七つの大罪の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『七つの大罪』とは、鈴木央(すずきなかば)による作品。『週刊少年マガジン』(講談社)にて2011年52号の読切作品を経て2012年45号から連載を開始。ハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。2015年、第39回講談社漫画賞・少年部門受賞。2016年12月時点で累計発行部数は2000万部を突破した。『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

『七つの大罪』の概要

『七つの大罪』とは、2012年より『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載している作者・鈴木央(すずきなかば)の漫画。人間の他、巨人・魔神・妖精・魔神など、様々な種族が登場し、ファンタジックな世界を舞台としている。
七つの大罪を捜す物語であったり、3000年も遡る「古の大戦」について語られたり、色濃く幅広い内容のハイ・ファンタジー作品であるが、ダーク・ファンタジーの要素も取り入られている。また、所々に張られた伏線を考察するファンも多い。
原作漫画を始め、スピンオフ作品・小説・テレビアニメ・WEBラジオ・劇場アニメ・舞台・トレーディングカード・ゲーム(3DS・PS4・アプリ・ブラウザ・ボード)・パチンコも発表されており、人気の高さをうかがわせる。
速筆としても知られる作者・鈴木央の作風は、格闘技好きから来る熱い線、趣味の少女漫画に影響を受けた繊細な画風、ファンタジー風の背景が特徴である。
『Ultra Red』の打ち切り最終回で、背景の群衆の1人の服に「BYE BYE JUMP」という言葉を忍ばせており、この言葉通り、のちに『週刊少年ジャンプ』から『ウルトラジャンプ』を経て、『週刊少年サンデー』に移籍した。『金剛番長』終了後は小学館以外の雑誌にも作品を掲載し、2011年には『週刊少年チャンピオン』と『週刊少年マガジン』に読み切りを、さらに2012年にはそれぞれに連載作品を掲載。この時点で、日本で発行されていた4つの週刊少年漫画誌、全てに連載作品を掲載した一人となり、逸話として話題になっている。
『七つの大罪』の名言は漫画の枠を飛び出し、人生の名言としても響くモノがあり、高く評価を得ている。

『七つの大罪』の名言・名セリフ

唯一… 聖騎士たちを止める希望があるとすれば 〈七つの大罪〉だけなんです!!

〈七つの大罪〉について語られる場面

丘の上に建つ酒場「豚の帽子亭」、食事は不味いが、酒は美味い酒場である。
客が”さまよう錆の騎士”について噂をしており、店の手配書にある〈七つの大罪〉を捜しているという。「錆の騎士は〈七つの大罪〉のユーレイではないか?」、そんな噂をしていると、店に錆の騎士が入ってきた。
驚き逃げ出す客、倒れる錆の騎士。兜が脱げ、錆の騎士の正体は女の子であった。店主は介抱し、事情を訊くのだが、そこへ聖騎士配下の騎士団が錆の騎士を捕らえにきた。
逃げ出す女の子は森で追いつかれてしまうのだが、喋る看板豚・ホークと店主に間一髪のところを助けられる。店主が再度、女の子に事情を訊ねると、人々を苦しめている聖騎士たちを止めるために、〈七つの大罪〉を捜している、というのだ。

〈七つの大罪〉 憤怒の罪(ドラゴン・シン)の メリオダス!!!

涙ながらに名前を知らない、と言われ名乗る場面

”錆の騎士”の正体は女の子だった。
豚の帽子亭の店主は事情を訊こうとすると、聖騎士配下の騎士団が錆の騎士を捕らえに現れる。
逃げ出す女の子は追い付かれてしまうが、間一髪のところを喋る豚・ホークと店主に助けられる。
人々を苦しめている聖騎士たちを止めるため〈七つの大罪〉を捜している、という女の子。今度はそこへツイーゴという隊長級の騎士が現れたのだった。
ツイーゴは「その耳飾りの紋章は王家のものだ つまり御身は―― エリザベス王女!!」と叫ぶ。エリザベスには捜索命令が出ており、生け捕りとのことだが、事故死ならば仕方ない、と殺そうとしている。「まだ捕まるわけには… 諦めるわけにはいきません!!」と逃げようとするのだが、ツイーゴの一閃が襲う!
三度、店主に助けられるエリザベス。今度は「私がおとなしく投降すれば あなたの命は無闇には奪わないはずです」と、ツイーゴに向かって歩き出す。お構いなしに殺そうとするツイーゴ。また店主に助けられる。
店主の優しさに涙するエリザベスは「だから…私は… 名前も知らないあなたを これ以上… 巻き込みたくないの!!」と投降しようとした理由を話す。
”メリオダス”店主はそう名乗った。その名は〈七つの大罪〉のリーダーの名前である。手配書とは違い、子供にしか見えない店主であったが、”刃折れの剣”でツイーゴを一蹴する。
『これで 一人目が見つかったわけだな …エリザベス!』と、メリオダスも〈七つの大罪〉を捜しているという。
エリザベスとメリオダスは残り六人の〈七つの大罪〉を捜す冒険へと旅立つのだった。

悪い聖騎士に追われてるなら 〈七つの大罪〉は いい奴ってことだろ…?

自分と同じ思いを聞き、嬉しそうなエリザベス

エリザベスは聖騎士を止めるために、メリオダスは用があるということで〈七つの大罪〉を捜す冒険を始めた二人。
バーニャの村へ立ち寄ると賑わっていた。聖騎士の突き立てた剣を引き抜こうと、大人たちが騒いでいたのだった。
ミードと言う少年が聖騎士のお酒に虫を入れたのが原因で、聖騎士の魔力を帯びた剣が村の地下水源を封じてしまったという。
事情を聞くと、聖騎士は村のバーニャエールというお酒を「不味い」と評したため、ミードは怒って虫を入れたと言うのだ。聖騎士に村の誇りをバカにされたと怒るミードは、〈七つの大罪〉のダチがいる、とウソもついていたのだが、その理由が名セリフとなった。

儂ら 酒造りの誇りを傷つけたのは誰じゃ? ミードか? ちがうぞ!! あの子の行為は儂らの気持ちの 代弁だったのではないか?

翁さまが村人を諫める

〈七つの大罪〉を捜す冒険を始めたエリザベスとメリオダス。バーニャの村へ立ち寄ると、聖騎士の魔力を帯びた剣が突き立てられ、村の地下水源を封じてしまった、と騒いでいる。
その原因となったミードは、『聖騎士の突っ立てた剣がなんだってんだ…!! おれのダチの〈七つの大罪〉にかかりゃ そんなん楽勝だぜ!!』と言って、聖騎士配下の騎士団に聞かれてしまう。
その発言に、村人はミードを責めるのだが、騎士団は『日没までに聖騎士様の剣を引き抜かねば―― 村に課す取り立てを今までの10倍にする!!!』と無理難題を言い渡すのだった。
村人たちは口々にミードのせいだと言うのだが、翁さまは『いい加減にせい!!』と、村人たちを諫めるのだった。

酒の味がわからん奴らに この酒を飲む資格はねぇよ…

〈七つの大罪〉を捜して、バーニャの村へ立ち寄ったエリザベスとメリオダス。
ミードという少年が、聖騎士のお酒に虫を入れたことが原因で、聖騎士の魔力を帯びた剣が地下水源を封じてしまっていた。
ミードの発言で騎士団を怒らせてしまい、日没までに抜かないと取り立てを10倍にする、と言われるのだった。
村人たちはミードを責めるが、翁さまはミードをかばい、村人たちも間違いに気付くのだが、束になっても抜けない剣に、騎士団は高笑いをする。
村人をバカにする騎士団たちが乾杯しようとしていた酒を、メリオダスは一瞬で奪い、飲み干すのだった。
怒りを示しながらも、クールなメリオダスの名セリフ。

どんなウソついたって 自分の心だけはだませねえんだぜ

〈七つの大罪〉を捜す冒険へ出たエリザベスとメリオダスは、バーニャ村へ立ち寄った。聖騎士の魔力を帯びた剣で、地下水源が封じられ村人たちは困っていた。
ミードという少年が原因なのだが、聖騎士が村の酒を「不味い」と言ったことでミードは、その酒に虫を入れたのだった。
村の男たちが、懸命に剣を引き抜こうとするのだが、ピクリともしない。そこへミードは「おれのダチの〈七つの大罪〉ならなんてことない」と言うのだった。
それを聞いた騎士団は、「日没までに引き抜かないと、取り立てを10倍にする」と難題を押し付ける。騎士団が飲もうとしていた酒を奪ったメリオダスは、「持ち合わせがないから」と剣を引き抜いて見せるのだった。
旅人だった両親とともにバーニャを訪れたミードだが、流行り病に侵され、両親は亡くなってしまう。そんなミードを村人たちは親代わりとなって育ててきた。
親のいる子供たちがうらやましくて、ミードはいたずらやウソをついて、みんなの気を引こうとしていたのだった。
メリオダスにより剣が抜かれた後、村人たちは『俺たちを許してはくれないか…』と問う。ミードは『許すとか許さねー とか… 別におれは一人だって…』と強がるのだが、メリオダスに背中を押され、素直に村人たちのもとへ飛び込むのだった。

でも オレを見つけたろ お前が みんなを守りたいと思って たった一人で フラフラになりながら オレの店に辿りつかなかったら 何も始まらなかった

バーニャ村で聖騎士の剣を抜き、地下水源を守ったことで豚の帽子亭で宴会となった。
エリザベスはウェイトレスとして初仕事となるが、注文は間違える、皿やコップは割る、情報は集められないと外に飛び出していく。
自分を責めるエリザベスに対し、メリオダスは慰めの言葉を掛けるのだった。

tata12343
tata12343
@tata12343

Related Articles関連記事

七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

七つの大罪(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『週刊少年マガジン』にて2012年45号より、鈴木央が連載している漫画及びアニメ作品。 人と人ならざるものの世界が分かれていなかった時代。絶大な魔力を有す〈聖騎士〉に守られた「リオネス王国」の王女エリザベスは、ある者を探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団と恐れられ、国を裏切った〈七つの大罪〉。 エリザベスは一軒の酒場で少年メリオダスと出会う。それは世界の命運を握る戦いへの序章だった。

Read Article

キング/ハーレクイン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

キング/ハーレクイン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

キング/ハーレクインとは漫画『七つの大罪』に登場する人物で妖精たちの王。人間を虐殺した親友ヘルブラムを王としての責務から討ち、“危険な妖精を放置した”咎で怠惰の罪を背負う。その後主人公のメリオダスの誘いにより、聖騎士団「七つの大罪」に加入。以後は仲間達と共に魔神化したヘンドリクセン、十戒、魔神王、混沌から生まれたキャス等、多くの強敵達と死闘を繰り広げた。神器「霊槍シャスティフォル」を得物とし、戦いの中で史上最強の妖精王として覚醒した。後に七つの大罪の仲間である巨人の少女ディアンヌと結婚した。

Read Article

ゴウセル(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゴウセル(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゴウセルとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「色欲の大罪(ゴート・シン)」を背負う人形の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。七つの大罪の一員としてリオネス王国奪還に貢献した。その正体は十戒の1人である“「無欲」のゴウセル”が作り出した人形であり、「人間の感情を理解したい」という想いのまま暴走し、仲間達を翻弄していく。その後七つの大罪のメンバー達の活躍により失われた記憶を取り戻し、自分には元々感情があった事を思い出す。以降は頼もしい仲間として七つの大罪で活躍した。

Read Article

メリオダス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

メリオダス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

メリオダスは漫画『七つの大罪』の主人公で、それぞれが大罪人である騎士団「七つの大罪」の団長。聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を、仲間と共に奪還する。実は魔神王の息子であり、かつては魔神の集団である十戒を統率していた。戦いの中で命を落とすも感情を失った状態で復活し、新たな魔神王になるべく動き出す。最終的に感情を取り戻し、仲間達と共に魔神王を倒す。その後は混沌の力を求めるキャスとの戦いを征し、最愛のエリザベスと結婚し、リオネス王国の王となった。結婚後はトリスタンという男子を儲ける。

Read Article

バン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

バン(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

バンとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「強欲の大罪(フォックス・シン)」を背負う不死身の男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。恋人の妖精エレインと死別し、彼女を蘇らせる方法を探していた。 聖騎士達のクーデターで乗っ取られたリオネス王国を仲間と共に奪還し、その後は十戒や魔神王、キャスといった強敵と戦いブリタニア大陸に平和をもたらす。最終的にエレインに自身の不老不死の能力を与える事で、彼女を蘇生させる。その後蘇生したエレインと結婚しランスロットという男子を儲けた。

Read Article

ホーク(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ホーク(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ホークとは漫画『七つの大罪』の登場人物で、言葉を話すブタ。それぞれが大罪人である騎士団「七つの大罪」のマスコット的存在。初期から主人公メリオダスと行動を共にし、場を和ませた。その正体はメリオダスの敵である魔神王が、彼を監視する為に送り込んだ煉獄の魔獣である。ホークの目は煉獄と繋がる門となっており、魔神王がホークの目を通してメリオダス達を監視していた。当人にその自覚は無く、一方的にスパイに仕立て上げられていたのである。全ての戦いが終わった後、ホークは煉獄へと赴き、兄ワイルドと再会を果たす。

Read Article

エスカノール(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

エスカノール(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

エスカノールとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「傲慢の大罪(ライオン・シン)」を背負う男で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。普段は頼り無い優男であるが、太陽が正午に近付く程力が増し、正午には最強の力を発揮する筋肉質で傲慢な男となる。この力は元々女神族のマエルのものであり、人間の肉体で何度も耐えられるものではなく、一時は力を返還する。しかし最後まで七つの大罪の一員として戦う事を選んだエスカノールは、再びマエルから力を借りて戦場で戦い、自らの力で燃え尽きて死亡した。

Read Article

ディアンヌ(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ディアンヌ(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ディアンヌとは漫画『七つの大罪』に登場する人物である。「嫉妬の大罪(サーペント・シン)」を背負う巨人族の女性で、主人公メリオダス率いる最強の騎士団「七つの大罪」の一員。登場初期はメリオダスに片思いをし、メインヒロインのエリザベスに嫉妬していた。だがエリザベスの優しさに触れ、友達となっていった。巨人族として強大な力を持つがその優しい性格故に余り争いは好まなかった。物語が進むに連れて過去の記憶を失っていた事が明らかになる。最終的に記憶を取り戻し、同じ団員の妖精族の王キング(ハーレクイン)と結ばれた。

Read Article

グロキシニア(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

グロキシニア(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

グロキシニアとは漫画『七つの大罪』に登場する人物。魔神族最強の精鋭部隊である十戒の一員。かつては初代妖精王として3000年前の聖戦に参加したが、女神族に利用され、更に妹のゲラードが人間に襲撃され、怒りに駆られて魔神族側に寝返った。現代に復活後、七つの大罪と交戦し、己に似た境遇のキングに「自分の記憶を追体験させる」試練を課す。彼が自分とは異なる選択をした事で己の過ちを認め、七つの大罪の味方となった。最終的に強敵チャンドラーから七つの大罪を逃がす為に、戦友のドロールと共に命懸けで戦って死亡する。

Read Article

ゼルドリス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゼルドリス(七つの大罪)の徹底解説・考察まとめ

ゼルドリスとは漫画『七つの大罪』に登場する人物。魔神族最強の精鋭部隊である十戒の統率者であり、主人公メリオダスの弟である。3000年前の聖戦でメリオダスが裏切った事により恋人のゲルダが封印され、これが理由で尊敬していたメリオダスを憎む様になる。十戒復活後、メリオダス率いる騎士団「七つの大罪」と交戦し、彼等を苦しめた。最終的に魔神王の依代として肉体を乗っ取られるが、七つの大罪の活躍で魔神王の意識に打ち勝ち、魔神王の打倒に貢献した。その後封印から解き放たれたゲルダと再会し、七つの大罪と和解する。

Read Article

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)の徹底解説まとめ

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)の徹底解説まとめ

澤野弘之(Hiroyuki Sawano)とは、アニメや映画、ドラマなどの音楽面で活躍する日本の作曲家・作詞家・編曲家である。有名な作品として、アニメから『進撃の巨人』、『キルラキル』、『七つの大罪』、ドラマから『医龍 Team Medical Dragon』、『魔王』、映画から『バブル』が挙げられる。また、サウンドトラックだけでなく様々なアーティストとのコラボ曲も数多く、絶大な人気を誇る。アニメやドラマの世界観にピッタリはまった音楽が見る人、聴く人を魅了する。

Read Article

黙示録の四騎士(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

黙示録の四騎士(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『黙示録の四騎士』は、2021年1月より『週刊少年マガジン』にて連載が開始された漫画作品。作者は鈴木央だ。2012年から2020年まで連載され、アニメ化もされた人気作品『七つの大罪』の続編である。前作の主要キャラクターとその子供たちが登場するということで、連載開始直後から注目を集めていた。物語の舞台となるのは、前作から16年後の世界。「世界を滅ぼす」と予言された〈黙示録の四騎士〉の1人に選ばれた少年パーシバルは、祖父を殺した父親イロンシッドと、黒幕アーサー・ペンドラゴンを倒すべく旅に出る。

Read Article

ライジングインパクト(ライパク)のネタバレ解説・考察まとめ

ライジングインパクト(ライパク)のネタバレ解説・考察まとめ

『ライジングインパクト』とは、鈴木央によるゴルフを題材にしたスポーツ漫画。1998年に『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始し、打ち切りで終了した。その後の反響が大きく、ストーリーを引き継いだ状態で同誌で連載を再開。連載終了後、完結編が『赤マルジャンプ』にて掲載された。2024年に「Netflix」にてアニメ化される。 主人公のガウェイン・七海は、「世界一の飛ばし屋」を夢見る少年。ある日ゴルフと出会い、ゴルフの名門校・キャメロット学院に通うことになり、ゴルファーとして成長していく。

Read Article

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』のキャラクター別能力・神器を一覧で紹介!【必殺技】

『七つの大罪』に登場する主要キャラクターの神器と能力の一覧を紹介する。本作は鈴木央による少年漫画で、『週刊少年マガジン』にて2012年から2020年まで連載された。古の時代に存在した架空世界・ブリタニアの大地を舞台に、七人の大罪人によって組織された伝説の騎士団「七つの大罪」の戦いを描いた物語である。

Read Article

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

【七つの大罪】歴代美女キャラクターまとめ

『七つの大罪』(ななつのたいざい)とは、大罪人の烙印を押されて解散した伝説の騎士団のメンバーが、反逆者や魔人などの脅威から国を守るために戦う姿を描いた鈴木央の漫画作品。 幾度となくアニメ化を果たした人気作で、ゲームや小説、映画などメディアミックスも盛んに行われた。作中には多くの個性的かつ魅力に溢れたキャラクターが登場し、その活躍でファンを喜ばせた。ここでは特に人気の高い女性キャラクターを紹介する。

Read Article

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】NARUTO/テニスの王子様/Fate/鬼滅の刃/七つの大罪/艦これを再現したフェイスペイントがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。マイデザインは服やタイルだけではなく、顔に直接ペイントすることも可能だ。ここではかわいいメイク風のフェイスペイントや、人気漫画・ゲームのキャラクターを模したフェイスペイントを紹介する。

Read Article

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

メリオダスの過去が明かされる!十戎・四大天使など新章のキャラ紹介【七つの大罪】

かつて大罪を犯して国を追われた7人の戦士を求めて旅をする、リオネス国の姫エリザベス。「七つの大罪」リーダーのメリオダスほか、無事に対面を果たしたエリザベスだったが、世界は魔人族「十戎」の登場によって更なる危機に見舞われる。本記事ではメリオダスの過去に大きくかかわる「十戎」や「女神族」など、新章で登場したキャラクターについて詳しく紹介する。

Read Article

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

アニメも好調!七つの大罪が面白い七個の理由を考察してみた!

『週刊少年マガジン』に連載されていた、鈴木央による漫画『七つの大罪』。巨大な悪の力によって脅かされた国を救うため、かつて大罪を犯したとされる七人の大悪人と姫君が立ち上がるというストーリーだ。本作は連載開始後から順調にファンを獲得し、アニメ化や映画化もなされている。本記事ではそんな大ヒット漫画『七つの大罪』の魅力を、七個の理由に分けて考察する。

Read Article

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

【メリオダス】よく分かる!「七つの大罪」キャラクター特集!【バン】

憤怒、強欲、嫉妬、怠惰、色欲、暴食、傲慢の名を冠した騎士団の英雄たちが、故国を脅かす敵と超常的なバトルを繰り広げる鈴木央の漫画『七つの大罪』。アニメ。ゲーム、劇場版と様々なメディアミックスを果たした人気作品である。 ここでは、作品に登場する主人公たちの騎士団「七つの大罪」のメンバーを紹介する。

Read Article

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

【アルスラーン戦記】間違いなく面白い!大人気少年漫画まとめ【七つの大罪】

少年漫画はバトルモノや冒険モノなど、ワクワクハラハラするようなストーリーが多いことで人気です。「少年」漫画とはいうけれど、もちろん女性でも楽しめますし、イケメンが多く登場する作品だと女性読者の方が多かったりもします。この記事では、絶対に面白いこと間違いなしのオススメ少年漫画についてまとめました。気になるものがあれば、さっそく読んでみましょう!

Read Article

豪華メンバー!アニメ・七つの大罪の声優まとめ【梶裕貴、鈴木達央ほか】

豪華メンバー!アニメ・七つの大罪の声優まとめ【梶裕貴、鈴木達央ほか】

『週刊少年マガジン』に連載されていた鈴木央による作品である『七つの大罪』。2012年の連載開始以降順調にファンを獲得していき、2014年には待望のアニメ版『七つの大罪』が放送されている。その後も人気は衰えず、アニメの続編や映画作品が次々発表された。本記事ではアニメ『七つの大罪』の第一期に出演していた声優の情報を、画像と共にまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents