スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

荒木飛呂彦の作品である「ジョジョの奇妙な冒険」の7部は「スティール・ボール・ラン」という、乗馬でのレースの名称を冠した作品である。アメリカ大陸を馬だけで横断すると言う過酷なレースに、主人公「ジャイロ」と「ジョニィ・ジョースター」が挑む。そのレースの最中、彼ら二人を妨害する大量のスタンド使いが現れる。二人は力を合わせて妨害者のスタンド使いを倒し、ゴールへと向かう。そんな大量のスタンド使いとスタンドを紹介する。

『ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン』の概要

レース「スティール・ボール・ラン」について

19世紀末のアメリカにて、スティーブン・スティールという人物が北米横断レースを開催した。
そのレースは、史上初の馬による北米横断ツアーであった。
総距離は6000kmにも及ぶ、非常に過酷なレースである。
9つのチェックポイントに分かれ、そのポイントで順位からポイントが加算され、最終的にポイントが最も大きい選手が優勝となる。
参加資格は16歳以上であることのみで、人種や国籍などは全く問われない。
日々の食料や水分補給などは自らで行い、選手同士の妨害は許可されており、自らの武装もしなければならない。
優勝者には5000万ドルもの大金が支払われるため、過酷なレースにも関わらず参加者は3852名にもなった。

2人の主人公

左が「ジョニィ・ジョースター」、右が「ジャイロ・ツェペリ」

本作「スティール・ボール・ラン」には、「ジャイロ・ツェペリ」と「ジョニィ・ジョースター」という2人の主人公が存在する。
北米大陸を馬だけで横断するという過酷なレースに参加する「ジャイロ・ツェペリ」は、愛馬「ヴァルキリー」とともに受付に現れた。
そこへ、見学に来ていた半身不随の元騎手「ジョニィ・ジョースター」は、ジャイロに出会う。
ジャイロに絡んできたチンピラを、ジャイロが武器とする「鉄球」でいなしたとき、ジョニィが偶然その近くに居合わせていた。
ジャイロの「鉄球」の振動が発生させる「波紋」から出る運動エネルギーがジョニィの足に及び、動かないはずのジョニィの下半身が一瞬だけ動いた。
下半身が動いた原因となったのがジャイロの「鉄球」であると分かったジョニィは、ジャイロのその「鉄球」の秘密を探るためにレースに参加することを決意した。
下半身が動かないが、ジョニィはもともと非常に有力な騎手であったため、ジャイロについていくことは不可能では無かった。
初めはやたら鉄球について問い詰めてくるジョニィを鬱陶しく感じている様子だったジャイロだが、途中からはジョニィにとって面倒見の良い兄貴分のような存在となった。

前作『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』との関係

前作である『ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン』の最後で、「プッチ神父」という人物が時間を加速させる能力を持つスタンド「メイド・イン・ヘブン」を使い、時間を想像を絶する速さで加速させた。
その結果、世界は一度終わりを迎えた。
加速した時間は進み続け、新しく生命が生まれ、進化を遂げ、結果として第6部までと似た別の世界が誕生した。
この作品は6部で生まれた新しい世界での話である。
ゆえに、今作は第6部までの人物関係とは全く関係がない。
主人公の1人「ジョニィ・ジョースター」は「ジョースター」と名前がついているが、第6部までのジョースターの血筋ではない。
また、「ジャイロ・ツェペリ」も同様に、第1部の「ツェペリ男爵」や第2部「シーザー・A・ツェペリ」との血縁はない。
別の世界線での出来事ということになる。

「黄金の回転」について

一般的に「黄金長方形」と呼ばれるものがあり、それが元となっている。
1つの正方形を置き、その隣に初めの正方形の2分の1の辺の長さの辺の正方形を置く。
さらに、2番目に描いた正方形の辺の2分の1の長さの辺の正方形を描く。
この工程を繰り返すと、大抵の場合どんどんと正方形の大きさは小さくなっていき無限に続くのだが、ちょうど8個の正方形で長方形が埋まる状態がある。
そのような辺の比をもった長方形を「黄金長方形」と呼ぶ。
ジャイロは、この長方形に入っている正方形の中心を辿る軌道で鉄球を回転させることで、波紋を発生させたり、攻撃エネルギーを発生させたりしている。

renote.net

『ジョジョの奇妙な冒険 第7部 スティール・ボール・ラン』のあらすじ・ストーリー

馬でのアメリカ大陸横断レース、「スティール・ボール・ラン」に参加する「ジャイロ・ツェペリ」は、半身不随の元ジョッキーの「ジョニィ・ジョースター」と出会う。
レースが始まると、初めの方からかなりの数の脱落者が出るも、ジャイロとジョニィはそれらを突破していく。
一見順調に見えた2人のレース模様であったが、他の参加者からの妨害が始まった。
ジャイロは自らの武器である「鉄球」を使い、その妨害者たちを倒していく。
その「鉄球」は「黄金の回転」と呼ばれる、ツェペリ家が生み出した独特の投法で投げることで「波紋」を生み出し、肉体に様々な影響を及ぼすものであった。
ジョニィはジャイロから「黄金の回転」を学び、苦労しながらも爪を回転させることに成功した。
そして、レースの途中2人は、「聖なる遺体」と呼ばれる、ミイラのような遺体の一部を見つけた。
「聖なる遺体」には不可思議な力が備わっており、触れた人間にスタンド能力を発現させる効力を持っていた。
ジョニィも「聖なる遺体」の力により「スタンド能力」が発現した。
よって、それまで戦闘において無力だったジョニィも、爪を発射する「爪弾」でジャイロとともに戦えるようになった。
しかし、その頃から「聖なる遺体」を回収しようと企むアメリカ大統領、「ヴァレンタイン」が動き始めた。
ヴァレンタインによる刺客に苦しまされる2人であったが、ジャイロの鉄球、ジョニィの成長し続けるスタンド能力によりなんとか撃破し、レースを続ける。
やがて、ヴァレンタインとの最終対決となり、ヴァレンタインのスタンド「Dirty Deeds Done Dirt Cheap」通称「D4C」と対決することになる。

主人公

スタンド:タスク / スタンド使い:ジョニィ・ジョースター

タスク

ジャイロに教えられて爪を回転させるようになったジョニィは、そのままでは何の攻撃力も持たなかった。
だが、レースの序盤で「聖なる遺体」に触れたことによりスタンドを発現。
初期段階である「タスク ACT1」は小さく、爪を発射して攻撃する、爪の能力を使ってジョニィ自身も高速移動できる程度の能力だった。
やがてジョニィの精神力が成長するにつれて、「タスク ACT2」として進化した。
ジャイロに教わった「黄金の回転」により攻撃力が増し、着弾した時に追尾するような能力がついた。
さらにジョニィは「漆黒の意思」に芽生えたことで、「タスク ACT3」を手に入れた。
「漆黒の意思」とは、ジョニィが妨害者たちと戦ううちに身につけた考え方で、目的のためならば手段を選ばず、殺すことも厭わないとするジョニィの確固たる執念を指す。
「タスク ACT3」では手足が生え、明らかに大きいスタンドとなっていて、ジョニィの精神が成長しているのがわかる。
自らを撃つことで、爪弾で開けた穴に肉体を巻き込み、爪の移動とともに移動することができるようになり、高速移動が可能になった。
腕だけを穴から出すこともできるため、今まで届かなかった射程の敵にも、移動先から爪弾を撃ち込めるようになった。
最終進化系として、「タスク ACT4」がある。
馬を「黄金の回転」によって動かすことで発動する。
そのパワーは強力で次元を超えることさえでき、ジョニィが「殺す」と考えれば相手は必ず死亡する。
ちなみに鳴き声は「チュミミ〜ン」である。

タスク ACT1

【破壊力】 E
【スピード】E
【射程距離】E
【持続力】B
【精密動作性】E
【成長性】A

ジョニィが爪を発射すると、回転した爪が相手に直撃する。
発射する爪の数に限りはなく、いくらでも発射できる。

タスク ACT2

【破壊力】D
【スピード】D
【射程距離】D
【持続力】C
【精密動作性】C
【成長性】A

直線状に発射されるだけだったACT1より進化し、着弾時の追尾能力がついた。
「黄金の回転」によりパワーも上がった。
爪の弾数に限りができるようになった。

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のネタバレ解説・考察まとめ

スティール・ボール・ラン(ジョジョ第7部)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第7部となる全24巻の作品(単行本81〜104巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。19世紀末に開催された架空の北アメリカ大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」に挑む二人を主軸に、レースの裏に潜む国家の陰謀を描く、ホラー・アドベンチャーです。

Read Article

ジャイロ・ツェペリ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ジャイロ・ツェペリ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ジャイロ・ツェペリとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の主人公で、国王に仕える刑務官にして鉄球使い。24歳のイタリア人。 冤罪で死刑宣告を受けた靴磨きの少年マルコの恩赦を得るため、海を渡り「スティール・ボール・ラン」レースに参加する。愛馬の名はヴァルキリー。 普段はひょうきんで明るい性格だが、「納得」するためには命をかけるほど正義感が強い。ジョニィの相棒にして、「黄金の回転」を彼に教える師匠でもある。 物語終盤、ヴァレンタイン大統領と交戦して死亡。

Read Article

ジョニィ・ジョースター(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ジョニィ・ジョースター(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ジョニィ・ジョースターとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の主人公で、元ジョッキーにしてスタンド使い。19歳。 下半身不随だったが、ジャイロと出会った事で馬に乗れるようになる。「爪弾」を飛ばすスタンド「タスク」の使い手。 ジャイロとコンビを組んで「スティール・ボール・ラン」レースに参加する。自分の足が動くようにしてくれた「聖人の遺体」を欲している。 ジャイロと違い、殺意を込めて敵を撃つ「漆黒の意志」を持っている。愛馬の名はスローダンサー。

Read Article

ディエゴ・ブランドー(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ディエゴ・ブランドー(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ディエゴ・ブランドーとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、天才ジョッキーにしてのちにスタンド使いとなる。通称「Dio」。20歳。 「スティール・ボール・ラン」レースの参加者で、愛馬の名はシルバーバレット。貧民出身で過酷な幼少期を過ごし、上昇志向が強い性格。 大統領から「聖人の遺体」の後継者に指名され、「スティール・ボール・ラン」レースを1着でゴールするが、ルーシー・スティールの持ってきた「基本世界のディエゴ」の遺体と接触し、消滅した。

Read Article

ホット・パンツ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ホット・パンツ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ホット・パンツとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、SBRレースの参加者の一人であり、正体を隠し男装をしている女性騎手。スタンドは自分もしくは他人の肉体を搾り取って放射する「クリーム・スターター」。幼少期グリズリーに襲われた際、弟を差し出して自分が生き延びた罪悪感から「聖人の遺体」を求め、SBRレースに参加する。聖人の遺体をめぐる戦いで「ファニー・ヴァレンタイン」と戦い敗北。「D4C-ラブトレイン」の能力で、体内に入った異物が心臓に達し死亡する。

Read Article

ルーシー・スティール(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ルーシー・スティール(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ルーシー・スティールとは『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの第7部に当たる『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』に登場する人物で、ストーリーの軸となる大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」を主催したスティーブン・スティールの妻。流した涙が固形化しカッターになり、切り付けられた者の運命を操るスタンド「チケット・トゥ・ライド」という能力を持つ。14歳という幼さだが、夫を愛しぬく強い意志と行動力を持ち、夫を守るために物語の裏で暗躍するファニー・ヴァレンタインと対決した。

Read Article

マウンテン・ティム(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マウンテン・ティム(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マウンテン・ティムとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、SBRレース参加者の一人であり、毎年3千頭の牛を連れて4千kmの旅をしている「伝説のカウボーイ」。馬の近くに行くと、馬達が敬意を払うかの如く、首を垂れる。馬の足跡からどのように馬が走っていたのか、その馬に乗っている人物はどのような性格をしているのか断言できる。スタンドは、ロープに触れた肉体をロープと一体化させ、自在に操る「オー!ロンサム・ミー」。最後はブラックモアに敗北し、死亡する。

Read Article

サンドマン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

サンドマン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

サンドマンとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、SBRレース参加者の一人であり、誇り高きネイティブ・アメリカンの一族。「金」で先祖から受け継いだ土地を守るべく、賞金を得ようとレースに参加する。レースには馬ではなく、自分の足で参加。スタンドは擬音を具現化し、その擬音から連想される現象をもたらす「イン・ア・サイレント・ウェイ」。主人公ジャイロとジョニィと戦い、ジョニィのスタンド「タスク Act2」に敗北する。故郷に残してきた姉の事を憂いながら死亡した。

Read Article

ブラックモア(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ブラックモア(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ブラックモアとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、SBRレースを裏で支配している大統領の部下。晴れでもレインコートを見に纏い、傘を持ち歩いている。スタンドは雨を固定することができる「キャッチ・ザ・レインボー」。口癖は「スイませェん」で自信が無さそうに振る舞っている。大統領の屋敷に侵入した「ルーシー・スティール」の追跡者として登場する。ルーシーが主人公「ジョニィ・ジョースター」と「ジャイロ・ツェペリ」に助けを求め、最後はジャイロの鉄球を受け死亡した。

Read Article

ウェカピポ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ウェカピポ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ウェカピポとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、「マジェント・マジェント」とコンビを組んで登場した大統領の刺客。ネアポリス王国の王族護衛官であったが、妹に暴行を働いていた夫を「決闘」で倒し、国外追放される。追放後アメリカでの市民権を得るため、「ジャイロ・ツェペリ」達への刺客として「ファニー・ヴァレンタイン大統領」の部下になる。王族護衛の鉄球「レッキングボール」を使いジャイロ達を苦しめた。最後は「Dio」に裏切られ、別世界の自分と融合し消滅した。

Read Article

マジェント・マジェント(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マジェント・マジェント(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マジェント・マジェントとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、「ウェカピポ」とコンビを組んでいる大統領の刺客。ジャイロ達をコンビで襲撃するも、左目を失い戦闘不能になる。その後、裏切り行為をしていたウェカピポに復讐するため再登場する。スタンドは「20th センチュリー・ボーイ」。スタンドを身に纏っている間は、全てのダメージが地面や周囲に拡散され、絶対無敵の防御能力を誇る。最後は馬車諸共川に沈み、スタンド能力を解除できず川底に沈み続けることを選択する。

Read Article

マイク・O(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マイク・O(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

マイク・Oとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第7部『スティール・ボール・ラン』の登場人物で、SBRレースを裏で支配している「ファニー・ヴァレンタイン大統領」の側近。語尾に「世界」をつける癖がある。金属に息を吹き込むことで風船のように膨らませ、バルーンアートのように変形させて操ることができるスタンド「チューブラー・ベルズ」の使い手。遺体を盗んだ「ルーシー・スティール」を救出しにきた「ホット・パンツ」のスタンド「クリーム・スターター」により、自分の顔が膨らみ破裂して死亡する。

Read Article

リンゴォ・ロードアゲイン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

リンゴォ・ロードアゲイン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

リンゴォ・ロードアゲインとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ヴァレンタイン大統領の刺客のひとり。スタンド使いのガンマンで、果樹園の中の家でレースの参加者を待ち受けていた。戦いにおいて礼節を重んじ、公正なる果たしあいを経て精神的に成長する「男の世界」を信条としている。 スタンド能力は時間をきっかり6秒だけ戻すことができる「マンダム」。リンゴォが腕時計の秒針を戻すことで発動する。

Read Article

ポコロコ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ポコロコ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ポコロコとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』に登場するレース参加者で、「50億分の1」の幸運を持つ男。もとはジョージア州の農場で暮らしていた解放奴隷の息子だったが、胡散臭い占い師に「この2か月間地球で最高の幸運が訪れる」と言われたことをきっかけにスティール・ボール・ランに参加した。 レース中にスタンドが発現するが、遺体の争奪戦には一切関わることなく、レースを完走する。総合優勝者だったDioが行方不明になったことで繰り上がりで優勝賞金を手にした。

Read Article

ノリスケ・ヒガシカタ/東方憲助(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ノリスケ・ヒガシカタ/東方憲助(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ノリスケ・ヒガシカタ(東方憲助)とは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、スティール・ボール・ラン・レース唯一の日本人選手。漢字で書くと「東方憲助」で、仙台藩出身の68歳。『ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン』に登場する東方家の先祖に当たる。 レースではポコロコに次ぐ準優勝を獲得し、その賞金でフルーツの輸入業を営む「東方ふるうつ屋」を創業した。レースの後、娘の東方理那が主人公のジョニィ・ジョースターと結婚している。

Read Article

ポーク・パイ・ハット小僧(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ポーク・パイ・ハット小僧(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ポーク・パイ・ハット小僧とは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ヴァレンタイン大統領の刺客のひとり。学のない子どものような人物で、「ウィーン、ガシャン」という機械音のような口癖がある。普段の知性のない言動とは裏腹に戦闘センスが高く、スタンド能力と機転でジャイロを無力化し、ジョニィを追い詰めた。 口からかぎ針のついた2本のワイヤーを射出し、様々なものを釣り上げるスタンド「ワイアード」の使い手。

Read Article

オエコモバ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

オエコモバ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

オエコモバとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ネアポリス王国のテロリスト。処刑人の一族であるジャイロを抹殺するべく海を渡り、スティール・ボール・ランに参加した。 国王を狙った爆弾テロで子どもを含む5人を殺害し、死刑判決を待つ身だったが、看守を殺して逃亡した。スティール・ボール・ランでアリゾナ砂漠を超える中で彼の才能がスタンド能力「ボクのリズムを聴いてくれ」として発現し、その力でジャイロを殺そうとする。

Read Article

11人の男たち(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

11人の男たち(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

11人の男たちとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、11人でひとつのスタンド能力を有している刺客。本名や素性は一切明かされず、リーダーが誰なのかもわからない。統率の取れた11人のチームワークでジョニィとジャイロを追い詰めた。 スタンド能力は「TATOO YOU!」で、11人それぞれの背中に描かれた絵を通して自由に空間移動できるというもの。スピードやパワーは皆無だが、拳銃を持った殺し屋の集団である彼らが使えば手ごわい強敵となる。

Read Article

アクセル・RO(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

アクセル・RO(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

アクセル・ROとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ヴァレンタイン大統領の刺客のひとり。もとはドヴォルザークのような音楽家を目指していたが、アメリカ南北戦争に召集され、軍人となる。見張りの任務をサボったために敵軍の通過を許し、味方の兵士や町の住民など多くの人が殺され、自軍が敗北する原因を作った。 スタンド名は「シビル・ウォー」。射程距離内に侵入した人間の過去の罪や捨ててきたものを出現させ、その人物を襲わせる。

Read Article

L.A.ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

L.A.ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

L.A.ブンブーンとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ブンブーン一家の次男。父と兄との3人家族で、泣き虫で気の弱いL.A.はみそっかす扱いされている。 スティール・ボール・ランの1stステージで発生した殺人事件の犯人の一人。アリゾナ砂漠の「悪魔の手のひら」で、一家でひとつのスタンド能力を手に入れ、レースの賞金を独占するために他の参加者を殺していた。

Read Article

アンドレ・ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

アンドレ・ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

アンドレ・ブンブーンとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ブンブーン一家の長男。父と弟との3人家族で、レースの賞金を独占するために他の参加者を一家で殺害している。アリゾナ砂漠の「悪魔の手のひら」で、一家でひとつのスタンド能力を手に入れた。 首を絞めて窒息状態になることで快感を覚える性癖を持っており、「女の子にいつも絞めてもらってるんだ」と話している。

Read Article

ディ・ス・コ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ディ・ス・コ(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ディ・ス・コとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ヴァレンタイン大統領の刺客のひとり。フィラデルフィアでジョニィを探すジャイロの前に現れ戦いを挑むが、ジャイロの鉄球の技術の前にあっさりと敗れている。 スタンド名は「チョコレート・ディスコ」。『ジョジョの奇妙な冒険』史上初の、日本の音楽が由来となったスタンド名だ。キャラクター名・スタンド名の由来は日本のユニット「Perfume」と考えられている。

Read Article

ベンジャミン・ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ベンジャミン・ブンブーン(スティール・ボール・ラン)の徹底解説・考察まとめ

ベンジャミン・ブンブーンとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』の登場人物で、ブンブーン一家の父親。二人の息子がいる3人家族で、レースの賞金を独占するために他の参加者を一家で殺害している。アリゾナ砂漠の「悪魔の手のひら」で、一家でひとつのスタンド能力を手に入れた。 妻はおらず、ベンジャミンいわく「家を捨てて売春婦になった」らしい。次男のL.A.をみそっかす扱いしており、L.A.が自分の意見を言うことを嫌う。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦によるアクション・アドベンチャー漫画及びそれを原作としたアニメ・小説・ドラマ・映画などのメディアミックス作品。この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、その他の劇場アニメ、OVAなどの主題歌を紹介していく。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険シリーズのモデル・元ネタ・由来まとめ

ジョジョの奇妙な冒険シリーズのモデル・元ネタ・由来まとめ

“ジョジョ”の名を冠する勇者たちの戦いを描いた『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズには、膨大な数のキャラクターが登場し、その中には現実の人物やグループがモデルとなっているものも少なくない。 伝説的殺人鬼のジャック・ザ・リパー。ゾンビ騎士ブラフォードとタルカス。波紋の戦士リサリサ。ナチスドイツのサイボーグ戦士シュトロハイム。恐るべき柱の男たちに、4部以降の数々のスタンドたち。ここでは、『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターのモデルとなった人物やグループを紹介する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ジョジョの奇妙な冒険の料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは、荒木飛呂彦による漫画作品。世代と主人公を変えながら自身の掲げる正義と共に悪と戦い続ける、「ジョジョ」と呼ばれる勇者たちの活躍を描いている。 19世紀のイギリスから第二次大戦直前のアメリカ、現代日本からイタリアまで様々な国を舞台としており、作中には多種多様な料理が登場する。その突飛な演出でネット上でネタとして愛されるものも少なくない。ここでは、『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズに登場する料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物を紹介する。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険シリーズの都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ジョジョの奇妙な冒険シリーズの都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

場所と時代を変えながら活躍する、“ジョジョ”と呼ばれる勇者たちを描いた『ジョジョの奇妙な冒険』には、様々な都市伝説や豆知識、裏設定が存在する。 ディオの母親の存在。ゾンビ騎士ブラフォードとタルカスの真実。ツェペリの設定の変遷。カーズの行方。シュトロハイム最後の戦い。設定のみ存在するアヌビス神のスタンド使い。作者がその強さを保証する意外な強豪キャラクター。物語中盤でフェードアウトしたフーゴの本当の役割。ここでは、『ジョジョの奇妙な冒険』の有名な都市伝説や豆知識、裏設定を紹介する。

Read Article

ストーンオーシャン(ジョジョ第6部)のネタバレ解説・考察まとめ

ストーンオーシャン(ジョジョ第6部)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第6部となる作品(単行本64〜80巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。舞台は2011年のアメリカ。無実の罪で刑務所に収監された女性主人公・空条徐倫が仲間達とともに、「天国へ行く方法」を実現させようとするプッチ神父を止めるべく奔走する物語です。

Read Article

ジョジョリオン(ジョジョ第8部)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョリオン(ジョジョ第8部)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン」は、2016年12月の時点で14巻(単行本105〜118巻に収録)刊行されている漫画作品および、それを基にメディア展開されている作品です。第4部でも舞台となった杜王町で、3月11日に起きた震災でできた「壁の目」から出てきた記憶喪失の主人公・東方定助が、自分の記憶を探っていくサスペンス・ホラーです。

Read Article

ジョジョ第3部(スターダストクルセイダース)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第3部(スターダストクルセイダース)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第3部の作品(単行本12〜28巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1987年、復活したDIOを倒すために世界を巡り、タロットのアルカナやエジプト神を模した敵と戦う冒険活劇です。今作に登場した「スタンド(幽波紋)」は、今作以降もジョジョを代表する能力となりました。

Read Article

ジョジョ第2部(戦闘潮流)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第2部(戦闘潮流)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流」は、「ジョジョの奇妙な冒険」の単行本5〜12巻に収録されているマンガおよび、一連のメディア展開作品です。第1部から50年後、ジョナサン・ジョースターの孫であるジョセフ・ジョースター達「波紋」の戦士と、第1部から続く石仮面と吸血鬼の力を持ち、「究極生命体」を目指す「柱の男」との死闘が描かれています。

Read Article

NEW
岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

岸辺露伴は動かない(ジョジョスピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

『岸辺露伴は動かない』とは、荒木飛呂彦による漫画、及びそれを原作とするアニメ、ドラマ作品であり、荒木の代表作『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場する岸辺露伴のスピンオフである。リアリティを追求する漫画家の岸辺露伴が、作品の取材で奇妙な現象に巻き込まれ、持ち前の知識、機転、スタンドと呼ばれる超能力で危機を回避する。日常に潜む恐怖や、意外な真実との遭遇を奇抜なアイディアで描く。派生作品『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』の他、短編小説集もある。

Read Article

ジョジョ第5部(黄金の風)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第5部(黄金の風)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part5 黄金の風」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第5部となる作品(単行本47〜63巻に収録)、およびそれを基にしたメディア展開作品です。主人公ジョルノ・ジョバァーナが、ギャング組織のチームメンバーとともに「ギャングスターになる」夢を追う物語です。組織のボスや、ボスの放つ刺客たちとの戦いが、2001年のイタリアを舞台に繰り広げられます。

Read Article

ジョジョ第4部(ダイヤモンドは砕けない)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第4部(ダイヤモンドは砕けない)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部の作品(単行本29〜47巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1999年の日本M県S市の杜王町(もりおうちょう)にて、主人公の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)が、町に潜む連続凶悪殺人鬼と、次々と登場するスタンド使いに挑む、サスペンスホラー風の漫画です。

Read Article

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョジョ第1部(ファントムブラッド)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは、荒木飛呂彦のマンガ作品、およびそれをもとにしたアニメ、小説、ゲーム作品。第1部「ファントムブラッド」は今なお続く大人気シリーズ「ジョジョ」の原点であり、ジョナサン・ジョースターとディオ・ブランドーとの青春と対立が描かれています。ジョースター家と宿敵ディオの因縁の物語はここから始まり、様々な時代と舞台で「波紋」や「スタンド(幽波紋)」を駆使して戦いを繰り広げていきます。

Read Article

目次 - Contents