ホーク(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ホークとは漫画『七つの大罪』の登場人物で、言葉を話すブタ。それぞれが大罪人である騎士団「七つの大罪」のマスコット的存在。初期から主人公メリオダスと行動を共にし、場を和ませた。その正体はメリオダスの敵である魔神王が、彼を監視する為に送り込んだ煉獄の魔獣である。ホークの目は煉獄と繋がる門となっており、魔神王がホークの目を通してメリオダス達を監視していた。当人にその自覚は無く、一方的にスパイに仕立て上げられていたのである。全ての戦いが終わった後、ホークは煉獄へと赴き、兄ワイルドと再会を果たす。

ホーク(七つの大罪)の概要

ホークとは、鈴木央の漫画『七つの大罪』の登場人物で、「七つの大罪」のマスコット的キャラクターである。七つの大罪とは、かつてリオネス王国に仕えていた7人の英雄が所属する騎士団である。彼等はそれぞれ怠惰、傲慢、嫉妬、憤怒、強欲、色欲、暴食の大罪を背負う罪人である。

本作はブリタニアという大陸を舞台に物語が展開されるファンタジー作品である。ブリタニアには妖精、巨人、人間、女神、魔神の5種族が存在しており、女神族と魔神族は敵対していた。本編より3000年前、女神族は妖精、巨人、人間を味方に付け「聖戦」と称して魔神族に全面戦争を仕掛けた。最終的に女神族はその肉体を犠牲にして、魔神族を「常闇の棺」という異空間に封印し、聖戦は終結している。

ホークは煉獄に生まれた魔獣である。彼が幼少の頃、魔神王によって誘拐されてしまった。魔神王は魔神族の支配者である。そしてメリオダスの監視役として、地上に放たれる。メリオダスは本作の主人公であり、魔神王の息子である。彼はかつて魔神族を統率して女神族と戦っていたが、エリザベスと恋に落ちて魔神族を裏切っていた。エリザベスは女神族の支配者である創造神の1人娘である。メリオダスとエリザベスは3000年前の聖戦を共に止めようと奮闘していた。聖戦は終結したものの、彼は魔神王の怒りに触れ「永遠の生」という呪いを掛けられている。これは彼が死亡する度に、魔神王に感情を1つ奪われて復活するという呪いであった。これにより、彼は死ぬ度に冷酷無慈悲な存在へと変貌していく。一方のエリザベスも創造神から「永劫の輪廻」という呪いを掛けられる。これは「彼女が死亡する度に転生してメリオダスと出会って恋に落ち、転生前の記憶を取り戻すと必ず3日後にメリオダスの前で命を落とす」というものであった。これによりメリオダスはエリザベスと出会っては恋に落ち、目の前で彼女を失うという永遠の悲しみを経験する事となる。メリオダスは自分とエリザベスの呪いを解く為、3000年を超える長い旅を始めた。そして彼は転生してリオネス王国の第3王女となったエリザベスの護衛の為に、リオネス王国の聖騎士となる。そこでメリオダスは七つの大罪を組織し、英雄となった。だが本編の10年前、メリオダス達七つの大罪は聖騎士長ザラトラス殺害の冤罪により、解散してメンバーは散り散りとなってしまう。

ホークは魔神王に利用されている自覚が無いまま、メリオダスと接触する。この時の彼はリオネス王国からお尋ね者として逃亡生活を送っており、記憶を一部失っていた。メリオダスはホークと意気投合し「豚の帽子亭」という居酒屋を経営する。ホークはそこで客の残した残飯を処理する「残飯処理係」をしていた。そこへ聖騎士に追われたエリザベスが駆け込み、メリオダスへ助けを求める。聖騎士とは、リオネス王国に仕える魔術と剣術に秀でた強力な騎士の事である。リオネス王国ではドレファスとヘンドリクセンの2大聖騎士長が「予言された聖戦に備える」と称し、聖騎士達を扇動してクーデターを決行している。暴走した聖騎士達は民衆を苦しめ始めていた。大人になっていたエリザベスは、そんなリオネス王国から脱出し、かつての英雄達に助けを求めるべく、七つの大罪を探し始める。物語は彼女が豚の帽子亭に駆け込んで来た所から始まる。ホークもメリオダスと共に七つの大罪の仲間達を探す旅に出発した。

ホークは過酷な旅の道中で場を和ませる役目を果たす。メリオダスは仲間達と合流していき、黒幕のヘンドリクセンと戦う事となった。死闘の最中、ホークはエリザベスを庇ってヘンドリクセンの攻撃を受けてしまう。この時死亡したかに見えたが、元々煉獄の生物である為、復活を果たした。一方でメリオダス達七つの大罪はヘンドリクセンを打ち倒してリオネス王国を奪還する。だがヘンドリクセンは生き延びており、真の黒幕であるフラウドリンに操られたドレファスの手によって、常闇の棺に封印されていた十戒を復活させてしまう。フラウドリンは十戒の1人の魔神族である。十戒とは魔神族の中でも特に力の強い「最上位魔神」を10人集めた精鋭部隊である。魔神王より「戒言」という強大な力を授かっており、無類の強さを誇るっていた。尚、メリオダスはかつてこの十戒の統率者である。

十戒が復活し、七つの大罪は彼等と戦う事となる。ホークもそれに同行し、マスコットとして場を和ませた。だが十戒はかなり強く、メリオダスはエスタロッサに殺されてしまう。エスタロッサは「慈愛」の戒言を持つ十戒の1人であり、メリオダスの弟である。しかし呪いが発動した事でメリオダスは魔神王に感情を奪われて復活した。感情を失った彼は以前より冷酷になっており「自分が魔神王になり変わってエリザベスの呪いを解く」決意をする。メリオダスは十戒へと寝返り、七つの大罪と敵対する事となった。その後、マーリンによってホークの目が煉獄に繋がっている事が判明する。マーリンは七つの大罪のメンバーであり「裏切りの大罪(ボア・シン)」を背負う妖艶な女性である。これにより、魔神王がホークの目を通してメリオダス達七つの大罪を監視していた事が露見した。バンはこの性質を利用し、煉獄へと赴く。バンは七つの大罪の一員であり「強欲の罪(フォックス・シン)」を背負う不老不死の男である。彼の目的は煉獄の魔神王によって捕えられている、メリオダスの感情を奪い返す事であった。バンは煉獄でメリオダスの感情と遭遇し、行動を共にする。また2人はワイルドとも遭遇した。ワイルドはホークの実の兄である。この事により、ホークが煉獄の生物である事が判明した。共に煉獄に居座っていた魔神王と戦う。そしてメリオダスの感情とバンは魔神王の隙を突いて地上へと帰還した。その後、ホークは2人から自分が煉獄の生き物である事と、兄が居る事を知らされ、感動の涙を流す。

最終的に、十戒や魔神王は七つの大罪によって打倒される。魔神王を打倒した事により、光と闇のバランスが崩れて混沌が活動を始める。混沌とは、かつて魔神王や創造神等、万物を作り出した巨大なエネルギー体の様なものである。混沌はホークママの体内に封印されていた。ホークママはホークが今まで母親だと思っていた巨大な緑色のブタ型の器である。豚の帽子亭を背負い、七つの大罪の移動手段として活躍していた。この混沌の力を統べる王として、アーサーが選ばれた。アーサーはキャメロット王国の若き王子であり、メリオダスと共闘してきた仲間である。アーサーの混沌の力を狙い、キャスが彼を襲い始める。キャスはかつて混沌に生み出され、混沌の力を求めたが為に封印されていた生命の枠を超えた化け物である。メリオダス達七つの大罪はアーサーを助け、キャスと戦った。最終的にアーサーは混沌の力を駆使してキャスを封じ込める事に成功する。

戦いが終結し、メリオダス達七つの大罪はブリタニア大陸に平和をもたらした。彼は七つの大罪の解散を宣言し、団員達は各々の生活に戻って行った。ホークはマーリンに頼み込んで煉獄へと赴き、肉親を探す旅に出る。そしてそこで兄ワイルドと再会するのであった。

ホーク(七つの大罪)のプロフィール・人物像

年齢:16歳
身長:100cm
体重:140㎏
血液型:B型
誕生日:8月6日
出身地:煉獄
CV:久野美咲

ホークはピンク色のブタであり、本作『七つの大罪』マスコット的存在である。人語を話す事が出来、会話が出来る。体格は普通のブタよりも少し大きく、常にお腹を空かせている。ブタと同様に雑食性で何でも食べる。メリオダスの友人でもあり、彼の経営する「豚の帽子亭」で残飯処理をしていた。メリオダスは本作の主人公であり、七つの大罪の団長である。七つの大罪は7人の大罪人を集めて結成された聖騎士団である。聖騎士とはリオネス王国に仕える剣術と魔術に秀でた騎士達の総称である。メリオダスは料理の腕が壊滅的に悪く、客はあまりの不味さに彼の手料理を床に吐き出してしまう。その度にホークはその料理を食べ、床を舐め上げて綺麗にしていた。残飯処理の他にも、イベント時は酒樽を担いで商売をしている。戦闘時は殆ど役に立たないものの、店にはかなり貢献している。

ホークはブタではあるが、自分の事を畜生だとは思っていない。何故かワンドルに性格がよく似ている。ワンドルとはメリオダスが昔飼っていた人語を理解して話す鳥である。性格は底抜けにポジティブであり、謎の自信に満ち溢れている。強者揃いの七つの大罪の中で、自分が1番強いと思い込んでいた事もあった。また七つの大罪を意識して「残飯処理騎士団」団長を自称している。その行動も敵にいきなり突進したりと、かなり突飛である。だが曲者揃いの七つの大罪の中では、基本的にツッコミ役に回っていた。一方で気さくな一面もある。かつて自分を蹴り飛ばした相手と普通に接したり、初対面の相手ともすぐに打ち解けてしまう。破天荒な性格のバンともすぐに友達になっており「師匠」の愛称で慕われている。バンは「強欲の大罪」を背負う七つの大罪の団員である。

戦闘面ではあまり役に立たないものの、脅威的な耐久力を持つ。ヘンドリクセンがエリザベスを攻撃した際には、身を挺して彼女を庇った。ヘンドリクセンは物語前半のラスボスであり、リオネス王国の聖騎士長である。この時丸焦げとなって死亡したかに見えたが、戦闘後に何事も無く復活した。また物語後半からは魔力に目覚める。魔力を持った生物の一部を食べる事で、その生物の魔力や特性を使える様になった。

ホークは人語を話す謎のブタとして活躍してきたが、物語後半で煉獄の生物である事が判明する。彼は魔神王に煉獄から攫われてメリオダスの元へ送り込まれたのであった。魔神王はメリオダスの父親であり、彼の宿敵である。ホークの目は煉獄と直結しており、彼の目を通して魔神王はメリオダスの動向を監視していた。ホーク当人にその自覚は無く、知らぬままに一方的に利用されていたのであった。

ホーク(七つの大罪)の装備・能力

耐久力

ホークは煉獄の生物である為、異様な頑丈さを持つ。物語前半では、魔神化したヘンドリクセンの攻撃を真正面から受けても生きている。ヘンドリクセンは物語前半のラスボスである。またデリエリの攻撃を受けてダメージは少なかった。デリエリは十戒の1人の最上位魔神族である。

ホークの兄ワイルドは魔神王の攻撃を何度受けても立ち上がっていた。この事から、ホークも魔神王の攻撃に耐えられる事が考察される。

雑食性

ホークはブタと同じく雑食性で何でも食べてしまう。彼はメリオダスの作るマズイ飯を全て平らげる事が出来る。豚の帽子亭では残飯処理係として活躍していた。

何でも食べてしまうホークであるが、味に無頓着という訳では無い。メリオダスの作る料理をマズイと分かっていながら食べている描写がある。またバンの作る美味しい料理を喜んで食べていた。

耳のタグ

ホークは物語前半、左耳にストラップを付けていた。だが前半のラスボスであるヘンドリクセンに攻撃された際に紛失している。タグには「STAR BOAR」と書かれた。

バロールの魔眼

物語後半にマーリンから譲り受けたマジックアイテム。ホークは、ヘンドリクセンとの交戦時に失われた耳のタグの代わりに、このアイテムを付ける事になった。

相手の闘力を数値化して見る事が出来る。闘力とは戦闘力を数値化した様なものである。

煉獄へのゲート

煉獄へと繋がるホークの瞳

ホークの瞳は煉獄へと繋がっており、魔神王はこの瞳を通してメリオダスの動向を監視していた。後にバンはこの瞳を通って煉獄へと乗り込んでいる。

ダブルホーク

ホークがマーリンから受け取った武器。本来の名前は「ヒートホーク」で、物体を温める事が出来る。だが、ホークは七つの大罪の団員達に対抗し、これを「神器ダブルホーク」と改名させていた。神器とは七つの大罪の団員がそれぞれ持つ特殊能力を秘めた武器の事である。

変身(トランスポーク)

物語前半のヘンドリクセンとの死闘の後、ホークは「トランスポーク」という能力を獲得した。これは魔力を持つ生物の一部を食べる事で、身体を変化させてその生物の特性を使えるというものである。

尚、排便をすると元に戻ってしまう。

captainjack004y4
captainjack004y4
@captainjack004y4

Related Articles関連記事

七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。 人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。 エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

Read Article

七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

Read Article

キング/ハーレクイン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

キング/ハーレクイン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

キング/ハーレクインとは漫画『七つの大罪』に登場する人物で妖精たちの王。人間を虐殺した親友ヘルブラムを王としての責務から討ち、“危険な妖精を放置した”咎で怠惰の罪を背負う。その後主人公のメリオダスの誘いにより、聖騎士団「七つの大罪」に加入。以後は仲間達と共に魔神化したヘンドリクセン、十戒、魔神王、混沌から生まれたキャス等、多くの強敵達と死闘を繰り広げた。神器「霊槍シャスティフォル」を得物とし、戦いの中で史上最強の妖精王として覚醒した。後に七つの大罪の仲間である巨人の少女ディアンヌと結婚した。

Read Article

ゴウセル(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゴウセル(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゴウセルとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「色欲の大罪(ゴート・シン)」を背負う人形の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。七つの大罪の一員としてリオネス王国奪還に貢献した。その正体は十戒の1人である“「無欲」のゴウセル”が作り出した人形であり、「人間の感情を理解したい」という想いのまま暴走し、仲間達を翻弄していく。その後七つの大罪のメンバー達の活躍により失われた記憶を取り戻し、自分には元々感情があった事を思い出す。以降は頼もしい仲間として七つの大罪で活躍した。

Read Article

メリオダス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

メリオダス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

メリオダスは漫画『七つの大罪』の主人公で、それぞれが大罪人である騎士団「七つの大罪」の団長。聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を、仲間と共に奪還する。実は魔神王の息子であり、かつては魔神の集団である十戒を統率していた。戦いの中で命を落とすも感情を失った状態で復活し、新たな魔神王になるべく動き出す。最終的に感情を取り戻し、仲間達と共に魔神王を倒す。その後は混沌の力を求めるキャスとの戦いを征し、最愛のエリザベスと結婚し、リオネス王国の王となった。結婚後はトリスタンという男子を儲ける。

Read Article

バン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

バン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

バンとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「強欲の大罪(フォックス・シン)」を背負う不死身の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。恋人の妖精エレインと死別し、彼女を蘇らせる方法を探していた。 聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を仲間と共に奪還し、その後は十戒や魔神王、キャスといった強敵と戦いブリタニア大陸に平和をもたらす。最終的にエレインに自身の不老不死の能力を与える事で、彼女を蘇生させる。その後蘇生したエレインと結婚しランスロットという男子を儲けた。

Read Article

エスカノール(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

エスカノール(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

エスカノールとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「傲慢の大罪(ライオン・シン)」を背負う男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。普段は頼り無い優男であるが、太陽が正午に近付く程力が増し、正午には最強の力を発揮する筋肉質で傲慢な男となる。この力は元々女神族のマエルのものであり、人間の肉体で何度も耐えられるものではなく、一時は力を返還する。しかし最後まで七つの大罪の一員として戦う事を選んだエスカノールは、再びマエルから力を借りて戦場で戦い、自らの力で燃え尽きて死亡した。

Read Article

ディアンヌ(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ディアンヌ(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ディアンヌとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「嫉妬の大罪(サーペント・シン)」を背負う巨人族の女性で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。登場初期はメリオダスに片思いをし、メインヒロインのエリザベスに嫉妬していた。だがエリザベスの優しさに触れ、友達となっていった。巨人族として強大な力を持つがその優しい性格故に余り争いは好まなかった。物語が進むに連れて過去の記憶を失っていた事が明らかになる。最終的に記憶を取り戻し、同じ団員の妖精族の王キング(ハーレクイン)と結ばれた。

Read Article

グロキシニア(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

グロキシニア(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

グロキシニアとは漫画『七つの大罪』に登場する人物。魔神族最強の精鋭部隊である十戒の一員。かつては初代妖精王として3000年前の聖戦に参加したが、女神族に利用され、更に妹のゲラードが人間に襲撃され、怒りに駆られて魔神族側に寝返った。現代に復活後、七つの大罪と交戦し、己に似た境遇のキングに「自分の記憶を追体験させる」試練を課す。彼が自分とは異なる選択をした事で己の過ちを認め、七つの大罪の味方となった。最終的に強敵チャンドラーから七つの大罪を逃がす為に、戦友のドロールと共に命懸けで戦って死亡する。

Read Article

ゼルドリス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゼルドリス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゼルドリスとは漫画『七つの大罪』に登場する人物。魔神族最強の精鋭部隊である十戒の統率者であり、主人公メリオダスの弟である。3000年前の聖戦でメリオダスが裏切った事により恋人のゲルダが封印され、これが理由で尊敬していたメリオダスを憎む様になる。十戒復活後、メリオダス率いる騎士団「七つの大罪」と交戦し、彼等を苦しめた。最終的に魔神王の依代として肉体を乗っ取られるが、七つの大罪の活躍で魔神王の意識に打ち勝ち、魔神王の打倒に貢献した。その後封印から解き放たれたゲルダと再会し、七つの大罪と和解する。

Read Article

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)の徹底解説まとめ

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)の徹底解説まとめ

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)とは、アニメや映画、ドラマなどの音楽面で活躍する日本の作曲家・作詞家・編曲家である。有名な作品として、アニメから『進撃の巨人』、『キルラキル』、『七つの大罪』、ドラマから『医龍 Team Medical Dragon』、『魔王』、映画から『バブル』が挙げられる。また、サウンドトラックだけでなく様々なアーティストとのコラボ曲も数多く、絶大な人気を誇る。アニメやドラマの世界観にピッタリはまった音楽が見る人、聴く人を魅了する。

Read Article

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』に登場する主要キャラクターの神器と能力の一覧を紹介する。本作は鈴木央による少年漫画で、『週刊少年マガジン』にて2012年から2020年まで連載された。古の時代に存在した架空世界・ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人によって組織された伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いた物語である。

Read Article

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

『七つの大罪』(ななつのたいざい)とは、大罪人の烙印を押されて解散した伝説の騎士団のメンバーが、反逆者や魔人などの脅威から国を守るために戦う姿を描いた鈴木央の漫画作品。 幾度となくアニメ化を果たした人気作で、ゲームや小説、映画などメディアミックスも盛んに行われた。作中には多くの個性的かつ魅力に溢れたキャラクターが登場し、その活躍でファンを喜ばせた。ここでは特に人気の高い女性キャラクターを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

かつて大罪を犯して国を追われた7人の戦士を求めて旅をする、リオネス国の姫エリザベス。「七つの大罪」リーダーのメリオダスほか、無事に対面を果たしたエリザベスだったが、世界は魔人族「十戎」の登場によって更なる危機に見舞われる。本記事ではメリオダスの過去に大きくかかわる「十戎」や「女神族」など、新章で登場したキャラクターについて詳しく紹介する。

Read Article

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

『週刊少年マガジン』に連載されていた、鈴木央による漫画『七つの大罪』。巨大な悪の力によって脅かされた国を救うため、かつて大罪を犯したとされる七人の大悪人と姫君が立ち上がるというストーリーだ。本作は連載開始後から順調にファンを獲得し、アニメ化や映画化もなされている。本記事ではそんな大ヒット漫画『七つの大罪』の魅力を、七個の理由に分けて考察する。

Read Article

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

憤怒、強欲、嫉妬、怠惰、色欲、暴食、傲慢の名を冠した騎士団の英雄たちが、故国を脅かす敵と超常的なバトルを繰り広げる鈴木央の漫画『七つの大罪』。アニメ。ゲーム、劇場版と様々なメディアミックスを果たした人気作品である。 ここでは、作品に登場する主人公たちの騎士団「七つの大罪」のメンバーを紹介する。

Read Article

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

少年漫画はバトルモノや冒険モノなど、ワクワクハラハラするようなストーリーが多いことで人気です。「少年」漫画とはいうけれど、もちろん女性でも楽しめますし、イケメンが多く登場する作品だと女性読者の方が多かったりもします。この記事では、絶対に面白いこと間違いなしのオススメ少年漫画についてまとめました。気になるものがあれば、さっそく読んでみましょう!

Read Article

目次 - Contents