ゴウセル(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

ゴウセルとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「色欲の大罪(ゴート・シン)」を背負う人形の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。七つの大罪の一員としてリオネス王国奪還に貢献した。その正体は十戒の1人である“「無欲」のゴウセル”が作り出した人形であり、「人間の感情を理解したい」という想いのまま暴走し、仲間達を翻弄していく。その後七つの大罪のメンバー達の活躍により失われた記憶を取り戻し、自分には元々感情があった事を思い出す。以降は頼もしい仲間として七つの大罪で活躍した。

ゴウセル(七つの大罪)の概要

ゴウセルとは、鈴木央の漫画『七つの大罪』の登場人物で、「七つの大罪」の団員。七つの大罪とは、かつてリオネス王国に仕えていた7人の英雄が所属する騎士団である。彼等はそれぞれ怠惰、傲慢、嫉妬、憤怒、強欲、色欲、暴食の大罪を背負う罪人であり、ゴウセルはその中で色欲の大罪を背負っている。本作はブリタニアという大陸を舞台に物語が展開されるファンタジー作品である。ブリタニアには妖精、巨人、人間、女神、魔神の5種族が存在しており、女神族と魔神族は敵対していた。本編より3000年前、女神族は妖精、巨人、人間を味方に付け「聖戦」と称して魔神族に全面戦争を仕掛けた。最終的に女神族はその肉体を犠牲にして、魔神族を「常闇の棺」という異空間に封印し、聖戦は終結している。

ゴウセルは3000年前の聖戦で、十戒の1人である“「無欲」のゴウセル”が作り出した人形である。十戒とは魔神族の中でも特に力の強い「最上位魔神」を10人集めた精鋭部隊である。魔神王より「戒言」という強大な力を授かっており、無類の強さを誇るっていた。彼等は各々が強力な力を持っているが、その戒言に逆らうと敵味方関係無く何らかのペナルティを負ってしまう。これは戒言を持つ当人も例外では無く、自分の戒言に逆らった感情や行動を取ると、自身にもペナルティが課されてしまう。これは魔神王が十戒達に反乱を起こさせない様にする為の措置であった。ゴウセルの「無欲」の戒言は欲望を持つ者に何らかのペナルティを与えてしまう。この戒言を恐れた魔神王は彼を魔界の牢獄に幽閉してしまう。ゴウセルは牢獄の中から外界と接する為に、自身の分身として人形のゴウセルを作り出した。

聖戦は“「無欲」のゴウセル”の捨て身の活躍により終結する。だが代償に彼は命を失い、人形のゴウセルは地上に1人取り残される事となった。数千年後、彼はリオネス王国の地下で目覚めリオネス王国の王女ナージャと親密な関係となる。だが彼女は心臓の病気で急死し、悲嘆に狂ったゴウセルは自身の心臓を彼女へ移植しようとした。その現場を衛兵に取り押さえられ「ナージャを姦淫しようとした」という冤罪から「色欲の大罪」を背負う事となる。火刑に処されようとした所をメリオダスに救われ、七つの大罪に加入した。メリオダスは本作の主人公であり、七つの大罪の団長である。尚、この時ゴウセルは自身の悲しみに耐え切れず、自分の記憶を消去した。

七つの大罪はめざましい活躍をし、リオネス王国の英雄となった。だが本編の10年前にザラトラスが何者かの手によって暗殺され、その濡れ衣をメリオダス達七つの大罪の団員は着せられてしまう。ザラトラスはリオネス王国の聖騎士達を束ねていた聖騎士長である。国を追われる事となった七つの大罪は、ブリタニア大陸各地に離散した。ゴウセルはオーダン村でアーマンドという冴えない青年に扮装し、聖騎士の追跡を躱す。聖騎士はリオネス王国に仕える魔術と剣術に秀でた騎士達の総称である。10年後、メリオダスに協力し聖騎士に乗っ取られたリオネス王国を奪還すべく行動していく。

リオネス王国奪還後、ゴウセルは暴走を始める。仲間や周囲の人間に記憶魔法を掛け、人間の感情を理解しようとし始めた。一方で十戒が復活し、ゴウセルは不安定な状態で戦いに身を投じて行く。最終的にゴウセルは七つの大罪のメンバー達の活躍により、記憶を取り戻す。そして自分には元から感情がある事に気付き、以降は頼もしい仲間として、七つの大罪で活躍した。

ゴウセル(七つの大罪)のプロフィール・人物像

CV:高木裕平
年齢:3千と数百歳
身長:175cm (鎧装着時は700cm)
体重:61㎏
血液型:なし
誕生日:6月2日
出身地:不明

ゴウセルはセミロングのマゼンタ色の髪と黄色の瞳を持ち、常に眼鏡を掛けている。中性的で美しい容姿をしており、官能的な雰囲気を漂わせる。十戒の1人である“「無欲」のゴウセル”は自身の恋人であるグラリーザという魔神族の女性を元に彼を製作した。その際、人形に欲情し自身の戒言が発動しない様にする為、“「無欲」のゴウセル”は男性としてゴウセルを製作する。この為、ゴウセルは女性的な魅力を兼ね備えた男性の姿となっている。

服装はリオネス王国奪還編では、少女のような鎖骨の見えるワンピースを着用している。第二部に当たる十戒復活編からは、中世貴族の様なデザインの服装を着ている。また視力が悪く、常用している眼鏡を外されると目を細めて不機嫌になる。

記憶操作や精神操作系の魔法を得意としており、相手の記憶の改竄や精神攻撃を主体とした攻撃を繰り出す。暴走時には仲間にも記憶操作を仕掛け、混乱を引き起こした。

記憶を失って以降は淡々とした知的で物静かな雰囲気の人物となっている。だが突如変な決めポーズを取ったり、奇抜な服を着たりして周囲を困惑させていた。記憶を取り戻してからは仲間想いの頼もしい人物となっている。

ゴウセル(七つの大罪)の装備・能力

仮初の心臓

“「無欲」のゴウセル”がゴウセルの胸に埋め込んだハート型の心。これ自体には何の魔力も無く、お守り的な役割を果たしていた。ゴウセルはこのハートが胸にある事で自分には心があると思い込んでいる。

ナージャが死亡した際、ゴウセルはこのハートを取り出し、ナージャに移植しようとした。その現場を衛兵に取り押さえられ、このハートは長年行方不明となっていた。その後バルトラが探し出し、ゴウセルに渡そうとしている。この事が起点となり、ゴウセルは心を取り戻した。

神器 双弓ハーリット

ゴウセルがバルトラ国王から授かった神器。神器とは、七つの大罪の面々にそれぞれ送られた武器の総称である。所有者の特性に合わせた特殊能力を持っており、団員達はそれぞれ異なる武器を所有している。

ゴウセルのハーリットは実体が無く、魔力で形成された弓である。その為、彼は自身の肉体に神器を隠し持っている。自身の魔力で形成した矢を相手に放つ事で攻撃する。この矢に射抜かれた者はゴウセルから精神攻撃や記憶操作を受ける事になる。

ハーリットには「範囲拡大」という特性があり、魔術による攻撃範囲を大きくする効果がある。範囲攻撃魔法の多いゴウセルに適した特性である。

侵入(インベイション)

ハーリットを使用して相手を魔力の矢で射抜く。射抜いた相手の記憶や認識を読み取る事が出来る。

瘡蓋の記憶(リライト・ライト)

ハーリットの矢を相手に打ち込む技。対象の記憶を一時的に改竄する事が出来る。

敵を洗脳出来るものの、本来の記憶との強い違和感を感じてしまうと解除されてしまう。その際術中の記憶は失われ、自分が何をしていたのかわからなくなる。

詮索の光(サーチライト)

小型の魔力の矢を射出し、相手を射抜く技。射抜かれた者はゴウセルに記憶を読み取られる。

相手の記憶を読み取るだけで無く、その人が忘れている記憶を読み取る事も可能である。作中ではディアンヌに対して使用した。

泥酔している等、相手の状態によっては読み取れない事もある。

悪夢語り(ナイトメア・テラー)

achafumi1
achafumi1
@achafumi1

Related Articles関連記事

七つの大罪(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

七つの大罪(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。 人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。 エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

Read Article

七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

Read Article

キング/ハーレクイン(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

キング/ハーレクイン(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

キング/ハーレクインとは漫画『七つの大罪』に登場する人物で妖精たちの王。人間を虐殺した親友ヘルブラムを王としての責務から討ち、“危険な妖精を放置した”咎で怠惰の罪を背負う。その後主人公のメリオダスの誘いにより、聖騎士団「七つの大罪」に加入。以後は仲間達と共に魔神化したヘンドリクセン、十戒、魔神王、混沌から生まれたキャス等、多くの強敵達と死闘を繰り広げた。神器「霊槍シャスティフォル」を得物とし、戦いの中で史上最強の妖精王として覚醒した。後に七つの大罪の仲間である巨人の少女ディアンヌと結婚した。

Read Article

メリオダス(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

メリオダス(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

メリオダスは漫画『七つの大罪』の主人公で、それぞれが大罪人である騎士団「七つの大罪」の団長。聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を、仲間と共に奪還する。実は魔神王の息子であり、かつては魔神の集団である十戒を統率していた。戦いの中で命を落とすも感情を失った状態で復活し、新たな魔神王になるべく動き出す。最終的に感情を取り戻し、仲間達と共に魔神王を倒す。その後は混沌の力を求めるキャスとの戦いを征し、最愛のエリザベスと結婚し、リオネス王国の王となった。結婚後はトリスタンという男子を儲ける。

Read Article

バン(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

バン(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

バンとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「強欲の大罪(フォックス・シン)」を背負う不死身の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。恋人の妖精エレインと死別し、彼女を蘇らせる方法を探していた。 聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を仲間と共に奪還し、その後は十戒や魔神王、キャスといった強敵と戦いブリタニア大陸に平和をもたらす。最終的にエレインに自身の不老不死の能力を与える事で、彼女を蘇生させる。その後蘇生したエレインと結婚しランスロットという男子を儲けた。

Read Article

エスカノール(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

エスカノール(七つの大罪)とは【徹底解説・考察まとめ】

エスカノールとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「傲慢の大罪(ライオン・シン)」を背負う男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。普段は頼り無い優男であるが、太陽が正午に近付く程力が増し、正午には最強の力を発揮する筋肉質で傲慢な男となる。この力は元々女神族のマエルのものであり、人間の肉体で何度も耐えられるものではなく、一時は力を返還する。しかし最後まで七つの大罪の一員として戦う事を選んだエスカノールは、再びマエルから力を借りて戦場で戦い、自らの力で燃え尽きて死亡した。

Read Article

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』に登場する主要キャラクターの神器と能力の一覧を紹介する。本作は鈴木央による少年漫画で、『週刊少年マガジン』にて2012年から2020年まで連載された。古の時代に存在した架空世界・ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人によって組織された伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いた物語である。

Read Article

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

『七つの大罪』(ななつのたいざい)とは、大罪人の烙印を押されて解散した伝説の騎士団のメンバーが、反逆者や魔人などの脅威から国を守るために戦う姿を描いた鈴木央の漫画作品。 幾度となくアニメ化を果たした人気作で、ゲームや小説、映画などメディアミックスも盛んに行われた。作中には多くの個性的かつ魅力に溢れたキャラクターが登場し、その活躍でファンを喜ばせた。ここでは特に人気の高い女性キャラクターを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

かつて大罪を犯して国を追われた7人の戦士を求めて旅をする、リオネス国の姫エリザベス。「七つの大罪」リーダーのメリオダスほか、無事に対面を果たしたエリザベスだったが、世界は魔人族「十戎」の登場によって更なる危機に見舞われる。本記事ではメリオダスの過去に大きくかかわる「十戎」や「女神族」など、新章で登場したキャラクターについて詳しく紹介する。

Read Article

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

『週刊少年マガジン』に連載されていた、鈴木央による漫画『七つの大罪』。巨大な悪の力によって脅かされた国を救うため、かつて大罪を犯したとされる七人の大悪人と姫君が立ち上がるというストーリーだ。本作は連載開始後から順調にファンを獲得し、アニメ化や映画化もなされている。本記事ではそんな大ヒット漫画『七つの大罪』の魅力を、七個の理由に分けて考察する。

Read Article

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

憤怒、強欲、嫉妬、怠惰、色欲、暴食、傲慢の名を冠した騎士団の英雄たちが、故国を脅かす敵と超常的なバトルを繰り広げる鈴木央の漫画『七つの大罪』。アニメ。ゲーム、劇場版と様々なメディアミックスを果たした人気作品である。 ここでは、作品に登場する主人公たちの騎士団「七つの大罪」のメンバーを紹介する。

Read Article

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

少年漫画はバトルモノや冒険モノなど、ワクワクハラハラするようなストーリーが多いことで人気です。「少年」漫画とはいうけれど、もちろん女性でも楽しめますし、イケメンが多く登場する作品だと女性読者の方が多かったりもします。この記事では、絶対に面白いこと間違いなしのオススメ少年漫画についてまとめました。気になるものがあれば、さっそく読んでみましょう!

Read Article

豪華メンバー!アニメ・七つの大罪の声優まとめ【梶裕貴、鈴木達央ほか】

豪華メンバー!アニメ・七つの大罪の声優まとめ【梶裕貴、鈴木達央ほか】

『週刊少年マガジン』に連載されていた鈴木央による作品である『七つの大罪』。2012年の連載開始以降順調にファンを獲得していき、2014年には待望のアニメ版『七つの大罪』が放送されている。その後も人気は衰えず、アニメの続編や映画作品が次々発表された。本記事ではアニメ『七つの大罪』の第一期に出演していた声優の情報を、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

大罪以外にも名作多数!鈴木央のおすすめ作品まとめ【ライジングインパクトほか】

大罪以外にも名作多数!鈴木央のおすすめ作品まとめ【ライジングインパクトほか】

『週刊少年マガジン』に連載開始以降大人気となり、アニメや映画など数々の派生作品を生み出してきた鈴木央の名作『七つの大罪』。一方で鈴木は『マガジン』だけではなく『ジャンプ』や『週刊少年サンデー』での連載経験もあるのだ。本記事では『七つの大罪』とはまた一味違った面白さのあるおすすめの「鈴木央」の作品を、まとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents