ギルバート・グレイプ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギルバート・グレイプ』とは、原題は『What’s Eating Gilbert Grape』で、同名小説の映画化。ジョニー・デップと、レオナルド・ディカプリオが共演している、1993年のアメリカ映画である。
知的障害を抱えた弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)と、夫を亡くした事で過食症となり、病的な肥満になってしまった母親。
退屈な田舎町で家族を支えるギルバート(ジョニー・デップ)が、ある日ベッキーという女性と出会うことで自分自身を見つめ直し、心の揺れ動きと成長を描いた物語。

『ギルバート・グレイプ』の概要

『ギルバート・グレイプ』とは、知的障害者の弟を持つ青年の葛藤と成長を描いた1993年公開のアメリカ映画。
主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニー・デップと、『タイタニック』のレオナルド・ディカプリオ。

アイオワ州のエンドーラという、「音楽のないダンスのような町」で生まれ育ったギルバート・グレイプが本作の主人公。
10歳までもたないと言われていた知的障害をもつ弟の面倒を見ている。
弟はその年を超えて18歳の誕生日を迎えるが、医者は「その先はない」と言う。

父親が17年前に自宅の地下で首を吊り亡くなった事がきっかけで母親は過食症となり、歩くのも困難なほどの肥満体形となってしまった。
母親は7年もの間、一歩も外へ出ていない。

そしてギルバートも、どこへも行けない、と思っている。
何もない田舎町で小さな食料品店で働き、日々退屈に淡々と、時には葛藤をしながら過ごしていた。
家族を残してどこかへ行く訳にもいかず、弟のアーニーの面倒を見るのは自分しかいないからだ。

姉のエイミーは小学校の食堂で働いていたが火事に遭い、失業中。料理が得意で、グレイプ家の母親代わりの存在。
妹のエレンは高校1年生の反抗期。

ギルバートは自分の人生そのものを諦めたように過ごしながら、人妻であるベティと関係を持つなどして、なんとか心のバランスを保っていた。
そんな中、ベッキーという女性と出会う。
彼女は祖母とトレーラーで世界中を旅していた。その道中に車が故障し、ギルバートの町に一時滞在する事になったのだ。
その彼女との出会いが大きな転機となり、ギルバートははじめて、「自分がどうしたいのか」を考えるようになる。

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』でその名を世界に知らしめた、スウェーデン出身のラッセ・ハルストレム監督の作品。特殊な撮影方法を使わず、派手な展開や起伏はないが、小さな田舎町の日常、そこで暮らす人々の心の機微を繊細に描いている。原作はアメリカ純文学だが、ヨーロッパ映画のような余韻の深い作品。

どこへでも行けるトレーラーハウスと、呪縛の象徴の家が対となっているような演出がなされる。
ギルバートを演じるジョニー・デップの、表情だけですべてを語るような演技も見どころの一つだ。
知的障害という難しい役どころを演じたレオナルド・ディカプリオの演技も賞賛の声が高く、本作でナショナル・ボード・オブ・レビュー賞を受賞し、アカデミー賞にノミネートされている。

『ギルバート・グレイプ』のあらすじ・ストーリー

エンドーラで暮らすギルバート一家

アイオワ州の小さな町、エンドーラ。
「音楽の無いダンスのよう」なこの町で、主人公のギルバート・グレイプは次の4人と一緒に暮らしている。

夫の自殺が原因で過食症となり、7年間家にこもり続けている母親、ボニー。
家族の母親代わりとして家庭を支える姉、エイミー。
重度の知的障害を持つ弟、アーニー。
ギルバートに反発しがちな反抗期の妹、エレン。

アーニーは10年もたないと言われていたが、18歳の誕生日が近づいていたため、家族総出で誕生日パーティーの準備をしていた。

エンドーラには、毎年トレーラーハウスがやってくる。
その中に、後にギルバートの運命を変えることになるベッキーの姿もあった。
アーニーはトレーラーハウスを見て楽しそうにはしゃいでいるが、付き添っているギルバートは「ただ過ぎていくだけ」だと無感情に見ていた。

アーニーは高いところが好きだ。
町の給水塔に上って警察に注意されることもあった。
そんなアーニーが特に好きなのは木の上だ。
木の上に上り、「『アーニーはどこだ?』って言って!」とねだる。
ギルバートが「アーニーはどこだ?」と言ってアーニーを探しているところへ、木の上から飛び降りて驚かせる。
そんな遊びが大好きだった。

ギルバートは、アーニーを支えながら一家の大黒柱として町の食料品店で働き続けることに疲弊し、鬱屈とした日々を過ごしていた。
唯一の刺激は、店の客でもある人妻、ベティ・カーヴァーとの不倫。
近所への配達の際に関係を持つようになり、ギルバートはその日も、アーニーを連れてベティの家に配達に行った。

ベティの家に着くと、ギルバートはアーニーを車で待たせ、ベティと行為に及ぼうとする。
しかし、そこへタイミング悪くベティの夫、ケン・カーヴァーが帰ってきた。
ケンが「今度自分の経営する保険会社に連絡しろ」と言ってくるのをいなし、ギルバートは車に乗ってその場を離れようとした。
しかし、アーニーの姿が車の中になかったので、ギルバートはアーニーを探し始めた。

アーニーは給水塔の上で見つかった。
なんとかアーニーを給水塔からおろして保安官に頭を下げるギルバート。
保安官は「次はない」と言ってギルバートとアーニーを帰した。

その様子を、ベッキーは興味深そうに眺めていた。

旅の女性ベッキー

ベッキーはトレーラーハウスに乗って祖母と旅をしていた。
しかし、途中でトレーラーが故障してしまい、部品が届くまでエンドーラに逗留することとなった。
ギルバートの働く店に立ち寄ったベッキーは、トレーラーハウスまでの配達を依頼する。
その配達を、ギルバートが請け負うことになった。
偏見を持たないベッキーはアーニーとすぐに仲良くなっていった。

ギルバート一家を覆う不安

ギルバートたち家族はその日アーニーの誕生日パーティーについて話し合っていた。
話し合いはその内口論となり、それを制しようとボニーが立ち上がった。
その時、ギルバートは床が抜けそうになっていることに気づいた。

ギルバートは友人のタッカーと地下室を補強して床の修理をしようとした。
ギルバートがアーニーに手伝いを頼むが「父親の自殺した場所だから」と言って手伝おうとしないアーニー。
ギルバートはタッカーと協力して床の修理をしていった。
ある日、また給水塔に上ろうとしているアーニーを、エレンが必死に止めていた。
エレンは、決して給水塔に上ることを諦めようとしないアーニーを力づくで止めようとし、ついにはアーニーにケガをさせてしまう。
ギルバートはエレンを厳しく叱ると、アーニーにこう言い聞かせた。
「誰かがお前を傷つけようとしたらすぐに俺に言うんだ。やっつけてやるから。なんでかわかるか?」
そう訊かれたアーニーは「ギルバートはお兄ちゃんだから」と答える。
「その通り。誰にもお前はいじめさせない」とギルバートはアーニーに言い聞かせた。

ベッキーへの恋

ベッキーに会いに行くギルバート

気苦労の絶えない日々の中、次第にベティへの気持ちが薄れ始めたギルバートは、ベッキーのいるトレーラーに顔を出すようになった。

ベッキーに「『何をするか』が大切なのよ。あなたは何をしたい?」と尋ねられたギルバートは、「ここでは何もすることがない」と答えた。
「何かひとつくらいあるはずよ」とベッキーは言ったが、結局ギルバートは何も答えられなかった。

二人は町に繰り出して、つかの間のデートを楽しんでいた。
しかし、偶然その様子をベティが目撃してしまい、ベティは嫉妬に駆られるのだった。

ベッキーと二人で夕日を見ていたギルバートは、アーニーを入浴させる役目を思い出し、一度家に帰った。
アーニーを入浴させ、体を洗っていたギルバート。
しかしギルバートは、少しでもベッキーと一緒に居たかった。
ギルバートはアーニーに自分で体を洗い、タオルで拭くよう指示すると、ベッキーのもとへ向かってしまったのだった。
翌朝、ギルバートは浴槽の中で凍えているアーニーを見つける。
アーニーは一晩中そこにいてギルバートを待っていたのだ。
ギルバートはすぐにタオルを持ってきて、アーニーに何度も謝罪した。
アーニーを溺愛するボニーはこの件を知ると、「最近のお前はどうかしている。いったい何を考えているの?」とギルバートを叱責する。

アーニーはこの日以来水に恐怖を持ち、風呂とは溺れるもの、危険なものと認識してしまい、以後極端に水場を恐れるようになった。

カーヴァー家との決別

ベッキーとのデートの翌日。
ギルバートは配達の仕事を請け、ベティの家へ向かった。
ベティは「ギルバートにケンの保険会社へ電話をかけさせる」といういたずらをする。
ケンはベティとギルバートの関係を知ってか知らずか、ギルバートに自分の事務所に来るよう指示した。

ギルバートがケンのもとへ向かおうとすると、「あの子のところへ行くの?」とベティは詰る。
「君の旦那に呼ばれたんだ」と言うギルバートに対して、「行ったら許さない」とベティは嫉妬の炎に駆られていた。
そんなベティを残して、ギルバートはケンのもとへ向かった。

ギルバートがケンの保険会社に着くと、ケンはギルバートが保険に入っていないことを指摘し、「残された家族のことを考えろ。路頭に迷わせる気か?」と心配する。
そこへベティから電話が入り、一度カーヴァー邸へ戻ることとなった。

ケンを家まで送り届け、帰ろうとするギルバートにベティはこう言った。
「私はどんな男でも選べたのよ。だけどあなたを選んだ」
「どうして俺を?」とギルバートが尋ねると、「あなたはずっとここにいるから。あなたならこの町から出て行かないから」とベティは答えた。

とうとうやりきれなくなったギルバートは、何も答えずその場を後にした。

その日、カーヴァー邸で怪死事件が発生した。
ケン・カーヴァーが子供用のビニールプールで溺死したのだ。

第一発見者がベティということもあり、情報は錯綜した。
争った形跡がないことから、不幸な偶然が続いたという者もいれば、ベティによる保険金目当ての殺人だと言う者までいた。

ギルバートの望み

ギルバートはアーニーを連れ、ベッキーのトレーラーハウスまで来ていた。
修理用のパーツが届いたので修理を手伝うことになったのだ。
しかし、結局その日はうまくいかなかった。

近くの池で水遊びをしたギルバートとベッキーは、二人きりで話していた。
「あなたの望みを思い浮かべて」と言うベッキー。
ギルバートは「新しいものを」と答えた。
ギルバートが思い浮かべた答えは次のものだった。
家族に新しい家を。
母親にエアロビクスを。
エレンが大人になること。
アーニーに新しい脳を。
そこまで聞いたベッキーは「あなたの望みは?」と尋ねる。
ギルバートは少し考えて、「いい人間になりたい」と答えた。

アーニーの勾留とボニーの外出

ふと、アーニーがいないことに気づいたギルバート。
車を走らせて、遂に給水塔の頂上にいるアーニーを発見した。

保安官や消防が出て事なきを得たが、アーニーはそのまま連行されることになった。
「もう絶対にさせない」と言って、ギルバートは必死に止めようとしたが取り合ってもらえない。
「絶対に目を離さないで。手荒なことはしないで」と訴えるギルバートを尻目に、アーニーは連行されてしまった。

アーニーが拘留されたと聞き、引きこもりがちだったボニーが立ち上がる。
警察へ行って直談判しに行くと言うのだ。

警察署に着き、アーニーを今すぐ解放するよう訴えるボニー。
その願いが通じ、アーニーはすぐに釈放されることとなった。

アーニーを連れて警察署から出る時、ボニーは周囲の人の視線に気づいてしまう。
見世物でも見ているかのような好奇の視線。
ボニーを見て笑う子供たち。
写真を撮り始める老人。
無邪気な悪意にさらされ、ボニーはすっかり憔悴してしまった。

しかし、ベッキーだけは、「あなたのお母さんはとても勇気があるのね」と称賛した。
ベッキーはギルバートに「お母さんに会わせて」と言ったが、ギルバートが返事をすることはなかった。

ベティとの別れ

ケン・カーヴァーの葬儀が執り行われた日、ベティはギルバートの仕事場を訪れた。
ベティはこの町を出ることを告げた。
「みんな私が殺したと言っている。そう思う?」というベティの問いに、ギルバートは首を振った。
「いい夫だったわ。悲しいけど、悲しくないの」と、声を詰まらせる。
「あなたはどうするの?自分を捨ててみんなのお世話?」ベティはそう続けるが、ギルバートは答えない。
「時々思うの。うちの子たちも、いつかあなたのようにと」
そこへ、ベッキーがやってくる。
ベッキーと入れ違いで出ていくベティ。
「彼女を忘れない?」と訊くベッキーに、ギルバートは一言、「ああ」と返した。

トレーラーハウスの修理

アーニーの誕生日パーティーを翌日に迎えた日、ついにベッキーのトレーラーハウスの修理が終わる。
ギルバートとベッキーは一瞬寂しそうな表情をしたが、再びエンジンが止まると顔を合わせて微笑んだ。
ベッキーは「私を引き留めたい?」とギルバートに尋ねた。
「別に。行きたければ行きなよ」と返すギルバートに、「じゃあこれでお別れってこと?」と訊く。
ギルバートが「行かなきゃ。気を付けて」と言うと、ベッキーは何も言わずギルバートの車から降りた。

ギルバートとアーニーの兄弟喧嘩

お風呂を嫌がるアーニーに手を上げるギルバート

yukkos7
yukkos7
@yukkos7

Related Articles関連記事

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説・考察まとめ

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説・考察まとめ

ジェームズ・キャメロン監督・脚本、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットによる1997年のアメリカ映画。1912年に起きたタイタニック号沈没事故を下地にして、船の中で出会った貧しい画家志望の青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。1998年のアカデミー賞にて、11部門で受賞し、日本でも一年以上のロングラン上映し席巻した。

Read Article

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)のネタバレ解説・考察まとめ

チャーリーとチョコレート工場(Charlie and the Chocolate Factory)のネタバレ解説・考察まとめ

2005年、ティム・バートン監督とジョニー・デップのコンビで公開された、アメリカの映画です。ファンタジー・コメディーに分類されます。しかし蓋を開ければ内部非公開の工場を見物できるというワクワク感とは裏腹のブラック・ジョーク、皮肉全開のミュージカル調のシーン、美しくも怪しい映像のセンスなどが監督ティム・バートンの世界観をよく表現しています。第78回アカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート作。

Read Article

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

シャッター アイランド(Shutter Island)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャッター アイランド』とは、2010年公開のサスペンス映画である。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。 連邦保安官のテディ・ダニエルズは、同僚のチャック・オールとともに、シャッター アイランドという孤島にある精神病院に、女性患者の失踪事件を捜査しに船で向かう。その精神病院には多くの犯罪者が収容され、失踪した女性患者も、自らの子供たちを殺害した犯罪者だった。事件を捜査していくうちに意外な事実が浮かび上がってくる。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(The Curse of the Black Pearl)は、2003年7月9日に公開されたアメリカの冒険映画。 カリブの港町ポート・ロイヤルは、ある日バルボッサ率いる海賊たちから襲撃を受ける。思い人をさらわれたウィル・ターナーは、収監されていた海賊ジャック・スパロウと手を組み、彼女を救うための航海に出る。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドは、2007年5月25日に公開されたアメリカの冒険映画。 世界中の海賊は次々に処刑され、海賊の時代が終焉を迎えようとしていた。海賊たちは決起し、『伝説の海賊』と呼ばれる9名を招集する。クラーケンに飲み込まれた伝説の海賊の一人ジャック・スパロウを救うべく、ウィルとエリザベスらブラック・パール号は、蘇ったバルボッサを船長として世界の果てを目指す。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(On Stranger Tides)とは、2011年5月20日に公開されたアメリカの冒険映画。大海賊ジャック・スパロウは、『見つけた者は永遠の生命を得ることができる』といわれる生命の泉を探していた。永遠の生命を求めて英国海軍とスペイン海軍に加え史上最凶の海賊・黒ひげ、そしてジャックたちが激しい争奪戦を繰り広げる。

Read Article

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』は、2006年7月7日に公開されたアメリカの冒険映画。 かつての恨みを果たそうとする幽霊船『フライング・ダッチマン号』に追われるジャックたち。幽霊船の船長ディヴィ・ジョーンズの弱点である心臓を収めた宝箱(デッドマンズ・チェスト)を探すため、彼らは追っ手から逃げつつ大海を冒険する。

Read Article

妹の恋人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

妹の恋人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『妹の恋人』(原題『Benny & Joon』)とは、1993年にアメリカで公開された、ある兄妹と1人の青年との交流を描いた青春ドラマである。両親を早くに亡くし、精神を病んでしまった妹を支える兄。そんな2人の元にサムという青年が現れる。無口で風変わりなサムはジューンの固く閉ざした心を開いて行き、2人は恋に落ちる。しかし妹離れ出来ずにいる兄は2人の交際に反対し、ある事件が起きてしまうのだった。監督は『ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション』のジェレマイア・S・チェチックが担当している。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド』とは2010年公開のアメリカの3D映画。監督はティム・バートン。ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ配給。原作はルイス・キャロルの児童文学小説『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』。19歳になったアリスが再びワンダーランドに迷い込み、赤の女王に支配されていたワンダーランドを救う。実写とモーションキャプチャーの技術を使い映画化した。映像が素晴らしく童話の世界観を見事に実写化しており、アカデミー賞では衣装デザイン賞をはじめ、3部門で受賞した。

Read Article

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』とは2016年公開のアメリカの3D映画。2010年公開の『アリス・イン・ワンダーランド』の続編。ティム・バートン製作・製作総指揮。監督は ジェームズ・ボビン。3年の船旅から戻ったアリスが青い蝶のアブソレムに導かれ、鏡の中に入り再びアンダーランドを訪れる。そこで病んでいる親友のマッド・ハッターを救うために過去に遡り、過去を変える時間の旅に出る。ヒットした前作と比べアメリカ、日本ともに興行成績は振るわず、厳しい評価になった。

Read Article

インセプション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インセプション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インセプション』( Inception)とは、2010年7月に公開されたクリストファー・ノーランが監督・脚本を務めるSFアクション映画である。他人の夢からアイデアを盗み出す企業スパイ・コブは、その才能から国際指名手配を受け、さらに妻の殺害容疑もかけられていた。そんなある日、サイトーと名乗る男が、彼に風変わりな依頼を持ちかける。サイトーのライバル会社を潰すため、息子に夢の中で会社を潰すアイディアを植え付ける(インセプション)依頼だった。夢の中ならではの壮絶なアクションが魅力の映画となっている。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

HACHI 約束の犬(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

HACHI 約束の犬(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『HACHI 約束の犬』とは、2009年に公開されたアメリカ映画。1987年公開の日本映画『ハチ公物語』のリメイク作品である。ある寒い冬の夜、アメリカ東海岸の郊外の駅でパーカー・ウィルソン教授は1匹の迷い犬に出会う。飼い主を探しながら保護するが、妻の反対を押し切りパーカーは自分で飼うことにするのだった。首輪のタグに「八」と刻まれていた漢字から「ハチ」と名付けられその秋田犬の子犬は、パーカーの大きな愛情を受け立派に成長して行く。そんな幸せな日々がいつまでも続くと思われたが、突然の悲劇が降りかかる。

Read Article

心温まるヒューマンドラマを描いた映画10選【ギルバート・グレイプ/サイダーハウス・ルール】

心温まるヒューマンドラマを描いた映画10選【ギルバート・グレイプ/サイダーハウス・ルール】

この記事では見終わった後に心がすっきりと澄み渡るように爽快な気持ちになれる、心温まるヒューマンドラマを描いた映画をまとめた。どの映画でも様々な苦難を前にして成長していく主人公の姿が描かれており、家族や友人との絆、愛情が大切なものだと改めて感じさせてくれる。

Read Article

なぜセイウチなのか。人間がセイウチになる映画「Mr.タスク」が珍妙すぎる!

なぜセイウチなのか。人間がセイウチになる映画「Mr.タスク」が珍妙すぎる!

数ある動物の中からどうしてセイウチを選んだのでしょうか。人間がセイウチになるというワンアイデアのみで膨らませたような映画「Mr.タスク」ですが、好き嫌いが極端に分かれるようで、傑作と称賛する人もいれば、時間のもだと貶す人もいます。さて、あなたはどちらでしょうか。映画「Mr.タスク」をご紹介致します。

Read Article

変貌がスゴい!ジョニー・デップの歴代出演作品まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアン】

変貌がスゴい!ジョニー・デップの歴代出演作品まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアン】

そのルックスから、日本でもファンが多いジョニー・デップ。彼の名前を聞いて真っ先に思い浮かぶ作品といえば、やはり『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズでしょう。しかしながら、実はそれ以外にも様々な有名作品に出演しています。この記事では、そんな彼の歴代作を時系列でまとめました。さきほど挙げた海賊映画のジャック・スパロウもそうですが、ブッ飛んだキャラクターを演じさせるならジョニー・デップに勝る人はいませんよね。

Read Article

【意外なこの人も!?】元不良&元ヤンな国内外芸能人・ミュージシャン・俳優のまとめ

【意外なこの人も!?】元不良&元ヤンな国内外芸能人・ミュージシャン・俳優のまとめ

昔グレていた国内外の【元不良&元ヤン】を、主に本人の自伝をソースにまとめている。画像・自伝等から引用したセリフや発言、有名なエピソードなども記載。 哀川翔や綾小路翔、神鳥忍など元不良&元ヤンとして有名な人物から、渥美清や佐々木希など一見元不良&元ヤンとはわからない人物まで網羅。それぞれの詳細なエピソードとともに記載している。

Read Article

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

【マドンナ】海外スターの幼少期の写真まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

ここでは海外のミュージシャン、ハリウッド俳優、その他有名人の子供のころの写真をまとめました。ビヨンセ、ジョン・レノン、カート・コバーン、マライア・キャリー、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブラッド・ピット、はたまたプーチン大統領まで。中にはガラリと雰囲気が変わってしまった人も。是非お楽しみください。

Read Article

【ベッカム】築地やデパ地下で目撃情報あり!お忍び来日した海外セレブの画像まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

【ベッカム】築地やデパ地下で目撃情報あり!お忍び来日した海外セレブの画像まとめ【レオナルド・ディカプリオ】

世界に名だたるスポーツ選手や俳優たち。彼ら/彼女らの中には、お忍びで来日している人もいるそうです。築地や銀座での目撃情報もあれば、デパ地下という意外な場所で見たとの声も。この記事では、来日した海外セレブたちの画像についてまとめました。こんなイケメンや美女が急に街中に現われたらビックリですよね。

Read Article

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

【トム・クルーズ】来日したハリウッドスターと一緒に現れる戸田奈津子の画像まとめ【ジョニー・デップ】

ハリウッド映画が公開されるのに合わせて海外のスターたちが来日するのはよくある話ですが、彼ら/彼女らとともに必ずといっていいほど一緒に現れるのが戸田奈津子。字幕翻訳家として様々な作品を手がけてきた彼女は、スターの通訳としても活躍しています。この記事では、そんな戸田奈津子とハリウッドスターたちとの共演画像についてまとめました。仕事とはいえ、こんなに間近でスターと接せられるなんて、ファンからしたら羨ましすぎますね!

Read Article

【ウィル・スミス】惚れてまうやろ!「世界のイケメン」ベスト100【ジョニー・デップ】

【ウィル・スミス】惚れてまうやろ!「世界のイケメン」ベスト100【ジョニー・デップ】

2012年、ファッション雑誌『グラマー』が「最もセクシーな男性100人」を発表しました。その中にはウィル・スミスやジョニー・デップなど、日本でも名を知られているイケメンたちが数多くランクインしています。なかなか日本人男性には見られないような彫りの深い顔、バツグンのスタイル、ステキすぎるスマイル…もうこんなん見たら、惚れてまうやろ!

Read Article

観客席にいるかも?サッカーを愛するセレブまとめ【レオナルド・ディカプリオ、他】

観客席にいるかも?サッカーを愛するセレブまとめ【レオナルド・ディカプリオ、他】

日本だけでなく世界中で熱狂を巻き起こすサッカーは、芸能界にも多くのファンがいる。ここでは熱狂的なサッカーファンを公言している海外セレブたちをまとめた。ハリウッド1のスポーツ女子であるジェシカ・ビールや、サッカー界に友人の多いレオナルド・ディカプリオなどを紹介している。

Read Article

マダム・タッソー東京の魅力を紹介【壇蜜やレディー・ガガの蝋人形と記念撮影】

マダム・タッソー東京の魅力を紹介【壇蜜やレディー・ガガの蝋人形と記念撮影】

お台場の人気スポットマダム・タッソー東京の魅力をまとめました。壇蜜やマツコ・デラックスといった人気芸能人や、レディー・ガガやジョニー・デップといった海外セレブにそっくりの60体以上の蝋人形と写真が撮れたり、名作映画の再現をしてみたりと、楽しみ方は様々。年末年始のお出かけにもおすすめです。

Read Article

隠しきれない色気!ジョニー・デップのカッコイイ画像まとめ!

隠しきれない色気!ジョニー・デップのカッコイイ画像まとめ!

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどへの出演で知られるジョニー・デップ。この映画でのジャック・スパロウをはじめ、いろいろとぶっ飛んだ役を演じていることが多い彼は、母国だけではなく日本にもファンがたくさんいます。この記事では、そんなジョニー・デップがカッコイイ画像についてまとめました。普通にしていても隠しきれない色気…素敵すぎます!

Read Article

ティム・バートン作品「ダーク・シャドウ」の撮影裏画像まとめ【ジョニー・デップ】

ティム・バートン作品「ダーク・シャドウ」の撮影裏画像まとめ【ジョニー・デップ】

ティム・バートン監督作『ダーク・シャドウ』の撮影裏の画像を集めました。ジョニー・デップやヘレナ・ボナム=カーター、クロエ・グレース・モレッツなど豪華キャストの出演や、ゴシックな世界観が話題になった作品です。映画作りの面白さが分かる貴重な画像を紹介していきます。

Read Article

【ハロウィン】ジョニー・デップが演じたキャラのコス画像・動画まとめ

【ハロウィン】ジョニー・デップが演じたキャラのコス画像・動画まとめ

ここではジョニー・デップの演じたキャラクターの仮装・コスプレをするための画像やメイクのやり方の解説動画などをまとめた。『イン・トゥ・ザ・ウッド』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』、『アリス・イン・ワンダーランド』、『ダーク・シャドウ』といった有名映画の個性的なキャラクターを演じているジョニー・デップはハロウィンの仮装の題材として人気が高い。

Read Article

レオナルド・ディカプリオの年明けは美女軍団と豪遊?約5千万のヨットをレンタルしたって本当?

レオナルド・ディカプリオの年明けは美女軍団と豪遊?約5千万のヨットをレンタルしたって本当?

世界的な人気俳優のレオナルド・ディカプリオ。そんな彼の年明けは、やはり一般人の私たちとは一味違うみたい。というのも、約5千万円もするヨットをチャーターし、セクシーな水着のお姉様方に囲まれてビーチで豪遊していたというのです。この記事では、その様子について画像などをまとめました。こんなキレーなおねーちゃんたちに囲まれて…羨ましすぎる…!

Read Article

【レオナルド・ディカプリオ】ハロウィン仮装に気合い入りすぎなハリウッド・セレブたちの秘蔵ショットまとめ【アン・ハサウェイ】

【レオナルド・ディカプリオ】ハロウィン仮装に気合い入りすぎなハリウッド・セレブたちの秘蔵ショットまとめ【アン・ハサウェイ】

ハロウィンの時期に気になることといえば、ハリウッド・セレブたちの仮装!映画の聖地ということもあってユニークな仮装が多いのですが、中にはスケスケ衣装で目のやり場に困る人も…。どうやら、ハリウッド・セレブたちはハロウィン仮装に相当な気合いを入れているみたいですね。あのレオ様も奇抜な格好をしているので、ぜひ見てみてください!もはや原型を留めていないとだけいっておきましょう。…って、どういうこと!?

Read Article

目次 - Contents