007/慰めの報酬(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/慰めの報酬』(原題: Quantum of Solace)とは、2008年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第22作品目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる2作目の作品である。興行収入は全世界で5億8900万ドルを記録した。
謎の組織の幹部、ミスター・ホワイトを捕えたボンドは、上司のMの元にホワイトを連行した。だが仲間内の裏切りに遭い、ホワイトを逃してしまう。新たな手掛かりをもとに、ボンドはハイチでのミッションに挑むのだった。

『007/慰めの報酬』の概要

『007/慰めの報酬』(原題: Quantum of Solace)とは、2008年公開のスパイアクション映画である。イーオン・プロダクションズが製作した「ジェームズ・ボンド」シリーズの第22作目にあたる。監督はマーク・フォースター、脚本はポール・ハギス、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイドの3人。2006年に公開された『007/カジノ・ロワイヤル』の続編にあたり、ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる2作目の作品だ。上映時間106分はシリーズ最短で、スピード感溢れるストーリー展開で駆け抜ける。映画のタイトルは、1959年に出版されたイアン・フレミングの『007号の冒険』(新版は『007/薔薇と拳銃』)に掲載された短編小説から採用されたものだが、映画の内容は、その短編小説とは一切関係が無い。
2008年10月29日にオデオン・レスター・スクエアで初公開され、クレイグの演技や、よりシリアスで迫力満点の世界観などが高い評価を得たが、前作『007/カジノ・ロワイヤル』に比べて印象が薄く感じられる等、評価は賛否両論であった。興行収入は全世界で5億8900万ドルで、「ジェームズ・ボンド」シリーズとしては4番目に高い記録となった。本作の続編としては2012年に『007/スカイフォール』が公開された。
主題歌「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」(原題: Another Way to Die)は、アメリカ合衆国のロックミュージシャン、ジャック・ホワイトと、R&Bソウルシンガー、アリシア・キーズの共同作品で、「ジェームズ・ボンド」シリーズ初のデュエット曲である。ホワイトは作詞・ヴォーカル・ギター・ドラム・プロデュースも担当した。第51回グラミー賞ではショート・フォーム・ミュージック・ビデオ賞に、また第14回放送映画批評家協会賞では歌曲賞にノミネートされ、さらに第13回サテライト賞の歌曲賞を受賞した。
本編は前作『007/カジノ・ロワイヤル』直後のシーンから始まる。恋人のヴェスパー・リンドを自殺に追いやった宿敵ホワイトを捕えたボンドは、彼を尋問し謎の組織の詳細を暴こうとする。だが、MI6内の裏切りにより、ホワイトは逃走してしまう。ボンドは、裏切り者が残した僅かな情報をもとにハイチへ向かう。そこで出会ったボリビアの諜報員カミーユ・モンテスを通じて、謎の国際的テロ組織の構成員であるドミニク・グリーンへの接触を図るのだった。

『007/慰めの報酬』のあらすじ・ストーリー

MI6内の裏切り行為

物語は前作『007/カジノ・ロワイヤル』のラストシーンの直後から始まる。
ボンドはイタリアの海岸線で、謎の組織の車と激しいカーチェイスを繰り広げていた。乗っていた車を半壊させつつも、どうにか銃撃を逃れ、古都シエーナにたどり着いたボンド。待っていたのはMI6部長のMだった。ボンドは、捕えてきたホワイトを車のトランクから降ろすと、その身柄をMに引き渡した。
帰還したボンドを出迎えたMは、ボンドの亡き恋人ヴェスパーの彼氏とされる遺体が見つかった事を告げた。だがその遺体は、DNA鑑定の結果、別人という事も判明していた。
Mは、ヴェスパーの彼氏の死の偽装についても、ホワイトらが関与していると睨んでいた。ホワイトは、MI6とCIAが追っている謎の国際的テロ組織の幹部である。
その組織の全貌を炙り出す為、Mとボンドはホワイトを厳しい尋問に掛ける。ホワイトはヴェスパーを利用し、死に追いやった男だ。ホワイトは、ボンドが彼女を愛していた事、そしてMI6もCIAも、自分たちの組織の本当の姿を未だに知らない事を揶揄し、挑発する。
そんな最中、Mの側近のミッチェルが突然裏切り、Mに向けて発砲する。ボンドはミッチェルを追跡するが、生け捕りに失敗し、殺してしまう。そして、肝心のホワイトも逃してしまったのだった。

イギリスのロンドンに戻ったMは、ミッチェルの自宅を家宅捜索していた。その最中に訪ねてきたボンドを、Mは厳しく叱責する。ミッチェルを殺してしまい、何も聞き出せないまま終わった為だ。だが家宅捜索の結果、ミッチェルが所持していた紙幣の通し番号から、一人の男の存在が浮かび上がってくる。男の名は、エドモント・スレイト。前作『007/カジノ・ロワイヤル』で、ホワイトに射殺されたル・シッフルがマネーロンダリングした紙幣を、ミッチェルもスレイトも所持していたのだ。

ボンドは、ロンドンから南国ハイチに向かい、スレイトが滞在するホテルの部屋を襲撃する。だが、またしても生け捕りに失敗し、スレイトを殺してしまった。
手がかりを得られず途方に暮れるボンドだが、ひとまず背格好が似ているスレイトになりすまし、ホテルのフロント係に、自分宛の荷物が届いていないかと尋ねる。フロント係は何の疑いもなく、届いていたブリーフケースをボンドに渡した。
荷物を受け取ったボンドがホテルを出ると、一台の車が目の前に停まった。運転していたのは現地人の美女カミーユだった。彼女が、車に乗るようボンドに声を掛けると、ボンドはそれに乗り込んだ。「地質学者だと聞いていたけれど、イメージと違う人ね」と気軽に話すカミーユに、ボンドは曖昧な笑みを返す。だが、商談を進める為にボンドが持っていたブリーフケースを開けると、中から出てきたのはカミーユが欲していた地図ではなく、銃とカミーユの写真だった。スレイトはカミーユの商談相手ではなく、殺し屋だったのだ。折しも、車の真後ろには怪しいバイクが尾行していた。カミーユは、自分が命を狙われている事を知り、ボンドに銃を向けて車から降ろすと、そのまま走り去った。

ボンドは、カミーユを尾行していた男からバイクを強奪し、カミーユを追跡した。すると彼女の車は、ドミニク・グリーンというフランス人実業家のもとにたどり着いた。
グリーンは環境保護団体グリーン・プラネットの代表者だ。しかしその正体は、ボリビアの砂漠にある天然資源の採掘利権を得るため、ヨーロッパと中南米を行き来する秘密組織の幹部だった。現在は、元ボリビア軍事政権トップであるメドラーノ将軍のクーデターを支援する為、取引を持ち掛けようとしていた。
カミーユは、メドラーノに家族を惨殺された過去を持つ。メドラーノに復讐する為、グリーンに近づき愛人となったのだ。だが、そのグリーンに命を狙われている事を知ったカミーユは、グリーンに激怒していた。グリーンはカミーユの本当の目的を知り、利用する事を思いつく。そして、取引のついでに彼女をメドラーノへ売り飛ばした。物陰から一行の取引現場を見ていたボンドは、メドラーノとカミーユが乗る小型船を追い、彼女を救出する。

オペラ歌劇「トスカ」での密談

その後、一人でグリーンを追跡するボンドは飛行場に向かい、移動中にMに電話をしてグリーンの素性を調べるよう告げる。Mがグリーンの素性を知る為にCIAにコンタクトを取ると、通話は南米局長のグレッグ・ビームに繋がった。Mは、CIAもグリーンに関心を持っている事を確信し、ボンドにチャーター機を手配した。グリーンの行先であるオーストリア・ブレゲンツに向かわせる為だ。

メドラーノとの取引を終えたグリーンは飛行場を訪れ、止まっていたチャーター機で2人のアメリカ人と合流していた。CIAの南米局長グレッグ・ビームと、その部下であるCIAのエージェント、フィリックス・ライターだ。グリーンは、メドラーノと取引を行った裏でCIAとも通じていた。敢えてボリビアのクーデターを引き起こさせ、新政権をアメリカに握らせる事、砂漠に眠る天然資源と石油の採掘権を貸与する「ティエラ計画」について、ビームと契約を取り交わす。
この「ティエラ計画」を巡っては、様々な駆け引きが裏で繰り広げられていた。そこにはイギリス首相の特命大使ガイ・ヘインズや、イギリスの外務・英連邦大臣も関与している。
交渉が成立し、グリーンとCIAの2人はそのままチャーター機でオーストリア・ブレゲンツへと赴いた。

ボンドは、グリーンが観劇に訪れたオーストリア・ブレゲンツのオペラ劇場へ、歌劇「トスカ」の観客を装って潜入した。グリーンら秘密組織のメンバーが劇場内に集い、小型マイクで会合を行なう様子を盗聴する為だ。グリーンらはボリビアでの取引「ティエラ計画」について話し合っていた。盗聴の最中にボンドは会話に割って入り、彼らを動揺させた。立ち上がった観客たちの顔写真を撮影し、Mの側近タナーに送信する為だ。
グリーンの手下と思わしき連中を次々に始末したボンドだったが、最後に殺した男が、ヘインズを護衛していた特別警備部の部員であることが判明する。事の重大さを認識したMは、今すぐロンドンに戻るようボンドに命じ、彼のパスポートやクレジットカード等を使用停止処分にしたのだった。

Mにより、出国の手段を断たれた事を知ったボンドは、イタリア・タラモーネで隠居生活を送るルネ・マティスを訪ねる。マティスはかつてル・シッフルとの関係を疑われ、MI6に拷問を受けた為、ボンドに対しても警戒の姿勢を崩さない。そしてイタリアでの悠々自適生活は、拷問を受けた代償として、MI6より提供されたものだ。
しかしマティスは、ボンドの遠回しな謝罪の気持ちを理解した。ボリビアに人脈があるマティスを頼って訪ねてきたボンドを受け入れ、共にボリビアへ同行する事を決意した。
マティスが手配したチャーター機でボリビアに到着したボンドとマティスは、MI6の現地職員ストロベリー・フィールズに出迎えられた。フィールズの職務は、ボンドをロンドンへ送還する事だという。翌日の便で出発すると聞いたボンドとマティスは、宿泊先のホテルへ移動した。

マティスはホテルに向かうタクシーの中で、ボリビアの警視総監カルロス大佐と会う約束を取り付けていた。そして、その日のうちにグリーンが主催するパーティーの招待状を入手し、ボンドに渡した。マティスは、招待状を手配したカルロスと同行するという。ボンドはフィールズと男女の関係になり、共にパーティーに参加した。
グリーンが現地の商人を相手に土地売買の交渉を行っていると、カミーユが現れて交渉を中断させる。グリーンが彼女に怒りをぶつけ、暴力を振るおうとしているところをボンドが救った。ボンドがMI6エージェントである事を初めて知り、カミーユは戸惑うが、ボンドの「ティエラ計画を見せて欲しい」という願いを素直に聞き入れ、カルロスが用意しておいた車に乗り込んだ。同行していたフィールズは会場に取り残され、代わりに情報を得る為にグリーンに接触を図っていた。
ボンドとカミーユが車で町を移動していると、警官に呼び止められた。警官にトランクを開けろと指示され、その言葉に従うと、荷台には失神したマティスが押し込められていた。ボンドが驚き、マティスを抱え上げようとすると突然、警官がボンドとマティスに向かって発砲した。ボンドは警官らを返り討ちにしたが、マティスは助からなかった。やむなくボンドとカミーユは、彼の遺体を置き去りにして、郊外の砂漠地帯にある飛行場に向かった。「ティエラ計画」を確かめる為だ。

国際的テロ組織、クァンタムの陰謀

ボンドは飛行場の職員を金で買収し、プロペラ機を自ら操縦し飛び立った。「ティエラ計画」の目的地となる、天然資源の在り処に向かう為だ。だが途中で組織の連中が操縦する戦闘機に襲われる。操縦桿を操り、敵の戦闘機を墜落させる事に成功したボンドだが、飛行機の車体は空中分解を始めていた。ボンドとカミーユは脱出し、パラソルを使って不時着した。
強い日差しを避ける為、砂漠の陥没孔に入り、体を休めるボンドとカミーユ。彼女は、自らが軍人の娘である事、メドラーノに家族を皆殺しにされた事などをボンドに語った。そしてボンド自身が強い復讐心の為にグリーンに近づこうとしている事を察し、共に戦う事を決意するのだった。
疲れが少し取れた二人は、「ティエラ計画」の取引対象である天然資源の正体を探る為、陥没孔の中を探索する。そして、グリーンが取引に利用しているのは鉱物や石油の採掘権ではなく、水である事を知る。グリーンら秘密組織の狙いは、砂漠の民に水を高値で売り、暴利を貪る事だった。その為にメドラーノが所有する土地を買収し、ダイナマイトを使ってダムを造り、限られた水脈を人工的にせき止めようとしていたのだ。

「ティエラ計画」の真相を知ったボンドとカミーユは、砂漠地帯からバスで市街地に戻り、宿泊先のホテルに戻る。フロント係より、フィールズからの「逃げて」というメッセージを受け取ったボンドは、カミーユを一旦逃がし、部屋へ向かった。そこにはMI6の職員らとMが待ち構えていた。グリーンに殺され、石油まみれの無残な遺体となったフィールズと共に。
Mは、ボンドの単独行動が招いた惨劇に憤り、停職とロンドンへの帰還を命じる。だがボンドはMI6職員らの手を振り切り、銃を奪ってホテルから逃走した。
ボンドは車で迎えにきたカミーユの車に乗り、ボリビアに来ていたライターの元を訪ねた。ボンドはそこでライターの口から、グリーンがメドラーノにクーデターの資金を渡す為、砂漠のラ・デュナス・ホテルに向かう事を知る。ボンドはライターに礼を告げ、カミーユと共にラ・デュナス・ホテルに向かうのだった。

ホテル内では、グリーンとメドラーノが契約を取り交わしていた。メドラーノは、取引対象が天然資源や石油の採掘権だと思い込んでいた為、グリーンの本当の狙いが土地の水脈だと初めて知り、その狡猾さに舌を巻いた。だが、クーデターの資金がどうしても必要なメドラーノは、その契約に同意のサインをする。
その最中にホテルに潜入したボンドとカミーユは、二手に分かれた。カミーユは、取引を終えたメドラーノが自室で女性に暴行しようとしている所を目撃し、女性を救い出す。カミーユはメドラーノと激しい格闘の末、彼を射殺した。
一方ボンドは、メドラーノの護衛を次々に撃破し、グリーンと対峙していた。ホテル内の水素ガスボンベが次々に爆発し、建物は炎に包まれていった。ボンドもグリーンと必死で戦ったが、爆風を受けた衝撃でグリーンを見失う。そしてメドラーノを倒した直後のカミーユは、激しい炎に怯えて動けなくなっていた。ボンドは彼女を見つけると優しく抱きしめ、宥めて二人でホテルの外へ脱出した。

グリーンは、爆風に紛れてホテルから抜け出し、灼熱の砂漠の中へ歩き出そうとしていた。ボンドはカミーユをその場に残し、車にグリーンを監禁して尋問する。そしてついに、彼らの組織「クァンタム」について吐かせる事に成功した。ボンドは更に車を走らせ、砂漠のど真ん中にグリーンを置き去りにし、車のトランクにあった飲料缶のような物を放り渡すと、その場を後にした。
カミーユの元に戻り、再び合流した二人は車で砂漠の駅にたどり着く。復讐を果たしたカミーユは、疲労と虚しさに襲われていた。心の内を詳しく明かさないボンドを気遣い、別れを告げて車を降りたのだった。

その年の冬の事である。
ボンドはロシアのカザンにいた。暗いアパートの一室で息をひそめていると、一組のカップルが楽し気に喋りながら帰ってきた。帰宅した男は、亡きヴェスパーが命がけで守ろうとした恋人、ユーセフだった。その傍らにはカナダ情報局の女性職員、コリーヌがいる。ボンドは2人を銃で脅してその場に座らせると、ユーセフがスパイであり、コリーヌを利用してカナダ情報局の機密情報を盗んでいる事を、彼女に教える。そして、コリーヌだけを解放し、ユーセフの身柄をMに引き渡した。ユーセフはクァンタムの構成員だ。尋問して更に組織の情報を引き出す為、ボンドはロシアに来ていたのだ。
責務を果たしたボンドに対し、Mはグリーンが砂漠で遺体となって発見された事を伝えた。そしてボンドに、改めて任務に戻るよう命じる。「僕がいつ任務を離れましたか」ボンドはそう告げると、ヴェスパーの形見であるネックレスを捨て、雪が舞う街に歩み出していった。

『007/慰めの報酬』の登場人物・キャラクター

主要人物

ジェームズ・ボンド/演:ダニエル・クレイグ

日本語吹替:(ソフト版)小杉十郎太、(キングレコード版・BSジャパン版)藤真秀
「007」シリーズの主人公。MI6エージェント、007の称号を持つ。1968年4月13日、ベルリン生まれ。幼い頃に両親を亡くし、スコットランド郊外に住むドイツ系の養父に育てられた。多言語に長けており、スパイ活動にもその能力が生かされている。初めて愛した恋人ヴェスパーに裏切られた過去がある。彼女が自殺するきっかけを作った国際的テロ組織クァンタムを潰す為、数々の危険なミッションに挑んでいく。

カミーユ・モンテス/演:オルガ・キュリレンコ

日本語吹替:(ソフト版)佐古真弓、(キングレコード版)武田華、(BSジャパン版)白石涼子
本作のボンドガール。ボリビアの諜報員。母はロシア人、父はボリビア軍事政権の要人だった。メドラーノに家族を惨殺され、家を放火された過去がある。背中には、その時に負った火傷跡がある。メドラーノへの復讐の為、グリーンに近づき愛人関係となったが、ボンドと共に組織と闘い、メドラーノへの復讐を果たした。

テロリストグループ

ドミニク・グリーン/演:マチュー・アマルリック

日本語吹替:(ソフト版)家中宏、(キングレコード版)江原正士、(BSジャパン版)池田秀一
表向きの顔は、環境保護団体グリーン・プラネットのCEO。裏の顔は国際的テロ組織クァンタムの幹部である。巨万の富を得る為、ボリビアの砂漠地帯を買収する「ティエラ計画」を推し進めていた。だがボンドとカミーユの襲撃により阻止され、ボンドにクァンタムの事を吐かされる。最期は砂漠地帯で絶命した。後頭部に2発の銃弾を浴び、胃にはエンジンオイルが入った状態で発見されたのだが、何者に暗殺されたのかは不明。

メドラーノ将軍/演:ホアキン・コシオ

日本語吹替:(ソフト版)長克巳、(キングレコード版)内海賢二、(BSジャパン版)玄田哲章
ボリビアの軍人。クーデターを企んでいる。自らが所有する砂漠の土地をグリーンに売却し、資金を調達しようとしていた。軍事政権の要人だったカミーユの父親と、その妻子を殺害した過去がある。残忍で好色で、女子供を殺す事も厭わない。

1oKaname_Sound
1oKaname_Sound
@1oKaname_Sound

Related Articles関連記事

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/カジノ・ロワイヤル』(原題: Casino Royale)とは、2006年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第21作目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じた最初の作品である。 マダガスカルで爆弾密造犯の監視をしていたボンドは、犯人の携帯電話に残されたメッセージから、黒幕の存在を知る。バハマに向かったボンドは、黒幕の武器商人・ディミトリオスらが企てる大型旅客機爆破テロを阻止すべく、奔走するのだった。

Read Article

007 スカイフォール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007 スカイフォール(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)とは、2012年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第23作目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる3作目の作品である。全世界での興行収入は約11億ドル。 ボンドはトルコでのミッション中に、女性エージェントの誤射により渓谷に落下し、行方不明となっていた。数か月後、MI6本部が何者かに爆破された。その一報を目にしたボンドはロンドンに戻り、007への復帰テストに臨むのだった。

Read Article

007 スペクター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007 スペクター(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007 スペクター』(原題: 『Spectre』)とは2015年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第24作品目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる4作目の作品である。全世界での興行収入は約8億8000万ドル。前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)に次ぐシリーズ2位の興行成績を収めた。ボンドはメキシコで、ある組織の殺し屋スキアラを追っていた。ボンドの出生の秘密と極秘組織の正体に迫る、シリーズの中でも異彩を放つ名作だ。

Read Article

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』とは、シリーズ第25作目にあたる2021年のスパイ・アクション映画。主演のダニエル・クレイグは、本作を以てジェームズ・ボンド役を引退した。テロなどを陰で操る秘密組織・スペクターとの闘いを終え、00エージェントを退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで平穏な日々を過ごしていた。ある日、CIAの旧友フィリックス・ライターから助けを求められ、誘拐された科学者の救出任務を引き受ける事になる。凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うボンドに、最大の危機が迫る。

Read Article

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

スパイダーマンの歴代スーツまとめ

『スパイダーマン』とは、MARVEL COMICS発祥のアメコミヒーローである。 スパイダーマンは、スパイダースーツを着用してヴィランたちと戦いを繰り広げる。これまでスパイダーマンは『サム・ライミ版スパイダーマン』『アメイジング・スパイダーマン』『MCUスパイダーマン』の3つのシリーズで映画化されてきた。シリーズによってスパイダースーツの形状や能力が異なっている。

Read Article

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

Read Article

イコライザー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

イコライザー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『イコライザー』とは2014年に製作されたアメリカ映画で、1980年代にアメリカで放送されたテレビドラマ『ザ・シークレット・ハンター』の初の劇場版である。普段はホームセンターで働く主人公のロバート・マッコールは元CIAのエージェントで、偶然知り合った娼婦を救うためにロシアン・マフィアと戦いを挑むサスペンスアクション。監督はアントワン・フークアが務め、主人公をデンゼル・ワシントンが演じ、マートン・ソーカス、クロエ・グレース・モレッツらが共演した。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries)のネタバレ解説・考察まとめ

私がクマにキレた理由(The Nanny Diaries)のネタバレ解説・考察まとめ

『私がクマにキレた理由』とは、ベストセラー小説である『ティファニーで子育てを』を原作とした2007年のアメリカ映画。小説版では続編もある。人気ハリウッド俳優のスカーレット・ヨハンソンが主役を務める。就職活動がうまくいかず、なりゆきで上流階級家族のナニー(子守)になってしまったアニーはその家族に振り回される。自分のなりたいものも分からなかったアニーは、子守を通して目標を考えていく。

Read Article

ストレンジャー・シングス 未知の世界(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ストレンジャー・シングス 未知の世界(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』とは、Netfixで配信されているSFホラードラマシリーズ。 アメリカ・インディアナ州の町ホーキンスに超能力を持つ少女・イレブンが現れ、平凡な町が超常現象に見舞わていく様子が描かれている。エミー賞やゴールデングローブ賞ではドラマ部門の作品賞にノミネートされ、世界的な成功をおさめた。80年代のアメリカを舞台としているが、エッジの効いた作風で注目を集め、さまざまなブランドから関連商品が発売されるなど2010年代のポップ・カルチャーを代表する作品となった。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

THE BATMAN-ザ・バットマン-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

THE BATMAN-ザ・バットマン-(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(原題:The Batman)とは、2022年公開のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。全世界の興行収入は830億円を突破した。幼い頃、両親を殺害されたブルース・ウェイン(ロバート・パティンソン)は、バットマンとしてゴッサム・シティの凶悪犯と戦い続ける孤独な青年だ。ある日、街の権力者を標的にした連続殺人事件が発生する。現場には、犯人からの謎めいたメッセージが残されていた。ウェイン家の秘密がブルースを狂気に駆り立てる、サスペンス・アクションである。

Read Article

キングスマン:ファースト・エージェント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

キングスマン:ファースト・エージェント(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ファースト・エージェント』とは2021年公開の米・英合作のスタイリッシュアクションスパイ映画。監督はマシュー・ヴォーン。本作ではレイフ・ファインズ演じるオーランド・オックスフォード公を中心として、第一次世界大戦時代の英国を舞台に「キングスマン」誕生のエピソードを展開する。 平和主義の英国貴族である主人公が大戦の最中、スパイとして世界の平穏を守ろうとする物語。レトロでありながらハイセンスな劇中ファッションや超過激スパイアクションが魅力の一作。

Read Article

歴代の美女が勢ぞろい!007シリーズの「ボンドガール」名鑑!

歴代の美女が勢ぞろい!007シリーズの「ボンドガール」名鑑!

英国秘密情報部のエージェント「ジェームズ・ボンド」の活躍を描いた長寿映画『007』シリーズ。各国スパイによる手に汗握る情報戦に加えて、毎回入れ替わる形で表れてはジェームズのパートナーとして活躍するヒロイン、通称「ボンドガール」の存在も見所である。 ここでは、歴代の007シリーズに登場したボンドガールたちを紹介する。

Read Article

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

日本では「007シリーズ」として知られる『ジェームズ・ボンド』の作品群。1962年に第1作が公開されて以来、2022年までに25作品が生み出されてきました。最初の公開から四半世紀以上という年月を経ているわけですから、映画のキャスト陣も当然変わります。この記事では、歴代ジェームズ・ボンドを務めた俳優についてまとめました。どの方もシブすぎて、溜息が出るほどカッコイイですね!

Read Article

『007シリーズ』の雑学・トリビア・都市伝説まとめ!ボンドには結婚歴があった!

『007シリーズ』の雑学・トリビア・都市伝説まとめ!ボンドには結婚歴があった!

『007』シリーズにまつわる都市伝説や豆知識、裏設定などをまとめました。シリーズ第1作目のイギリス初公開日にちなみ、10月5日はジェームズ・ボンドの日に制定されているというトリビアや、ボンドには結婚歴があったという設定、名監督のスティーブン・スピルバーグやクエンティン・タランティーノが映画を撮りたがっていたという噂を載せています。読み始めたら止まらない、興味深い情報が満載です。

Read Article

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年の冬は、10年ぶりのシリーズ新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された年でした。また『MOZU』や『グラスホッパー』などの大作映画から、『スヌーピー』や『リトルプリンス』といったファミリー向けの映画まで、充実したラインナップです!洋画だけでなく邦画も大豊作だった2015年冬の盛り上がりをご堪能ください。

Read Article

若手イケメンがカッコイイ映画まとめ!『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』など

若手イケメンがカッコイイ映画まとめ!『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』など

若手イケメンがカッコイイ映画をまとめました。ここで掲載しているのは、端正な顔立ちのベン・バーンズが出演した『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』や、クリっとした目が魅力的なアンドリュー・ガーフィールドが主演を務めた『アメイジング・スパイダーマン』など。各作品のあらすじ・ストーリーや、イケメン俳優に対するみんなの反応を紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents