことや、兄のマルセルがライナーをかばって巨人に食われたことから、ライナーに対して悪感情を抱いている。

Read Article

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ガビ・ブラウンとは『進撃の巨人』の登場人物で、「マーレの戦士」候補生。天真爛漫で型破りな性格で、憧れの従兄であるライナーから「鎧の巨人」を継承するため日夜訓練に励んでいる。パラディ島のエルディア人を悪魔の末裔として強く憎んでおり、彼らを皆殺しにして自分達善良なエルディア人を収容区から解放することを願っていた。しかし成り行きでパラディ島に渡ることとなり、そこで出会った人々との交流からガビの考え方は変化し始める。

Read Article

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ハンジ・ゾエとは『進撃の巨人』の登場人物で調査兵団所属のベテラン兵士。初登場時は分隊長だったが、後にエルヴィン・スミス団長の後を継いで調査兵団第14代団長に就任する。ゴーグル(平常時は眼鏡)を着用し、茶髪を無造作に1つにまとめた中性的な外見をしている。明るく聡明な人物だが、巨人に対する情熱は人一倍で変人揃いの調査兵団内でも特に異彩を放っている。ウォール・マリア最終奪還作戦以降は左目を負傷したことから眼帯を着用している。

Read Article

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルト(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

アルミン・アルレルトとは『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。金髪ボブカットの中性的な外見を持つ。大人しいが芯の強い勇敢な性格で探求心が強い。祖父の影響で人類はいずれ壁の外に出るべきだという思想を持っており、エレンが外の世界に憧れるようになったのもアルミンの影響である。小柄で身体能力は低いものの、知能や判断力はずば抜けており、エレンや調査兵団の窮地をその知略で度々救っている。

Read Article

ダリス・ザックレー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダリス・ザックレー(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ダリス・ザックレーとは『進撃の巨人』の登場人物で憲兵団・駐屯兵団・調査兵団の3つの兵団を束ねる総統。特別兵法会議においてエレン・イェーガーの処遇を調査兵団に委ねた人物である。王政編では調査兵団団長のエルヴィン・スミスや駐屯兵団司令官のドット・ピクシスらと共にクーデターに加担する。実はエルヴィンが決起する以前から王政に根深い嫌悪感を抱いており、密かに体制転覆の機会をうかがっていた。王都制圧後は身柄を拘束した王政幹部達に喜々として拷問を行っている。

Read Article

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

進撃!巨人中学校(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『進撃!巨人中学校』とは中川沙樹が描く、諫山創の『進撃の巨人』の公式学園パロディ漫画。2015年にProduction I.G製作でアニメ化。前半をアニメパート、後半を出演声優たちによるバラエティ番組の実写パートとして30分枠で放送。中学生になったエレン・イェーガーは進撃中学校へ入学する。学校には巨人も在籍しており、エレンは巨人に恨みを持っており巨人を駆逐しようと非公式部活「調査団」へ入部した。

Read Article

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ミカサ・アッカーマンとは諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物で、主人公エレン・イェーガーの幼馴染。本作のヒロイン的ポジションで、幼い時にエレンに助けられた経験から、彼を守ることを自分の使命だと考えている。驚異的な身体能力を持ち、トップの成績で訓練兵団を卒業。実戦でも1人で複数の巨人を討伐する実績を残す。性格は寡黙で口下手だが、エレンのこととなると取り乱す一面もある。物語後半において、母方の祖先が東洋にあるヒィズル国将軍家だったことが明らかになった。

Read Article

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ/ヒストリア・レイス(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

クリスタ・レンズ(ヒストリア・レイス)とは、諫山創による漫画『進撃の巨人』の登場人物。第104期訓練兵団卒業生であり、主人公エレン・イェーガーは同期の1人。小柄で温厚、思いやりのある可愛らしいアイドル的な存在として登場する。同期のユミルと仲が良い。成績10位以内に入っているが、実際はユミルからその座を譲られただけで身体能力は人並みである。本名はヒストリア・レイスといい、壁内世界の真の王家の末裔であることが後に発覚する。

Read Article

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナ(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

イェレナとは『進撃の巨人』の登場人物で反マーレ派義勇兵の中心人物。マーレに滅ぼされた国の出身で、「獣の巨人」継承者で王家の血を引くジーク・イェーガーの信奉者として活動し、パラディ島の近代化に大きく貢献した。ジークの提唱する「エルディア人安楽死計画」達成のためなら寝食を共にした仲間すら殺害する冷酷な性格の女性。しかし実際にはマーレの被害者というのは虚偽であり、「世界を救う英雄」に憧れているだけのごく一般的なマーレ人である。

Read Article

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)の徹底解説・考察まとめ

ジャン・キルシュタインとは『進撃の巨人』の登場人物で、調査兵団に所属する兵士。第104期訓練兵団を6番で卒業した。自己の保身を第一に考える現実主義者で、思ったことを率直に言い過ぎる性格からたびたび主人公のエレン・イェーガーと対立していた。当初は巨人の脅威から逃れるために内地への配属を希望していたが、友人のマルコ・ボットが戦死したことで考えを大きく変え、調査兵団に入団する。入団後は持ち前の現状把握能力を活かして同期のまとめ役として活躍した。

Read Article

目次 - Contents