THE BATMAN-ザ・バットマン-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(原題:The Batman)とは、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。全世界の興行収入は830億円を突破した。幼い頃、両親を殺害されたブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)は、バットマンとしてゴッサム・シティの凶悪犯と戦い続ける孤独な青年だ。ある日、街の権力者を標的にした連続殺人事件が発生する。現場には、犯人からの謎めいたメッセージが残されていた。ウェイン家の秘密がブルースを狂気に駆り立てる、サスペンス・アクションである。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の概要

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(原題:The Batman)とは、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。原作はアーティストのボブ・ケインと作家のビル・フィンガーが共同創作した、DCコミックスの『バットマン』。

本作はマット・リーブス監督によるザ・バットマン3部作の1作目であり、2本の続編とスピンオフ数本の制作が予定されている。次作『THE BATMAN-ザ・バットマン-2』は、2023年11月23日より撮影を開始するとして、製作総指揮を手掛けるマイケル・ウスランが自らのインスタグラムで公表した。アメリカでの公開は2026年10月の予定だ。
音楽担当は、アニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』でアカデミー作曲賞を受賞した経験をもつマイケル・ジアッチーノである。日本での興行収入は11億9千万円を超え、全世界の興行収入は830億円を突破した。

本編はブルース・ウェイン扮するバットマン(ロバート・パティンソン)の生まれ故郷、ゴッサムシティが舞台である。幼少期に両親を殺害されたブルースは、2年前からバットマンスーツを着て、夜になると街にはびこる犯罪者たちを力でねじ伏せてきた。ある日、街の権力者をターゲットにした連続殺人事件が発生する。ブルースは、ゴッサム市警のジェームズ・ゴードン警部補(ジェフェリー・ライト)の協力を得て真相解明にのりだす。しかし史上最狂の知能犯リドラーは、それを嘲笑するかのように現場になぞなぞを残し、バットマン達を混乱させていく。やがて権力者の陰謀やブルースの両親の死の真相が暴かれてゆく。リドラーに翻弄されるブルースの良心は、次第に狂気に駆り立てられていった。

キャッチコピーは「マスクに隠された嘘を暴け」。シリーズ史上最大スケールのアクションと謎解きゲームで都合の悪い真実を暴き出す、サスペンスアクション作品である。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』のあらすじ・ストーリー

殺人現場に残されたバットマンへの謎のメッセージ

30歳の青年ブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)は、幼い頃に両親を目の前で殺害された過去を持つ。ブルースは両親を殺害した犯人に復讐する為、2年前からバットマンとして悪と戦っていた。ある日、彼の活動拠点であり、生まれ故郷でもあるゴッサムシティで市長(ルパート・ペンリー=ジョーンズ)が殺害される。現場には、「NO MORE LIES(もう嘘はたくさん)」という文字と、バットマン宛のなぞなぞが書かれたメッセージカードが残されていた。しかも、「リドラー」という、犯人のものと思われる名前も記されている。

市長殺害の衝撃が冷めやらぬ中、今度はゴッサム市警のピート・サベージ本部長(アレックス・ファーンズ)が殺害される。現場には市長殺害時と同じく、バットマン宛のなぞなぞが残されていた。
バットマンと、彼の協力者であるジェームズ・ゴードン警部補(ジェフリー・ライト)は謎解きに挑む。そしてナイトクラブ「アイスバーグ・ラウンジ」にヒントがある事に気づき、そこへ赴く。「アイスバーグ・ラウンジ」は「ペンギン」ことオズワルド・コブルポット(コリン・ファレル)が経営するナイトクラブだった。ペンギンはゴッサム・シティを陰で牛耳るマフィアのボス、カーマイン・ファルコーネ(ジョン・タトゥーロ)の手下である。
バットマンは、「アイスバーグ・ラウンジ」で働くセリーナ・カイル(ゾーイ・クラヴィッツ)に興味を惹かれ、彼女を尾行する。するとセリーナはキャットウーマンに変身し、亡くなった市長の家に侵入。その目的は、行方不明となっている彼女のルームメイト、アニカ・コスロフ(ハナ・ハルジック)の手がかりを探す事だった。バットマンはそこでセリーナと接触し、アニカの捜索に協力すると申し出る。交換条件として、クラブにいたギル・コルソン検事(ピーター・サースガード)から情報を聞き出すようセリーナに求めた。セリーナはバットマンの交渉に応じ、市長やピート・サベージ本部長が密かにファルコーネとコンタクトを取っていた事実を突き止める。

恐怖のテロで教会は大パニック

殺害された市長の追悼式に参列したブルース

そんな中、ゴッサムシティ中心部の教会で、殺害された市長の追悼式が行われる。しかしそこへ、首に爆弾を仕掛けられたコルソン検事が送り込まれてきた。検事の手にはスマートフォンがくくりつけられており、バットマンはかかってきたテレビ電話でリドラーと初めて接触した。リドラーはバットマンとの対話をネットで配信し、コルソン検事に向かって「なぞなぞに3問正解しろ」と言い出す。バットマンは震えるコルソン検事をフォローし、コルソン検事もなぞなぞに正解していく。だがしかし、「ゴッサム・シティの麻薬王だったサルバトーレ・マローニが薬物取引で逮捕された時、情報を警察に提供したネズミは誰か」と問われると、コルソン検事は口を閉ざす。そして爆弾は容赦なく爆発したのだった。

バットマンは、ネズミはペンギンの事ではないかと考え、ペンギンを追跡する。そして薬物を密造している工場に辿り着いた。そこへセリーナが現れ、ペンギンの金を盗もうとする。だが2人は偶然、アニカの遺体を発見したのだった。激しい攻防戦の末、ペンギンを追い詰めたバットマンとセリーナであったが、ペンギンはネズミではないと判明。ペンギンへの尋問により、バットマンはリドラーのなぞなぞのヒントに気付く。彼は、亡き父トーマス・ウェインが巨額を投じて再開発計画を立てていたゴッサム孤児院に、連続殺人事件の原点が隠されていると推察した。

ブルースの父・トーマスは死ぬ直前に市長選に出馬していた。それはゴッサムシティの再開発計画を掲げての立候補で、劣悪だった孤児院の環境を改善する予定だったのだ。父が殺害されたのは、その再開発計画にヒントがあると気づいたバットマンは、急いで廃墟となったゴッサム孤児院を訪れる。そしてそこで、リドラーの次の標的が自分自身、つまりブルース・ウェインである事を知ったのだ。

バットマンはブルースの姿に戻り、急遽帰宅する。だが先にリドラーから爆弾入りの小包が届いており、それを開けた執事のアルフレッド(アンディ・サーキス)が重傷を負ってしまった。そんな中、リドラーは顔を隠したままインターネットを通じてブルースに接触し、父・トーマスの最大の秘密を告げる。それは、ブルースの両親の死の真相に関わる事であった。ブルースの母・マーサ(ステラ・ストッカー)の両親は心中しており、マーサ自身も長らく精神を病んでいた。あるジャーナリストに、それをネタにゆすられたトーマスは、ファルコーネに依頼してジャーナリストを暗殺したというのだ。
激しく動揺するブルースであったが、病院で意識を取り戻したアルフレッドに改めて真相を尋ねる。するとアルフレッドは、「トーマスは殺人依頼はしていない。ジャーナリストからの恐喝の件で悩んでいたのは事実。そこで警察に相談しに行こうとしたウェイン夫妻を、ファルコーネが口封じのために殺害したのでは」と持論を述べた。

リドラーの真の標的はブルース・ウェイン

バットマンとして再び立ち上がった彼に、セリーナが合流し衝撃的な事実を告げる。なんと彼女は、ファルコーネの娘であった。しかしセリーナは、一度も愛情を掛けてくれたことがない父を恨んでいる。セリーナは、ルームメイトのアニカが、ファルコーネがネズミであることを知った為に殺害された事も突き止めていた。

そのファルコーネと裏で繋がっていた政治家や警察は、マローニが逮捕された事により出世した。またトーマスの死後、ゴッサムシティの権力者たちが再開発基金を着服し、孤児院のリニューアル計画を潰していた事も判明する。
バットマンたちはファルコーネ逮捕の為、ゴードン警部補らの協力を得る。しかし身柄を確保した直後にファルコーネは狙撃され、死亡。実行犯はリドラーであった。現行犯逮捕されたリドラーの正体は、法廷会計士のエドワード・ナッシュトン(ポール・ダノ)という男だ。だがリドラーには精神鑑定が必要と判断され、アーカム精神病院に入院させられた。そこで彼は、バットマンと初体面し、自分の身上を語りだす。

ゴッサム孤児院で育ったリドラーは、トーマスが掲げる再開発基金に期待を寄せていた。だがトーマスの死後、権力者によって見捨てられた劣悪な孤児院の中で、リドラーは孤独な少年時代を過ごす。成長したリドラーは法廷会計士となり、街の不正を知った。そしてバットマンに憧れ、復讐心からこの事件を計画したのだというのだ。
リドラーとの会話から、バットマンは彼の部屋を捜索し、ゴッサム・シティの7カ所に爆弾が仕掛けられていることを知る。リドラーはあくまでもバットマンを「自分の共犯者」と考えており、バットマンと手を組んでゴッサム・シティを破壊し、再生させる事を望んでいた。

爆弾は新市長の演説会場にも仕掛けられていた。バットマンやゴッサム市警の警備も虚しくそれは大爆発。ゴッサム・シティを囲む港の防波堤が破壊され、洪水が発生した。さらにリドラーが集めた仲間達が武装し、市民に銃を向ける。バットマンはリドラー一味を倒し、セリーナやゴードン警部補らとともに、洪水に巻き込まれた人々を救出していった。そしてリドラーによるテロ計画は鎮圧されたのだった。

リドラーは自らの計画が失敗した事を知り、独房で絶望する。しかしそんな彼に同房者の男が「元気を出せ」と励まし、友達になろうと声をかける。そして男は狂気じみた笑い声を立てた。

ゴッサム・シティにつかの間の平穏が訪れ、セリーナはゴッサム・シティを離れることに決めた。バットマンは復讐をやめることを決意し、これからは真の意味でゴッサム・シティを守ろうと心に誓う。2人は各々のバイクにまたがり、それぞれが向かう先へと疾走していくのだった。

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の登場人物・キャラクター

主要人物

ブルース・ウェイン(バットマン)/演:ロバート・パティンソン

日本語吹替:櫻井孝宏
主人公。表向きの顔は億万長者の子息であり、裏の顔は夜な夜なゴッサムシティの犯罪者と戦うバットマンだ。幼い頃に両親を殺人事件で亡くした経験を持つ。その恐怖と復讐心から、コウモリの衣装を身にまとい、犯罪者と戦うようになった。
本作のブルースは30歳で、バットマンとして活動を始めて2年目という設定。決して実戦経験は豊富ではない。また、クリスチャン・ベイル主演の前シリーズのように、慈善活動やウェイン産業の経営など表立った活動はしていない。昼間は殆ど自宅に籠りきりの、文字通りコウモリのような生活スタイルを送っている。

セリーナ・カイル(キャットウーマン)/演:ゾーイ・クラヴィッツ

日本語吹替:ファイルーズあい
今作のヒロインである。行方不明の友人を捜索中にバットマンと出会う。ナイトクラブの店員であり、泥棒だ。ファルコーネとの因縁があり深く恨んでいる様子。一緒に暮らしていたアニカ・コスロフの失踪をきっかけに、事件に関わるようになった。セリーナとアニカの関係性については、作品内でくわしく表現はされていない。
ゾーイ・クラヴィッツは、2017年のアニメーション映画『レゴバットマン ザ・ムービー』においても、キャットウーマン役の声優として出演した。

エドワード・ナッシュトン(リドラー)/演:ポール・ダノ

日本語吹替:石田彰
今作のヴィランである。犯行現場に「?」マークを残す、史上最狂の知能犯だ。ゴッサムシティの権力者をターゲットに連続殺人事件を引き起こす。政府の闇とブルースの秘密を暴こうと画策し、ゴッサムシティを混乱に陥れた。

ジェームズ・ゴードン/演:ジェフリー・ライト

日本語吹替:辻親八
ゴッサムシティの警部補である。強い正義感を持つ刑事であり、バットマンにとっては理解者でもある。バットマンに協力し、警察との仲介役を担いながら事件の捜査にあたっている。

mayo107
mayo107
@mayo107

Related Articles関連記事

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

ジョーカーも驚くバットマンと対決したヘンなヴィランまとめ

アクションもさることながらダークな世界観とリアルな人間描写で世界中のファンを虜にし続ける長寿アメコミ、バットマン。そんなバットマンが今まで戦ってきたヴィラン(悪役)たちは凶悪で残忍な犯罪者ばかり。だが、そんなヴィランたちの中にも一風変わった変なキャラクターがいる。バットマンの人気を支えた縁の下のヘンなヴィランを紹介する。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結。アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。一方上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

エスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

エスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エスター』とは2009年に公開されたアメリカ合衆国の世間を恐怖のどん底に落とした異色のサイコホラー映画。監督は、『フライト・ゲーム』などを手がけた、ジャウム・コレット=セラ。養子として引き取った美少女エスターによって巻き起こる悲劇を描いている。エスターは発育不全を患っており、実年齢は33歳である。見た目はお姫様のような服に身を包み、可愛らしい少女だが、裏では親の目を盗みながら、目的のために殺しもいとわない凶暴な本性を隠している。その二面性が世間を驚かせた。2020年には続編の製作が発表された。

Read Article

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/カジノ・ロワイヤル』(原題: Casino Royale)とは、2006年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第21作目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じた最初の作品である。 マダガスカルで爆弾密造犯の監視をしていたボンドは、犯人の携帯電話に残されたメッセージから、黒幕の存在を知る。バハマに向かったボンドは、黒幕の武器商人・ディミトリオスらが企てる大型旅客機爆破テロを阻止すべく、奔走するのだった。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

007/慰めの報酬(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007/慰めの報酬(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/慰めの報酬』(原題: Quantum of Solace)とは、2008年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第22作品目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる2作目の作品である。興行収入は全世界で5億8900万ドルを記録した。 謎の組織の幹部、ミスター・ホワイトを捕えたボンドは、上司のMの元にホワイトを連行した。だが仲間内の裏切りに遭い、ホワイトを逃してしまう。新たな手掛かりをもとに、ボンドはハイチでのミッションに挑むのだった。

Read Article

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

TENET テネット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『TENET テネット』とはイギリスで公開されたスパイ映画で、時間を逆行する物語。文字通り逆再生で時間が進んでいく。リアルに作り上げていくべく、スタッフや俳優に伝える能力も過去に時系列トリックを駆使した作品を作ってきたノーラン監督ならではの作品。 主人公はCIAの名もなき男。ウクライナのオペラハウスで発生したテロ事件に突入する。任務を終えた後そこで"TENET"というワードを耳にする。テネットというのは謎の組織の名前で主人公は組織の目的を知るために女性科学者のところへ向かうことになる。

Read Article

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』とは、シリーズ第25作目にあたる2021年のスパイ・アクション映画。主演のダニエル・クレイグは、本作を以てジェームズ・ボンド役を引退した。テロなどを陰で操る秘密組織・スペクターとの闘いを終え、00エージェントを退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで平穏な日々を過ごしていた。ある日、CIAの旧友フィリックス・ライターから助けを求められ、誘拐された科学者の救出任務を引き受ける事になる。凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うボンドに、最大の危機が迫る。

Read Article

ルビー・スパークス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ルビー・スパークス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ルビー・スパークス』とは、2012年にアメリカで製作された、『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス監督が送るラブロマンス映画である。小説家の青年カルヴィンは、天才と称されデビューを果たしたものの、極度のスランプに悩まされていた。そんな中、夢に出て来た理想の女性ルビーについて小説を書き始めると、寝食を忘れるほど夢中で書き進めることが出来た。するとある日突然、現実の世界でルビーがカルヴィンの前に現れたのだった。

Read Article

完全なるチェックメイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

完全なるチェックメイト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『完全なるチェックメイト』とは、2015年にアメリカで公開された天才チェスプレイヤー、ボビー・フィッシャーの半生を描く伝記ドラマ映画。冷戦下の1972年、15歳でチェスのグランドマスターとなったボビー・フィッシャーは、その奇抜な言動から周囲から変わり者と扱われてきた。そんなボビーは世界が見守るチェス最強国のソ連が誇るボリス・スパスキーとの対局で苦戦しながらも驚くべき戦略でスパスキーに立ち向かう。チェスの世界で精神の極限状態に追い込まれるボビーを緊張感のある表現で描かれている。

Read Article

ロブスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロブスター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロブスター』とは、ギリシャのヨルゴス・ランティモスが監督した近未来SF恋愛映画である。2015年公開され、第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。国家が市民にルールを押しつけ、市民はそれに従っている。独身であることが罪というルールがある世界。“独身者”は、郊外のホテルに連れていかれ、45日以内にパートナーを見つけないと、自分が希望する動物に変えられてしまう。主人公デヴィッドが希望した動物は「ロブスター」だった。全体的にユーモアが散りばめられており、コメディ映画でもある。R15+作品。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物が登場する。人間界には無い少し変わったものも登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ファンタジーの定番「ドワーフ」とは!?元ネタ・特徴・能力・有名キャラクターを徹底解説!

ドワーフとは、ファンタジー風の異世界を舞台とする作品にたびたび登場する、人間に近い姿をした「亜人」と呼ばれる種族の1つである。もともとは北欧神話に登場する妖精の一種で、『指輪物語』や『ロードス島物語』といった作品で取り上げられながら設定が整理されていった。 ドワーフは小柄で屈強な体を持ち、手先が器用で鉱物の加工を得意とする。酒を好み、髭が長く、偏屈なところはあるが人間に対して友好的である。ここでは、ファンタジー物の作品では定番のキャラクターであるドワーフについて解説していく。

Read Article

バットマンのかっこいい悪役・ヴィランまとめ!ジョーカーやキャットウーマンなど【DCコミックス】

バットマンのかっこいい悪役・ヴィランまとめ!ジョーカーやキャットウーマンなど【DCコミックス】

アメコミの代表作として名高い『バットマン』シリーズには、個性的で格好いい悪役が多く登場する。ここではそんな悪役たちを紹介する。ホアキン・フェニックスの演技が大ヒットにつながった『ジョーカー』の主人公ジョーカーや、元地方検事のトゥーフェイス、美しい女強盗キャットウーマンなどを掲載している。

Read Article

バットマンの悪役はかっこいい!!

バットマンの悪役はかっこいい!!

誰もが知っている、ブラックヒーロー「バットマン」。それはバットマンだけではなく、悪役がいて初めて成り立つ協奏曲のようなものである。だからこそそんな悪役に焦点を当てれば、圧倒的な存在感、さらには魅力的なコスチュームなど悪役ならではの魅力に満ちている。今回はそんなバットマンの悪役の魅力的なヤツに焦点を当ててみた!!

Read Article

【マーベル・コミックス】アベンジャーズなどアメコミヒーローのカッコいい画像まとめ【DCコミックス】

【マーベル・コミックス】アベンジャーズなどアメコミヒーローのカッコいい画像まとめ【DCコミックス】

スーパーヒーロー集団・アベンジャーズやスパイダーマン、バットマンなど、アメコミヒーローのカッコいい画像を集めました。原作テイストで描かれたイラストやアートな雰囲気がたまらないもの、映画の名シーンが甦るものなど、様々な画像を網羅。壁紙にもおすすめのイラストを紹介していきます。

Read Article

【DCEU】ロビンだけじゃない!バットマンの味方キャラクターを紹介【DCコミックス】

【DCEU】ロビンだけじゃない!バットマンの味方キャラクターを紹介【DCコミックス】

DCコミックスの看板ヒーローとして、ファンに愛され続けてきたヒーロー、バットマン。ここでは共にヴィランに立ち向かうヒーローや、バットマンことブルース・ウェインと友好関係にある登場人物・キャラクターをまとめました。各キャラクターの特徴や能力などを、画像付きで紹介していきます。

Read Article

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

『アベンジャーズ』シリーズなどで人気を誇るMCU作品と、ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズの両方に出演している俳優をまとめました。『インクレディブル・ハルク』ではヒロインのベティを、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではエルフの姫アルウェンを演じたリヴ・タイラーをはじめ、様々な俳優が両シリーズに出演しています。ここでは彼らが演じたキャラクターや登場作品もあわせて紹介していきます。

Read Article

【マーベル・コミックス】魅力的なアメコミのヒーローを紹介!【DCコミックス】

【マーベル・コミックス】魅力的なアメコミのヒーローを紹介!【DCコミックス】

2008年の『アイアンマン』を筆頭に、世界中でヒーロー映画ブームが起こりました。ここではマーベル・コミックスのスパイダーマンやアベンジャーズ、DCコミックスのスーパーマンやバットマンなど、魅力的なアメコミヒーローをまとめました。キャラクターのプロフィールやコミック登場時期などもあわせて紹介しています。

Read Article

バットマン・アイアンマンになるために必要な費用まとめ!常人がアメコミヒーローになるために

バットマン・アイアンマンになるために必要な費用まとめ!常人がアメコミヒーローになるために

アメコミヒーローは常人にはない特殊能力を持っていることが多いが、バットマンやアイアンマンにはそういった能力はない。そこで、常人がバットマン、アイアンマンになるために必要な費用についてまとめた。装備やアイテム、拠点、執事、トレーニングなどにかかる費用を紹介している。

Read Article

目次 - Contents