バットマンのかっこいい悪役まとめ

アメコミの代表作として名高い『バットマン』シリーズには、個性的で格好いい悪役が多く登場する。ここではそんな悪役たちを紹介する。ホアキン・フェニックスの演技が大ヒットにつながった『ジョーカー』の主人公ジョーカーや、元地方検事のトゥーフェイス、美しい女強盗キャットウーマンなどを掲載している。

出典: d.hatena.ne.jp

ジョーカー

バットマンの最凶最悪の宿敵で「犯罪界の道化王子」などの呼び名を持つ。バットマンと表裏一体の存在として対比されることが多い。
ピエロをイメージした風貌。服装は紫のスーツやタキシードに、オレンジ、緑のインナーなどの原色を好む。左胸に付けたコサージュから、毒薬、酸、笑気ガスを噴出する。他に手に仕込んだ高圧電気スイッチや、ジョークグッズのような武器を好んで用いる。トランプのジョーカーを自分のトレードマークとして犯行現場に残すこともある。

出典: prcm.jp

トゥーフェイス

ゴッサムの有能な地方検事であったハーヴェイはその整った容姿から「アポロ」とも呼ばれていた。バットマンの行動に理解を示し、ゴードン警部のバットマン追求から彼を守ったこともあった。だが法廷でマフィアのボス、サル・マローニに硫酸を浴びせられ、顔の左半分と、左手に大きな損傷を受けた。それを契機に内に秘めた狂気が解き放たれ、トゥーフェイス(二つの顔)と名乗るようになった。

出典: blog.livedoor.jp

リドラー

謎に対して変質的なまでに執着し、それを解くことに執念を燃やす。注目願望の持ち主で、自ら犯罪を行う際その手がかりを凝ったなぞなぞなどの形で残して、自分を追う者との知恵比べを楽しむ。バットマンには何度も知恵比べで敗北していることから、敵対心を抱いている。
服装は緑のスーツ、帽子、目を隠すマスクに、紫のクエスチョンマークを各部にあしらったものが多い。全身緑で紫のクエスチョンマークがプリントされたタイツも着用。
格闘術等は全く習得していない為、クエリー&エコーという女性ボディガードを連れていることもある。

出典: wtaiken.exblog.jp

キャットウーマン

猫をモチーフにしたレザー材質の衣装に暗視ゴーグルをつけた女強盗。ヴィランに分類されるが根っからの悪人というわけでもなく、ゴッサムシティの守護者を自称しているだけあって、人は殺さないことを信条としていたり、バットマンと共闘したり犯人探しのヒントを与えたりしている。

性格はまさに猫のように気まぐれでイタズラ好き。バットマンであるブルース・ウェインに異性としての感情を抱いており彼にヤキモキさせている。

ミスターフリーズ

摂氏零度以下でしか生きられない身体を持ち、筋力増強も兼ねる冷凍スーツに常に身を包む。何でも凍らせてしまう冷凍銃を武器とする。全ての生けるもの、幸せなものを凍らせるというのが信条で「心まで凍った男」を自称する。

クレイフェイス

数人の同名キャラクターが存在する。
泥の顔」の名のとおり、泥状の外見をした者たちである。

スケアクロウ

元はゴッサム大学の心理学教授で、恐怖症の研究をしていたが、学生達を使った行き過ぎた人体実験が原因で解雇され、それを逆恨みして犯罪者となった。様々な恐怖症を発症させるガスが武器。カカシを模したコスチュームをまとう。長い手足を生かしてカンフーのような動きで戦うこともあるが、それほど肉体能力は高くない。人を恐怖に追い込む心理的な罠などを得意とする策士である。

ラーズアルグール

環境テロリスト集団デーモン、および実行部隊リーグ・オブ・アサシンのリーダー。秘泉ラザラス・ピットを利用することで、数世紀を生き永らえてきた不死身の魔人である。地球環境の完全な調和が目的で、人類をそのための障害と見なし、大量殺戮を計画する。科学、医学、錬金術に造詣が深く、剣の達人でもある。左右がはねた髪型に、あごの左右に生やした髭、緑系統のマントが特徴。

ペンギン

丸い体躯に、シルクハット・モノクル(単眼眼鏡)・モーニングコートを上着にしたタキシード・銃を仕込んだコウモリ傘がトレードマーク。
バットマンの宿敵と言われているジョーカーと肩を並べるほど人気が高いキャラクターで、バットマンにとっては第二の宿敵とも言える。

ポイズンアイビー

赤毛に、緑色で露出度の高いコスチュームが特徴。植物を偏愛し、血液などで植物を操り、全ての毒素に対する免疫を持っている。フェロモンを体内で生成し、キスした相手を誘惑し自由に操ることが出来る他、毒で相手を殺すことも可能な危険な毒婦である。現在は皮膚の色も緑がかっている他、植物化が進んでおり、光合成しているとまでされている。
植物が健やかに暮らせる環境を保護するのが目的で、それを阻害する人類のあらゆる活動を異常なまでに敵視する。自分が操れなかった唯一の人物としてバットマンに強迫観念を持っている。基本的に人間嫌いだが、ジョーカーの情婦ハーレイクィンは数少ない親友である。

ベイン

強靭な肉体を武器にするパワータイプのキャラクターだが、知性も高い。6つの言語と、2つの失われた言語を扱い、瞬間記憶能力も持ち、ほぼ一年でバットマンの正体を見破った。

ハーレークィン

狂騒的なまでに陽気で、そのせいか生真面目なポイズン・アイビーと対照的なコンビを組むことも多い。

本来アニメ『バットマン』オリジナルキャラクターだったが、コミックにも逆輸入という形で正式採用された。

マンバット

元動物学者。コウモリの能力を身に付けようと行った人体実験の失敗でコウモリ人間となった。変身すると凶暴化し知性を失う。後に生まれた息子は、生まれつきコウモリ獣人で、彼を探すために夫婦揃って変身したりしている。

キラークロック

突然変異でワニ目のような皮膚を持って産まれた男。地下の違法プロレスで日銭を稼いでいたが、用心棒として活動し始める。近年は遺伝子変化で獣人化が進み、知能も低下してきている。

ブラックマスク

化粧品会社の社長だったが業績が悪化。ウェイン産業が合併する事で存続はしたが「ウェイン産業に奪われた」と逆恨みして、ギャングに身を落とす。

ハッシュ

様々な悪党達を連携させ、ブルースに、またバットマンにプレッシャーをかけ続けた新たな悪役。二代目ロビンを復活させたり、ジョーカーにブルースの幼馴染であり、命の恩人でもあるエリオット博士を殺害させるなど、その行動は常軌を逸している。トレンチコートに包帯で顔を隠している。

ミスターザーズ

人を殺す度に自分の身体に1つ傷を付けるシリアルキラー。裕福な家に生まれギャンブルで遺産を使い果たした。

デスストローク

元敏腕の傭兵で、アメリカの極秘軍実験により、超回復力と身体能力を手に入れた。その回復力は、脳が無事であればどんな大怪我でも治ると言われる。さらには、バットマンに勝るとも言われる戦術頭脳と武器を選ばぬ多彩な技術を持つ。メインウェポンとして両刃の剣と金属の棍棒を主に使用。

マッドハッター

『不思議の国のアリス』に病的なほどのめりこんでいる悪党で、自身も物語に登場する紳士の格好に扮し、常に巨大なシルクハットを被っている。

レッドフード

ジョーカーの手により殺害されたはずの2代目ロビンことジェイソン・トッドが、ラーズ・アル・グールの所有するラザラス・ピットによって精神に異常をきたした状態で蘇り、レッドフードとして、ゴッサム・シティに現れる。

ベントリロクエスト

腹話術師とその潜在意識を喋らせる人形「スカーフェイス」のコンビ。スカーフェイスとしてギャングのボスを務め、アーノルドはスカーフェイスに頭が上がらなかった。Bの発音ができず、バットマンをガットマンと呼ぶ。

ヒューゴストレンジ

犯罪心理学者。バットマンの正体に興味を持ち自ら解き明かそうとしてゆくうちに、自らがバットマンへと取って代わろうとした。バットマンの発言や行動から正体がブルースである事を突き止める明晰な頭脳を持ち、荒事に関してもそれなりに強い。

オウルマン

アース3(パラレルワールド)のバットマン
正義の味方ではなく悪者

出典: dc.wikia.com

タロン

アース3(パラレルワールド)のロビン
こちらも当然、悪者

kawauso888
kawauso888
@kawauso888

Related Articles関連記事

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

アクションもさることながらダークな世界観とリアルな人間描写で世界中のファンを虜にし続ける長寿アメコミ、バットマン。そんなバットマンが今まで戦ってきたヴィラン(悪役)たちは凶悪で残忍な犯罪者ばかり。だが、そんなヴィランたちの中にも一風変わった変なキャラクターがいる。バットマンの人気を支えた縁の下のヘンなヴィランを紹介する。

Read Article

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー』とは、2019年にアメリカ合衆国で作成されたスリラー映画である。DCコミックス『バットマン』に登場するスーパーヴィランであるジョーカーが主人公となっており、2019年10月4日に日米同時公開された。舞台は、まだバットマンが誕生する以前の、不景気により治安の悪化する1981年のゴッサム・シティ。後のジョーカーことアーサーは、発作的に笑い出してしまう病と病弱な母親を抱えながら、一流のコメディアンを目指して貧しい生活を送りながらピエロのアルバイトを続けていた。

Read Article

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

ウォッチメン(Watchmen)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウォッチメン』とは、映像化不可能と言われたアメリカン・コミックを、「300/スリーハンドレッド」のザック・スナイダー監督が実写映画化した作品。かつてはスーパー・ヒーローだった男が何者かに殺され、彼の仲間だったヒーロー達が真相を突き止めようとする謎解きミステリー要素の強い2009年製作の異色ヒーロー・ドラマ。日本では映倫によりR-15指定を受けた。

Read Article

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーウーマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン』とは、2017年にアメリカで制作された実写映画。監督はパティ・ジェンキンス。 アメリカンコミックであるDCコミック『ワンダーウーマン』シリーズを原作としている。 女性だけが住む島、セミッシラで育ったアマゾン族の王女であり屈強な戦士であるダイアナは偶然「外の世界」からやってきたパイロット、スティーブ・トレバーを救出する。第一次世界大戦の最中、ダイアナは悲惨な戦いの元凶は神アレスと確信し、トレバーと共に「外の世界」へ旅立つ。

Read Article

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

アクアマン(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『アクアマン』とは、アメリカ合衆国で2018年12月21日に公開されたスーパーヒーロー映画。日本では2019年2月8日に公開された。「DCコミックス」のアメリカン・コミック『アクアマン』の実写映画で、『DCエクステンデッド・ユニバース』シリーズの6番目の作品である。監督はジェームズ・ワン。海底王国アトランティス帝国の女王である母と、人間の父との間に生まれた主人公アーサー。人間として地上で成長したアーサーだったが、ある日を境に海底王国間の戦争に巻き込まれる事になる。

Read Article

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ジャスティス・リーグ(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジャスティス・リーグ』とは、2017年公開のアメリカ合衆国制作のヒーロー映画である。ワーナー・ブラザーズ、DCコミックスが展開するシェアワールド『DCエクステンデッド・ユニバース』の5作品目にあたる。コミックスの初登場は1960年であり、初めての映画化となる。 前作でスーパーマンが敵と相打ちしていなくなった地球。そこへ地球の環境を激変させ侵略しようとする敵が攻めてくる。スーパーマン亡き今、バットマンがヒーローチームを結成してそれに立ち向かう物語である。

Read Article

バックドラフト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バックドラフト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バックドラフト』とは、消防士の兄弟の火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯を追う物語。監督は『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードが務めており、出演者はカート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロなど豪華な顔ぶれが揃っている。火災現場の視覚効果をアメリカの特殊効果及びVFXの制作会社インダストリアル・ライト&マジックが務めている。エグゼクティブ・プロデューサーはブライアン・グレイザーと『砂の惑星』のラファエラ・デ・ラウレンティスが務めている。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ワンダーウーマン 1984(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワンダーウーマン 1984(DCEU)』とは、2020年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画で、2017年世界中で大ヒットした『ワンダーウーマン』の第2作目である。1984年を舞台とし、人々の欲望を叶える「ドリーム・ストーン」を手に入れた実業家による陰謀で世界中に混乱を招くが、その陰謀を阻止すべくワンダーウーマンが立ちはだかる。人間の欲望、愛との狭間での苦悩を描きつつ、陸海空を舞台に壮大なアクションが繰り広げられる。

Read Article

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』とは、2016年に公開されたアメリカ合衆国のヒーローアクション映画。「DCコミックス」から出版された人気アメリカン・コミック『バットマン』と『スーパーマン』を原作とした、実写映画作品である。『マン・オブ・スティール』で、地球の危機を救ったスーパーマンだが、その戦いでの被害は甚大なものであった。地球外から来た異星人は追放すべきだと世論が強まっていく中、バットマンも自社のビルを破壊されて社員を失ったことから、スーパーマンを危険視してしまう。

Read Article

マイ・インターン(The Intern)のネタバレ解説・考察まとめ

マイ・インターン(The Intern)のネタバレ解説・考察まとめ

「プラダを着た悪魔」で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でキャリアアップしていく主人公役を演じたアン・ハサウェイが主演。今作はニューヨークのファッションサイトの社長のジュールズ役を演じ、彼女の下にシニア・インターンしてやってくるベンをロバート・デ・ニーロが演じる。全てを手に入れた彼女の新たな出会いと試練を描く話題作である。

Read Article

サイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

サイン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイン』とは2002年に公開されたアメリカのSFサスペンス映画。一時期大きな話題となったミステリーサークルの謎を題材にした映画で、宇宙人襲来のパニックを描きつつ、ある家族の再生と主人公の信仰心を扱った異色作。妻の不慮の死で信仰心を失った男グラハムの営む農場に、ある日突然ミステリーサークルが出現する。それと共に世界中でUFOや宇宙人が目撃。人々は宇宙人の襲来から神の啓示によって救われるのか、それともただの不幸な出来事となるのか。宇宙人から家族を守る鍵はなんとグラハムの信仰心だった。

Read Article

アンタッチャブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

アンタッチャブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンタッチャブル』とは、1987年にアメリカで制作されたアクション映画。禁酒法が敷かれた大都市シカゴを舞台に、酒の密造と密売で莫大な利益を得るギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑む4人の男たちの姿をロマンあふれる演出で描き出していく。『ボディガード』で知られるケビン・コスナー、『007 ドクター・ノオ』で知られるショーン・コネリーが出演した。 監督は『殺しのドレス』や『カジュアリティーズ』などで知られるブライアン・デ・パルマが務めた。

Read Article

GOTHAM/ゴッサム(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

GOTHAM/ゴッサム(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GOTHAM/ゴッサム』とは、架空の犯罪都市であるゴッサム・シティを舞台にしたアメリカ合衆国のテレビドラマ。DCコミックスの人気シリーズ『バットマン』のスピンオフ作品で、同作に登場するジェームズ・ゴードン刑事の若年期や後にバットマンとなるブルース・ウェインの少年期を中心に描いている。ドラマ作品オリジナルの小悪党コブルポッドを含めた様々な人物が登場し、後にバットマンと深い因縁を持つことになる者も多数存在する。ブルーノ・ヘラーが企画し、シーズン1~5まで約5年をかけて制作された超大作となっている。

Read Article

バットマンの悪役はかっこいい!!

バットマンの悪役はかっこいい!!

誰もが知っている、ブラックヒーロー「バットマン」。それはバットマンだけではなく、悪役がいて初めて成り立つ協奏曲のようなものである。だからこそそんな悪役に焦点を当てれば、圧倒的な存在感、さらには魅力的なコスチュームなど悪役ならではの魅力に満ちている。今回はそんなバットマンの悪役の魅力的なヤツに焦点を当ててみた!!

Read Article

NEW
【マーベル・コミックス】アベンジャーズなどアメコミヒーローのカッコいい画像まとめ【DCコミックス】

【マーベル・コミックス】アベンジャーズなどアメコミヒーローのカッコいい画像まとめ【DCコミックス】

スーパーヒーロー集団・アベンジャーズやスパイダーマン、バットマンなど、アメコミヒーローのカッコいい画像を集めました。原作テイストで描かれたイラストやアートな雰囲気がたまらないもの、映画の名シーンが甦るものなど、様々な画像を網羅。壁紙にもおすすめのイラストを紹介していきます。

Read Article

NEW
【マーベル】アメコミヒーローをモチーフにしたお菓子の画像まとめ【DCコミックス】

【マーベル】アメコミヒーローをモチーフにしたお菓子の画像まとめ【DCコミックス】

スーパーマンやアベンジャーズなど、マーベル・コミックやDCコミックスの人気ヒーローをモチーフにしたお菓子の画像を集めました。アイシングクッキーやケーキポップス、立体ケーキなど、鮮やかな色合いとポップなデザインに目を奪われるものばかり。見ているだけで気分が上がる、かわいいお菓子の画像を紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents