アンタッチャブル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンタッチャブル』とは、1987年にアメリカで制作されたアクション映画。禁酒法が敷かれた大都市シカゴを舞台に、酒の密造と密売で莫大な利益を得るギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑む4人の男たちの姿をロマンあふれる演出で描き出していく。『ボディガード』で知られるケビン・コスナー、『007 ドクター・ノオ』で知られるショーン・コネリーが出演した。
監督は『殺しのドレス』や『カジュアリティーズ』などで知られるブライアン・デ・パルマが務めた。

『アンタッチャブル』の概要

『アンタッチャブル』とは、1987年にアメリカで制作されたアクション映画である。禁酒法が敷かれていた大都市シカゴを舞台に、酒の密造と密売で莫大な利益を得る大物ギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑む4人の男たちの姿をロマンあふれる映像とアクションを交えて描き出していく。
1930年、財務省特別捜査官エリオット・ネスは初老の警察官ジム・マローン、射撃の名手ジョージ・ストーン、税理士のオスカー・ウォレスと共にシカゴを支配するギャング、アル・カポネに敢然と戦いを挑んでいく。懸命の捜査を進めていくものの、カポネが送り込む殺し屋によって仲間がひとり、またひとりと命を落としていくのであった。
『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でアカデミー監督賞と作品賞を受賞したケビン・コスナーが主演し、『007 ドクター・ノオ』や『ザ・ロック』などで知られるショーン・コネリー、『運び屋』や『男が女を愛する時』などで知られるアンディ・ガルシア、『アメリカン・グラフィティ』で知られるチャールズ・マーティン・スミスが共演した。実在のギャング、アル・カポネを『ゴッドファーザーPART II』でアカデミー助演男優賞、『レイジング・ブル』でアカデミー主演男優賞を受賞したロバート・デ・ニーロが憎々しく演じた。
監督は『カジュアリティーズ』、『殺しのドレス』、『スカーフェイス』などで知られるブライアン・デ・パルマが務めた。
第60回アカデミー賞で美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、助演男優賞の合計4部門にノミネートされ、初老の警察官を味わい深く演じたショーン・コネリーが助演男優賞を受賞した。

『アンタッチャブル』のあらすじ・ストーリー

アル・カポネの時代

1930年、アメリカの大都市シカゴ。禁酒法の施行によって闇酒場が横行すると同時に、酒の密造と密売も横行していた。血で血を洗うギャング同士の抗争が激しさを増す中、アル・カポネは酒の密造と密売によって莫大な利益を手にしていた。警察や市議会議員、さらには司法組織までも買収して己の権力を欲しいままにしていた。ある新聞記事には、「アル・カポネがシカゴ市長」とまで書かれていた。その言葉をある新聞記者から聞かされたカポネ本人は微笑みを浮かべていた。まさにギャングの時代、そしてアル・カポネの時代であると言われていた。
ある店にカポネ一味の男が酒を押し売りに来るが、店主の男は購入を拒否した。そして白いスーツに身を包んだカポネの忠実な部下フランク・ニッティがカバンを置いたまま店を出て行くが、それに気付いたお遣いに来ていた幼い少女がカバンを持ったままニッティを追っていく。しかし、カバンは爆発して店が破壊され、彼女も巻き添えになって命を落としてしまう。
暴力は嫌いだと新聞記者に対して言っていたアル・カポネであったが、自身に敵対する者に対しては容赦ないやり方でせん滅させていたのだ。

摘発の失敗

財務省特別捜査官エリオット・ネスは密輸されたカナダ産ウイスキーの摘発に失敗する

9月15日の月曜日の朝。
財務省特別捜査官エリオット・ネスは、カポネ一味から酒の購入を拒否した店が爆破され、その巻き添えによって幼い少女が亡くなった新聞記事を読んでいた。妻のキャサリンは夫のすぐ横に立ち、彼の気持ちに寄り添った。
妻に送り出されたエリオット・ネスはシカゴ警察署に着いて早々、密輸されたカナダ産ウイスキーの摘発に乗り出した。新聞記者を前にして意気込みを語るが、記者たちは疑いの目をネスに向ける。続けてネスは、集まった警官隊に対して飲酒禁止を命じるのだった。
その夜、警官隊を率いて密輸されたウイスキーがあるとされる倉庫に乗り込むが、買収された警察官がギャング側に情報を漏らしていたことにより摘発は失敗に終わった。さらにその哀れな姿を新聞記者によって写真に撮られ、世間の失笑を買ってしまう。自身の失態を報じる新聞記事を見ながら落ち込むネスは家への帰り道で、初老の警察官ジム・マローンに出会うのだった。

買収されない精鋭チームの結成

ウォレス(画像左)、ストーン(画像左から2番目)、ネス(画像中央)、マローン(画像右)は密造酒の摘発に成功する

翌日、前日の摘発失敗の屈辱に耐えながら警察署へと出勤してきたネスを1人の母親が訪ねてくる。ブラックマーという名の夫人で、彼女はカポネ一味から酒の購入を拒否したことを理由に爆破された店にいた幼い少女の母親であった。愛する我が子を亡くした悲しみをネスに訴えると同時に、カポネに対する戦いをあきらめないで欲しいと悲しみをこらえながら励ますのであった。
愛する我が子を亡くした悲しみを訴えた母親の言葉を受け、ネスは昨日の夜に家への帰り道で出会った初老の警察官ジム・マローンの住む自宅アパートへ向かう。シカゴを牛耳るアル・カポネ逮捕のために協力を依頼するが、カポネの実力を知るマローンはネスの依頼を断る。
一度はカポネ逮捕の協力依頼を断ったマローンであったが、ネスの思いに動かされて警察署へとやって来た。ギャングの買収によって腐敗した警察内では誰が聞き耳を立てているのかわからないため、マローンは警察署を出てネスを教会へと連れていく。
マローンは、「カポネがナイフを出せば銃を抜き、仲間が怪我をさせられたら、相手を死体置き場へ送る」と言う。カポネの力の強さと戦いの厳しさを伝えるマローンは、ネスが持つカポネ逮捕への決意が本物であることを確かめ、ネスへの協力を決めた。
買収されることのない精鋭の捜査チームを作るためにネスはマローンと共に警察学校へ行く。向かった学校で、まだ生徒であったジョージ・ストーンの射撃の腕を見込んでチームにスカウトした。こうしてネス、マローン、そしてストーン、さらに財務省から応援に来ていた税理士オスカー・ウォレスが加わり、個性的かつ優秀で、買収になど応じない4人の男たちが揃った。
そしてマローンは4人全員に銃を持たせると郵便局内に隠されている密造酒の摘発に乗り出し、見事成功させた。ネスたち4人の功績を聞きつけたギャングの1人が賄賂を持って警察署に現れるが、ネスは断固拒否した。しかし、そのことによってネスの妻キャサリンと娘に危険が迫り、ネスは妻子と離れて暮らすことになった。

アメリカ・カナダ国境での密造酒取り押さえ

ストーン(画像左)、マローン(画像左から2番目)、ウォレス(画像中央)、ネス(画像右)はアメリカ・カナダ国境で密造酒を取り押さえる

妻子と離れて暮らすことになったネスはウォレスの助言によってカポネを脱税の罪で告訴することを決める。そしてマローンからの情報によってカナダ警察と協力をしてアメリカ・カナダ国境で行われる密造酒の取引の摘発に乗り出していく。
ギャングと激しい銃撃戦が展開されていくが、カナダ警察と協力したネスたち4人はカポネの金の流れを記した帳簿と帳簿係という証拠を確保することができた。しかし、そのことを知ったカポネは報復措置として帳簿係とウォレスを殺害し、さらに自宅アパートにいるマローンをカポネの右腕フランク・ニッティに殺害させる。
証人を失ったことで検察側はカポネの告訴を取り下げようとする。
そのような中、死に際のマローンから得た情報を頼りにネスとストーンは逃亡を企てるカポネの会計係ウォルター・ペインを確保するためにユニオン駅に向かう。
向かったユニオン駅でカポネ一派との激しい銃撃戦が駅の階段で繰り広げられた末にネスは会計係の身柄を確保した。

カポネ裁判の開始

ストーン(画像左)とネス(画像右)は裁判の行方を見守る

ユニオン駅でカポネの会計係の身柄を確保したネスは検察側に起訴を働きかける。それに先だって行われた予備審問において会計係のペインはカポネの脱税を証言する。しかし、当のカポネ本人は余裕の表情を見せた。ネスはカポネが部下のニッティにメモを渡すところを見て不審に思った。
廷吏にニッティが銃を所持していることを理由に法廷から出すように命じ、彼の身体検査を行う。ニッティの所持品の中からマローンの自宅住所が記されたマッチが見つかり、彼がマローンを殺したことをネスは確信した。
ニッティは廷吏に発砲して屋上へと逃走していくが、ネスは彼を殺さずに拘束した。その時、ニッティはマローンの死を侮辱する言葉を口にしたことでネスの激しい怒りを買い、裁判所の屋上から突き落とされる。

カポネ有罪

ネス(画像左)は禁酒法が廃止されたら酒を飲むと言う

屋上から戻ったネスは、ニッティがカポネに渡したメモには買収された陪審員の名前が書かれている、とストーンから聞かされる。ネスは判事に陪審員の入れ替えを求めるが、メモの信憑性を疑問に思った判事に拒否されてしまう。だが、ネスは判事に対して、あなたの名前がカポネの帳簿に載っている、と伝える。そして判事は陪審員の入れ替えを認める。追い詰められたカポネの弁護士は一転してカポネの有罪を認め、激怒したカポネは自身の弁護士を殴りつける。
後日、カポネに有罪判決が下された新聞記事を読み終えたネスはストーンと別れのあいさつを交わし、シカゴ警察を出る。警察を出たところで記者に声を掛けられ、「禁酒法が廃止されますが」と問い掛けられると、「大いに飲むさ」と答えて歩き出すのだった。

『アンタッチャブル』の登場人物・キャラクター

主人公

エリオット・ネス(演:ケビン・コスナー)

nomura_nakano
nomura_nakano
@nomura_nakano

Related Articles関連記事

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説・考察まとめ

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

Read Article

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

パーフェクト ワールド(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

監督クリント・イーストウッド、主演ケヴィン・コスナーで1993年に公開されたアメリカ映画。 クリント・イーストウッドとケヴィン・コスナーというハリウッドの2大スター共演だが、フィリップ役の子役が素晴らしい演技を見せて、観るものを驚かせた。 脱獄囚ブッチは、逃亡中に8歳の少年フィリップと出会い、人質として連れ出す。逃亡の中で次第に心を通わせていく2人。せつないラストに心打たれるロードムービー。

Read Article

バックドラフト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バックドラフト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バックドラフト』とは、消防士の兄弟の火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯を追う物語。監督は『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードが務めており、出演者はカート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロなど豪華な顔ぶれが揃っている。火災現場の視覚効果をアメリカの特殊効果及びVFXの制作会社インダストリアル・ライト&マジックが務めている。エグゼクティブ・プロデューサーはブライアン・グレイザーと『砂の惑星』のラファエラ・デ・ラウレンティスが務めている。

Read Article

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

マン・オブ・スティール(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『マン・オブ・スティール』とは、2013年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。「DCコミックス」の人気アメリカン・コミック『スーパーマン』の実写映画作品である。『スーパーマン』シリーズを含めると、本作は通算第6作目の作品だ。科学や文明が発達して人工生育が常識である、地球から遠く離れた惑星「クリプトン」で、数百年ぶりに自然出産で「カル=エル」という子供が生まれた。のちに「スーパーマン」と呼ばれる彼は、子供のいなかった夫妻に育てられたのち、自分の出自を知るための旅にでる。

Read Article

ミッション:インポッシブル(M:I)のネタバレ解説・考察まとめ

ミッション:インポッシブル(M:I)のネタバレ解説・考察まとめ

1966年から7年間放送された往年の人気TVシリーズ「スパイ大作戦」を基に、トム・クルーズが主演と初のプロデューサーを兼ね、ブライアン・デ・パルマ監督で映画化したスパイ・アクション超大作。1996年製作のアメリカ映画。スパイ組織IMFに属するイーサン・ハントは、ある任務に失敗し多くの仲間を失うが、生き残ったことで裏切り者にされてしまう。身の潔白を証明するため、新たなメンバーと独自に捜査を開始する。

Read Article

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ジョーカー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョーカー』とは、2019年にアメリカ合衆国で作成されたスリラー映画である。DCコミックス『バットマン』に登場するスーパーヴィランであるジョーカーが主人公となっており、2019年10月4日に日米同時公開された。舞台は、まだバットマンが誕生する以前の、不景気により治安の悪化する1981年のゴッサム・シティ。後のジョーカーことアーサーは、発作的に笑い出してしまう病と病弱な母親を抱えながら、一流のコメディアンを目指して貧しい生活を送りながらピエロのアルバイトを続けていた。

Read Article

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』とは2020年に公開されたDCコミックス作品で『スーサイド・スクワッド』で初登場して人気となったハーレイ・クインが主役となるスピンオフ映画である。 悪のカリスマ、ジョーカーと破局して、自由に生きようとするハーレイ・クイン。しかし、舞台となるゴッサムシティでこれまでに悪党から恨みを買っており、ついには街を牛耳る顔剥ぎが趣味のマフィアである最悪のサイコ、ブラックマスクに狙われる。彼女と同様に今の境遇から抜け出そうとする女性4人と手を組みブラックマスクと対決する。

Read Article

マイ・インターン(The Intern)のネタバレ解説・考察まとめ

マイ・インターン(The Intern)のネタバレ解説・考察まとめ

「プラダを着た悪魔」で、恋に仕事に奮闘しながらファッション業界でキャリアアップしていく主人公役を演じたアン・ハサウェイが主演。今作はニューヨークのファッションサイトの社長のジュールズ役を演じ、彼女の下にシニア・インターンしてやってくるベンをロバート・デ・ニーロが演じる。全てを手に入れた彼女の新たな出会いと試練を描く話題作である。

Read Article

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

スーサイド・スクワッド(DCEU)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーサイド・スクワッド』とは、2016年8月にアメリカ合衆国で公開された、悪役だらけのヒーローアクション映画である。DCコミックスが刊行する人気アメリカン・コミックスシリーズ『スーサイド・スクワッド』の実写映画化されたものでもある。スーパーマンの死から数か月後、米国政府の高官・アマンダによる対メタヒューマン特殊部隊「タスクフォース」、通称”スーサイド・スクワッド”のメンバーになった元精神科医ハーレイ・クインが、恋人のジョーカーと複数の犯罪者たちと共に、世界崩壊の危機に立ち向かっていく。

Read Article

ボディガード(1992年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ボディガード(1992年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボディガード』とは、1992年にアメリカ合衆国で制作されたラブサスペンス映画である。脅迫状を送りつけられたスーパースターのレイチェル・マロンと彼女を命懸けで守る元シークレットサービスでプロのボディガードであるフランク・ファーマーとの甘くて切なく、ほろ苦い恋が描かれていく。主演は『ダンス・ウィズ・ウルブズ』でオスカーを獲得したケビン・コスナー、共演は本作が女優デビューとなった歌手ホイットニー・ヒューストンが務めた。監督は『ボルケーノ』、『理由なき発砲』などで知られるミック・ジャクソンが務めた。

Read Article

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』は1989年5月に公開されたアメリカ合衆国のアクション・アドベンチャー映画で、大ヒットアドベンチャーシリーズの3作目にあたる。 監督はスティーブン・スピルバーグ、制作総指揮はジョージ・ルーカス、主演はハリソン・フォード。「原点回帰」をテーマに胸躍る冒険活劇は健在で、主人公インディの父役としてショーン・コネリーが演じ話題となった。 キリストの血を受けた「聖杯」を巡り、冒険家インディとその父ヘンリーが宿敵ナチス・ドイツと争奪戦を繰り広げる。

Read Article

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

日本では「007シリーズ」として知られる『ジェームズ・ボンド』の作品群。1962年に第1作が公開されて以来、2022年までに25作品が生み出されてきました。最初の公開から四半世紀以上という年月を経ているわけですから、映画のキャスト陣も当然変わります。この記事では、歴代ジェームズ・ボンドを務めた俳優についてまとめました。どの方もシブすぎて、溜息が出るほどカッコイイですね!

Read Article

目次 - Contents