真島吾朗(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

真島吾朗(まじまごろう)とはアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』に登場するメインキャラクターの1人。巨大極道組織、東城会の大幹部で別名「嶋野の狂犬」、「隻眼の魔王」と呼ばれるほどの危険性と強さを秘めた人物。また、キャバレーの敏腕支配人として「夜の帝王」とも呼ばれる。主人公である「桐生一馬」と敵対する形で登場したが、作品を重ねるにつれ人気が高まり、『0』や『OF THE END』では主人公の1人になっている。

真島吾朗の概要

真島吾朗(まじまごろう)とは『龍が如く』に登場するメインキャラクターの1人で、元東城会舎弟頭直系真島組組長。その凶暴性と強さから「嶋野の狂犬」「隻眼の魔王」と呼ばれ、東城会内部含め、その他極道組織からも一目置かれている。またキャバレーグランドの敏腕オーナーとしての顔も持ち、「夜の帝王」とも呼ばれる。主人公である桐生一馬とは当初こそ敵対していたが、シリーズを追うごとに頼れる人物としての側面が強くなり、『龍が如くOF THE END』、 『龍が如く0 誓いの場所』では主人公を務めるほどになる。喧嘩の強さもかなりのもので、作中最強格の桐生と度々拳を交えては彼を苦戦させている。訳あって極道から足を洗った後は真島建設という建設会社を設立している。

真島吾朗のプロフィール・人物像

初出作品:『龍が如く』
格闘スタイル:ドス捌きを基調とした我流
出身国:日本
生年月日:1964年5月14日
身長:186cm
体重:80kg
血液型:AB型
公式人気投票順位:1位
CV:宇垣秀成

元東城会舎弟頭直系真島組組長。嶋野の狂犬と呼ばれ、桐生一馬と同じく生きる伝説として語り継がれている。ノリが良く人懐っこい反面、敵対したものだけでなく子分にも手を上げるが、その場合は子分が筋を通さなかったり空気を読まない言動をしたときのみで基本的には慕われている。関西弁で話すが独特なイントネーションで話す。桐生のことは個人的に気に入っており、桐生チャンと呼びフランクに接するが彼を倒すという点に関しては真剣でありシリーズで幾度となく拳を交えている。

服装は素肌に蛇柄ジャケットを羽織り、片目に眼帯を付けているのがトレードマーク。眼帯は『龍が如く3』以降は蛇の模様が描かれている。『龍が如く2』では工事現場用の黄色いドカヘルを被っている。それ以外には東城会幹部としてか黒のスーツに赤シャツに黒ネクタイ、キャバレー支配人時代はタキシードを着用していた。

基本的には極道やチンピラなどに容赦しないものの女性や子供には非常に優しく、個人的に気に入った女性に半ば脅すように言い寄った挙句断られても見逃がすなどしている。また『0』では本来殺す予定だった「マキムラマコト」という女性を結局守ることになり、その過程で恋に落ちている。良くも悪くもコミカルな人物だが、本来は生真面目な性格であるらしく『0』以降のストーリーでもその点が見え隠れすることがある。キャバクラの経営は自身の性に合わないと言っているものの巧みな経営手腕で店を繁盛させ、周囲への気配りでキャストの女性やボーイに慕われていた。

喧嘩の実力も相当なもので、ソープランドの床を拳一つで粉砕、ドスを片手に大回転しながら移動する、さらには分身しているように見えるほど高速で動くなどその強さは人間の領域を超えている。また五代目近江連合直参、千石組組長の「千石虎之介」の命令で神室町に進撃してきた千石組の極道達をすべて倒し、自身も重傷を負ったものの数日後には何事もなく復活する、腹をドスで刺されても応急処置で間に合わせて活動するなどかなりのしぶとさを誇る。

戦闘スタイルは素手攻撃による素早さと的確さが売りの「喧嘩師スタイル」、バットを振り回して広範囲を攻撃する「スラッガースタイル」、ブレイクダンスを基準にして踊るように戦う「ダンサースタイル」、そしてこれら一部の強みを組み合わせた「鬼炎のドス」と蹴りによるトリッキーな「嶋野の狂犬スタイル」を持つ。

真島吾朗の戦闘スタイル

喧嘩師スタイル

全局面対応型のスタイル。目つきやみぞうちに的確に攻撃をするなど容赦ない攻撃を数多く持つ。必殺技であるヒートアクション発動用のヒートゲージを溜めると青いオーラを纏う。

スラッガースタイル

バットを使った攻守一体型のスタイル。素手では防げないような刃物の攻撃もバットでしのぎ、逆に敵の固いガードも崩しやすい優れたスタイル。さらには他の武器の扱いも長けており、様々な武器を使いこなして戦うことができる。オーラの色は黄色。

ダンサースタイル

ブレイクダンスの動きを取り入れた軽快なスピードスタイル。広範囲に圧倒的な手数で攻め続けることができる。オーラの色は桃色。

嶋野の狂犬スタイル

ドスと蹴りを多用しトリッキーな動きを取り入れた真島の完成形のスタイル。堅実な戦い方で相手を崩してきた喧嘩師スタイルなどと違い、かなり派手な動きが多い。

真島吾朗の来歴・活躍

『龍が如く0 誓いの場所』

兄弟分である「冴島大河」とともに上野誠和会総長、「上野吉春」を襲撃する事件の際に組織の意向に逆らった罰として拷問部屋の穴倉に入れられ、そこでの拷問に一年間耐え抜いた後、自身の組長である「嶋野太」により解放されるも極道社会からは追放されてしまう。そして嶋野の兄弟分である近江連合直参佐川組組長「佐川司」の監視下に置かれ、蒼天堀から出られなくなってしまう。

その後はカタギの人間として蒼天堀のキャバレーのグランドのオーナーとして極道への復帰のために条件として出された売上金を稼ぐ日々を送っていた。店は蒼天堀でNo.1になるほど繁盛してキャバ嬢やボーイ、客人から絶大な支持を受けるほどになるが、自身は性に合わない世界と佐川の部下の監視により窮屈な思いをしていた。

そんな中で組への復帰の新しい条件として「マキムラマコト」の殺害を命じられる。情報を集めてマキムラマコトがいる整体院ほぐし快館に乗り込むが、殺されても仕方ない悪漢だと聞いていた人物が盲目の女性であると知り、結局殺せないどころか成り行きで彼女を守ることになる。そしてマコトを守っていた整体師の「李文海(リーウェンハイ)」から彼女の過去を聞かされ、命を狙った挙句殺せなかった責任を取るべく彼女を裏社会から解放することを決意。李と共にマコトを連れて蒼天堀脱出を図るも佐川組によって阻まれてしまい、その過程で李が殺されてしまう。さらに突然現れた謎の人物にマコトが攫われてしまう。

その後マコトの居場所を知る鬼仁会会長の「西谷誉(初代)」を探し、彼の窓口である刑事の「ビリケン」を通して留置場で西谷と会い、マコトを連れ去った人物は日侠連総裁「世良勝」であることを知る。佐川と共に日侠連のアジトである椿園に向かい、そこで世良からマコトがカラの一坪と呼ばれる土地の所有者であるために極道から狙われていることを知らされる。マコトを追うため佐川から許可を得て神室町に共に向かう。

神室町到着後に嶋野に会い彼からマコト殺害命令は真島がマコトを殺せないと踏んだうえで仕組んだこと、マコトに真島に信頼を抱かせてカラの一坪を容易く買収するために仕向けたものだったことを知る。自身が掌の上で踊らされていたに過ぎなかったと知った後落ち込むも、すぐに奮起しなおしてマコト捜索を再開。神室町中を探しマコトを見つけ出した真島は、彼女の兄である「立華鉄(たちばなてつ)」が堂島組によって殺され、それに対して復讐を誓っていることを知る。その後マコトは真島の目から逃れ単身堂島組の待つビルへ向かい取引を始めるが、真島が追いつくころには時すでに遅く、マコトは堂島組の雇った殺し屋「老鬼(ラオグゥェイ)」に撃たれてしまう。真島は全ての元凶である堂島組組長「堂島宗兵」に対する怒りから遂に狂気を露わにし、単身堂島組本部に乗り込んで堂島組若頭補佐「阿波野大樹」を倒し、その直後に堂島組長と共に現れた老鬼と激闘を繰り広げて勝利を収める。最後に全てを終わらせるために堂島と老鬼を殺害しようとするが駆け付けた世良によって止められ、もし殺してしまえばマコトに一生自身のために殺人をしたという事実を背負わせてしまうこと、世良によってカラの一坪は日侠連が買い占めたことを告げられる。そして老鬼は楽に死なせるよりも穴倉に送る方がいいと提案され、真島は二人を殺さずに留めた。

事件後、嶋野に東城会をケジメを付けさせるように世良から頼まれるも、嶋野を殺すことはできず逆に拳銃を渡して自身の運命を委ねるが、嶋野は近江の本部長に責任を擦り付けて殺害。真島の事を天下を取るための最強の武器を手に入れたとして再び迎え入れる。嶋野組へ復帰後、事件を通して様々な人々の生き様に触れたことで誰よりも狂った生き方を志すために素肌に蛇柄のジャケットを着こむなど派手な服装になる。そして一連の活躍から嶋野の狂犬と呼ばれ一目置かれるようになる。その後、偶然神室町で視力が戻ったマコトと再会。真島を暴漢と勘違いして駆け付けた主治医に惚れているのかと意思を確かめると主治医からマコトを愛していると言われ、そのことを聞いた真島はマコトの幸せを祈りながら彼女に自身の声を聴かせずに立ち去った。エピローグではカラの一坪にマコトが訪れることを想定して、彼女が愛用していたオルゴールを時計を修理した上で地面に埋めてそれを拾わせた。その後神室町の天下一通りで桐生と遭遇、そこで「桐生チャン!!」と呼び、二人のライバル関係が始まる。

『龍が如く』

嶋野組若頭となった真島は、嶋野組傘下の組織として自身の組を立ち上げていた。1995年に部下を引き連れて顔見知りである桐生と再会、そこで彼を知らずに因縁をつけた部下に制裁を加えた後その場を後にする。その後2005年に組長殺しで捕まっていた桐生が刑務所から出所したと聞くや否や、彼が保護していた少女「澤村遥」を誘拐、バッティングセンターで待ち構えて戦うも敗北。直後に桐生を討ち取ろうとした子分から体を張って桐生を庇い、意識不明の重体となる。復活後、桐生と決着をつけるために子分を引き連れてトラックでソープランドの桃源郷に突っ込んで襲撃。桐生と直接対決するも傷の影響もあってかまたも敗北した。

リメイク作品である『極』では1995年に桐生との因縁が始まるシーンや、長い獄中生活で弱体化した桐生に力を取り戻させるために執着して街のいたるところで遭遇するイベントが発生するなどいくつかシーンが追加されている。

『龍が如く2』

前作の事件で嶋野太が死亡した後、独立して東城会本家舎弟頭となる。しかし2006年に東城会五代目会長になった「寺田行雄」が自身や二代目風間組組長「柏木修」など古参の者を排斥し、周りにイエスマンしか置かない現状に嫌気がさし東城会を抜ける。そこから元組員を引き連れ真島建設を設立。神室西公園跡に神室町ヒルズを建設する事業を請け負う一方、賽の河原の地下闘技場チャンピオンにもなる。桐生と再会後は彼の要請により近江連合の関東侵攻阻止に協力することを約束。数日後に千石組が送り込んできた大量の構成員を負傷したもののたった1人で全員撃退して神室町を守り切ったり、韓国系マフィアの真拳派(ジングォン派)が設置した爆弾の一つを知識なしで勘で解除するなど活躍を見せる。

リメイク作品の『極2』では、賽の河原で桐生と再会した後、神室町ヒルズの利権を狙って乗り込んできた悪徳不動産を桐生と共に撃退するシーンが追加されている。また真島を主人公とした本編の前日譚として東城会を抜けるまでの経緯を描いた物語が用意されている。2006年、東城会の若頭候補として植松組組長「植松彰信」と争う形になる。その最中に真島組が襲われる事件が発生、植松組に疑いをかけた真島は単身で事務所に乗り込むが既に植松は何者かに殺害された後だった。植松殺害の容疑をかけられた真島は真犯人を追うために情報収集を開始、結果的に真犯人は自身の組の構成員である「川村涼太」であること、そして現在川村は蒼天堀にいることが判明。彼を追って蒼天堀に来た真島はそこで川村が多額の借金を誰かに肩代わりしてもらっていたことが判明。その後、川村がキャバクラ店グランドで近江連合幹部を射殺したと情報を聞いて現場に急ぐ。グランドに到着した後、今度は自身が川村から命を狙われるがこれを撃退。川村は借金の肩代わりとして植松と近江連合幹部、真島を殺すように命令を受けていたことを白状し真島に謝罪した後に今回の黒幕である東城会直系飯渕組組長「飯渕圭」に射殺される。飯渕は極道社会の改革を図るために東西の戦争を起こそうと動いていることを明かした後、真島を始末にかかるもこれを返り討ちにする。騒動が終わった後、近江との全面戦争を避けるために寺田と共に近江連合本部に赴き、近江連合幹部を殺害したことの責任として真島組解散を提示。一時的に戦争を避けることに成功した。その後は真島建設を立ち上げ、堅気としてしばらくは生活することになる。

植松殺害事件を調べる過程でほぐし会館でマコトと再会しており、施術を受けている最中にマコトから結婚して幸せな生活を送っていること、自身が渡した時計のベルトが壊れて新しいものに変えたことを知る。その後真島は過去に着けていたものと同じバンドを店のスタッフにマコトに渡すように頼んでいる。施術中はマコトにバレないように激痛を我慢して声を出さないようにし、去り際に「おかげで18年もののコリが取れた」と告げて店を後にした。物語終盤で家族と共にマコトが海外への移住をする道中の飛行機内で差出人不明のバンドを見て、店に現れた人物が真島であると気付く。

4lurotanshi
4lurotanshi
@4lurotanshi

Related Articles関連記事

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代『龍が如く』より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作『龍が如く2』にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如くシリーズ』の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、『龍が如く』の主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く 維新!(ISHIN)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く 維新!』とは、PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズのスピンオフ作品。『龍が如く 見参!』に続く時代物の外伝作であり、キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」である。日本の幕末が舞台となっており、忠実をベースに物語が作られている。主人公の坂本龍馬は育ての親である吉田東洋の殺害犯を捜すため、名前を変え新選組に入隊。吉田を殺した特異な剣術をヒントに、組織内部から新たな犯人を捜していく。

Read Article

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く』とは、2005年にSEGAからPlayStation2用ソフトとして発売された3Dアクションアドベンチャーゲーム。『龍が如く』シリーズの第1作である。主人公の桐生一馬を操作して物語の舞台となる神室町でストーリーを進めたり、ヤクザやチンピラなどの敵と戦ったりする。企画当初は成人男性をターゲットにしていたが、リアルに再現された繁華街を自由に探索できるのと、日本の裏社会を題材とした濃厚なストーリーが繰り広げられることから話題となった。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く8(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く8』とは、株式会社セガが販売するドラマティックRPGで『龍が如く』シリーズのナンバリング8作目。2020年に発売された『龍が如く7 光と闇の行方』以来、4年ぶりのタイトルである。キャッチコピーは「世界一、運が悪くて世界一ハッピーなヤツらの物語」。 どん底から再び這い上がる男「春日一番」と人生最後の戦いに挑む伝説の極道「桐生一馬」の2人の主人公を軸にシリーズ最高のドラマが繰り広げられる。2人の主人公が織りなすストーリーの濃密さと、サブストーリーの豊富さが魅力の作品。

Read Article

龍が如く7外伝 名を消した男(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

龍が如く7外伝 名を消した男(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『龍が如く7外伝 名を消した男』とは、セガより2023年11月に発売されたアクションアドベンチャーゲーム。 2020年に発売された『龍が如く7 光と闇の行方』の外伝作品である。 愛する人を守るため、自らの死を偽装した、主人公・桐生一馬。しかし、謎の覆面集団に襲われたことがきっかけで、再び極道の抗争に巻き込まれることになる。 本作は、『龍が如く7』での桐生一馬の「空白の時間」を埋める作品であり、「桐生一馬」という人間の魅力を前面に押し出している作品となっている。

Read Article

龍が如く2(極2)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く2(極2)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く2』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。『龍が如く2』のヒートアクションとは、ゲーム内で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

龍が如く1(初代・極)の必殺技・ヒートアクションまとめ

『龍が如く』とはSEGAから発売された裏社会を舞台とするアドベンチャーゲームである。主人公の桐生一馬は、堂島の龍と呼ばれた伝説の極道であり、極道組織東城会に所属している。100億円をめぐる事件を彼なりの方法で解決していく。 『龍が如く』のヒートアクションとは、『龍が如く』で敵と戦う時に使用可能な攻撃の種類のことである。ヒートゲージが溜まった状態で、コマンド△を押すと発動可能。通常攻撃では見ることのできないムービーが流れるのが特徴で、中にはムービー中にコマンドを選択するアクションもある。

Read Article

桐生一馬(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

桐生一馬(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

桐生一馬(きりゅうかずま)とは、アクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズに登場する主人公キャラクターの1人。関東最大極道組織、東城会の元組員にして東城会元四代目会長。別名「堂島の龍」と呼ばれ、その名は裏社会ではかなり知れ渡っており、生ける伝説として後世に語り継がれているほど。義理と人情に厚く、喧嘩の実力も作中最強格とされる。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

堂島大吾(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

堂島大吾(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

堂島大吾(どうじまだいご)は『龍が如くシリーズ』に登場する東城会六代目会長。東城会直系堂島組の組長・堂島宗兵とその妻の堂島弥生の一人息子である。武闘派だった父親譲りの腕っぷしを持ち、射撃の腕にも優れる。 初登場時は弱小となった東城会に絶望して飲んだくれていたが、桐生一馬と再会したことをきっかけにして立派に成長していく。会長となった後も桐生のことを尊敬し続け、彼が快い生活を送れるよう心を配っている。

Read Article

澤村遥(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

澤村遥(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

澤村遥(さわむらはるか)とは、『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターで、メインヒロインの1人である。1作目である『龍が如く1』から登場しており、シリーズを追うごとに年齢や身長も変わり、成長していく。作中では主人公の桐生一馬と共に行動する場面も多く、遥が関わるゲーム内イベントやストーリーも多い。

Read Article

伊達真(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

伊達真(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

伊達真(だてまこと)は『龍が如くシリーズ』に登場する警視庁組織犯罪対策第四課の刑事である。警察官としての誇りを持った人物で、その誇りのためならば上層部の人間に逆らうことも厭わない。後輩の刑事からは「伝説の名刑事」として慕われている。 初代では100億を巡る事件を追う過程で、「堂島の龍」と呼ばれる桐生一馬と協力関係を築く。一人娘の沙耶との和解を経て桐生のかけがえのない友人となり、以降のシリーズでも相棒として桐生を支え続ける。

Read Article

冴島大河(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

冴島大河(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

冴島大河(さえじまたいが)は『龍が如くシリーズ』に登場する東城会直系「冴島組」組長である。かつて起こした事件から「極道18人殺し」の異名で恐れられる人物だが、本人の性格は温厚で面倒見が良い。東城会の大幹部で真島組組長の真島吾朗とは兄弟分の間柄である。『龍が如く4 伝説を継ぐもの』でかつて起こした事件が冤罪だと判明し死刑を免れた後は、真島と共に東城会六代目会長の堂島大吾を支えている。

Read Article

秋山駿(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

秋山駿(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

秋山駿(あきやましゅん)とはアクションアドベンチャーシリーズ『龍が如く』登場する主人公キャラクターの一人。消費者金融スカイファイナンスの代表取締役にしてキャバクラエリーゼのオーナー。無利子、無担保で融資をするかわりに提示する条件を飲んでもらう一風変わったやり方を取るその様から「神室町の駆け込み寺」の異名を持つ。堅気だが、極道者に引けを取らないほどの喧嘩の腕前を誇る。

Read Article

郷田龍司(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

郷田龍司(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

郷田龍司(ごうだりゅうじ)は『龍が如くシリーズ』の五代目近江連合直参郷龍会二代目会長である。関東で「堂島の龍」として名の通っていた桐生一馬に匹敵する存在感から「関西の龍」と呼ばれるが、本人は「龍の二つ名は唯一無二の存在であるべき」という考えから「関西」の部分を良く思っていない。 『龍が如く2』では近江連合が桐生の所属する東城会と五分の盃を交わすことを不満に思い、クーデターを起こして桐生率いる東城会と全面衝突を起こす。

Read Article

狭山薫(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

狭山薫(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

狭山薫(さやまかおる)とは、『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターで、大阪府警第四課主任の警部補の女性。『龍が如く2』では、メインヒロインとして登場する。正義感が強く、暴力団に対する容赦のない取り締まり振りから「ヤクザ狩りの女」と呼ばれていた。腕っぷしも強く、ゲーム内では主人公の桐生一馬と共闘するシーンも見られる。

Read Article

風間新太郎(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

風間新太郎(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

風間新太郎(かざましんたろう)とは、『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターで、東城会直系・堂島組の若頭であり、堂島組内の風間組組長を務めた人物である。天才的な銃の腕を持つヒットマンだった過去を持っている。孤児の養護施設「ヒマワリ」を創設し、主人公の桐生一馬たちの父親的存在だった。

Read Article

錦山彰(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

錦山彰(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

錦山彰(にしきやまあきら)とは、『龍が如く』シリーズに登場するキャラクターで、東城会直系「錦山組」の組長。メインの主人公である桐生一馬とは幼馴染で、同じ児童養護施設の出身である。シリーズ1作目の『龍が如く1』から登場しており、過去編である『龍が如く0 誓いの場所』では堂島組若衆だった頃の姿が描かれていた。

Read Article

春日一番(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

春日一番(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

春日一番(かすがいちばん)とは、『龍が如く7 光と闇の行方』の主人公。『龍が如くシリーズ』の2代目主人公であり、気心の知れた相手からは「イチ」と呼ばれている。初代主人公の桐生一馬とは対照的に、フランクで明るい性格をしている。 もとは東城会系三次団体「荒川組」の構成員だった。しかし尊敬する荒川真澄の懇願で他人が犯した殺人の罪を被り、警察署に出頭。出所後に荒川と再会した際には銃を向けられ、実の父のように敬愛した彼に撃たれてしまう。

Read Article

荒川真澄(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

荒川真澄(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

荒川真澄(あらかわますみ)は『龍が如くシリーズ』に登場する東城会系三次団体「荒川組」の組長。「殺しの荒川組」と称されるほど武闘派極道のトップでありながら仁義に厚い人物で、ただのチンピラだった春日一番を助け彼の人生に大きな影響を与えた。しかしその一番が服役している間に荒川組は関西一円のヤクザを束ねる近江連合の直参団体に。真澄も近江連合の若頭代行を任され、真意を問おうとやってきた一番に銃を向ける。

Read Article

沢城丈(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

沢城丈(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

沢城丈(さわしろじょう)は『龍が如くシリーズ』に登場する東城会系三次団体「荒川組」の若頭で、組長・荒川真澄の右腕として働く人物。『龍が如く ONLINE』と『龍が如く7 光と闇の行方』では詳細な人物像が異なっており、『7』だと真澄の息子、荒川真斗の望みを叶えることに執着している。一方でシノギに厳しい冷酷な性格であるため、甘い考えで仕事をする春日一番とはそりが合わなかった。作中では真斗の配下として、何度も一番の前に立ちはだかる。

Read Article

ハン・ジュンギ/キム・ヨンス(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ハン・ジュンギ/キム・ヨンス(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ハン・ジュンギ(キム・ヨンス)とは『龍が如くシリーズ』に登場する韓国系マフィア「コミジュル」の参謀を務める男性。本名はキム・ヨンスだが、韓国マフィア「ジングォン派」のボスだったハン・ジュンギの影武者という役割を担っていた過去があり、本物が死んだ後もハン・ジュンギとして生き続けている。本物のハン・ジュンギに倣い、性格は公明正大で紳士的。しかし時折、本物よりも人間味のある一面も見せる。

Read Article

向田紗栄子(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

向田紗栄子(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

向田紗栄子(むこうださえこ)とは『龍が如くシリーズ』に登場するキャバクラ店の雇われママである。店を経営する野々宮勲が何者かに殺されたことをきっかけに春日一番と知り合い、彼らと共に野々宮の死の真相を探っていく。 気が強い性格でカタギの女性でありながら腕っぷしもある。一番のパーティーに加わった後は、極道の人間を相手にしても物怖じすることなく戦っている。またかなりの酒豪であり、一番たちが酔いつぶれても顔が赤くならないほどである。

Read Article

ソンヒ(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ソンヒ(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ソンヒとは『龍が如くシリーズ』に登場する韓国系マフィア「コミジュル」の女総帥である。コミジュルは伊勢佐木異人町に流れ着いたジングォン派の残党であり、ソンヒはその「はぐれジングォン派」の母親に連れられて異人町にやってきた。そのような経歴を持つため、自分たちのようなはぐれ者に異人町という居場所をくれた民自党の幹事長・荻久保豊には強い忠誠を尽くしている。一方で異人町を守るためなら殺人すら辞さない冷酷さも持ち合わせる。

Read Article

ナンバ/難波悠(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ナンバ/難波悠(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

ナンバ/難波悠(なんばゆう)とは『龍が如くシリーズ』に登場する元看護師のホームレスである。表向きはリアリストで、全てを諦めているかのようなセリフを吐くこともあるが、新人ホームレスの春日一番に路上生活のイロハを教えるなど、情に厚い人物。また頭が切れる人間でもあり、推理で一番をサポートすることもある。 実弟の秋葉正一が異人町の偽札作りを調査しているうちに音信不通になったことで、ナンバは異人町の公園に住み着いた。そして偽札を持っていた一番に同行して、弟の行方を探っていく。

Read Article

趙天佑(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

趙天佑(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

趙天佑(ちょうてんゆう)とは『龍が如くシリーズ』の武闘派中国マフィア横浜流氓(ハンピンリューマン)の総帥である。常にへらへらした陽気で気さくな人物だが、伊勢佐木異人町を支配する「異人三」の一角・横浜流氓(ハンピンリューマン)の総帥に相応しい威圧感を持ち合わせる。一方で総帥就任には消極的だったようで、『龍が如く7 光と闇の行方』の主人公の春日一番からは「部下の手前ボスらしく振舞っていただけに見える」と評される。

Read Article

足立宏一(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

足立宏一(龍が如く)の徹底解説・考察まとめ

足立宏一(あだちこういち)は『龍が如くシリーズ』に登場する元神奈川県警刑事。上司にたてついたことで免許センター職員に左遷された過去を持ち、その復讐のため春日一番に協力を持ち掛ける。 警察官だけあって不正や罪を許さない正義感に溢れた人物であるが、酒や女に弱く、収入のほとんどを遊びに費やすなど、だらしない一面も存在する。初代主人公の桐生一馬の友人、伊達真は刑事時代の後輩で「まこっちゃん」と愛称で呼ぶ仲である。

Read Article

目次 - Contents