ひるなかの流星 / Daytime Shooting Star

『ひるなかの流星』とは、2011年12号から2014年23号まで『マーガレット』(集英社)に連載された、やまもり三香による少女漫画である。コミックスは全13巻刊行され、累計販売部数は2017年時点で212万部を超えた。恋愛少女漫画ならではの、バックハグや頭ポンなどの描写が多く取り入れられ「恋愛少女漫画のバイブル」ともいわれる。
物語は石川県から東京に転校した主人公の与謝野すずめ(よさのすずめ)と、担任教師の獅子尾五月(ししおさつき)、そして初めて友達になった馬村大輝(まむらだいき)の純粋で切ない三角関係と、3人の心模様が描かれている。
馬村は塩顔の美少年に描かれているが、これは俳優の坂口健太郎をモデルにしていると作者が語っている。
この作品は2014年に「マーガレット&別冊マーガレット50周年」企画でモーションコミック化された。2017年3月には映画化され、すずめ役は永野芽郁、獅子尾役は三浦翔平、馬村役は白濱亜嵐が演じた。

親タグ

兄弟タグ