ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の概要

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。裕福な家庭のスロンビー家は豪華な誕生日パーティーを楽しく過ごしていたはずだったが、パーティーの翌朝ハーランは遺体となって見つかってしまう。正体不明の人物に雇われた、私立探偵のブノワ・ブランは捜査の中でハーラン一家がハーランとは複雑な関係であったことを見抜いていく。家族全員が動機があると思える中、ブランはハーランの看護をしてたマルタという女性がカギを握っていると考える。そんな中ハーランの遺言書が開封され、なんとハーランの全財産は家族ではないマルタに継がせることが明かされる。それぞれの思惑が交わる中、ブランはこの事件には隠された何かがあると感じており、その秘密が明かされる。

監督・脚本は『スターウォーズ/最後のジェダイ』でもメガホンを務めた、ライアン・ジョンソン。私立探偵のブノワ・ブラン役に『007』シリーズのダニエル・クレイグ、一族の中で特に癖の強いランサム役に『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスが務めるなど、豪華キャストが出演している。

本作は批評家からの評価も高く、映画批評サイトのRotten Tomatoesでは97%の批評家支持率を得ている。またアメリカ衣装デザイナー組合賞を受賞しており、第92回アカデミー賞では脚本賞にノミネート、第77回ゴールデングローブ賞ではコメディ・ミュージカル映画部門の作品賞、主演男優賞、主演女優賞にノミネートされた。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』のあらすじ・ストーリー

ミステリー作家ハーランの死

世界的ミステリー作家ハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは朝ごはんを届けに部屋にきた家政婦のフランによって、喉を切られ亡くなった姿で発見される。
ハーランの死から一週間後、改めて警察の捜査が入った。警部補のエリオットとワグナー巡査は、ハーランの家族に一人一人事情聴取をすることにした。最初に聴取されたのは、ハーランの長女で不動産会社を経営しているリンダ・ドライズデール。次にリンダの夫のリチャード・ドライズデール。そして、ハーランの次男でハーランの出版物を制作する会社を経営しているウォルト・スロンビーと聴取が続いていく。ウォルトの次に呼ばれたのがジョニー・スロンビー。彼女はハーランの亡き長男ニール・スロンビーの妻で、現在は未亡人で1人娘のメグ・スロンビーと暮らしている。その次に話を聞かれたのはメグといった順番だった。彼らの聴取の言い分にはそれぞれ矛盾点があり、エリオットたちは怪訝な表情を浮かべていた。エリオットたちの捜査にはある男が加わっていた。その男は私立探偵のブノワ・ブラン。彼は警察の調査に協力することを申し出て、事情聴取の場に参加していた。ブランは誰かしらか依頼があり、捜査に参加していたのだった。
聴取を通してわかったのは、パーティー当日に早く来ていた人物が3人いたという。ウォルト、ジョニー、そしてリンダの息子のランサム・ドライズデールだ。ウォルトとジョニーはそれぞれハーランと話す理由があったことが聴取の中で確認が取れた。しかし、ランサムは事情聴取の場にいなかったため、どんなやり取りをしていたか不明だったが、ウォルトによればパーティー当日別室でハーランと激しい口論をしていたとのことだった。

マルタの癖

エリオットらは事情聴取の休憩をはさむ。エリオットは他殺の可能性は低いと、ハーランの自殺を確信していた。しかしブランは、他殺を疑っていた。ブランはハーランの看護婦のマルタ・カブレラを見つける。彼女は噓をつくと吐き気を催すという特殊な体質をもっていた。ブランは「昨日、ハーランの死亡記事の切り抜きと現金が入った封筒が私の元に届いた。誰かにこの事件の捜査を依頼されている」とエリオットに話す。ブランは何かしらこの事件に隠されていることがあると考えていたのだった。
次にマルタにパーティーの夜の事情聴取がされた。マルタはハーランに投薬注射を終えたらはやく寝るように促すが、ハーランは「囲碁をするまで寝ない」と聞く耳を持たない。仕方なく囲碁を始めるマルタだったが、劣勢になったハーランはわざと囲碁盤を落としてしまう。それと同時にハーランへの投薬用の瓶がふたつ落ちてしまう。マルタはそれを拾い上げ、囲碁を終え、薬の瓶を使ってハーランに注射を打っていく。投薬されながらハーランは家族への心残りを語っていた。
マルタは投薬後、モルヒネの瓶を取り出す。ハーランは「いつものか」と言い、楽しみな様子だ。マルタがモルヒネを注射器に入れようとしたとき、あることに気が付く。今まで投薬していたものが治療薬ではなく、モルヒネの瓶だったのだ。マルタは致死量のモルヒネを投薬してしまい、はやく解毒しなければ死んでしまうと焦るが、その解毒薬が見つからない。急いで救急車を呼ぼうとするマルタだったが、救急車が間に合わないと知ったハーランにその電話を止められてしまう。「話を聞け」というハーランを横に、「家族に知らせる」と下へ向かおうとするマルタ。しかし、ハーランはマルタの足に棒をひっかけ倒れさせる。その音に気づき、階下のジョニーは上へと上がってくる。ハーランはマルタに「君の母のためにも、君を守りたいんだ。今から私の言う通りにしなさい」と話し始める。
ハーランはマルタに殺害の容疑がかからないようにするトリックを話しだす。嘘をつくと吐く癖のあるマルタは、「警察の質問に正直に答えられない」と言っていたが、ハーランは「噓をつく必要はない。本当のことだけを答えればいいんだ」と話す。エリオットらの質問に本当のことだけを答えたマルタは、吐かずに事情聴取を終えたのだった。

遺言書の開封

マルタは自宅で事件当日のことを思い出していた。ハーランのトリックを聞いた後でも、それを拒否し続けたマルタ。しかしハーランが「私のためにも言う事に従ってくれ」と真剣に言われ、マルタはハーランの部屋を追い出される。しかし、やはり自分のアリバイ証明をすることが後ろめたいマルタはもう一度ハーランの部屋へと入ると、そこにはソファーに横たわったハーランがいた。ハーランは優しい口調で「言ったとおりにしろ。これで全てうまくいくはずだ」と言い、手に持っていたナイフで首を切り自決したのだ。マルタはその出来事にショックを受けるが、ハーランの思いを受け止めトリックをこなしたのだった。
翌日、ブランやマルタたちは防犯カメラの映像を見に、映像を管理している男であるMr. Proofrocを訪ねていた。事件当日の門前の映像を見ようとするが、肝心のテープが誤作動でうまく再生されずその場で見ることはなかった。しかし、実はマルタがこっそりビデオを取り出すボタンを押しており、誤作動に見せかけていたのだ。そしてハーランの部屋へときたマルタたち。すると外から犬の鳴き声が聞こえ、外をみてみるとそこにはランサムの姿があった。家族が全員揃い、ハーランの遺言書が開封される時間がせまっていた。そんな中、ウォルトはパーティーの夜にジェイコブがトイレにこもっている間、ランサムとハーランが言い合いするのが聞こえたことを話し出す。ジェイコブは「あの時聞こえたのは、『遺言書は、、、』それからしばらく怒鳴り合いが聞こえて、最後にランサムがこう言ったんだ。『後悔するぞ』って」とその日のことを話す。リンダがランサムに問いかけると、ウォルトが割って入り「わかるだろう。こいつは相続人から外れたんだ。これまで散々家に迷惑をかけてきたんだ」とランサムを罵倒し始める。ランサムは「お前も、お前も、お前もくそくらえ」と家族みんなに汚い言葉を投げかけ、怒鳴り合いとなってしまった。
喧騒から逃れるため、ブランとマルタは外に出た。するとどうやら庭にいた犬が持ってきたであろう、格子の破片が落ちていた。ブランがその周辺を探ると、中からは見えなかった3階の窓を見つける。二人は3階へと向かい隠し窓の存在を知る。ブランが隠し窓の近くを探すと乾いた泥が落ちていた。ワグナー巡査に泥を鑑識に回すよう話し、ついに証拠が出てきたとブランは勢いづいていた。一方マルタは少しずつでてくる自分のアリバイ証明の綻びに不安を隠せずにいたのだった。
ついに遺言書の開封が始まるときがやってきた。ハーランの遺言書はこうだった。「親愛なるリンダ、ウォルト、ジョニー。家族を相続から外すのは辛い決断だったが、皆がこれから協力して生きていくためにも必要な選択であった。これが最善の策である。私の資産はすべてマルタ・カブレラに遺贈する」家族全員が驚き、アランにつめよる。ランサムはその光景をみて笑っていた。リンダたちはマルタにも詰め寄るが、ブランに勧められマルタは外に逃げ出す。マルタ自身も混乱し、自分の車に乗ろうとするが家族がその行く手を阻む。そこに突如ランサムが車に乗って現れ、こっちに乗れという仕草をする。マルタは急いでランサムの車に乗り込み、ランサム達は走り去っていった。

協力者:ランサム

ランサムとマルタはレストランへ行き、休みをとっていた。ランサムはマルタに「なぜ、じいさんは君にすべてを渡したんだ」と問うが、マルタは「それはあなたたちが原因でしょ」と家族の根本に問題があることを告げる。ランサムはそれに対して納得した様子だった。マルタがランサムにハーランとどんな言い合いをしていたのか聞くと、ランサムは「お前には一銭たりともやらんとさ。それを聞いた時は『殺してやる』と思ったよ。家から出て車を走らせ、夜の中考えたよ。これからは自分の力で生きていくしかないとそう思えた。その時は不思議と頭がさえていたんだ」と話す。続けて、「俺が知っていることは3つ。まず、じいさんは自殺をしていない。根拠はないがな。そして君は嘘をついたら吐く。最後に君は豆とソーセージを食って満腹だ」と話し、マルタに「じいさんと何があったんだ。真実を話せ」と質問する。マルタはしょうがなくランサムに全てを打ち明けていた。ランサムは「家族には言わない。じいさんが命がけで守ろうとしていたことだ。金もそのままだ。俺が助けてやる」と意外な答えが返ってきた。なにか企んでいるのかと疑うマルタだったが、家族が憎いことと分け前をもらうために協力することを素直に答えるのだった。
マルタが翌日の朝起きると外が騒がしい様子だった。どこからか聞きつけたのかマルタがハーランの相続をすべて受けることを知り、取材に集まっていたのだ。マルタが急いで外に出ようとすると、玄関の前にウォルトが立っていた。ウォルトは心配する様子でマルタに話しかけるが、結局質問してきたのは「相続を戻す気はないのか」という質問だった。マルタは「それがハーランさんの遺志だ」と返すが、ウォルトはメグから聞きつけたようで、「このままでは、君の母が違法で海外から移住してきたのが世間に詮索され、ばれてしまう」と話す。マルタは「相続のお金は私のもの。必要なら自分で弁護士を雇ってなんとかするわ」とウォルトに話し、家へと戻った。マルタが部屋に戻り大量に届いた手紙の中に差出人不明の封筒があることに気づく。その中には「あなたがやったことを知っている」と書かれた、マルタの医療用バッグに取り付けられていたタグの写真とそこに付着した血液検査の結果のコピーがあった。
その頃、血液検査の結果などが保管されている検視局が火事になり、その現場にブランやエリオットらがいた。その現場にランサムやマルタが車で訪れ、検視局が火事になっていることを知る。マルタは「私を脅すために、ここまでするなんて」と動揺を隠せない。ランサムはマルタに「メールとかになにかにメッセージとかないのか」と聞く。マルタがメールを確認するとそこにはある住所と指定の時間に来るよう内容が書かれていた。そんな中ブランがマルタの車に気づき、ランサム達は逃げようとするも、結局ブランたちに追いつかれた。そこで、ブランは「ハーランの母がすべてを話してくれた。事件当日に3階まで上がった人物を見たと」その話しを聞きながら、ランサムがエリオットたちに連行されていく。どうやらマルタではなくランサムが容疑者として認知されているようだった。ブランはマルタの車に乗り込み、警察へと向かう。マルタはブランに寄りたいところがあると言い、メールに書かれた住所へと向かう。そこにはマルタの医療用バッグと椅子に座って発作を起こしているフランの姿があった。フランは「コピーは隠した。私は見たの、絶対に許さない」と話していた。マルタは自分の罪が明るみになるのを恐れず、フランを救うために救急車を呼び、応急処置を始めたのだった。フランはその場ではなんとか一命を取り留め、マルタはブランとともに病院の待合室にいた。マルタは「もうこれ以上耐えられない。色んな人を巻き込んでしまった。真実を話します」とブランに告げる。しかしブランは「ランサムさんが供述ですべて話してくれました。あなたも車の中ですべて話してください」とハーラン家へと向かうのだった。

事件は穴の開いたドーナツのよう

マルタはハーランの屋敷へと向かう車の中で事件の真実をすべてブランに話した。屋敷へ着き家族全員が待つ部屋へ行くマルタとブラン。マルタが事件の真実を話そうするが、その時ブランが急に割って入り、マルタを別の部屋に連れていく。マルタは再度ブランに「ランサムに聞いたでしょう。私が殺したんです」というが、ブランは「確かにそう聞いた。しかし、この事件は穴の開いたドーナツのようなんだ。あなたがパーティーの夜にハーランさんと起きた出来事は、一見その穴にぴったり収まるように思える。でもその穴をよく見ると、その中にもまた穴が開いていたんだ。」と話す。その場にいたエリオット達はなんの話をしているかとブランに呆れる。ブランは自身の推理を続けて話す。「依頼人から手紙が届いたのは、遺言の開封前だ。依頼人は遺言の内容を事前に知っていた人物になる。そしてその人物は何が起きたかも知っていて、マルタさんの相続の話を知っていたとすると、薬の取り違いについても知っていた可能性がある」ブランの指示で、ワグナー巡査がランサムを連れてきた。ブランはランサムに「全てを話してください。私を雇った理由は」とランサムがブランに匿名で依頼した人物だと言い出したのだ。ブランは自身の推理を続けて話す。
「事件の夜、あなたはハーランさんと口論をしましたね。その時ハーランさんは一銭も家族に相続しない。すべてマルタさんに相続させると言ったのでは。あなたは怒りに震えて家を飛び出した。マルタさんに告げた時のようにまさに冴えていたんだ。カメラに映らないように歩いて屋敷へと戻り、隠し扉からハーランさんの部屋へと忍び込んだ。マルタさんにハーランさんを死なせるよう仕組むため、薬の中身を入れ替え、解毒剤の中身をキットの中から抜き去った。故殺免責で後で相続金が入ればよかったんだ」と話す。マルタは「そんなのありえない。偶然私が手に取って注射したのが、」と話し、ブランは「いつもの鎮痛剤です。あなたは薬品の重さや感触などの感覚でわかっていたんだ。これまで何度となく扱ってきたからだ。あなたはハーランさんに正しい薬を与えた、優秀な看護師です。医療ミスはなく、血液も正常だった。死因は自殺だ」と続ける。マルタは動揺して座り込んでしまう。ランサムは「証拠がないだろう」と強く反論する。しかし、ブランは推理を続ける。「あなたは薬を戻すために、また夜遅く戻りました。しかしその時は犬が外にいたせいで、屋敷にいたメグを起こしてしまい、部屋へと行けなかった。しかし翌朝届いたのは、看護師マルタによる医療ミスではなく喉を切ったという自殺報道だった。そこで、状況を打開するために匿名で私を雇うという計画を立てた。マルタさんの罪を暴きつつ、相続金が自分に入るように仕向けた。次の日から捜査官や家族がどんどん屋敷に来て、医療バッグを持ち出すことができなくなった。そのため誰もがいなくなるタイミングの葬儀を欠席した。しかし、その姿をフランさんは見ていた。そこでフランさんはハーランさんの検査報告書のコピーを入手した。ランサムさんを陥れるために」マルタは「私に届いたのあの紙は」と問いかけると、ブランは「それはランサムさんに届いたものです。あなたはマルタさんの無実の証拠を葬るために、検査結果が保管されている場所を火事にした。そして、マルタさんにメールを送り、脅迫状をマルタさんの自宅に届けた。その後フランさんに会いにいった。フランさんにモルヒネを大量に注射し、後はマルタさんをおびき出すだけ。マルタさんにハーランさんとフランさんの二人を殺した罪をかぶせるだけだった。ただ、フランさんはこっそり検査結果のコピーを隠していたんだ。そして、マルタさんはその優しさでフランさんを救うことを選んだ。あなたの予想とは異なる行動を取ったんだ」と話す。
そこに病院から電話があり、フランの無事が確認されたとマルタが話す。フランに話を聞けば、ランサムの罪は明らかになる。ブランはエリオットたちにランサムを拘束させる。ランサムは「フランは生きていたんだろう。なら俺の罪は殺人未遂と放火ぐらいだろう。すぐ釈放されるさ」とマルタに突っかかる。するとマルタがランサムに向かって嘔吐したのだ。マルタはランサムをはめるために、フランが無事だったという嘘をついたのだ。ランサムはやけになり、近くに飾ってあったナイフをつかみマルタを刺し殺そうとする。しかし、そのナイフはおもちゃのナイフでランサムはマルタを殺すことはできなかった。すぐさまランサムは拘束されたのだった。
ランサムが警察に連れていかれ、二人で話すブランとマルタ。マルタは「この家族が心配。手を差し出すべきですか」とブランに問いかける。ブランは「私の考えは違いますが、自分の心に従えばいいのでは」と返し去っていく。マルタは部屋にかかっているハーランの絵を眺め、ベランダへと向かう。外にはスロンビー一家がおり、連行されるランサムを見ていた。そしてベランダにいるマルタに気づき、全員がマルタのことを見る。マルタはスロンビー家の家族を見ながら、「My house, My rules, My coffee(私の家、私のルール、私のコーヒー)」と書かれたマグカップで飲み物を飲むのだった。

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』の登場人物・キャラクター

主要登場人物

ハーラン・スロンビー(演:クリストファー・プラマー)

出典: eiga.k-img.com

日本語吹き替え:小林清志
世界的ミステリー作家。自身の85歳の誕生日パーティーの翌朝遺体となって発見される。詳細な病名は明かされていないが、病気を持っておりマルタから治療のための投薬を毎日受けていた。家族よりもいつも介抱してくれるマルタとの絆が強く、年の差がありながらも親友のように慕っていた。マルタとは囲碁の勝負をよくしており、いつも負けていた。治療の投薬と同時にモルヒネを「いつもの遊び」としてマルタから打ってもらっていた。しかし、パーティーの当日は投薬の薬との取り違いにより、モルヒネを接種許容量以上打たれ自分が死ぬことをさとる。マルタが捕まることを危惧した彼は、自殺と見せかけるためのトリックを仕掛けマルタを救おうとし、自身は首を切って自殺してしまった。自身の作家活動により裕福な生活となったものの、ハーランの家族たちはその恩恵を受けすぎてしまったことにハーランは死の間際まで危惧していた。

ブノワ・ブラン(演:ダニエル・クレイグ)

出典: eiga.k-img.com

日本語吹き替え:藤真秀
名探偵として名を馳せている、私立探偵。匿名の人物から依頼をもらい事件の調査に協力していた。当初からハーランの家族達の噓を最初から見抜いており、ハーランとその家族の財産を取り巻く複雑な関係に気づいていた。またマルタが事件に関わっていることにも、マルタの靴に血痕がついていることで気づいていた。有名な探偵で、エリオット警部やワグナー巡査もその名を知っているほどだった。ブランは今回の事件を真実が見えてこないことから「穴の開いたドーナツ」と例えていた。ランサムが仕組んだマルタとハーランを陥れた罠をも見破り、事件解決に辿り着いた。

ヒュー・ランサム・ドライズデール(演:クリス・エヴァンス)

出典: eiga.k-img.com

日本語吹き替え:中村悠一
ハーランの孫で、リチャードとリンダの息子。家族からは「ばか息子」と呼ばれており、素行や態度が問題視されている。ハーランが死に至った元凶。ハーランから遺産相続人から外され、マルタに全財産を継がせることを知り、遺産相続を無効にさせるためにマルタにハーラン殺害容疑のトリックを仕掛けた。マルタがハーランに投薬治療とモルヒネを打つこと知っていたため、取り違いをさせるように仕組んだ。しかし、マルタはわずかな薬の感触で取り違いをしていなかったことが判明すると、今度はフラン殺害容疑の濡れ衣を着せようとする。しかし、それも失敗に終わり、あろうことかマルタの嘘によってフランの殺害が暴かれ、あえなく逮捕となった。

beniko1004f8
beniko1004f8
@beniko1004f8

Related Articles関連記事

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』とは、シリーズ第25作目にあたる2021年のスパイ・アクション映画。主演のダニエル・クレイグは、本作を以てジェームズ・ボンド役を引退した。テロなどを陰で操る秘密組織・スペクターとの闘いを終え、00エージェントを退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで平穏な日々を過ごしていた。ある日、CIAの旧友フィリックス・ライターから助けを求められ、誘拐された科学者の救出任務を引き受ける事になる。凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うボンドに、最大の危機が迫る。

Read Article

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シェイプ・オブ・ウォーター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シェイプ・オブ・ウォーター』とは、2017年にアメリカで制作・公開された、声を発することのできない中年女性と半魚人が愛を育むラブ・ロマンスを描いた映画である。2018年に日本でも公開され話題になった。1962年冷戦下アメリカの機密機関で働く声を失った女性清掃員イライザと、アマゾン奥地からそこに運び込まれた正体不明の半魚人との心の交流を中心に描いている。前代未聞のラブストーリーということで、ギルレモ・デル・トロ監督作品の中でも傑作と呼ばれた。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたディズニー配給・マーベル製作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編である。本作は、宇宙最大のパワーを持つ6つの石”インフィニティ・ストーン”を集めたサノスがアベンジャーズのメンバーを含む、全宇宙の生命の半分を消滅させたところから始まる。人類を守るため、”キャプテン・アメリカ”や”アイアンマン”を筆頭に最強ヒーローたちが再び立ち上がり、史上最凶最悪の敵・サノスに逆襲(アベンジ)する。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/カジノ・ロワイヤル』(原題: Casino Royale)とは、2006年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第21作目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じた最初の作品である。 マダガスカルで爆弾密造犯の監視をしていたボンドは、犯人の携帯電話に残されたメッセージから、黒幕の存在を知る。バハマに向かったボンドは、黒幕の武器商人・ディミトリオスらが企てる大型旅客機爆破テロを阻止すべく、奔走するのだった。

Read Article

運命の元カレ(What's Your Number?)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

運命の元カレ(What's Your Number?)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『運命の元カレ』とは2011年公開のアメリカのコメディ映画。日本では劇場未公開である。人気コメディ女優のアンナ・ファリスが主役を務めている。主人公のアリーはある日、20人以上とセックスした女性は結婚できる確率がガクンと下がるという雑誌の記事を見てしまう。実はもうすぐ元カレの人数が20人に到達してしまうため、焦るアリー。そこで彼女が思いついたのは、元カレの中から運命の人を見つけるという方法だった。

Read Article

007/慰めの報酬(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/慰めの報酬(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/慰めの報酬』(原題: Quantum of Solace)とは、2008年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第22作品目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる2作目の作品である。興行収入は全世界で5億8900万ドルを記録した。 謎の組織の幹部、ミスター・ホワイトを捕えたボンドは、上司のMの元にホワイトを連行した。だが仲間内の裏切りに遭い、ホワイトを逃してしまう。新たな手掛かりをもとに、ボンドはハイチでのミッションに挑むのだった。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マン・オブ・スティール(DCEU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ビューティフル・マインド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ビューティフル・マインド(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ビューティフル・マインド』とは、ノーベル経済学賞受賞の数学者ジョン・ナッシュの半生を描いたアメリカの映画。 数学界、経済界にとって画期的な理論「ナッシュ均衡」を発見、発表する天才数学者のジョンだが、人付き合いが苦手な中で仲の良い友人が出来たり秘密部隊から極秘任務を任されるという幻覚を見る統合失調症に苦心した。本作では統合失調症の世界観の例を示すとともに、最初は自身の幻覚を現実と思い込んでいたジョンが事実を受け止め、周囲の人たちと共にその事実と向き合っていく様が描かれている。2001年公開。

Read Article

サウンド・オブ・ミュージック(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

サウンド・オブ・ミュージック(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『サウンド・オブ・ミュージック』とは、ブロードウェイミュージカルを原作に、1965年にアメリカ合衆国で制作されたミュージカル映画の金字塔。オーストリアからアメリカへ亡命して合唱団を結成したトラップ一家の実話が基になっている。退役海軍トラップ大佐の7人の子供達の家庭教師となったマリアが、持ち前の明るさと優しい歌声で子供達の心を開いていく。雄大なアルプスの風景とナチスドイツの脅威に立ち向かう勇気、そして家族愛が描かれ、アカデミー作品賞、監督賞、録音賞、編集賞、編曲賞の5部門に輝いた。

Read Article

007 スカイフォール(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007 スカイフォール(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)とは、2012年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第23作目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる3作目の作品である。全世界での興行収入は約11億ドル。 ボンドはトルコでのミッション中に、女性エージェントの誤射により渓谷に落下し、行方不明となっていた。数か月後、MI6本部が何者かに爆破された。その一報を目にしたボンドはロンドンに戻り、007への復帰テストに臨むのだった。

Read Article

007 スペクター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007 スペクター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007 スペクター』(原題: 『Spectre』)とは2015年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第24作品目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる4作目の作品である。全世界での興行収入は約8億8000万ドル。前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)に次ぐシリーズ2位の興行成績を収めた。ボンドはメキシコで、ある組織の殺し屋スキアラを追っていた。ボンドの出生の秘密と極秘組織の正体に迫る、シリーズの中でも異彩を放つ名作だ。

Read Article

ヘレディタリー/継承(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ヘレディタリー/継承(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ヘレディタリー/継承』とは、2018年に公開されたアメリカのホラー映画である。監督のアリ・アスターは本作が長編映画デビュー作である。主演のアニー役をトニ・コレットが務めた。サンダンス映画祭で「ホラー常識を覆した最高傑作」「現代ホラーの頂点」と批評家から最高の評価を受けた。家長である祖母エレンの死をきっかけにグラハム家に奇妙な出来事が頻発し、家族が崩壊していく。緻密に張り巡らされた恐怖の伏線。タイトルの「継承」の意味がわかったときには、逃れられない仕組まれた最悪の運命に恐怖する。製作はA24。

Read Article

アベンジャーズの制作裏話や小ネタまとめ【MCU】

アベンジャーズの制作裏話や小ネタまとめ【MCU】

世界中で大ヒットしたヒーロー映画「アベンジャーズ」。ここでは同作品の制作裏話や、小ネタなどをまとめました。ロバート・ダウニー・Jrやクリス・エヴァンスといった主要キャストに関する小ネタはもちろん、彼らが他作品などで見せた歌唱シーンや、クリス・ヘムズワースが過去に出場したダンス番組の様子など、ファン必見の貴重な動画もあわせて紹介していきます。

Read Article

【MCU】アメコミ映画でヒーローを演じたハリウッド俳優まとめ【DCEU】

【MCU】アメコミ映画でヒーローを演じたハリウッド俳優まとめ【DCEU】

ヒーロー映画が大ブームとなり、次々とアメコミの実写化が公開されています。ここではアメコミ映画でヒーローを演じたハリウッド俳優をまとめました。作品でヒーローを演じている俳優たちをまとめました。「アイアンマン」シリーズのロバート・ダウニー・Jrを始め、DCやマーベル作品で名演技を見せた俳優たちを画像付きで紹介していきます。

Read Article

【MCU】これぞヒーロー!アベンジャーズ出演俳優たちのチャリティー活動まとめ【ロバート・ダウニー・Jr.など】

【MCU】これぞヒーロー!アベンジャーズ出演俳優たちのチャリティー活動まとめ【ロバート・ダウニー・Jr.など】

世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こしたマーベル映画。アイアンマンやキャプテン・アメリカをはじめ、ヒーローたちが地球を守るために奮闘する姿は、映画ファンに大きな感動を与えました。今回紹介するのは、『アベンジャーズ』に出演した俳優たちが行ったチャリティー活動をまとめました。少年にアイアンマンの義手をプレゼントしたロバート・ダウニー・Jr.や役の格好をして小児病院を訪問したクリス・エヴァンスの活動などを写真付きで紹介していきます。

Read Article

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

【MCU】仲良しっぷりが伝わるアベンジャーズキャストの画像まとめ【マーベル・コミックス】

世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こしてきた『アベンジャーズ』シリーズ。2019年、遂にヒーローたちの物語の終幕となる『アベンジャーズ/エンドゲーム』が公開されました。ここではロバート・ダウニー・Jr.やスカーレット・ヨハンソンをはじめとする、同作品に出演した超豪華キャストの集合写真などを集めました。撮影の舞台裏や貴重なオフショットを紹介していきます。

Read Article

スター・ウォーズのチケット争奪戦で日劇大混乱…けが人も多数発生

スター・ウォーズのチケット争奪戦で日劇大混乱…けが人も多数発生

2017年に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が公開され、日本でも大フィーバーとなりました。有楽町のTOHOシネマズ日劇では、事前に整理券を購入した人だけが参加できる上映カウントダウンの点灯式が行われました。ファンたちは徹夜したり始発の電車に乗ったりしてチケット争奪戦が繰り広げられ、エレベーターに殺到してけが人が多く出るなど大混乱となりました。

Read Article

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

【アベンジャーズ】宇宙最大の力を持つインフィニティ・ストーンについて徹底解説【MCU】

世界中の人々を熱狂させたMCU作品。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では、インフィニティ・ストーンと呼ばれる石が宇宙最大の力を持つものだと判明。ここでは6種類ある石の名前や力、登場した作品などを画像を交えながら解説。それぞれの石の行方や「アベンジャーズ/エンドゲーム」への繋がりも紹介していきます。

Read Article

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年の冬は、10年ぶりのシリーズ新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された年でした。また『MOZU』や『グラスホッパー』などの大作映画から、『スヌーピー』や『リトルプリンス』といったファミリー向けの映画まで、充実したラインナップです!洋画だけでなく邦画も大豊作だった2015年冬の盛り上がりをご堪能ください。

Read Article

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

幸せを歌い上げる傑作ミュージカル映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここでは観た人に歌で幸せを届ける傑作ミュージカル映画をまとめた。ブロードウェイ・ミュージカルの代表作を映画化した『サウンド・オブ・ミュージック』、ブロードウェイで活躍したダンサーの夫妻を題材にした『ブロードウェイのバークレー夫妻』などを紹介している。

Read Article

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

良作ミュージカル映画まとめ!ブロードウェイの舞台を映像化した作品を紹介

ブロードウェイのミュージカルを映画化したおすすめ作品をまとめました。ここに掲載しているのは、オードリー・ヘップバーン主演の『マイ・フェア・レディ』や、「ドレミのうた」といった名曲揃いの『サウンド・オブ・ミュージック』など8作品。各作品のあらすじ・ストーリーや映画を見た人の感想を紹介します。

Read Article

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

【七人の侍】レビュー付き!迷った時のおすすめレンタルDVDまとめ【ビューティフル・マインド】

映画は私たちにとって欠かせない娯楽。現実世界で嫌なことがあっても、映画を観ていると心が癒されますよね。とはいっても世の中にはいろんな映画が溢れているので、何から観ればいいかわからないという方も多いはず。そこで、迷った時におすすめしたいレンタルDVDについてまとめました。実際に視聴した人のレビューも付いているので、ぜひ映画選びの参考にしてくださいね!

Read Article

スター・ウォーズの最高指導者スノークとは?解説と考察まとめ【最後のジェダイ】

スター・ウォーズの最高指導者スノークとは?解説と考察まとめ【最後のジェダイ】

2017年に公開された『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』には、異常に巨大なスノークが登場します。ダークサイドの最高指導者として存在感を示す登場人物・キャラクターで、見た目のインパクトもかなり強いです。今回はそんなスノークの正体やさまざまな考察についてまとめました!

Read Article

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の秘密とは!?『アベンジャーズ/エンドゲーム』を破ったことで海外ファン騒然!!

2019年の日本映画界の大きな話題となったのが、『名探偵コナン 紺青の拳』の人気の高さ。同時期に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』以上の興行収入を叩き出したのです。ここでは作品情報や興行収入、映画館に足を運んだ客層など、コナンの人気の秘密を徹底的に解説。アベンジャーズとのコラボ画像も載せています。

Read Article

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ポップでかわいい世界観が魅力の映画まとめ!『サウンド・オブ・ミュージック』など

ここではポップでかわいい・楽しい世界観が魅力の映画をまとめた。ミュージカル映画の金字塔『サウンド・オブ・ミュージック』や、不気味でキュートな家族を描いた『アダムス・ファミリー』、バラバラな家族の珍道中を描いた『リトル・ミス・サンシャイン』などを紹介している。

Read Article

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

【アベンジャーズ/エンドゲーム】笑って泣ける!おすすめの感動系映画5選【パパは奮闘中!】

2019年の4月に劇場公開された映画の中から、おすすめの映画をまとめました。仲間との絆の強さに感動する『アベンジャーズ/エンドゲーム』や、仕事と育児に悪戦苦闘する父親と子の関係を描いた『パパは奮闘中!』、ハートウォーミング青春コメディの『リアム16歳、はじめての学校』など全5作品、あらすじや見どころを紹介していきます。

Read Article

最後のジェダイは誰?スター・ウォーズ エピソード8のキャストやあらすじの前評判まとめ【STAR WARS】

最後のジェダイは誰?スター・ウォーズ エピソード8のキャストやあらすじの前評判まとめ【STAR WARS】

2017年に公開された映画『スター・ウォーズ』シリーズの8作目となる『The Last Jedi(最後のジェダイ)』。公開に先立って情報が解禁され、キャストの顔ぶれも明らかになりました。「最後のジェダイ」とは誰なのか、映画公開を目前にしたファンたちの前評判をまとめました!

Read Article

スター・ウォーズ/最後のジェダイも!2017年公開のオススメのアクション映画をご紹介

スター・ウォーズ/最後のジェダイも!2017年公開のオススメのアクション映画をご紹介

ハラハラドキドキのアクション映画はお好きですか?2017年は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」や「バーフバリ 王の凱旋」など、大作映画がたくさん公開された年でした。イスラム国ISとの戦いを描く「Escape from Iraq」や見どころ満載の「カンフー・ヨガ」など、映画情報をまとめました!

Read Article

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』のキャストの顔ぶれが凄すぎる!撮影開始時の様子も紹介!【STAR WARS】

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』のキャストの顔ぶれが凄すぎる!撮影開始時の様子も紹介!【STAR WARS】

2015年、世界的大ヒットとなったエピソード7『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開されましたが、人気も冷めやらぬうちにその続編となるエピソード8『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の情報が公開されました。撮影が始まると、新キャストとして名だたる俳優陣が出演することも判明。さらに次回作の制作も進んでいるとの情報もあり、ファンをわくわくさせました!

Read Article

初耳!?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のトリビアを6つ紹介【STAR WARS】

初耳!?『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のトリビアを6つ紹介【STAR WARS】

1977年の初公開以降、社会現象レベルで愛される映画『スター・ウォーズ』シリーズ。2017年にはエピソード8として『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が発表されました。長寿作品には裏話や謎がつきものですよね。ここでは『最後のジェダイ』のあまり知られていないトリビアを6つお届けします!

Read Article

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』情報公開直後の反響まとめ【STAR WARS】

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』情報公開直後の反響まとめ【STAR WARS】

2017年に公開されたスター・ウォーズのエピソード8『最後のジェダイ』。2015年の『フォースの覚醒』の熱も冷めやらないうちの情報公開に、ファンから歓喜の声が上がりました。ここでは情報が公開された直後の世界中のリアクションをまとめました!当時の熱狂ぶりをご堪能ください。

Read Article

ついに判明!スター・ウォーズエピソード8「最後のジェダイ」の正体とは?

ついに判明!スター・ウォーズエピソード8「最後のジェダイ」の正体とは?

2017年に公開された映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』。最後のジェダイとは一体誰のことなのでしょうか?気になる副題ですが、ライアン・ジョンソン監督があっさりと答えを教えてくれました。さらに前作からの新キャラクターであるスノークやカイロ・レンについても興味深いことを語っています。

Read Article

目次 - Contents