がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』とは、1998年にNINTENDO64対応ソフトとしてKONAMIより発売された横スクロールアクションゲーム。NINTENDO64版『がんばれゴエモン』シリーズの2作目に当たる。ゴエモン達がシスタービスマルによる悪行を止め世界を救うストーリー。今作では2人プレイ対応になり、協力プレイが可能になっている。オープニングに影山ヒロノブ、挿入歌を水木一郎といった超有名アニソン歌手が担当している。

『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』の概要

『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』は『がんばれゴエモン』シリーズの第14作目で、NINTENDO64版『がんばれゴエモン』シリーズでは2作目に当たる。 1998年12月23日にNINTENDO64対応ソフトとしてKONAMIより発売され、海外で発売された際は『Goemon's Great Adventure』のタイトルが付けられた。NINTENDO64版『がんばれゴエモン』シリーズの1作目『がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府の踊り〜』とは違い、横スクロールアクションゲームとなっており、2人プレイでの協力も可能となった。過去作の『がんばれゴエモン』シリーズと同様にサウンドが特に人気で『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』のサウンドドラックは10万円を超えるプレミア品となっている。

『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』のあらすじ・ストーリー

死んだものを生き返らせる機械

ゴエモンたちは物知り爺さんから召喚マシンを見せてもらう。

物知り爺さんに「見せたい物がある」呼ばれた義賊であるゴエモンと忍者のエビス丸は忍者屋敷へ足を運んだ。「見せたいものは何なのか?」と2人が問うと、物知り爺さんは死んだものを生き返らせる召喚マシン「ウルトラ、ゴージャス、エレクトロ、ゴーストリターン、マシーン」を発明したと伝える。実験しようと物知り爺さんがレバーを引くと突如マシンが消えてしまう。更に以前未来の大江戸で戦ったシスター・ビスマルが登場しマシンを奪って逃げてしまった。シスター・ビスマルは一体何のために召喚マシンを奪ったのか、悪巧みを阻止するために2人は後を追う。

「奪われた召喚マシーン」の巻

「はぐれ町」にいた物知り爺さんが発明したからくり忍者のサスケからインパクトが暴れているという話を聞いたゴエモンたちは大江戸城へと向かう。そこには大江戸城を破壊しているインパクトがいた。更におみっちゃんがビスマルに連れて行かれてしまいゴエモン達は燃え盛る大江戸城を駆け抜けインパクトの元へ向かった。ゴエモン達はインパクトを洗脳しおみっちゃんを体内に閉じ込めている「シシカカシ」更にはインパクトボスの「変形オカマメカ ビスマルエレガント」と対戦し勝利する。

「カメの上の謎の島」の巻

ビスマルが龍宮島へ逃げたという情報を聞き現地へと向かうゴエモン達。途中で秘密特装忍者のヤエと合流。ビスマルが龍宮城へ逃げたとの情報を元に竜宮城へ向かう。竜宮城には「魅惑のマーメイド たいさんば3」が待ち構えていた。見事撃破するがたいさんば3を倒した後にすぐパワーアップした「魅惑のマーメイド タイサンバ4」とインパクト戦で対戦することになった。

「復活?!魔王ドウチュウ鬼」の巻

タイサンバ4を撃破するがまたしてもビスマルに逃げられてしまう。その時謎スザクという謎の少女が現れ、ビスマルが封印されているドウチュウ鬼復活のため魔封島へ移動したことを教えてもらい魔人城へと向かう。魔人城では「地獄の門番 ゴロツ鬼」「ウクレレハワイアン 風雷神」を撃破した。

「召喚マシーンはいずこへ?」の巻

ビスマルを追い詰めるもドウチュウ鬼は復活してしまう。ドウチュウ鬼、更には他の妖怪達を復活し続けている元凶の召喚マシーンを破壊する為地底界へと向かった。地底界では「復讐の戦士 カブキ64」と「チョー戦国メカ カブキファイナル」と対戦し死闘の末見事勝利。

「空の上の大決戦!!」の巻

再びスザクが現れ、ドウチュウ鬼が浮遊城へ移住し地上の世界征服を行なっていると聞かされる。彼女から故郷を破壊したドウチュウ鬼を倒して欲しいと言われ、最終決戦の為ドウチュウ鬼のいる浮遊城へ向かう。ラスボスである「大魔王 ドウチュウ鬼」と対戦し勝利するもドウチュウ鬼は「極悪非道メカ デヴィル死神」を召喚し最後のインパクト戦が行われる。2度の戦いに敗れたドウチュウ鬼は魂だけの形になりそのまま逃亡を図るもエビス丸のオナラにより消滅した。

エンディング

平和が訪れたが物知り爺さんは召喚マシーンは欠陥品だったといい「召喚マシーン2号」を新たに作り上げた。ふとしたきっかけで召喚ボタンを押してしまい再度シスタービスマルが復活したが誤って自爆ボタンまで押してしまい物知り爺さんの研究所が吹き飛んでしまった。

『がんばれゴエモン〜でろでろ道中 オバケてんこ盛り〜』のゲームシステム

基本システム

エリアマップでステージが分かれている横スクロールアクションとなっている。各エリア内に町ステージが存在し、そこでアイテムを買い揃えたり手形を集める為のイベントが存在する。道中にあるステージをクリアするとボスがいる城ステージに到着し、更にゴエモン達が巨大メカに乗り込み同じく巨大メカと戦うインパクト戦のボスを倒すとエリアクリアとなり、また次のエリアに移動する。
アクションステージは基本的に全て横スクロールだが、ボス戦等は3Dを駆使した構成になっており、画面の奥側から敵が攻撃してきたり等様々なギミックが用意されている。
今作では城ステージに入る為に手形が必要になり、道中のステージや町ステージでミッションをクリアし報酬として手形を集めていく必要がある。手形をもらう為のミッションはキャラクターや時間帯などが限定されているものが多く、時間制限があるものもある。
ボス戦は城ステージのボスを倒した後に必ずインパクト戦が挿入されている。(最終エリアを除く)今作からは物知り爺さんが発明した巨大メカであるゴエモンインパクトのパートナーとして、同じく物知り爺さんが発明した巨大メカのミスインパクトが加わり、2Pプレイ時はミスインパクトを操縦する事が出来る。
ライフの上限は3が固定となっている。その代わりに防具アイテムが存在し、防具アイテムを取得すると防御力を示す鎧ゲージが上限3でプラスされる。
ライフの上限を上げる為のアイテムであった「金の招き猫」は今作ではライフの回復及び鎧メーターが3プラス、さらに武器レベルが最大になる。即死地点や穴などに落ちると防具アイテムの効果は全て消滅する。

基本操作

アクションの操作性はスーパーファミコン時代の作品と同様になるが少し操作性が変更になった。
NINTENDO64のコントローラーについているCユニットボタンはインパクト戦以外では使用しない。
サブウェポンや特殊アクションの操作についてはZトリガーボタン・Lボタンがサブウエポン、個別の特殊アクションはRボタンに設定されている。
移動は3Dスティックまたは十字キーでも移動が可能。3Dスティックで移動する場合は倒し方で移動速度の調整ができ、十字キーでの移動の場合はレバーを倒したままにすると最速状態での移動が出来る。また町ステージではBボタンダッシュが可能となり、最速移動プラスダッシュが出来るのでとても早く移動する事ができる。
町ステージについても横スクロールで移動するが奥や手前にも移動可能。町ステージに入るとZボタンはしゃがみ状態になる。

2人プレイ

genki1035
genki1035
@genki1035

Related Articles関連記事

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『がんばれゴエモン〜ゆき姫救出絵巻〜』は1991年にコナミ株式会社からスーパーファミコン専用ソフトとして発売されたアクションゲームである。スーパーファミコン専用ソフトとして展開されたがんばれゴエモンシリーズの第1作目である。正義の義賊ゴエモンが、エビス丸とともに、ゴエモンを捕らえようとする岡っ引きたちを蹴散らしながら、日本全国を駆け巡る。江戸城や忍者屋敷、首里城などの特徴的な風景や各地の名産品などがゲーム内で表現されている。全9すてぇじを攻略できればエンディングとなる。

Read Article

NEW
がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜』は、コナミが1997年8月7日に発売したNINTENDO64用ゲーム。日本中をステージに変えようと企むネオ桃山幕府の陰謀を止める為に義賊のゴエモンと忍者のエビス丸が仲間と協力し日本中を救うストーリー。『がんばれゴエモン』シリーズの中で初めて3Dのアクションゲームとなっている。主題歌は影山ヒロノブ、挿入歌は水木一郎というアニソン界の大御所が担当、更に挿入歌をオペラ歌手が担当し楽曲にかなり力を入れている。

Read Article

サイレントヒル2(SILENT HILL 2)のネタバレ解説・考察まとめ

サイレントヒル2(SILENT HILL 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイレントヒル2(SILENT HILL 2)』とは、コナミデジタルエンタテイメントが開発したホラーアドベンチャーゲームである。プレイステーション2用ソフトとして発売され、その後追加要素を加えた完全版『サイレントヒル2 最期の詩』が発売された。 主人公ジェイムスは、死んだはずの妻から届いた手紙をきっかけに、静養地であるサイレントヒルに向かう。彼はいつの間にか、霧と鉄錆の世界に迷い込み、奇妙な敵たちと戦うことになる。ホラーゲームの中でも傑作として名高く、驚きの結末がプレイヤーを待つ。

Read Article

幻想水滸伝II(幻水II)のネタバレ解説・考察まとめ

幻想水滸伝II(幻水II)のネタバレ解説・考察まとめ

『幻想水滸伝II』は1998年12月17日にコナミから発売されたPlayStation用RPGである。略称は『幻水II』、『幻想水滸伝』シリーズの第2作目。 主人公を含めた合計108人の個性豊かな仲間を集め、ハイランド王国との戦いに臨む物語。サイドストーリーやミニゲームなどのやり込み要素もたくさん用意されている。 キャッチコピーは「その強さがあれば、全てを守れると思った」。このセリフは主要キャラクターの思いであり、袂を分つ根幹にもなっている。

Read Article

幻想水滸伝(幻水)のネタバレ解説・考察まとめ

幻想水滸伝(幻水)のネタバレ解説・考察まとめ

『幻想水滸伝(幻水)』とは、1995年12月にコナミから発売されたロールプレイングゲーム。PlayStation用ソフトとして発売。シリーズ化されており13作品が発表されている。物語の舞台は皇帝が圧政を敷く赤月帝国。帝国将軍の息子である主人公は27の真の紋章の1つ「ソウルイーター」を継承したことにより命を狙われ帝国を離脱。やがて帝国軍と敵対する解放軍のリーダーとなり107人の仲間と共に戦いに身を投じていく。仲間集めやイベントなどやり込み要素も非常に多いゲームである。

Read Article

メタルギア(METAL GEAR)のネタバレ解説・考察まとめ

メタルギア(METAL GEAR)のネタバレ解説・考察まとめ

『メタルギア』とは、1987年コナミから発売されたMSX2用ステルスアクションゲーム。『メタルギアシリーズ』の第1作であり、小島秀夫の監督デビュー作である。1995年、南アフリカ奥地の武装要塞国家アウターヘブンを舞台に、主人公ソリッド・スネークが無線機だけを片手に敵地アウターヘブンに単独潜入し、殺戮兵器メタルギアを破壊するミッションにあたるストーリーである。「敵から隠れながら進む」という画期的なシステムを導入し、「ステルスアクション」というジャンルを確立した記念すべき作品。

Read Article

サイレントヒル4 ザ・ルーム(SILENT HILL 4: THE ROOM)のネタバレ解説・考察まとめ

サイレントヒル4 ザ・ルーム(SILENT HILL 4: THE ROOM)のネタバレ解説・考察まとめ

『サイレントヒル4 ザ・ルーム』は2004年6月にコナミにより発売されたホラーアドベンチャーゲーム『サイレントヒル』シリーズの4作目である。対応ハードはPlayStation 2とPlayStation 3だ。 今作はこれまでのシリーズとは違い、サイレントヒルの街を歩きクリーチャーを倒すわけではなく、主人公の住むアパートの一室、302号室が拠点となる。主人公の住む302号室から地下鉄の世界、森の世界、水牢の世界、建物乱立の世界、病院の世界、アパートの世界という6つの舞台を行き来する。

Read Article

悪魔城ドラキュラ(スーパーファミコン版)のネタバレ解説・考察まとめ

悪魔城ドラキュラ(スーパーファミコン版)のネタバレ解説・考察まとめ

『悪魔城ドラキュラ』とは、コナミにより1991年10月31日に発売されたスーパーファミコン専用のホラーアクションゲームである。人気シリーズ『悪魔城ドラキュラ』の初のスーパーファミコン用ソフトであり、前作と比較しグラフィックや操作性が大幅に向上した。 舞台はかつて世界征服を企てた魔王が人間界から追放されてから100年後の中世ヨーロッパ。一筋の稲妻により封印されていた魔王が復活し人間界へと舞い戻ってきた。本作の主人公であるベルモンド一族の青年シモンは先祖伝来のムチを手に取り悪魔城へと向かう。

Read Article

DanceDanceRevolution(ダンスダンスレボリューション・ダンレボ)のネタバレ解説・考察まとめ

DanceDanceRevolution(ダンスダンスレボリューション・ダンレボ)のネタバレ解説・考察まとめ

DanceDanceRevolutionとは1998年に稼働を開始した、コナミ(現コナミアミューズメント)製のアーケード用音楽シミュレーションゲーム。コナミの音楽ゲームシリーズ、BEMANIシリーズの第3弾として登場した。足元にある4つのパネルを踏むことで実際にダンスをしているかのように楽しめるゲームで、現在シリーズ第16作目である「DanceDanceRevolution A20(エースツーオー)」が日本を始めとした世界各地で稼働している。「ダンレボ」や「DDR」の略称で親しまれている。

Read Article

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神』とは、コナミから発売されたゲームボーイアドバンス専用のゲームソフトで、『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ』を題材としたゲームの8作目。原作『遊☆戯☆王』のバトルシティ編後の完全オリジナルストーリーであり、大邪神レシェフを倒すために、世界各地に散った千年アイテムを探す旅を描いている。OCG(オフィシャルカードゲーム)のルールとは異なる独自のルールを採用しており、難易度が非常に高い作品となっている。

Read Article

NINTENDO64用ソフト『がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜』の攻略・Wiki・裏技情報まとめ!

NINTENDO64用ソフト『がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜』の攻略・Wiki・裏技情報まとめ!

本記事ではNINTENDO64用ソフト『がんばれゴエモン〜ネオ桃山幕府のおどり〜』の攻略・Wiki・裏技情報をまとめたサイトを、厳選して紹介している。本作は『がんばれゴエモン』シリーズのナンバリング作品で、シリーズ初の3Ⅾアクションゲームだ。記事中ではストーリーフローチャート、キャラクターの個別情報、武器や道具情報、裏技など攻略に役立つ情報をまとめているサイトを掲載した。

Read Article

目次 - Contents