はじめの一歩の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『はじめの一歩』とは、1989年より『週刊少年マガジン』で連載中の「森川ジョージ」作による、ボクシングを題材とした漫画である。登場人物の多くに実在選手を投影している。「登場人物全員が主人公」という作者の言葉通り、脇役やライバル達の物語も詳細に描かれている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、誌上やコミックスなどでもインタビューや応援コメントの寄せている。コミックスは120巻を超えている長期連載漫画である。

「先輩は反則も曲がったこともしない!」と雑草の種類が違うと攻勢に出るのだった。

板垣の東日本新人王。相手はデビュー戦で敗戦を喫した牧野文人。
フリッカーを使うようになり、反則スレスレの試合内容。そんな選手に成長させたのは自分の責任と、板垣は決勝で今井との因縁にもケリをつけるべく負けるわけにはいかない。
牧野は入院している少年のためにも頑張っていた。取材でも”エリートと雑草”と、一歩が制したあの頃を持ち出し「歴史は繰り返される」とプレッシャーをかけてきていた。
板垣も”エリートと雑草”という表現を気にしていたのだが、試合中、牧野は頭突きを仕掛ける。板垣はそれをブロック。その時板垣は確信する。

もっともっと 強くなりたいから――!!

東日本新人王でデビュー戦で敗戦を喫した、牧野と対戦した板垣。
2ラウンドで勝利するが、今井は1ラウンドだったと比較をする。
一歩にそこは違うと言われるも、「京介はいつも… ボクの一つ先を行ってるというか…」と、宮田も同じ気持ちだったのではないか、と言う。
自分も宮田のように強くなるんだ!という”断固たる決意”が溢れる名セリフである。

ボクにもっと… もっと力(パワー)があれば… ~~~っ 自分の拳が 小さく見える…

東日本新人王決勝はアマ時代からの因縁のある今井京介となった。
一歩と似たファイタータイプのボクサーで、その強打はアマ時代から知っている。そして鴨川ジムに入門し、近くで一歩の強打も見てきた。同時に、自分と同じアウトボクサーがどうなったかも観てきた…。
強打の今井とどこかで打ち合わなくてはならないことは、板垣も解っている…。
「バカな!打ち合いをすれば玉砕だ ――嫌だ!!今度こそ勝つんだ」と鼓舞するが、自分にパンチ力がないことを知っているからこそのセリフである。

勇気と決断力だ!!

「先輩がいつも見せてくれていたハズだ この空間で一番大切なモノは――」

東日本新人王決勝、今井との因縁の決戦を前に板垣は一歩とスパーリングをする。
一歩もアウトボクサーとは経験を積んでいる。板垣の動きが読める…。
そのことを鷹村に指摘されるも、優しい一歩はそのことを田垣に伝えようとはしない。そこに板垣が現れ詰め寄られる。
板垣の作戦は”接近戦で足を使って短距離を高速移動する”だった。

ピンチになればなるほど… 手を出していたっけ…

アマ時代から因縁の相手、今井との東日本新人王決勝。
前半は板垣優勢で試合は進んでいた。”接近戦での足を使うコト”を選んだ板垣だが、今井の強打に足が止まってしまう。そこから今井優勢に試合は流れていく。
どうしたらいいかわからない板垣…。「ガッツ見せろ!」のセコンド篠田の言葉に先輩たちの姿を思い出した名セリフ。

あの人の前で… 途中で試合を投げ出す姿だけは見せられるものか!!

アマ時代から因縁のある板垣と今井の東日本新人王決勝。
前半は板垣優勢、後半から今井優勢で試合が進む。
ズタボロになっている板垣を励まそうと一歩はセコンドに行くが、言葉が出ない。
その姿で力をもらった板垣。ズタボロになりながらも”断固たる決意”を感じる名セリフが生まれる。

鴨川ジムに入門して ボクが見てきたモノは―― 本物のプロの姿だ!!

「あの人達の後輩であるというコトがボクの誇りだ! 先輩達の目の前で情けない姿を見せるワケにはいかないよ!!」
その後に言ったこれも名セリフである。

今井との東日本新人王決勝。
後半、今井の強打に足が止まり、ピンチの連続の板垣。この試合、板垣は初めてのダウンをする。
立ち上がるきっかけとなった、先輩たちの背中を見て感じ、学んだコトが名セリフとなった。

見ているモノが違うだと!? こっちだって―― 見てきたモノが違うんだっ!!

ピンチが続く後半、先輩たちの姿を思い出し、耐え抜いてきたのだった。

因縁ある今井との東日本新人王決勝は最終ラウンドを迎えた。
後半からピンチが続く板垣。残り1分、板垣のガッツと意地が垣間見える名セリフである。

倒せるものなら このプライドごとなぎ倒して見せろ!!

go-11631
go-11631
@go-11631

Related Articles関連記事

はじめの一歩(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

はじめの一歩(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

1989年より森川ジョージが週刊少年マガジンにて連載を続けているマンガ、アニメ作品。いじめられっ子だった幕之内一歩(まくのうちいっぽ)がボクシングと出会い、「強いとは何か?」という疑問の答えを求めて厳しいトレーニングを積み、ライバルたちとの闘いを経て成長していく様子が描かれる。

Read Article

【ボクシング】はじめの一歩画像まとめ【漫画・アニメ】

【ボクシング】はじめの一歩画像まとめ【漫画・アニメ】

いじめられっ子の少年・幕ノ内一歩がボクシングと出会い、その魅力に惹かれプロボクサーとなって人として選手として成長していく姿を描いた、森川ジョージの漫画『はじめの一歩』。1989年から30年以上も連載され続け、アニメ、ゲームなどへのメディアミックスも果たした人気作品である。 作中には主人公の一歩の他に、ジムの先輩の鷹村守、一歩のライバル宮田一郎、なにわのハードパンチャー千堂武士、ロシアの天才ボクサーヴォルグ・ザンギエフなど個性豊かなキャラクターが登場する。彼らの雄姿を描いた画像を紹介する。

Read Article

【はじめの一歩】週刊少年マガジンが面白い理由まとめ!ジャンプに負けてない【FAIRY TAIL】

【はじめの一歩】週刊少年マガジンが面白い理由まとめ!ジャンプに負けてない【FAIRY TAIL】

有名な漫画雑誌といえば、『週刊少年ジャンプ』や『週刊少年マガジン』などでしょうか。この2つだったらどうしてもジャンプ漫画のほうに目が行きがちだけど、マガジンにも素晴らしい作品がたくさんあります。この記事では、マガジン漫画が面白い理由と作品ラインナップについてまとめました。ジャンプしか読んでいなかった方は、ぜひこれを機にマガジンもお手に取ってみてはいかがでしょうか。

Read Article

目次 - Contents