真・女神転生がPCゲームに!アトラス初の看板作品【メガテン】

『真・女神転生』はアトラスより発売されたRPGで、『デジタル・デビル物語 女神転生』、『デジタル・デビル物語 女神転生II』のゲームシステムを継承しつつ、設定を見直し一から制作された作品である。発売当時はスーパーファミコン用のゲームソフトであったが、のちにRPGツクールでPCゲームとして完全再現された。

『真・女神転生』とは

出典: blogimg.goo.ne.jp

真・女神転生

1992年10月30日発売
スーパーファミコン用ソフト
発売元:ATLUS(アトラス)

『真・女神転生』とは、1990年代に人気を博したゲーム。神と悪魔が混在する世界をテーマにしたRPGである。舞台は199X年の東京で、ゲームが発売された1992年における近未来という設定。吉祥寺のアーケード街や病院、エコービル(後の京王吉祥寺駅ビル)といった1990年代の現代日本がモデルで、西洋ファンタジー風の世界観が主流を占めていた当時の家庭用ゲームRPG市場の中においては斬新なものであった。
異色のRPGは大ヒットし、様々なプラットフォームに移植された。

RPGツクールVXで完全再現&パワーアップしてPC用のフリーゲームに

タイトルは『RPGツクールVX版 真・女神転生1』。制作ツールは、RPGツクールVX。ほぼ原作の完全再現といってよく、当時の雰囲気をそのままに、メニューやテキストは見やすくアレンジ。さらに、オリジナルシステム・ストーリーが追加された。標準プレイ時間は20時間程度。著作者は不明。作品の登録場所は、専用のまとめwiki(ページ下部)。
本作は、二次創作の同人ゲーム作品です。

『RPGツクールVX版 真・女神転生1』

『真・女神転生』を再現

タイトル画面

タイトル画面

メニュー選択画面以外は、原作とほぼ同じデザイン。起動直後から始まるデモシーンも、バッチリ再現している。

オープニング

オープニング

悪夢が起きる前の、ささやかな平和のひととき。グラフィックは、原作の雰囲気そのまま。テキスト欄は、VX仕様で読みやすくなった。

フィールド画面

フィールド画面

上空から見下ろした、地図のような光景。アーケード街や鉄道・民家が立ち並ぶ、都会の雰囲気も原作そのまま。緑色のユニットで移動する。

ダンジョン

ダンジョン

おなじみの3Dダンジョン。オートマッピングが標準搭載で安心。パーティは最大6人制。ストーリーで仲間になる人間系と、雑魚戦で仲間になる悪魔系で組む。

悪魔と交渉

悪魔と交渉

悪魔の出現は原則1種のみで、最大8体まで。雑魚敵である悪魔とは、戦うだけでなく会話が出来る。うまく交渉できれば、アイテムをくれたり仲間になってくれたりする。

悪魔合体

dsukedyc
dsukedyc
@dsukedyc

Related Articles関連記事

真・女神転生IV(Shin Megami Tensei IV)のネタバレ解説・考察まとめ

真・女神転生IV(Shin Megami Tensei IV)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・女神転生IV』(しん・めがみてんせいフォー)とは、『真・女神転生シリーズ』の4作目にあたるRPG作品。2013年5月23日、アトラスよりニンテンドー3DS用ゲームソフトとして発売された。中世ヨーロッパを思わせる東のミカド国が物語の舞台。そこのキチジョージ村に住む少年フリンが本作の主人公である。『真・女神転生シリーズ』に共通する崩壊した世界、神への反逆など、ハードかつ世紀末を思わせるストーリーが魅力である。

Read Article

真・女神転生V(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

真・女神転生V(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『真・女神転生V』とは、アトラス社より2021年に発売されたロールプレイングゲームであり『真・女神転生シリーズ』の第5弾。荒廃したもう1つの東京「ダアト」にて、主人公は禁忌(きんき)の存在「ナホビノ」へと変貌して超常の力で悪魔と戦う。真実を求めてダアトを彷徨ううちに、主人公は神と悪魔たちの戦いに身を投じる。 『V』の魅力は、ダアトという広いフィールド上で走ったり、ジャンプできる点だ。さらに坂道を滑り降りたり、高い場所から飛び降りることもできるので移動するだけでも臨場感があって面白いと評判。

Read Article

キャサリン・フルボディ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

キャサリン・フルボディ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャサリン・フルボディ』とは、2019年2月にアトラスから発売されたホラー・アダルトテイストのアクションパズルアドベンチャーゲームである。対応機種はPlayStation 4、PlayStation Vita、Nintendo Switch(移植版)。2011年2月に発売された『キャサリン』のリメイク版で、第3のヒロインである「リン」が追加されている。他にもエンディングやステージの追加があり、超熟進化と揶揄されるほどのフルパワーアップを遂げた。

Read Article

幻影異聞録♯FE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

幻影異聞録♯FE(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『幻影異聞録♯FE』はWii U専用ソフトとして発売された、『ペルソナ』や『女神転生』を手掛ける株式会社アトラスと『ファイアーエムブレムシリーズ』がコラボレーションしたRPGゲームである。本作は、現代を生きる若者たちが、ある事件をきっかけに”芸能”という世界で活躍しながら、仲間と共に自己成長を重ね、悪と戦う青春群像劇だ。また、バトルシステムも華やかで、プレイヤーを魅了する演出が数多く散りばめられている。

Read Article

真・女神転生、ペルソナシリーズの壁紙・画像まとめ【メガテン】

真・女神転生、ペルソナシリーズの壁紙・画像まとめ【メガテン】

『真・女神転生』は『女神転生』のゲームシステムを継承しつつ、設定を新たにした作品のシリーズで、『ペルソナ』は『真・女神転生』から派生した作品シリーズである。 人間が悪魔や異形の怪物と戦うといったことが共通している他、共通のデザインの悪魔、ペルソナが登場することもある。

Read Article

女神転生の考察サイト・ブログまとめ【メガテン】

女神転生の考察サイト・ブログまとめ【メガテン】

『女神転生』は西谷史による小説『デジタル・デビル・ストーリー』シリーズの第一作、そこから派生したコンピュータRPGのシリーズ作品である。「悪魔」という異形の存在に関わってしまった人々が、物語を通じて戦い生き抜く様子が描かれており、その独特の世界観で多くのファンを獲得している。ここではそんな『女神転生』の考察サイト・ブログをまとめた。

Read Article

【オカルト】洒落にならないほど怖いゲームにまつわるバグや噂を紹介!『ぼくのなつやすみ』など

【オカルト】洒落にならないほど怖いゲームにまつわるバグや噂を紹介!『ぼくのなつやすみ』など

本記事では「シャレにならないほど怖い」として話題になった、ゲームにまつわる様々な都市伝説や噂、バグについてまとめて紹介している。記事中では「8月32日」という現実ではありえない日付が登場する『ぼくのなつやすみ』、開発中けが人や自殺者が続発した『コワイシャシン』、画面いっぱいに赤い文字で「すぐにけせ」という単語が表示される『新・女神転生』などのゲームを掲載した。

Read Article

女神転生・ペルソナシリーズの悪魔・神まとめ【メガテン】

女神転生・ペルソナシリーズの悪魔・神まとめ【メガテン】

『女神転生』や『ペルソナ』シリーズには多くの悪魔や神が登場する。洗練されたそのデザインはプレイヤーからの高い人気を集めており、新たな作品が登場するたびにあらすじ・ストーリーや登場人物・キャラクターなどと同等以上の関心を集めている。悪魔・神の原典は日本神話をはじめ、インド神話、イングランドの伝承、ゾロアスター教など多岐に渡る。

Read Article

ペルソナファンも必見!女神転生の人気悪魔まとめ【メガテン】

ペルソナファンも必見!女神転生の人気悪魔まとめ【メガテン】

『女神転生』や『ペルソナ』シリーズには悪魔、ペルソナと呼ばれるものが登場する。『女神転生』の悪魔と『ペルソナ』のペルソナは設定が異なるものの、共通するキャラクターも多い。ここでは『女神転生』の人気悪魔を紹介する。もしかしたら『ペルソナ』シリーズには登場しない悪魔もいるかもしれない。

Read Article

独特な世界観を持つ女神転生の魅力に迫る!【メガテン】

独特な世界観を持つ女神転生の魅力に迫る!【メガテン】

『女神転生』は神や魔王といった超自然的な存在である「悪魔」が登場するRPGシリーズである。「敵である悪魔を味方にする」「悪魔を合体させて新たな悪魔を生み出す」というシステムが斬新で、他のRPGにも大きな影響を与えることとなった。また一神教の唯一神を敵にするようなあらすじ・ストーリーや世界観も他に類を見なかった。これらがシリーズ化するまでに至った『女神転生』の魅力といえる。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

【レトロゲーム】『真・女神転生』の画面に「すぐにけせ」が表示される?怖い話・都市伝説を検証してみた 【アトラス】

【レトロゲーム】『真・女神転生』の画面に「すぐにけせ」が表示される?怖い話・都市伝説を検証してみた 【アトラス】

アトラスが開発したゲーム『真・女神転生』。プレイする際、画面いっぱいに「すぐにけせ」という文字が現れるという都市伝説についてまとめました。ここでは噂が広まった理由や、なぜこのような画面が表示されるのかについての考察、世間の反応などを紹介していきます。

Read Article

悪魔(女神転生・ペルソナ)の面白いモーションまとめ【メガテン】

悪魔(女神転生・ペルソナ)の面白いモーションまとめ【メガテン】

『女神転生シリーズ』や『ペルソナシリーズ』では、神や魔王といった超常的な存在が「悪魔」「ペルソナ」という名称で登場する。「悪魔」や「ペルソナ」はただその場に立っているわけではなく、待機モーションや攻撃モーションが与えられている。中にはユニークな動きをする者もおり、「悪魔」や「ペルソナ」の動きを見ているだけでも楽しめる。 ここでは「悪魔」や「ペルソナ」の面白いモーションをまとめた。

Read Article

【オカルト】ゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介!『かまいたちの夜2』には幽霊が写り込んでる!?

【オカルト】ゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介!『かまいたちの夜2』には幽霊が写り込んでる!?

本記事ではゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介している。記事中では『ドラゴンクエストV』の増える墓、『かまいたちの夜2』のオープニングに写り込んだ幽霊、開発中何人もの開発関係者に死傷者が発生した『コワイシャシン』などのネタを多数掲載した。背筋がぞくっとするような興味深い話が満載なので、ぜひ楽しんでほしい。

Read Article

真・女神転生IV FINALのDLCで人修羅が参戦することへの反応まとめ【メガテン4 ファイナル】

真・女神転生IV FINALのDLCで人修羅が参戦することへの反応まとめ【メガテン4 ファイナル】

人修羅(ひとしゅら)は『真・女神転生III-NOCTURNE』の主人公が悪魔化した時の名称である。元々『真・女神転生IV FINAL』には登場しなかったキャラクターであるが、DLC(ダウンロードコンテンツ)にて登場を果たす。人修羅が『メガテン』の中でも高い人気を誇ることもあって、参戦が判明した時にはネットが騒然とする事態になった。

Read Article

真・女神転生IV FINALの情報まとめ【メガテン4 ファイナル】

真・女神転生IV FINALの情報まとめ【メガテン4 ファイナル】

『真・女神転生IV FINAL』は『真・女神転生IV』の世界観をベースにした作品で、前作の物語終盤の状況から今作の物語が始まっていく。「FINAL」というのは「IV」の集大成という意味で、「IV」で出た要望などをフィードバックし、新システムや新規悪魔が追加されている。ここではそんな『真・女神転生IV FINAL』の情報をまとめた。

Read Article

目次 - Contents