黄泉のツガイ(荒川弘)のネタバレ解説・考察まとめ

『黄泉のツガイ』とは、『鋼の錬金術師』の作者・荒川弘による伝奇バトル漫画である。『月刊少年ガンガン』2022年1月号から連載開始。物語は山奥の村落に住む少年・ユルが突然襲撃に遭うところから始まる。双子の妹・アサを守るために彼女の元にユルは向かう。そこには自称本物の妹・アサがいて奇妙な力で妹・アサを殺害。混乱の最中、ユルは村の守り神である「ツガイ」の左右様と契約して、自称本物の妹・アサを追う。迫力あるバトルとコミカル要素が人気の作品。「全国書店員が選んだおすすめコミック2023」で第2位を獲得。

『黄泉のツガイ』の概要

『黄泉のツガイ』とは荒川弘によるバトル漫画である。『月刊少年ガンガン』2022年1月号から連載開始。作者の代表作『鋼の錬金術師』と同様に迫力あるバトルシーンと軽快なギャグシーンが見どころになっている。「全国書店員が選んだおすすめコミック2023」で第2位を獲得。

とある山奥の村落に住む少年・ユルは狩りをしながらのんびりと暮らしていたところを謎の武装集団に村を襲撃されてしまう。襲撃に遭いながらもそれを躱しながら、双子の妹・アサを守るためにアサのいる座敷牢へ向かう。しかし、アサの元にたどり着くとそこには自称本物の妹・アサがいて謎の力を使い、妹・アサを殺されてしまう。様々なことが起こる中、ユルは村人の男性・デラに導かれて村の守り神であるツガイの左右様を使役することになる。ユルは左右様に協力してもらいながら、自称本物の妹・アサを追う。

『黄泉のツガイ』のあらすじ・ストーリー

夜と昼を別つ双子

とある山奥にある東村という村落に住む少年・ユルは狩りをしながら大自然の中で静かに暮らしていた。村にはユルの双子の妹・アサがいたが、アサは村の本丸の奥にある座敷牢に閉じ込められるかたちで「おつとめ」をしていた。ユルはそんなアサのために土産を持っていったりと、アサを大事にしていた。そんな日々を過ごす中、突如として武装した集団に村が襲撃されてしまう。ユルは初めて見る銃に、動揺しつつもアサを助けるために本丸へ向かう。本丸にユルが着くと眼帯を着けた少女がおり、謎の力で座敷牢にいたアサを殺してしまった。そして、眼帯を着けた少女は自身が本物のアサであり、村人を殺しに来たと宣言する。アサの宣言に驚き固まっているユルは村人・デラに連れられてその場から逃走。そして、村の守り神・左右の像の元へ2人はやって来ると、デラの指示でユルは左右と契約することとなった。左右様とは「ツガイ」と呼ばれる怪異もしくは神のような存在であり、強い力を持って武装集団の乗ってきたヘリを墜とした。守り神が目に見える姿となったことで呆然とするユルの前に村の襲撃犯の1人である少女・ガブが現れる。ガブもツガイを連れており、ツガイ・ガブリエルの力で村人を惨殺していたため、ユルの怒りを買い、2人は戦闘を始める。その最中に自称本物のアサが現れて、劣勢だったガブを助ける。本物の妹だと自称するアサに疑いの言葉をかけるユルだったが、血のにおいを嗅ぎ分けることで人を区別できる左右が自称本物のアサの血のにおいがユルと同じであること知らせる。実は、ユルがずっとアサだと思って大事にしていた妹は偽物で、本物のアサは10年前に両親に連れられて村から逃げ出していたのだ。事実を知ってショックを受けているユルにデラが、「ユルがここにいると村の被害が広がるから一旦引こう」と提案した。アサも怪我をしてるガブを放っておけないからと、ユルたちが引くのを認めた。

デラに連れられて山を下りたユルは、都会で暮らす村の血族・段野ハナ(だんのはな)の運転する車に乗せられる。そこで、ユルはデラと左右から村は現代社会から隔絶した生活をしており、普段は結界を張っていることで一般人からは見えないようになっていたこと、デラやハナのように村には住んでいないが、村の事情に詳しい番小者(つがいこもの)と呼ばれる存在が村外で生活していることを知らされる。また、東村では同じ日に日の出を境に生まれた男女の双子は「夜と昼を別つ双子」と呼ばれること、この双子は「解」と「封」と呼ばれる特別な力を使うことができるために利用したい組織から狙われる宿命にあることを教わる。ユルとアサは夜と昼を別つ双子であり、そのことが原因でユルの両親はアサを連れて村から逃げ出していたのだ。ユルは両親が自分だけを置いて行ったことにショックを受けつつ、自称本物のアサならば両親の居場所を知っているだろうと考えて、アサを探すことにする。

ユルはデラとハナから現在アサがいる組織が影森(かげもり)と呼ばれる元東村の血族であり、多数のツガイ使いがいることを知らされた。ユルは左右様の力を借りて、多数のツガイの気配とユルと同じ血のにおいがする場所を探してもらう。街外れにある駐車場にアサの気配を感じて、そこを探すと影森家の男性・影森ジンとアサがいた。ユルが村人を殺された怒りから正面から突っ込むと、ジンのツガイである掃除屋(スカベンジャー)が待機していたために捕まってしまう。さらに、アサだと思っていたものも掃除屋の力で作り出された偽物であった。ジンはユルを釣るために罠を張って待っていたのだ。左右はユルが捕まっても動揺することなく、ジンやジンの部下であるハルオとアキオと戦闘を始める。ハルオのツガイである兎と亀に翻弄されつつユルの機転で優位を取り、ユルを解放してさらにジンの脹脛を負傷させることで人質に取ることに成功する。ユルは「アサをこの場に呼び出せ」と言うが、ジンは「影森の屋敷にアサがいるからユルに来てほしい」と言う。ユルはジンとハルオのツガイのほかに、巨大すぎて全貌が見えないアキオのツガイまでも左右だけで相手するのは辛い事、ジンたちから殺気が出ていなかったことから、一旦ジンの提案を受け入れることにして影森の屋敷へと向かった。

「解」の力

ジンの案内で影森の屋敷へやって来たユルはアサと再会して、両親の居場所を尋ねる。しかし、アサの答えは「両親は行方不明」というものだった。母親が東村の出身ではなく、村外の人間であったため故郷に顔を出しに行く飛行機の中で両親共に忽然と消えてしまったいう。そんな会話の最中、突如ユルたちはツガイ・陰陽に襲撃される。陰陽の力で作られた結界にユルとアサは別々に閉じ込められてしまうが、アサの持つ「解」の力で結界を破り、さらに陰陽と主の契約を解くことで襲撃犯の居場所を教えてもらう。そして、ユルやジン、ガブたちによって襲撃犯たちが捕らえられたことで影森襲撃事件は幕を閉じた。襲撃犯たちに黒幕や双子の両親のことを問いただすが、誰も知らなかったことで情報を得ることはできずに終わってしまう。ユルはこのような襲撃がアサにとっては日常的であると知り、「アサの目つきがやさぐれてしまうのも仕方ない」と思いつつ、ふと眼帯を着けている理由を聞く。アサは眼帯をしている理由を言うのに一瞬ためらったが、「ユルに嘘は吐きたくない」と考えて眼帯の理由を話し始めた。
1年前にアサは東村からの刺客にさらわれて、そこで殺されてしまった。死んだアサはあの世とこの世の境目である黄泉平坂(よもつひらさか)と呼ばれる場所を訪れた。そこで、アサはツガイの解に出会う。アサはそこで、夜と昼を別つ双子は1度死ぬことで「解」と「封」の力を手に入れられることを知る。そして、力を手に入れて生き返ることなくそのまま死んでしまうこともあると知ったアサは、村に1人取り残されているユルが「封」の力のために殺されてしまうのを危惧して、「解」の力を手にして生き返ることを選択する。アサはこの「解」の力の影響で左目が変質したため、眼帯を着けるようになったのだった。

アサが話し終えたあと、デラが影森家にユルを迎えにやって来た。デラの家と影森の家は仲が悪く、わざわざデラが顔を出したことにジンは驚きつつもデラを屋敷に入れることにした。さらにそこに、影森家の当主である影森ゴンゾウもやってきたため、一同は朝食を食べながらお互いの考えを話し合うことになる。デラは「自分は東村の人間ではあるが過激派とはスタンスが違うため、双子の両親の件には絡んでいない」と言う。ゴンゾウは「双子の持つ力である『解』と『封』は争いを生む、そんな双子を生む東村は無い方がいい」と断言した。しかし、ゴンゾウの次男坊である影森アスマは「双子の力と東村は相応の組織、つまり影森家で管理すれば問題ないと考えている」と言う。双子の力をめぐる話の中、ユルは「他者に生き方を左右されるいわれはない」、「逃げも隠れもせず襲い掛かってくるものはすべて返り討ちにする」と宣言した。ゴンゾウはユルも影森で保護したいと提案するが、ユルは村を襲撃した影森に身を寄せるのを拒否して、デラと共に影森家を後にした。ユルとデラは街を歩いていると3人に尾行されていることに気づき、デラは契約しているツガイの作り出すマヨイガへと尾行者たちを誘い出した。そこで尾行者たちが誰の手先なのか吐かせようとするが、そこに手長足長というツガイが現れて2人の尾行者を惨殺してしまう。ツガイからの急襲に驚いていると、左右が前に出て戦うこととなった。

『黄泉のツガイ』登場人物・キャラクター

主人公

ユル

主人公の少年。16歳。山奥にある東村と呼ばれる村落に住んでいる。狩猟で生活をしているため、弓の腕は一級品である。また、近接戦も得意で、夜目が効くため真っ暗闇の中でもジンの背後を取ってナタで切りつけるなど、身体的ポテンシャルが高い。デラが持ってくる下界からの土産品は必ず双子の妹・アサに渡すなど妹を溺愛している。
性格は家族思いで優しいが、自身に殺気を飛ばしてくる相手には容赦はしない。切った張ったにはこだわらないが、注射器などで血を抜くことには怒るなど、倫理観のバランスがちぐはぐな時がある。これは、隔絶された村で育ったため、針で血を抜く献血という概念がなく生き血を抜く=血管を切ると考えているためである。これ以外にも、現代社会の知識がないため、教えてもらうたびに様々なカルチャーショックを受けている。大雑把な説明でもなんとなく納得するなど、細かいことにこだわらない面もある。
村の守り神であるツガイの左右様を使役しているが、あくまでも左右様は守り神であると考えて尊重しているため、主従関係というよりは良き協力者といった形で接している。

実は、夜と昼を別つ双子と呼ばれる特別な存在であり、ユルは夜の方である。「封」と呼ばれる世のあらゆるものをとじることのできる力を行使できるが、ユルはまだその力を使うことができない。

ユルという名前は、ユルの母親の生まれ故郷である沖縄県の方言で「夜」を意味する。

ヒロイン

アサ

ヒロインの少女。ユルの本当の双子の妹。右目に眼帯を着けている。ユルを迎えに来るため、影森家協力のもとに東村を襲撃した。その際に、自身の偽物を「悪趣味」と非難して殺した。本編開始の10年前に両親に連れられて東村を逃げ出して、影森家に保護されて生きていた。兄・ユルのことが大好きであり、影森家でユルと再会した際に抱きしめてもいいかと複数回聞くなど、隙あらばユルに近づこうとする。また、ユルに会うときに服装に迷うなど乙女めいた性格を見せる。
都会育ちで栄養豊富な食生活を送っていたため、男性のユルと同じくらいの背丈に育っている。東村の大人たちを恨んでいるようで、襲撃の際にはユル以外は皆殺しにすると怒りを見せた。これは、東村の長老であるヤマハおばぁによって夜と昼を別つ双子にされたことが関係している可能性がある。基本的には家族思いで優しいというユルと似た性格をしている。敵と判断したものにも容赦はしない。

夜と昼を別つ双子の昼の方。「解」と呼ばれる世の中のあらゆるものを強制的にとくことができる力を持っている。これによって、強力な結界をいともたやすく破ることが可能で、また物理的な物の破壊もできる。この力はツガイと主の契約を強制的に切ることも可能。ツガイを連れていなかったが、影森家を襲撃された際に、「解」の力でツガイを手に入れた。

東村にいた時に、本丸の座敷牢に閉じ込められていたことから暗闇に1人でいることが苦手。

1度死んでおり、その時に黄泉平坂にいるツガイの片割れである「解」と契約することで生還して、「解」の力を手に入れた。

東村関係者

田寺リュウ(たでらりゅう)

ユルの保護者となった男性。定期的に東村にやってきては、村人から薬草の買い取りをしたり、下界の情報や物品を村人に渡している。気の良いおじさんで、ユルとも仲が良い。東村ではデラと名乗っていた。実は、村外育ちの人間であり、番小者(つがいこもの)と呼ばれる役目を負っている。詳しい事情は知らされず、「東村の場所を知られるな、双子を誰にも絶対に渡すな」という言いつけを守っているだけである。番小者自体も先代から受け継いだだけの役割。
ユルを連れて東村を出て、ユルの父親だと偽り保護者となった。拳銃の扱いをなんなくしていることから、荒事にも対応できる模様。

段野ハナ(だんのはな)

番小者をしている女性。下界生まれ下界育ちで、東村には1度も足を踏み入れたことはない。デラに呼ばれてユルを迎えに山の麓までやってきた。面倒ごとが嫌いな性格をしており、双子関係のことに巻き込まれた際には「平和に一生を終えたかった」と泣いていた。
下界でユルを保護するために、デラから夫婦を装うと持ちかけられたさいに、あまりの嫌悪感に「結婚指輪」と称してメリケンサックを装備して殴りかかろうとしたり、「結婚相手はジェイソン・ステイサムと決めていた」と話すなど結婚に夢を抱いている様子。

契約しているツガイは前虎後狼(ぜんここうろう)。

ヤマハおばぁ

G26468
G26468
@G26468

Related Articles関連記事

鋼の錬金術師(ハガレン)のネタバレ解説・考察まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)のネタバレ解説・考察まとめ

『鋼の錬金術師』とは、2001年から2010年まで荒川弘により『月刊少年ガンガン』で連載された漫画およびそれを原作とするアニメ、ノベライズ、映画、ゲーム作品。舞台は19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフとした錬金術が存在する架空の世界。主人公エドワード・エルリック(エド)は弟アルフォンス(アル)と共に、自身らが犯した禁忌の錬成によって失ったエドの右腕と左足、アルの全身を取り戻すための方法を求め旅に出る。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説・考察まとめ

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説・考察まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

百姓貴族(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

百姓貴族(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『百姓貴族』とは、『鋼の錬金術師』や『銀の匙 Silver Spoon』などの人気漫画を世に送り出した荒川弘による農家エッセイ漫画である。荒川が高校卒業後の7年間、北海道で農業に従事していた時の経験を元に、農家の日常や荒川の家族の事などを紹介している。また、酪農や耕作の実態や、日本の農業の問題点が笑いや蘊蓄、仮説を織り交ぜて描かれている。 2013年、第4回ブクログ大賞の漫画部門に本作がノミネートされた。 月刊漫画雑誌『ウィングス』にて連載中。2023年7月よりアニメ放映が開始された。

Read Article

RAIDEN-18(荒川弘)のネタバレ解説・考察まとめ

RAIDEN-18(荒川弘)のネタバレ解説・考察まとめ

『RAIDEN-18』とは『鋼の錬金術師』で有名な荒川弘によるコメディ漫画である。『月刊サンデーGX』2005年6月号にて読み切りとして1話目が掲載。好評を博したため、読み切り形式の3本が2021年まで掲載された。1話目掲載から単行本化まで15年かかった作品である。ストーリーは死体改造愛好家のタチバナ博士によって様々な死体を基に作られた「フランケンシュタイン」ライデン18号が、倫理観が崩壊したマッドサイエンティストたちに振り回される様子が描かれている。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の国家錬金術師まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)の国家錬金術師まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画作品である。アニメや映画、ゲームなど様々な展開が行われている。 エドワード・エルリックと、その弟であるアルフォンス・エルリックは母親を蘇らせるために禁忌とされている『人体錬成』を行うが、その結果兄弟は身体を失ってしまう。エルリック兄弟は自分たちの体を取り戻すために、超常の力を持つ『賢者の石』を求めて旅に出る。 国に認められた極めて優秀な錬金術師が『国家錬金術師』であり、作中でも重要人物となるものが多い。

Read Article

鋼の錬金術師の錬金術・錬丹術・錬成陣まとめ

鋼の錬金術師の錬金術・錬丹術・錬成陣まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘作の少年漫画、および、それを原作とするアニメなどのメディアミックス作品である。禁忌とされる人体錬成を試みた幼い錬金術師、エドワード・エルリックは、代償として自身の身体の一部と、弟アルフォンスの身体のすべてを奪われる。元の身体に戻るために「賢者の石」を追い求めるエドワードは、その裏に隠された「ホムンクルス」による国家的陰謀に巻き込まれていく。「錬金術」、「錬丹術」は、物質の構成を変えて別のものに作り変える技術であり、個々の術式に応じた「錬成陣」を使って術を発動させる。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)のホムンクルス・人造人間まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)のホムンクルス・人造人間まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画、およびそれを原作としたアニメや映画などのメディアミックス作品である。 母親を亡くしたエルリック兄弟は、錬金術において最大の禁忌とされている『人体錬成』を行ってしまう。それにより、エドワードは右手と左足をなくし、アルフォンスは体をなくし魂だけの存在となってしまう。エルリック兄弟は、体を取り戻すために頂上の力を得られる『賢者の石』を求める。 賢者の石により作られた人造人間がホムンクルスである。彼らはある目的を達成するために、歴史の裏で暗躍している。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鋼の錬金術師(ハガレン)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鋼の錬金術師』は『月刊少年ガンガン』で連載されていた荒川弘が描くファンタジー漫画。兄エドワードと弟アルフォンスのエルリック兄弟が自身の体を取り戻す為、各地の旅をする物語である。出会う仲間や対峙する敵など、魅力あふれるキャラクターたちが個性あるセリフを残している。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

物語当初からアルスラーンに忠誠を誓い、右腕として活躍している天下無双の騎士・ダリューン。彼の言動にはアルスラーンに対する並々ならぬ忠誠心が見え隠れしますが、それは時として”過保護”なレベルにまで達する事があります。一体、それはどれ程の物なのか…?ここでは過保護なダリューンの忠臣セリフをまとめて振り返っています。

Read Article

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

実写化して失敗したor失敗しそうなアニメ・漫画まとめ

アニメ・漫画の実写化というと、どうしてでしょう?なにか嫌な予感しかしないのは…。しかしそれでも、いつかはと、人はアニメ・漫画の実写化で爆発的な人気を出そうとしているのです。諦めていないのです。けれども結局は、「人は過ちを繰り返す」とは言ったものですね。今回はそんな実写化して完全に爆死(不評・批評)の嵐にあった作品と、その予定作をまとめました。

Read Article

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

シチュエーション別!ぐっとくる漫画の名言【前向きになりたい時】

大人から子どもまで、みんな大好きな漫画。漫画を読むことでいろんなものを吸収したり、人生に影響を受けた人も多いのではないでしょうか?今回は、「前向きになりたい時に背中を押してくれる名台詞」を集めてみました。ここにあなたの背中を押してくれる、素敵なことばがあるかもしれません!

Read Article

【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

アルスラーン戦記21話目にして唐突に軍から追放され旅立ってしまったギーヴ。だがその真相は、軍内の対立を鎮めるための一時的な離脱だった。しかし、やはり彼が去ってしまうとどこか物足りなさを感じてしまう…。その原因はギーヴ特有の発光現象・キラキラ効果にあるのではないか?という考えに至ったので、この記事を作成してみた。

Read Article

「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

アニメの面白さは万国共通なのか!?「アルスラーン戦記」を楽しむ世界中のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。本編を見た事がある人もそうでない人も、同じ作品を愛する者同士のリアクションには共感してしまう所があるかもしれません。(※最終話のみリアクション動画が無かったため、コメントを載せています。全動画の表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

休みの日にお勧め!一気見したい2クールアニメまとめ【銀の匙ほか】

休みの日にお勧め!一気見したい2クールアニメまとめ【銀の匙ほか】

「せっかくの休日なのに何もやることが無くて困った」という経験がある人は多いのではないだろうか。そんな時にお勧めしたいのがアニメ鑑賞である。アニメは一話ごとの時間が約30分と短いため集中して見続けることができ、ジャンルも冒険や恋愛、近未来サスペンスなど幅広く楽しむことができる。本記事では2クールで楽しむことができるおすすめのアニメ作品を厳選して紹介する。

Read Article

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

「アルスラーン戦記2期 風塵乱舞」の放送を記念して配信されているミニ朗読劇のまとめです。第1章はアルスラーンとダリューン、第2章はアルスラーン・ナルサス・エラム。第3章はヒルメス・サーム・ザンデで、新たに公開された第4章がギーヴ・ファランギース編となっています。アニメとは少し違った視点で語られるエピソードから覗く、キャラの意外な能力にも注目です!

Read Article

【荒川弘】実はあの人も!?男性だと思われがちな女性漫画家まとめ【さとうふみや】

【荒川弘】実はあの人も!?男性だと思われがちな女性漫画家まとめ【さとうふみや】

芸能人や俳優と比較すると漫画家はあまり表舞台に立つことが無い職業なので、「作者の顔を知らない」という人もいるのではないだろうか。コミックスの紹介文に自画像を載せる作者は多いが、デフォルメされて性別がわからないケースもままある。さらに作風やペンネームから「男性作者」だと思われがちな女性作者も多いのだ。本記事ではペンネームから男性だと思われがちな女性漫画家の情報を、まとめて紹介する。

Read Article

アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

田中芳樹原作、ハガレンでもお馴染みの荒川弘版「アルスラーン戦記」の内容まとめです。アニメを観た人も、原作小説を読み終えた人も楽しめる!それが漫画版「アルスラーン戦記」ではないでしょうか。今回は、単行本でしか見られないイラストや対談インタビューについてザッとまとめています。(※画バレ無し)

Read Article

鋼の錬金術師オープニングテーマソングのご紹介。

鋼の錬金術師オープニングテーマソングのご紹介。

荒川弘先生の大人気作鋼の錬金術師。2017年に実写化が決まり、衰えない人気の高さを証明しています。物語の面白さと完成度の高さはもちろんなんですが、アニメのオープニングテーマソングとアニメの世界観のマッチングは素晴らしいものがあります。名だたるアーティストの楽曲が使われております。ここではテーマソングとそのアーティストをご紹介したいと思います。

Read Article

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

第2巻の内容などについてのまとめ。荒川弘版のアルスラーン戦記の魅力は、アニメ視聴済みの方でも原作読破組でも楽しめるところだと思います。天才軍師ナルサスや、その従者エラム、さらに流浪の楽士ギーヴと絶世の美女ファランギースが登場し、アルスラーン戦記は新たな顔を見せ始めますよ。(※画バレ無し)

Read Article

「ゴールデンカムイ」だけじゃない!!北海道が舞台の大ヒット漫画を紹介!

「ゴールデンカムイ」だけじゃない!!北海道が舞台の大ヒット漫画を紹介!

2016年のマンガ大賞を受賞した、野田サトルの『ゴールデンカムイ』。明治末期の北海道を舞台に、アイヌの隠し金塊を巡る争奪戦を描いた作品で、ダイナミックかつロマン溢れる物語で大好評を博した。 しかし、「北海道を舞台にしたヒット漫画」は、『ゴールデンカムイ』だけではない。ここではそれを紹介する。

Read Article

目次 - Contents