歴代ゴジラの作品像、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルまとめ

東宝が誇る世界の怪獣王、ゴジラが初めてスクリーンに姿を現したのは1954年。そこから現在に至るまでゴジラは姿形設定を変え、見るものを魅了してきた。1954年から2018年までスクリーンに登場してきた歴代のゴジラの劇中での作品像、活躍、描かれ方、設定、特徴、見た目・ビジュアルに焦点を充ててまとめていく。

ゴジラとは

『ゴジラ』とは、日本の東宝が1954年に第1作が放映してから、半世紀に渡りシリーズが作られてきた映画であり、その映画に登場する怪獣である。日本のみならず世界中で人気のあるキャラクターであり、ハリウッドにあるエンターテイメント界で活躍した人物名が彫られた星形のプレートが並ぶハリウッド・ウォーク・オブ・フェームにも、日本のキャラクターからは唯一名前が彫られている。
1946年当時社会問題にもなっていたビキニ環礁の核実験に着想を得て制作された(1953年にアメリカ合衆国で公開された「原始怪獣現る」との共通項も多い)。核実験により自分の生存圏を追われた生物が、人間に恨みを持つかのように首都圏をどんどん襲っていくというこの映画は、日本国内で類を見ない大ヒットを記録する。世界で唯一の被爆国である日本が、戦後わずか数年で作り上げた核への恐怖を描いた映画として欧州やアメリカでもヒット、広く認められるようになる。
日本のみならず海外でも公開されているものを含めると33作品が公開されており、これは期間として世界一長く続いている映画シリーズである(世界一作品数が多いシリーズは49作で「男はつらいよ」)。これらの作品で一貫して共通しているゴジラの在り方は、核の脅威・恐怖、人間文明への驕り・警鐘である。核の化身とも呼ばれるその姿と圧倒的な強さ、「KAIJU」という概念を世界に知らしめた存在感から「怪獣王」、「King of Monsters」とも呼ばれている。
ゴジラは世界に名を轟かす映画監督たちにも影響を与えている。巨大なロボが「KAIJU」と闘う「パシフィック・リム」の監督ギレルモ・デル・トロや、ゴジラに衝撃を受けそのとき感じた恐怖を表現しようと制作されたという「ジュラシック・パーク」の生みの親であるスティーヴン・スピルバーグもゴジラ好きを公言している。

初代ゴジラ

初代ゴジラ

概要

1954年の第1作から1975年公開の「メカゴジラの逆襲」までの15作が昭和シリーズのゴジラと位置付けられている。ゴジラは核の脅威の象徴、人間の敵としての側面が強調されてきたが、作品が続くにつれて人類の味方、ヒーローとして描かれるようになっていく。
第1作が961万人という観客動員数という記録を達成したが、映画自体がテレビの普及により斜陽産業なったことで作品後期になるにつれて動員数は低下。「メカゴジラの逆襲」では動員数97万人という歴代ワースト1位であった。その結果を受けてしばらくゴジラ映画は制作されなくなる。
1作目の劇中に登場する古生物学者の山根恭平は、ゴジラを200万年前のジュラ紀から白亜紀にかけて生息していた海棲爬虫類と陸上獣類の中間生態を持つ生物であると推察し、それが度重なる核実験の影響で自身の生存環境を破壊されたことにより現れたとしている。物語上では大戸島(架空)の伝説の海神「呉爾羅」を由来として名前がつけられた。
太平洋の小笠原諸島で連続して船が沈没する事件が続く。その後、ゴジラが元凶だとわかる。政府は爆雷攻撃でゴジラの撃退を試みるが、効果はなく、東京に上陸を果たす。東京の各所を破壊していくが、最後はオキシジェン・デストロイヤーという兵器によって溶解され、消滅した。

物語

海底に潜んでいた大戸島の伝説の怪獣、呉爾羅(ゴジラ)が安住の地を人間に追われ、東京に上陸する。様々な作戦で抵抗するも、功を奏さず東京の街は荒廃の一途をたどる。最終手段として、あらゆる生物を死滅させ、液状化する化学物質「オキシジェン・デストロイヤー」を使用することでゴジラの抹殺に成功をする。原爆に匹敵するとされるこの科学物質も、ゴジラと共に研究成果もろとも抹消されることになった。

特徴

・身長:体長50m
・体重:2万トン
・武器:放射能火炎
白目のおそろしい造形。
破壊を繰り返す、恐怖の象徴。

2代目ゴジラ(昭和シリーズゴジラ)

概要

前作で山根博士が出現を懸念していた2体目のゴジラ。岩戸島にてアンギラスと戦っているところを発見される。形状の違いやストーリー上の矛盾が存在するものの、『ゴジラの逆襲』から『メカゴジラの逆襲』までに登場するゴジラは同一個体とされており、二代目ゴジラと呼ばれることが多い。ゴジラ人気が出るにつれて、当初の恐怖の象徴としてのゴジラから、プロレス技やアンギラスと会話をする(「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」)といったコミカルな描写も見られるようになる。

各作品での活躍

『ゴジラの逆襲』1955年

アンギラスとゴジラ

「海洋漁業KK」の魚群探査機パイロットの月岡は、岩戸島に不時着した同僚の小林の救助に向かい、島へ着陸、そこでアンギラス(ゴジラと同時代に生息していたとされる凶暴な肉食恐竜アンキロサウルスの通称)と激闘を展開しているゴジラが目撃される。アンギラスを倒したあと、神子島において、ジェット戦闘機群のミサイルによる氷河の人為的崩落(雪崩)という攻撃により、生き埋めとなり氷づけにされる。
この作品のみ、放射熱線を吐く際に背びれが発光しない。

『キングコング対ゴジラ』1962年

前作で氷漬けにされていたゴジラが氷山から復活して日本に上陸。「巨大なる魔神」と言われているキングコングと中禅寺湖で激突し、キングコングを放射熱線で退ける。そのまま東京へ進撃するが高圧電流線に阻まれ、帯電体質になったキングコングと熱海で戦ったすえ、組み合ったまま海へ落下する。キングコングは海上に姿を現すが、ゴジラは浮上することはなかった。

『モスラ対ゴジラ』1964年

モスラとゴジラ

今作では倉田浜の干拓地の土中から出現という珍しい登場をする。太平洋上に存在するインファント島の守り神とされるモスラが今作で初めて登場する。
静之浦に漂着したこのモスラの卵を襲撃し、卵を守る寿命が残りわずかな成虫モスラと戦ってこれを倒すが、生まれた幼虫モスラ2匹(1匹は戦いで死亡)の吐く糸で身動きを封じられ、ゴジラは海へ転落し沈められてしまう(これが対怪獣戦での初敗北)。

kei_umeya8
kei_umeya8
@kei_umeya8

Related Articles関連記事

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSキングギドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

キングギドラ(ゴジラシリーズ)の徹底解説・考察まとめ

キングギドラ(ゴジラシリーズ)の徹底解説・考察まとめ

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

メカゴジラの徹底解説・考察まとめ

メカゴジラの徹底解説・考察まとめ

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説・考察まとめ

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説・考察まとめ

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

シン・ゴジラ(庵野秀明)のネタバレ解説・考察まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

84ゴジラ(The Return of Godzilla)のネタバレ解説・考察まとめ

84ゴジラ(The Return of Godzilla)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。 1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

Read Article

GODZILLA 怪獣惑星(アニゴジ)のネタバレ解説・考察まとめ

GODZILLA 怪獣惑星(アニゴジ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラvsコング(モンスターバース)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラvsコング』とは、“怪獣王”ゴジラと“髑髏島の巨神”コングの熾烈な戦いを描いた、2021年公開のハリウッド映画。2014年から続く『モンスターバース』シリーズの四作目である。 あらゆる怪獣の王として君臨するも、人類に対しては中立の立場を取っていたゴジラ。しかしある時巨大企業エイペックス・サイバネティクスの本社がゴジラに襲われる。人類はゴジラに匹敵する力を持つコングを唯一の対抗手段と目して様々な計画を進めていくが、その裏には世界の覇者にならんとする者たちの邪悪な思惑が隠されていた。

Read Article

ゴジラ対ヘドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ対ヘドラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ対ヘドラ』とは、1971年(昭和46年)に公開された日本のアクションパニック映画である。ゴジラシリーズ第11作品目となる本作の監督を板野義光、主演を山内明が務めた。駿河湾で公害による魚への影響を調べていた海洋生物学者の矢野徹(矢野 とおる/演:山内明)は海の中でヘドラと遭遇する。汚染物質と海のヘドロから誕生したヘドラは、海から陸へと上がり飛行できる姿へ進化し上空を飛び回る。飛行中、硫酸ミストをふりまき人間たちを白骨化させていく。そこにゴジラが現れ、ヘドラと死闘を繰り返すのであった。

Read Article

ゴジラVSモスラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSモスラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラVSモスラ』とは、1992年12月に公開された日本のパニック・アクション映画である。ゴジラシリーズ第19作品めになる作品で、キャッチコピーは「極彩色の大決戦」である。 巨大隕石の落下によって海底からゴジラが目覚めてしまう。一方インファント島では巨大なモスラの卵とコスモスと言う小さな生物が発見される。目覚めたゴジラを倒す為現れたモスラに似た破壊生物バトラと、羽化したモスラが協力しゴジラを倒す話である。見どころは互いに敵対関係であったバトラとモスラの心通わせるシーンである。

Read Article

ゴジラVSデストロイア(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラVSデストロイア(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラVSデストロイア』とは、1995年に公開された、日本の怪獣パニック映画である。監督は大河原孝夫、主演を辰巳拓郎が演じた。 ある日香港で、赤く発光したゴジラが出現する。同じ頃日本では、謎の生物デストロイアが発見された。デストロイアはやがて巨大化し、街を破壊。Gサミットは、メルトダウン寸前のゴジラとゴジラの同族であるジュニアを使い、デストロイアと戦わせるのであった。 見所は、ジュニアとゴジラの絆や、高い攻撃力を持つデストロイアとゴジラの迫力ある戦いのシーンである。

Read Article

ゴジラ×メカゴジラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ×メカゴジラ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ×メカゴジラ』とは、2002年に公開された日本の怪獣パニック映画である。ゴジラシリーズ第26作品目になる。監督は手塚昌明、主演を釈由美子が務めた。 館山に45年ぶりにゴジラが出現、対特殊生物自衛隊がゴジラを迎え撃つも歯が立たない。日本政府は科学者たちを集結させ、機龍(メカゴジラ)を完成させる。システムに問題を抱えながらも改良を重ね、再び現れたゴジラと戦うのであった。 女性主人公や女性総理が登場し、当時の時代性を反映した映画になっている。

Read Article

ゴジラの逆襲(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラの逆襲(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラの逆襲』とは1955年に公開された、日本の怪獣映画である。 魚群探査機パイロットの月岡と小林は、ゴジラとアンギラスの戦いを目撃する。大阪警視庁では、緊急会議が行われるものの、解決策は見つからぬままであった。そんな中、ゴジラとアンギラスは街を破壊しながら激しく戦う。 月岡はゴジラの出現により小林を亡くしながらも、ゴジラを生き埋めにする作戦に参加し、ゴジラを仕留めたのであった。 見所は月岡と小林の友情と、CGでは表現できないゴジラとアンギラスの独特の動きである。

Read Article

ゴジラ(1954年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ゴジラ(1954年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴジラ』とは、1954年に公開された日本の特撮怪獣映画である。ゴジラシリーズの一作目にあたる。 ある日、大戸島に巨大生物ゴジラが現れ、破壊の限りを尽くした。そんな中、芹沢大助がゴジラを倒せる酸素破壊剤オキシジェン・デストロイヤーを発見した。芹沢博士は、オキシジェン・デストロイヤーが悪用されないよう、それに関する全ての資料を破棄し、ゴジラと共に泡となり消えるのだった。 見所は、ゴジラを研究対象として守りたい山根恭平の心の葛藤や、悪魔の兵器を完成させたことで苦悩する芹沢博士の最期である。

Read Article

目次 - Contents