007 スペクター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007 スペクター』(原題: 『Spectre』)とは2015年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第24作品目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる4作目の作品である。全世界での興行収入は約8億8000万ドル。前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)に次ぐシリーズ2位の興行成績を収めた。ボンドはメキシコで、ある組織の殺し屋スキアラを追っていた。ボンドの出生の秘密と極秘組織の正体に迫る、シリーズの中でも異彩を放つ名作だ。

『007 スペクター』の概要

『007 スペクター』(原題: 『Spectre』)とは、2015年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第24作目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる4作目の作品である。監督は前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)に続きシリーズ2作品目のサム・メンデスだ。脚本は、ジョン・ローガン、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド、ジェズ・バターワースの4人が務めた。
製作費は約2億ドルから3億ドルと言われており、これまでに製作された映画の中でも最も高い水準の作品の1つである。

2015年10月26日にロンドンでプレミア上映され、その後、全世界での公開が始まった。11月6日に北米で、日本では12月4日に公開された。批評家からは、本作のアクションシーン、撮影技術、演技、映画音楽を賞賛され、好意的な評価を得た。サム・スミスが制作した主題歌「ライティングズ・オン・ザ・ウォール」は、アカデミー賞とゴールデングローブ賞の歌曲賞を受賞した。
映画の興行収入は、全世界で8億8,000万ドル以上を記録し、2015年の興行収入ランキングでは6位、インフレーション調整前の累計では前作『007 スカイフォール』に次ぐシリーズ2位となった。

ボンドは、前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)にて殉職した前任のMから、ビデオレターを受け取っていた。ボンドは、Mが遺した任務を果たす為にメキシコとローマを訪れる。死んだ暗殺者マルコ・スキアラの葬儀に参列したボンドは、スキアラの妻ルチア・スキアラに接触し、ある秘密組織の存在を確信する。ボンドの少年時代の因縁に端を発した、秘密組織スペクターとの壮絶な闘いが始まる。

『007 スペクター』のあらすじ・ストーリー

義兄との因縁の再会

ボンドは、メキシコシティで催されている「死者の日」の祭りに潜入していた。ボンドは祭りの参加者を装ってホテルに侵入し、建物の屋上から、隣の建物にいる暗殺者スキアラに銃口を向けて発砲する。するとスキアラがスタジアム爆破テロのため用意していた爆薬入りのスーツケースが被弾して爆発し、スキアラの居た建物は倒壊した。その瓦礫が飛んできて、ボンドが居たホテルも崩壊する。ボンドは逃げたスキアラを追い、爆発による混乱の中でヘリコプターで逃亡しようとしていたスキアラを捕まえた。2人は上昇するヘリコプターの中で激しい揉み合いとなるが、ボンドはスキアラの手から、ある紋章の刻まれた指輪を奪うと、ヘリからスキアラを地上へ突き落とし、自ら操縦桿を握って市街地へと戻るのだった。

MI6本部に戻ったボンドは、上司のMにメキシコシティでの騒動を叱責される。メキシコシティでの任務は、Mが制止していた為、ボンドの完全な単独行動だったのだ。謹慎命令を下されたボンドはQにより、所在地や体調を追跡するためのスマートブラッドを体内に注入される。だがQに頼んで、追跡開始までに48時間の猶予を得る。その後、前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)の闘いで燃え残った残骸を持ってきたイヴ・マネーペニーに、前任のMが遺したビデオレターを見せる。メキシコシティでの出来事は、Mからの遺言に従って行った任務だった。そしてボンドは、残骸の中から発見された古い写真を、複雑な思いで見つめる。その写真には少年時代のボンド、養父のハンス・オーベルハウザー、そしてもう1人、ボンドより少し年上の少年が映っていた。

ボンドはQ課から009用の車を無断で持ち出し、前任のMの遺言に従ってローマに向かった。そこでスキアラの葬儀に参列したボンドは、その妻ルチアに接触する。ルチアは、夫を殺した張本人であるボンドに警戒心を露わにする。だが彼女を秘密組織の処刑人から守り、誘惑したボンドは、彼女の保護と引き換えに秘密組織の会議に関する情報を入手した。ボンドは、その足で秘密会議に潜入し、目の前で様々な闇取り引きが行われるのを目撃する。そして会議の途中、暗闇から登場した組織の首領は、かつてボンドが幼少期を共に過ごした義兄フランツ・オーベルハウザーだった。オーベルハウザーはボンドがその場に潜入している事も知っており、突然名前を呼ばれたボンドは、車で逃走する。組織の暗殺者であるミスター・ヒンクスとのカーチェイスの末、ボンドは車をテヴェレ川に沈めてパラシュートで脱出し、ヒンクスを捲く事に成功した。その後マネーペニーと連絡を取り、前々作『007 慰めの報酬』(原題: 『Quantum of Solace』)で対峙したミスター・ ホワイトが、重要な秘密を握っている事を知る。

国際犯罪組織スペクターの本拠地へ

ボンドはオーストリアのアルタウスゼーにあるホワイトの潜伏先に向かう。そこには、死に瀕したホワイトの姿があった。ホワイトは、オーベルハウザーと対立した為に組織から命を狙われ、携帯電話に仕込まれたタリウムにより、中毒となっていたのだ。ホワイトは、組織が世界各地で暗躍する巨大犯罪組織である事をボンドに伝える。そして、組織から命を狙われている娘のマドレーヌ・スワンを守る事を条件に、彼女が知る「アメリカン」の居場所を聞き出すようボンドに伝え、ボンドが渡した拳銃で自決したのだった。

一方、ロンドンではMI5の新責任者であるCことマックス・デンビーが、ボンドの行動を問題視していた。Cは、00部門を廃止してMI6をMI5に吸収させることを画策していた。Mは00部門廃止の計画を突き付けられ、策に窮していた。さらに、東京で開かれた世界会議で、9か国の情報網を統合するという計画「ナインアイズ」の賛否投票が開始された。当初、南アフリカが反対票を投じていたが、後に南アフリカのケープタウンで爆破テロが発生して賛成票に転じる。「ナインアイズ」計画は、全会一致で案が通過してしまった。そしてMはCから、ローマにおけるボンドとマネーペニーの会話を監視していた事を告げられ、MI5への不信感を露わにする。だがマネーペニーとQには、ボンドの追跡を止めるよう指示するのだった。

マドレーヌが勤めるオーストリア山岳地帯の医療施設を訪れたボンドは、患者を装って彼女に接近する。ボンドは、ホワイトが数日前に亡くなった事と、彼の遺言を伝えるが、動揺したマドレーヌに診察室を追い出されてしまう。施設内のカフェに留まったボンドは、ロンドンから追ってきたQより、MI6の現状を知らされる。しかしそんなボンドの目の間で、マドレーヌがヒンクスらにさらわれた。彼女を追って救出したボンドは、マドレーヌに激しく拒絶されるが、行動を共にするしか生き延びる術はないと説得し、協力を得る。一方、医療施設でボンドから指輪の解析を頼まれたQは、山を下りるロープウェイの中でヒンクスの一味に追われるも、何とか逃げ切る。その後、ボンドとマドレーヌはホテルでQと合流し、これまでボンドが闘ってきた敵の組織クァンタムが、ある国際犯罪組織の下部組織である事を、Qに聞かされる。そしてマドレーヌの告白により、国際犯罪組織の名が「スペクター」であることを知った。彼女の父ホワイトは、スペクターのメンバーだったのだ。

当初、「アメリカン」が特定の人物を示す言葉だと思っていたボンドだが、マドレーヌより「それはモロッコのタンジールにあるホテルの名前だ」と知らされる。ホテル・アメリカンはホワイトが新婚旅行で訪れて以来、毎年家族と訪れていた思い出の場所だった。ホワイトがいつも泊まっていた部屋で手掛かりを探すボンドだったが、何も見つからない。半ば諦めかけたボンドだが、壁に貼り付けられていた絵がずれている事に気づき、壁を破ると隠し部屋を発見する。そこでボンドとマドレーヌは、ホワイトがオーベルハウザーを追跡していたことを知り、拠点となっている場所の座標も特定する。座標の数字を地図と照らし合わせると、そこは北アフリカの砂漠の真ん中だった。

マドレーヌと共に特急列車に乗り込んでスペクターの秘密基地に向かうボンドは、列車内でヒンクスに襲われる。マドレーヌと協力し、なんとかヒンクスを撃退したボンドは、彼女と関係を深める。翌朝、砂漠の駅で列車を降りた2人の前に迎えの車が現れ、クレーターの中に隠されたスペクターの基地に連れて行かれた。そこで再びボンドは、オーベルハウザーと対面する。オーベルハウザーは2人に、世界各国の監視カメラ映像を傍受する大規模な監視施設を見せた。Cの提唱する情報網統合案「ナイン・アイズ」は、各国の機密情報を掌握し、支配する事が目的で立てられた計画である事を明かす。そのことを聞かされたボンドは、Cもスペクターの一員である事を悟る。さらにボンドとホワイトが最後に対峙した際の映像も見せられた。ボンドは、ホワイトの死の瞬間からマドレーヌの目を逸らす事には成功したが、直後にオーベルハウザーの部下に昏倒させられてしまう。

目覚めたボンドは、拷問台に拘束されていた。オーベルハウザーは脳の機能を破壊するドリルを準備し、20年前の雪崩事故においてボンドの養父でもある自分の父を殺し、自らの死を偽装した事、それ以来偽名である「エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド」を名乗っている事を明かす。事実を聞かされたボンドは、頭部に極細のドリルを突き刺される拷問にかけられるが、Qから受け取っていた腕時計形の小型爆弾を起動させて、こっそりとマドレーヌに渡す。マドレーヌがそれをオーベルハウザーの足元に投げると、大爆発が起きた。そして基地は破壊され、ボンドとマドレーヌは混乱に乗じて脱出する事に成功した。

迫る最大の危機、マドレーヌを救えるか

マドレーヌと共にロンドンに戻ったボンドは、M、Q、マネーペニー、ビル・タナーと落ち合う。しかしマドレーヌは、「スパイとして生きるボンドと行動を共にすることは出来ない」と告げ、その場を去る。彼女を除いた5人は再び動きだすが、Cの部下がボンドらが乗った車を急襲し、ボンドを拉致した。ボンドはCの部下を銃殺して、解体予定のビル内に足を踏み入れる。そこは前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)で敵に爆破された、旧MI6本部であった。旧MI6本部の建物内には、北アフリカで右目を損傷し、顔の右側に深い傷を負ったオーベルハウザーが待ち受けていた。オーベルハウザーはボンドに、マドレーヌを拉致し建物内に拘束している事と、3分後に建物が爆破される事を告げ、起爆装置のタイマーを作動させる。

一方、間一髪でCの配下の急襲から逃げおおせたMはQ、マネーペニー、タナーと共に、旧MI6本部の対岸に建設された新国家保安センターに向かう。そこでQは「ナイン・アイズ」のプログラムへのハッキングに成功し、「ナイン・アイズ」がその日の深夜24時に正式稼働するのを阻止する事に成功した。MはCと格闘の末、Cは転落死する。だがM達が建物に異変を感じ、ビルから脱出した直後、テムズ川対岸にあった旧MI6本部が、爆発音とともに崩壊する。その頃ボンドは、マドレーヌを救出し高速ボートでテムズ川に脱出していた。ボンドは、ヘリで逃走するオーベルハウザーをそのまま船で追跡し、エンジン部分を狙い撃ちすると、ヘリはウェストミンスター橋に不時着する。
負傷したオーベルハウザーが這い出したところにボンドが立ちはだかり、彼に銃口を突き付ける。オーベルハウザーはボンドに「撃て」と挑発するが、ボンドは銃弾を抜き捨てて背を向け、マドレーヌのもとに向かうのだった。その後、Mによりオーベルハウザーは身柄が確保される。

後日、引退したはずのボンドが早朝のQ課にやってきた。訝るQに、ボンドは「忘れ物がある」と言う。Qは前作『007 スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)で大破し、つい最近修復が完了したばかりのボンドの車を引き渡す。満足げに微笑むボンドは、愛するマドレーヌを助手席に乗せると、ロンドンの街へ走り去っていくのだった。

『007 スペクター』の登場人物・キャラクター

主人公

ジェームズ・ボンド(演: ダニエル・クレイグ)

日本語吹替: 藤真秀
「007」シリーズの主人公。MI6エージェント007の称号を持つ。前任のMのビデオレターを受け、メキシコシティにて謎の組織の暗殺者スキアラを追い詰める。スキアラから奪った指輪を手掛かりに、組織の実態に迫る。現任のMの制止を無視して、謎の組織を追うべく、ローマ 、オーストリア、モロッコ、北アフリカと世界中を飛び回る。
幼い頃に両親を亡くし、ドイツ系移民の養父ハンス・オーベルハウザーに育てられたが、義兄であるフランツ・オーベルハウザーとの仲は、良好だったとは言えない様子だ。

主要人物

マドレーヌ・スワン(演: レア・セドゥ)

日本語吹替: 園崎未恵
本作のメインのボンドガールだ。ホワイトの娘。ソルボンヌ大学卒業後、国境なき医師団の医師として、途上国の医療に携わってきた。オーストリアの山岳地帯にあるホフラー診療所に勤務していたが、スペクターの追っ手に誘拐されたところをボンドに救出された。当初、ボンドを激しく拒絶していたが、ボンドと共闘して組織の追っ手を退ける内に、仲を深めていく。
父ホワイトが構成員だった為、スペクターの名前を知っており、その事をQとボンドに伝えた。少女時代、父を狙った殺し屋に襲われ銃で迎撃した経験がある為、拳銃が苦手だ。しかしボンドが護身のために拳銃の使い方を指南しようとすると、慣れた手つきで拳銃を扱い、ボンドに「教える事は無いな」と感心させた。いざという時は拳銃や小型時限爆弾を用いて敵を攻撃するなど、医師でありながら勇猛果敢な女性である。

フランツ・オーベルハウザー/エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド(演: クリストフ・ヴァルツ)

日本語吹替: 山路和弘
国際犯罪組織スペクターを束ねる首領。20年前の雪崩事故で実父ハンス・オーベルハウザーと共に亡くなったとされていたが、実は名前をエルンスト・スタヴロ・ブロフェルドに変えて生存していた。父は幼少期のボンドの後見人であり、ボンドとは義理の兄弟の関係にあった。父の事故死はオーベルハウザーが偽装したもので、彼が殺害したのだ。ローマでの秘密会議にてボンドと再会した。ボンドがスペクターの本拠地を突き止めた事を知り、砂漠の無人駅に降りたボンドとマドレーヌに迎えの車をよこした。その後、スペクターの本拠地へ2人を案内し、ボンドを拷問に掛ける。だがマドレーヌが投げつけた時限爆弾付き腕時計の爆発で吹き飛ばされ、右目と右顔面に深い傷を負った。

MI6関係者

M/ギャレス・マロリー(演: レイフ・ファインズ)

tw-7056289891344711689
tw-7056289891344711689
@tw-7056289891344711689

Related Articles関連記事

007 スカイフォール(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007 スカイフォール(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/スカイフォール』(原題: 『Skyfall』)とは、2012年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第23作目。ダニエル・クレイグがMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる3作目の作品である。全世界での興行収入は約11億ドル。 ボンドはトルコでのミッション中に、女性エージェントの誤射により渓谷に落下し、行方不明となっていた。数か月後、MI6本部が何者かに爆破された。その一報を目にしたボンドはロンドンに戻り、007への復帰テストに臨むのだった。

Read Article

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』とは、シリーズ第25作目にあたる2021年のスパイ・アクション映画。主演のダニエル・クレイグは、本作を以てジェームズ・ボンド役を引退した。テロなどを陰で操る秘密組織・スペクターとの闘いを終え、00エージェントを退いたジェームズ・ボンドは、ジャマイカで平穏な日々を過ごしていた。ある日、CIAの旧友フィリックス・ライターから助けを求められ、誘拐された科学者の救出任務を引き受ける事になる。凶悪な最新技術を備えた謎の黒幕を追うボンドに、最大の危機が迫る。

Read Article

007/慰めの報酬(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/慰めの報酬(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/慰めの報酬』(原題: Quantum of Solace)とは、2008年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第22作品目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じる2作目の作品である。興行収入は全世界で5億8900万ドルを記録した。 謎の組織の幹部、ミスター・ホワイトを捕えたボンドは、上司のMの元にホワイトを連行した。だが仲間内の裏切りに遭い、ホワイトを逃してしまう。新たな手掛かりをもとに、ボンドはハイチでのミッションに挑むのだった。

Read Article

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

007/カジノ・ロワイヤル(2006年の映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『007/カジノ・ロワイヤル』(原題: Casino Royale)とは、2006年公開のスパイアクション映画で、「ジェームズ・ボンド」シリーズの第21作目。ダニエル・クレイグが架空のMI6諜報員ジェームズ・ボンドを演じた最初の作品である。 マダガスカルで爆弾密造犯の監視をしていたボンドは、犯人の携帯電話に残されたメッセージから、黒幕の存在を知る。バハマに向かったボンドは、黒幕の武器商人・ディミトリオスらが企てる大型旅客機爆破テロを阻止すべく、奔走するのだった。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの料理・食事・食べ物・お菓子・飲み物が登場する。人間界には無い少し変わったものも登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。 主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。 一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。 このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

NEW
グランド・ブダペスト・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

グランド・ブダペスト・ホテル(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『グランド・ブダペスト・ホテル』は、ウェス・アンダーソン監督、レイフ・ファインズ主演で製作された。ズブロフカ共和国にあるグランド・ブダペスト・ホテルが物語の舞台である。コンシェルジのグスタヴと部下のムスタファを主人公に、常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡り事件解明に奔走する。本作は1930年代、1960年代、1985年、現在と4つの時間軸で展開されていく。

Read Article

1917 命をかけた伝令(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

1917 命をかけた伝令(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『1917 命をかけた伝令』とは、名匠サム・メンデスが、第1次世界大戦を舞台に全編ワンカット風に描く戦争ドラマ。若きイギリス兵のウィルとブレイクの2人は、敵軍の罠にかかりそうな前線の味方を救うべく伝令を届ける命を受け、危険な道のりを必死に進んでいく。コリン・ファースやマーク・ストロング、ベネディクト・カンバーバッチなどイギリスを代表する俳優が共演しており、世界中で高い評価を受け、アカデミー賞では10部門のノミネートとなった。

Read Article

ロブスター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ロブスター(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ロブスター』とは、ギリシャのヨルゴス・ランティモスが監督した近未来SF恋愛映画である。2015年公開され、第68回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した。国家が市民にルールを押しつけ、市民はそれに従っている。独身であることが罪というルールがある世界。“独身者”は、郊外のホテルに連れていかれ、45日以内にパートナーを見つけないと、自分が希望する動物に変えられてしまう。主人公デヴィッドが希望した動物は「ロブスター」だった。全体的にユーモアが散りばめられており、コメディ映画でもある。R15+作品。

Read Article

レッド・ドラゴン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

レッド・ドラゴン(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『レッド・ドラゴン』とは、トマス・ハリスの小説をもとにして2002年に公開されたアメリカのサスペンス映画である。 監督はブレット・ラトナー、主演をアンソニー・ホプキンスである。人食いハンニバルと呼ばれる精神科医の殺人犯ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)に殺されかけた過去を持つ、元FBI捜査官であるウィル・グレアム(エドワード・ノートン)との戦いを描く。見どころは、レクター博士とウィルの頭脳戦と徐々にレッド・ドラゴンと呼ばれる猟奇殺人犯を追い詰めていく所である。

Read Article

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アベンジャーズ/エンドゲーム(MCU)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アベンジャーズ/エンドゲーム』とは、2019年に公開されたディズニー配給・マーベル製作の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の続編である。本作は、宇宙最大のパワーを持つ6つの石”インフィニティ・ストーン”を集めたサノスがアベンジャーズのメンバーを含む、全宇宙の生命の半分を消滅させたところから始まる。人類を守るため、”キャプテン・アメリカ”や”アイアンマン”を筆頭に最強ヒーローたちが再び立ち上がり、史上最凶最悪の敵・サノスに逆襲(アベンジ)する。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ことの終わり(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ことの終わり(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ことの終わり(The End of the Affair)』はニール・ジョーダン監督による1999年公開の映画。1940年代ロンドン。作家モーリスは友人の官僚ヘンリーから、妻のサラが浮気しているようだと相談される。以前サラと不倫関係にあったモーリスは「第三の男」が現れたと思い、ヘンリーに代わって探偵に調査を依頼する。調査が進むにつれ、意外な事実が発覚する。原作はグレアム・グリーン『情事の終わり』

Read Article

リリーのすべて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

リリーのすべて(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『リリーのすべて』とは、世界で初めて性別適合手術を受けた、リリー・エルベの実話を元に描いたヒューマン・ドラマ。2015年にアメリカ、イギリス、ドイツで製作された合作映画である。風景画家である主人公はある日、肖像画家の妻に頼まれ女性モデルの代役を引き受ける。そのことがきっかけで、自分の中に女性の存在があることに気付き始める。悩み苦しむ夫の変化に困惑しながらも、妻のゲルダは夫の本質を尊重し、理解を深めて行く。概念を超えた夫婦の絆と美しき愛の物語。

Read Article

クルエラ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

クルエラ(ディズニー映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『クルエラ』とは、2021年に公開された、アメリカ合衆国の映画である。監督はクレイグ・ギレスピー、主演はエマ・ストーンが務めた。舞台は70年代のロンドン、親を亡くしたエステラ・ミラーはファッションデザイナーになることを決意する。ある日、伝説的なカリスマ・デザイナーのバロネス・フォン・ヘルマンと出会い、自身の才能を磨いていく中で、自分の出生の秘密を知った。ディズニーの映画『101匹わんちゃん』の悪名高きヴィランであるクルエラの、誕生秘話を知ることができる内容となっている。

Read Article

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、2019年にアメリカで制作されたミステリー映画である。世界的なミステリー作家のハーラン・スロンビーの85歳の誕生日パーティーが開かれた。しかし、その翌朝ハーランは遺体となって見つかる。正体不明の誰かに雇われた探偵のブノワ・ブランは、パーティーに参加していた人間全員を疑っていた。『007』シリーズのダニエル・クレイグや『アベンジャーズ』シリーズのクリス・エヴァンスら豪華キャストが出演し、緊張感ありつつも、それぞれの思惑などをコミカルに描いている。

Read Article

マイ・スパイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

マイ・スパイ(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『マイ・スパイ』とは、2020年のアメリカ合衆国のスパイアクションコメディ映画。監督はスパイ・コメディで全米興行収入初登場1位を記録した『ゲットスマート』のピーター・シーガル、脚本は『RED/レッド』シリーズなどのホーバー兄弟だ。出演はデイヴ・バウティスタやクロエ・コールマンなど。肉体派俳優として活躍してきたバウティスタの意外で魅力的な演技を思う存分見せつけてくれる。米国ではAmazonプライム・ビデオでの配信のみとなったが、日本を含むその他の一部の国では劇場公開された。

Read Article

キングスマン:ファースト・エージェント(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

キングスマン:ファースト・エージェント(映画)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『キングスマン:ファースト・エージェント』とは2021年公開の米・英合作のスタイリッシュアクションスパイ映画。監督はマシュー・ヴォーン。本作ではレイフ・ファインズ演じるオーランド・オックスフォード公を中心として、第一次世界大戦時代の英国を舞台に「キングスマン」誕生のエピソードを展開する。 平和主義の英国貴族である主人公が大戦の最中、スパイとして世界の平穏を守ろうとする物語。レトロでありながらハイセンスな劇中ファッションや超過激スパイアクションが魅力の一作。

Read Article

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年冬公開の熱すぎるオススメ映画まとめ!「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」や「母と暮らせば」など

2015年の冬は、10年ぶりのシリーズ新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が公開された年でした。また『MOZU』や『グラスホッパー』などの大作映画から、『スヌーピー』や『リトルプリンス』といったファミリー向けの映画まで、充実したラインナップです!洋画だけでなく邦画も大豊作だった2015年冬の盛り上がりをご堪能ください。

Read Article

【イアン・ハート】ハリー・ポッターでヴォルデモート役を演じた7人の俳優まとめ【レイフ・ファインズ】

【イアン・ハート】ハリー・ポッターでヴォルデモート役を演じた7人の俳優まとめ【レイフ・ファインズ】

ヴォルデモートといえば、『ハリー・ポッター』シリーズの最大にして最強の悪役ですよね。ひときわ存在感を放つ彼ですが、実は映画版では7人の俳優によって演じられていました。当然ながら彼もかつては子どもでしたし、学生時代の姿も出てきてます。かと思えば他の人物に憑依していたこともありますから、演じている俳優がたくさんいても何ら不思議ではありません。誰がどんなヴォルデモートを演じていたのか、この記事で紹介しています。

Read Article

歴代の美女が勢ぞろい!007シリーズの「ボンドガール」名鑑!

歴代の美女が勢ぞろい!007シリーズの「ボンドガール」名鑑!

英国秘密情報部のエージェント「ジェームズ・ボンド」の活躍を描いた長寿映画『007』シリーズ。各国スパイによる手に汗握る情報戦に加えて、毎回入れ替わる形で表れてはジェームズのパートナーとして活躍するヒロイン、通称「ボンドガール」の存在も見所である。 ここでは、歴代の007シリーズに登場したボンドガールたちを紹介する。

Read Article

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

【007シリーズ】シブすぎる!歴代ジェームズ・ボンドを演じた俳優まとめ【ショーン・コネリー】

日本では「007シリーズ」として知られる『ジェームズ・ボンド』の作品群。1962年に第1作が公開されて以来、2022年までに25作品が生み出されてきました。最初の公開から四半世紀以上という年月を経ているわけですから、映画のキャスト陣も当然変わります。この記事では、歴代ジェームズ・ボンドを務めた俳優についてまとめました。どの方もシブすぎて、溜息が出るほどカッコイイですね!

Read Article

特殊メイクビフォーアフター&実在したモデルとの比較画像まとめ!【アーノルド・シュワルツェネッガーなど】

特殊メイクビフォーアフター&実在したモデルとの比較画像まとめ!【アーノルド・シュワルツェネッガーなど】

映画スターの特殊メイク前と後の比較や、モデルとなった人物との比較画像のまとめです。『ターミネーター』シリーズのアーノルド・シュワルツェネッガーや、『ハリー・ポッター』シリーズのレイフ・ファインズなど、メイクによって同じ人物とは思えないほど変貌を遂げた画像や、モデルと見分けがつかないほどそっくりな俳優たちの姿を紹介していきます。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの「例のあの人」ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の素顔まとめ

ハリー・ポッターシリーズの「例のあの人」ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)の素顔まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズの最大にして最強の悪役といえば、ヴォルデモート卿!作中では多くの人びとの間で「例のあの人」との呼ばれ方をする彼を演じたのは、レイフ・ファインズです。この記事では、ヴォルデモート卿とレイフ・ファインズの素顔についてまとめました。「例のあの人」の格好をしたままキャスト陣と談笑しているのが面白いですね。

Read Article

『007シリーズ』の雑学・トリビア・都市伝説まとめ!ボンドには結婚歴があった!

『007シリーズ』の雑学・トリビア・都市伝説まとめ!ボンドには結婚歴があった!

『007』シリーズにまつわる都市伝説や豆知識、裏設定などをまとめました。シリーズ第1作目のイギリス初公開日にちなみ、10月5日はジェームズ・ボンドの日に制定されているというトリビアや、ボンドには結婚歴があったという設定、名監督のスティーブン・スピルバーグやクエンティン・タランティーノが映画を撮りたがっていたという噂を載せています。読み始めたら止まらない、興味深い情報が満載です。

Read Article

「ハリー・ポッターシリーズ」ヴォルデモート卿の真の姿が衝撃的すぎた件

「ハリー・ポッターシリーズ」ヴォルデモート卿の真の姿が衝撃的すぎた件

『ハリー・ポッター』シリーズに登場するヴォルデモート卿といえば、作中の最大にして最強の敵!その出で立ちは実に不気味で、とっても恐ろしいですよね…。そんな彼の真の姿が衝撃的すぎると話題になりました。というのも、ヴォルデモート卿を演じたレイフ・ファインズがとってもイケメンだったのです!こんなイケメンがあんな恐ろしい姿になるんだから、特殊メイクってすごいですよね。

Read Article

【マギー・スミス】ハリー・ポッターシリーズに出演した大人俳優たちの今昔画像まとめ【レイフ・ファインズ】

【マギー・スミス】ハリー・ポッターシリーズに出演した大人俳優たちの今昔画像まとめ【レイフ・ファインズ】

『ハリー・ポッター』シリーズは子どもたちが主役の作品ですが、もちろん大人たちも負けてはいません。この記事では、そんなハリポタシリーズに出演した大人俳優たちの今昔画像についてまとめました。若かりし頃から美男美女だった方が多いですね!特にマクゴナガル先生を演じたマギー・スミスはずば抜けて美しい…。

Read Article

目次 - Contents