降旗光樹(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

降旗光樹(ふりはた こうき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの1人である。主人公である黒子テツヤ(くろこ てつや)と同じ誠凛高校バスケ部に所属している。学年は1年生で、ポジションはPG(ポイントガード)。誠凛で2番手のPGであり、スターターの伊月俊(いづき しゅん)とは違って、スローペースなバスケットが得意。試合に出場することはほとんどないが、ベンチから声を張り上げチームを鼓舞役割を担う。ウインターカップの海常高校との試合で、全国大会デビューを果たした。

降旗光樹の概要

降旗光樹(ふりはた こうき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターである。誠凛高校バスケ部に所属する1年生で、PGを務める。好きな女性から「何かで1番になったら付き合う」と言われ、バスケットボールで1番を目指すことになった。しかし、チーム内での実力の序列は低く、試合に出場することはほとんどない。それでも、ベンチから声を張り上げチームの士気を高めるなど、彼なりに貢献しようと努力している。ハイテンポなバスケを展開する伊月俊(いづき しゅん)とは違い、ゆっくりとボールを回し試合を組み立てるスローゲームを得意としている。ウインターカップ準決勝の海常高校との試合で全国大会初出場を果たし、その後の決勝での洛山高校との試合にも出場した。同ポジションである、海常の笠松幸男(かさまつ ゆきお)や洛山の赤司征十郎(あかし せいじゅうろう)といった実力者とマッチアップし、大きな経験を積んだ。チームメイトからは「フリ」という愛称で呼ばれている。

降旗光樹のプロフィール・人物像

所属:誠凛高校
身長:170㎝
体重:60㎏
誕生日:11月8日
血液型:O型
ポジション:PG(ポイントガード)
好きな食べ物:オムライス
特技:早口言葉

CV:水谷直樹

降旗光樹は誠凛高校バスケ部に所属する1年生の選手である。インターハイ予選の敗戦を経て、ウインターカップでは多くの強豪校を倒し、全国大会優勝を達成する。降旗は試合の多くの時間をベンチで過ごしたが、海常高校戦や洛山高校戦では、ゲームチェンジャーとしての役割をこなした。降旗は茶髪で少し華奢な体格をしている。性格は非常にビビりで公式戦でコートに立つたびに、緊張で半泣きになっていた。そんな性格もあって苦手なことは、人前に立つこと。オフの日は買い物をして過ごしている。背番号は12で、得意なプレーはスクリーンプレー。座右の銘は「縁の下の力持ち」であり、目立たないところでチームを支える降旗をよく表した座右の銘だ。

降旗光樹の能力

味方のサポート

出典: twitter.com

選手を落ち着かせる降旗

降旗には、キセキの世代や黒子らのように唯一無二の必殺技といえるプレーは持っていない。しかし、味方を動きやすくする、サポートする能力は非常に高い選手である。具体的には、味方をマークマン(ディフェンダー)から引き離すスクリーンプレーによって、味方の選手をフリーにしたり、チームが攻撃のリズムを失った時に、ボールを回し、ゆっくりと組み立てたりなどのプレーのことである。これらのプレーは一見目立たず、スタッツ(記録)にも残らない、いわゆる泥臭いプレーであるが、チームの士気に大きく影響し、勢いや落ち着きをもたらすとして、非常に重要なスキルとされている。降旗は攻撃においてこの力を遺憾なく発揮し、リズムが狂った誠凛のオフェンスに変化を加え、本来の攻撃力を取り戻すことに成功している。

降旗光樹の必殺技

スクリーンプレー

降旗の得意技はスクリーンプレー。スクリーンプレーとは、自チームの攻撃時において、オフボールプレイヤー(ボールを持っていない選手)が味方のプレイヤーについているディフェンダーの壁となるように立ち、味方をマークマンから引き離すプレーである。主にビックマンといわれる選手がガード(PGの選手など)に対して行うことが多い。降旗はこのスクリーンプレーを得意としており、作中でも1コマだけ、スクリーンを行い、黒子をフリーにする動きを見せていた。

降旗光樹の来歴・活躍

桐皇学園高校戦

インターハイ予選決勝リーグで誠凛高校は桐皇学園高校と対戦した。キセキの世代のエースである青峰大輝(あおみね だいき)が遅刻すると聞かされた誠凛は、試合開始から主導権を握り、青峰が到着するまでにリードを広げようとする。しかし、個々の能力が高い桐皇の個人技によって、リードを許す出だしとなった。それでも、誠凛高校のキャプテンの日向順平(ひゅうが じゅんぺい)の3Pや誠凛のエーススコアラーである火神大我(かがみ たいが)の好ディフェンスなどでなんとか食らいつく。しかし、桐皇のマネージャーである桃井さつき(ももい さつき)の先読みディフェンスにより、誠凛はシュートを決められなくなってしまった。試合を見ていた降旗も「まずくないですか」と焦りを見せる。その後は、黒子の機転で攻撃を繋ぎ、最初の10分を21ー25の4点差と食い下がった。

第2Qは開始直後に黒子から火神へのアリウープパスが決まり、勢いに乗る。降旗らベンチメンバーも声を出して、チームを盛り上げた。しかし、火神が足の怪我によりベンチに下がると、高さで劣勢になった誠凛は点差を離されてしまう。残り時間が1分を切ったあたりで、再び火神がコートに戻った。するとここで青峰が合流する。前半終了間際に実現したエース対決は、青峰が手を抜いたことで互角となった。降旗らベンチメンバーは青峰のスピードに驚愕していた。

誠凛は10点のビハインドで後半を迎えた。開始から青峰が型のない(フォームレス)シュートを次々と決め、独壇場となる。降旗も、どんな体勢からでも決めてくる青峰のシュートを見て、「なんだ今のシュート!?」と驚愕した。その後も火神の渾身のブロックをかわしてのシュートやファウルを受けながら決めきるなど、誠凛を蹂躙していく。しかし、黒子がコートに戻り、冷静さを取り戻した火神が日向の3Pをアシストする。そして、後半初得点に降旗は歓喜した。それでも、それ以降は火神が怪我でコートを離れると、黒子も青峰に止められてしまう。
40点差がついた最終盤で、誠凛は戦意が失われかけていた。それでも最後まで決して諦めない黒子を見て、日向らも最後まで足を動かす。意気消沈していた降旗らに、小金井慎二(こがねい しんじ)は「(コートの)中の選手が諦めてねーんだぞ。黙って見ててどーすんだ」と激励する。その言葉を受け、降旗らベンチ選手も試合が終わるまで声を出し、チームを鼓舞し続けた。それでも点差は開き、誠凛は55ー112で大敗することとなった。

海常高校戦

出典: twitter.com

全国大会初出場を果たした降旗

ウインターカップ準決勝で誠凛は海常高校と対戦した。この試合で先行逃げ切りの展開を目指した誠凛だったが、キセキの世代の1人であり海常のエースである黄瀬涼太(きせ りょうた)の奇襲で大差をつけられ追いかける出だしとなってしまった。一刻も早く点差を縮めたい誠凛だったが、焦ってしまい、リズムが狂い、攻撃が単調になったことでなかなかシュートが決まらない時間が続く。そんな中で、ゲームチェンジャーとして降旗が投入された。全国大会デビューと同時に公式戦デビューにもなったこの試合で、降旗は緊張して、ドリブルもまともにできないほどぎこちない動きになってしまう。しかし、その後は落ち着きを取り戻し、良さを発揮していく。
ヘルプの備えが早いことに気付き、1対1を仕掛けようとした火神を止めたり、ドリブルをとめてしまった日向のヘルプに入ったり、黒子にスクリーンをかけたりなど献身的なプレーでチームを助けた。さらには、焦りで、から回っていた誠凛の攻撃も、ゆっくりとボールを回してオープンシュートを作り得点につなげるなどオフェンスのリズムを取り戻すことに大きく貢献した。降旗の活躍もあり、調子を取り戻した誠凛は出だしこそ遅れを取ったが、前半を同点で終える。

後半は黄瀬が怪我でプレータイムが制限されたため、誠凛は一気に追い打ちをかける。火神がダブルチームを突破すると、日向と誠凛のC(センター)である木吉鉄平(きよし てっぺい)のコンビプレーで効率よく得点を重ねた。海常もキャプテンの笠松幸男(かさまつ ゆきお)を中心に追いすがるが、点差が徐々に広がっていく。試合時間残り4分ほどで誠凛は15点のリード奪うことに成功する。ここで黄瀬と黒子がコートに戻り、試合が動いた。黄瀬の怒涛の追い上げにより残り40秒で海常が逆点する。
その直後の攻撃で今度は誠凛が逆点。黒子による黄瀬封じが成功するが、黄瀬が土壇場で笠松へパスを出した。笠松がシュートを決め再び海常が先行する。その後、火神が最後のカウンター攻撃にでると黄瀬が渾身のブロックに跳んできた。しかし、火神のとっさの判断で黒子にパスを出し、黒子がシュートを決めることができたため、誠凛の再々逆点で試合に勝利した。

洛山高校戦

出典: cripend.info

懸命に赤司をマークする降旗

ウインターカップの決勝戦で誠凛は洛山高校と対戦した。試合開始から火神がゾーンに入り、リードを奪うことに成功する。しかし冷静に対応する赤司によって第1Qを同点とされる。第2Qに入ると状況が一変する。洛山の5人目の選手で、黒子と同じミスディレクションを使用し、新型の幻の6人目と呼ばれる黛千尋(まゆずみ ちひろ)により、誠凛は追い詰められた。そこで誠凛は降旗を投入する。黛には伊月をマークにつけ、赤司に降旗がマッチアップした。これは、伊月に黛をマークさせることでミスディレクションを封じ、赤司に降旗を抜かせ、インサイドで火神をヘルプにあてるという誠凛の作戦であった。
その後の攻撃で、マークが外れた降旗に木吉がすかさずパスを出す。それをきっちりと決め、洛山に食らいついた。それでも赤司とのマッチアップによるプレッシャーはすさまじく、たった数分で降旗の体力が尽きてしまう。ベンチに下がった降旗は、理解はしていても何もできなかった自身の無力さに悔し涙を流した。強くなりたいと話す降旗に黒子も共感する。

一時は追いすがった誠凛だったが、力の差は大きく37-62と大量のビハインドを背負って前半を終えた。後半に入っても流れは変えられず、日向が4つ目のファウルでベンチに下がると、火神が赤司に完敗し、誠凛は戦意を失ってしまう。そこで黒子は勝ちたいと立ち上がる。かろうじて息を吹き返した誠凛は、黒子、火神の奮起により再び追い上げを見せた。火神がゾーンに入り、赤司を抑えると、誠凛の上級生がかつてキセキの世代と互角に渡り合った無冠の5将と呼ばれる葉山小太郎(はやま こたろう)、実渕玲央(みぶち れお)、根武谷永吉(ねぶや えいきち)の3人を止める。ベンチでも誠凛高校でPF(パワーフォワード)を務める土田聡(つちだ さとし)をはじめ、降旗らも声を張り上げた。

ラスト10分間で20点を追いかけることになった誠凛は、第4Q開始から日向の3Pで反撃する。その後もじわじわと点差をつめてくる誠凛を前に、赤司がゾーンに入った。再び劣勢に立たされた誠凛だったが、黒子と火神が赤司を止めると、勢いに乗り2点差まで追い上げる。その後、赤司が本来の人格に戻ると、洛山がリズムを作りリードを広げた。それでも誠凛の高速パスによる連携で得点を重ね、残り8秒で日向がファウルを受けながら3Pを決める。
リバウンド勝負に持ち込んだ誠凛は、木吉がボールを奪い黒子にパスをつなぐと、赤司がブロックに跳んだ。しかし、黒子は「ボクは影だ」という言葉とともに火神へとパスをつなぐ。火神がダンクを決めたところで試合が終了し、誠凛の優勝でウインターカップは幕を閉じた。降旗らベンチの選手も喜びを爆発させ、コートへ飛び出した。

降旗光樹の関連人物・キャラクター

黒子テツヤ(くろこ てつや)

出典: twitter.com

パスのスペシャリストで誠凛の影

CV:小野賢章、小清水亜美(VOMIC)

黒子テツヤは誠凛高校に所属する1年生である。キセキの世代幻の6人目(シックスマン)と呼ばれ、帝光中学時代に全国大会3連覇を経験した。存在感の希薄さと視線誘導(ミスディレクション)を駆使した、パス回しに特化したバスケスタイルを持つ。自身のことを「影」とし、火神や青峰といったエーススコアラーたちを「光」と表現している。キセキの世代を倒し、ウインターカップを勝ち上がるために、パス以外の武器を習得しようと練習に励んだ。その結果、消える(バニシング)ドライブや幻影の(ファントム)シュートを身につけることに成功する。誠凛高校の切り札とされており、ウインターカップの桐皇戦でのオーバーフローや陽泉戦での特殊なディフェンスフォーメーションなど、黒子を中心とした戦術が多く用意されている。両手首のリストバンドは、負担を軽減させるためにつけている。ちなみに、ウインターカップの決勝では、降旗らからもらったリストバンドをつけて試合に臨んだ。

1k194chicago-back-1921
1k194chicago-back-1921
@1k194chicago-back-1921

Related Articles関連記事

黒子のバスケ(黒バス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

黒子のバスケ(黒バス)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『黒子のバスケ』とは、藤巻忠俊によるバスケットボール漫画、およびそれを原作とした小説・アニメ・ゲーム・舞台などのメディアミックス作品。かつてバスケの名門校「帝光中学校」の「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていた黒子テツヤが、バスケ部新設校の誠凛高校に進学する。そこでバスケにおいて天賦の才能を持つ火神大我という「光」に出会い、黒子は火神の「影」として「バスケで日本一になる」ことを目指す。

Read Article

黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

黒子のバスケ(黒バス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『黒子のバスケ』とは、週刊少年ジャンプで連載されていた藤巻忠俊の作品である。高校のバスケットボール部を題材とした漫画で、主人公の黒子が所属する誠凛高校が高校バスケットボールの大会である『ウィンターカップ』の優勝を目指す物語。友情や努力を感じさせるアツい台詞の数々は読者の心に深く刻み込まれている。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

赤司征十郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤司征十郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

赤司征十郎(あかしせいじゅうろう)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で「開闢の帝王」洛山高校を率いる1年生キャプテン。帝光中学時代も「キセキの世代」を率いて1年時からキャプテンを務めて全中3連覇に導いた。「天帝の眼(エンペラーアイ)」を使ってオフェンスでは相手の足を崩す「アンクルブレイク」、ディフェンスではスティールに長けており、攻守で誰よりも抜きん出ている。中学時代に紫原敦との1 on 1に敗れかけた際に別人格の赤司が現れ、穏やかだった性格がより圧倒的で好戦的になった。

Read Article

テツヤ2号(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

テツヤ2号(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

テツヤ2号(てつやにごう)とは、『黒子のバスケ』に登場する子犬のキャラクターで主人公黒子テツヤ(くろこてつや)が所属する誠凛バスケ部で飼われている。試合の帰りに黒子に拾われた。監督兼マネージャーの相田リコ(あいだりこ)から一目で気に入られ、目が黒子に似ている事から「テツヤ2号」と2年生の小金井慎二(こがねいしんじ)に名付けられた。普段は黒子と区別する為に「2号」と呼ばれている。留守番が多いが、部員と一緒に試合や練習を観る事もあり、バスケを理解している様子も見られる。

Read Article

青峰大輝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

青峰大輝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

青峰大輝(あおみねだいき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで、桐皇学園高校1年生である。背番号は5番でポジションはパワーフォワード。帝校中学校出身で、「キセキの世代」のエースであった。ストリートバスケを彷彿をさせる型にはまらないバスケを得意としている。また、どんな体勢からでもシュートを決めることができる「フォームレスシュート」も得意としている事から「DF不可能の点取り屋(アンストッパブルスコアラー)」と呼ばれている。部の練習には一切出ず、試合も遅刻して来るなど素行が悪い。

Read Article

伊月俊(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊月俊(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

伊月俊(いづきしゅん)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で誠凛高校2年生のポイントガード。チームを操る司令塔として冷静に試合の流れやチームメイトの様子を見極める。「鷲の目(イーグルアイ)」の使い手で試合の状況や敵味方の動きを俯瞰的に捉える事に長けており、それを活かして得点や劣勢打破に繋げる。また、小2のミニバスから始めた為、経験値がありバスケIQが高い。一方でダジャレを言うお茶目な一面もあり、チームメイトには呆れられている。ダジャレのネタ帳は100冊を越えており、事あるごとにメモをしている。

Read Article

日向順平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

日向順平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

日向順平(ひゅうがじゅんぺい)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターであり、誠凛高校2年生バスケ部キャプテンである。3Pシューターであり、いつも大量得点を獲って誠凛の勝利に貢献している。キレると言葉遣いが悪くなり、この時の事を部員は「クラッチタイム」と呼んでいる。メガネに黒い短髪姿が印象的だが、高校1年生の時にはバスケを諦めグレた事で金色の長髪にしていた。口癖は「ダァホ」。趣味は戦国武将フィギュア集め。キャプテンとして創部2年目の誠凛バスケ部をウインターカップ優勝に導いた。

Read Article

木吉鉄平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

木吉鉄平(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

木吉鉄平(きよしてっぺい)とは『黒子のバスケ』に登場する誠凛高校2年生のC(センター)。誠凛高校バスケ部の創設者であり、主人公黒子テツヤのチームメイトでもある。『無冠の五将(むかんのごしょう)』と呼ばれる優秀な選手の1人で『鉄心(てっしん)』の異名を持つ。1年生時、インターハイ予選トーナメント決勝にて膝を故障してしまう。その後はリハビリに努め、翌年のインターハイ予選敗退後にチームに復帰した。仲間思いでおおらかな性格をしており、チームメイトが傷つけられそうになったときには怒りを露わにした。

Read Article

黄瀬涼太(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黄瀬涼太(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黄瀬涼太(きせりょうた)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で「青の精鋭」海常高校の1年生エース。帝光中学時代は「キセキの世代」の1人として全中3連覇を達成する。他の「キセキの世代」よりもキャリアが浅いが、類まれなバスケセンスで異常な速度で成長していく。相手の技をコピーする能力を持っており、ウィンターカップでは「キセキの世代」のメンバー全員の技をコピーする「完全無欠の模倣(パーフェクトコピー)」まで能力を昇華させている。

Read Article

火神大我(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

火神大我(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

火神大我(かがみたいが)は、藤巻忠俊のバスケットボール漫画・『黒子のバスケ』に登場するキャラクターだ。 主人公・黒子テツヤの相棒で、もうひとりの主人公として描かれている。1年生で誠凛高校バスケ部のエースを務めており、背番号は10番、ポジションはパワーフォワードとして活躍している。キセキの世代と同格の選手である。力強いダンクシュートなどのダイナミックなプレーが得意だ。打倒キセキの世代と目標を掲げ黒子たちと共に戦うのである。

Read Article

NEW
緑間真太郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

緑間真太郎(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

緑間真太郎(みどりましんたろう)とは、漫画『黒子のバスケ』の登場人物で「キセキの世代」のメンバーの1人。この漫画の主人公の火神大我や黒子テツヤのいる誠凛高校とバスケの試合で度々当たることとなる秀徳高校の1年生だ。ポジションは、シューティングガード。「キセキの世代」の随一のシューターで、必殺技は、「超長距離(スーパーロングレンジ)3Pシュート」で、自分側のゴール下から、相手のゴールにシュートを決めるというものである。

Read Article

虹村修造(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

虹村修造(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

虹村修造(にじむらしゅうぞう)は『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで帝光中学バスケットボール部の元主将である。黒髪に切れ長の鋭い瞳とアヒル口が特徴で帝光男子バスケ部の全員ををまとめあげたカリスマ性を持っている。中学生とは思えない実力で、帝光中のエースとしてドリブルの突破力やパスセンスにも定評があった。過去はかなりヤンチャだったようで、盗んだバイクで走り出したこともあるという。 中学卒業後は父親の治療のためにアメリカへ行っているので高校時代編には回想でしか登場していない。

Read Article

黒子テツヤ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒子テツヤ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黒子テツヤ(くろこてつや)とは、漫画『黒子のバスケ』の火神大我と並ぶ主人公の1人で、新設校の私立誠凛高校の1年生だ。中学時代は、3連覇を成し遂げた強豪の帝光中学校男子バスケットボール部の出身である。既存のポジション名がなく、初期はパスに特化した立ち位置であった。後半からは、自身での得点能力もついている。影の薄さを利用した独特なプレイスタイルから「幻の6人目(シックスマン)」と呼ばれていて、「キセキの世代」の5人の元チームメイトからも注目されている。

Read Article

紫原敦(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

紫原敦(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

紫原敦(むらさきばらあつし)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、陽泉高校1年生である。キセキの世代の1人であり、その中で最も恵まれた体格を持つ。性格はかなりマイペースで、先輩にも歯に衣着せぬ物言いをすることもある。長い紫色の髪の毛に高い身長、気怠げな態度が特徴的。また、お菓子が好きで作中でもよく食べている。ディフェンスを主に行っているが、本来は好戦的なタイプでオフェンスの方が得意としている。その攻撃力は「怪物」と評されるほどだ。木吉鉄平とは中学時代に対戦しており因縁の関係となっていた。

Read Article

相田リコ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

相田リコ(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

相田リコ(あいだりこ)とは『黒子のバスケ』に登場する誠凛高校の3年生で、バスケットボール部の監督兼マネージャーである。頭脳明晰でありながらさっぱりとした姉御肌な性格で気が強い。選手からの信頼も厚く、誠凛バスケットボール部を引っ張っている存在だ。相手の体を見るだけで身体能力が明確な数値でわかるという能力を持っており、1人1人にあうメニューや作戦を立てている。その反面、料理が壊滅的に下手である。日向や伊月とは中学が同じで、木吉とは一時期付き合っていたことがある。

Read Article

森山由孝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

森山由孝(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

森山由孝(もりやま よしたか)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、海常高校バスケ部のレギュラーである。「残念なイケメン」と言われており、これは見た目はいいものの、試合会場でも女の子を探すほど惚れっぽく、モテようとする言動を隠していないことから付いたあだ名である。ポジションはSG(シューティングガード)で変則的なフォームで打つブロックされづらい無回転3Pシュートを得意としている。

Read Article

NEW
高尾和成(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

高尾和成(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

高尾和成(たかおかずなり)とは、『黒子のバスケ』の登場人物で秀徳高校1年生のポイントガード。普段はお調子者だが試合になるとチームの司令塔として高い判断力と巧みなゲーム運びで「歴戦の王者」である強豪・秀徳高校でスタメンとして活躍する。「鷹の目(ホークアイ)」の使い手で広い視野を持っており、誠凛高校の1年生で「ミスディレクション」を使う黒子テツヤの天敵でもある。チームメイトの緑間真太郎とは中学時代に対戦し敗北しているが、高校では共に秀徳の主力となってチームを支える。

Read Article

実渕玲央(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

実渕玲央(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

実渕玲央(みぶちれお)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、洛山高校バスケ部の副主将である。「無冠の五将」の1人で「夜叉」との呼び名をもつ。長めの黒髪に長いまつ毛の端正な顔立ちで女性のような話し方が特徴。周りをよく見て気遣う優しい面と、キレている時でも自分を見失わない冷静な面を持ちあわせている。なめらかでキレのあるシュートフォームで「天」「地」「虚空」という3つのシュートを必殺技としている。誠凛の日向順平からは中学時代にシュートフォームの見本にされていた。

Read Article

NEW
宮地清志(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮地清志(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

宮地清志とは(みやじ きよし)とは『黒子のバスケ』の登場人物で、秀徳高校3年生である。 ポジションはスモールフォワード(SF)で背番号は8番、主人公の所属する誠凛高校とはライバルとなるチームに所属している。性格は真面目で自分にも他人にも厳しいため、キャプテンの大坪や同期の木村からの信頼は厚いが、後輩達からは怖い先輩という印象を持たれている。 そんな宮地清志だが、趣味はアイドルオタクで、特技がオタ芸という意外な一面もある。

Read Article

アレクサンドラ=ガルシア(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

アレクサンドラ=ガルシア(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

アレクサンドラ=ガルシアとは『黒子のバスケ』に登場する人物で、火神大我と氷室辰也の師匠である。通称「アレックス」。誠凛高校の男子バスケ部がミーティングしている時に下着姿で登場したり、火神大我の家にいる時は全裸だったりする。もともとはWMBAの選手だったが、病気で視力が悪化したことが原因で引退した。そのあとに火神大我と氷室辰也に出会い、2人の師匠となったという経緯がある。愛弟子である火神大我と氷室辰也の試合を見るために来日し、火神大我の家に滞在していた。

Read Article

NEW
大坪泰介(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

大坪泰介(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

大坪泰介(おおつぼ たいすけ)とは『黒子のバスケ』に登場するキャラクターで秀徳(しゅうとく)高校バスケ部のキャプテン。198cm、98kgの大型センターとして知られており、その実力は東京屈指とされている。後輩の高尾和成(たかお かずなり)からは厳しい先輩と言われており、緑間真太郎(みどりま しんたろう)の我儘に時々キレる事もあるが、後輩達や同じ3年生の宮地清志(みやじ きよし)や木村信介(きむら しんすけ)の努力を認め、信頼を置いている。

Read Article

今吉翔一(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

今吉翔一(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

今吉翔一(いまよししょういち)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、桐皇学園高校バスケ部主将である。人懐っこく話しかけてくるので一見柔和な雰囲気に感じるが、実は打算的でかなり腹黒い。相手の考えを読む能力に長けており、頭脳を使ったプレーが得意である。バスケの実力も高く、ダブルクラッチを得意としていたり、適当に放った風に見せかけてブザービーターを決めたりするほどのテクニックを持っている。青峰が桐皇にくるきっかけを作った人物であり、普段からフォローもしているため、青峰は今吉には比較的従順である。

Read Article

桃井さつき(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桃井さつき(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桃井さつき(ももいさつき)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの1人である。主人公の黒子テツヤに好意を寄せている。キセキの世代のエースである青峰大輝(あおみねだいき)の幼なじみであり、中学と高校は同じ学校に通っている。帝光中学時代と桐皇学園高校では、マネージャーとしてバスケ部に所属していた。性格はフレンドリーで人懐っこく、キセキの世代の面々や火神大我(かがみたいが)に対しては、独特なセンスのあだ名をつけている。キセキの世代と同様に、髪色と名前がリンクしているキャラクターである。

Read Article

桜井良(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桜井良(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

桜井良(さくらいりょう)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、桐皇学園高校バスケ部のスタメンである。口癖は「スイマセン!」で、常に謝っている。早撃ち(クイックリリース)シュートが得意で「特攻隊」とも呼ばれている。実は負けず嫌いで、相手が強く対抗心が沸くほどシュートの精度が増すという能力を持っている。『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの中では一番料理が上手く、自分でキャラ弁を作って学校に持ってきている。青峰大輝とは同じクラスで、いつもいびられて半泣きにさせられている。

Read Article

黛千尋(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黛千尋(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

黛千尋(まゆずみ ちひろ)とは『黒子のバスケ』に登場する洛山高校スターティングメンバー唯一の3年生であり、ポジションはパワーフォワード。3年生に進級した時点で自身の才能の限界を理由に退部を決意し、平凡な学生生活を送ろうとしていた。その矢先、1年生ながら主将になった赤司征十郎(あかし せいじゅうろう)に見初められレギュラー入りを果たす。ウィンターカップ決勝戦では、「新型の幻の6人目」として黒子テツヤと対峙。黛が登場したことで誠凛メンバーを動揺させ、火神と黒子の連携を封じることに成功した。

Read Article

氷室辰也(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

氷室辰也(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

氷室辰也(ひむろたつや)とは『黒子のバスケ』に登場する人物で、陽泉高校の選手である。見た目は黒髪で左目を隠しており、右目の泣きぼくろが特徴的なイケメン。キセキの世代の紫原敦と共に「ダブルエース」と言われており、基本的には大人しく温厚な性格なのでいつも紫原敦のワガママを聞いている。超正統派選手で努力で相当な実力を身に付けた。必殺技は「陽炎のシュート」である。火神大我とは兄弟のような関係であり、2人は兄弟の証として露店で購入したお揃いのリングを首から下げている。

Read Article

笠松幸男(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

笠松幸男(黒子のバスケ)とは【徹底解説・考察まとめ】

笠松幸男(かさまつゆきお)とは、『黒子のバスケ』に登場するキャラクターの1人である。初登場時は3年生で、全国大会常連校の海常高校の主将を務めている。「キセキの世代」の1人、黄瀬涼太をチームメイトに持ち、2人のやりとりから互いの相性の良さや信頼関係が読み取ることができる。過去の敗戦から、全国大会で優勝することを誰よりも渇望している。性格は非常に真面目であり、上下関係や礼儀を重んじる人物で、入部したばかりの黄瀬に対しその価値観を大事にするようにと伝えた。

Read Article

「黒子のバスケ」の全キャラプロフィールと能力まとめ!

「黒子のバスケ」の全キャラプロフィールと能力まとめ!

バスケットボールに打ち込む少年たちの青春を描いた漫画『黒子のバスケ』。主要なキャラクターの多くが超人的な技術や能力を持っており、それらをどうやって攻略していくのかを試合ごとに魅力的に描いた人気作品である。 ここでは、『黒子のバスケ』のキャラクターの画像と能力を各キャラクターごとにまとめて紹介する。

Read Article

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

【人気漫画】2007年~2018年の週刊少年ジャンプ打ち切り・終了マンガまとめ!

週刊少年ジャンプ連載作品で、2007年1号以降に終了した作品をすべて順に紹介します。『週刊少年ジャンプ』は、集英社が発行する日本の週刊少年漫画雑誌。略称は『ジャンプ』『WJ』 。1968年に『少年ジャンプ』として月2回刊誌として創刊し、翌1969年より週刊となり『週刊少年ジャンプ』に改名した。

Read Article

目次 - Contents