ペルソナファンも必見!女神転生の人気悪魔まとめ【メガテン】

『女神転生』や『ペルソナ』シリーズには悪魔、ペルソナと呼ばれるものが登場する。『女神転生』の悪魔と『ペルソナ』のペルソナは設定が異なるものの、共通するキャラクターも多い。ここでは『女神転生』の人気悪魔を紹介する。もしかしたら『ペルソナ』シリーズには登場しない悪魔もいるかもしれない。

ケルベロス

数多くの作品の登場する心強い仲魔

説明の必要も無いほどに人気と知名度を誇る悪魔。数多くの作品に登場し、主人公の頼もしい仲魔としてその力を振るう。

神話では3つの首を持つ怪物として伝えられている。それを踏まえてか、悪魔絵師の金子一馬氏によると「普段は首はひとつだが戦闘モード時は3つ首になる」との事。デビルサマナーシリーズでは3つ首として登場する。

種族は魔獣に属し、能力値は主に力に秀でるアタッカータイプ。ファイアブレスなどの火炎スキルを所持しているケースが多い。

ジャックフロスト

愛くるしい雪だるまの妖精。もはやメガテンのマスコット的悪魔?

雪だるまの姿をした無邪気な妖精。ケルベロス同様多くの作品に登場し、その愛くるしさゆえに今ではメガテンのマスコット的悪魔のポジションに落ち着いている。なお本人にもその自覚はある様で、「真・女神転生ストレンジジャーニー」の悪魔会話ではマスコットゆえのイメージにも気を配っている様子が窺える。

一人称は「オイラ」で語尾は「~ホ」という独特の口調(通称ヒーホー口調)を持つ。なおヒーホー口調は元々は悪魔会話における子供系悪魔の口調のひとつにすぎなかったが、いつしかフロストをはじめとするジャック系悪魔の口調として定着した。

ブフ系の氷結スキルが得意で、見た目通り火炎に弱いのも御愛嬌。主にゲーム序盤の低LVの妖精という位置づけだが、ファミコンの「女神転生Ⅱ」ではその理不尽なまでの鬼畜的強さのためにプレイヤーから嫌われる存在であったのはあまり知られていない。

ピクシー

一番最初に仲魔にしたのがピクシーという人も多いのでは?

陽気で悪戯好きな小さな妖精。人間に対しても比較的フレンドリーである。

登場作品ごとにデザインチェンジの多い悪魔でもある。
初級回復魔法のディアを所持しているケースがほとんどであるため、ゲーム序盤の貴重な回復役を務める事が多い。

クーフーリン

あまたの悪魔の中でも屈指のイケメン

アイルランドの英雄にして太陽神ルーグの息子。彼が手にする魔槍ゲイボルグは師であるスカアハから授かった物であるとされる。

数ある女神転生の悪魔の中でも一、二を争うイケメンであり女性ファンも多いようだ。神話でも妖鳥モリーアンに一方的に惚れられて、それを拒み続けたために半ば逆ギレ的な呪いまで受けてしまう。

種族は幻魔に属す。幻魔という種族が無かったころは妖精に属していた。どの作品も力のステータスが高い傾向にある。

アリス

「死んでくれる?」

正体不明の謎の少女。死者の街六本木で赤伯爵と黒男爵(その正体はベリアルとネビロス)に大事に愛されながら暮らしていた。
彼女の魂ははるか後の時代の東京ミレニアムにも出没している。「真・女神転生Ⅱ」や「真・女神転生if」のアリスのグラフィックを良く見ると、赤伯爵と黒男爵の人形を大事そうに胸に抱えているのが確認出来る。

種族は魔人に属し、「死んでくれる?」という即死スキルを所持する。

オベロン ティターニア

仲がいいんだか悪いんだか…

夫婦喧嘩の絶えない妖精王夫妻。シェイクスピアの戯曲「真夏の夜の夢」に登場する。

オベロンは人間の女性としばしば恋に落ちる事もあり、そのたびに妻のティターニアの怒りを買っている。そのティターニアも人間の男好きであり、自分の好みのタイプを見つけては妖精の国に引きずり込んで飽きるまで愛を注ぐという。

両者とも妖精の高位レベル帯に属すが、主にティターニアの方がレベルは高い。

スライム

グヒャヒャ

マグネタイト不足など何らかの原因により実体化に失敗した悪魔の姿。

作品内では低レベルのザコ悪魔と言う位置づけである。とはいえ「真・女神転生ストレンジジャーニー」では(姿の見えないアンノウン状態だった事もあるが)レッドスプライト号の職業軍人たちを血の海に沈めたシーンもある。ザコとはいえやはり悪魔は悪魔である。

種族は主に外道。ダーク悪魔であるため基本的に悪魔会話では仲魔にならない。合体事故でコイツが出来上がる事もある。
「魔神転生Ⅱ」クリア後のセリフ「実はしゃべれるんだな。これが」が妙に可笑しい。

ネコマタ

魅惑のスピードファイター

歳を経て霊力を持つようになった猫の妖怪。その名前の由来は二股に分かれた尾であると言われる。
「真・女神転生」では一糸まとわぬセクシーな格好だったが、登場作品を経るにつれて露出度合いは減っていった。

種族は魔獣に属し、速さの数値が高い。マリンカリンなどの状態異常スキルを所持しているケースが多い。

manayume12
manayume12
@manayume12

Related Articles関連記事

真・女神転生IV(Shin Megami Tensei IV)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

真・女神転生IV(Shin Megami Tensei IV)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『真・女神転生IV』(しん・めがみてんせいフォー)とは、『真・女神転生シリーズ』の4作目にあたるRPG作品。2013年5月23日、アトラスよりニンテンドー3DS用ゲームソフトとして発売された。中世ヨーロッパを思わせる東のミカド国が物語の舞台。そこのキチジョージ村に住む少年フリンが本作の主人公である。『真・女神転生シリーズ』に共通する崩壊した世界、神への反逆など、ハードかつ世紀末を思わせるストーリーが魅力である。

Read Article

NEW
真・女神転生V(ゲーム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

真・女神転生V(ゲーム)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『真・女神転生V』とは、アトラス社より2021年に発売されたロールプレイングゲームであり『真・女神転生シリーズ』の第5弾。荒廃したもう1つの東京「ダアト」にて、主人公は禁忌(きんき)の存在「ナホビノ」へと変貌して超常の力で悪魔と戦う。真実を求めてダアトを彷徨ううちに、主人公は神と悪魔たちの戦いに身を投じる。 『V』の魅力は、ダアトという広いフィールド上で走ったり、ジャンプできる点だ。さらに坂道を滑り降りたり、高い場所から飛び降りることもできるので移動するだけでも臨場感があって面白いと評判。

Read Article

女神転生・ペルソナシリーズの悪魔・神まとめ【メガテン】

女神転生・ペルソナシリーズの悪魔・神まとめ【メガテン】

『女神転生』や『ペルソナ』シリーズには多くの悪魔や神が登場する。洗練されたそのデザインはプレイヤーからの高い人気を集めており、新たな作品が登場するたびにあらすじ・ストーリーや登場人物・キャラクターなどと同等以上の関心を集めている。悪魔・神の原典は日本神話をはじめ、インド神話、イングランドの伝承、ゾロアスター教など多岐に渡る。

Read Article

独特な世界観を持つ女神転生の魅力に迫る!【メガテン】

独特な世界観を持つ女神転生の魅力に迫る!【メガテン】

『女神転生』は神や魔王といった超自然的な存在である「悪魔」が登場するRPGシリーズである。「敵である悪魔を味方にする」「悪魔を合体させて新たな悪魔を生み出す」というシステムが斬新で、他のRPGにも大きな影響を与えることとなった。また一神教の唯一神を敵にするようなあらすじ・ストーリーや世界観も他に類を見なかった。これらがシリーズ化するまでに至った『女神転生』の魅力といえる。

Read Article

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

懐かしいけど今でも実は続いてるゲームまとめ

ゲームの世界・技術の進化とは、極めて早く、そして強大ですよね。一昔前にはキャラクターが3Dポリゴンで立体になったと思いきや、それが立体映像としても視認できるようになり、ここ最近ではバーチャルリアリティまで到達しました。そんな激変するゲーム業界の最中で、しかし昭和の時代に流行ったゲームにもかかわらず、今でもしっかり人気を保ち続けているゲームがあり、今回はそれらを変遷ととともにまとめてみました。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

女神転生の考察サイト・ブログまとめ【メガテン】

女神転生の考察サイト・ブログまとめ【メガテン】

『女神転生』は西谷史による小説『デジタル・デビル・ストーリー』シリーズの第一作、そこから派生したコンピュータRPGのシリーズ作品である。「悪魔」という異形の存在に関わってしまった人々が、物語を通じて戦い生き抜く様子が描かれており、その独特の世界観で多くのファンを獲得している。ここではそんな『女神転生』の考察サイト・ブログをまとめた。

Read Article

悪魔(女神転生・ペルソナ)の面白いモーションまとめ【メガテン】

悪魔(女神転生・ペルソナ)の面白いモーションまとめ【メガテン】

『女神転生シリーズ』や『ペルソナシリーズ』では、神や魔王といった超常的な存在が「悪魔」「ペルソナ」という名称で登場する。「悪魔」や「ペルソナ」はただその場に立っているわけではなく、待機モーションや攻撃モーションが与えられている。中にはユニークな動きをする者もおり、「悪魔」や「ペルソナ」の動きを見ているだけでも楽しめる。 ここでは「悪魔」や「ペルソナ」の面白いモーションをまとめた。

Read Article

【オカルト】ゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介!『かまいたちの夜2』には幽霊が写り込んでる!?

【オカルト】ゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介!『かまいたちの夜2』には幽霊が写り込んでる!?

本記事ではゲームにまつわる様々な「怖い話」をまとめて紹介している。記事中では『ドラゴンクエストV』の増える墓、『かまいたちの夜2』のオープニングに写り込んだ幽霊、開発中何人もの開発関係者に死傷者が発生した『コワイシャシン』などのネタを多数掲載した。背筋がぞくっとするような興味深い話が満載なので、ぜひ楽しんでほしい。

Read Article

怖すぎると有名なゲームの予言・都市伝説まとめ!閲覧注意!【真・女神転生】

怖すぎると有名なゲームの予言・都市伝説まとめ!閲覧注意!【真・女神転生】

怖すぎると話題のゲームの予言や都市伝説をまとめました。ここで掲載しているのは、震災を予言していたという噂がある『MSTY』や『絶体絶命都市3 -壊れゆく街と彼女の歌-』や、様々な怪奇現象が起こると有名なゲーム『真・女神転生』シリーズなど。ゾッとする怖い話を紹介していきます。

Read Article

真・女神転生がPCゲームになる!【メガテン】

真・女神転生がPCゲームになる!【メガテン】

『真・女神転生』はアトラスより発売されたRPGで、『デジタル・デビル物語 女神転生』、『デジタル・デビル物語 女神転生II』のゲームシステムを継承しつつ、設定を見直し一から制作された作品である。発売当時はスーパーファミコン用のゲームソフトであったが、のちにRPGツクールでPCゲームとして完全再現された。

Read Article

真・女神転生、ペルソナシリーズの壁紙・画像まとめ【メガテン】

真・女神転生、ペルソナシリーズの壁紙・画像まとめ【メガテン】

『真・女神転生』は『女神転生』のゲームシステムを継承しつつ、設定を新たにした作品のシリーズで、『ペルソナ』は『真・女神転生』から派生した作品シリーズである。 人間が悪魔や異形の怪物と戦うといったことが共通している他、共通のデザインの悪魔、ペルソナが登場することもある。

Read Article

真・女神転生IV FINALのDLCで人修羅が参戦することへの反応まとめ【メガテン4 ファイナル】

真・女神転生IV FINALのDLCで人修羅が参戦することへの反応まとめ【メガテン4 ファイナル】

人修羅(ひとしゅら)は『真・女神転生III-NOCTURNE』の主人公が悪魔化した時の名称である。元々『真・女神転生IV FINAL』には登場しなかったキャラクターであるが、DLC(ダウンロードコンテンツ)にて登場を果たす。人修羅が『メガテン』の中でも高い人気を誇ることもあって、参戦が判明した時にはネットが騒然とする事態になった。

Read Article

真・女神転生IV FINALの情報まとめ【メガテン4 ファイナル】

真・女神転生IV FINALの情報まとめ【メガテン4 ファイナル】

『真・女神転生IV FINAL』は『真・女神転生IV』の世界観をベースにした作品で、前作の物語終盤の状況から今作の物語が始まっていく。「FINAL」というのは「IV」の集大成という意味で、「IV」で出た要望などをフィードバックし、新システムや新規悪魔が追加されている。ここではそんな『真・女神転生IV FINAL』の情報をまとめた。

Read Article

【オカルト】洒落にならないほど怖いゲームにまつわるバグや噂を紹介!『ぼくのなつやすみ』など

【オカルト】洒落にならないほど怖いゲームにまつわるバグや噂を紹介!『ぼくのなつやすみ』など

本記事では「シャレにならないほど怖い」として話題になった、ゲームにまつわる様々な都市伝説や噂、バグについてまとめて紹介している。記事中では「8月32日」という現実ではありえない日付が登場する『ぼくのなつやすみ』、開発中けが人や自殺者が続発した『コワイシャシン』、画面いっぱいに赤い文字で「すぐにけせ」という単語が表示される『新・女神転生』などのゲームを掲載した。

Read Article

目次 - Contents