マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

『マン・オブ・スティール』の概要

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。
物語の始まりから新たに描かれる「リブート(再始動)」作品として製作されている。『スーパーマン』シリーズを含めると、通算第6作品目の映画だ。

科学や文明が発達した、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」では、人工生育が常識であった。
そこで、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」が生まれた。

だが、惑星クリプトンでは、資源の過度な採掘によるエネルギーの枯渇と、クリプトンの元老院に対してのゾット将軍のクーデターによって、滅びの道を歩むことになってしまう。
そうなる前に、クリプトン人を再生させようとするカル=エルの父「ジョー=エル」によって、カル=エルは宇宙船のポッドに乗せられ、地球に到着した。

カンザスに住む、子供がいなかったジョナサン・ケントとマーサ・ケントが、カル=エルを見つける。そして、カル=エルに「クラーク・ケント」と名付けて、我が子のように育てていく。
これは、のちにスーパーマンとして活躍するクラークが、自分の出自を知るための旅にでる物語。多くの人に慕われたスーパーマンが、なぜ地球に現れたのか、また彼の孤独な少年時代を知ることができる貴重な映画だ。

監督はザック・スナイダーで、クリストファー・ノーランが制作・原案を担当し、デヴィッド・S・ゴイヤーが原案・脚本を担当した。配給はワーナー・ブラザース。
興行収入は2013年8月28日時点で、北アメリカで2億9026万5876ドル、それ以外の国々で3億5950万ドルと、合わせて6億4976万5876ドルを売り上げた大人気作品だ。日本での興行収入は、9.74億円だった。

北アメリカでの公開初週末では、約1億1310万ドルを売り上げ、2013年6月公開作品としては『トイ・ストーリー3』の1億1030万ドルを抜いて歴代最高を記録した。
また、2013年公開作品としては、『アイアンマン3』の1億7410万ドルに次ぐ成績と、好成績を記録した。

『マン・オブ・スティール』のあらすじ・ストーリー

滅びゆく惑星クリプトン

我が子であるカル=エルとの別れを惜しむ「ララ・ロー=ヴァン」と、「ジョー=エル」の姿

科学や文明が発達し人工生育が常識になっていた「惑星クリプトン」に、数百年ぶりに自然出産で子供が誕生した。
それはジョー=エルとララ・ロー=ヴァンの間に生まれた、カル=エルという男の子だった。

「惑星クリプトン」はエネルギーが枯渇して爆発寸前になっていた。
科学者であるジョー=エルは元老院に、「自分たちはもう助からないが、コデックスをカル=エルに一体化させ若い惑星に送って、クリプトン人を再生させよう」と進言した。
コデックスとは、クリプトン人の遺伝子情報を組み込んだ頭蓋骨状のものだった。

そこに軍最高司令官のゾット将軍が現れ、元老院に対してクーデターを起こした。ゾット将軍はジョー=エルにクーデターへの協力を求めたが、「同胞に手をかけたお前は、友ではなく怪物だ」と拒否されてしまった。
ジョー=エルはジェネシス・チェンバーの中心部に行き、コデックスを手に入れた。
ジェネシス・チェンバーはクリプトン人を人工的に生み出す装置で、コデックスから遺伝情報を読み取り遺伝子操作をして子供を育てていた。

ジョー=エルはコデックスを狙うゾット将軍の部隊から逃れ、ララ・ロー=ヴァンが待つ宇宙船「ポッド」の発射台に到着した。
ララ・ロー=ヴァンは自分たちクリプトン人より、さらに超人的な身体能力や科学力を得ることができる黄色い太陽が回る地球にカル=エルを送り込もうとしていた。
ジョー=エルはカル=エルにコデックスを一体化させた。

ジョー=エルたちはカル=エルに別れを告げ、クリプトン人の夢と希望を託して「ポッド」で地球へ送り出した。
この時Sの文字が書かれたエル家の紋章が刻まれた、補助記憶装置のコマンドキーも一緒に託した。
武装したジョー=エルは追ってきたゾット将軍に止めを刺そうとした。しかし「ポッド」を見送った隙を突かれ、ゾット将軍に刺されて死んでしまった。

コデックスと一体化したのがカル=エルだと知ったゾット将軍は、戦艦艇に「ポッド」を墜落させるよう命令した。
しかしそれは失敗しクーデターも鎮圧された。ゾット将軍は元老院によって、宇宙の墓場と呼ばれる「ファントム・ゾーン」で300年刑に処された。
ララ・ロー=ヴァンはカル=エルのことを思いながら、滅びゆく「惑星クリプトン」と運命を共にした。

クラーク・ケントの使命

クラークに超能力の事は秘密だと言う養父・ジョナサンと、人が死にそうでも力を使っちゃダメなのかと訴えるクラーク

地球に無事着いたカル=エルは成長し、海底油田で石油の発掘機が爆発寸前だったところに駆け付けた。作業員を全員救出した後、爆発に巻き込まれ海に投げ出されてしまった。
海に沈んでいく中、他人と違うパワーを持った自分に戸惑った少年時代を思い出し意識を取り戻した。
海から近場の港まで泳ぎ着いたカル=エルは街に出て、スクールバスを見たのをきっかけに少年時代を思い出していた。

カル=エルが乗った「ポッド」は、アメリカのカンザス州スモールヴィルに激突した。
そこで農業を営んでいたジョナサン・ケントに発見され、妻のマーサにわが子のように育てられた。カル=エルはクラーク・ケントと名付けられ成長していった。

人と違う超能力を持つクラークは、同級生に変な奴だといじめを受けていた。ある日クラークと彼をいじめている同級生が乗ったスクールバスが川へ落ちた。
クラークはスクールバスごと全員を救出した。しかし助けられた男の子の母親がクラークの超能力を怖れ、神のせいだとジョナサンに訴えた。

ジョナサンはクラークに、彼の超能力を他人に知られてはいけないと話した。クラークは人が死にそうなのに力を使ってはいけないことに納得できなかった。
ジョナサンは「人は理解できないものを恐れる」と言って、納屋の床下に隠した「ポッド」とコマンドキーをクラークに見せた。

クラークはそこで初めて、自分が地球人ではないことを知った。
ジョナサンは「実の父が、クラークを地球に送った秘密を一生かけ突きとめるのが使命だ」とクラークに告げた。

こうしてクラークは自分の出生を知るために、名前や経歴を偽って各地を1人で旅する生活を送っていた。
バーで働いていたクラークは、客の軍人が「軍が氷の下に埋まっていた謎の物体を発見した」と話すのを耳にした。

デイリー・プラネット新聞社のロイス・レインは謎の物体の取材をするため、アメリカ軍のネイサン・ハーディー大佐を訪問した。
ロイスはハーディー大佐と科学者のエミール・ハミルトン博士に会った夜、薄着姿で氷山を登るクラークを発見し後を追った。

クラークは氷山の奥に巨大な宇宙船を発見した。ジョナサンから受け取っていたコマンドキーをはめると宇宙船は起動した。
宇宙船にはジョー=エルの意識がプログラムとして残存しており、彼のホログラムを見てクラークは追いかけた。

クラークの後を追っていたロイスは、宇宙船の警備システムに遭遇し写真を撮った瞬間警備システムに襲われてしまった。
ロイスの悲鳴を聞き駆けつけたクラークは警備システムを破壊した。

腹を負傷したロイスをクラークは、目から放つ熱線で応急処置をした。その後氷漬けになっていた宇宙船が動き出し、クラークを乗せて去ってしまった。
ロイスはこのことを記事にしたが、上司のペリー・ホワイトに相手にされなかった。

クラークは再びジョー=エルのホログラムに会い、彼が実の父であることを知った。
クリプトンの子供には労働者・指導者・戦士の役割が与えられていた。
ジョー=エルは与えられた義務の他にも、選択肢やチャンスが子供たちにあっていいと考えていた。

彼はクラークに「誰にでも善の力が宿っているという信念の証」の「S」の紋章を見せて、そのことを人間に伝えて導けと告げた。

ジョー=エルはクラークの超能力には、黄色い太陽の光を受けた怪力・超感覚・透視能力・目から放つ熱線・飛行能力があると教えた。
クラークは彼から託された「S」の入ったスーツを着て、自分の超能力の限界を確かめるため宇宙船から飛び立った。

地球に来たゾット将軍

クラークはジョナサンの墓に行くと、独自に調査して家にやって来たロイスと再会した。
ロイスは人助けをする宇宙人のことを記事にしたいと言うが、クラークはこれを拒否した。

彼は超能力のことで喧嘩をしたまま竜巻でジョナサンを失った後悔から、超能力を封印して誰にも正体を明かさないことにしていた。
ロイスはその話を聞いて取材をやめネットに記事を流した。その後クラークはマーサと愛犬が待つ家に帰った。

その夜のニュースで、地球に巨大な宇宙船が飛来したと報じられた。それと同時にゾット将軍が世界中の電波をジャックした。彼は地球人に自分たちの同胞を引き渡すことと、クラークに24時間以内に降伏しろと警告した。

以前ロイスがネットに記事を流すよう頼んだ男が、マスコミにゾット将軍が探している人物をロイスが知っていると話してしまった。そのためFBIが彼女を捕まえに来た。
ゾット将軍のことも地球人のことも信用できないクラークは、地球を救うために名乗り出るべきか悩んだ。しかし悩んだ末にできる限り地球を助けることにした。

クラークはスーツに着替え、ロイスが捕まっているアメリカ軍の基地へ行った。そしてスワンウィック将軍にゾット将軍に降伏する代わりに、ロイスと話をさせて欲しいと頼んだ。

クラークはロイスにスーツの胸に刻まれた紋章の話をし、自分を信じてくれたことに感謝した。ロイスは地球では「S」に見える紋章を見て、「スーパーマンのようだ」と言いかけた。
しかしゾット将軍に、クラークの身柄を引き渡す時間が来て言えなかった。

ゾット将軍の代わりに来た副官の女性戦士ファオラ=ウルは、ロイスも一緒に連れて行くと言い出した。
クラークは移動中ロイスが心配で、彼女にコマンドキーをこっそり渡した。

ゾット将軍の狙い

「惑星クリプトン」の崩壊によりファントム・ゾーンから解放されたゾット将軍は、監獄だったファントム・ゾーンを箱舟に作り変えた。
そしていくつもの星を渡り歩き、惑星の環境をクリプトン人用に変換する「ワールド・エンジン」という装置を発見した。

33年間宇宙を彷徨い続けたゾット将軍は、クラークが「ポッド」に触れることで発せられた救難信号を頼りに地球へ飛来した。
ゾット将軍はコデックスと一体化したクラークを使って地球人を滅亡させ、地球を第二のクリプトンにしようとしていた。

クラークと別の部屋に閉じ込められたロイスは、部屋にあった小さな窪みにコマンドキーを差してみた。するとジョー=エルのホログラムが現れ、彼の言葉に従って脱出「ポッド」を使って宇宙船から逃げ出すことができた。
一方クラークは科学者のジャックス=オーによって、血液を採取されていた。
ジョー=エルのホログラムの出現によって、宇宙船内が地球人に合う環境になった。クラークは力を取り戻し、怪力で拘束具を破壊して部屋を脱出した。

彼はジョー=エルのホログラムに会い、コデックスと一体化した理由を聞いた。
ジョー=エルはクラークが地球とクリプトンの懸け橋になるように、願いを込めて一体化したのだった。
それを聞いた後クラークはロイスの乗った「ポッド」を追いかけ、地球に墜落しそうになっていた彼女を助けた。

ロイスを農場近くで降ろした後、コデックスの在りかを聞くゾット将軍からマーサを救い出した。
クラークはゾット将軍を捕まえ市街地に飛んだ。するとゾット将軍は地球の環境に適応できず苦しみ出した。
部下によって宇宙船内に退避した彼の代わりに、ファオラ=ウルともう1人の部下がクラークと戦った。

そこにアメリカ軍の航空機「A-10」が現れ、クラークもろともファオラ=ウルたちを攻撃した。しかし圧倒的なファオラ=ウルの強さに何もできず倒されていった。
ハーディー大佐もファオラ=ウルを恐れず戦った。

ファオラ=ウルが襲いかかろうとした時、クラークが駆け付けて彼を助けた。
なおも倒れないファオラ=ウルたちに、2機残った「A-10」が攻撃しそれが命中した。しかしその後2機は宇宙船によって追撃されてしまった。

クラークは現場にいたアメリカ軍に銃口を向けられたが、ハーディー大佐が「敵ではない」と言ってくれた。
クラークは農場に向かいマーサの無事を確かめた。ロイスはジョー=エルのホログラムに、倒し方を教わったとクラークに話した。

最終戦

戦いを通じて惹かれ合い、結ばれたロイスとクラーク

ゾット将軍はジャックス=オーから、クラークの細胞がコデックスと一体化したことを聞きワールド・エンジンをインド洋に放った。
ゾット将軍は2つのワールド・エンジンを使って、メトロポリスと南インド洋を繋げて「テラフォーミング」を起こした。
地殻と大気を変動させ人為的に惑星を改造するテラフォーミングで、メトロポリスの市街は破壊され始めた。

ロイスの話したゾット将軍を倒す方法はワールド・エンジンに、宇宙船の動力源であるファントム・ドライブをぶつけて、ブラックホールを作り出し追放することだった。
クラークはアメリカ軍に協力を依頼し、軍の輸送機でファントム・ドライブを運んでもらい、その間に南インド洋にあるワールド・エンジンを破壊しようとした。

メトロポリスの市街地では、避難しようとしていたペリーとロイスの同僚たちが、間一髪のところで地殻変動の衝撃から免れた。クラークが南インド洋のワールド・エンジンを破壊したからだった。

ゾット将軍はファントム・ドライブを乗せた輸送機を襲おうとした。それを阻止したクラークがゾット将軍の制止を聞かず、宇宙船の操縦席を破壊した。
宇宙船は地上に墜落し、その衝撃でジェネシス・チェンバーが破壊された。

ハミルトン博士がコマンドキーを差し込んでファンシトム・ドライブを起動させ、ハーディー大佐が輸送機でワールド・エンジンにぶつけた。
それによって発生したブラックホールは、ゾット将軍の部隊とハーディー大佐やハミルトン博士を吸い込み消滅した。

ファオラ=ウルの攻撃で輸送機から飛ばされたロイスは、間一髪のところでクラークに助けられ、ブラックホールに飲み込まれずに済んだ。
この戦いでお互いに惹かれあうようになった、クラークとロイスは地上に降り立ちキスを交わした。
その後クラークは墜落した宇宙船で、唯一生き残ったゾット将軍の元へ向かった。

ゾット将軍はクラークがワールド・エンジンとジェネシス・チェンバーを破壊したことで、クリプトンの再興が不可能になったことを嘆いていた。
クリプトンを守り抜くという役割を与えられて生まれたゾット将軍は、地球人を選んだクラークを激しく恨んだ。

地球人を皆殺しにすると激昂したゾット将軍と、それを止めようとするクラークは大規模な市街戦を繰り広げた。
激闘の末駅のホールでゾット将軍を取り押さえ、なおも抵抗するゾット将軍の首を折り彼を殺した。
クラークは同胞を殺してしまった哀しみと怒りが混じった叫びをあげ、駆け付けたロイスに縋りついた。

後日クラークは、自分の居場所を探していた無人偵察機を墜落させた。スワンウィック将軍は、地球人を襲わない保証があるのかクラークに尋ねた。
クラークは味方であることを告げ、どうやって地球を救うか任せて欲しいと説得した。
スワンウィック将軍と別れたクラークは、マーサと共にジョナサンの墓参りをした。

クラークはマーサに、「世界を救っていない時は危険な場所に行っても詮索されず、世界中の情報が入る場所で働きたい」と告げた。
そして彼は変装して、ロイスが働くデイリー・プラネット新聞社に特派員の記者として入社した。

『マン・オブ・スティール』の登場人物・キャラクター

主要人物

クラーク・ケント/カル=エル/スーパーマン(演:ヘンリー・カヴィル/吹き替え版:星野貴紀)

本作の主人公。赤ん坊の頃、惑星クリプトンから地球へ送られた宇宙人(クリプトン人)。
カンザスの農家で育てられた。

地球の黄色い太陽の光を受けて育ったため、超能力(怪力・超感覚・透視能力・目から放つ熱線・飛行能力)を得た。
しかし、自分の持つ特殊な力やそれによる周囲からの扱いに苦悩している。

少年時代は自分の力を制御できなかったり、目の前に困った人がいたら隠すことなく力を使って助けていたが、養父・ジョナサンの死をきっかけにその力を封印する。
ジョナサンとの約束を守り、人前であまり力を出さないように努めてきたが、どうしても人を助ける気持ちを抑えきれず、たびたび力を使って人助けをする。

少年時代の同級生からのいじめや、周囲からの冷たい扱いを受けてきた経験から、地球人の事を家族以外で信用できなかった。
地球人だけでなく、クリプトン人でもゾット将軍のような悪者ならば、簡単に信用することもできず、どちらも信用できなくて苦しむ時もあった。

だが、ロイスとの出会いで考えが変わり、地球人を信じてみようと思い始めた。
ロイスとは、戦いを通じて距離を縮めていき、お互いに惹かれ合っていった。戦いの最中、ロイスと結ばれ、最終的に彼女の職場で働くようになる。

ゾット将軍の「地球人を滅ぼして、地球を第二のクリプトンにする」という考えは悪だと考え、彼を止めようと全力で戦う。
その一方で、同胞を殺してしまった哀しみや、自分への怒りが彼を殺した後に込み上げてきて、怒りと悲しみが混じった叫びをあげる。

ロイス・レイン(演:エイミー・アダムス/吹き替え版:中村千絵)

55makiy3
55makiy3
@55makiy3

Related Articles関連記事

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャスティス・リーグ』とは、2017年公開のアメリカ合衆国制作のヒーロー映画である。ワーナー・ブラザーズ、DCコミックスが展開するシェアワールド『DCエクステンデッド・ユニバース』の5作品目にあたる。コミックスの初登場は1960年であり、初めての映画化となる。 前作でスーパーマンが敵と相打ちしていなくなった地球。そこへ地球の環境を激変させ侵略しようとする敵が攻めてくる。スーパーマン亡き今、バットマンがヒーローチームを結成してそれに立ち向かう物語である。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウォッチメン』とは、映像化不可能と言われたアメリカン・コミックを、「300/スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督が実写映画化した作品。かつてはスーパー・ヒーローだった男が何者かに殺され、彼の仲間だったヒーロー達が真相を突き止めようとする謎解きミステリー要素の強い2009年製作の異色ヒーロー・ドラマ。日本では映倫によりR-15指定を受けた。

Read Article

ダークナイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダークナイト』とは2008年に公開された、アメリカ・イギリス共作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。主演をクリスチャン・ベール、ヴィランをヒース・レジャーが演じた。バットマンとして世の犯罪者と戦ってきたブルース・ウェインが、新たに現れた敵・ジョーカーに翻弄されながら、ゴッサム・シティに必要なヒーローとは何かを模索する姿を描いた作品。

Read Article

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン』とは、2017年にアメリカで制作された実写映画。監督はパティ・ジェンキンス。 アメリカンコミックであるDCコミック『ワンダーウーマン』シリーズを原作としている。 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女であり屈強な戦士であるダイアナは偶然「外の世界」からやってきたパイロット、スティーブ・トレバーを救出する。第一次世界大戦の最中、ダイアナは悲惨な戦いの元凶は神アレスと確信し、トレバーと共に「外の世界」へ旅立つ。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

ジョン・ウィックシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ジョン・ウィックシリーズの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ジョン・ウィック』とは、2014年に公開されたアクション映画。2017年『ジョン・ウィック:チャプター2』、2019年に『ジョン・ウィック:パラベラム』が公開され、2023年には第4作である『ジョン・ウィック:コンセクエンス』も公開予定。主演を『マトリックス』シリーズや『スピード』に出演したキアヌ・リーブスが務めている。愛する妻を失い殺し屋業を引退したジョンが復讐のために再び殺し屋となるアクションシーンが話題の映画。ここでは、そんな『ジョン・ウィック』シリーズに登場する数々の名言を紹介。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』とは、2018年に公開されたスパイ・アクション映画。1996年の『ミッション:インポッシブル』から続くトム・クルーズ主演・製作シリーズ作品の第6作目。 イーサン・ハントがテロ組織「シンジケート」の残党「アポストル」によるプルトニウム爆破テロを防ぐためにチームと一丸となって奮闘する展開と共に、彼がいかに家族や仲間を大切に想っているかが描かれる。

Read Article

ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

ダンケルク(Dunkirk)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダンケルク』とはクリストファー・ノーラン監督・脚本・製作による2017年の戦争映画。第二次世界大戦の「ダンケルクの戦い」における史上最大の救出作戦、通称「ダイナモ作戦」を題材に描かれている。ポーランドを侵攻しそこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。絶望的な状況の中、若き兵士トミーと仲間たちの命がけの撤退を描いた物語。ノーラン監督にとって初の史実を基にした映画である。

Read Article

ジョン・ウィック:パラベラム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ウィック:パラベラム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:パラベラム』とは、2019年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション映画。 『ジョン・ウィック』シリーズの三作目となり、引き続き主演をキアヌ・リーヴスが務める。 日本版のポスター等で使われたキャッチコピーは「世界はお前を許さない」。 コンチネンタル・ホテルで殺しをしてはいけないと言う掟を破ったジョンは、1400万ドルの賞金を懸けられたことにより世界中の殺し屋から追われる身となる。 満身創痍となったジョンはかつて血の誓印を交わしたソフィアに協力を求めモロッコへ向かう。

Read Article

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

M:i:III(ミッション:インポッシブル3)のネタバレ解説・考察まとめ

往年の人気TVドラマ「スパイ大作戦」の映画化で、大ヒットスパイ・アクションにまで成長させたトム・クルーズ製作・主演のシリーズ第3弾。2006年公開のアメリカ映画。TVシリーズ「エイリアス」「LOST」で注目を集めたJ・J・エイブラムスの劇場映画初監督作品。フィアンセとの結婚を控え、一線を退き教官となった主人公イーサン・ハントが、凶悪な敵を前に世界を駆け巡り、再び危険なミッションに挑む。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『シェイプ・オブ・ウォーター』とは、2017年にアメリカで制作・公開された、声を発することのできない中年女性と半魚人が愛を育むラブ・ロマンスを描いた映画である。2018年に日本でも公開され話題になった。1962年冷戦下アメリカの機密機関で働く声を失った女性清掃員イライザと、アマゾン奥地からそこに運び込まれた正体不明の半魚人との心の交流を中心に描いている。前代未聞のラブストーリーということで、ギルレモ・デル・トロ監督作品の中でも傑作と呼ばれた。

Read Article

ストリート・オブ・ファイヤー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ストリート・オブ・ファイヤー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストリート・オブ・ファイヤー』とは、ウォルター・ヒル監督による1984年製作のアメリカ映画。ロックンロールを中心とした音楽が効果的に使用された、ミュージック・ビデオ感覚のアクション映画である。本国アメリカよりも、日本で熱狂的に受け入れられ、1984年の「キネマ旬報」人気投票では読者部門第1位を獲得した。リッチモンドの街を舞台に、ストリートギャング“ボンバーズ”に拉致されたかつての恋人を救うため、故郷に帰ってきたヒーローの活躍を描く。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

レ・ミゼラブル(レミゼ)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開されたミュージカル映画。主役のジャンバルジャンが牢獄から仮釈放されるシーンから始まる。ジャンバルジャンを追いかけるジャベール警部、ジャンバルジャンに自分の子供を託すファンティーヌなどの登場人物たちにより彼の人生は激動の時代を駆け抜けることとなる。そしてフランス革命が起き、それぞれの人生が変わるのであった。一人の男の一生を描いた超大作である。

Read Article

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー』とは、2019年にアメリカ合衆国で作成されたスリラー映画である。DCコミックス『バットマン』に登場するスーパーヴィランであるジョーカーが主人公となっており、2019年10月4日に日米同時公開された。舞台は、まだバットマンが誕生する以前の、不景気により治安の悪化する1981年のゴッサム・シティ。後のジョーカーことアーサーは、発作的に笑い出してしまう病と病弱な母親を抱えながら、一流のコメディアンを目指して貧しい生活を送りながらピエロのアルバイトを続けていた。

Read Article

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョン・ウィック:チャプター2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョン・ウィック:チャプター2』とは、2017年に公開されたアメリカのアクション映画。 前作同様主演をキアヌ・リーブスが務める。 『ジョン・ウィック』の続編であり、前作から5日後に起こった出来事を描く。 前作で亡くなった妻から贈られた飼い犬の復讐を遂げたジョンの元に、イタリアンマフィアのサンティーノから新たな殺人を依頼される。ジョンがその依頼を断ったことでサンティーノが彼の家をバズーカ砲で木っ端みじんにしてしまったことで再びジョンの復讐劇が始まる。

Read Article

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

コンテイジョン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『コンテイジョン』とは、2011年にアメリカで公開されたスリラー映画。危険な未知のウイルスが、次々と人間の命を奪い、恐怖というパニックにも感染していく世界を描いている。世界各地で同時多発的に謎の病が発生する。それは咳・発熱を発症後、急激に症状が悪化し、亡くなってしまうという新種のウイルスだ。世界中で感染が広がるこの病に医師たちは敢然と立ち向かう。しかし人々は翻弄され、国家は瞬く間に崩壊していくのだった。ウイルス感染の恐怖を様々な視点から捉えた、リアル感溢れるパニック・スリラー・ムービーだ。

Read Article

インセプション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インセプション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インセプション』( Inception)とは、2010年7月に公開されたクリストファー・ノーランが監督・脚本を務めるSFアクション映画である。他人の夢からアイデアを盗み出す企業スパイ・コブは、その才能から国際指名手配を受け、さらに妻の殺害容疑もかけられていた。そんなある日、サイトーと名乗る男が、彼に風変わりな依頼を持ちかける。サイトーのライバル会社を潰すため、息子に夢の中で会社を潰すアイディアを植え付ける(インセプション)依頼だった。夢の中ならではの壮絶なアクションが魅力の映画となっている。

Read Article

メッセージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

メッセージ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『メッセージ』(原題:Arrival)とは、本作後に「ブレードランナー2049」を撮るドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFムービー。 突如地球上に現れた巨大な宇宙船。飛来した目的を探ろうと、船内の異星人とコミュニケーションをとるため軍に依頼された女性言語学者が、彼らと接触するうちに未来を見ることが出来るようになり、自分の人生を見つめ直していくシリアスタッチの知的なドラマ。2016年製作のアメリカ作品。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

君が生きた証(Rudderless)のネタバレ解説・考察まとめ

君が生きた証(Rudderless)のネタバレ解説・考察まとめ

『君が生きた証(Rudderless)』は2014年にアメリカで製作された音楽映画である。『ファーゴ』などで知られるベテラン俳優ウィリアム・H・メイシーの初監督作品である。優秀な広告マンだったサムは、大学生の息子ジョシュを銃乱射事件で失ってしまう。悲しみからすさんだ生活をしていたサムはジョシュが残した歌があることを知り、ライブバーで飛び入り参加し、歌を披露する。そこで出会った青年クエンティンとバンドを結成することになるが、サムには大きな秘密があった。

Read Article

メメント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

メメント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

映画『メメント』は2001年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。クリストファー・ノーラン監督が名を知らしめた代表作になっている。主人公レナード・シェルビーは強盗に襲われ、妻を殺害される。その際に頭を負傷し、10分しか記憶が持たない病気になってしまう。復讐のため、写真や自分の体にメモに記憶を刻みながら犯人をさがす。時間を遡りながら物語が進む難解な映画となっている。

Read Article

アンタッチャブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンタッチャブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンタッチャブル』とは、1987年にアメリカで制作されたアクション映画。禁酒法が敷かれた大都市シカゴを舞台に、酒の密造と密売で莫大な利益を得るギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑む4人の男たちの姿をロマンあふれる演出で描き出していく。『ボディガード』で知られるケビン・コスナー、『007 ドクター・ノオ』で知られるショーン・コネリーが出演した。 監督は『殺しのドレス』や『カジュアリティーズ』などで知られるブライアン・デ・パルマが務めた。

Read Article

ボディガード(1992年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ボディガード(1992年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボディガード』とは、1992年にアメリカ合衆国で制作されたラブサスペンス映画である。脅迫状を送りつけられたスーパースターのレイチェル・マロンと彼女を命懸けで守る元シークレットサービスでプロのボディガードであるフランク・ファーマーとの甘くて切なく、ほろ苦い恋が描かれていく。主演は『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でオスカーを獲得したケビン・コスナー、共演は本作が女優デビューとなった歌手ホイットニー・ヒューストンが務めた。監督は『ボルケーノ』、『理由なき発砲』などで知られるミック・ジャクソンが務めた。

Read Article

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TENET テネット』とはイギリスで公開されたスパイ映画で、時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 主人公はCIAの名もなき男。ウクライナのオペラハウスで発生したテロ事件に突入する。任務を終えた後そこで"TENET"というワードを耳にする。テネットというのは謎の組織の名前で主人公は組織の目的を知るために女性科学者のところへ向かうことになる。

Read Article

シャザム!(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

シャザム!(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『シャザム!』とは、2019年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。DCコミックスのクロスオーバー作品『DCエクステンデッド・ユニバース』の第7作品目として製作された、スーパーヒーロー映画である。DCコミックスの『シャザム』を主人公としている。家出を繰り返す孤児「ビリー・バットソン」が、魔術師・シャザムとの出会いをきっかけに、里親と一緒に暮らす子供たちと絆を築いて成長していく。その一方で、シャザムと会った事があるサデウスは、悪の道を歩み始める。

Read Article

GOTHAM/ゴッサム(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

GOTHAM/ゴッサム(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GOTHAM/ゴッサム』とは、架空の犯罪都市であるゴッサム・シティを舞台にしたアメリカ合衆国のテレビドラマ。DCコミックスの人気シリーズ『バットマン』のスピンオフ作品で、同作に登場するジェームズ・ゴードン刑事の若年期や後にバットマンとなるブルース・ウェインの少年期を中心に描いている。ドラマ作品オリジナルの小悪党コブルポッドを含めた様々な人物が登場し、後にバットマンと深い因縁を持つことになる者も多数存在する。ブルーノ・ヘラーが企画し、シーズン1~5まで約5年をかけて制作された超大作となっている。

Read Article

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ビューティフル・マインド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビューティフル・マインド』とは、ノーベル経済学賞受賞の数学者ジョン・ナッシュの半生を描いたアメリカの映画。 数学界、経済界にとって画期的な理論「ナッシュ均衡」を発見、発表する天才数学者のジョンだが、人付き合いが苦手な中で仲の良い友人が出来たり秘密部隊から極秘任務を任されるという幻覚を見る統合失調症に苦心した。本作では統合失調症の世界観の例を示すとともに、最初は自身の幻覚を現実と思い込んでいたジョンが事実を受け止め、周囲の人たちと共にその事実と向き合っていく様が描かれている。2001年公開。

Read Article

目次 - Contents