ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

『ホビット 思いがけない冒険』の概要

『ホビット 思いがけない冒険』は、2012年に公開されたアメリカ・ニュジーランド合作のファンタジー映画。本作は、J・R・R・トールキンが1937年に発表した小説『ホビットの冒険』を原作として実写化した『ホビット』3部作の1作目となる。『ホビット』3部作は、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の前日譚であり、60年前の中つ国が舞台となっている。最新技術を活用し、3D映画として製作された。映画監督は『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』のピーター・ジャクソンが続投し、主人公ビルボ・バギンズを『ブラック・パンサー』やBBCドラマ『SHERLOCK』のマーティン・フリーマンが演じている。出演は他に、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』のリチャード・アーミティッジ(トーリン役)、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』から引き続き、イアン・マッケラン(ガンダルフ役)、ヒューゴ・ウィービング(エルロンド役)、ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役)など。
第85回アカデミー賞には、美術賞、視覚効果賞、メイクアップ賞でノミネートされたが受賞は逃した。後にブルーレイ化された『エクステンデッド・エディション』では、約13分間の未公開シーンが追加されている。本記事ではこの未公開シーンの内容も一部含んでいる。

人間やエルフ族、ドワーフ族、ホビット族などが住む中つ国(なかつくに)。ホビット族の青年ビルボは、魔法使いのガンダルフに巻き込まれ、ドワーフ族の王であるトーリン・オーケンシールド率いる13人のドワーフと共に冒険に旅立った。その旅の目的は、竜のスマウグに奪われた、ドワーフの王国、はなれ山(エレボール)を奪還することだった。
旅の途中で、彼らは冥王サウロンの手下である種族のオークの王アゾグに追われる。かつて、トーリンの祖父スロールを殺したアゾグは、怒ったトーリンに自分の右腕を切り落とされた恨みがあり、トーリンを追っていた。ビルボやドワーフの一行は、魔法使いのラダガストに助けられ、エルフの国である裂け谷に逃げ込む。はなれ山に入るための地図を解読するために、裂け谷の領主であるエルロンドの力を借りた彼らは、エルロンドと話していたガンダルフを置き去りにしたまま、旅を再開する。途中の山で、崖から落ちそうになったビルボはトーリンから足手まといだと言われ、家に帰ろうとするが、その時、地面が割れ、全員が地下に落ちてしまう。ドワーフたちは地底に住むゴブリンに捕まり、ビルボは落ちた地底湖で謎の生き物のゴラムと出会い、金の指輪を拾う。追いついたガンダルフに助けられたドワーフたちだが、アゾグに見つかり、崖に追い込まれる。トーリンがアゾグに殺されそうになったが、ビルボが敢然と立ち向かい彼を助ける。ドワーフたちも反撃するが敵に囲まれてしまう。危機一髪のところで、ガンダルフが呼んだ大鷲たちによって一行は助けられ、トーリンはビルボに足手まといと言ったことを謝り、仲間として認め、はなれ山への旅を続けるのだった。

『ホビット 思いがけない冒険』のあらすじ・ストーリー

遠い昔の話

遠い昔、あらゆる種族が暮らす国デイル。デイルにあるはなれ山は、ドワーフの王スロールが治めていて、地下資源と金脈に大変恵まれた国であった。中でもアーケンストーンという宝石は王家の証として代々受け継がれていた。

エルフの王であるスランドゥイルは、スロールにラズガレンの宝石の加工を依頼する。しかし、スロールはこの宝石に目がくらみ、宝石を手放さなかった。このことをきっかけに、2つの種族に亀裂が生じる。

ある日、はなれ山の財宝を嗅ぎ付けた最強最悪の竜スマウグが襲来する。スマウグはデイルを焼き払い、黄金を奪ってしまう。ドワーフ族を助けに来たはずのエルフ族は、スマウグに恐れをなして退散してしまう。そしてスマウグは、デイルを乗っ取ってしまった。

ドワーフ族は故郷を奪われ、流浪の民となってしまった。スロールの孫、トーリンはエルフ族に裏切られたと思い憎むようになる。そしてスマウグに復讐を誓うのであった。

ビルボの回想と冒険の始まり

出典: www.cinematoday.jp

袋小路屋敷の前のベンチでビルボを旅に誘うガンダルフ

111歳の誕生日を迎えたビルボは60年前の冒険のことを思い出していた。

青年ビルボのところに、魔法使いであるガンダルフが訪ねてくる。ビルボを冒険へと誘うためであった。なぜなら、ビルボを昔から知るガンダルフは、ビルボが母方の血筋の影響で冒険好きであることを知っていたからだった。しかし平穏に暮らしていたいビルボは、その誘いを断ってしまう。

その晩、ビルボの家にドワーフ族がやってきた。ドワーフ達はビルボが、ガンダルフから旅の仲間になると聞きつけやってきたのだった。

ドワーフ族の王、トーリン・オーケンシールドは、邪竜スマウグを倒し故郷を取り戻すのだという。もうすぐ竜の時代が終わるという予言を受け、はなれ山に入る地図と鍵を手に入れたことから、これを機に冒険へ出発するという。そしてアーケンストーンを見つけるために、忍びの技を持つビルボに目を付けたのであった。話しを聞いたビルボは、好奇心を抱きドワーフ族と一緒に冒険の旅に出るのであった。

トーリンとアゾグの因縁とトロルに捕まった旅の一行

野営をしていた中で、ビルボはドワーフたちからオークの話を聞く。

かつてドワーフたちが、はなれ山を追われた時、古代王国として栄えていたモリアに助けを求めにいった。しかしモリアは、冥王サウロンの配下である、残酷で好戦的なオークたちに支配されていた。
ドワーフたちは、オークの中でも巨大で卑劣なアゾグの軍に立ち向かう。しかし、苦戦を強いられ、ドワーフの王であるスロールの首が落とされてしまう。そしてスロールの息子、スラインは正気を失い行方不明となる。

トーリンは怒りのあまり1人でアゾグに立ち向かうが、悪戦苦闘の末、持っていた武器を無くしてしまう。しかし、とっさに近くにあった樫の木(オーク)を盾に使い、アゾグの左腕を切り落とした。これがきっかけで、トーリンが「オーケンシールド(オークの盾)」と呼ばれる由来となったのである 。

旅の中で、ガンダルフは地図の解読にはエルフの協力が必要だとトーリンに訴える。しかし、トーリンはかつて故郷がスマウグに占領され、エルフ族に裏切らたれことを恨んでいたためガンダルフの意見を拒否。
夜になり、一行の仲間の馬をトロルが食べようとしているのを発見する。ビルボを呼び、忍びの技を駆使して、馬を奪い返そうとするが見つかり捕まってしまう。

しかし、朝日を浴びるとトロルは石になると聞いていたビルボは、なんとか機転を利かせトロル達に話しかけ時間を稼いだ。なんとか、ガンダルフの助けが間に合い、トロル達は朝日を浴びて石化し助かった。

名剣ゴンドリンとビルボの困惑

一行は近くにトロルの洞窟を発見し、中に入るとトロルたちが隠した財宝や名剣ゴンドリンを発見。そして、ガンダルフは剣をビルボに与える。ビルボが「剣は使ったことがない」と躊躇すると、ガンダルフは「真の勇気が試されるのは命を奪う時ではない。命を助ける時だ」と説いた。

そこヘ、森に住む魔法使いラダガストが現れ、緑の森が大蜘蛛によって病気に侵されているのだという。大蜘蛛は冥王サウロンの配下である、アングマールの魔王の使いである。ラダガストはガンダルフ一行に助けを求めに来たのだった。

するとオーク達が一行を襲ってきた。ラダガストが囮となり、ドワーフたちが逃げているとエルフ族が助けに入り、逃げ切ることが出来た。そして一行がたどり着いた先はエルフの国の谷であった。

裂け谷での日々と地図の解読、そして賢者たちの会議

ガンダルフ(画像中央)は、会議でドル・グルドゥアにネクロマンサーがいる証拠を見せる

エルフの谷の領主、エルロンドはドワーフ一行を歓迎してくれた。しかし、トーリンだけは敵意を見せている。エルフたちはドワーフたちを盛大にもてなし、2つの種族は大変盛り上がった。

ガンダルフはエルロンドに地図を見せると説得し、トーリンは渋々納得。エルロンドによると、地図に書かれているのは、ドワーフの新年の元日であるドゥリンの日に鍵穴が出現するということだった。しかし、ドゥリンの日は間近に迫っていたのだった。

ガンダルフは、エルロンドに白の魔法使いであるサルマンとガラドリエルのところへ案内され会議が始まった。エルロンドは、はなれ山を奪還した際に「トーリンの祖父や、父がそうであったようにトーリンも財宝に目がくらみ、病にかかってしまうのではないか」と推測する。

ガンダルフは、スマウグとサウロンが手を組んでしまえば脅威になると主張。またスマウグを超える悪、ネクロマンサーの存在も脅威だと訴える。しかし、サルマンはそうした主張に疑問を抱く。その頃、ドワーフたちはガンダルフを置いてエルフの谷を後にしていた。

ゴブリンに捕まったドワーフたちと、ゴラムと出会ったビルボ

落ちた地底で指輪を拾うビルボ

ガンダルフを置き去りにしたまま一行が旅を続けていると、ビルボが急な崖から滑り落ちてしまいそうになる。ビルボはドワーフたちに助けられるが、トーリンに足手まといと言われてしまう。
その夜の野営で、足手まといと言われたビルボは傷心し、エルフの谷に戻ろうとする。すると突如地面が割れ、一行は地下のゴブリン王国に落下し、ゴブリンたちに捕まってしまう。ビルボだけは、さらに深い地下へと落ちてしまった。

ビルボが目を覚ますと、ゴブリンを殺しているゴラムという生き物を見つけた。そこでビルボは、ゴラムが落としたと思われる金の指輪を拾う。すると、ゴラムに見つかってしまい襲われそうになる。

ビルボはゴラムに抵抗しながらも、ゴラムに出口を聞くと突如なぞなぞをすることになった。なぞなぞにビルボが勝つと出口を教えてもらう、しかし、ゴラムが勝つとビルボを食べてしまうという条件となった。
なぞなぞにはビルボが見事勝利したが、ゴラムは指輪をなくしたことに気づく。ビルボが盗んだと思いビルボを殺そうと襲いかかってきた。

その頃、ドワーフの一行に追いついたガンダルフに導かれ、ドワーフたちがゴブリン王国から脱出していた。ビルボはゴラムから逃げ切り、ドワーフたちに再会し出口を目指した。
そしてビルボは、「自分も家や故郷が恋しい。だから、ドワーフたちの故郷を取り戻すための手伝いをしたい」と言ったのだった。

アゾグの襲撃を受けた旅の一行だが、ビルボは勇敢な行動でトーリンに認められる

すると、突如としてアゾグが現れ、ドワーフたちは襲撃される。トーリンは勇敢に立ち向かうが敵わず、アゾグの部下であるオークにとどめを刺されそうになる。しかしビルボが止めに入り、それに続きドワーフたちも反撃に出る。

そしてガンダルフが呼び寄せた大鷲に捕まり、その場を逃げることができた。トーリンはビルボに「私が間違っていた。許してくれ」と謝罪し、ビルボは再び仲間として迎え入れられたのだった。

『ホビット 思いがけない冒険』の登場人物・キャラクター

冒険の仲間

ビルボ・バギンズ(演:マーティン・フリーマン(青年期)、イアン・ホルム(老年期))

出典: eiga.com

裂け谷に到着した青年期のビルボ(画像中央)

1gmatsukyou
1gmatsukyou
@1gmatsukyou

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グッドライアー 偽りのゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グッドライアー偽りのゲーム』とは、ニコラス・サールの小説『老いたる詐欺師』を映画化したクライムミステリーである。監督は数々のヒット作を持つビル・コンドン。イギリス映画界の重鎮であるヘレン・ミレン、イアン・マッケラン、ジム・カーターを起用し、緊張感に満ちた、良質な大人のサスペンスを生み出した。世間を知らない初老の資産家ベティの全財産の乗っ取りを企む老獪な詐欺師ロイと、相棒のヴィンセントが仕掛ける危険な罠。60年もの間ベティの心の奥底にくすぶっていたロイへの怒りが今、解き放たれようとしていた。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 竜に奪われた王国(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 竜に奪われた王国』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の2作目で、2013年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共に困難を乗り越えながら、ドワーフ王国の奪還を目指す冒険物語で、大蜘蛛や火を吐く竜との戦い等、最新技術を活用した臨場感溢れる映像が観る者を圧倒する。『ロード・オブ・ザ・リング』の人気キャラクター、レゴラスの再登場や彼の想い人の初登場、冥王サウロンの復活など見所満載。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』とは、2001年~2003年に公開された、J・R・R・トールキン作の『指輪物語』を原作とした『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作映画の第一作目。中つ国(ミドル・アース)を舞台に、主人公のフロドを含む9人の旅の仲間が、冥王サウロンを完全に滅ぼすため、全てを統べる「一つの指輪」を破壊する物語である。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の第二作目で、2002年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』でエルフなど架空の種族や架空の地が舞台となっている。前作ですべての指輪を統べる強大な力を持った「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドたちは、何人もの仲間を失いながらも3手に分かれ、それぞれの戦いに挑んでいく。中つ国では闇の勢力がますます力を増大させていた。

Read Article

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』とは、映画三部作の興行収入が全世界で3,000億円を超える大人気シリーズ『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』三部作の完結編で、2003年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『指輪物語』で架空の種族や架空の地が舞台である。すべての指輪を統べる強大な力を持つ「一つの指輪」を葬る旅に出たフロドは目的地の滅びの山があるモルドールの目の前まで来ていた。アラゴルン達は人間の国ゴンドールに加勢し、サウロン軍に勝利、とうとう最終決戦を迎える。

Read Article

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

キング・コング(King Kong)のネタバレ解説・考察まとめ

映画史に残る1933年制作の怪獣映画の古典「キング・コング」を「ロード・オブ・ザ・リング」のピーター・ジャクソン監督がSFXを駆使してリメイクしたのが、この2005年版「キング・コング」。映画撮影のため南海に浮かぶ海図には乗らない神秘の島・髑髏(どくろ)島に到着した撮影隊がキング・コングを初め様々な怪獣や恐竜たちと遭遇する、ラブロマンスとホラー要素もある痛快アクション・アドベンチャー。

Read Article

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

美女と野獣(原題:Beauty and the Beast)は2017年にアメリカで制作された映画。 1991年に制作された、ディズニーアニメーション不朽の名作を完全実写化。 魔女の呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、孤独を抱えながらも前向きに生きる美しい娘ベルが出会い次第に惹かれあっていく模様を描く。愛すること、信じ抜くことを描くファンタジーロマンス。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

キャロル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キャロル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キャロル』(原題:Carol)とは、パトリシア・ハイスミスの半自伝的小説に基づいた、1950年代を舞台に2人の女性の恋愛模様を美しくリアルに描いた恋愛映画。監督は、トッド・ヘインズで、主演をケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラの2人が務め、2015年公開となった。ルーニー・マーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したほか数々の映画賞にノミネートされた。ニューヨークを舞台に離婚調停中の人妻キャロルと、彼女に心を奪われた女性テレーズとのせつない恋愛が描かれている。

Read Article

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ダ・ヴィンチ・コード(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダ・ヴィンチ・コード』とはダン・ブラウンの小説を原作に、2006年に公開されたアメリカの映画。監督はロン・ハワードで、脚本は原作者のブラウンとアキヴァ・ゴールズマンである。2006年の映画興行収入は2番目に高いが、批評家からは酷評も目立つ話題作。大学教授のロバート・ラングドンは、友人でルーブル美術館館長のソニエールが死体で見つかったことから警察に呼び出される。ロバートが追っ手を避けながらソニエールの孫娘と一緒に、ダ・ヴィンチの絵画に秘められたキリストの謎に近付いていくミステリーサスペンス映画。

Read Article

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

『アベンジャーズ』シリーズなどで人気を誇るMCU作品と、ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズの両方に出演している俳優をまとめました。『インクレディブル・ハルク』ではヒロインのベティを、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではエルフの姫アルウェンを演じたリヴ・タイラーをはじめ、様々な俳優が両シリーズに出演しています。ここでは彼らが演じたキャラクターや登場作品もあわせて紹介していきます。

Read Article

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

歴代シャーロック・ホームズ役者には個性的なイケメンがずらり!

シャーロック・ホームズ!彼がいなかったら、テレビドラマでの刑事物やバディ(相棒)物というジャンルはおそらく生まれていなかったと思います。彼を演じた役者の数もかなりのボリュームで、まだ映画に音がない(サイレント映画)時代から既にホームズ映画はありました。そんなホームズを演じた様々な俳優達を時系列で紹介します。

Read Article

【ハリー・ポッター好きにおすすめ!】魔法・冒険がテーマのファンタジー映画10選【ロード・オブ・ザ・リング/ナルニア国物語】

【ハリー・ポッター好きにおすすめ!】魔法・冒険がテーマのファンタジー映画10選【ロード・オブ・ザ・リング/ナルニア国物語】

この記事では魔法や冒険をテーマにしたファンタジー映画をまとめた。子ども向けのものから少しダークなものまで幅広く紹介している。『ハリー・ポッターシリーズ』が好きならばどの映画もハマること間違いなしだ。気になった作品があればぜひチェックしてみてほしい。

Read Article

【ロード・オブ・ザ・リングシリーズ】オーランド・ブルームのカッコ良さが癖になる出演映画まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ】

【ロード・オブ・ザ・リングシリーズ】オーランド・ブルームのカッコ良さが癖になる出演映画まとめ【パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ】

オーランド・ブルームといえば、甘ーいマスクが印象的な俳優ですよね。彼の名を一躍有名にしたのは、やはり何といっても『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでしょう。以降、様々な話題作に出演しています。この記事では、そんなオーランド・ブルームの出ている映画をいろいろまとめました。ダメだ、カッコ良すぎて直視できない…。

Read Article

「ハリー・ポッター」のダンブルドアと「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフが挙式ってどういうこと?

「ハリー・ポッター」のダンブルドアと「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフが挙式ってどういうこと?

『ハリー・ポッター』シリーズと『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズは、ともに世界の人びとから人気を得ているファンタジー作品です。その中の登場人物・キャラクターであるダンブルドアとガンダルフの挙式が行われたとの情報が入ったので、どういうことか顛末を追ってみました。事の発端は、同性愛を巡るハリポタ俳優のSNSでの発言。それがまさかこんな騒動になるとは…。SNSの影響力って怖いですね。

Read Article

ファンが選ぶ最悪な映画ランキング【トランスフォーマー/リベンジ・スーパーマリオ 魔界帝国の女神】

ファンが選ぶ最悪な映画ランキング【トランスフォーマー/リベンジ・スーパーマリオ 魔界帝国の女神】

50万人以上の映画ファンに「歴代映画の中で最悪な映画」は何なのかアンケートを取ったところ、『トワイライト』シリーズが3万5593票を集め1位に選ばれた。その他にも『トランスフォーマー/リベンジ』や『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』といった映画がランクインした。

Read Article

NEW
【美女と野獣】ハリー・ポッターシリーズ俳優が共演している作品まとめ!こんなにあった!【マレフィセント】

【美女と野獣】ハリー・ポッターシリーズ俳優が共演している作品まとめ!こんなにあった!【マレフィセント】

かつて『ハリー・ポッター』シリーズに出演していた俳優たちは、別の作品でも共演していることが多々あります。この記事では、そんな映画の数々についてまとめました。たとえば、2017年の映画『美女と野獣』。ハリポタでハーマイオニー役を務めたエマ・ワトソンの他、トレローニー先生役だったエマ・トンプソンが出ています。偶然とはいえ、同じエマ繋がりなのか面白いですね!

Read Article

映画ハリー・ポッターシリーズ出演女優エマ・ワトソンの画像をいっぱい集めたよ!【美女と野獣】

映画ハリー・ポッターシリーズ出演女優エマ・ワトソンの画像をいっぱい集めたよ!【美女と野獣】

エマ・ワトソンといえば、『ハリー・ポッター』シリーズでハーマイオニー・グレンジャー役を演じた女優ですよね。シリーズ完結後も順調に活躍を続けており、『美女と野獣』などの話題作に出演しています。この記事では、そんな彼女の画像をたくさん集めてみました。ファッションセンス、演技力、どれも素晴らしいですね!

Read Article

目次 - Contents