「シン・ゴジラ」に関する庵野秀明のこだわりエピソードまとめ ゴジラの皮膚のイメージはゴーヤ!?

庵野秀明の映画「シン・ゴジラ」に対するこだわりが分かるエピソードをまとめて紹介。ゴジラのゴツゴツとした肌はゴーヤをイメージしている話や、「神、幽霊、怪物のような侵しがたい存在感」を表すためモーションキャプチャーに野村萬斎を起用した話など。
庵野の作品への熱意、細部のこだわりを知ることで更に映画が面白くなるはず!

庵野監督が手掛けた「シン・ゴジラ」が大ヒット中

先週金曜日に公開された『シン・ゴジラ』が、公開3週目の『ファインディング・ドリー』、公開2週目の『ONE PIECE FILM GOLD』といった強敵を抑えて、動員でも興収でも初登場1位を奪取

出典: zasshi.news.yahoo.co.jp

もうとにかく最高らしい

伊集院光もラジオで絶賛

出典: img.laughy.jp

各方面から大好評のシンゴジラ、見た目もこだわり抜いて作られていた

皮膚のゴツゴツはなんとゴーヤ

面白い情報を見つけました。どうやらシンゴジラの皮膚はゴーヤのごつごつらしいです。

出典: okangasiawasehakobu.com

シンゴジラ、ゴーヤみたいなブツブツで気持ち悪いな思ってたら ほんとにゴーヤ表皮画像取り込んでCG作ってて草

出典: search.yahoo.co.jp

また皮膚が赤いのは初期のゴジラを意識

出典: images.plurk.com

赤黒く爛れた皮膚。ゴジラの皮膚は原水爆により焼けているというのが初期の設定です。シンゴジラが赤いのはゴジラの初期の設定が赤だったという伝説を意識したとも(日テレZIP情報)。

出典: firststar.hatenablog.com

de-deman11sei
de-deman11sei
@de-deman11sei

Related Articles関連記事

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

SMAPは出場辞退したけど他に期待できそうな2016年の紅白出場者・企画まとめ【シン・ゴジラ来襲】

SMAPは出場辞退したけど他に期待できそうな2016年の紅白出場者・企画まとめ【シン・ゴジラ来襲】

2016年の大晦日をもって解散することが決まったSMAPは、当日の『NHK紅白歌合戦』への出場が強く望まれていました。しかし、これが実現されることはなく、彼らは出場を辞退…。悲しい気持ちはありますが、SMAP以外にも期待できそうな紅白出場者や企画はもちろんたくさんあります!この記事で、その内容についてまとめました。『シン・ゴジラ』の来襲なんかは、特撮ファンには嬉しい演出なのではないでしょうか。

Read Article

NEW
庵野監督が「シン・ゴジラ」完成会見で謝罪!?エヴァ制作への思いを語る!

庵野監督が「シン・ゴジラ」完成会見で謝罪!?エヴァ制作への思いを語る!

映画「シン・ゴジラ」の完成会見で、脚本と総監督を務めた庵野秀明が異例の謝罪を行い話題に。「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズの制作が滞っており、「ファンを待たせてしまい申し訳ない」と頭を下げた。そして、エヴァシリーズの制作で苦悩を抱える中、「シン・ゴジラ」の制作オファーがあったことで救われたことも語る。 どちらの作品にも情熱を注ぐ庵野監督の会見の様子や、それに対するファンの反応を紹介。

Read Article

NEW
「シン・ゴジラ」の続編は無し!?上映イベントでの庵野監督の発言まとめ

「シン・ゴジラ」の続編は無し!?上映イベントでの庵野監督の発言まとめ

「シン・ゴジラ」の上映イベントで、監督の庵野秀明が続編の制作に乗り気でなかったことから、「続編は無い」とされ話題になった。同イベントに登壇したキャスト陣が続編に前向きな考えを示す一方で、庵野は「僕はもういいです」などと後ろ向きな発言。作品の視聴者からも「シンゴジラはあの形で終わったから名作」など、同意する意見も多く見られた。

Read Article

NEW
「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の意外な接点まとめ!テーマが共通?

「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の意外な接点まとめ!テーマが共通?

2016年に公開された映画『シン・ゴジラ』と『君の名は。』には意外な接点がある。1つ目は1954年に『ゴジラ』『君の名は』という映画が公開されていた点だ。2016年の『君の名は。』と、1954年の『君の名は』は別物なのだが、奇しくもどちらも『ゴジラ』と同じ年に公開されている。 そして2つ目は「震災からの復興」をテーマに掲げていると思われる点である。

Read Article

NEW
「シン・ゴジラ」の初見の注目ポイントまとめ!魅力的な登場人物が多い!

「シン・ゴジラ」の初見の注目ポイントまとめ!魅力的な登場人物が多い!

ここでは『シン・ゴジラ』の注目ポイントをまとめた。CGを駆使した大迫力のゴジラはもちろんのこと、「日本に巨大な怪獣が現れる」という異常事態で繰り広げられる人間ドラマも魅力である。登場人物・キャラクターが非常に人間味あふれており、ゴジラが登場していない場面でも目が離せない。

Read Article

目次 - Contents