トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の概要

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。2007年から続く実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの第3作目であり、シリーズ第1部の完結編でもある。

『トランスフォーマー』シリーズで初の3D映画となる本作は、1969年に人類で初めて月面到達を達成したアポロ計画には、地球全体を巻き込んだある陰謀が隠されていたことが明らかとなる物語となっている。

前作の『トランスフォーマー/リベンジ』に続き、本作もマイケル・ベイが監督を務める。配給はパラマウント映画。
『トランスフォーマー』シリーズでは最大級のスケールで描かれた本作は、1億9500万ドルの製作費がかかった。

興行収入は、アメリカ・カナダでは352,390,543ドル、日本では42.5億円、世界では1,123,746,996ドルと大ヒットを記録した。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』のあらすじ・ストーリー

月面着陸

惑星サイバトロンに関する情報を隠していた、シャーロット・メアリング国際情報長官に詰め寄るオプティマス・プライム

惑星「サイバトロン」に住む金属生命体「トランスフォーマー」は、金属に生命を吹き込む物質「オールスパーク」を巡り2つの軍に分かれて戦争をしていた。
「オートボット」は「オールスパーク」を使って、惑星「サイバトロン」を復興させようとしていた。
それと戦う「ディセプティコン」は「オールスパーク」を悪用して、地球や他の惑星の機械を操り支配しようとしていた。

この戦いで劣勢に立たされた「オートボット」は、一縷の願いを賭けて一隻の宇宙船を脱出させた。しかしその宇宙船も「ディセプティコン」の攻撃を受け月に墜落してしまった。
アメリカ合衆国の大統領ジョン・F・ケネディとロバート・マクナマラ国防長官は、衛星通信で月面に何か降り立ったと報告を受けた。
大統領は調査に乗り出してきたソ連より先に、月面に降り立ち調査する極秘任務を宇宙飛行士たちに言い渡した。

そして8年後の1969年7月16日、極秘任務を言い渡されたNASAの宇宙飛行士ニール・アームストロングとバズ・オルドリンたちはアポロ11号で月面着陸を達成した。
バズたちは、月の裏側の「ダークサイド・ムーン」にあった宇宙船の調査を行なった。そして宇宙船で眠る「トランスフォーマー」を見つけ、人類以外の生命体の存在に驚いた。

現代「オートボット」と2度も地球を救ったサム・ウィトウィッキーは、前回の戦いでFBIに指名手配されたことから、大学を卒業しても就職先が決まらなかった。
そんな彼と「オートボット」に亡命したホィーリーとブレインズは、新しい恋人のカーリー・スペンサーの部屋で生活していた。

一方ウィリアム・レノックス率いるアメリカ特殊部隊の「N.E.S.T」は、諜報員のヴォスコッド・ラドヌフからロシアのチェルノブイリで、「サイバトロン」に関する調査が行なわれているとの情報を得た。
レノックスはオプティマス・プライム率いる「オートボット」とチェルノブイリへ調査に向かい宇宙船「アーク」の一部を発見した。

惑星「サイバトロン」に関する情報を人間が隠していたことに激怒したオプティマス・プライムは、「N.E.S.T」に戻っても誰とも口をきかなかった。
そこへシャーロット・メアリング国際情報長官が、バズを連れて訪れた。オプティマス・プライムが惑星「サイバトロン」の情報を隠していたわけを聞くと、バズは当時の最高司令官に口止めされていたと話した。ソ連との宇宙開発戦争が原因で起こった宇宙船の調査は極秘情報だったのだ。

オプティマス・プライムは宇宙船「アーク」には、劣勢に立たされた自分たちが起死回生するためのテクノロジーと、伝説の戦士センチネル・プライムが眠っていたとノックスに伝えた。
「ディセプティコン」に発見される前に「N.E.S.T」と共に月へ降り立ったオプティマス・プライムは、宇宙船「アーク」に眠っていたセンチネル・プライムとテクノロジーを回収した。

メガトロンの計画

ワシントンに旅行に両親と来ていたサムは、観光がてら就職活動をしていた。
面接の結果、宇宙開発事業に携わる「アキュレッタ・システムズ」で、資料運搬係として働くことになった。
サムは後日カーリーの勤め先に行って、就職先が決まったことを報告した。その時カーリーと会社の社長であるディラン・グールドが親密なことに嫉妬してしまった。
しかしディランは彼女から事情を聞いて推薦状を書き、サムの就職を助けてくれていたのだった。

その頃アフリカに潜伏していた「ディセプティコン」のメガトロンは、オプティマス・プライムが宇宙船「アーク」を発見したことを知った。
メガトロンはアポロ計画からこれまで、「ディセプティコン」に協力してきた人間のスパイであるヴォスコッドたちを次々始末していった。
実はメガトロンたちは宇宙船「アーク」の存在を以前から知っていて、わざと「オートボット」に見つけさせ自分たちのある計画を実行しようとしていたのだった。

サムは同僚のジェリー・ワンから、宇宙船開発中止の真相に関わる情報を強引に託された。
サムがその真偽を確かめようとした時、ジェリーは会社に忍び込んでいた「ディセプティコン」のレーザービークに殺されてしまった。
レーザービークは、ジェリーから何か情報を得たであろうサムを攻撃した。
ちょうど会社に遊びに来ていたカーリーやホィーリーと共に、サムはオプティマス・プライムに助けを求めるため「N.E.S.T」の基地に向かった。

基地に辿り着いたサムは、マトリクスの力によって仮死状態だったセンチネル・プライムが蘇生されるのを目撃した。オプティマス・プライムとの再会を喜んだプティマス・プライムは、自身が開発した「スペースブリッジ」と、それを起動させるために必要な柱の5本が宇宙船「アーク」に残っていると話した。
「スペースブリッジ」は物質を転送することができる、テレポーテーションシステムだった。

このことを聞いたサムは協力を申し出たが、ただの民間人は必要ないとメアリングに断られてしまった。
諦めきれないサムは、シーモア・シモンズに協力を要請した。シモンズは「トランスフォーマー」の秘密を知るセクター7として活躍し、その経験を綴った自叙伝で金持ちになっていた。

サムはシモンズから、宇宙飛行士たちが次々と謎の死を遂げていることを聞いた。また元NASAの技術開発部門にいたジェリーが、人工衛星のカメラとプログラムに細工して、月で活動していた「ディセプティコン」の存在を隠していたことも知った。
サムたちは「ディセプティコン」が人間をスパイとして利用し、ダークサイド・ムーンにある何かを隠していたことを突きとめた。

シモンズたちと戦いに赴こうとしているサムを、戦争で兄をなくしたカーリーが引きとめた。しかしサムは戦いに行くことを選び、シモンズと共にロシア人の元宇宙飛行士のデミトリとユーリィに会いに行った。

サムはロシアから亡命してきたデミトリたちに、かつてロシアの人工衛星が写した写真を見せられた。そこには「ディセプティコン」が、月で「アーク」から柱を運び出している様子が写っていた。
その写真からサムは「ディセプティコン」が、アポロ11号が月面到着する前に「アーク」から柱を奪って、ダークサイド・ムーンに隠したと気がついた。
サムは「ディセプティコン」がセンチネル・プライムを蘇らせるため、わざとオプティマス・プライムに「アーク」を発見させたことをレノックスたちに知らせた。

サムの要請により「オートボット」はセンチネル・プライムを「ディセプティコン」から守るが、彼は反旗を翻し「オートボット」のアイアンハンドを殺してしまった。

裏切り

センチネル・プライムからの要求を飲んだ人類により、オートボットと共に、地球から無理矢理追い出されることになったオプティマス・プライム

センチネル・プライムは「N.E.S.T」を攻撃して、金庫に保管された柱を奪って逃走した。
彼はメガトロンと合流し、「スペースブリッジ」を起動する準備に取り掛かった。
センチネル・プライムは惑星「サイバトロン」を脱出した時には、すでに「ディセプティコン」に寝返っていた。メガトロンはオプティマス・プライムにマトリクスを使わせ、センチネル・プライムを蘇らせたのだった。

センチネル・プライムは惑星「サイバトロン」を復活させるため、「オートボット」に秘密でメガトロンと協力関係を結んでいた。
「スペースブリッジ」を起動させようとした時、オプティマス・プライムが現れセンチネル・プライムを説得した。
しかし説得もむなしく「スペースブリッジ」を起動させたセンチネル・プライムは、地球とダークサイド・ムーンを繋ぎ「ディセプティコン」を呼び寄せた。

一方サムは「ディセプティコン」の参謀サウンドウェーブと手先だったディランに、カーリーを人質に取られ協力するよう脅されていた。
仕方なく従ったサムは、「オートボット」の出方を探るためのスパイに仕立て上げられた。

センチネル・プライムは人類に対し、地球への侵略行為をしない代わりに「オートボット」を追放するよう要求した。
この要求に従うしかなかった人類によって、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は宇宙船「ザンディウム」で地球を離れることになった。
宇宙船「ザンディウム」は打ち上げられた直後、宇宙から来た「ディセプティコン」によって撃墜されてしまった。

ディランによって手引きされた「ディセプティコン」の大群は、イリノイ州シカゴを占拠した。
サムはディランから渡された腕時計型の「ディセプティコン」を破壊し、カーリーを連れたディランの携帯電話をハッキングして居場所を特定した。
そして彼は、レノックスの部下であるロバート・エップスたちと共にシカゴへ向かった。

荒廃した惑星「サイバトロン」を蘇らせるため、労働力として人類を隷属させることがセンチネル・プライムの目的だった。
彼は惑星「サイバトロン」を地球のそばに転送しようとした。

サムが到着した時には、シカゴの市街地は「ディセプティコン」に破壊され、包囲された人々は逃げ惑っていた。
「ディセプティコン」の包囲網によってサムたちや政府の「N.E.S.T」も、中心部に近づけなかった。
そこへオプティマス・プライムが駆けつけた。「オートボット」は地球を出るふりをして、宇宙船から脱出していたのだった。
オプティマス・プライムはサムと一緒に、「ディセプティコン」と戦うため中心部へ向かった。

サムは「ディセプティコン」の戦闘機を操縦するバンブルビーと共に、ディランからカーリーを救出した。
彼は落ちていた軍の無線偵察機を使って、レノックスたちに連絡し「ディセプティコン」の本当の目的を伝えた。

終結

スペースブリッジを通って、シカゴの市街地へ襲来したディセプティコンの宇宙船

センチネル・プライムの計画を阻止するため、サムは柱を破壊しようとした。
しかし「ディセプティコン」のショックウェーブとドリラーが、執拗にサムを追いかけた。
サムたちは高層ビルに逃げ込んだが、ドリラーが巻きついたせいで徐々にビルが崩壊していった。そこに今まで「ディセプティコン」の攻撃を引き付けていたオプティマス・プライムが駆けつけ、サムたちを救出した。

ビルから脱出したサムたちは、今度はスタースクリームに襲われてしまった。
カーリーを助けるため、サムは1人でスタースクリームに戦いを挑んだ。
「オートボット」の機械技師キューに貰ったフック付きのグローブを使って、スタースクリームの右目を破壊した。痛みに悶えたスタースクリームが暴れたので、サムは左右に振り回されてしまった。しかしレノックスが彼を救い、右目に仕込んだボムスティックの爆発によってスタースクリームは撃破された。

サムたちはコントローラーがある塔に向かった。その頃センチネル・プライムは世界各地に隠しておいた柱を起動させ、惑星「サイバトロン」の転送を強行した。
死闘が繰り広げられる中、「ディセプティコン」の戦艦に忍び込んだホィーリーとブレインズが内部を破壊し「ディセプティコン」を撃退していった。
レノックスたちは「トランスフォーマー」の急所である目と足を攻撃して、「ディセプティコン」を倒した。
そして集結したオプティマス・プライムと「オートボット」は、「ディセプティコン」を殲滅していった。

その様子を見ていたセンチネル・プライムは、柱を再起動するために邪魔なオプティマス・プライムと直接対決に挑んだ。
センチネル・プライムとオプティマス・プライムが戦っている間、軍はトマホークで次々と「ディセプティコン」を撃破していった。

一方柱を巡って戦っていたサムとディランだったが、ディランが柱を再起動させてしまった。
戦いの末サムに殴られたディランは、よろけて後ろに下がり起動中の柱にぶつかって感電死した。
その衝撃を受けても起動し続ける柱を、駆けつけたバンブルビーが破壊した。
「スペースブリッジ」を維持することができなくなり、「ディセプティコン」は次々と地球を離れていった。
オプティマス・プライムはメガトロンとセンチネル・プライムを破壊した。

こうして地球に再び平和が戻った。
再び生きて会えたサムとカーリーに、バンブルビーが部品を指輪に見立ててプレゼントした。
その光景を見ながらオプティマス・プライムは、「我々がこの星と人類を見放すことは絶対ない」と思うのだった。

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の登場人物・キャラクター

主要人物

サム・ウィトウィッキー(演:シャイア・ラブーフ/吹き替え版:小松史法)

前作に続き、本作の主人公。
プリンストン大学を卒業後、就職活動の為ワシントンに来たが、過去にFBIや政府関係者にマークされていたという経歴を警戒されているせいでまだ就職できていない。

そんな彼は今、新しい恋人のカーリーの部屋に住まわせてもらう形で同棲している。
両親と一緒に就職活動をした際、「アキュレッタ・システムズ」へ入社することが出来たが、そこでディセプティコンが起こした事件に遭遇することになる。

親友であり愛車でもあるバンブルビーが、N.E.S.Tの任務で家を留守にしがちであるため、代わりに中古のダットサン510のブルバードを購入して運転している。

カーリー・スペンサー(演:ロージー・ハンティントン=ホワイトリー/吹き替え版:小林沙苗)

本作のヒロイン。サムの新しい恋人。
イギリスの外交秘書をしていた際、ホワイトハウスで勲章を受け取ったサムと知り合い、付き合い始めた。

軍人の家系で育ったが、戦争で兄を亡くした経緯から争いを好まない。
オートボットの為に危険を顧みず、戦場へ向かおうとするサムをとても心配している。

オプティマス・プライム(声:ピーター・カレン/吹き替え版:玄田哲章)

doragaiden3j3
doragaiden3j3
@doragaiden3j3

Related Articles関連記事

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー』とは、2007年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。1980年代から展開されてきた玩具・アニメーション・コミックシリーズ『トランスフォーマー』の実写映画版である。機械や金属に生命を吹き込む放射を生む物質「オールスパーク」によって誕生した金属生命体「トランスフォーマー」たちは、消えたオールスパークがあった地球へ飛来する。故郷の惑星サイバトロンの次は、地球で繰り広げられるトランスフォーマー同士の戦いに、主人公・サムが巻き込まれていく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。 彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。 監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

Read Article

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

バンブルビー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法にかけられて(ディズニー映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法にかけられて』とは、2007年にウォルト・ディズニー・ピクチャーズが製作したミュージカル映画。ディズニー伝統のアニメーションと実写を融合し、過去のディズニー作品からのセルフパロディや楽しいミュージカルナンバーを随所にちりばめて描いたファンタジック・ラブ・コメディ。王子との結婚式の日に魔女に騙されて現代のニューヨークへと送り込まれたおとぎの国のプリンセス・ジゼルは、見知らぬ世界の中で困り果てていた時、弁護士の男性・ロバートと出会い、やがて彼に惹かれていく。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ワイルド・スピード MEGA MAX(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード MEGA MAX』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第5作目。護送中のドミニク・トレットを救出し、共にブラジルに逃亡した元警察官のブライアン・オコナーとミア・トレットは、逃亡生活に終止符を打つ為、裏社会を牛耳る黒幕から1億ドルを強奪する計画を立案する。世界中から凄腕ドライバーの仲間たちを集め、裏社会に立ち向かう。警察と犯罪者たちが協力するかつてないストーリーだが、立場を超えた信頼関係と友情が感じられる映画となっている。

Read Article

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ワイルド・スピード EURO MISSION(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ワイルド・スピード EURO MISSION』とはアメリカ合衆国で制作されたカーアクション映画である。『ワイルド・スピード』シリーズの第6作目。ブラジルの犯罪王から大金を手に入れたドミニク・トレットを含む仲間たちは自由気ままな暮らしをしていた。しかし、死んだはずのドミニク・トレットの元恋人であるレティ・オルティスが生きていることを知り、彼女が所属している国際的犯罪組織との闘いにドミニク・トレットとその仲間たちが突入していく。家族を守る為のドミニク・トレットの優しさと正義感が伝わる映画である。

Read Article

ビーストウォーズ(Beast Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

ビーストウォーズ(Beast Wars)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビーストウォーズ』は、カナダ制作のテレビアニメ。北米では1996年から1997年まで、日本では1997年から1998年まで放送された。 惑星エネルゴアを舞台にサイバトロンとデストロンによる抗争を描かれているが、終始シリアスな英語版と違い日本語版は出演した声優によるアドリブによってギャグアニメという性格が強くなっている。 ストーリーは勿論、変身フィギュアなどグッズの人気も高く、放送から20年以上経った今でも多くのファンに愛されている。

Read Article

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』とは2016年に公開されたロマンチック・コメディである。ブリジット・ジョーンズシリーズ最後の完結作ということで大きな話題を呼んだ。43歳になっても相変わらずシングルトンのブリジット・ジョーンズだったが、今回はイケメン億万長者ジャックと元恋人マークのと間で恋の三角関係を繰り広げる。果たしてブリジットはどちらを選ぶのか。そして今度こそ彼女は幸せをつかめるのだろうか。世界中の女性に愛されたブリジット・ジョーンズのドタバタ恋愛劇がついに完結する。

Read Article

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』とは、2019年にアメリカで公開された映画。自閉症の青年ザックは、プロレスラーの養成学校に入る夢を叶えるために養護施設を抜け出す。そこで偶然出会ったのは、獲物を盗んでいたことが知られて追われている漁師のタイラー。老人介護施設でザックの世話をしていたエレノアを加え、夢の実現を目指す3人の旅は、思いもよらなかった冒険へと変化していくのだった。『リトル・ミス・サンシャイン』のプロデューサーが贈る、全米を沸かせた奇跡のハートフルストーリー。

Read Article

【アベンジャーズシリーズ】映画ファン必見!オススメのSF映画21選【トランスフォーマーシリーズ】

【アベンジャーズシリーズ】映画ファン必見!オススメのSF映画21選【トランスフォーマーシリーズ】

映画ファンにオススメしたいSF映画21作品をまとめました。世界中にヒーロー映画旋風を巻き起こした「アベンジャーズ」シリーズやアーノルド・シュワルツェネッガーの代表作「ターミネーター」シリーズ、人気玩具をもとに作られた「トランスフォーマー」シリーズなど、各作品の見どころやオススメポイント、予告動画などを紹介していきます。

Read Article

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

MCUとロード・オブ・ザ・リングシリーズ両方に出演している俳優まとめ【リヴ・タイラーなど】

『アベンジャーズ』シリーズなどで人気を誇るMCU作品と、ファンタジー超大作『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズの両方に出演している俳優をまとめました。『インクレディブル・ハルク』ではヒロインのベティを、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズではエルフの姫アルウェンを演じたリヴ・タイラーをはじめ、様々な俳優が両シリーズに出演しています。ここでは彼らが演じたキャラクターや登場作品もあわせて紹介していきます。

Read Article

ファンが選ぶ最悪な映画ランキング【トランスフォーマー/リベンジ・スーパーマリオ 魔界帝国の女神】

ファンが選ぶ最悪な映画ランキング【トランスフォーマー/リベンジ・スーパーマリオ 魔界帝国の女神】

50万人以上の映画ファンに「歴代映画の中で最悪な映画」は何なのかアンケートを取ったところ、『トワイライト』シリーズが3万5593票を集め1位に選ばれた。その他にも『トランスフォーマー/リベンジ』や『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』といった映画がランクインした。

Read Article

目次 - Contents