暗殺教室 / Assassination Classroom

暗殺教室 / Assassination Classroom

『暗殺教室』とは、漫画家松井優征による漫画作品。「週刊少年ジャンプ」にて2012年から2016年まで連載され、2015年にはTVアニメも放映されている。「来年3月までに私を暗殺できなければ地球を破壊する」と宣言する超生物「殺せんせー」と、おちこぼれの中学生クラス「3年E組」が繰り広げるギャグテイスト学園漫画である。

暗殺教室 / Assassination Classroomの関連記事

暗殺教室(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

暗殺教室(アニメ・漫画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『暗殺教室』とは、漫画家松井優征による漫画作品。「週刊少年ジャンプ」にて2012年から2016年まで連載され、2015年にはTVアニメも放映されている。「来年3月までに私を暗殺できなければ地球を破壊する」と宣言する超生物「殺せんせー」と、おちこぼれの中学生クラス「3年E組」が繰り広げるギャグテイスト学園漫画である。

Read Article

暗殺教室の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

暗殺教室の恋愛関係・カップル・カップリング・夫婦・恋人まとめ

『暗殺教室』は松井優征による漫画で、『週刊少年ジャンプ』で2012年から連載された。名門私立中学校の中で「おちこぼれ」と迫害されているクラスの生徒たちが、1年かけて自分たちの担任を殺すことがメインストーリーで、その斬新な設定で人気を呼んだ。2015年にテレビアニメの第1期が放送され、ゲームや実写ドラマ、スピンオフ作品『殺せんせーQ!』などメディアミックス化されている。中学生たちの青春を描いており恋愛的要素も多いが、中には同じ目的を持つ同志のようなカップルもある。

Read Article

暗殺教室の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

暗殺教室の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「暗殺教室」は「週刊少年ジャンプ」に連載された松井優征による漫画作品。 椚ヶ丘中学校の底辺クラス3年E組の担任として謎の人外生物がやってくる。月の7割を破壊してきた上に「来年3月には地球を破壊する」と宣言するその超生物を殺してくれ、とE組は防衛省から依頼された。暗殺対象の先生と、暗殺者たる生徒達が織りなす、殺しと学びの物語。暗殺という非日常的側面がありながら、学校らしい教育的な名言が多い。

Read Article

魔人探偵脳噛ネウロ(松井優征)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

魔人探偵脳噛ネウロ(松井優征)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『魔人探偵脳噛ネウロ(まじんたんていのうがみねうろ)』とは、2005年2月から2009年4月まで週刊少年ジャンプで連載された漫画作品であり、それを原作とするアニメ作品。“謎”と呼ばれるエネルギーを主食とする魔人・脳噛ネウロ(のうがみねうろ)と、平凡な女子高生・桂木弥子(かつらぎやこ)が探偵として様々な事件を解決していく。ストーリーを通して弥子の成長や、魔人の視点を通しての「人間の可能性」を描いていく。謎解きよりもその独特な画風や強烈なキャラクターが一部のファンにカルト的人気を博している。

Read Article

NEW
逃げ上手の若君(逃げ若)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

逃げ上手の若君(逃げ若)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『逃げ上手の若君』とは、日本の南北朝時代を舞台に歴史上の人物である北条時行の成長と活躍を描いた、松井優征による漫画作品。多くの文献や専門家の意見を元に、当時の文化や風俗、歴史的な背景が詳細に描かれる一方で、少年漫画らしい外連味に溢れた演出や物語が好評を博す。 1333年、重臣である足利尊氏の裏切りと新田貞義の挙兵により、鎌倉幕府が滅亡。北条家の遺児である時行は、諏訪頼重によって救い出され、長野へと逃げ落ちる。その地で仲間を集め、力を蓄えつつ、時行は北条家の再興のための戦いを始める。

Read Article

【似てる!?】暗殺教室の実写キャストをアニメ・原作絵と比較【山田涼介ほか】

【似てる!?】暗殺教室の実写キャストをアニメ・原作絵と比較【山田涼介ほか】

月の七割を破壊した最強生物「殺せんせー」と、殺せんせー暗殺の任務を負った椚ヶ丘中学校の落ちこぼれ「3年E組」の生徒たちの交流を描いた『暗殺教室』。原作の大ヒットを受けてアニメ化・実写映画化されており、ファンからは「似てる!」との声も上がっている。本記事では『暗殺教室』の実写版キャストを、アニメ及び原作の画像と共に紹介する。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

2007年~2018年の間に『週刊少年ジャンプ』で打ち切り・終了したマンガをまとめました。作品は2007年1号以降に終了したものです。『銀魂』『BLEACH』『NARUTO』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』といったジャンプを代表するマンガはもちろん、残念ながら打ち切りになってしまった作品、内容は悪くなかったのに読者に響かなかった隠れた良作を紹介していきます。

Read Article

【暗殺教室】クライマックスに向けておさらい!作中の伏線まとめ(ネタバレあり)

【暗殺教室】クライマックスに向けておさらい!作中の伏線まとめ(ネタバレあり)

大人気作品の『暗殺教室』。アニメ化や実写映画化もされたことで話題になりましたよね。漫画はコミックスで全21巻あり、作中には様々な伏線が登場します。この記事では、そんな伏線や殺せんせーの正体、ラスボスが誰かについてまとめました。重要なネタバレを含んでいるので、まだ作品を読んでいない方はくれぐれもご注意を!

Read Article

【中二半】「暗殺教室」3年E組の生徒たちの神がかったコードネームまとめ【ジャスティス】

【中二半】「暗殺教室」3年E組の生徒たちの神がかったコードネームまとめ【ジャスティス】

アニメ化、実写映画化されたことで大きな話題になった『暗殺教室』。その主要人物たちが集まる3年E組には、神がかったコードネームを持つ生徒がいます。この記事では、そんな彼ら/彼女らについてまとめました。これだけの登場人物のコードネームを1人1人考えるなんて、大変だっただろうなぁ…。

Read Article

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

深夜枠放送名作アニメの悲喜こもごも

「何で深夜枠…何ですぐ終わる…」そう思わせる名作漫画「アニメ化作品」の数々。規制のせいか!?などと短絡的に思ってしまいましたが、カンタンに録画で見られる時代です。それに名作はアニメになったって名作…とは限らないのが、原作ファンにとっては哀しいところ。せっかく色や音、動きがつくのだから原作並みのクオリティで突っ走ってほしいものです。

Read Article

実写映画『暗殺教室』で殺せんせー役を嵐・二宮和也が担当!声が似ていると以前から話題!

実写映画『暗殺教室』で殺せんせー役を嵐・二宮和也が担当!声が似ていると以前から話題!

実写映画版『暗殺教室』の殺せんせー役が誰であるかは初日舞台挨拶での発表となり、嵐の二宮和也が担当したことが明らかになるとキャスト陣、ファンともに驚きの表情を見せる結果となった。ファンの間では以前からニノの声に似ているとネット上で話題になっていた。アニメ版では声優の福山潤が担当している。

Read Article

ONE PIECEがV9達成!2016年漫画年間売上ランキング【「ワンピース」や「暗殺教室」など】

ONE PIECEがV9達成!2016年漫画年間売上ランキング【「ワンピース」や「暗殺教室」など】

オリコンが発表した年間"本"ランキングのコミック部門で、「ONE PIECE」80巻が1位を獲得!9年連続の快挙を成し遂げ、ファンを歓喜させました。「ONE PIECE」以外にも、「暗殺教室」や「東京喰種:re」など、話題作がランキング。シリーズごと、1巻ごとの2パターンで漫画年間売り上げランキングを紹介していきます。

Read Article

2015年に放送された冬アニメの情報まとめ!放送曜日ごとにわかりやすく紹介

2015年に放送された冬アニメの情報まとめ!放送曜日ごとにわかりやすく紹介

本記事では2015の冬に放送されていたアニメ作品の情報を、まとめて紹介している。記事中では『黒子のバスケ』、『暗殺教室』、『冴えない彼女の育てかた』、『Go!プリンセスプリキュア』、『艦隊これくしょん -艦これ-』など多数の作品の情報を掲載した。分かりやすいよう放送曜日ごとにまとめているので是非チェックしてみてほしい。

Read Article

暗殺教室 / Assassination Classroomのレビュー・評価・感想

New Review
暗殺教室 / Assassination Classroom
9

こんな先生に教わりたかった

椚ヶ丘中学校3年E組に新しい教師が来ます。それは見た目がタコで全身黄色の殺せんせー。殺せんせーは「1年以内に自分を殺せなかったら地球を破壊する」と言い、自分を殺す担当を3年E組に一任。つまり、生徒と先生、殺し屋と標的という関係が成り立つところから物語が始まります。
作者の松井優征先生はこの『暗殺教室』という漫画を1からラストまで考えた上で描きはじました。なので、最終回までブレることなく楽しめます。内容もとても面白くもともと落ちこぼれだけが集められたE組の成長、ずっと見下してきたA組に勝つシーンなどスカッとする要素もたくさんあり、何より殺せんせーが魅力的なのが大きいです。1年以内に殺せればクリアとは言うものの、殺せんせー自体はマッハで移動可能、身を固めて圧倒的な防御力を得ることもできます。しかし、反対に弱点も多くメンタルが弱い、世間体を気にする、器が小さいなど人間らしいところがあるところも好感を持てる要因でもあります。
他にもイケメンで堅実な副担任の烏丸先生や伝説の殺し屋、伝説の傭兵など強キャラがたくさん登場します。そして最後、1年間殺せんせーと共に楽しい思い出を作ってきたE組の生徒たちは殺せんせーを本当に殺せるのか。生徒たちの最後の決断も見どころになります。実写映画化もされている、1度は読んでほしい漫画です。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

学生のうちに見ておきたいアニメ

実写映画化されているので認知度はそれなりですが、アニメを見た人は少ない印象です。是非、アニメを見てください。
画風が少し子供っぽいので侮っていましたが、ちゃんといいアニメです。
学園モノは登場人物が多い分、各キャラクターがクローズアップされる機会がないことも多いですが、ちゃんと取り上げてくれます。
殺せんせーが一人ひとりと真摯に向き合うからこそ、各キャラクターのメイン回が必ずあります。
先生達が正しく先生として生徒に向き合い、大人として未来ある若者たちの成長を促してくれる様子が誠実に描かれています。
自分が学生の頃に知りたかった「勉強を如何に楽しんで攻略するか」を教えてくれる作品です。実際に使える知識や教養もあるので、学生の自分に見せてあげたいです。コラボの参考書もあるので、より勉強が頑張れたと思います。
実写映画を見た方も十分楽しめます。
映画では描ききれてないシーンも多くありますし、何よりしっかり感情移入して見れます。
個人的に中高生にとても見てほしい作品です。
勉強や部活で悩んでる人たちの心に殺せんせーが優しく寄り添ってくれます。
社会に疲れた大人が見ても、学生時代の懐かしさが押し寄せてくると思います。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

殺せんせー

殺せんせーとは椚ヶ丘中学校の3-Eの担任の先生です。
普通の先生かと思うかもしれませんが、実は超生物教師なのです。マッハ20で移動し、姿はタコで少し可愛い見た目です。
そんな先生は、元は人間でした。人体実験によってタコのような見た目の超生物になってしまいました。
人間だった時は殺し屋で「死神」と恐れられる程の腕前だったとされています。
殺せんせーにとって殺し屋は天職であり、「殺せば人は死ぬ」という唯一信じることが出来た言葉を糧にこの道を選びました。
ある日死神に親を殺された少年が死神の技に魅了されて弟子入りしました。
死神の下、必死に訓練をしましたがなかなか実を結ぶことが出来ず師である死神にも認められずにいました。
認められないと焦る気持ち、自分を見てもらえないという気持ちで彼は死神の技を盗むのでした。
そうして、遂に少年は死神を裏切り2代目死神となりました。
裏切られた死神は柳沢誇太郎の研究機関に拘束されてしまいました。
人体実験はここで行われたものです。そしてここで雪村あぐりと出会い、あぐりと接するうちに人との関わり人に教えるという事を理解し始めました。
死神のちの殺せんせーは暴走をし始め、あぐりは殺せんせーを止めようとした時触手地雷で亡くなってしまいました。
あぐりに「あなたの時間をくれるなら、あの子たちを教えてあげて」と頼まれてあぐりを救えなかった無念さから教師になる事を決めました。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

殺伐としたタイトルとギャップのある表紙で親子で楽しめる漫画です

進学校の落ちこぼれクラスに突然現れた謎の生命体な殺先生(ころせんせー)。月を破壊し全世界から賞金を懸けられてもどんな殺し屋でも殺せなかった謎のタコ型生命体。
「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」と宣言し、賞金をかけられ大人しく狙われる条件として出したのは「椚が丘中学3年E組の担任教師になる事」。
E組の落ちこぼれ認定された生徒たちはみんな目標ややる気をなくし腐っていました。そこに暗殺成功報酬100億円をかけてみんな、時には個人でころせんせーをターゲットにした暗殺教室が始まります。
生徒一人一人の特性や過去、それを踏まえた進路相談や成長サポートは考えさせられます。時には学園長や生徒会、ほかのクラスの生徒と学力を競ったり(勉強を楽しく考えるという点で勉強が苦痛だった私には目から鱗だったり)します。また世界各国からやってくる暗殺者たちとのバトルは大人VS子供という不利な条件をいかに工夫するかが見所です。
なによりころせんせーがドジでスケベで人間臭い所がふふふって笑えてしまって面白いです。
最初から結末までちゃんと構成を練りこんだ完結作品ですので、「続きが気になる!」とならず完結まで読んだ時の読了感は素晴らしいです。
ギャグ要素が強めですが落ちこぼれ生徒たちの成長や進路を丁寧にフォローサポートし立ち直らせる本作品は親子で読むのも楽しいと思います。
進路で迷った時、勉強楽しくないな~となった時、視点を変えるきっかけになる作品だと思います。おすすめ作品ですのでぜひ親子でお読みください。

暗殺教室 / Assassination Classroom
8

ターゲットは超生物で担任の先生!?

中学3年生のある日、とある理由で新たに赴任してきた担任の先生はタコのような見た目の謎の生物。
「エンドのE」と学校から底辺の烙印を押された3年E組の生徒たちは中学を卒業する前でこの担任教師を暗殺するように日本政府から依頼をされ、日々授業の合間に暗殺を試みるが全く歯が立たない…というトンデモ設定の学園漫画です。
あまりにも現実離れした設定ですが読み進めて行くと登場人物たちの「生徒と教師」「生徒と生徒」「親と子」「きょうだい」など人間関係で抱える様々な葛藤や不安、悩みがリアルに描かれています。
生徒たちがそんな人生の壁にぶち当たった時、必ず手を差し伸べてくれるのがなぜか暗殺対象の担任教師「殺せんせー」。
ただのフィクションではなく、殺せんせーが生徒たちに掛ける言葉は現実味があり、仕事で忙殺されていた大人の自分も号泣しながら読んだ回がいくつもありました。
殺せんせーが担任として生徒一人ひとりと向き合うという不思議な構図で話が進みますが、殺せんせーがなぜ暗殺対象となったのか、なぜ真摯に生徒たちと向き合うのかが物語終盤で明かされていき、少年漫画としての熱さや驚きがあります。
単行本は全21巻で、ジャンプ作品ですがいわゆる引き延ばしはなく、マンネリ化せず最後まで読める漫画です。
なんだか疲れちゃったな、一休みしたいな、という時に読んで欲しい作品です。

暗殺教室 / Assassination Classroom
6

人気コミックの実写化!笑いあり涙ありのハートフルアクションコメディ

「暗殺教室」は、月を破壊した宇宙人と、落ちこぼれが集められた椚ヶ丘中学校3年E組の生徒との交流を描いたアクションコメディ映画です。「殺せんせー」こと宇宙人は、地球をすぐに破壊しないかわりに、3年E組の担任になることを希望。地球滅亡を阻止すべく、3年E組の生徒たちは、卒業までに「殺せんせー」を暗殺する任務につきます。

「暗殺教室」というタイトルから、原作を知らない方は、ホラー映画を想像するかもしれませんが、物騒なタイトルからは想像できない、ハートフルな展開が用意されている本作。

「殺せんせー」の暗殺を通して、自分の長所に気付き、落ちこぼれ扱いされてきたE組の生徒たちが自信をつけていく姿や、彼らの成長をさりげなく後押しする「殺せんせー」に、ギャグ漫画であることを忘れて心があたたかくなります。

また、黄色いタコ型の宇宙人である「殺せんせー」の実写化に、映画公開前は不安視する声も多かったようですが、公開当日に発表された「殺せんせー」の声優を務めた二宮和也さんが、思いの外ハマっているのも見どころのひとつ。「ムルフフフフ」という、お決まりの笑い声が耳から離れなくなり、また「殺せんせー」を見たい、という気持ちにさせてくれます。

原作ファンからは賛否両論あった本作ですが、アクションあり、笑いあり、感動ありと、様々な要素が楽しめる映画となっています。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

笑いあり感動ありの良い漫画。暗殺は教育に役に立つ!

『暗殺教室』というタイトルだけを見て笑いと感動が満載に詰まっているとは想像しませんでした。
この作品をよく知るきっかけになったのは実写映画を見たからです。
この映画も豪華キャストでおすすめです。

簡単に物語の概要を説明すると…
ある日、有名進学校の落ちこぼれのクラスに異様な形をした謎の生物(マッハ20で空を飛び、月の7割を破壊した!)が担任として赴任し、生徒達に「来年3月までに自分を殺せなければ地球を破壊する」と豪語します。
その生物=殺せんせーは生徒に危害をくわえてはいけない等のルールのもと、授業を行っていき、生徒は勉強と暗殺両方に精を出していくというお話です。
最初からクラス全員「軽く何点か突っ込ませろ…」と思うところから物語がスタートします。

作品開始から初期は1話完結のお話が多かったですが物語が進むにつれ、殺せんせーの過去、何故担任を引き受けるに至ったのかが明かされていき、引き込まれます。
また、1話完結のお話の際にも、生徒一人一人の過去やルーツについて夢中になれる話が多く面白いです。

作品の中で夢中になれる最大のポイントはこの超危険生物がすごく優しくて、まぬけで、生徒思いで、普通に巨乳好きでスケベな人間くさい愛すべきキャラクターなところです。
危険生物は大体の漫画では心の通じ合わない敵です。
漫画じゃないけど例えば『ジュラシック・パーク』とか。
この漫画は倒す対象でありながら殺せんせーは敵じゃないのが見所です。
絶対読んで損はしない面白い漫画です!
是非読んでみてください。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

独特な世界観から抜け出せない

『暗殺教室』は松井優征先生作の漫画で、アニメ化、実写映画化と大ヒットしました。
舞台は日本有数の進学校の私立中学に突如現れた時速マッハ20の速度を持つ生物(以下殺せんせー)が学校の先生となり生徒に勉強と暗殺術を教えるストーリーです
「なぜ暗殺術??」だと思いますが、元々この殺せんせーは自分の暗殺を1年以内にしなければ地球を滅ぼすと脅しています。
これはめちゃくちゃぶっ飛んだ設定ですが、一度読んで見ると、なかなか緻密に描かれたストーリーです。
実はこのストーリー、最後の殺せんせー以外誰も死なないのです。習った暗殺術をどうやって生かすかがきもですが、それがとてつもなく面白いです。
設定もキャラも不謹慎で非常識だけど、殺せんせーは落ちこぼれのE組の生徒たちに対して、暗殺の未熟さをからかうことはあっても、人間性を否定したり見捨てたりすることは絶対にありません。E組を蔑視する他の生徒や教師に対して「教育的指導」を施す殺せんせー。にゅるにゅるしてるし人類の敵なのに、いつの間にか生徒に慕われているという、複雑で不思議な魅力のある先生です。
これからどんな漫画を読もうか迷っている方へ、絶対読んだ方がいいです。中弛みもなくスラスラと最後まで読めます。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

暗殺教室の面白さ

舞台はエリート高校の中の落ちこぼれクラス(エンドのE組)。突如現れた月の7割を消滅させたとされる謎の生物が、「自分を3月までに殺せなければ地球ごと破壊する」という条件で、E組の担任をやることになった。成功報酬は100億円。この生物を「殺せんせー」と名付けて卒業までに殺すことになった。
最初は、生徒同士の仲がそこまで良くなく、誰か1人を犠牲にして殺そうとしたけれど失敗。殺せんせーが生徒一人一人に人生について指導していった。そのなかで、主人公の潮田渚が殺せんせーの弱点をメモしていき、どんどん殺せんせーを追い詰めるが、殺せない。
しかし潮田渚は、暗殺の才能が誰よりもあった。潮田渚が暗殺の才能を発揮したシーンは鳥肌が止まりません。
暗殺教室は、モブキャラだと思っていたキャラでも、主人公ぐらい目立つ回があったりと、色々な視点で見れて面白いです。笑いもあったり感動もあったりと、とても面白い物語です。伏線回収がとても多く何度もみたくなるような物語です。
最初はしっかりと見て、次は生徒一人一人に着目して見て、その次は先生や敵キャラに着目して見ました。どれも新鮮に感じて面白かったです。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

タイトルとのギャップが凄い

「暗殺教室」というタイトルから、残虐的な内容のアニメかと偏見を持っていたのですが、実際に見てみると心温まるヒューマンドラマでした。
恐らく、殆どの人がタイトルで引いて見てない方が多いと思います。ただ、「殺す」だの「殺し屋」だの物騒なワードが飛び交うので、ジャンプの漫画ではありますが影響されやすい年齢の子達より、ある程度自分で判別が出来るような年齢の子向けだなと思います。
殺せんせーは誰よりも生徒の事を考えて居て、一人ひとりの事をしっかりと見ている。落ちこぼれと呼ばれているような子達にも、それぞれ理由があって悩んでおり、一人ひとりの悩みにしっかりとフォーカスして、自身の無い落ちこぼれが集まる「エンドのE組」の生徒がそれぞれ自信を付けて前を向いて歩いていける様子は、大人が見ても沢山学べる箇所があります。
ただ、月が欠けたのに関わらず、夜が真っ暗闇でなかったりツッコミたくなる箇所は幾つがありますが、そちらは目をつぶって見るしかありません。あとは、一般的に毒親やマスゴミなんて呼ばれるような現代社会で取り上げられている問題点にも所々フォーカスを当てていて、ただの少年向けアニメでは済まされない考えさせられる箇所が沢山あったのもこの漫画の魅力だと思います。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

アニメ暗殺教室レビュー

アニメ「暗殺教室」は1期が夏休みまでで、全22話。2期は卒業までの全25話の計47話で構成されている。
本作品は各国が秘密裏に暗殺を計画している超生物「殺せんせー」が、有名進学校の落ちこぼれ生徒の担任となり、生徒の成長や、生徒たちとの絆を描いた作品である。アニメ化をする際に原作漫画から省かれたシーンもあるが、ストーリーの進行上大きな影響はない。
タイトルから想像つくように殺せんせーがターゲット、生徒が殺し屋という、異様な関係だ。暗殺を通じて生徒は殺せんせーから多くのことを学び、読者の心にも響く名言も多く生まれる。ここまでの内容からはシリアスでまじめな漫画かと思われるかもしれないが、作品中には多くのネタが含まれており笑いの多い作品となっている。
主人公とその周りの生徒だけでなく、クラス全員の性格や特徴が丁寧に描かれているため、内容がとても濃く、生徒一人一人に多くのファンがいることもこの作品の特徴だ。
ネタの中には時事ネタが含まれていることもあり、年代によっては伝わらないことがあるかもしれない。
(以下ネタバレを含む)
アニメ2期最終話の25話は、殺せんせーが死んだあと、その後の生徒の様子が分かるスピンオフとなっており、生徒の成長が伝わる最終回にふさわしい内容だ。個人的には物語の締め方は数多くある作品の中でもトップクラスだと思う。

暗殺教室 / Assassination Classroom
8

未熟な教室の物語

タイトルからして想像していた絵柄とは違い、少し可愛らしい印象でした。でも最初の1ページから、中学生が先生に銃を向けている姿はかなり印象的でした。
しかもこの先生、普通じゃない。なんかヌメッているんです。そしてタコのような風貌、このイメージはもう見てもらったら一発で伝わると思います。
このへんてこな先生を殺したら賞金100億円!
だから生徒みんなで暗殺しよう!といった内容なのですが、先生本人が殺してくれというのだから、従来のシリアスな作品とは一味違います。
先生にだけ効くナイフを手に、生徒それぞれが思い思いの方法で攻撃しようとするのですが、いつも先生の方が一枚上手!
歯もたたず、刃も刺さらず。
1巻から展開は早く、たまに真面目なお話があったり新しい殺し屋の仲間が加わったりとテンポ良く物語は進んでいきます。
そして、さらさらと読み進めていくうちに、なんと先生、悪者っぽくなくなってきてるんです。普通の授業も完璧!生徒もなんか懐いています。
そんななので、暗殺目的とはいえど普通の先生と生徒のようでほのぼのとした空気感。
でもそれがこの作品の最大の特徴です!
なかよくなってしまったら殺せないと悩む生徒に、ちゃんと殺しなさいと教えを説く先生。
言葉はとてつもなく物騒なものですが、暗殺というキーワードをもとに生徒一人ひとりが成長していきます。
それとともに別れの時間が近づいて。
そもそもなぜ先生はへんてこな体で、暗殺のターゲットなのか。
このあたりで答え合わせができます。
予想外な展開が続き、全ての辻褄が合った頃、物語は終盤です。先生が本当は何を思っていたのか、何をもって授業と言っていたのか。
それを理解したとき、読者もどっぷりとファンになっているのではないでしょうか。
懐かしい思い出を辿るように、1巻へ戻りたくなる作品です。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

人として色々考えさせられる

簡単に言うと人間の力を超越した力を手にしてしまった殺せんせーは次の春までに生徒達に暗殺される、それが出来ない場合地球が爆発するというストーリーだが、その間殺せんせーがいい先生すぎて先生と生徒達の信頼関係がどんどん深まっていく。
そして殺せんせーの受け持ったクラスはE組という学力やら風紀やらが最悪な連中の揃ったクラスだがテストは殺せんせーの教えでみんな成績が格段に上がり、ガラの悪い生徒は殺せんせーが一人一人体でぶつかり合って心を通わせ信頼関係を深めていき、運動会や学園祭では優秀なA組を相手にいい勝負をしたり、時には勝ち、時には負けを繰り返し生徒も、そして殺せんせー自体も人間として成長していく様があたたかく描かれている。
そんな日も春には誰もが終わりを迎えることを知っていてその間生徒も先生の暗殺を試みるが殺せんせーの超絶スピードの前に誰も暗殺が出来ない状況にあった。春が近づくにつれて殺せんせーを誰も殺したくないという生徒全体の結論に達し、生徒達が事細かく調査した結果殺せんせーを生かしておいても地球が滅亡する可能性は1%未満ということが判明し、生徒達が歓喜する。しかし春に政府がタイムリミットを設け時限式の暗殺装置を殺せんせーを捕まえた包囲網に向けてあと数分で発射という場面で殺せんせーは殺されるなら生徒に殺してほしい、生徒は政府に消される前に俺たちで先生を殺すんだと言い、生徒全員が殺せんせーを抑え込み生徒の一人がナイフでトドメを刺すシーンがとにかく感動的。
人として色々考えさせられる部分が多いので是非このシーンは一度見て損はないと思う。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

「暗殺」をテーマにした一風変わった学園漫画

週刊少年ジャンプで連載されていました。椚ヶ丘中学校の落ちこぼれが集められた3年E組の担任となったタコのような触手を持ちマッハ20で動く殺せんせーは、1年後に地球を破壊を宣言します。防衛相はE組の生徒たちに殺せんせーの暗殺を依頼します。
ギャグあり、感動ありの学園漫画です。一番の見どころは殺せんせーの授業です。落ちこぼれの生徒たちに正面から向き合って授業を行い、E組の生徒たちは成長していきます。授業の内容は普通の人間なら不可能な笑えるものから、ほろっと涙するものまで様々です。
殺せんせーにはたくさんの触手が生えてますが、この「触手」は物語の重要なキーワードとなっています。他にも暗殺教室には色んな謎がありますので、それを楽しみながら読んでいただきたいです。
学園漫画なので、体育祭や文化祭、修学旅行など、お決まりの行事ごともあります。ただ、マッハ20の殺せんせーがいるので一風変わっており、今までにない学園漫画になっています。大人になった人にこそこの漫画を読んでいただきたいです。殺せんせーの言葉には色々考えさせられるものがあると思います。ぜひ読んでみてください。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

生き辛さを抱えた中学生たちの成長物語

アニメ化、映画化もされた松井優征先生の漫画作品です。暗殺教室というインパクトの強いタイトルと、特徴的な絵から最初はとっつきにくい印象を受けるかもしれませんが、しっかりと作りこまれたストーリーに夢中になること間違いなしです。
主人公の潮田渚が所属するのは、名門私立中学校の落ちこぼれクラス。そこに新学期から突然謎の黄色い化け物が現れます。謎の黄色い化け物は月を爆破した怪物だと名乗り、卒業までに自分を暗殺して見せろ、と言うところから物語が始まります。実際にその化け物は高額の賞金が掛けられた暗殺対象なのですが、なぜか化け物は渚たち落ちこぼれクラスの教師となり、勉強や人生に大切なスキルをたくさん教えてくれます。
この作品はそんな化け物と落ちこぼれクラスの学生、そしてその周りを取り巻く親や教師、暗殺者たちの群像劇です。主人公の渚以外にもクラスのメンバー全員にスポットが当てられ、作品を読み終わるころには、落ちこぼれクラスの全員の名前を覚えるほどに、キャラクターに愛着が湧きます。
また、伏線の張り方や小ネタ、時事ネタの挟み方が素晴らしく、読み返すたびに新たな発見がある作品です。単行本は全21巻で無駄な話はなく、最後まで軸を保ったままきれいに完結しています。読んで後悔することはないとてもおススメの作品です。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

社会人にこそオススメしたい少年漫画

1年後に地球を破壊するという謎の超生物が、進学校の落ちこぼれ教室の担任になり、生徒たちが担任の命を狙うと言った奇想天外の設定。
インパクトのあるストーリー展開や、暗殺を通して生徒達が日々成長していく姿、ギャグコメディーや、恋愛要素など、飽きずに読み進められます。
注目すべきは落ちこぼれ教室の担任となった超生物「殺せんせー」の深い言葉の数々です。作者曰く、殺せんせーのセリフは表面的なセリフでなく、作者自身が今までの人生で悩んだことや相談に乗ったことなど経験に基づいたものから作っているとのことだそうですが、「社会が理不尽であることは当然であり、その上で自分がどう戦っていくべきか」が中心となった考え方をしており深く考えさせられます。
また、長い人生を生きていく中で、世の中をどう上手にわたっていくかのヒントや、目の前の人をちゃんと見て対等な人間として尊敬するなど、ついつい忘れてしまうような大切なことが作品全体にちりばめられており、作中の生徒達が成長するとともに自分も成長した気になれます。作中内では中学生を相手にした教育となっていますが、大人になって人間関係や理不尽な世の中、自分に疑問を持ったりして悩んだときに是非とも呼んで欲しい作品です。

暗殺教室 / Assassination Classroom
10

設定はハチャメチャだけど、中身は王道の学園青春物語!

1年後に地球を破壊する、と宣言した謎の生命体と、地球を破壊するまでの1年間その生命体がクラス担任になることになった3年E組。地球破壊を阻止したければ、E組のクラスメートが謎の生命体を暗殺するしかない!生徒と教師でありながら、暗殺者とターゲットという2つの顔を持つ、中学3年E組の物語。
設定はハチャメチャだが、中身は完全に学園もの。謎の生命体は生徒から殺してもいい先生、略して「殺せんせー」と命名され、生徒と仲良くなっていく。
殺せんせーはかなり強く、生徒がどれほど不意打ちで暗殺しようともビクともしない!しかし、自分を殺しに来る生徒を受け止める先生に、生徒たちも感化されて心を許し始める。それぞれに悩みを抱える生徒たちが殺せんせーによって未来に希望を抱き始める過程は、学園ものが好きなら必ずハマるストーリー展開。
また、基本的にはギャグ漫画なので、暗殺も授業もギャグセンスが高い!殺せんせーがボケまくって、生徒たちになめられまくる展開は安定のギャグ漫画。そんな日常と、生徒たちが壊れそうなほど悩んだところを殺せんせーが救うシリアスな場面のギャップも見どころの1つ。1巻〜最終巻まで読めば、絶対に殺せんせーを好きになります。

暗殺教室 / Assassination Classroom
9

本当の悪とはなんなのか

コメディ、青春、アクションなど、様々な要素が混じったアニメ。マンガが原作のアニメで、実写映画化もされました。声優陣の演技力、アニメーションのタッチ、背景、どれをとっても良く出来ています。

コメディ要素のみならず、「泣けるシーン」もあります。終盤はハンカチが必須です。

子どもと一緒にみるのも良いかもしれません。「やってはいけないこと」のような社会的なルールもさり気なく内容に含まれており、教育的にも悪い作品ではありません。
戦闘シーンがありますが、グロテスクな表現もありませんし、子どもがマネできるような動作もほとんどありません。

タイトルが「暗殺教室」とちょっとサスペンスなタイトルですが、アットホームな作品に仕上がっています。「本当の悪いヤツ(事)って何だろう」と考えさせられる作品でもあります。

以下、簡単なあらすじ。
月を破壊し、1年後に地球を破壊すると宣言した謎の生物。世界各国で、その生物の殺害を目指すが、ことごとく失敗。
そんな最中、謎の生物が何故か中学校の落ちこぼれクラスの担任に。国は生徒たちに「隙をついてその担任(謎の生物)を暗殺してほしい」と依頼する。
果たして、生徒たちは地球を守ることが出来るのか。

親タグ

兄弟タグ