鋼の錬金術師(ハガレン)のホムンクルス・人造人間まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画、およびそれを原作としたアニメや映画などのメディアミックス作品である。
母親を亡くしたエルリック兄弟は、錬金術において最大の禁忌とされている『人体錬成』を行ってしまう。それにより、エドワードは右手と左足をなくし、アルフォンスは体をなくし魂だけの存在となってしまう。エルリック兄弟は、体を取り戻すために頂上の力を得られる『賢者の石』を求める。
賢者の石により作られた人造人間がホムンクルスである。彼らはある目的を達成するために、歴史の裏で暗躍している。

グリード(Greed)

3番目に造られた『強欲』を司るホムンクルス。左手の甲にウロボロスの印がある。
名前の通り自身の欲望に忠実で、金や女、地位といったあらゆる物を手に入れたがる。「この世の物は全て俺の物。金も女も地位も名誉も全てが欲しい」というのが座右の銘。一方で、女性を殴らないことや嘘をつかないことを信条にしており、「欲が深いから所有物は絶対に見捨てない」との考えから部下を大事にしていたので彼らから慕われていた。
その性格ゆえに100年前に『お父様』の元から脱している。
体内の炭素を操って硬化させ、ダイヤモンドほどの硬さを誇る『最強の盾』を作り出すことができる。

『お父様』の元を離れてからは、軍によってキメラ(異なる種族を掛け合わせて作られた生物)を仲間とし、「デビルズネスト」という店を拠点にして生活していた。そこでエルリック兄弟と出会う。そして肉体を持たずに動くアルフォンスに不老不死のヒントを見出し、拉致した。その後、アルフォンスを取り返しに来たエドワードと戦う。そこでは最強の盾を駆使してエドワードを圧倒するが、エドワードは錬金術により炭素の結合度を変え、ダメージを与えた。
その後、エドワード達に会ったことで居場所が知られ、グリードを回収するべくキング・ブラッドレイが攻め込んでくる。そして仲間を殺害され、『お父様』の元へ連れて行かれ、『お父様』へ吸収された。

生まれ変わったグリード

その後、シン国の皇子リン・ヤオの身体の中へ入れられ、新たなグリードとして復活した。そこへ、かつての仲間がやって来るが、以前のグリードの記憶は無く、殺害する。しかし、その時、キング・ブラッドレイがかつての仲間を殺害している場面がフラッシュバックし、記憶を取り戻す。そして再び『お父様』の元を脱した。
その後、エドワードと再会し、仲間になるよう勧誘を受ける。そして、エドワード達が部下になるのなら、という条件付きで仲間になった。
それまで、身体の主導権はずっとグリードが握っていたが、リンと打ち解けて主導権を譲ることもある。

最終決戦では、軍本部を乗っ取ったマスタング達の軍隊と一緒に戦う。そこへキング・ブラッドレイが乗り込んできて、ブリッグズ兵のバッカニアと、リンの臣下であるフーと共に戦う。その戦いでは、バッカニアとフーが命と引き換えに、キング・ブラッドレイに手傷を負わせて退けた。そして、死にゆくバッカニアから正門の護衛を頼まれ、多数の軍を相手した。

最後の戦いでのグリード

その後、『お父様』の神の力を奪おうと動くが、それに失敗する。その時、必死に戦う人間達を見て、リンに「お前が欲してやまなかったもの…本当はこれだろ」と言われ「ああ…そうだ…俺が欲しかったのは…こいつらみたいな仲間だったんだな…」と吐露している。
その後、エドワード達の猛攻により神の力を抑えることが出来なくなった『お父様』に吸収されてしまう。その際、一緒に引き込まれそうになるリンを自ら切り離し、『お父様』の体をボロ炭へと変えた。そして『お父様』により消されてしまう。
最後はエドワードやリン達の顔を見て「十分だ…ああ…もう十分だ…もう何にも要らねぇや…じゃあな…魂の…友よ」と言い、満足そうな顔をして消えた。

スロウス(Sloth)

5番目に造られた『怠惰』を司るホムンクルス。右肩後ろにウロボロスの印がある。名前の通り、全てに置いてめんどくさがっている。口癖も「めんどくせー」となっている。
ホムンクルス一の巨躯で、強固な肉体を持つ。腕力は凄まじく、素手でトンネルを掘ることができる。知能は低いようで、カタコトで話す。両腕に鎖がついた手枷をつけている。
普段は鈍重な動きだが、「最速のホムンクルス」の異名を持つ。その名の通り、目にも留まらぬスピードで動くことができ、そのスピードと強靭な体を使った体当たりを繰り出す。しかし、そのスピードを自身でも制御できておらず、途中で方向を変えることができず、止まる際も必ず何かに激突している。

『お父様』により国土錬成陣作成を命じられており、アメストリス国の地中を掘り進めて錬成陣を作ろうとしていた。少なくとも100年はトンネルを掘り続けている。ラストは時間がかかったのはスロウスが怠けているせいである、としている。
トンネルを掘り進めている途中でアメストリス国の北方にある『ブリッグス要塞』に迷い込む。そこでエルリック兄弟やアームストロング、ブリッグス要塞の司令官のオリヴィエと戦闘となる。その時は戦車の燃料をかけられて吹雪の中に放り出され、その結果凍結して身動きが取れなくなってしまう。しかし、『お父様』に与する軍部の中将・レイブンにより解放される。その後、トンネル掘りを再開し、国土錬成陣を完成させている。

最終決戦では再びオリヴィアやアームストロングと戦う。高速移動やホムンクルスの再生力で一同を苦しめるが、そこへエルリック兄弟の師匠であるイズミ・カーティスとその夫が応援に入り、劣勢となり、最後はアームスト論の一撃により消滅する。その間際「生きてるのもめんどくせえ」と発している。

プライド(Pride)

『傲慢』を司るホムンクルス。『お父様』により生み出された最初のホムンクルス。それ故に「始まりのホムンクルス」と称していた。キング・ブラッドレイの子息、セリム・ブラッドレイに扮している。
本体は「フラスコの中の小人」と呼ばれていた頃の『お父様』の姿に瓜二つの黒い影である。影の中には眼と口が存在している。影を鋭利に尖らせて斬撃を行ったり、影の中に存在している口で捕食もできる。影に実体はないので、攻撃しても意味はない。
「容れ物」の中でしか活動することができず、セリムから伸びる影、または国土錬成陣のトンネル内に活動範囲が限られる(グリードはセリムの体を「『お出かけの用の容れ物』言っている)。しかし、セリムと繋がる影全てが本体になるので、夜や、影が多い建物内では非常に脅威となる。
影の性質を持つ故に、影もできないほどの暗闇の中では何もすることができない。

エンヴィー以上に冷酷無比な性格をしている。人間を見下し、同じホムンクルスの仲間でさえ駒として見ている。ホムンクルスに対して「仲間ではなく共同体」というセリフも発している。しかし、自身を本当の息子として接するブラッドレイ夫人に対しては特別な情を抱いている。見下している人間に対して「人間は揺ぎ無い信念を持っている」と評価していたこともある。
ホーエンハイムは、「傲慢」が「お父様」の本質のため、最初に切り離されて性格・姿も似ていると指摘している。

最終決戦の前、『お父様』が神の力を得るために必要な人柱(真理の扉にたどり着いた錬金術師)を集めにグラトニーと共にエドワードたちを追跡する。そしてアルフォンスの鎧を支配し、エドワードたちと戦闘となる。そこでは夜ということもあり、圧倒的な強さを見せる。しかし、リンやランファンなどが応援に駆けつけ、エドワードは錬金術により街を停電させる。気を探知して戦うことができるリンやランファン、嗅覚が鋭く暗闇でも戦うことができるハインケル(ライオンのキメラ)と戦うことになり、形勢が逆転する。しかし、一緒に戦っていたグラトニーが瀕死になっているのを見たプライドはグラトニーを捕食し、グラトニーが持っていた鋭い嗅覚を手に入れる。それにより再び形勢が逆転するが、そこへ現れたホーエンハイムにより、光が届かないドーム(ホーエンハイムが錬金術で作った)の中にアルフォンスと一緒に閉じ込められる。
その後、モールス信号によって呼び寄せた、ホムンクルスに与する紅蓮の錬金術師ゾルフ・J・キンブリーが現れ、救い出される。そのままアルフォンスと戦うことになる。賢者の石を使用するアルフォンスと凄まじい戦いを繰り広げるが、賢者の石の製造に関わっていた錬金術師ティム・マルコーがアルフォンスの応援に現れる。それによりキンブリーに重傷を負わされていたハインケルが復活し、キンブリーに瀕死の重傷を与える。そしてアルフォンスはマルコーの車で逃走し、プライドはセリムの体を車で轢かれてしまう。その後、死亡寸前となったキンブリーを捕食し、『お父様』の元へ戻った。

エドに敗れたプライド

最終決戦では、マスタングを人柱にすべく、構築式(錬金術に必要な計算式)を持った錬金術師を取り込み、自身が仲立ちとなって強制的にマスタングに人体錬成させた。それにより必要な5人の人柱が揃ったが、人体錬成のリバウンドでセリムの体が損傷している。
その後、エドワードと戦うことになり、エドワードの身体を新たな容れ物にしようと企む。しかしエドワードに乗り移る瞬間、取り込んだキンブリーが現れる。キンブリーは、散々人間を下に見てきたプライドが人間の中に逃げ込もうとするのを「美しくない」と評し、プライドを妨害する。その隙に自身を賢者の石へと錬成したエドに侵入され、消滅させられた。消える間際、キング・ブラッドレイとブラッドレイ夫人の姿を思い出している。

ラース(Wrath)

アメストリス最高の権力者・大総統キング・ブラッドレイ、その正体が『憤怒』のホムンクルスであるラースである。左眼にウロボロスの印がある。
他のホムンクルスとは異なり、人間をもとに作られた。ホムンクルス達に大総統となるべく訓練を受けた大総統候補生の一人。賢者の石を注入され、賢者の石の中の魂と争って勝利した。その時に「キング・ブラッドレイ」の名を授かり、左眼にウロボロスの印が現れた。 賢者の石の魂に打ち勝っているので、ブラッドレイの中には彼の魂しか残っておらず、それ故に他のホムンクルスのように体を治癒することができない。さらに通常の人間のように老化する。
凄まじい動体視力を誇る左眼『最強の眼』を持つ。この眼は銃弾さえも捉えることができる。他のホムンクルスと比べると地味な能力だが、飛び抜けた身体能力と凄まじい剣技を持つブラッドレイは恐ろしく強い。現に同じホムンクルスのグリードを負かし、『お父様』の元へ連れて帰っている。
他のホムンクルスとは異なり人間を単純に下に見ていない。「思い通りにならなくて腹が立つ」という、ある種、認めるような発言もしている。妻はブラッドレイ自身で選んでおり、特殊な感情を抱いている。

物語当初は、その地位にふさわしくない軽口叩き、親しみやすいキャラクターだった。現に、エドワードは国家錬金術師試験の時に襲いかかるフリをしている(その時はエドワードが気づかないほどの速さで槍を斬っている)。
『お父様』の元から逃げ出していたグリードが、エルリック兄弟と関わり合いになったことから居場所が割れ、ブラッドレイ自らグリードを捕獲に乗り出した。その時にホムンクルスであることが明らかになった。この戦いでは『最強の眼』によりグリードの攻撃を掻い潜り、グリードを打ち負かして『お父様』の元へ連れ帰った。この時、グリードの部下を殺害しており、これが後にグリードが記憶を取り戻すきっかけとなる。

ラストを倒したマスタングに目をつけ、マスタングの部下を地方へ飛ばした。そしてマスタングの部下の一人であるリザ・ホークアイを自身のを自身の秘書に任命して人質とした。

フーとバッカニアの決死の一撃のよりダメージを受けるブラッドレイ

その後、マスタングの企みを嗅ぎつけ、東部視察へ赴く。しかし、マスタングと結託していたグラマン中将にそれを利用され、セントラルへ戻る列車を爆破される。列車ごと谷底へ落ちるが、瓦礫を踏んで陸へ戻る。そして歩いてセントラルへ戻り、最終決戦へと参加する。
ブリッグズ兵が固めていた正門へ正面突破する。そして、その先でグリード、リンの臣下であるフー、ブリッグズ兵のバッカニアと戦闘となる。三人を相手取って、それでもなお優勢にでる。叶わないと見たフーは腹部に巻きつけた爆弾によりブラッドレイと一緒に死のうとする。しかし、ブラッドレイは即座に導火線と共にフーの腹部を斬り裂く。そこで致命傷を受けていたバッカニアが、フーの身体ごとブラッドレイを貫く(フーの身体が障害となり、攻撃が見えなかった)。それにより重症を負い、場内の堀に落ちた。
その後、『お父様』の元へ向かっていたマスタングたちの元へ現れる。マスタングの焔を掻い潜り、手に剣を突き刺し動きを封じる。その隙にプライドが人体錬成を行い、マスタングを人柱にする。

スカーと相対したブラッドレイ

そして、『逆転の錬成陣』を実行しようとしていたスカーの元へと現れ、戦闘を行う。その時、「こうして死に直面するというのはいいものだな。「単純に死ぬまで戦い抜いてやろう」という気持ちしか湧いてこん。地位も、経歴も、出自も、人種も、性別も、名も、何も要らん。何にも縛られず、誰のためでもなくただ闘う。それが心地良い。ああ…やっと辿りついた…」と漏らしている。
そして、再構築の錬成を使うようになったスカー(錬金術は『理解』『分解』『再構築』が基本となる。スカーはそれまで『分解』の錬金術しか使っていなかった)に重症を負わせられるが、それでも止まらずスカーを圧倒し追い詰めた。しかし、太陽の光が目に入り、その一瞬の隙をスカーに突かれて決定的なダメージを負う。その際、ブラッドレイは折れた剣を口でキャッチし、スカーにも重症を負わせている。
倒れたブラッドレイの元に、フーの孫娘であるランファンがやって来て遺言がないか問う。愛する者はいなかったのか、妻に残す言葉はないのか、とまくしたてるランファンに「愛だの悲しみだのと、くだらぬ言葉を垂れ流すな小娘。舐めるなよ。アレ(妻)は私が選んだ女だ。私とアレの間に遺言などいらん」と言い切った。そして「用意されたレールの上の一生ではあったが、お前たち人間のおかげで、まあ…多少…やりごたえのあるいい人生だったよ…」と告げて命を落とした。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

鋼の錬金術師(ハガレン)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

鋼の錬金術師(ハガレン)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『鋼の錬金術師』とは、2001年から2010年まで荒川弘により『月刊少年ガンガン』で連載された漫画およびそれを原作とするアニメ、ノベライズ、映画、ゲーム作品。舞台は19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフとした錬金術が存在する架空の世界。主人公エドワード・エルリック(エド)は弟アルフォンス(アル)と共に、自身らが犯した禁忌の錬成によって失ったエドの右腕と左足、アルの全身を取り戻すための方法を求め旅に出る。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の国家錬金術師まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)の国家錬金術師まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画作品である。アニメや映画、ゲームなど様々な展開が行われている。 エドワード・エルリックと、その弟であるアルフォンス・エルリックは母親を蘇らせるために禁忌とされている『人体錬成』を行うが、その結果兄弟は身体を失ってしまう。エルリック兄弟は自分たちの体を取り戻すために、超常の力を持つ『賢者の石』を求めて旅に出る。 国に認められた極めて優秀な錬金術師が『国家錬金術師』であり、作中でも重要人物となるものが多い。

Read Article

鋼の錬金術師の錬金術・錬丹術・錬成陣まとめ

鋼の錬金術師の錬金術・錬丹術・錬成陣まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘作の少年漫画、および、それを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。禁忌とされる人体錬成を試みた幼い錬金術師、エドワード・エルリックは、代償として自身の身体の一部と、弟アルフォンスの身体のすべてを奪われる。元の身体に戻るために「賢者の石」を追い求めるエドワードは、その裏に隠された「ホムンクルス」による国家的陰謀に巻き込まれていく。「錬金術」、「錬丹術」は、物質の構成を変えて別のものに作り変える技術であり、個々の術式に応じた「錬成陣」を使って術を発動させる。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鋼の錬金術師』は『月刊少年ガンガン』で連載されていた荒川弘が描くファンタジー漫画。兄エドワードと弟アルフォンスのエルリック兄弟が自身の体を取り戻す為、各地の旅をする物語である。出会う仲間や対峙する敵など、魅力あふれるキャラクターたちが個性あるセリフを残している。

Read Article

キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

キング・ブラッドレイとは『鋼の錬金術師』の登場人物で、アメストリス軍の最高責任者(大総統)である。戦闘能力が非常に高く、数々の戦場で功績を残し、その地位へとのし上がった。しかし、その正体は「お父様」の計画により造られた人造人間(ホムンクルス)であり、ラストやエンヴィーなどの他のホムンクルスたちと共にその計画を進めていた「憤怒のラース」である。正体が明かされてからは、計画の邪魔になる者や、立ちはだかる者たちと対峙しながら、国を動かして計画を進めていく。

Read Article

ロイ・マスタング(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ロイ・マスタング(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ロイ・マスタングとは『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターで、作中では「焔の錬金術師」の名で知られている。軍に所属しており階級は大佐。主人公の過去を知る数少ないキャラクターの1人であり様々な面で手助けをしている。普段は仕事をサボって女性と長電話したり主人公を揶揄ったりしているが、自身が過去に経験したことをきっかけに強い意志・信念を持ち国のトップの座に就かんとしている。

Read Article

ヴァン・ホーエンハイム(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴァン・ホーエンハイム(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ヴァン・ホーエンハイムとは、荒川弘氏による漫画『鋼の錬金術師』の登場人物の一人であり、主人公エドワードとアルフォンスの父親。 古代文明クセルクセス王国の元奴隷。自身の血から生まれたホムンクルスに知識を与えられ、錬金術師となる。しかし、ホムンクルスの企みで望まぬ不老不死の体とされ、故郷も滅ぼされた。失意から放浪生活を過ごし、リゼンブールで出会ったトリシャという女性と結婚。”家族と共に老いて死にたい”という願いから普通の人間に戻る研究を始めるが、ホムンクルスの企みに気づくと、阻止するため旅に出る。

Read Article

イズミ・カーティス(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

イズミ・カーティス(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

イズミ・カーティスとは『鋼の錬金術師』に登場する錬金術師で、エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリックに錬金術を教えた師匠。流産の経験があり、エルリック兄弟と同じく人体錬成という禁忌を犯している。錬成陣なしで錬成ができ、格闘技にも長けている。一方、人体錬成の影響で内臓をいくつか損傷しており、本来は屈強な体力の持ち主だが病弱になっている。アニメ1期のホムンクルス・ラースはこの時誕生したとされている。原作およびアニメ2期においては国土錬成陣発動に必要な「人柱」の一人である。

Read Article

グリード(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

グリード(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

グリードとは『鋼の錬金術師』に登場するホムンクルスであり、「強欲」の感情をもっている。ホムンクルスの創造主である”お父様”から離れて活動していたが、キング・ブラッドレイことホムンクルスのラースに捕獲され、”お父様”によって一度存在を抹消された。物語の中盤、”お父様”の手により、東の大国シンの皇子リン・ヤオの身体を乗っ取る形で復活。己の求めるものも追いかけつつ、リンと協力しながら”お父様”の野望が叶う「約束の日」に向けて動き出す。

Read Article

ウィンリィ・ロックベル(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ウィンリィ・ロックベル(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ウィンリィ・ロックベルとは『鋼の錬金術師』のヒロインで、根っからの機械オタクな機械鎧(オートメイル)技師。男勝りの度胸と女性らしい繊細さを併せ持つ少女。主人公エルリック兄弟の幼馴染で、過酷な運命に挑む彼らの支えとなるべく、優秀な技師を目指している。幼い頃に外科医だった両親を戦争で亡くしたことで、残された家族を何よりも大切に想うようになり、兄弟を時には優しく時には叱咤しながら見守っている。物語の裏で暗躍する人造人間達に“エルリック兄弟への人質”として目を付けられ、国家規模の陰謀に巻き込まれていく。

Read Article

アルフォンス・エルリック(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

アルフォンス・エルリック(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

アルフォンス・エルリックとは『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターで、主人公エドワード・エルリックの弟である。 母親を幼少期に亡くしており、母に会いたいという気持ちからエドワードと共に人体錬成を行うも失敗し、体を全て失ってしまう。だがエドワードがもう1度人体錬成魂を行い、魂を鎧に定着させることで一命をとりとめる。 その後は体を取り戻すため賢者の石を求め、エドワードと共に各地を旅している。

Read Article

リン・ヤオ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

リン・ヤオ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

リン・ヤオとは『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターで、物語の舞台であるアメストリスの東側にある大国・シンの第12皇子。次期皇帝争いで優位になるべく、臣下のランファン、フーを連れて伝説の賢者の石を求めてアメストリスに入国した。主人公のエルリック兄弟、国家錬金術師のロイ・マスタングらと協力する中、アメストリス国内で暗躍するホムンクルスと遭遇。その内の1体であるグリードに取り込まれるも自我を保ち、利害の一致や相互理解を経て共闘。ホムンクルスの黒幕である「お父様」の野望を阻止するために活躍した。

Read Article

リザ・ホークアイ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

リザ・ホークアイ(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

リザ・ホークアイとは『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターでロイ・マスタング大佐の腹心の部下である。銃火器の扱いに長けており、拳銃から狙撃ライフル、ショットガンなど様々なものを使いこなしている。また狙撃精度の高さから「鷹の眼」という異名を持っている。時に優しく時に厳しくエルリック兄弟やロイ・マスタングに接し手助けをしている。

Read Article

ピナコ・ロックベル(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ピナコ・ロックベル(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ピナコ・ロックベルとは、『鋼の錬金術師』の登場人物で、主人公エルリック兄弟にとっては親代わりでもあるベテランの機械鎧(オートメイル)技師。 エルリック兄弟の実父であるヴァン・ホーエンハイムとは長い付き合いで、トリシャ・エルリックとの仲を取り持つなど家族同然の交流を重ねる。そのホーエンハイムが旅立った後、病で死去したトリシャの代わりに、自身の孫娘のウィンリィ・ロックベルともどもエルリック兄弟を育て上げる。エルリック兄弟やウィンリィの旅に同行することはなかったが、故郷から彼らを見守り続けた。

Read Article

ティム・マルコー(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ティム・マルコー(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ティム・マルコーとは、荒川弘の漫画『鋼の錬金術師』に登場する賢者の石の研究の第一人者で、生体錬成を得意とする錬金術師。しかし人間の魂を材料とする賢者の石を生成する為の実験はほとんどが人体実験であり、それを重ねる精神的苦痛に耐えかねて軍を脱走、東部の田舎町にて身分を偽り身を隠していた。気弱で受け身な性格で、強く言われると断れない。本来は思いやりのある優しい性格で、穏やかな人物。

Read Article

フー(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

フー(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

フーとは、『鋼の錬金術師』に登場するリン・ヤオの護衛を務める老武人である。主であるシン国第十二皇子のリンと、孫娘でありフーと同じく護衛であるランファンの3人で、不老不死を求めアメストリスへやって来た。ヤオ家に代々使える家系であり、主であるリンに強い忠誠心を持つ。白髪白髭の老人でありながら俊敏に動き、シン式の特殊な体術を用いる。リンやランファンと同様にホムンクルスの気を読むことができる。「シンの人間は盟約は必ず守る」という発言などから分かるように義理堅い性格である。

Read Article

ランファン(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ランファン(鋼の錬金術師)とは【徹底解説・考察まとめ】

ランファンとは『鋼の錬金術師』に登場するキャラクターで、リン・ヤオの護衛を務める少女である。シン国第十二皇子のリンを主とし、祖父であるフーとの3人で不老不死の法を求めアメストリスへやって来た。黒装束に面という隠密のような出で立ちで、髪型はお団子ヘアー。ヤオ家に代々仕える家系であり、リンに強い忠誠心を持つ。普段は冷静沈着な性格だが、素顔を見られると赤面したり、主が侮辱されると我を忘れるほど激高したりするギャップも併せ持つ。戦闘での特長はシン式の特殊な体術とホムンクルスの気を読む能力である。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

アルスラーン戦記(アル戦)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

銀の匙(Silver Spoon)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

黄泉のツガイ(荒川弘)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

黄泉のツガイ(荒川弘)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『黄泉のツガイ』とは、『鋼の錬金術師』の作者・荒川弘による伝奇バトル漫画である。『月刊少年ガンガン』2022年1月号から連載開始。物語は山奥の村落に住む少年・ユルが突然襲撃に遭うところから始まる。双子の妹・アサを守るために彼女の元にユルは向かう。そこには自称本物の妹・アサがいて奇妙な力で妹・アサを殺害。混乱の最中、ユルは村の守り神である「ツガイ」の左右様と契約して、自称本物の妹・アサを追う。迫力あるバトルとコミカル要素が人気の作品。「全国書店員が選んだおすすめコミック2023」で第2位を獲得。

Read Article

百姓貴族(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

百姓貴族(漫画・アニメ)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『百姓貴族』とは、『鋼の錬金術師』や『銀の匙 Silver Spoon』などの人気漫画を世に送り出した荒川弘による農家エッセイ漫画である。荒川が高校卒業後の7年間、北海道で農業に従事していた時の経験を元に、農家の日常や荒川の家族の事などを紹介している。また、酪農や耕作の実態や、日本の農業の問題点が笑いや蘊蓄、仮説を織り交ぜて描かれている。 2013年、第4回ブクログ大賞の漫画部門に本作がノミネートされた。 月刊漫画雑誌『ウィングス』にて連載中。2023年7月よりアニメ放映が開始された。

Read Article

RAIDEN-18(荒川弘)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

RAIDEN-18(荒川弘)とは【ネタバレ解説・考察まとめ】

『RAIDEN-18』とは『鋼の錬金術師』で有名な荒川弘によるコメディ漫画である。『月刊サンデーGX』2005年6月号にて読み切りとして1話目が掲載。好評を博したため、読み切り形式の3本が2021年まで掲載された。1話目掲載から単行本化まで15年かかった作品である。ストーリーは死体改造愛好家のタチバナ博士によって様々な死体を基に作られた「フランケンシュタイン」ライデン18号が、倫理観が崩壊したマッドサイエンティストたちに振り回される様子が描かれている。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

歴史的傑作!『鋼の錬金術師』の名言・名セリフ/名シーン・名場面特集!

歴史的傑作!『鋼の錬金術師』の名言・名セリフ/名シーン・名場面特集!

禁忌を犯したエルリック兄弟が、失った肉体を取り戻すために大冒険を繰り広げる『鋼の錬金術師』。2001年から連載がスタートし、アニメ、ゲーム、映画と様々なメディアミックスを果たした世界的な人気作品である。 ここでは、そんな『鋼の錬金術師』の作中に登場する数々の名言、迷言、暴言を画像と共に紹介する。

Read Article

鋼の錬金術師オープニングテーマソングのご紹介。

鋼の錬金術師オープニングテーマソングのご紹介。

荒川弘先生の大人気作鋼の錬金術師。2017年に実写化が決まり、衰えない人気の高さを証明しています。物語の面白さと完成度の高さはもちろんなんですが、アニメのオープニングテーマソングとアニメの世界観のマッチングは素晴らしいものがあります。名だたるアーティストの楽曲が使われております。ここではテーマソングとそのアーティストをご紹介したいと思います。

Read Article

『鋼の錬金術師』にまつわる都市伝説まとめ!エドの名前の由来などを紹介【ハガレン】

『鋼の錬金術師』にまつわる都市伝説まとめ!エドの名前の由来などを紹介【ハガレン】

人気作『鋼の錬金術師』にまつわる都市伝説をまとめました。漫画連載中は妊娠中・出産後にも関わらず、一度も休載することが無かったという作者に関するエピソードや、エドの名前の由来や背が低い理由といった、登場人物・キャラクターに関する噂などを掲載。ハガレンファン必読の情報をたっぷり紹介していきます。

Read Article

『鋼の錬金術師』の壁紙用画像まとめ!エルリック兄弟の素敵なイラスト多数!【ハガレン】

『鋼の錬金術師』の壁紙用画像まとめ!エルリック兄弟の素敵なイラスト多数!【ハガレン】

『鋼の錬金術師』の壁紙用画像をまとめてみました。主人公のエドワード・エルリックと、弟のアルフォンス・エルリックのイラストがメインですが、ロイ・マスタングやエンヴィーのソロショットも揃えています。カッコいい場面・シーンはもちろん、可愛らしい日常風景などもあるのでぜひチェックしてみてください。

Read Article

『鋼の錬金術師』の魅力をまとめてみた!ファンタジー少年漫画の傑作!【ハガレン】

『鋼の錬金術師』の魅力をまとめてみた!ファンタジー少年漫画の傑作!【ハガレン】

ここでは荒川弘が手掛けたファンタジー少年漫画の傑作、『鋼の錬金術師』の魅力についてまとめた。錬金術をテーマに、賢者の石を追い求める兄弟の冒険を描いた物語。アニメ化をきっかけに大きなブームとなり、実写映画化や原作に準拠した2度目のアニメ化を果たした。

Read Article

日本の傑作SFマンガ年代別まとめ!【ネタバレ注意】

日本の傑作SFマンガ年代別まとめ!【ネタバレ注意】

SFと言えば海外のイメージが強いですが、日本にもSFの傑作はたくさんあります。『鉄腕アトム』や『ドラえもん』から始まり、時代が変わってもSFマンガ人気は衰えを知りません。ここでは国民的人気を誇る日本のSFマンガを、雑誌に掲載された年代別に紹介!あらすじもまとめているので、まだ読んでいない人は要注意です。

Read Article

目次 - Contents