「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

「龍が如く」初代

当時はこのようなインパクトのあるキャッチコピーでした。
極めてリアルな極道の世界を再現したこともあり、大ブームを巻き起こしました。

「龍が如く2」

2では東京のみならず、大阪の町も満喫できるようになりました。
また、組ごとの争いも県を上げて巻き起こる事も珍しくないのです。
ミニゲームはお馴染みのバッティングセンターに加え、ゴルフ、ボウリング、将棋、麻雀を出来るように。好評だったキャバクラ嬢も10人に増え、アフターも楽しめるようになりました。

「龍が如く3」

なぜこんな格好をしているのか?3では沖縄の琉球街などに行けるようになり、ますます世界観が広がりました。
ゲーム内に登場するSEGAの店舗では、Answer×Answerやビリヤード、ダーツなどのミニゲームにくわえ、対戦プレイもできるようになりました。

「龍が如く4」

「龍が如く」シリーズは4からが大躍進!!
ミニゲームも「温泉」「温泉卓球」「ゴルフ」「クラブセガ」「パチンコ」「バッティングセンター」「ボウリング」「将棋」「釣り」「麻雀」と満載です。

桐生一馬の他に、秋山駿、冴島大河、谷村正義の3人を加え、合計4人の主人公が登場する。主人公ごとに戦闘のスタイルやサブストーリー、一部遊び要素の種類が異なり、それぞれの遊び方が楽しめるのが特徴です。

パッと見て右側の方はすぐに誰だかわかりますよね。遠藤憲一さんですb
左の秋山さんのCVも山寺宏一さんと、極めて豪華です!

「龍が如く」シリーズでお馴染みのキャバクラのキャバ嬢も、オーディションになりましたb
ちなみに某マッサージ店では、こんな方もいらっしゃいますww
名前と容姿から推測…するまでもないかww

「龍が如く5」

行ける街も東京だけでなく「札幌、名古屋、大阪、福岡の4都市」も加わりました。
さらに、こんなリズムゲームも楽しめるようにb

5では様々なプレイスポットに加え、主人公の本職がタクシー運転手になってますww
ゆえに、ウインカーを出したり一時停止を守ったりと、リアルなタクシー業務を体験できますww

ちなみにネタとしては、こんな方もいらっしゃいますww
プレイしてると「あっ!!」ってなりますよねww
タツヤ…達也…シェフの達也…ww

もう一方、ネタ人物をご紹介ww
そっくりすぎて、説明するまでもないですww

「龍が如く0 誓いの場所」

事実上、「龍が如く」の初代より前のストーリーになりますが、2015年の作品です。
キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説は、ここから始まった」です。
時代設定も1980年なので、「ディスコ」「テレクラ」「個室ビデオ」といった昔流行ったプレイスポットが登場してます。
桐生一馬も若いですね〜ww

「龍が如く 見参!」

こちらはシリーズの派生作品です。
殴るより斬るほうが好きな方にオススメの作品で、主に宮本武蔵や佐々木小次郎の世界です。

「龍が如く 維新!」

「見参!」を気に入った方は、こちらへどうぞ。
俳優からは船越英一郎さん、高橋克典さんなど。グラビアアイドルからは今野杏南さんで、ものまねタレントの原口あきまささんも出演してますww
より武器の開発や改造、能力などの要素が多岐化してますます面白くなりました。いきなりこっちからプレイしてもokです。

「龍が如く OF THE END」

「龍が如く」シリーズでゾンビゲー!です。
今までの作品とは、ほぼ全く異なるので注意です。こちらではゾンビを一掃する爽快感を味わえます。銃や兵器などを使って、様々なゾンビを抹殺しましょうww

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

20世紀少年(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『20世紀少年』とは、浦沢直樹による漫画作品。2008年から2009年にかけて映画化もされている。 コンビニの店長として働く中年の男・ケンヂの身の回りで、不可解な事件が相次ぐ。やがて、それらの事件はケンヂとその仲間たちの子供のころの妄想を現実化したものであるということに気が付く。少年時代に共に未来の世界を想像した仲間を集めたケンヂは、仲間とともに事件の首謀者である「ともだち」と呼ばれる人物の正体を探る。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如くシリーズ』の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、『龍が如く』の主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。 今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。 キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

Read Article

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は、2021年にセガから発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。『龍が如く』シリーズの派生作品で、2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編となっており、主演は引き続き木村拓哉が務める。 前作から3年。「神室町」の探偵である八神隆之は、「横浜・伊勢崎異人町」に潜む「闇」に直面する。「法とは何か」「正義とは何か」時代を問わず、どこにでもあり得る「イジメ問題」をテーマにサスペンスフルなストーリが繰り広げられていく。

Read Article

JUDGE EYES:死神の遺言(ジャッジアイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

JUDGE EYES:死神の遺言(ジャッジアイズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『JUDGE EYES:死神の遺言』とは、2018年に発売されたリーガルサスペンス巨編のコンシューマーゲームである。本ゲームは、極道モノのアクションアドベンチャーゲームとして地位を築いている『龍が如く』シリーズ初の派生作品でもある。 主役は木村拓哉が務める。舞台は『龍が如く』でお馴染みの「神室町」で、関東一帯を束ねるヤクザ「東城会」の人間も登場する。猟奇殺人や、現代の日本の課題である「認知症」がテーマとなり、ストーリーを展開していく。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。100億円をめぐる事件を彼なりの方法で解決していく。 『龍が如く』のヒートアクションとは、『龍が如く』で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article

NEW
龍が如く2(極2)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く2(極2)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く2』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。『龍が如く2』のヒートアクションとは、ゲーム内で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article

モーニング娘。(モー娘。)の徹底解説まとめ

モーニング娘。(モー娘。)の徹底解説まとめ

モーニング娘。とは、ハロー!プロジェクトの看板グループであるアイドルグループである。1997年に結成され、加入と卒業を繰り返し活躍を続けている。ダンス・歌ともにパフォーマン力が高いことで有名で、芸能人ファンも数多く獲得している。デビューからほとんどのシングルでオリコン10位以内を獲得しており、アイドル戦国時代と言われる今でも輝きを放っている。日本だけでなく海外でも多くのファンがいて、世界へと人気の幅を広げているグループだ。

Read Article

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソニックアドベンチャー2(Sonic Adventure 2)』とは株式会社セガより2001年6月に発売されたアクションゲームである。2001年6月にドリームキャスト用として発売された後、同年12月にはゲームキューブ用に『ソニックアドベンチャー2 バトル』が発売された。また2012年10月にPlayStation 3用、Xbox 360用がダウンロード版として販売された。前作『ソニックアドベンチャー』の続編ではあるが、ストーリー的繋がりは無く本作からでも楽しめるゲームである。

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

大変身!カラコンを入れてる芸能人の比較画像まとめ【柴咲コウ・小嶋陽菜など】

大変身!カラコンを入れてる芸能人の比較画像まとめ【柴咲コウ・小嶋陽菜など】

誰もが気軽にお化粧感覚で取り入れられるようになったカラーコンタクト。黒目を大きくしてパッチリした目元を作ったり、色素薄めの外国人風にしてみたり。簡単に印象を変えられるので、一度使ったら手放せないという方も多いのではないでしょうか。キレイと言われる芸能人でもそれは同じ。憧れの女優さんや推しのアイドルも、実はカラコン効果だったなんてことがあるかもしれません。

Read Article

今読むと悲しい…矢口真里と元夫・中村昌也のラブラブ期のブログ記事

今読むと悲しい…矢口真里と元夫・中村昌也のラブラブ期のブログ記事

衝撃の出来事により離婚することになった矢口真里と中村昌也。矢口は復帰後に新たにブログサイトを開設していますが、実は離婚前にも書いていた記事がありました。その内容は元夫とのラブラブ生活が綴られたもので、読んでいると悲しい気持ちになってくると話題になっています。過去のブログはすでに閉鎖されていて読むことはできないので、この記事にラブラブ期の画像も載せています。確かに、見ていると悲しいというか複雑な気持ちになってきますね…。

Read Article

【矢口真里】芸能界の衝撃スキャンダル画像まとめ(熱愛、不倫、キス、流出)【大野智】

【矢口真里】芸能界の衝撃スキャンダル画像まとめ(熱愛、不倫、キス、流出)【大野智】

芸能界は一見華やかな場所ですが、フタを開けてみると次から次へとネタが出てきます。いやぁ、恐ろしいですね。この記事では、そんな芸能人たちの衝撃スキャンダル画像についてまとめました。中にはちょっと刺激が強いものもあるので、夢を壊したくない方は退出することをおすすめします。

Read Article

有名ゲームが勢ぞろい!PlayStation 3のソフト売上ランキングBEST90を公開!【FF、テイルズほか】

有名ゲームが勢ぞろい!PlayStation 3のソフト売上ランキングBEST90を公開!【FF、テイルズほか】

これまでに発売されてきた「PlayStation」の機種と比較すると、格段に進化したグラフィックやサウンドシステム、そしてソフトの豊富さから人気が高い据え置き型ゲーム機の「PlayStation 3」。数ある作品の中で最も売れたのはどれなのか。本記事では「PlayStation 3」のソフトの累計売上ランキングBEST90を、まとめて紹介する。

Read Article

【宮沢りえ】実話…?芸能人たちの黒いウワサまとめ【矢口真里・田中麗奈】

【宮沢りえ】実話…?芸能人たちの黒いウワサまとめ【矢口真里・田中麗奈】

芸能界といえば、誰もが憧れる華やかな世界ですよね。しかし、それはあくまでオモテの話。芸能人1人1人を調べていくと、いろいろと黒いウワサが付きまとっている人がたくさんいます。何が真実なのかどうかはわかりませんが、こういう黒いウワサが出るということは普段からの振る舞いや交友関係に何か問題があるということなのかも…。ファンの方は傷付くかも知れないので閲覧注意。

Read Article

【なりたい職業上位】有名声優の年収ランキングTOP10!

【なりたい職業上位】有名声優の年収ランキングTOP10!

小中学生のなりたい職業上位にランクインする声優。一般的なサラリーマンのように毎月決まったお給料がもらえるわけでもなく、仕事がなければ収入も保障されない厳しい世界ですが、その分人気が出れば年収1000万円超えも夢じゃない!?ここでは誰もが知る有名声優の方々が年にどのくらい稼いでいるのか、ランキングの形でまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents