樋口真嗣

樋口真嗣の関連記事

ひそねとまそたん(ひそまそ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ひそねとまそたん(ひそまそ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ひそねとまそたん』 とは、ボンズ制作による日本のオリジナルテレビアニメである。 自分の思ったことをすぐ口に出してしまうため相手を傷つけてしまう、ゆえに自分を抑え込んで生きてきた甘粕ひそね。航空自衛隊員として、岐阜基地で働くことになったひそねは、戦闘機に擬態するドラゴンのような生物、変態飛翔生体(別名OTF)の飛行要員、通称Dパイロット(略してDパイ)に選ばれる。パイロットとの接触をずっと拒んでいたOTFとの間に、やがて絆がうまれる。

Read Article

シン・ウルトラマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シン・ウルトラマン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『シン・ウルトラマン』とは、脚本・庵野秀明、監督・樋口真嗣による、人類のために戦う異星人ウルトラマンと、その周囲の人々の活躍を描いた映画作品。日本を代表するクリエイターによる伝説的な特撮作品のリブートということで、公開前から大きな話題となった。 突如日本に出現し始めた巨大生物、禍威獣。その脅威に対抗するため結成された禍特隊の前に、銀色の巨人が現れる。ウルトラマンと名付けられたその巨人は禍威獣から人々を守るように振る舞い、禍特隊がその謎を追う一方、地球にはかつてない危機が迫っていた。

Read Article

シン・ゴジラ(庵野秀明)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

シン・ゴジラ(庵野秀明)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

のぼうの城(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

シン・ウルトラマンの禍威獣まとめ

禍威獣(かいじゅう)とは、『シン・ウルトラマン』に登場する敵性大型生物。ある時を境に日本各地に出現するようになり、多大な被害を生み出した。その姿は爬虫類のようなものから鳥に似たもの、巨大な植物まで多種多様。既存の生態系から完全に独立した生物であり、放射性物質を食べたり破壊光線を発したりと個々が地球の常識では考えられない能力を秘めている。 その正体は、外星人こと地球外の知的生命体が、人類発祥以前に後に日本となる土地に不法投棄していった生物兵器。日本にしか出現しないのもこれが理由である。

Read Article

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

天体制圧用最終兵器ゼットン(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

天体制圧用最終兵器ゼットンとは、『シン・ウルトラマン』に登場する、一兆度もの火球を放ってその星系ごと天体を消滅させる光の星の兵器。元ネタは『ウルトラマン』の最終話に登場し、ウルトラマンを敗北に追い込んだ怪獣ゼットンである。 「地球人の生物兵器としてのポテンシャル」を“宇宙の将来的脅威”と判断した光の星の決定を受け、ゾーフィによって地球に持ち込まれる。同族たちの決定に1人反発したウルトラマンと戦い、これを造作も無く一蹴する強さを見せつけた。『シン・ウルトラマン』の実質的ラスボスである。

Read Article

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ウルトラマン/リピア(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ウルトラマン/リピアとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、同作の主役でもある巨大人型外星人。ウルトラマンは地球でつけられた名称で、リピアが同族間で用いる本名である。 禍威獣の出現に合わせて地球に来訪し、外星人の遺物であるこれらを撃破する。しかし初戦闘時にアクシデントから禍特隊の神永新二の命を奪ってしまい、“肉体を融合する”という方法で彼を救う。その後は普段は神永として行動しつつ、彼が見せた「自分より弱い者を命懸けで守る」という行動の意味を調べ、地球人について学んでいった。

Read Article

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゾーフィ(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゾーフィとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、ウルトラマンと同じ天体出身の外星人。 彼らの出身地は「光の星」と呼ばれており、個々の高い戦闘力と優れた科学力を用いて宇宙の調停者として振る舞っている。地球人の生物兵器としての高いポテンシャルが明らかとなった時、光の星はこれを“全宇宙の知的生命体にとっての将来的な脅威”と見なして滅ぼすことを決定する。そのために地球を訪れるも、なんとしても地球人を守らんとするウルトラマンと決裂。最後は地球人の生物兵器として以外の可能性を認め、地球を去った。

Read Article

神永新二(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

神永新二(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

神永新二(かみなが しんじ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の作戦立案担当官にしてウルトラマンをその身に宿す青年。 元公安課の刑事で、その職務上当然ではあるが前歴には明かされていない情報も多い。寡黙で実直、合理性を重んじる性格ながら、同時に自らを犠牲にしてでも弱者を救おうとする高潔な意志を併せ持つ。ウルトラマンが地球に来訪した際、その着地の衝撃から子供を守ろうとして命を落とすも、彼のこの行動がウルトラマンと人類の運命を変えていくこととなった。

Read Article

メフィラス(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

メフィラス(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

メフィラスとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球に潜伏して暗躍する外星人。 腹黒い一方で、振る舞いは紳士的。ウルトラマンがやってくる前から地球で活動しており、自らを「外星人0号」と名乗って禍特隊に接触。地球人そのものが禍威獣や外星人の脅威に対抗する術を持つ必要があると説き、日本政府に対して技術供与を申し出る。しかし裏では地球人の潜在的な戦闘能力に目を付けており、これを生物兵器に仕立てて売りさばくことを計画していた。この陰謀を見抜かれて、ウルトラマンと敵対することとなる。

Read Article

浅見弘子(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

浅見弘子(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

浅見弘子(あさみ ひろこ)とは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、禍威獣特設対策室専従班の分析官。突如出現して禍威獣を撃破していった“銀色の巨人”の調査のために物語途中で禍特対に加わり、彼に「巨大人型生物ウルトラマン」という名称をつける。 頭脳明晰かつ明朗快活な才媛で、禍特対では新入りの立場ながら歯に衣着せぬ物言いで周囲に意見する。同僚の神永にウルトラマンが融合していることを知らないまま彼とバディを組み、“地球人とはどういう生き物か”のもっとも身近な実例として様々な気付きを与えていく。

Read Article

ザラブ(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ザラブ(シン・ウルトラマン)とは【徹底解説・考察まとめ】

ザラブとは、『シン・ウルトラマン』の登場人物で、地球人を「地球の害獣」と見なして絶滅させることを目論む外星人。 「体の前半分の皮膚以外が透明」という奇怪な姿をしている。電子機器を操る生体器官を有しており、外見をまったく別のものに変える擬態能力を持つ。ウルトラマンこそは自身の計画の最大の障害だと判断し、禍特隊の神永新二と融合していた彼を監禁する一方、自身はウルトラマンの姿になって都市を攻撃。人類の間に疑念と互いへの敵意を植え付けて大戦争を巻き起こそうと画策した。

Read Article

【昭和ゴジラ】作品ごとに微妙に違う「歴代ゴジラの顔」と身長・体重をまとめて紹介!【シン・ゴジラ】

【昭和ゴジラ】作品ごとに微妙に違う「歴代ゴジラの顔」と身長・体重をまとめて紹介!【シン・ゴジラ】

1954年に公開された第1作を皮切りに、何本もの作品が作られることになった日本を代表する特撮キャラクターゴジラ。スーツが新調されている関係上、作品ごとに微妙に顔が異なり、ファンの間では「どのゴジラが一番カッコいいか」がたびたび話題となる。 ここでは、そんな作品ごとのゴジラの顔と、身長と体重のデータを紹介する。

Read Article

シン・ゴジラの「人型ゴジラ(第五形態)が飛ぼうとしている」ラストシーンが怖いと話題!

シン・ゴジラの「人型ゴジラ(第五形態)が飛ぼうとしている」ラストシーンが怖いと話題!

2016年に公開され、記録的なヒット映画となった『シン・ゴジラ』は、最後にゴジラの尻尾から人のような姿の怪物が生み出されようとしていたことを暗示するシーンで終わる。この怪物こそは小型化し飛行能力を得たゴジラの新形態で、あと数分でも時間があれば、これが無数に飛び立って人類は敗北していたとされている。意味が分かっても分からなくても不気味で恐ろしい、ラストシーンへの印象をまとめて紹介する。

Read Article

シン・ゴジラの尻尾の恐ろしい秘密!衝撃的な第5形態の設定を徹底解説!

シン・ゴジラの尻尾の恐ろしい秘密!衝撃的な第5形態の設定を徹底解説!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』では、最終的にゴジラは凍結されるも、その尻尾から“異形の生物が飛び立とうとしている”姿がラストシーンとなった。この異形の生物はゴジラの第5形態と呼ばれるもので、飛翔能力を持つ人間大のゴジラともいうべき恐るべき存在。ここでは、ゴジラの第5形態について解説していく。

Read Article

シン・ゴジラの第1〜第6形態を徹底紹介!謎に包まれた正体に迫る!

シン・ゴジラの第1〜第6形態を徹底紹介!謎に包まれた正体に迫る!

日本で12年ぶりに制作されたゴジラ映画である『シン・ゴジラ』。この作品に登場するゴジラは作中で別物に近いほど大きく形態を変えていくのが特徴で、その正体を突き止めようと多くの科学者が尽力していった。ここでは、本作に登場したゴジラの各形態と、その正体に関する作中の考察について紹介していく。

Read Article

「無人在来線爆弾」を徹底解説!電車でゴジラに大ダメージ!?

「無人在来線爆弾」を徹底解説!電車でゴジラに大ダメージ!?

「無人在来線爆弾」は、2016年に公開されて大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』の作中に登場する兵器である。文字通り“無人の在来線に爆弾を満載して突撃させる”というもので、そのすさまじい火力でゴジラを転倒させることに成功している。威力もさることながら、「普段多くの都民が通勤に利用する電車が対ゴジラ用兵器になる」というユニークな発想がネットを中心に話題となった。

Read Article

シン・ゴジラの笑える裏設定・トリビア・小ネタ・人気のツイートまとめ

シン・ゴジラの笑える裏設定・トリビア・小ネタ・人気のツイートまとめ

ここでは『シン・ゴジラ』の笑える裏設定・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話や人気のツイートをまとめた。「ゴジラを停止させるヤシオリ作戦の名前の由来は、日本神話にてヤマタノオロチを討つ際に用いられた八塩折之酒(やしおりのさけ)」といった、人に話したくなるような面白いネタを紹介している。

Read Article

ファンもざわついた「シン・ゴジラ」続編報道の真相を紹介!

ファンもざわついた「シン・ゴジラ」続編報道の真相を紹介!

秀逸なシナリオと優れた映像美術で各方面から絶賛され、2016年に大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』に「続編が決まった」との噂が流れ、ファンが騒然とする事態があった。「シン・ゴジラ対エヴァンゲリオン交響楽」という催しで、「次回のゴジラシリーズにご期待ください」とのメッセージが発表されたというのだ。 これは「『ゴジラ』シリーズの次の作品」という意味で、『シン・ゴジラ』の続編というわけではない旨が即座に発表され、ファンは納得すると同時に残念だと肩を落とした。当時の反応を紹介する。

Read Article

【ヤシオリ作戦】もう1度見たくなる「シン・ゴジラ」の小ネタ&裏設定を徹底紹介!【グローリー丸】

【ヤシオリ作戦】もう1度見たくなる「シン・ゴジラ」の小ネタ&裏設定を徹底紹介!【グローリー丸】

2016年に公開された『シン・ゴジラ』の、見た人が思わず「えっ、そうだったの!?」となるような裏話から、小ネタ、裏設定への考察をまとめました。本作には監督を務めた庵野秀明のこだわりが徹底して詰められており、1度見ただけでは分からないネタが大量に存在しています。これを知った上で見れば、作品をさらに楽しめること請け合いです。

Read Article

シン・ゴジラの第5形態は巨神兵!?ネットで話題の考察を紹介!

シン・ゴジラの第5形態は巨神兵!?ネットで話題の考察を紹介!

2016年に公開され、大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』。作中で何度もその形態を変えていった本作のゴジラだが、物語のラストで新たな姿として変化しようとしていた第5形態が『風の谷のナウシカ』に登場する巨神兵に似ていると話題になっている。制作者側の意図として巨神兵があったのかどうか、ネット上の考察を紹介する。

Read Article

“蒲田くん”ことシン・ゴジラ第二形態が「キモカワいい」と話題!ネットの反応をまとめてみた!

“蒲田くん”ことシン・ゴジラ第二形態が「キモカワいい」と話題!ネットの反応をまとめてみた!

2016年に公開された『シン・ゴジラ』では、ゴジラがどんどん進化します。ネットでは第二形態を「蒲田くん」、第三形態を「品川くん」、第四形態を「鎌倉さん」と呼び、「蒲田くんのイラスト」が映画に出演した石原さとみより可愛いと話題です。ラコステっぽい蒲田くんポロシャツも発売され人気拡大中。モデルとなったとされる深海サメ「ラブカ」も話題です。

Read Article

「シン・ゴジラ」のキャストは300名越え!まるで「ウォーリーをさがせ!」だと話題に!

「シン・ゴジラ」のキャストは300名越え!まるで「ウォーリーをさがせ!」だと話題に!

『シン・ゴジラ』のキャスト数は300名を超えており、中にはワンシーンしか登場しない人物・キャラクターもいる。そんな端役でも、片桐はいりやマフィア梶田、鶴見辰吾、斎藤工、小出恵介といった名優を起用している。ファンの中には『ウォーリーをさがせ!』のような感覚で、お目当ての俳優を探す人もいるようだ。

Read Article

子タグ